※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・ナレーション

魔王・織田信長の片腕として
その名を轟かせるに至った明智光秀は、
魔王代行として織田の主力を率い、
各地を蹂躙する権限を与えられた。
まずは今川義元が、
その毒牙に掛かろうとしていた。

信長「光秀、余の名の下において下らぬ戦は許さぬ」
光秀「承知しておりますとも
    では貴方の手足となり、愉しい殺し合いと参りましょうか」

・桶狭間

光秀「右手…右足… 左手…左足…
    働きましょう信長公。貴方の両手両足分はね…ククク…」

光秀「今川義元は、さしずめ左足。
    乱れるばかりの愚かな足音です」

義元「ひいーっ! 立ち去ってくれでおじゃ!」
濃姫「ああまで怯えた相手を討つのは、気が引けるわね」
光秀「ククク…帰蝶は優しいですね」

・今川義元戦

光秀「魔王代行、明智光秀…どうぞよろしゅう」
義元「寄るでない、破邪の舞ぃ!」

光秀「信長公に代わり、貴方の首を頂戴します」
義元「いやじゃ、まろの首はまろのもの!」

光秀「魔王の名を借りただけでこれとは…信長公も罪深い…」
義元「まろが恐れているのはそなたでおじゃ!」

光秀「私のような凡夫に怯えるとは…
    音に聞こえた今川公らしくもありません」
義元「お主が凡人? 冗談はほどほどにするぞよ!」

光秀「さあ、どうしました? 貫いてください、その扇で、弓で」

義元「これは覚めない夢でおじゃ。誰か、はよう起こせ!」

・勝利

光秀「まずは一つ…左足…」