【桃華】  

【桃華】 【桃華】「私は響木 桃華(ひびきももか)です」

【桃華】 【桃華】「ええと、はい。高校生の、二年生です。ヒロインっていうのもやっているのですけど……」

【桃華】 【桃華】「み、皆さんあんな恥ずかしい格好をしているんでしょうか?」

【桃華】 【桃華】「と、ともかく宜しくお願い致します」

【桃華】 品行方正な西洋系ハーフの女子高校生。ふんわりとした雰囲気で、ピンクブロンドが印象的である。そんな彼女は、夜な夜なヒロインとして戦うのだ! が、その衣装は過激なボンテージ風である!

【桃華】  

【桃華】 http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%B6%C1%CC%DA%A1%A1%C5%ED%B2%DA%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB

【桃華】  

【桃華】 以上

【桃華】  

《GM》 ありがとうございましたー!では…

《GM》  

《GM》  

《GM》 ヒロインクライシス・クライシス

《GM》 淫乱ピンクの勉強ノート

《GM》  

《GM》 はじまりはじまり。

《GM》  

《GM》  

《GM》 のんびりとした昼下がり。

《GM》 お昼休みも終わりかという頃の時間帯。桃華は、女友達とゆったりとした時間を過ごしている。

《GM》 普段から品性も良く成績優秀、運動だけは苦手という桃華は自然と人気者であり、男女問わず好かれている。

《GM》 …もっとも、その好意が、純然たる優しさだけで構成されているとは限らないわけだが…

《GM》  

《GM》 友達との絶え間ないお喋りもそろそろ止めて、次の授業の準備をしなければいけないという所。

《GM》 ――ぴんぽんぱんぽーん♪『一年C組の響木桃華さん。一年C組の響木桃華さん。至急校長室までお越しください。繰り返します―――』

《GM》 …桃華の日常を変える呼び声が、鳴り響いた。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「と。あれ……?」呼ばれている、と気づいたのは1テンポ遅れてからであった。そのまま、皆にごめんなさいを言って、廊下に。急いでいるつもりだが、廊下は走らず、である。気持ち早く、しかし周りの生徒の急ぐ足よりも遅く、校長室へ向かう。「(一体、なんでしょう……?)」呼ばれた内容は、皆目見当がつかなかった。

【桃華】 △

《GM》 【女友達A】「気をつけなよー、桃華っ。あの校長スケベな目でジロジロ見てくるんだからっ」【女友達B】「もし変なことされたら金玉蹴り上げちゃいなさいっっ」…威勢の良い声に見送られていく。何度考えても桃華に思い当たることはない。

《GM》 強いて言えば、今日の午前中の授業の跳び箱が飛べなかったことくらいだろうか。しかも最低段だ。思い出すとちょっと顔が赤くなるくらいに恥ずかしい。

《GM》 …そんなこんな考え事をしている間に、他の部屋とは一線を画した立派な木材のドア――校長室、の金枠プレートつきだ――にたどり着く。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「(運動は、さっぱりです……このでぶでぶな身体が、よくないんです。はぁ……)」ぷにょり、と指先でお腹をつまむ。つまめて、いや、『掴めて』しまうのだが、うん。そこは。でも、甘いものはやめられないし、ご飯はやっぱり美味しいのである。何か得意な運動でもあれば、とは思うのだが。力は弱いけれど、体力はあるし。とはいえそんなにいい運動もなく……と考えていたら、校長室の前に。

【桃華】 【桃華】「あ……えっと、(コンコン)、ひ、響木 桃華です」ちょっとどもりながら、扉の前で名乗る。▽

《GM》 【校長】「おぉ、入りなさい。」中から中年男の野太い声。入室を許可するその声は、確かにこの学校の校長の声だ。

《GM》 唐沢権三郎。男女問わず全校生徒から毛嫌いされている校長の名だ。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「は、い」少し声をつかえさせながら中へ。校長先生は、ちょっと苦手だ。自分のコンプレックスである身体を、じろじろ見るから。まあその、男性だし、おっぱいを見てしまうのは仕方ない事だろうけど。肉のちょっと多いお尻や、脇腹のあたりに感じる視線はちょっと、辛い。

【桃華】 だが、そう苦手とばかりは言っていられない。がちゃり、と扉を開けて中に入る。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「いらっしゃい、響木くん。…うぅむ、今日も良い肉体美だのぅ。うむ、うむ。」入室するなり、まるでカエルの舌が這い回るように桃華の肉付きを睨め回す教師。ニーソックスに乗った肉や、尻たぶの肉までスカートを透して見られているような…そんな、ねちっこさ。

《GM》 【校長】「ゴホンっ。まぁ座りたまえ、紅茶でも飲みながら話そうじゃないか。」まだ用件を切り出さず、校長室に備え付けてる電気ポッドで、ティーパックのお茶を入れ始める巨漢。昼食を食べたばかりだというのに、美味しそうだと感じてしまう桃華の若い胃袋。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「あ、ええと……ありがとう、ございます」酷く惨めな気持ちと、そして恥ずかしい気持ちが湧き上がる。身をよじるようにして、視線から逃げようとする様は、校長にはどう映るのだろうか。

【桃華】 【桃華】「は、はい」そのまま、ちょこんと座る。ソファはふかふか。なんだか、お尻で押しているだけで楽しくなってくる。「(いいなあ、校長先生、お金持ちなんだなぁ)」ぐるりと内装を見回してしまう。▽

《GM》 【校長】「ふっほっほ、そんな恥ずかしがる事は無いさ。成長豊かな事は素晴らしいと思うからねぇ?」目の前にソーサーと一緒にかちゃん、と置かれるディープクリムゾンの紅茶。一緒に添えられた二個のマカロンが見た目に添わない気遣いを感じる。

《GM》 …脂ぎった豚とカエルのハーフのような醜悪な容姿、突き出た腹に加齢臭…エビスのような、と表現すればまだマシだが、明らかに容姿その他諸々のせいで、潰れたガマガエルのような喋りをする目の前の男性は、全校生徒からの嫌われ者だ。

