※このログはNTR要素が含まれております。
CC_NPC ヒロインクライシス・ランドリューフ『淫烙書架のグリモワール』CC

CC_NPC 【堕狐恋歌(前)】

CC_NPC ■開始■

CC_NPC 

CC_NPC 

CC_NPC 

CC_NPC 書架国。今日もシグに呼び出されたマイアは、シグとの逢引を断れずに、カフェの一室に来ていた。

CC_NPC 断りきれずに、とは正確では無かった。必死に理性は否定してるが、マイアは心のどこかでこの密会を楽しみにしていたからだ。

CC_NPC だが、それをマイアが認めてしまえば、故郷の恋人の…アルへの重大な背信行為になってしまい。

CC_NPC 言葉と誓いを信とするマイアにとって、それは自身の死にも等しい行為だった。

CC_NPC ――そんな折、シグからの一言が、マイアの心を揺さぶる。

CC_NPC 【シグ】「カフェの方を見てみな。テラスの方だ…面白いものが見れるぜ?」ベランダで『いつもどおりに』マイアの乳輪を転がし愉しみながら、その唇を奪い。マイアの視線をそちらに向けさせる…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ん♪ な、何……が、ですか……っ、ちゅ、ぅん♪」シグにされるがままのマイア、その身体は火照り無毛の秘所は既に糸を引く位濡れている。散々シグに嬲られた身体は簡単に発情するようになったのだ、そんなマイアが言われるまま外を見ると……

CC_Maia 【マイア】「あ、あれは……ま、まさか……ぅ、んぁっ♪」自分のよく知る人物、今は遠くに離れていて会えないはずの人物……こんな姿をもっとも見られたくない……約束の人……

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「ああ、愛しのアルくんだ。どうだ?久しぶりに会えて嬉しいだろう?」上の様子にまったく気づいていない、優しい恋人の頭上で…ぽたぽたと愛蜜を漏らし乳首をビンビンに勃起させてる淫乱狐。その唇をちゅぷちゅぷ奪い、豊満乳房をむぢぃっっっと揉みたくり、ぐにぐにと揺さぶり回す

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「そ、んなっっ♪ ん、ひゅぁっ♪ あ、あなたってひ、とはぁ♪」既に潤んだ瞳でいつもとは違い険しい視線で見上げるマイア、アルの存在を感じただけで乳輪は更にハリを持つ。

CC_Maia 【マイア】「な、にがぁ♪ 目的……で、す……ん、ぁ♪」必死に声を抑えながら垂れ続ける蜜を押さえるように内股になるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「大層な目的は無いぜ?ただ寂しいペットに褒美をくれてやるのは、主人としての義務だろう?」にやにやと、乳輪へ指先をずぶぅっっと食い込ませ、ぐりぐりとねじりながら、恋人の顔上でマイアへ寝取りキスをかわし続け

CC_NPC 【シグ】「もっとも――――」    くちゅ    っっずぶんっっっっ!!!!「―――こんな不貞を働いてる狐に、恋人はどういう顔をするだろうなァ?」片足を大きく上げさせての、容赦の無い肉穴陵辱。子宮まで、こちゅんっくちゅんっっとノックされ…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ほう、び……こ、こんな事が……っ♪」押し込まれればビンビンに尖ったニプルがシグの指を押し戻そうとする、ニプルの先から発情ミルクを染み出させながら褒美と言う言葉に怒りを表す……しかし……

CC_Maia 【マイア】「ん、ひゅぁ♪ や、め……いま、ぁぁぁぁ♪」奥をノックされるたびに膣を激しく震わせながら快楽の波に飲み込まれるマイア、決壊した水門のように潮を噴き出しながらたやすく懇願の言葉を紡ぎだす。

CC_Maia 【マイア】「お、お願いします……きょ、きょうは……許して……くださ、ぃ♪」甘くトロけた声をあげ必死に主人に求めるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「勘違いするなよ?ペットが主人に口答え出来ると思ってるのか?」どちゅっどちゅっぶちゅっっぼちゅっっっ  常に餓えている狐の子宮を、めいっぱい情欲で満たしてやり。口内に舌をねじ込みながら、勃起ニプルからミルクをぴゅっぴゅさせ始めたマイアに、悪魔めいた笑顔を浮かべ

CC_NPC 【シグ】「ただ、俺も鬼じゃねぇ…このチンポを今すぐ引きぬいてやって、今すぐアルに会いに行かせてやってもいいぜ。」

CC_NPC 【シグ】「『条件付き』だがな。」ぬろぉおおお……   子宮からゆっくり引き抜かれる主人チンポ。マイアの肉壺は、理性とは裏腹に引き抜くのを絶対に嫌がるように、きゅうううっと締め付け…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「……ッ!」あまりにも非情なペット扱い……しかしそれは自らが招いてしまった事で……過去にあった羞恥を思い出してしまう、そんな時に飼い主であるシグからかけられる言葉……甘い誘惑に心が揺れ動いてしまって……

CC_Maia 【マイア】「ど、どういう事……なのでひゅぁ♪」不可解な言葉に問いを発する途中で引き抜かれる剛直、膣壁を存分に擦るその刺激に身体は敏感に反応を返してしまう。それ故に甘くトロけた声でしか条件を聞くことが出来なかったのだ。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「なに、簡単なことだ。お前としても、今の姿でアルと逢いたくはねぇだろう?他のオス咥え込んで穢れちまった今の身体を…な?」にやにやと笑いながら…マイアに、主人の剛直をフェラで処理するように命じる。

CC_NPC 【シグ】懐から、美しい装飾の施された銀細工の指輪を取り出し「条件は、今のままの姿でアルと会わず、俺の愛人として振る舞うことだ。変化の魔力を宿した指輪、これを使え。」ペットに口奉仕させながら…司書装束から窮屈そうにむちぃっと開放されている爆乳を弄ぶ

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「そ、れは……あ、あなたがこんな姿に……ぅぅ……ん、ちゅ♪」自らの愛蜜に塗れた剛直を言われるままに舌で奉仕する、ゆっくりと舐めあげるように……

CC_Maia 【マイア】「そ、そんな……た、しかに、ん……ちゅ♪ 魔力を感じます……し、しかし……愛人……なんて……」考えるだけで寒気がする条件、しかしマイアの心には二つの思いがあった……愛しいアルに会いたいというモノ……そして、偽りとはいえ主人の正式な愛人として振舞うというモノ……相反する気持ちが交じり合い……

CC_Maia 【マイア】「わ、かりました……アルに……会わせてください……」口いっぱいに頬張ったシグの雄を味わいながら、綺麗にし終えたマイア、いつものように鈴口にキスをした後、条件を受け入れる事を告げるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「よし、それでこそ俺のペットだ。……しっかり左の薬指に着けるんだぜ?」しっかり奉仕を終えたマイアの頬を撫で「変化した後の衣装はもう用意してある。…ああ、言い忘れてたが、変化後の姿もな?」

CC_NPC 【シグ】「…きっと気に入ってくれると思うぜ。きっと…な。」喉の奥で笑い…恋人に行く前であるのに、いつもどおりのペットの作法を完璧にこなすマイアに、満足の笑みを漏らす。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】(アル……汚れてしまった私ですけど……こんな形になってしまいましたけど……貴方に会えるのが嬉しいのです……)胸中にアルへの思いを満たし言われるままに薬指に指輪をはめる……神聖な場所だが今は考えないようにして。

