※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第12回 ニコニコ愛されキャラ選手権 予選結果 本戦結果

予選が実施された初の大会である。

misakichi氏作成の予選結果動画はこちら

toga氏作成の本戦結果動画はこちら
n0419氏作成の本戦データ動画はこちら


当ページの訪問者数
合計 -
本日 -
昨日 -


【予選】

  • 2/9 15~18時
  • 総当たり戦
  • 上位40位までが本戦へ

第12回予選参加動画数 103
第12回予選コメント総数

[予選戦歴] 募集中
予選開始前、上位争いをすると思われた注目参加キャラ(※主観含※)
◎本命:東方陣営、ハマーD、SOS団
○対抗:ドアラ、古手梨花、岩崎みなみ、ムスカ、自演チーム
▲単穴:江頭、クラナド陣営、姫、DIO、鷲巣様
△注目:デP、若本、カミナ、クーガー

予選期間中、新規枠で本戦出場が内定しており予選に参加しなくてもよいはずの諸葛孔明にどういうわけか4000ものコメントが集まった。
待てあわてるなこれは孔明の罠だ。



【本戦】

  • 第1部2/23 7~18時 第2部2/24 0~12時
  • 前半11h後半12hの23h
  • 総当たり戦
  • 本戦出場100 /シード枠40/新規枠20/通常(予選)枠40/

第12回本戦参加動画数 100
第12回本戦総コメント数 4395279(平均43953)

シード権を獲得できる男性キャラ・性別不明キャラが大幅に増加した。
(シード枠に入った40キャラのうち、11キャラが男性もしくは性別不明のキャラ。前回の5/40に比べて倍増している)

[本戦戦歴]
前回に引き続き、水銀燈と赤木しげるが首位争いを繰り広げた。今回の首位争いは稀に見る接戦となり、途中何度も順位が入れ替わったが、最終的に水銀燈が末脚の差で逃げ切り二度目の連覇を果たした。
順位変動の大きかった前回に比べ、今回はコメント数大インフレの中、新規参戦組の奮戦が目立った。6位にランクインしたデッドボールPをはじめ、クーガー、藤林杏、保坂、弱音ハクが上位に食い込んだ。新規組以外では、天海春香や銭形警部などが健闘していた。その他、今回の傾向としては、男性キャラの健闘があげられる。
選手権の規模は順調に拡大し続けており、今回は7位までが10万コメントを超えるハイレベルな闘いとなった。予選によって本選出場数が100に絞られたためか、上位だけでなく下位のコメント数も大きく増加している。また、1位グループ、3位グループといった集団が形成されつつあるようだ。

ちなみに、選手権開催中の24日9:51の集計で麻生太郎が分速17,579という空前のコメントスピードを叩き出し、AiSAREへの自由民主党の介入が囁かれたが、後に集計システムのバグということが明らかになった。詳しく知りたい方は麻騒動のページへ。



12回予選結果のまとめ 陣営視点編
+クリックすると表示されます 注意:非常に長いです
所属名 通過数/予選参加数 (シード+新規枠、に拠る本戦確定数)

 ・東方    8/8 (14+4)  計26
東方はなんと8キャラが全員通過。数が多く不利、と言われては覆すのはもはやお約束か?
既に確定している分とあわせて本戦出場数がなんと26。数だけ見れば化け物みたいになってきている。
これでいて、まだ愛されに登録されていないラスボスがいるというのだから恐ろしい。

 ・らきすた  4/7 (5+0)  計9
らきすたは4キャラ通過だが、一方で3キャラが落選。上位キャラに人気が集中しすぎか。
東方はともかくらきすたは固い、と言った意見も出ていたが逆の結果となった。
ネタにされやすいらっきーちゃんねるの二人が揃って落ちてしまったのも意外なところ。本編にほとんど出ないのが原因か。

 ・ひぐらし  4/4 (3+2)  計9
ひぐらしは安定して全員が予選通過。順位がバラけた東方と違って全体的に上位に近い位置。
確定済みのキャラとあわせると9キャラと、らきすたに並ぶ大所帯になりつつある。
新規枠で沙都子も本戦確定済であり、部活メンバーが揃う今回、躍進なるか。あとトミーに期待。