《GM》 桃華としては、じろじろ体操服(ブルマ)姿や、水着ではみ出した脇腹のお肉を凝視してる時以外は意外といい先生なんじゃ、とか思ってしまう時も。美味しいお菓子を度々くれるし…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ありがとう、ございます」なんだか、心がふわっと暖かくなる。それこそ自分の容姿にコンプレックスがある手前、他がどうであろうと気にならない……というのは、ある意味彼女の長所の一つだ。謙虚すぎて、周りにはそこが嫌味に映る事もあるようだが。まあ、その、なにより。

【桃華】 【桃華】「(たまにこうやって貰えるお菓子、とってもおいしいし)」確実に、餌付けされていた。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「まぁ、お茶を飲みながら固くならずに聞いておくれ?…この写真の子は、響木くん、キミかね?」紅茶をずず、っと啜りながら、野太い指で大理石のテーブルに出される写真……それは、ヒロイン姿の、ムチムチ黒ボンデージ桃華。

《GM》 衣装に収まりきらず溢れ出る乳肉や尻たぶ、二の腕や太腿に至るまで、桃華の一番隠したがってる『肉』の部分が全部収まり、つい数日前に退治した魔物と戦っている姿だ。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「……? ぶっ」辛うじて、横を向けた。けれど、霧吹きのようにお茶を噴いてしまう。「(え、ななななんでこれ、うわ、うわわ……!?)」明らかに挙動不審で、沈黙してしまう。はい、と答えているようなものだった。

【桃華】 桃華のヒロインとしての姿が、「それ」だった。自分のコンプレックスであるこの肉体が酷く強調され、盛り上がるその格好が、自分は酷く苦手なのだ……というか常人の、そっちの趣味が無い人なら確実に恥ずかしがる格好で外に出ていたのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ぅうむ…やはりキミだったか。もしやと思ったんだが…響木くん、キミにこのような趣味があったとはねぇ…」頭を抱え(る振りをし)て、数度振る。まじめに見えなくもない校長の姿だ。

《GM》 【校長】「なに、ウチも一応進学校だからね。こういう格好で公道を歩かれては、ね?言いたいことは分かるだろ?」心底困ったように桃華に詰め寄る校長。…動揺しきった桃華には、十分に心を揺さぶる効果がある。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「あ、あの、その……」ヒロインの話をしても、通じないのはわかっている。だから、言葉に詰まってしまうのだ。

【桃華】 【桃華】「す、すみません……」恥ずかしいやら怖いやらで、目にいっぱい涙を浮かべてしまうのだ。退学になったらお父さんやお母さんにどうやって言い訳しよう、とか。そんな事で頭がいっぱいになってしまうのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「あーあーあーっ!なになに、別に悪いようにするつもりはないんだよ?響木くんは優等生で物覚えもいいしねぇ。」そして、無遠慮に桃華の長くさらさらした髪に太い指を差し込み、撫で付ける唐沢。半パニックの桃華には、そんな指ですら安らぎを覚えるものであり…

《GM》 【校長】「だがねぇ、桃華くん。こういうのを見てしまった限りは、教師としては無処罰ではいかんのだよ。分かってくれるね?」一度、二度、三度。数度髪を撫で付けて…未だ動揺を続ける桃華の、むっちむちぷりぷりの肢体を眺め回す。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「っ」びくっと震えるが、大きい手になんとなく安堵感すら覚えてしまう。ある意味、人を信用しやすすぎる、とも言えた。「あの、どう、すれば……」怯える小動物のように、唐沢校長先生を見上げる。キュっと握られた拳と、震えるふとももの様子がみようによっては酷くそそるものもある。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「うむ。素直だね。その従順な態度に免じて…桃華くんには、特別授業を受けるだけで今回の件は不問にしてあげよう。」上目遣いに自分を見る桃華に、にっこりと微笑みかけ。その笑顔の実が、獲物を罠にかけた狩人のモノであるとも知らずに無防備に入ってきた桃華を、歓迎する。

《GM》 【校長】「まずは、コレに着替えてきたまえ。」ごそごそと、デスクから何か黒い布切れのようなものを取り出し、桃華に手渡す…「着替える時はその衝立で頼むよ。この部屋から出てはいけないからね?」…どう考えてもおかしい指示の『特別授業』。だが、ぽわぽわと思考が揺らぐ桃華には、すとんと腑に落ちてしまう。

《GM》 …その一因は、先刻の紅茶…ジワジワと効いてくる媚薬入りにあるのだが、無論桃華にはそんなことはわからない。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「とくべつじゅぎょう……? あ、あの、運動とかは……いえ、その、わかりました」無いといいな、というささやかな期待。だが、あまり言っても仕方ないという考えと、ヒロインのことを考えるとあまり墓穴を掘りたくないという本音が口を止めさせた。いや、むしろ……素直に校長先生の言葉を聞くのが、心地よく感じられたのだ。「はい、わかり、ました」なんだか、もう、見た時点から恥ずかしい気持ちにさせられるのだが……顔を真っ赤にし、

【桃華】 その布に顔をうずめてじたばたしながらも、ゆっくりと立ち上がって衝立の向こうへ。

【桃華】 【桃華】「(恥ずかしい……でも、なんだろう、この緊張した、みたいな……んーん、緊張はしてる、でも……)」衝立一枚挟んで向こう側に男性がいるという状況での、着替え。さらり、とその黒い布を広げて見てみる。▽

《GM》 …ある意味、桃華が一番見慣れた布地。ぴちぴちのラバー布地に、相当際どい食い込みの黒ボンデージ。桃華の腿肉をムッチリ押し上げる網タイツも完全再現で。しかも普段の変身にはないウサギ耳のヘアバンドまでついている。