CC_Maia 【マイア】「はめました……んっ……」見せ付けるように指輪をした細い指を主人に向ける、そのとき指輪から感じる魔力に一瞬意識を手放しそうになった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「そのままにしていな。次第に変化した姿になるからな。…そのままの服装だと、すげぇことになりそうだな…」マイアの心中を見ぬいているのだろう。神妙な表情で指輪をはめるマイアを小さく笑い

CC_NPC 【シグ】「……ほれ、なってきたぜ。円熟した肉の、愛人狐の姿に…な。」

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ん……な、に……あぁぁっ!」今でも十分にたわわに実っていた双乳が更に大きく成長する、それは102cmを越え、110……いや、下手をすれば120に届かんばかりの魔乳に変化した、その変化に伴い、いつも身にまとう司書服がいっそボンテージ衣装のようにギチギチとマイアの身体に食い込む。

CC_Maia 【マイア】「い、いや……こ、こんな……姿……っ」肉付きはさらに増し、もはやスカートが入らない大きさまで変化したお尻は円熟した色気を放つ圧倒的な存在になった……そこには成人狐特有の色気を纏ったマイアの姿があったのだ。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「よぉく似合ってるぜ…マイア。」く、く、く、と喉奥で笑い。乳出し拘束具めいた司書服を纏ったマイアの120魔乳を、軽く持ち上げる…

CC_NPC それだけで、まるで巨大な果実が揺れ動くように、ゆさぁっっと重量感たっぷりに……先刻まで犯されていた肉壺の入り口が、スカートで三角州を強調してしまい。サイハイソックスには以前にも増して太腿肉が食い込み

CC_NPC 【シグ】「嫌ならいいんだぜ?アルに会えなくなるだけだ…」自身の変化を嘆く声すらも、たまらない色気に満ちた憂いを帯びる狐人の声に変わっており…いくら旧知の恋人とはいえ、アルに気づかれることは皆無だろう。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「あぁぁっ♪ や、め……てっ♪」指輪による変身の影響か、軽く持ち上げられただけで絶頂に達してしまいそうな程の快感を受けてしまう、このままシグムンドの調教を受け続ければ近い未来、変身せずともこの姿になってしまうのだろうか……そんな考えを浮かべるも揺れ動く魔乳による快楽に靄にかかったように霧散していってしまう。

CC_Maia 【マイア】「んん……ふぁ……だ、いじょうぶ……アルに……会えるのですから……」話すたびにユサユサと雄を誘惑するように揺れる魔乳、変わりきった姿で、最愛の男性と会うことを受け入れるマイア、色気づいた声に戸惑いながらも一目でも良い、自分と気づかれなくても良い、心の支えにするためにアルに会いたいのだ。

CC_Maia 【マイア】「そ、れで……私は……どのような服を着れば……」改めてはちきれんばかりに成長しきった牝の身体……自分の姿を見てしまう。とてもこんな身体に合う衣服など自分では思いつかないだろう、そんな自分用の衣服を用意していると言ったのだ、恐ろしい気持ちになりながらも会うための衣装を求めるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「どうやら、未来のお前の身体は誰が主人か…よぉーくわかってるみたいだな?」みちっったぷぅっ……いやらしすぎる反応を返す変化狐の魔乳を嬲りながら、片手で用意していた衣装を掴み

CC_NPC 【シグ】「予想していたよりスケベな体つきになっちまったが…まぁなんとかなるだろ。これだ。」そういって渡されたのは、薄衣で織られた、ふわりとした肌触りのワインレッドドレス。否が応にも『女』を意識させる作り…

CC_NPC 胸元は大きく開かれており、太腿は完全に露出させられてしまうだろう。一緒につけられた黒のガーターを履くことで、更に強調されてしまうことは明白。ドレスに開いた尻尾穴は、せめてもの配慮だろうか…

CC_NPC ただし、少しでも発情してしまえば…一瞬で相手に露見してしまうだろう。そんな、大胆すぎるイブニングドレス。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ぅぁ……そんなこと……」揉まれるたびに自由気ままに形を変える魔乳、その快楽に翻弄されながら早くもトロけ始めた瞳で差し出された衣装を見る。

CC_Maia 【マイア】「こ、こんな……ドレス……ですか……」唖然としたまま受け取ってしまう卑猥な衣装……その布地の少なさに更に頬を紅潮させてしまう、下手をすれば簡単に乳輪を晒してしまうだろう……

CC_Maia 【マイア】「……わ、かりました……着替えます……」ボソボソと囁くように受け取ると、呆然としながら紅いドレスに着替える……異性であるシグムンドが目の前に居るというのに慣れたものか……

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「―――ああ、似合ってるぜ…マイア。嘘でも世辞でも無い。」マイアの予想通り、少し身じろぐだけでピンク色の先端が覗いてしまう、朱のドレス。着替えている最中も、シグに見せつけるような動きで着替えていたのに、マイア自身は気づいていただろうか…

CC_NPC 【シグ】「こんなエロい身体を、アルの坊主は満足させられるのかねぇ…くっくっく…」何かを…マイアにとっては悪夢で、アルにとっては、もしかして幸運かもしれないことを画策しながら、耐え切れずに喉奥で笑う。先ほどから、マイアには嫌な予感がし続けていて…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「うぅ……そんな、事……」両手で身を隠すように自分の身体を抱きしめる、だが育ちきった魔乳は隠れるわけも無く逆にマイアの腕を軽々と隠してしまうもので……生地の上からでも分かるピンと尖った乳首、大きくなった乳輪はチラチラとドレスから見えてしまう。

CC_Maia 【マイア】「……ん……ふぁ♪」必死に甘い声を抑えるマイア、軽く動くだけで身体の芯から劣情の波が湧きあがり、プリプリに育ったヒップはドレスを押し上げ、その上にある狐尻尾はピンと緊張で立っている……更にまるで東方の褌のようなドレス前部は、チラチラとガーターに包まれた魅惑の肉付きフトモモをくすぐる……そこにはシグにお似合いの狐美女が居たのだ、そんなマイアは快楽に抗うのに必死でシグの笑みに気づけないで居た……

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「疑ってるのか?ん?  それじゃあ…」にやり、と笑みを深くして……

CC_NPC 【シグ】「アルに会う前に証明してやるか。変化したお前の魅力をな」肉付きの豊かすぎる美女狐を王侯貴族顔負けの上質ベッドに押し倒し…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ま、待ってくださ……ひゃっ!」スリットが大胆に入ったワインレッドのドレス、押し倒された拍子にビンビンに尖ったニプルを現在の主人であるシグムンドに晒してしまう。

CC_Maia 【マイア】「や……これから、アルに会う……のに……」普段より肉感が増した身体をくねらせ抵抗するも、120の魔乳をブルブル揺らしてしまうだけ……その揺れすらも快楽となり、火照った身体は更に発情の炎に焼かれるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「今のお前にとっちゃぁ、ただのそこらへんの坊やだろう?今のお前は、俺の情婦だ。しぃっかり、覚えさせてやるよ…」ずっしりと重たい狐魔乳を、正面からミチィッッと鷲掴み。普段より更に危険極まりない魅惑の果実を確かめるように五指を食い込ませながら、屹立ニプルを手のひらでゴシゴシ擦り、豊穣ミルクの分泌を誘発する。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「や、そんなぁぁっ♪」実りに実った乳肉は最高の感触でシグムンドの指全てを包み込む、その瞬間屹立した小指程に成長したニプルは噴水のように激しくミルクを噴き出したのだ。