 ・ローゼン  0/0 (8+0)  計8   ※予選参戦キャラ無し
全員シードに残ってるってどういうことよw
東方がすごいことになっているが、それでもここが最大勢力であろう。

 ・ハルヒ    3/3 (4+0)  計7
ハルヒも全員が予選通過。3人とも10位前後と安定して高い位置に居る。
まぁ正直この3人なら予選落ちはないだろう、といえそうな面子ではある。
3人ともシードに入れる可能性を十分持っているので、本戦では頑張って欲しいところ。

 ・CLANNAD   4/5 (0+0)  計4
今回の目玉といえそうなクラナド。メインキャラ5人が参加し4人が通過。
通過順位は低いので、まず目指すは次回のシード権を手に入れることか。
アニメ放映中&出来の良いMADも出てきているのでこれからに期待がかかる。

 ・この青空に約束を 0/0 (0+3) 計3   ※予選参戦キャラ無し
全員新規枠ということで実力は未知数。アニメ放映当時ならともかく現在では厳しいか。

 ・アイマス  1/2 (0+1)  計2
閣下こと天海春香が本戦出場。
ニコニコのウマウマ祭の震源動画に出ていたやよいは残念ながら予選敗退。
新規枠のとかちと二人で、愛されにもアイマス旋風を巻き起こせるか。

 ・アカギ   1/1 (1+0)  計2
鷲巣様が本戦出場。個人的に要注目キャラ。
10回大会後、鷲巣や天が参戦したら票が割れるのではないかとの危惧があったがどうなるか。
本戦ではアカギを殺そうと追いすがり票が伸びる、といった原作的な流れも期待できるかもしれない。

 ・VOCALOID  1/1 (1+0)  計2
鏡音リンが下位ながら本戦出場。
年末年始にはロードローラーネタなどで盛り上がったが、ミクほどの人気はまだ無いか。
陣営としてはまだ頼りないが、最近ブレイク気味のKAITOの参戦やみっくみくのような人気曲の登場があれば強豪勢力と化す可能性も。

 ・エヴァ   1/1 (1+0)  計2
綾波が本戦出場。
未だに根強い人気のエヴァだが、愛されではアスカが中堅レベル。人気からすればもう一声欲しいところ。
綾波はシード獲得、アスカは上位進出が目標になりそうだ。

 ・デスノート 0/0 (0+2)  計2   ※予選参戦キャラ無し
新規枠が二人。原作人気は高いが愛されではどこまで通じるか。

 ・はぴねす! 0/0 (0+2)  計2   ※予選参戦キャラ無し
こちらも新規枠が二人。こんにゃくと同じく未知数な部分が大きい。


12回本選観戦記 赤木陣営視点編
+クリックすると表示されます 注意:非常に長いです
  • 前半戦(23日7:00~18:00)
赤木は2位からスタート。
前回の4位スタートに比べて、好調な滑り出しといえる。
そして前回と同様に、じわじわと水銀燈との差を詰めていった。

11時40分 水銀燈を逆転し赤木がトップに立つ・・・!
この逆転劇の前後で赤木は分速300オーバーを記録。

赤木は最大2600まで差を広げるが、赤木失速・水銀燈加速によりすぐに詰められる。
15時00分 再度逆転され赤木は2位に転落──票差わずか72。
しかし水銀燈は追撃の手をゆるめず、さらに加速・・・!
15時20分時点で515まで差が広がる。

ちなみに、この時点で長門と3位争いをしていた翠星石とは5万以上の差が開いていた。

15時40分、赤木加速により再び差が24まで詰まる。
両陣営ともに分速300を越える接戦となるが、勢いづく赤木がこれを制する。
16時00分、赤木再び逆転し300差でトップに躍り出る・・・!
水銀燈は360まで加速したが、380まで加速した赤木を抑えることはできなかった。
ここから赤木はじわじわと差を広げる。
17時以降、倍プッシュ発動。赤木は分速429に到達。
水銀燈も分速417を叩き出すが、一歩及ばなかった。

そして前半戦が終了っ・・・!
 赤木しげる 202,435
  水銀燈   201,061
わずかながら1374リードを確保し赤木が1位っ・・・!