《GM》 そのウサギ耳のヘアハンドのカチューシャはかなり長く、桃華の耳に差し込むような形になっているが…そんなふとした疑問は、コスチュームの過激さで掻き消えてしまって。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「~~~~」怯える小豚は、衝立の向こうまで聞こえそうな、小さく細い悲鳴をあげてしまった。「(そんな……え、うそっ)」慌ててまさぐった股の間。何故か、そこには既に僅かな湿り気を感じてしまうのだ。ダイエットにいいと薄いショーツを履いてきてしまったせいかもと当人は思っているが……どうにも薬との相性が抜群だったらしく、既に全身に薬が回り始めているのだ。

【桃華】 【桃華】「(でも、着替えなきゃ……授業、受けられないし)」真昼間、それも学校の中でこの衣装を着る事に大きな抵抗はあったが、観念して着替えをはじめる。衣擦れの音がいやに大きく聞こえて、まずは裸になって、丁寧に服をたたんで……

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ひひっ…ああ、桃華くん、授業に関しては安心したまえ。今日の授業はこの『特別授業』に振り替えておいたからね?」一瞬顔を出したゲスな声を抑え、あくまで福福しい声を保ち…桃華の衣擦れの音色と、衝立奥に設置された隠しカメラでの視界で、ネッチリと愉しむ…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「(これを、今から、着るんだ……)」ごくりと喉を鳴らした。足を通し、ジッパーを上げる。にちりと肉に食い込みかけて、痛みで涙が出た。股間の濡れた部分はショーツで拭ったのに、あとからあとから漏れていく。指でそっと、拭った。「ん……」粘りはあまりなくて、さらさらしている。匂いを嗅いでみたら、なんだかすこし、頭がぼうっとして……「(あ、いけない、いけない。早く着替えないと、校長先生待ってるわ)」耳をつけ、置いてあっ

【桃華】 た鏡で姿をチェック。明らかに恥ずかしい格好、盛り上がったお肉が露骨に、そして……股の間は辛うじて隠れる程度、タイツがなければ確実に見えている。胸元は大きくはだけ、谷間は露骨に見えて。そして、乳頭もようやく隠れている程度だ。

【桃華】 【桃華】「は、はい……あの、せんせぇ」返事を返し、泣きそうな声を出しながら衝立から頭だけ出す。うさぎの耳がぴょこんと生えた、ピンクブロンドの人形のような少女が、涙目のまま。「本当に、この格好で……受けなきゃいけないんですか? ちょっと、あの、熱があるみたいで、身体が熱くて……」知らず知らずのうちに股を擦り合わせ、尻肉が揺れる姿をしっかりカメラに押さえられながら、問いかけるのである。▽

《GM》 【校長】「ん?イヤかね?…そうかね、私は好意でこの特別授業を企画したんだが…嫌なら仕方ないねぇ…」…ネッチリとした声色を、桃華に向けて。気のせいか、その声がヘアバンドをつける前よりもはっきりと聞こえ…そしてより鮮明に聞こえるからこそ、この授業を受けなければ…

《GM》 見捨てられる。そんな、嫌な予感が桃華の背筋を走り抜ける…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「い、いえ! そんな、ことは、その……」音がよく、聞こえる。遠くにいるはずなのに、耳元で囁かれているような感覚。ぞわり、と背筋が震え、なんだか頭がまた、ふわふわしてくる。「あの、へいき……です」そそ、と出てきた姿は、胸元と股の間を腕で隠し、そのせいで余計に胸元が強調されたバニーの姿であった。露骨に、男性の性欲を煽るような格好(とは、当人はわかっていないが)をしながらも、当人は、恥じらいの気持ちで頭が煮え立ち

【桃華】 そうであった。▽

《GM》 では、ここで戦闘開始ですー! ロールは戦闘終了後にまとめて行いますので、よろしゅう!

【桃華】 了解です!
topic : 【淫紅茶・校長・荒縄・桃華:1・3・5・6】

《GM》 IVはこんな感じで、桃華からですねっ!

【桃華】 了解です。敵は……3?

《GM》 3ですね!

【桃華】 了解です。

《GM》 全員同じ場所で!

【桃華】 じゃあ、罠無いなら攻撃していこう……お茶から。

《GM》 はーい!

《GM》 どうぞ!

【桃華】 うーんうーん

【桃華】 MP消費量に悩む……

【桃華】 ええい、最初は全力!

《GM》 うむ、3体だからね。でも校長倒せばあとは自然勝利するよ!

【桃華】 イビルフォース+オーバーライトブルーで!

《GM》 あい!

【桃華】 2d6+14 ていやー
【ダイス】 2D6+14 = [3,3]+14 = 20

【桃華】 に、にじゅう……

《GM》 粘属性なのでそれでやられる!

【桃華】 おおう。

【桃華】 やった!
topic : 【校長・荒縄・桃華:3・5・6】

《GM》 オニョレー!w では次でっ

《GM》 (荒)縄跳びの攻撃!

【桃華】 くるといいです!

《GM》 バインディングで!

《GM》 2d6+5
【ダイス】 2D6+5 = [2,5]+5 = 12

《GM》 12いきまするー!

【桃華】 そのまま貰って腰に12点! 残り腰が2!

【桃華】 淫らなる緊縛と、無垢なる純情を使います。

《GM》 あいっ!では【拘束】をプレゼント!

《GM》 あいあいー!

《GM》 では次。校長の攻撃で!

《GM》 <<責め具の呪い>><<強撃>>にて!

《GM》 2d6+9
【ダイス】 2D6+9 = [5,6]+9 = 20

【桃華】 Σ

《GM》 ヤる気まんまんだった・・・!

【桃華】 い、いたい、しかも耐えれない……腰APを飛ばします!

【桃華】 はじめてのキス+喉を灼く淫熱 !

《GM》 あいっ!ではBS責め具もプレゼンツ!

《GM》 次のターンへ!カチューシャの先端から桃華さんの耳へクチュクチュ極細触手が入り込むのささ!

