※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション


上田城にて
非道の限りを尽くした明智であったが、
長い幽閉によって抑えられてきた飢えは
未だ満たされはしなかった。
なおも渇きを癒そうと、
明智は毛利軍が陣営をはる
厳島へと入り込んだのであった。

光秀「ふう、のどが渇きましたね…
     いただきましょうか、血と涙を」

『厳島に流れる血潮』


開始


毛利
「餓鬼道に堕ちたる貴様が何用か」
光秀
「真紅に染まる海が見たくなりました
  貴方も ご一緒にいかがですか?」
毛利
「戯れ言を…生きて帰れると思うな」


光秀
「ここはいい場所ですね…土産でも持ち帰りたい」
毛利
「海の底にて塩水でも飲むがよかろう」

毛利
「謀反をしくじり、なおも這い続ける…無様な」


毛利戦


毛利元就 着手


毛利
「貴様程度の知略では我に敵うまい、
  我が名は毛利元就! 日輪の申し子なり!」

戦闘開始


光秀
「端正なお姿、どこから刻んでみましょうか…」
毛利
「下衆が…恐怖に屈する我と思うてか」

戦闘中

毛利
「あと少し、我が策の完成よ」

時間切れ・逃亡

毛利
「はっ!
  皆の者、出航せよ!背後から奴を叩け!」

毛利
「貴様はもう袋のねずみよ、逃げ道はない!」
武将
「しまった!全ては毛利の策であったか!」
光秀
「おお、怖い…殺されてしまいそうですね、私」


開門


光秀
「潮と血の混じり合ったこの香り…ハハハ!」
毛利
「我が貴様を消し去ってくれよう」


毛利戦


毛利元就 再戦


「貴様の蹂躙、許すまいぞ…
  我が名は毛利元就!日輪の申し子なり!」

戦闘中


光秀
「残念です…貴方の水軍はもろすぎます」
毛利
「我を侮辱するとはな…貴様…!」

毛利
「織田も情けない事よ、駒一つ満足に御せぬか」

勝利


毛利
「所詮は我も…駒の一つ…フフ、フ…」