前半戦を通して、赤木は長門、江頭、ハマーD支援者やうろたんだーなど様々な層からの支援を受けた。
また、フィルターによるコメントが多い中、零ネタ、カイジネタ、天の台詞、チーやロンを表現した顔文字のコメントをする者もいた。
なお、電流走りすぎた矢木は黒コゲになった。

同作品キャラである鷲巣は終始伸び悩み、77位付近を射命丸やえーりんや外山やカナリアやLなどと一緒にうろうろしていた。
端から、ほとんどの赤木しげる支援者の眼中になかったようである。


  • 後半戦(24日0:00~12:00)
午前零時、後半戦開始。
赤木、分速427と好調な出だし。
しかし水銀燈はそれすら上回る489もの分速を叩きだしており、赤木を一挙に抜き去るっ・・・!
0時23分の中間集計
  水銀燈   212,325
 赤木しげる 212,272
差はわずか53に過ぎないとはいえ、赤木再び2位に転落──!
さらに0時40分、夜戦を得意とする水銀燈の分速が500を超えるっ・・・!
赤木は401の分速しか出せず、差は2500に拡大。
1時00分、水銀燈は分速500を維持。
逆に赤木は400をきり、5000近いリードを許す。
両者の分速差は100を超えるっ・・・!
圧倒的っ・・・!
圧倒的な速度差っ・・・!

時間経過に伴い両者脱落者を出しつつも、差は広がり続けた。
1時15分 6336差
1時30分 7533差
1時45分 8922差
2時00分 10607差
2時15分 11624差
2時30分 12093差
2時45分 12468差

後半開始3時間を待たずに水銀燈12000リードっ・・・!
致命傷か・・・? これは・・・!

しかし、同時に、少しずつではあったが変化が起きていた。
一時100以上あった両者の分速差がじわじわ縮まっていったのだ。
選手権の恒例と称すべきか、水銀燈支援者が一気に脱落し始めたのである。
この間、赤木陣営は早朝以降の逆転にかけるため、ひたすら防戦に徹した。
黒コゲになった矢木は発火し、ついでにダメギまで黒コゲになる有様であった。

3時00分、赤木はついに分速で水銀燈を逆転。
わずかながら差を縮め、12378差とする。
しかし3時45分、水銀燈の分速が復活。
午前4時近くだというのに359もの分速を叩き出し、差を12742に広げる。
だが4時には再び赤木が分速で逆転。
しばらく両陣営の数字は一進一退を繰り返し、両者ともに予断を許さない状況が続く。

5時15分、ようやく赤木が水銀燈の分速を大きく上回ることに成功する。
銀258-赤307 11630差
赤木の猛追は続く。
5時30分 銀249-赤281 11156差
5時45分 銀269-赤316 10454差
みなみけ、東方の援護射撃もあり、差は確実に縮まっていった。
そして6時00分、銀253-赤317 9491差
両者の差は1万をきった───

6時以降、水銀燈は時間経過とともに支援者が増加し加速するが、
みなみけ、江頭、デスノート陣、池上、ハマーD、レナなどの支援者から強力な援護射撃を受けた赤木の加速はその上をいった。

6時15分 銀230-赤325 8070差
6時30分 銀272-赤342 7025差
6時45分 銀291-赤377 5729差
7時00分 銀312-赤401 4388差
7時15分 銀304-赤375 3326差
7時30分 銀312-赤372 2440差
7時45分 銀325-赤378 1646差
8時00分 銀327-赤416 311差

そして8時15分、ついに赤木は水銀燈をとらえ、3度目の逆転に成功する。
8時15分 赤450-銀336 差1409
赤木再びトップに立つ・・・!
一時12000以上もあった水銀燈のリードを喰らい尽くした・・・!
逆転っ・・・!
未曾有の逆転っ・・・!

その後も赤木は水銀燈を分速で大幅に上回り差を広げ続け、勝負は決まったかに思えた。
だが8時40分ごろ、水銀燈が一気に加速。
9時00分、赤416-銀417 となり両雄の分速が並ぶ。
この短時間の間に赤木が得られたリードはわずか4200・・・!
勝負の行方は再び霞の彼方へ───

9時15分 赤427-銀406 4523差
9時30分 赤427-銀467 3936差
10時00分 赤506-銀517 2480差
10時15分 赤490-銀548 1615差
10時30分 赤506-銀576 571差
赤木も加速はしているが、水銀燈の異様な加速度には及ばない。
そして10時45分・・・
終了目前で再び水銀燈が逆転っ・・・! 360差っ・・・!