【桃華】 あい!

【桃華】 ひぁあΣ

《GM》 ふひひっ。では桃華さん!

【桃華】 はぁい。うう、悩む……

《GM》 ふふふ、なやむがよろしよろし(あくまのえがお

【桃華】 いえ、攻撃を続けましょう。まずは数を減らします……

【桃華】 荒縄に

【桃華】 ジャッジメントです!

《GM》 ういうい!

【桃華】 11d6 てやー
【ダイス】 11D6 = [3,5,6,6,6,2,4,3,2,5,3] = 45

【桃華】 45純粋ダメージ……って、出目、結構高め……?

《GM》 さすがにけしとんだー!!

《GM》 平均4↑ダネ。むっちゃ高いw

【桃華】 やった。拘束も責め具も関係ない一撃なのですΣd(・・

《GM》 実際ツヨイ!

【桃華】 ってあれ

【桃華】 でも、荒縄さん

《GM》 あ

【桃華】 こっちが行動値2下がってるから、先に1回攻撃出来たかも……

《GM》 先に攻撃か…!

【桃華】 一発どうぞです。最後っ屁で(笑

《GM》 すまないっw

《GM》 では、通常攻撃で!桃華の乳尻太腿に結び目付けてぐちぐちっとこすってくれるわー!

《GM》 2d6+5
【ダイス】 2D6+5 = [6,2]+5 = 13

【桃華】 ひぃんΣ

【桃華】 え、ええと、胸で受けます……アクトは無しで。

【桃華】 で、そのまま攻撃をどうぞです。>校長先生

《GM》 はーい

《GM》 では、強撃に、怪力!

【桃華】 ひぐぅΣ

《GM》 2d6+9+9-1d6
【ダイス】 2D6+9+9-1D6 = [2,4]+9+9-[5] = 19

《GM》 19ダメージ進呈!

【桃華】 胸APが0になります(><

【桃華】 大きすぎる胸 過敏な突起!

《GM》 はーとまーくの穴開けちゃおうね(ちょきちょき

《GM》 おし、では次のターン!

【桃華】 (ひぁああΣ
topic : 【校長・桃華:3・6】

【桃華】 とと

【桃華】 行動してもいいのでしょーか。(今更気づいた

《GM》 おおう、こっちから言ったほうがよかったね!うむ、お願い!

【桃華】 いえいえ。では、改めてジャッジメント2発目!(校長先生には1発目

《GM》 はいおー!!

【桃華】 11d6 ちぇあー
【ダイス】 11D6 = [1,6,5,2,5,4,2,1,2,4,5] = 37

【桃華】 今度は期待値近辺!

《GM》 うむ、かなり痛いな!

【桃華】 く、流石に1発では……

《GM》 とってもタフだからね(きらん

【桃華】 は、はんげきどうぞ。

《GM》 では、お返しに強撃・怪力!

《GM》 2d6+9+9-1d6
【ダイス】 2D6+9+9-1D6 = [1,2]+9+9-[6] = 15

【桃華】 その他APを0に~(><

《GM》 はーい!

【桃華】 イビルフォース+OR・ブルーで反撃です!

《GM》 かむおん!

【桃華】 2d6+14 てーい
【ダイス】 2D6+14 = [4,6]+14 = 24

【桃華】 出目がいい!

《GM》 かなり効いた!…が…

【桃華】 あ

【桃華】 -4!

【桃華】 (拘束忘れてた

【桃華】 20です。

《GM》 桃華さんには、なぜか普通のエネミーよりも効き目が薄いように感じます!

《GM》 おけ!

【桃華】 なんとΣ

《GM》 では、反撃ー!

《GM》 さっきの組み合わせに加えて【憤激】を!!

【桃華】 ひみゃー!?

《GM》 汚っさん教師の反撃に耐えられるかな…!そぉい!

《GM》 2d6+9+9-1d6+5d6
【ダイス】 2D6+9+9-1D6+5D6 = [5,1]+9+9-[6]+[2,4,4,2,1] = 31

【桃華】 あ、ギリ耐える。

《GM》 Σヲヲ

【桃華】 ブラッディミスト! MP消費で6点軽減して

【桃華】 25点貫通、HP3で耐えます!

《GM》 Σぎりちょんだった

《GM》 アクトはどうするかな!

【桃華】 で最後に

【桃華】 後ろの処女 淫肉の真珠

【桃華】 で〆!

《GM》 ういさ!

《GM》 では桃華さんのターン!

【桃華】 最後のジャッジメントです!

《GM》 こ、こーい!!

【桃華】 11d6 ちぇあー!
【ダイス】 11D6 = [3,3,5,2,2,5,1,4,3,2,6] = 36

【桃華】 期待値近辺!

《GM》 ………

《GM》 残念ッ!!

《GM》 残り…4!

【桃華】 きゃーΣ

《GM》 というわけで、らすとになりそうな一撃を

《GM》 強撃・怪力!

《GM》 2d6+9+9-1d6
【ダイス】 2D6+9+9-1D6 = [3,1]+9+9-[5] = 17

【桃華】 むむぅ、それは倒れて致命傷表です……

《GM》 はいな、では致命傷ロール、どうぞぞ!

【桃華】 1d6+0 てい
【ダイス】 1D6+0 = [3]+0 = 3

《GM》 3 強烈な打撃に総身が震えて意志が折られる。

《GM》 【HP】が1以上になるまで[能動][補助]行動を行えない。仲間がいなければ行動不能になる。

【桃華】 無理だった(><

【桃華】 倒れます!

《GM》 実は獣属性なので、氷属性にするとダメージ減っちゃうのよ。このおっさん…!というわけで戦闘終了で!

《GM》 全滅表も先に振っておくかい!

【桃華】 はいです。

【桃華】 1d6
【ダイス】 1D6 = [2] = 2

《GM》 おお、脱出したw

【桃華】 無事帰れた様子。

《GM》 しかし、お楽しみタイム(くわっ

【桃華】 はぁい。

《GM》 では、先刻のロールの続きから!