CC_Maia 【マイア】「ひゃぁぁぁぁっ♪ う、そぉ……こ、んにゃぁぁぁぁぁぁっ♪」ビュッビュッと激しくミルクを噴きだすたびに極上ニプルアクメを極め続けるマイア、それはシグムンドの情婦としての淫らな姿に相応しいものだ。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「スケベなデカニプルしやがって。こんな男好きのする乳首を、あんな坊主に満足させられるわけねぇだろうが。」にやにやと、指先をちゅぶぅっっっとミルク噴水に突っ込み、ぬぼぬぼとハメながら、常より更に敏感淫猥と化した狐乳の飼育。ワインレッドドレスに映える白の肌…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「や、だ、めぇ♪ んん……ひゅぁぁぁぁっ♪」乳肉に押し込むようにニプルをいじめられればドレスだけでなく、部屋全てにミルクの香りを染み込ませるようなレベルで母乳を噴き出させる。

CC_Maia 【マイア】「よ、ごれて……あ、アルに会えなく、なるぅ♪」ニプルファックの強烈な快楽に翻弄されながらも、紡ぐのは婚約者の名前、トロトロになった瞳でシグムンドを捉えながらも必死にアルへの思いを取り戻そうとあがくのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「アルの坊やに『どんなことがあったか』分からせるにゃ、最高だろ?おら、おらっっ!!」そんな思いを嘲笑うように、トロ顔でニプル快楽訴えてるスケベ狐の乳首穴こねくり回し、正にミルクタンクといった様子の母性狐の顔面に、搾乳ミルク自爆させる。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「んん、ぷ、ぁ……♪」喘ぐ口から自らのミルクを注がれ飲み込んでしまう、それは普段以上に身体を敏感に発情させる豊穣ミルクで……

CC_Maia 【マイア】「ひゃ、ゃぁぁぁぁぁぁっ♪ も、もぅ、ひゃめひぇくらひゃいぃぃぃぃ♪」ガクガクと身体をそらせるマイア、そのたぶにブルンブルンと激しく揺らしてアクメを極め続けるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「ああ、そうだ。マイア、お前のミルクは好評だぜ…カフェで出したら縁結びのミルクってので大好評だ。あっという間に品切れになっちまう」笑いが止まらないというように、マイアのうし狐ミルクを搾り続け、自身に飲用を続けさせ…

CC_NPC 【シグ】「もっと出るようになんねぇかねぇ。それこそ乳牛まんまくらい、出せるようになっていいぜぇ…?」世間話するように、スケベアクメキメてしまった噴乳狐の太腿をこじ開け…むちむち肢体を折りたたみ、まんぐり返し。スライムアナルまで丸見え…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「そ、んな……ひゅぁっ♪ い、いやぁ……そんなのいやです……ぁっ♪」ミルクを飲まされながらまんぐり返しの体勢に、そこにはスライムの影響か綺麗なままのアナルが物欲しそうにパクパクと開閉していた。

CC_Maia 【マイア】「や、まっへくださぃ……い、今はいれ……ないで……」紅潮させた顔で必死に挿入を拒むマイア、トロトロに溶かされた身体はシグムンドの剛直で他愛無く陥落してしまいそうで……しかしマイアのアナルは今すぐにでもくわえ込みたいと正反対な態度をとっているのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「嫌と言いながら、こっちは悦んでやがるなぁ?」ピンク色の発情アナル凝視しながら、ケツ穴入り口に逞しくぶっとい雄の亀頭を、ぬちゅぶっっとねじり込んで……

CC_NPC ――――   ずぬぶぶぶぶぶぶぶぶっっっぐちょぁっっっっ!!!!!!

CC_NPC【シグ】「やっぱたまんねぇなぁ、淫乱狐のケツマンコはよぉっっ!!!」ゲス笑顔浮かべながら腰をがっぢゅがっぢゅと振りたくり、乳噴水から暴れるミルクを、ぢゅぅううううううっとしゃぶりたてる

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ほ、本当に……まッッ♪」グポリと剛直を受け入れると背筋を走る激しい快感……入り口は激しく締め付けスライムによって躾けられた腸壁はうねるように肉竿を包み込んでいく。それは極上のケツマンコで……

CC_Maia 【マイア】「ま、っへって……い、ひゅぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♪ ぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおっ♪」獣のような声をあげて乱れるマイア、間欠泉のように吹き出るミルクを撒き散らしながら、ケツアクメとニプルアクメの二重淫悦に踊らされてしまうのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「ははははは!!面白ぇくらいにイッてンなぁ!そんなにケツ穴いいかっ?ケツアクメ乳首アクメ最高かァっ!?」誰がどう見てもシグ以外の『所有物』にしか見えない狐のアナルに腰をぶちゃっぶちょっっと叩きつけながら、ぴんっぴぴんっと震える狐耳に罵倒してやり

CC_NPC 【シグ】「待っていいのか?んん?」……急に腰の動きを止めて、にやにやと…ぬぶぅうう~…っと腸液の絡んだ、チンポ肉が、マイアの目の前に…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「んひぃぃぃぃ♪ ぁひぃん♪ や、やらぁ♪ ん、ひゅぁ……」バネ仕掛けの玩具のように跳ねるマイアの身体、その動きはシグムンドの挿入にあわせるような動きだった。そんな震えるマイアにかけられる言葉と行動、それは腸内射精を望む身体と、拒む心の鬩ぎあいを生んで……

CC_Maia 【マイア】(あぁ……ダメなのに……また流されて……でも身体が……疼いて……)ドクンドクンと心臓を高鳴らせ続ける、蕩けた瞳で腸液でテラテラに濡れた主人の肉棒を見つめて……

CC_Maia 【マイア】「は、早く……い、イかせて、ください……そ、それが終わったら……アルに……あわせて……」ボーっとした声で囁くように腸内への陵辱を望むマイア、自らの手で足を固定させ、更にアナルをシグムンドに突き出す、そんな中、ふわふわの尻尾は嬉しそうに横に揺れているのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「くくく…仕方ねぇなぁ。可愛い可愛い情婦の頼みだ。断れねぇよなぁ」本音を紡ぐ尻尾を楽しげに見やりながら、120魔乳を力まかせに握り潰し

CC_NPC 【シグ】「っっっおらぁ!!!!」凄まじい勢いで肉ピストンをばぢっっばぢっっばぢゅっっばぢょっっっっとハメこんで、ケツ穴射精スタンバイ

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ッ♪ ぅぁぁぁぁぁああああああああああああん♪」一際激しく胸をつかまれれば、あまりの握力に射乳を一時せき止められてしまう、それは見る見るうちにマイアの胸に溜まっていく……その圧迫感が更に快感を加速させ射精をねだるように主人の肉棒を開発されたケツマンコで奉仕するのだ。

CC_Maia 【マイア】「き、きてぇぇぇぇぇぇぇぇっ♪ わ、わたしの♪ ケツマンコにっ♪ シグムンド様の子種をっ♪ くださいっ♪」言いなれてしまったおねだりの言葉を自然に紡ぐ、蕩けた瞳で射精に挑む主人を見つめながら、足を固定していた両手を離す、その手はいつものように主人を身体を抱きしめ、更に二人の身体を一つに重ねるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「よーしよしよぉーし!!それでこそ俺の肉穴情婦だ!ケツ穴で孕むくらいしっかり受け止めろよぉ!!!」中出し前にぎちぃいいいっとミルクタンクをチャージさせて、情婦にふさわしく、瞳にピンクのハート浮かべながらケツナカダシねだるアヘ顔狐に、腰を密着して叩きつけてやり