その後、水銀燈が分速716を記録するも、赤木は610に止まる。
最後の一時間、赤木は全力で逆転を目指し、分速715を達成する。
しかし水銀燈はさらにその上をいき、分速830を叩き出す・・・!

結果・・・
 水銀燈   506166
赤木しげる 497322
8844という僅差で、赤木は敗れ去った───


水銀燈、2度目の二連覇達成っ・・・!
おめでとう・・・!おめでとう・・・!二連覇達成おめでとう・・・!

そして、豪運で77位を勝ち取った鷲巣様っ・・・!
77位シード枠入賞おめでとうございますっ・・・!
端から支援者の眼中になかったなんて書いてごめんなさい・・・!

最後に。
赤木を支援してくれた多くの援護射撃に感謝っ・・・!
圧倒的感謝っ・・・!
赤木に家族はいずとも・・・友はいたのだ・・・!

12回本選観戦記 水銀燈陣営視点編
+クリックすると表示されます 注意:もっと長いです
■ 始めに
第12回の優勝争いは逆転6回、最後の逆転は終了1時間15分前という大接戦でした。
最終的に優勝したのは水銀燈ですが、
そこに至るまでの道のりは非常に険しいものでした。
以下は1水銀燈支援者の視点によるこの熱戦の観戦記です。

なお、赤木戦記よりかなり遅れてのアップですので
赤木戦記の単なる裏返しにならないように配慮して編集したつもりです。
また後半データは赤木戦記を参考にしています。


■ 前半 (08/02/23 07:00 - 18:00)
前半開始直後は水銀燈1位、赤木2位。
この先23時間、前回同様この2者で優勝を争うこととなる。
正午前に赤木が加速し逆転するが午後には水銀燈が再逆転。
夕方になると赤木陣営に得意の倍プッシュが入り水銀燈を突き放し三度目の逆転。
そして前半終了まで倍プッシュの勢いは止まらなかった。

  • 1位 赤木 202,435
  • 2位 水銀燈 201,061
その差1374

赤木は強い。前回よりも更に強い。
水銀党員達はこのことを改めて思い知らされる。


■ インターバル (08/02/23 18:00 - 24:00)
ここでローゼンメイデンのドールズたちの前半結果を見渡してみる。
雛苺(25位)、蒼星石(28位)はまずまずの位置をキープ。
真紅(39位)、薔薇水晶(41位)、雪華綺晶(42位)はシード権周辺の厳しい位置におり
金糸雀(72位)は大きく出遅れていた。

そして翠星石は前半開始直後から長門有希と熾烈な3位争いを繰り広げていた。
前半終了時点での両者の結果を見ると
  • 3位 長門有希 121386
  • 4位 翠星石 120953
差はわずかに433

翠星石の健闘は喜ばしいであることと同時に
水銀燈含むローゼンのドールズたちにとって
翠星石からの支援が期待できないということも意味していた。

第11回では早期に4位確定した翠星石からの手厚い援護により
水銀燈優勝と全ドールズのシード権獲得を達成することができた。

だが今回は優勝を目指す水銀燈もシード権争いをする
姉妹たちも翠星石からの援護は期待できない。
翠星石も姉妹からの援護をあてにすることなく
強豪長門有希との3位争いに挑まねばならない。
ローゼン姉妹それぞれが厳しい状況で後半の戦いが始まる。


■ 後半その1 (08/02/24 00:00 - 08:30)
0時。後半最初の中間集計で水銀燈は分速489を出し赤木を大きく上回りいきなり逆転。
更に最大で分速500以上に達し赤木を突き放す。
前半2位で折り返したため多くの水銀党員の危機感に火をつけた結果であろうか。
一方3位争いではまず長門が優位に立つ。

