ACE COMBAT 6 解放への戦火 rebirth@Wiki

CPU陸上兵器

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主力戦車(TANK)

高い機動性、強力な火砲、強靭な装甲を備え、敵地への侵攻から歩兵支援まであらゆる任務をこなす「陸戦の王者」とも言える戦闘車両。
厚い装甲を打ち抜く大砲を主兵装とし、50tを超える車重でありながら大出力エンジンによって時速70kmでの走行が可能。
また、指揮統制システムが搭載されており、戦車間だけではなく歩兵や航空機とも共同しての円滑な作戦行動が可能となっている。
陸上戦のスター。形状からしておそらくM1エイムプラムス
陸上なら敵無し……なのだが、戦闘機が主役であるエースコンバットでは完全に雑魚兵器。
ターゲットとして大漁に出撃しては、ミサイルで撃破され、弾がもったいないと機銃で撃たれ、対地兵器で一網打尽にされる悲しい存在。
ただ、ターゲットとして出るということは、それだけ友軍陸上兵器にとっては驚異的な存在である証拠といえる。


空挺戦車(ABN TANK)

挺部隊は、輸送機に搭載し空中投下などができる物資の重量の制限があるため、空挺作戦時に重火器を運用することが困難であった。しかし、敵部隊は当然のことながら重火器保有が考えられるために、航空機に搭載して輸送できる(自走可能な)重火器が求められていた。そこで軽量の重火器車両が開発された。戦車とは呼ばれるが、投下もしくは強行着陸により輸送される装甲戦闘車両全般のことを指す

装甲兵員輸送車(APC)

人員を戦地へ迅速にかつ安全に運ぶことを目的として作られた装甲車。火力はあまりないが、機関砲くらいは備えている。

高機動多用途装輪車両(HMMWV)

読み方は「ハンヴィー」でいろんな型がある。
使う部隊の用途によって改造され、海兵隊などはほぼ毎回改造しているくらいである。

車両(VEHICLE)

普通の車。

自走式対空砲(AA GUN)

敵航空機、ヘリコプターなどを攻撃するための対空砲を搭載した車両。
現代では超音速で飛行する戦闘機を捉えるため、レーダーとコンピューター制御による自動射撃が基本となっている。
低空飛行時の航空機にとっては大きな脅威となる他、本来の用途とは異なるが対地攻撃にも転用できる汎用兵器。


固定砲台式対空砲(AA GUN)

固定式の対空砲。Mission13のビルの上とかにあるあれがこれ。

自走式地対空ミサイル(Surface-to-air-missile)

Surface-to-Air Missileの略。「サム」と読む。地対空(艦対空)ミサイルのこと。
対空機関砲に比べ、命中精度と威力の高い対空攻撃を行うことができ、特に対地攻撃機に対して有効である。地対空ミサイルの場合、固定装置もしくは車両からの発射が主な運用方法となるが、小型化され個人携帯できるタイプのものも存在する。
艦対空ミサイルとは地対空ミサイルを艦船にとりつけたものを指し、ミサイル巡洋艦などが主な例として挙げられるが、軍用機の攻撃が一般化した現代の戦闘においては、SAM装備は全ての艦船において必須となりつつある。
また、空対空ミサイルを流用でき、より精度の高い迎撃が行える「XSAM」という発展型兵器も存在する。

固定砲台式地対空ミサイル(SAM)

↑の固定版

統合SAMシステム(XSAM)

最新の射撃管制システムを搭載した地対空ミサイル・システム。
通称は「XSAM」。
同時に多数の目標に対処できるほか、搭載されたミサイルが持つ優れた射程により、従来のSAMよりも高い防空能力を発揮する。


高射砲(FLAK GUN)

上空に向かって弾を放ち空中爆発させることによって、高高度の敵機にダメージを与える。

榴弾砲(HOWITZER)

榴弾砲は戦車と異なり、目標を直接見えない場所からでも前方観測員の着弾観測と弾道計算に基づいた砲術士官からの指示に従い、砲弾をやまなりに発射することで目的の場所にかなりの高精度で命中させることが可能である。これを「曲射弾道射撃」や「間接射撃」と呼ぶ。また、それほど得意ではないが戦車同様に目標を見て照準する「直射弾道射撃」や「直射」と呼ばれる射撃法も行なえる。
口径は比較的大きく着弾すれば大打撃になるだろう。
自走式と牽引式がある

多連装ロケットシステム(LAUNCHER)

多連装ロケットランチャーを搭載した車両でMLRSと呼ばれる。
射出されたロケットは空中で炸裂し、大量の小型誘導弾となって敵地上兵器を制圧する。
コンテナ格納式のため、全弾発射後も素早く換装、再攻撃が可能。
上陸してくる敵車両、艦船などへの迎撃に極めて有効といえる。


装甲列車(AMD TRAIN)

重武装と厚い装甲を施された鉄道車両。
自軍の鉄道(線路)を防衛し、要塞や前線基地への補給ルートを確保するのが主な目的である。
武装は長距離砲や対空砲座、対地ロケットなどで、戦車と異なり容易に装備を変えられるのも大きな特徴の一つ。


列車砲(GUN TRAIN)

強力な大口径砲を列車に搭載させた兵器。
100kmを超える射程を持ち、敵主要施設へ直接攻撃できる。
砲台は旋回式。砲弾の装填時間は7分30秒で全自動で行われる。
戦地まではモジュールごとに解体され狭軌で輸送可能。