※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第11回 ニコニコ愛されキャラ選手権 結果

今選手権での結果から、次回シード枠に適応される事となった。
シード争いをした10キャラは、32~41位までが2962票差の大混戦だった。

toga氏作成の結果動画はこちら
n0419氏作成のデータ動画はこちら


当ページの訪問者数
合計 -
本日 -
昨日 -


  • 第1部1/19 13~2時 第2部1/20 9~19時
  • 前半13h後半10hの23h
  • 総当たり戦

第10回選手権から始まっていたのかもしれないが、やはり第11回選手権は新たな変革をもたらした。
  • 選手権開催間隔が2週間から1ヶ月へ ⇒ 支援者の体調やスケジュール面での緩和
  • ニコニコ動画の米鯖強化 ⇒ 可変が起こっても5秒1米ではまず拒否されなくなった
  • 選手権へ参加する、支援者さんの増加。

※トーナメント戦の第10回を抜かした3大会の比較
第8回 第9回 第11回
1位 92.656pt 143.789pt 404.672pt
10位 23.424pt 28.873pt 62.631pt
39位 654pt 4.869pt 20.711pt
  • シード枠争いによる、39位付近の活性化。
  • 全体を押し上げる支援者の増加。
  • フル支援を行う廃人支援者の増加。

第11回参加動画数 109
第11回総コメント数 2664104(平均24441)

[戦評]
第10回がトーナメント形式だったため、二ヶ月ぶりの総当たり戦となった。
10回をはさんだこともあるが、支援者数の伸びは第9回を大きく上回った。

上位4キャラが10万超えを達成し、1位水銀燈にいたっては40万を超えた。
第10回優勝の赤木しげるは1位に2万コメ差の2位、眠れる獅子ともいえる初音ミクは過去最高の11位にランクイン。また、参加者の増加に伴って9回では苦戦したキャラも大きくコメント数を伸ばし、上位から下位まで順位変動の大きかった大会といえる。ちなみに今回アスカを始め6キャラが40位以上順位を上げ、順位上昇数ランクの上位は当時すべてこれらのキャラで埋められていた。
前半と後半でコメント数に大きな差が出るキャラが見受けられたが、これはシードライン付近に位置している同作品キャラなどを支援するために支援者の流動があったためと思われる。

なお、1/19・20はちょうど大学入試センター試験の試験日で、今大会に参加できなかった支援者もある程度いると思われる。



第11回観戦記 優勝争い編
+ クリックすると表示されます 注意:長いです

第11回観戦記 東方Project編
+ クリックすると表示されます 注意:長いです

第11回観戦記 キャラ別総評編
+ クリックすると表示されます 注意:長いです