CC_NPC 【シグ】「子種やるぞ!!おらっっ孕めっっっ!!!!!」――――ぶびゅーっっっ!!!びゅびゅぶっっ!!!びゅびちっっvvv ぐぶぶぶぽぽぽぽ   ぷぼぉっっっvvvvv

CC_NPC ……スライムがぐちゅぐちゅと撹拌し、それをマイアのケツ肉隅々にまで『発射』する………催淫効果をもたらすそれは、マイアを破滅的なまでの幸福感で満たし…アルのことを、その間だけ完全に忘れさせる…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「はひぃ♪ はひぃっ♪」ビクビクと震えながら主人の射精を待ちわびるペット奴隷、愛狐はだらしなく舌を出して恋人の存在を忘れ快楽に溺れていく。

CC_Maia 【マイア】「きたぁ♪ しゃ、せいっ♪ こだねぇっ♪ んんぁぁぁぁぁぁああああああああっ♪」トロけた表情で待ちに待った射精を受け入れるマイア、シグムンドの剛直が射精時特有の震えをアナル全体に伝え、大量のザーメンを解き放つ、それは濁流のようにマイアの腸内を満たしていって……

CC_Maia 【マイア】「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ♪ ぃ、ん、ォほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおお♪」部屋中に、いや……下手をすればカフェテラスにも聞こえる声量でとどろかすマイアの嬌声、それと同時にたまりに溜まったミルクが火山の噴火のように噴き出した、豪華なワインレッドのドレスはミルクと愛蜜の甘く淫らな匂いを覚えながら、ケツ穴アクメで震えるマイアの身体を守るように包み込むのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「くくく…おいおい、せっかく誂えたばかりのドレスが汚れちまったぜぇ?換えはねぇんだけどよぉ…」どぶっ…どぶぶぶ…ぶびゅるっっ……情婦狐のケツマンに未だザーミルク注ぎこみながら、至高のトロアヘ顔で四肢を伸ばしアクメ続ける狐に囁き

CC_NPC 【シグ】「このまま、アルの坊やに会っちまうか、ねぇ?」…にやにやとしながら、ケツ穴マドラー肉でぐぷぐぷ責め立て、ミルク染めのうしぎつねに提案…いや、命令かもしれない…マイアは、そう感じて…

CC_NPC▽

CC_NPC 

CC_NPC 

CC_NPC 【アル】「え、と…お邪魔します…」生真面目そうな青年の声とノックの後…カフェの個室に通される少年、アルヴィー

CC_NPC 【アル】「この国でマイアがお世話になってると聞いて…って、ぅわ…!?!」途端、顔を真っ赤にしてしまう、アル。その眼前に広がるのは…

CC_NPC 【シグ】「おう、いらっしゃい。俺がここのカフェの主、シグムンドだ。で、コイツは…」

CC_NPC 【シグ】「………ミーア、ってんだ。俺の情婦で、愛人で、肉奴隷だな。とびっきりの痴女でな、さっきまで離してくれなかったんで、今まで時間がかかっちまった。すまんな」にやにやと笑いながら…ミーアの母乳120超え乳をモミムチしながら、さも当然のように恋人の前でミーア…変身した肉熟マイアとキスを交わす…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ぁ……あら、かわいらしい……子ね……っ♪ も、もぅ、今はお話中でしょ♪ ミ、ミーア……です……わ、ふ、ぁぁ♪」たわわに実る魔胸を揉まれながらの自己紹介、アル、最愛のヒトに自分だと悟られないように必死に演技をするも、その声は簡単に艶に染まってしまう。二人の体液で湿るドレスに早くも新たな母乳を染み込ませてしまうのだ。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(アル……あぁ……こんな姿だけどアルに会えた……このまま逃げ出したい、でも、私は、戦います、この快楽に打ち勝ちますから……我侭ですけど……私に力を、誓いを守る力をください!)身体はすでに胸を弄ばれる快楽で震える、それでも最愛の男性の顔を見れたのだ、新たな意思を湧き上がらせるには十分だった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「あ、アルヴィー、です……そ、その…あの……」顔を真っ赤に。至極当然という反応……ズボンに目をやれば、見事にテントを張り、それを隠すように手を被せ…

CC_NPC 【シグ】「おいおい、恋人持ちのアルくん。いくらミーアが極上の牝だっつっても、チンポおっ立たせてたら、恋人のマイアさんに申し訳ねぇんじゃねぇか?」さも楽しそうに笑い…母乳でワインレッドのイブニングドレスの色合いを深める牝狐のニプルを指ファックし、大胆な前垂れを横に除けて、むちむちの太腿を露わに…

CC_NPC 【シグ】「……ああ、どうやら童貞くんのようだしよ。ミーアで練習すっか?ん?コイツの身体は…極上だぜ…?」そして、そのまま露わになった黒紐パンのクロッチを、きちぃっっと食い込ませ…

CC_NPC 【アル】「れ、練習って……わ、わ……ッ」目を、離せない。120のマゾミルクカップも、紐パンの食い込んだ最高級マンコも、羞恥を感じながらも艶媚を醸し出す表情も…全部全部、観られてしまって…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「アルくん……って呼んで良いかし、っぁぁ♪ も、もぅ……ぃ、いまは……ん。ひゅぁ♪」ムチムチに成長した太腿に土手、先ほどシグに注がれた特濃精液と自前の愛液を黒紐ショーツからドプリと、未だに続く胸愛撫に動きとと同調して溢れる姿を見せ付ける。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「れ、練習……って、ん、ぁぁぁぁっ♪」アルと共に練習と言う単語に反応する、成長した姿とは言えアルにあんな痴態を見せたくは無いのだから……(アル……断って……くれますよ、ね……)快楽に染まる表情で祈りながらアルを見つめるしか出来ない。そんなマイアの狐耳と尻尾は不安か、切なさか……それとも期待か……自分でも分からない感情で揺れ動くのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「勿論…セックスの練習だ。恋人の前で、恥をかきたくはねぇだろ?」女の肉土手をぶちゃぶちゃとかき混ぜれば、ミーアに舐めろと指先を口元に持っていくシグ…「安心しな、ヤるときゃあ二人きりにした上で、マイアにはぜってー言わないと約束するからよ?」

CC_NPC …この上なく滑稽な約束を取り付けて、シグはミーアとアルを交互に観る…

CC_NPC 【アル】「…………っ」ごくんっっ…と生唾を飲み込む音…「はい……そう、呼んで下さい…それで、シグムンド、さん…」恐る恐るといった様子で…

CC_NPC 【アル】「……ホントに…マイアには秘密に、しておいてくださいね…?」―――目の前で交わされる契約。そして、恋人の裏切り。それは『マイア』の心に、巨大なハンマーを打ち込まれたかのような衝撃を与える…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「セッ! ――――っ!?」信じていた、目の前に居る最愛の男性はこんな誘惑には耳を貸さないと思っていた……それが裏切られる……(アル……そんな……私……アルは……っ!)混乱する思考、だが身体に送られ続ける快楽に更に思考はぐちゃぐちゃになって……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(そう、です……私は自分の事を棚に上げて……私に比べればアルのする事なんて……っ!)ぐるぐると回る思考で必死につなぎとめる、自分にとって都合の良い考えだとは思うものの、心を壊さないようにするのに必死だったのだ……(それに、アルの初めてを……私が貰ってあげれるのですから……)