3時。水銀党員達に離脱が目立ち始め分速で赤木に並ばれる。
獲得したリードは12000強。このまま逃げ切れるのか。

4時。コメ鯖停止。
停止期間中、及び復帰後の中間集計で
1~4位の相対的な分速に際立った変化は無し。

5時。水銀燈にとって苦しい時間帯が始まる。
コメ分速は250前後。一方赤木は300以上をキープ。
分速差は時間とともに開き、12,000以上あったコメ差が次第に詰め寄られていく。
一方3位争いでは深夜の苦境を乗り越えた翠星石がここにきて3位浮上。
水銀燈とは対照的にこちらはよい展開。

7時。コメ差は既に5000以下。
水銀燈自体の分速は06:15の230を底にして
その後上がっているが赤木には遠く及ばない。
苦しい状況の中でも党員達は最後まで銀様への愛を貫き通す覚悟を持ち
互いに励ましながら離脱者を出さずに支援を続ける。

8時15分。中間集計でついに赤木が逆転トップに立つ。
しかもこのときの分速差は100以上。
続く8時30分の集計でも分速差は変わらず
わずか30分で赤木は3000以上のリードを獲得する。
勢いの差が違う。あまりにも違いずぎる。

深夜に優位に立った水銀燈が早朝に失速し逆転を喫する。
この展開はまさに赤木が優勝を勝ち取った第10回と同じである。
歴史は繰り返すのか。

なお、3位争いでは翠星石が分速で長門を上回り続け
このころには5000近いリードを手にしていた。


■ 後半その2 (08/02/24 08:30 - 09:30)
9時。なんと水銀燈は赤木の分速に追いついた。
たった30分で100以上の分速差を詰めたのである。
水銀燈は2位に落ちたことで危機感を持った潜在的支援者が駆けつけたためか加速し、
赤木は逆転の瞬間のお祭り状態が終ったためか少々ペースダウンしたためである。
そして9時30分にはおよそ5時間ぶりに水銀燈が分速でリードを得た。その差+40。

残り2時間30分で差は約4000。逆転に必要な分速差は+30。
終了直前の爆発力に定評のある赤木に対して
これだけの差をつけ続けない限り優勝は不可能。
厳しい条件だが希望がないわけではない。
乳酸菌の差し入れをする支援者、「疲労なんてジャンクにしてあげる」と
銀様口調で活を入れる支援者から元気をもらいながら
水銀党員たちはひたすらコメントする。

3位争いでは翠星石のリードが更に広がる。
こちらはすでに決着がついたか。


■ 後半その3 (08/02/24 09:30 - 12:00)
10時。両者の分速が500を突破(水銀燈517、赤木506)。
さらにこの後も両雄のコメ分速は増加する。
白熱した優勝争いに他キャラ支援者が次々に駆けつけてきたのである。

これまで水銀党員からのコメントにより紫一色だった水銀燈支援動画が
他キャラからの応援コメントによってみるみる色鮮やかになっていく。
ローゼンの姉妹達、ミク、つかさ、みさお、デP、ドアラ、長門、かがみ、etc
各方面からの支援を受けた水銀燈の勢いは増し続け赤木との分速を広げていく。

支援者を鼓舞するための煽りコメントがいつのまにか
「銀様のために最後までがんばれ水銀党員」といったスタンスから
「優勝するためにはみんなの力が必要だ」といった趣旨に変わる。
もはや銀様の支援者は水銀党員だけではない。
今この瞬間銀様の動画にコメントしているすべての支援者が結束するしかないのだ。

10時45分。水銀燈コメ数1位奪還。
2時間前には想像すらできなかったまさかまさかの再逆転。
これは奇跡なのか!!!
水銀燈の勢いはまだまだ止まらない。

12時。
最後の1時間で赤木は715という驚異的な分速をたたき出し逆転に望みをかけるが
水銀燈はそれをも上回る分速830を記録。
終了直前には50万コメも突破し2大回連続6度目の優勝に花を添えた。
翠星石は見事3位でフィニッシュ。おめでとう翠星石。


■ 最後に
なぜ水銀燈が最後に逆転できたのかいまだにわかりません。
ラスト2時間はほんとに色んなキャラからの支援があり
銀様はこんなにも愛されていたのかと心強く思ったものです。
(もちろん赤木も事情は同じだっただろうけど)