【桃華】 はいな。

《GM》 【校長】「おぉ…おぉ、よぉく似合ってるねぇ。響木くん…私の見立てたとおりだったよ…」粘つく声で一歩一歩近寄り…馴れ馴れしく桃華の肉感あふれる肢体にぶっとい腕を回しながら むちっ むちっ と桃華のぷにぷにお腹を撫で揉む。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「あ、ふっ……♪」声の粘つき感は、何か気にならない。むしろ、心にへばりつくようにして離れていかず、そのまま包み込まれる……いや。「飲み込まれて」しまいたいような、そんな誘惑。桃華の本性が疼き始め、熱い吐息が漏れた。恥ずかしそうに身をよじるのだが、バランスを崩し、ふらついて、先生にしなだれかかってしまう。そうすれば、豊満な胸が先生のお腹の上あたりに密着してしまい、抱き合うような格好になってしまうのだ。

【桃華】 【桃華】「あ、すみ、ません」謝る格好も、なんだか、媚びるように上目使いの、潤んだ瞳で。▽

《GM》 【校長】「いやいやいや、いいんだよぉ。桃華クン…渡した衣装は気に入ってくれたようで何よりだ…おお、よしよし…」しなだれかかる豊満生徒のお肉たっぷりのお腹をムチムチたぷたぷと愉しみながら、むちむちバニーを抱きしめ、ズッシリ熟れた撓み乳房を堪能。…ぼってりと成長したヒルのような唇が、舌なめずりを隠そうともしない…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「い、いえ、恥ずかし……」消え入るような声と、声の一つ一つが……いや。先生の匂いが、桃華の身体を昂らせていく。お尻を揉まれ、体を撫で回されると、不思議と不快ではない。興味がある、と言ってくれているようで、彼女の心も喜んでしまっているのだ。胸のあたりがズレ、桜色の乳首が空気に晒されても、凄まじい羞恥と同時に悦びすらこみ上げてくる。「(わたし、おかしい……男性に裸見られてるのに、嬉しいなんて、思って……あ、いや

【桃華】 、おっぱいも、お腹も、揉まない、で……そんな、ぶにぶにの、場所……イヤっ、でも、でもっ……)」抵抗は校長の予想よりはるかに少なく、胸の内で震えるのみである。その吐息は熱く、校長の胸に吹きかけられて。▽

《GM》 【校長】「ひひ、ひひ…ほぉら、ほぉら…こわくなぁい、こわくないぞぉ?桃華クンの体、先生は大好きだからなぁ?」今度は両手を桃華の脇腹にあてがい、むにっむにっむちっむちっっ。自身が何よりイヤだった、でも桃華が『大好き』と言われてしまった場所を揉みたくりながら、桃華の顎をくいっと上げさせ…

《GM》 【校長】「    ぶちゅぅうううう…れろっぶちゅっれろっぐちゅっっ…」そのまま震える仔豚兎の、可憐な唇が奪われてしまう…純情な白い心に、一気にピンクの絵の具がどぼどぼどぼっっっと垂らされ…解放された桜乳首も、野太い指でミッチミッチとこね回されてしまう…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「えっ……先生、そんな……」自然に、声が弾んでしまう。下腹部が疼き、ボンテージがズレた方の胸の先端が、ムクムクと起き上がってくる。ムチムチのお腹は、柔らかく、暖かい。こねればこねるほど柔軟さが増して、火照っていくようで……顎をあげられると、反射的に唇が少し、開いて。

【桃華】 【桃華】「っ!?」目を見開いて、思考が止まる。逃げる事もせず、貪られるがままに。ヒロインになった影響なのか、唾液の嫌な匂いは少なく、逆に先生の唾液の味と舌の動きを濃厚に感じてしまう。そして、荒っぽく揉みしだかれた乳房の先端は、指でこね回されるたびに震え、体を熱くしていくのだ。

【桃華】 【桃華】「あ、っふぁ、ん、ふぅぅっ……」呼吸を求めてさまようが、途中で鼻で息をすれば良いと気づき。段々、行動がおとなしくなり……けれど、まだされるがまま、身体を火照らせていくのみである。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「むちゅっむちゅっはふっはふっ…いやぁ、桃華クンのお口は大変に美味だなァ?ピンクの乳輪もプックリ膨らんで男好きする素晴らしい体だし、乳首もコリッコリに屹立して今にミルクでも出してしまいそうなほどだよ…」まるで豚が餌にむしゃぶりつくように、桃色少女のあまぁい口内を舌でびちゃびちゃ蹂躙し…プックリ膨らんだニプルを、太指でズブゥウッと押しこむ。

《GM》 【校長】「ぶちゅっぶちゅっれろっっぷはぁ!…おやおや、私の立案した『特別授業』をたいそう気に入ってくれてるようじゃないか、桃華クゥンッ…?」先刻の方がまだ可愛いくらいに、ねちっこくねばっこい声。少女の口内にヨダレをとっぷり呑ませながら、ふかふかのソファーに二人座り。大理石のテーブル内から、何かを取り出す…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「はふぁ……い、いぇ、そんな、ことは……ひゅむっ!?」両乳首を揉まれ、反論を封じられる。表情が段々蕩けてきて、ぴちぴちに膨らんだ乳首も汗ばんでは滑りがよくなり、押し込まれればいやいやするように押し返す。そのままほうけていればたっぷりと唾液を飲み込まされ、そのまま嚥下し、胃の腑に男性の唾液を収めていくのだ。

【桃華】 【桃華】「はぁ……♪ ? せん、せぇ、なにを……?」緩んだ思考のまま、ソファに座る。ほんのり湿った前の部分がソファのつるつるとした部分で滑り、自然と腰を擦り付ける格好になった。