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「アル、くん……良いの、ね……」太腿に伝う白い液体、ムチムチに成長した身体を淫猥なドレスで身に包んだ姿でアルに確認する。こんな形になってしまったがアルと繋がれる喜びに、アルが今見ているのは『ミーア』であるという悲しみ……入り混じる感情に心をかき乱されながらも、マイアの秘所は黒の紐ショーツの下で淫猥な蠢動を始めるのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「おう、決まりだな…」……ミーアへ対する一瞥。そこへは、賭けに勝った胴元のような色に満ちていて。そして、ミーアの背中をどん、っと押して、アルに抱きつかせる…

CC_NPC 【アル】「わ、わ…うわっっ…  …は、はい…よろしく…お願いします……」ミーアのむちむちボディを抱きとめる、最愛の男性。その瞳には情欲と好奇心、そして…今はこの場にいない恋人への、罪悪感。

CC_NPC 雄の衝動には勝てず…マイアのことを聞くのも忘れ、ミーアのぷにぷにとした腹部へ、雄の猛り――ゴンゾーやシグに比べれば、子供のようなサイズ…――を押し付ける…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「んっ♪ も、もぅ……」シグと違う筋肉はあるものの何処か柔らかなアルの身体を120cm超えの魔乳で感じながら抱き寄せる、そしてお腹に感じる雄……今までマイアを犯した極太の肉槍とは違うものを感じて……(アルの……少し小さいの……で、でも愛があれば……もっと、気持ちよくなれるはず……)必死に思いながらもはや手馴れた手つきでアルの雄を外界にさらけ出そうとズボンを脱がす。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ま、ってね? もっと大きくしてあげ、ます……わ」必死にミーアを演じながら可愛らしいサイズのアルの分身を優しく握る、それはすでに限界まで硬く、大きくなっているのだが、それ以上になると信じて、シグにとっては前戯にもならぬ手コキを行うのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「ああ…ミーアさん・・・いい、匂いです……」ミーアの120超え魔乳をモミモミとしながら、うっとりとした顔をする青年…ズボンの前をはだけられ―――――

CC_NPC 【アル】「み、ミーアさんっいきなりっっすご……ぁ、あ、ああああっっ!!!」ぴゅっ。ぴゅっ。ぴちゃっ。ぴちゅっ・・・   ……文字通り、みこすり半の射精。どうやら、アレが最大サイズだったということを、嫌でも痛感させられる。段々と、マイアの中でごまかし続けていた事実が暴露されていく、恐怖…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「んっ♪」手の中で感じる精の暴発、ビクビクと震える可愛らしい動きに、愛おしいと思う気持ちと同時に、どうしてもシグとの差を感じてしまう、シグであればこんな事で果てる事は無かっただろう……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(は、初めてだからですよね……そ、そうだ……恥ずかしいけど……豊穣の母乳の効力で……)自分でも感じる変な焦燥感、それをかき消そうと考ええる手段でアルの雄を更に高めようとする。マイアの性感帯の一つである胸を、慣れない動きで自分勝手に揉むだけの手をのける様にアルの口に自分の勃起したニプルをドレス越しに押し付けるマイア。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ほ、ら……飲んでくれ、ます?」艶に染まった声で誘惑するようにアルに迫る、その姿は痴女同然で……

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「す…すごい…ミーアさんの母乳…すごく、美味しそうです……んちゅっんちゅっんちゅっっっ…」まるで赤ん坊のように、ミーアの魔乳を好き放題に揉みしだきながら、勃起ニプルを口に含んで…

CC_NPC …赤子を相手にするような愛しさは感じても、熟練の肉技を振舞われた快感は得ることが出来ず、焦燥感が増していくばかり。ミーアの手の中で、再びアルの勃起肉が復活するも、『最大サイズ』からは一歩も出ておらず…ただただ、ミーアのピンクニプルを夢見心地でしゃぶっている…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「んんっ♪ ぃ、いい……き、気持ちイイ、わ♪ も、っと……吸ってぇ♪」ちゅうちゅうと吸われる度に甘い快感が乳首から全身に広がる、優しいまさに愛撫という行為に心が綻んでいく……しかし……シグに開発されつくした身体は甘い快楽では満足できない……(気持ちイイ……あったかくて……でも……何処か……何か足りない……アル……アルのを、もっと大きく……)ゆっくりと思考がピンクに染まっていって……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ん♪ そ、そうだ……お返し、に……もっと気持ちよく、大きくしてあげますから……ね♪」と夢中で吸い付くアルを引き剥がし、魔乳でアルの可愛らしい肉棒を挟みこむ。それはいつもシグに行う奉仕の動きで。(母乳で直接刺激して、マッサージすれば……もっと、もっと大きくなる……よね? アル……)必死にアルの肉棒を大きく、大きくしようと奉仕を続ける。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「えっっ!?み、ミーアさん?そ、それって……ぱ、パイズ   ぅ、ああああああ!?!」ニプルから口を離させられ、きょとんとしているところに、痴女めいた貪欲なミルクパイズリを直撃させられ……腰をびくびくびくぅっっと震わせて…

CC_NPC 【アル】「き、きもちぃい!!きもちよすぎるよっ!?!が、我慢…がぁああああっっ…ぁぅっっっ!!!」~~ぴゅっぴゅっ♪びちゅっ…ぴちゃっっ………

CC_NPC ……初心な童貞に、『いつもの』パイズリをすればどうなるか、と一瞬で思い知らされ…アルのザーメンを、ミーアは顔面にぶちまけられる…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「んっ♪ ……ぇ」小さく、本当に聞き取れない程小さく漏れてしまった呟き、シグを射精させるにはまだまだこれからと言う段階なのに発射されたアルの精……知らず知らず顔にかかった若い精液を指で掬いなめとりながら、どこか呆然とした表情になってしまう……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(初めて……初めてですから……仕方、無い……です、よね……)淫らな動きを見せる舌でアルの視線を唇と胸に繋ぎとめながら、アルの肉棒を再びさする……マイアの身体は欲求不満なのか、狐耳も尻尾も何処か元気がないのであった。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「アル……くん……まだ大丈夫……ですよね?」ミーアの演技もどこか億劫になりながら、まだアルに続行可能であるか聞いてしまう。その問いの間もマイアの身体はフルフルと震えながら、太腿をこすりながら、雄に埋めてもらえるのを待ち望んでいて……

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「あ・・・ぁあ……ああ」

CC_NPC 【アル】「…きもち・・・よかったぁ………ッ…」ため息をつきながら、射精感の夢見心地に浸るアル。……如何に、シグがマイアの快楽を引きずり出していたか、『分かってしまう』場面。…顔に出されたザーメンも…おいしく……ない……

CC_NPC 【アル】「あっ…あっっ!!!」みちっと、豊穣ミルクで擦られて大きくなる、優しげな青年の勃起ペニス。ただし、さっきより…小さいような…?