特にローゼンの姉妹のうち5キャラは
最終順位がシード権ライン付近の35位~42位であり
水銀燈を支援できる余裕はなかったはずです。
それでも全姉妹から支援者が駆けつけてくれました。
ほんとにありがたかったです。
そして水銀燈支援に力を使いすぎたのか
雪華綺晶は惜しくもシード権を逃してしまいました。
(でも第13回予選を2位で突破。おめでとうキラキー。)

第12回の優勝争いが盛り上がったのは
もう一方の雄、赤木しげるとその支援者達のおかげです。
赤木がいたからこそ、こんなにも強かったからこそ
水銀燈もそれに負けじとコメを積み重ねました。

個人的にはそれぞれの陣営にとって最も優勝が絶望的であった
  • 1時~3時の赤木
  • 7時~9時の水銀燈
を投げ出さずに支え続けた支援者がいたからこそ
最後の大接戦に繋がったのだと思っています。
この時間帯を共に支え続けた支援者達は「戦友」とすら呼びたくなります。

さて、この戦記ではあくまで優勝争いという点に着目して書きましたが
愛されキャラ選手権の醍醐味は何も優勝とか順位に一喜一憂することだけではありません。
楽しみ方は人それぞれです。

第12回でも色々な考え方を持つ支援者がいました。
選手権の趣旨はあくまでキャラへの愛を示すことであり
他キャラとの相対的な順位は2次的なものにすぎないと考える愛深き支援者。
自分がどれだけのコメ数を記録できるかに最も重きを置く
もはや本末転倒してそうな廃人的支援者。
数多くの動画に顔を出し、渡り歩く支援者。
キャラについて、あるいはとりとめもない話題でチャットに興じる支援者。
ライバルキャラの動向をこまめにチェックしコメントやタグで仲間に伝える支援者。
他の支援者を激励し、労い、笑わせようとする支援者。

みんなそれぞれの思いをこめて
愛されキャラ選手権を精一杯楽しんでいました。
本当に楽しい選手権でした。


■ 後半05:45~ラストの水銀燈と赤木の記録


時刻 :相対コメ差:相対分速差:水銀燈分速:赤木分速: 補足

05:45 コメ+10454 分速 -47 (水銀燈269、赤木316)
06:00 コメ +9491 分速 -64 (水銀燈253、赤木317)
06:15 コメ +8070 分速 -95 (水銀燈230、赤木325) 水銀燈後半最低分速(04:15除く)
06:30 コメ +7025 分速 -70 (水銀燈272、赤木342)
06:45 コメ +5729 分速 -86 (水銀燈291、赤木377)
07:00 コメ +4388 分速 -89 (水銀燈312、赤木401) 赤木400突破。倍プッシュ発動?
07:15 コメ +3326 分速 -71 (水銀燈304、赤木375)
07:30 コメ +2440 分速 -60 (水銀燈312、赤木372)
07:45 コメ +1646 分速 -53 (水銀燈325、赤木378)
08:00 コメ +311 分速 -89 (水銀燈327、赤木416)
08:15 コメ -1409 分速 -114 (水銀燈336、赤木450) 赤木が逆転トップに立つ
08:30 コメ -3119 分速 -114 (水銀燈334、赤木448) 8:15に続き分速差100以上
08:45 コメ -4235 分速 -75 (水銀燈371、赤木446)
09:00 コメ -4223 分速 +1 (水銀燈417、赤木416) 分速で水銀燈が赤木に並ぶ
09:15 コメ -4534 分速 -21 (水銀燈406、赤木427)
09:30 コメ -3936 分速 +40 (水銀燈467、赤木427) 分速で水銀燈が赤木を上回る
09:45 コメ -???? 分速 +52 (水銀燈479、赤木427) 集計トラブル発生?数字は不正確かも
10:00 コメ -2480 分速 +11 (水銀燈517、赤木506)
10:15 コメ -1615 分速 +58 (水銀燈548、赤木490)
10:30 コメ -571 分速 +70 (水銀燈576、赤木506)
10:45 コメ +360 分速 +62 (水銀燈???、赤木???) 水銀燈が逆転トップに立つ
11:00 コメ +1964 分速 +107 (水銀燈717、赤木610)
12:00 コメ +8844 分速 +115 (水銀燈830、赤木715)