【桃華】 抱かれているのも、安心感と興奮しか感じない。今の自分を不自然だと感じるものの、けれどそれが自然とも感じていた。ふわふわ、ふわふわと思考が漂う。先生の唾液の残り香を味わうように、唇をぺろりと舐めてしまった。▽

《GM》 【校長】「なぁに、怖がる事じゃないから安心するんだよ?桃華クン…れろ、ぴちゃ、ぶちゅぅっ…」まるで甘えた情婦のように唇をぺろりと舐めたバニーガールに、お返しの濃密ディープ。…その手の中には…縄跳び?にしては、縄が随分太いように感じる。

《GM》 【校長】「『特別授業』の一環で、大人の女性なら誰でもすることを教えるだけだからね?ほぉら、いいこだいいこだ…」まるで催眠をかけるかのように、兎耳の横でねっちり囁き、桃髪をくしゅ、くしゅ、わしゅ、わしゅっと撫でつけて。野太い指からは想像し難い器用さで、一瞬で桃華を後ろ手に拘束してしまう。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「誰でもする……」『周りと一緒』は、桃華にとっては致命的なほど効く言葉であった。一足先に登る大人の階段という部分にも、すっかり好奇心をそそられてしまう。それを、何か、うさぎの耳のあたりで囁かれると、声を聞くだけで頭が真っ白になってしまいそうになるのだ。もう気づいたら後ろ手に縛られているのに、抵抗できなくされているのに、心臓の鼓動は高鳴り、期待の心が昂るのを抑えきれない。

【桃華】 【桃華】「ふわ、ふわぁ……♪」自然、股が開く。唐沢先生に、発情を始めた股ぐらから漂わせる雌の匂いを、感じさせてしまう。「ちょっと、緊張が、止まらないです……心臓が、すごく、どきどきして……」ぷるん、と胸を揺らし、真っ赤になった顔を先生に向け……薄く唇を開き、目を閉じて、さらなるくちづけをせがんでしまう。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「おお、そうさ。誰でもするんだよ?桃華クンの友達も、経験してるかもしれないねぇ…ひひっ…」兎耳をぺちゃぁ…にちゃぁっと舐めしゃぶり。…その先、ヘッドバンドの先端からは暗褐色の触手が桃華の耳中へクチクチと潜り込み、ただでさえ淫らな素質を秘めていた桃華を、解放していき…

《GM》 【校長】「おおっ、それはいかんっ!なら、緊張を解してあげようねぇ…うんうん。   ぶちゅぅっ、えろっれろっちゅぱっちゅぴっっひひっ!」まるで彼氏とファーストキスに臨むかのような佇まいの桃華へ、理想とほど遠い、下品な音を響かせる舌セックスを交わし。更なる『リラックス』のために、身動ぎするたびに揺れる豊満爆乳の先端へ、指チンポをズンッッ!

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ふわ、ぁ、耳、舐め、なんか、すごっ……っ、っ♪」2、3度身を震わせる。イきかけたのだ、という事には気付いていないが、もう一段階進めばきっとそれはとても……気持ちいい事だ、という事を桃華は理解した。耳の中に接合され、本来の耳が聞こえなくなる。全聴覚をうさぎの耳に持っていかれる。そして、聞こえる音の全てが一定の指向性を持って伝えられていく。校長先生のことが、さっきよりも、もっともっと……

【桃華】 【桃華】「はい、お願い、します……ん、っふぅっ、はむ、ん、っちゅぅうぅっ……♪」3度目のキス、自分から捧げた初めては、頭がドロドロになるほど気持ちよくて。舌を絡め、唾液を交換し、敏感な粘膜を擦り合わせていく。おっぱいもたぷん、たぷんと揺れ、指でゴリゴリと先端を押し込まれる度に思考が揺らめく。ぴり、ぴり、と何度も白い光がひらめくのだ。あと少し、もう少し……何かが、ちょっと、足りない……

【桃華】 ぬらぬらとしたマン汁が割れ目からこぼれ、ソファを濡らし、汚す。手が動かせないのが、もどかしくて、もどかしくて……▽

《GM》 【校長】「じゅるっじゅるるっ!!ぶちゅっぶちゅっっ!!いやぁ、思っていた以上に魅力たっぷりの優等生だよ、桃華クン…どうやらオマンコも優等生のようだねェ…?」さっきまでわざと放置していたボンデージの湿り気クロッチへ、硬く三連結び目を作った荒縄を、しゅぴぴっっしゅぴぴっっ…っとくぐらせてやり…