CC_NPC 【アル】「はっはい…大丈夫です…続けさせて下さい…!!」パイズリを続けてもらいながら…ミーアの目の前でチンポを滾らせ。その様子はまるで、餌を目の前にしておあずけをされた犬のよう。実際、ファーストキスの相手の瞳は、獣欲で満ちている…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(アル……アルの……小さい……でも……)完全に雄としての差を分かってしまう、しかし……今でも私は、マイアはアルの事を愛しているのだ、好きなヒトとの営みが、交わりが、何物にも代えがたい幸せであると信じているのだから……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「それなら……今度は、こっちで……ね?」恥ずかしい事をしている自覚はある、それでも身体は雄を欲しているし、心もアルを欲している。ゆっくりと焦らすような動きでドレスを肌蹴、黒の紐ショーツを見せ付ける、それは愛蜜と精液でグショグショになり、下着の役目を果たせていないのはアルでも分かるだろう。マイアはそれをずらし、シグの肉棒を覚えこまされた秘所をアルに見せ付ける……皮が剥けた淫核はピクピクと動き、小陰唇をゆっく りと拡げられればドロリと真っ白の本気汁を溢れさせる……メスとしてオスを受け入れる万全の体勢で誘惑する……アルとの繋がりを持つために。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「すごい…すごい…ミーアさん…えっちで…とても綺麗です……」青年ちんぽの根本を掴んで、びくっびくっと震えながら、のしかかるようにして、ずらしくぱぁで誘惑する痴女狐のヴァギナへ、くちゃり、くちゅり、と擦り付け…

CC_NPC 【アル】「あ、あれっ。なかなか入らない……」ミニマムちんぽをこするたびに、びくんびくん………戸惑うような声と、このままでは挿入することもなく射精してしまいそうな危うさを、ミーアは感じてしまい…

CC_NPC 気分だけが空回りし、ミーアのむちむちガーター太腿を押さえつけて、アルはミーアの………マイアとは違う、愛人狐を犯そうとする…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ん、ぁっ♪」秘所を撫でるこそばゆい感覚に甘い声をあげながら、ゆっくりとアルの肉棒に触れ誘導する。「ここ……そ、そう……この穴に入れるんです……」ドロドロに濡れた秘所、膣穴へ向けて、愛するヒトを迎え入れる……こんな形になるとは思ってもいなかったが、アルと結ばれるのは確かなのだ。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(アルが今見ているのは『ミーア』……マイアじゃ無い……私じゃない……けど……)必死に自分を偽る、そうしなければ心が壊れそうで……不安、期待、焦燥、様々な感情がマイアを支配するなか、ついにその時が来る……アルの肉棒をマイアの秘所がギッチリとくわえ込んだのだ。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「は…はい…ここ…ここに……っっんっっ……」シグの狐愛人のトロトロ肉壺へ、照準を定め終えると……腰を突き出し。

CC_NPC ずぶぶぶぶぶぶっっ   ぅ、あっっ    ぴゅ   ぴちち……

CC_NPC …………一擦りも持たない、即座の射精。シアワセを感じる間も、何もない………どれだけマイアがアルを弁護しようとも、救いようが無くなってしまう、早漏っぷり……それを、さも気持ち良さそうなアルの射精顔と共に、インプットさせられてしまう…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ん、っぁ♪ そ、そう♪ も、っと奥、ま――――ッ!」シグによる徹底的な調教の末、名器となっているマイアの肉壺……それはアルの童貞ちんぽにとっては過酷すぎるもので……キュゥゥゥゥと締め付けるうねる膣、散々焦らされたマイアが膣壁への快感を感じることも無く、ヌルヌルの精液が吐き出される……空しく揺れる魔乳越しにアルの表情を見てしまえば、それが打ち止め、限界の射精である事を察してしまい……それでも、それでも諦め きれず、いつもの……シグがする子宮へのキスを求めて……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「アル、くん……も、もっと奥まで……入れていいの……よ?」と震える声で誘うのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「は…はいっっっ♪♪んぁ…んぁっっああああ………♪」……ただ、一人だけが気分を高めて…豊穣ミルクのおかげで勃起は保っていられる童貞卒業直後のチンポで、ミーアの肉壺をぷにぷにと刺激する。そう、ぷにぷにと。

CC_NPC 腰使いは へなへな と表現するにふさわしく。雄の威厳など欠片もなし。ミーアの乳房を一生懸命に絞る手つきだけが妙に荒々しく、かといって快楽は産まず……

CC_NPC ……ふたたび、ぷぴゅる。   ……先刻より弱々しい…   ただただ、ミーアの情欲を煽り立たせ、狂いそうなまでの拷問的な焦らしプレイかと思えるほどの、

CC_NPC ―――アルの、『本気の』セックス…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】(嘘……嘘です……あ、アル……初めてだから……初めてだからですっ!! も、もっと……もっと私を気持ちよくして……あ、るぅ……)欲しいところに達しない、前戯のような性交、愛する人と交わっているのに……なのに……逆に空しささえ感じるセックス……本気で感じる事も出来ない、シグの時のように獣のような嬌声を上げれない……甘い声で泣きながら快楽を貪れない……そんな感情に心が、身体が悲鳴をあげていき……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「も、もっとぉ! もっと奥にぃ! き、きてぇ! アルっ! アルのぉ!」ミーアの演技も忘れたように、必死に求める。気持ちいいはずだ、幸せで、子宮が、身体が満たされて……先ほどまで夢見ていた幻想がガラガラと崩れ去るような感覚のまま、偽りの性交を続ける……両足でアルの腰を固定し逃げられないように、ぷにぷにの肉棒に硬さを取り戻すため、シグにいつもするように膣壁での締め付けも加えながら……

CC_Maia▽

CC_NPC 【アル】「あっっあっっ   ああああ……ミーアさ…みーあ、しゃ……  んっっ……」………最後の最後。   ぴちゃ。    …コップの底面に残っていた水滴が、僅かに垂れるかのような射精を終えると……

CC_NPC ――――最愛の恋人は。ゆっくり、失神してしまった………

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ぁぁぁ……」膣に感じる暖かい感触……最後の精液を搾り取った体勢のまま、アルと違う意味で呆然と、まるで気を失ったように動かなくなるマイア……(アル……私……何を……で、でもアルで……イけなかった……私……どうしたら……)ゆっくりとアルを解放し、120cmの魔乳の上でゆっくり眠るアルの頭を撫でる。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「アル……次は……私の名前を呼んでしてくれますよね……そうしたら……この鈴も……鳴りますよね……」気を失ったアルを抱いたままうわ言のように呟く……必死に鈴が鳴らなかった事をごまかしながら……今の私はマイアでなくミーアだから……と。

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「ん……っ、ぁぁ……ぅぅ……い、イきたい……せ、切ないの……」硬さを失ない小さくなったアルの肉棒をゆっくりと抜き出し、アルを抱いたまま秘所に指を入れ、淫核をこする……イけ無かった寂しさを紛らわすように。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「気は済んだか?…といっても、わかりやすすぎるが、よぉ。」そして、後ろから声をかけられる……今のミーア…否、マイアには、誰よりも聞きたかった声なのは、気のせいだろうか……

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「っ! シグ……さん……」自らを慰めた格好のまま、情けない声でシグを見つめるマイア。その瞳は涙で潤み、小さく震える狐耳は主人の到来に喜びを表してるようにも見える……それほどまでに今のマイアの身体は昂ぶっているのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「言った通り、満足なんざ、出来なかっただろう?ほれ、お前の欲しかったモンだ。」にやにやと……先刻のヘナチンとは比べ物にならないほど雄々しく、太く、固く、黒く……マイアを狂わせ続けた、肉の鉄棒。それが、マイアの目の前で隆々とそそり立っている……

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「――っ!」見た瞬間に身体が、尻尾がビクンと小さく跳ねる。マイアの性感帯であるポルチオに届かずに、生殺しのような状態にさせられてしまえば、発情しきった身体は、心が、もう限界で……