《GM》 【校長】「こんな嬉し泣きするオマンコなんてなかなか見ないねェ?ひひひっっ…ほぉれ、ココを『指導』して欲しいかい?桃華クン?」ゆるゆると股布へ結び目荒縄をくぐらせながら、ぎゅちぢっっ!!っと桃華の爆乳を荒縄縛りでボンレスハムめいた様相に搾り潰し…先刻まで完全に無垢だった少女に、縄の悦びを教え始める…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ふっ、んっ、はふぅっ……っ! は、ひぃっ♪ おねがい、ひま、ひゅ、あと、ちょっと、何、かぁ……♪」後一歩、もう少しなのに、という焦燥感が、はしたないおねだりに直結した。こんな格好で男性にいじられるのが、こんなにも気持ちいい事だったなんて。男性器を見ていないせいか、これがセックスであるという自覚すら無く。先生の言うがままに、体を高ぶらせ、心が解放されていく。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ひっひっひ…教えてあげよう、桃華クン……キミに足りないのは…コレだっっ!!」最後の一縛り…クリトリスとヴァギナに結び目が直撃する強烈な縄力が、ボンデージの布地ごとぐちょっっっと桃華の蕩けマンコに食い込み弾け……桃肉から、ぷしゅっっっっと淫蜜が弾けるのを見届ける。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ふぁ、い、ありが、とぅ、ござ、いまっ……ッ、~っ、~~~~イゥッッ♪」がくん、がくんと肩を大きく震わせる。お腹の底がカァっと熱くなって、目の前にひときわ大きな光が閃いた。身体が緊張し、ピリピリと震えながら何度も、何度も……興奮の頂点を、じっくりと身体に味あわせていく。乳首を弄られ、全身縄で拘束され、股間を縄でこすられて……人生初アクメを味わってしまうのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「おぉ、おぉ…たいそう気持ち良さそうじゃないか。桃華クン。うむ、その感覚は『イク』というのだ。『アクメ』とも言うねぇ、しっかり覚えておくのだよ?」にやにやと、むちむち縄化粧のボンレスハム仔豚のマン肉縄を、くいっくいっっと持ち上げ擦り…超高給ソファーにアクメ粗相した兎の目の前に、チンポ臭たっぷりの中年股間をぐいっと押し当てる。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「は、ぁ、はぁ……ひ、ふぁっ、せんせ、今、『イってる』、『アクメって』ます、からぁっ、ひ、ふぁっ♪」よろけて膝の上に倒れ込んだ桃華の鼻腔に、微かな異臭がした。いや、それは……子豚の神経を、更に鋭敏にする。「なん、ですか、このにおい……」体を反転させ、寝転がったまま、先生の股間に鼻面を摺り寄せる。ぷっくりとした唇と丸い鼻梁が、スーツの股ぐらを擦り上げていくのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「おお、勘の良い子だねぇ。さすが優等生だ…ひひっ、キノコを探すのが大層上手だねぇ?」暗に、トリュフを探す豚を示唆しながら、ハムのようにムッチリ縛られた桃華の頭をわしゃわしゃ撫でながら、スーツのファスナーをジジーっと開き…

《GM》 ……ぶりゅんっっっっびちんっっっ!!! 突然現れた凶暴な脈打つ褐色肉塊が、桃華のぷにっとした頬を打つ。そして同時に、ムワッッとチン臭が一気に濃厚になり、優等豚の鼻孔を蕩けさせる…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「きの、こ……ふぁ、ふわっ!?♪」驚いたように少しのけぞるが……鼻先につきつけられたそれから、目が離せない。「(保健の授業で習った……おちんちん、だ……)」でも。教科書に載っていたよりも太く、ハリがあって、そしてすごく……身体が、疼く。

【桃華】 【桃華】「は、ふ……♪ すん、すんすん……ん、ふぅ、んっ……せん、せい、せっ……せ、っくすは、ちゃんと、ヒニン、とか、しない、と……すん、すん、すぅっ、すぅーっ……ふ、はぁっ……♪♪♪♪♪♪」顔と言動が一致せず、行動と願望は完璧に一致していた。言われもしないのに、チンポの竿に鼻面をこすりつけ、胸いっぱいに匂いを嗅いでいる。はしたない、恥ずかしいという心を段々ととろけさせられ、禁忌に踏み込む事にむしろ悦びすら感じてい

【桃華】 る。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ふほほほ…大丈夫ですよ、桃華クン。キミとのセックスは、ここでするつもりだからねェ?」潰れた醜悪ガエルのような顔をにたっと笑みの形に歪め。ソファーに四つん這いになりながらチンポ臭くんくんはふはふしてる淫乱生徒の背中越しに……

《GM》 ――――くにゅちっっっ♪♪♪ バニーボンデージ越しのアナル愛撫を、中指でにゅちにゅち加えていく。マン汁をちゃぷり、ちゃぷりすくい取って、その都度淫豚アナルへ、ぬり、ぬりゅっ…

《GM》 【校長】「くひひ…桃華クン、興味があったら先生のオチンポ、存分に味わっていいんだぞ?」教職に、しかもその頂点に居る者の言葉としてありえない囁き。でも、今の桃華の目の前にある肉キノコは、放課後太るとわかってて食べてしまうアイスクリームよりも、甘美な魅力を放っていて…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「はもっ!? ふ、んっ、んーっ!?」朝方、装備調整のために変身していたせいで。変身中の魔力消費で、お腹の中は綺麗になっていた。しかし、通常は経験することがほとんどない、他人に排泄穴を触られるという行為に、軽くパニック状態になる桃華。だが、太い指がアヌスをこするたびに、言いようもない愉悦……イく時の前触れを感じてしまうのだ。

【桃華】 【桃華】「あ、お尻、あなる、で、する、ひぅ、ひぅうっ♪ は、はい、おちんぽします、味わいますっ♪」今自分が何を言ったのか、理解し。真っ赤になりながら、でも……止められない。淡い色の舌を、ぬらりと

【桃華】 【桃華】「っ、はぁ……む……れぇ、ろ……っ……♪ ン、フム、ジュル、ゥっ……♪」ねっとり、ゆったりと……実際は半分おっかなびっくりで、濃い匂いのする竿を舐めていく。言われもしないのに玉までチロチロ舐め、唇で吸い上げる。大好物を愛でるように、そしてじっくりたっぷり味わうように、ご奉仕してしまう。

【桃華】 【桃華】「(あ、今、わたし、「ふぇらちお」してるんだ……これも、勉強、なのかな……)」ほんの少し残った理性が、僅かに疑問を生じさせる。けれど、それだけ。行動は止まらない。お尻の穴をグリグリされながらおちんぽをしゃぶるのが、すごく、キモチイいい。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「おやおや…『アナル』なんて言葉を知っているのだなァ、最近の女子学生は。だからこんな私好みの卑猥な体つきになってしまうのだよ?桃華クンッ!」ちゅぶぅっっっvv  ぬちゅぶぅっっっvv ぶちゅーっっっvvv 腸液逆流するくらいスケベ興奮してる桃豚のアナルを指ピストン……あっという間にこなれてしまったムチムチアナルをズッボズっボしながら、縄が食い込み強調された豚腹をモミモミたぷたぷ…