CC_Maia 【マイア(ミーア)】「わ、わたしは……」少し目を泳がせ、ジッと……ジッと……シグの剛直を見つめてしまうのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「お前がどうしようと、お前の自由だぜ。『マイア』」気絶してるとはいえ、アルの目の前で真名を呼び……そして、その名を呼ばれたからには、『マイア』として行動していることであり…ミーアとして行動することの言い訳が通じなくなり…

CC_NPC 【シグ】「このままアル坊やと故郷に逃げ帰ってもいい。その場合は俺ァ追いやしねぇさ。今後一切手出ししねぇとも誓ってやる。…で」

CC_NPC 【シグ】「……『お前はどうする?』『マイア?』」目の前に突きつけられた、選択肢…それは、どこへも逃げられなくて…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「……ぁ、わ、たし……ほし、ぃ……シグさん……シグ様の……ちんぽ……」正常な思考が出来ない、アルによって焦らされつくされた身体は、火照りきった身体は……マイアの心の枷を、正常な意識を外していく……その果てに口から紡がれた言葉だった。

CC_Mai a【マイア】(ぁぁ……疼くの……私の身体が……アル……どうして私をイかせてくれなかったの……ち、違う……私の身体が変だっただけ……アルは悪くないの……あぁ……でも、この身体の昂ぶりはもう耐えられないの……アル……)汗とアルの精液でぬめった身体を動かし、抱いていたアルをゆっくり床に寝かせる。そしてアルの精液がコポリと溢れ出る秘所を、むっちりと成長したヒップを、ヒクヒクと物欲しそうに蠢くアナルを、シグに向けて突き出し誘うのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「…チンポをどこに欲しいんだ?オラ、言ってみな…」 ぱんっっ  ぱんっっっ…… マイアの成長しきった桃尻を引っ叩きながら、二本足で立ったケダモノ狐といった様子そのもので誘惑してくるマイアの肉壺口へ、ぶちゅりと鉄肉棒を充てがい…

CC_NPC 【シグ】「ヘタな言い訳なんぞしようもんなら、その場で縁切りだ。どこにでも行きな、くくく…」肉辱の炎で灼かれているマイアを見越した上での、狐耳への囁き。120超えの魔乳を揉みしだきながら…淫蕩な誘い文句を待つ。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ま、まんこぉ! 私の淫乱まんこですっ! 子宮もぉ! シグ様のちんぽでぐちゃぐちゃにぃ♪ 気持ちよくしてくださぃぃぃっ♪」魔乳を激しく揉まれ、母乳を吹きだしながらビクビク震えながら叫ぶ。肉壺が感じる熱さを求めて、尻尾を、腰を、尻をゆらゆら躍らせながら陵辱を懇願するのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「おう、んじゃマイアの淫乱マンコ、てめぇの恋人の目の前で目一杯掻きだしてブチ犯してやるからな?覚悟しろやっっっ!!!」淫乱狐の子宮奥まで、チュドムッッッッ!!!と一発でハメ貫く……絶対にアルちんぽでは届かないことを自覚させられる、ハメ突き。ばっぢゅばっぢゅとチンポノックされる度に、気絶しているアルの顔に、マイアのマン汁がびちゃびちゃと…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「あ、はぁぁぁぁぁぁぁぁ♪ あ、あ――っ♪ お、おくぅ♪ ま、ってたのぉ! こ、これぇっ! ゅぁぁぁっ♪」ズドンと重く激しい一撃が膣を、子宮を抉る、それはマイアにとって馴染みきったモノで……感じるポイントを全て知り尽くされた挿入に、同じくシグの気持ちよくなるタイミングで肉棒を締め付ける。

CC_Maia 【マイア】「す、ごぃ……こ、こんなのぉ♪ ら、めぇ……♪ す、ぐにぃ♪ い、っちゃぁ、ぅ♪」ビクビクと挿入度に激しく痙攣する。そんなマイアの視線には自らの愛液で塗れる恋人の姿があって……心がキュゥゥゥゥゥゥっと激しく締め付けられる、申し訳ない……情け無い……そんな気持ちが溢れ出るのに……逆に身体は火照りを、性感を高めるのだった

CC_Maia 【マイア】(アル……アルッ! アルッ!! アルゥ……わ、わたしぃ♪)グチュグチュと愛蜜の雨を、最愛の男性に降らせながら激しく感じ乱れるマイア。シグにとっては見慣れた光景だが、今のマイアは普段よりも乱れ、締め付けているのがすぐに分かった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「くくく…オラッ。坊やのヘナチンとは比べ物にならねぇだろ?」子宮奥にみっちゅり亀頭を押し付け、ぱんぱんぱんぱんぱんっっ……最高にマッチングされた肉棒と肉壺は、挿入するだけで吸い付きあい…

CC_NPC 【シグ】「恋人の顔にマン汁振り掛けて感じてるみてぇだなぁ。どうしようもねぇ変態狐だぜっっ!!!」ぷっくりゅ膨らんだ桜ニプルをこね回しながら、ズドンッッブチュンッッ!!と淫乱狐穴をほじくり返し。雄の位を思い知らせるセックスで、マイアの中のコイビト順位を書き換えていく…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「や、やぁっ♪ い、いわ、ないでぇ! わ、わたし……はぁ♪ そ、んなんじゃ、なぁぁぁぁぁっ♪」必死に否定しようとするもその顔は蕩けきり、涎を垂らしながら快楽を貪欲に貪る獣にしか見えない……愛液と母乳のシャワーに塗れるアルの姿を確認する度にマイアの快楽は増大していく。

CC_Maia 【マイア】(あぁっ! わ、わからない……わからないのっ! アル! アルッ! わ、私は、私の身体は……も、もう……限界なのっ!)ブンブンともふもふの狐尻尾を振り回しながらシグとの不倫セックスを堪能する、マイアの性感と心は今まで以上の背徳感で燃え上がり、膣壁もそれに呼応するように、シグの剛直をうねり、舐めあげ、締め上げる……お漏らしにも似た潮を吹きながら快楽の海に沈むのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「何が違うんだ?あ?恋人の顔面に本気汁ぶちまけながらよぉ…尻尾振り回して喜びやがって。この牝穴がっ!!」ヒクヒク蠢くケツ穴へ、両手の指先をずぶちゃっっっと突き込み開き…ケツ穴フルオープンさせながら、トロ顔堕落のマゾ狐の子宮を、こちゅっ…ばちゅっっっ!!!!

CC_NPC 【シグ】「……こういうのはどうだ?ん?」にやにやと……マイアの態勢を低くさせて。ほとんどアルの目の前まで結合部分を下げさせる、エロ蹲踞チックな体位。その上からシグが覆いかぶさり、ケダモノのようにばちゅっばちゅっぐぶっばちゅりっっっ!!!

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ごめんなさぃ♪ ごめ、んぁぁぁぁぁぁぁぁっ♪ ごめんなひゃぃぃぃぃぃっ♪ ご、ぁぁぁぁぁぁっ♪ ひゃ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ♪」甘い声で意味不明の謝罪を繰り返すマイア、ムチムチの両足を広げ、がに股を極めたようにアルに跨る……アルの静かな呼吸がビンビンに尖ったクリトリスに当たり、更に本気汁をアルの顔面に巻き散らかす、しかもこの体勢は性感帯となった子宮の壁を激しく圧迫し、今まで異常の快楽にマイアの心は壊れそうになるのだった。

CC_Maia 【マイア】(ぁぁぁぁぁぁっ♪ まっしろになっちゃう……私がまっしろに……ぁぁぁぁぁぁぁっ♪)ぶんぶんと頭を振り乱しながら快楽を享受する、身体と心を壊されそうな調教に、マイアの鈴から小さく音が奏でられたような気がした……それはマイアにも聞こえないほど小さな音……完全には鳴っていないが、確実にマイアの心を手に入れた証であった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「ほぉれ……奥の奥まで突っつかれるのは、好物だろう?アルじゃ、こんなところまでとどかねぇものなぁ…?」アルに跨らせての子宮ノックを加えながら、いつもスライム洗浄されているマイアのケツヒダ一本一本まで視姦…

CC_NPC 【シグ】「おらっっっ!!!恋人の顔にマン汁ぶちまけセックス好きだって言ってみろぉ!!!」ケツ穴をスライムに拡げさせたまま、マイアの120超え超乳を揉みしだく濃密合意レイプ…鈴が鳴った直後に、マイアの可憐な唇がにっちゅり奪われる…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「そ、そうなの! と、届かないのぉ♪ ぁぁぁぁぁっ♪ ひきゅ、ぅ♪ ひゅごぃぃぃぃぃっ♪ ぜ、っくすぅ♪ すきぃ♪ すきですぅ♪ す、ぅぅんんっ♪」繰り返される子宮絶頂に身体全てを痙攣させながら言われた問いに答えてしまう、ブシュブシュとアルに体液を吹きかけながらヌロヌロを舌を絡めあう。パクパクとアナルをひくつかせながらまるで長い事連れ添った仲のようにキスを、深い深いキスをするのだった。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「にちゃ…れる…ぐちゅ…れろっれるっっ……俺のチンポのほうがしっかり届くよなぁ?俺のチンポのほうが好きだよなぁ?ん?」セックス前とは段違いの蕩けキスを、自分からするようになってきたマイアに、何かの確信を持って問いかけ…その返答の駄目押しをするように、絶頂中の子宮へ、ぱぐんっっぱちゅぐんっっっトドメファックを押し出す。

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「す、きぃ♪ ちんぽ、ちんぽはぁ♪ こっちのちんぽがぁ♪ 好きぃぃぃぃぃぃぃっ♪ ん、ひぃ♪ ォォォォォぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおお♪」シグとの間に唾液の橋を架け、あひあひと舌を垂らしながらトロ顔を晒す。その瞬間に子宮を激しく攻め立てられれば一際激しい潮を吹きながら、膣壁全てで、子宮孔で、シグの肉棒を締め上げるのだった。

CC_Maia 【マイア】(ありゅ……ありゅぅ♪ わ、たし……私……はぁ……シグ……さまぁ♪)快楽に飲み込まれ、シグとアルとの決定的な違いを自ら味わいながら……意識を手放しそうになる……その間際に脳裏に浮かぶのはアルの優しい笑顔と……シグムンドの男らしい笑み……世界がゆっくり流れるなか、静かになる世界で何処か小さな鈴の音を聞いたような気がした。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「ぢゅる…ぢゅぷっ……くく…んじゃあ、従順な肉ペットには、しっかりご褒美やらねぇとなぁ…」ゆっくりと進む世界。その中で、鈴鳴り子宮へがぶっっがぼっっがちゅっっっとめいっぱい叩き込まれる男性的な陵辱チンポ。その突き上げは、マイアの身体を完全堕落させるのに十分で……

CC_NPC 【シグ】「おらっっ!!孕み汁ぶちまけっからよぉ!!しっかりその牝穴で孕みやがれっ!マイアの便器穴にッッ出すぜェッッッ!!!」がぼっっがぼっっぶちゅっぬちゅっねぶっねぶっっぬぶぽっっっ!!! アルがいつ起きるかわからないくらいの子宮ノックをキメ突いて……

CC_NPC ―――――  ぶびゅうううううっっっ!!!びゅばちゅっっ……ぶりゅっっ…ぴゅびゅぷっっぴゅぼっびちちち…・・・   ごぷぉっっっ……♪♪♪   特濃泡立ちザーメンを、ちりりんっと鳴る支配子宮へ流し込み…マイアの身体を、完全に征服し終える…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ぁ、ひゅぐぅ♪ な、ってりゅ……わ、たぁぁぁぁぁぁぁあああああああっ♪」手放す瞬間、マイア全てを塗りつぶす圧倒的な精の快楽。アルを起こしかねない嬌声をあげながらビクリと身体を跳ねさせる。

CC_Maia 【マイア】「あ、あつぃのぉ♪ いっぱ、ぃぃ♪ だぃすきぃ♪ しゅきぃ♪ ひぐひゃま……す、きぃ♪」キュウキュウと脈打つシグのちんぽを嬉しそうに締め上げるマイアの肉体……完全に快楽に屈したマイアの肉体が、シグ専用の肉壺、牝奴隷となった狐娘があった。

CC_Maia 【マイア】(す、きぃ……すきぃ……ぁぁ……ちんぽぉ♪ ち、んぽぉ♪ おっきなぁ♪ アルの、じゃない……ちんぽ……)ガクリと脱力し、ボーっとしたままアルの身体に倒れこむマイア……その顔の前、気絶しているアルの股間は何故か小さく勃起していた……今も尚精を吐き出し続ける圧倒的なオスとは違うもの……もう、マイアを絶対に満足させれないもの……

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「よーしよしよし…上出来だ。マイア。イク寸前にしっかり締め付けられたしよ。これなら合格点だぜ…ほれ。」ずりゅぅうううう…っと、マイアの蜜壺からチンポを引き抜き。マイアの眼前に差し出す……マイアにとって、この上なく美味であり…忠誠を誓うべき、『おちんぽ様』…

CC_NPC 【シグ】「ご褒美だ。アルの目の前でキレイにするんだぜ?…めいっぱい音を立てて、なぁ?」にやにや…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ふぁ……ぃ♪ ん、じゅるぅ♪ じゅぶぅぅぅぅぅぅぅっ♪」白く薄くなる意識、ぐったりとした狐耳に尻尾……焦点も合わないままマイアは嬉しそうにシグムンドの剛直にキス、そのまま激しく鈴口から精液を吸い上げる……下品極まりない音を出しながら。

CC_Maia▽

CC_NPC 【シグ】「よぉし、いい子だ……これからも俺についてきな。マイア…そうすりゃ」

CC_NPC 【シグ】「……そこの坊やとは比較にならねぇモンを、見せ続けてやるよ。」異常快楽で気絶する直前のマイアに、そう囁き……意識を手放しそうになりながらも、下劣な音を立てて肉棒をキレイにし終わったマイアの銀髪を、主人がペットにするようにわしゃわしゃと撫で付けてやる…

CC_NPC▽

CC_Maia 【マイア】「ん……ふぁ♪ ぉいひぃ♪」まるでアルに見せ付けるようにジュルジュル精液を舐め、飲み込む……その笑顔は幸福でいっぱいで、恋人の前で見せるべきでない表情ではないのに……マイアは満足そうにお掃除フェラをし続ける……髪をなでられながら、本当に意識を手放す寸前まで……

CC_Maia▽

CC_NPC 

CC_NPC 

CC_NPC 

CC_NPC ヒロインクライシス・ランドリューフ『淫烙書架のグリモワール』CC

CC_NPC 【堕狐恋歌(前)】

CC_NPC ■閉幕■