《GM》 【校長】「ん、んむぅっ…ほふぅ…どうやらフェラチンポアイスクリームは大好物のようだねぇ、チンポの味も臭いも…友達と食べるアイスよりも美味だろう?ん?」チン竿へ頬擦りせんばかりに熱心にご奉仕する桃華のウサ耳へそう囁きかけ…触覚も聴覚も芽生えてしまった真っ白な耳へ、ぼってりした舌先をねちゃぁあああ…れろっっ

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「は、むっ、んぶっ♪♪♪♪♪♪」いきんだせいで、勢いよく指を飲み込み。茶色……ではない、透明なツユと、マン汁の混じりあったもので校長先生の太い指を濡らす。ギュウギュウと強く締め付けてくる括約筋はまだまだ若々しく、セピア色の穴はせがむように飲み干していくのだ。ブチュッ、ジュブっと激しい水音は桃華にもしっかり聞こえており、それで余計興奮し、胸元を先生のスーツにこすりつけてしまうほど。

【桃華】 【桃華】「ともだち、がぁ、無理やり、教え……あ、あぅ、あっ、耳元、でぇ、しゃべらないれ、くらひゃっ、ひっ、せんせの声、感じ、やだ舐め、っちゃぁあっっっっ♪ イきそに、なるん、れすぅっ♪♪♪♪ ちんぽオイシイです、から、ですからぁっ♪ ゆ、ゆるひっ、ん、はむぅうっ、じゅるうっ、んんぅっっ♪♪♪♪♪」盛大に痴態を告白しながら、耳から感じ快感が、正規のものではないせいか少し恐怖を感じ。逆に、言葉だけで落とす事も容易であろ

【桃華】 うと、悟らせてしまう。けれど当人はそんな事に気付かずに。

【桃華】 コンプレックスを緩和され、揉まれるお腹は熱く。そして、唾液でベトベトのちんぽを、勢いに任せてほおばってしまう。だが、結果として変な形で口の中にはいり、亀頭をほっぺたでほおばる、ハミガキフェラのような格好になるのだ。だが、口の中に逸物をほおばったのが初めてなのにこの淫乱ピンク女子高生、舌と頬でちんぽをたっぷり味わい、ご奉仕をはじめるのである。

【桃華】 当人の意識としては、イくのを我慢するのに、他に意識を集中しているだけなのだが。▽

《GM》 【校長】「ふほほっ、よしよし、可愛いペットでも出来たかのような気分だねぇっ…ほぉれ、桃華クン?こういうドレッシングはどうだい…」アナルからぢゅぼっと引きぬいた指先から、トロォ~…っと、腸液とマン汁のミックスジュースを汚チンポへ垂らし漬け。残りの恥女汁をプックリぷにぷにのエロ乳輪にぬらぬらと擦り付け…

《GM》 【校長】「友達のせいにしちゃぁいけませんねぇ、桃華クンっ?オチンポ美味しいのもアナルゾクゾクするのも、全部全部桃華クンが可愛らしいヘンタイだからじゃないんですかっ!んっ!?」貶めながらも褒め撫でて。スケベペットの芽をすくすく育ててしまってる優等生の長耳を、ぶちゅっぶちゅっとフェラめいたしゃぶり舐め。

《GM》 【校長】「くっっぉ、ぉおおお…桃華クンっ!そんなスケベなしゃぶり方されたら先生だって我慢できませんねぇっっ!!く、ぉおおお……出るっっ出すっっ出るぞっっっっ!!!ぉ、ぉおおおおお!!!!!」ケダモノめいた雄叫びを上げて、桃華のウサミミをみちっっと握りながら…

《GM》 ―――びゅぼぼっぴゅっびゅぼっぴゅぶちゅっびゅぼぼぼ……ッッッくブボッッvvvv  …初フェラ体験の処女には刺激的すぎる、泡立ちゼリーザーメンをご馳走する醜悪教師。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ん、っふぁ、お……っちゅぽっ♪ ふぁ、せん、せぇ、汚い、です、よ、ぉ……ん、んんぅっ……っっ♪ はむっっっ♪♪♪♪」行動と言動が、相変わらず一致出来ない。一瞬感じた嫌悪感が、反転し好奇心や期待に変わってしまう。本来の耳に入った触手は、ぬちゅぬちゅと蠕動していた。おちんぽがおいしくて、えっちな汁が舐めたくて仕方ない。極めつけに、頷く時にもちんぽをフェラしたまま頭をがくがくゆするものだから、フェラなんだか返事

【桃華】 をしているのだかわからない。満足に動けないまま、ぷりぷりのデカ尻を振り、指でのケツファックをおねだりしながら変態であることを誇示する。けれど……耳をしゃぶられ、おっぱいを揉まれれば、もうケツファックが無くても高ぶりきってしまうのだ。そして、トドメにチンポが膨らんだのを感じ、淫乱な本性はそれを期待に満ちて受け入れ……

【桃華】 【桃華】「ッ、っぐ、んっ、んぐっ、んぐっ、んぐっ……っぅううっっっ♪♪♪♪♪」尋常ではない量を、頬をふくらませながら必死に、喉奥に流し込んでいく。その真っ最中に、耳で、イった。本来なら感覚が無いはずの、うさぎのつけ耳で。当人はそんなことを疑問に思わないが、身体は異物感で緊張しまくりの、存在しない器官からの刺激にイきまくりである。プルプルと肉を震わせ、ザー飲でアクメを迎えたと言わんばかりに、胃の中に雄汁を送り込んでい

【桃華】 く。

【桃華】 【桃華】「(あ、こ、れぇ、やばい……です♪ もう、これ無しじゃ、生きて、けない、かも……♪)」甘味に対する欲望並に、ほおばった肉の竿への執着を、桃華当人も感じてしまっていた。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ふひひひっ、汚くなんてありませんよぉ?桃華クンの綺麗なミックスジュースですからねぇ…ッ」網タイツに包まれたムッチムチのデカ尻に一瞬目をやりながらも、その次にはトロ顔を隠すことなく、溶け落ちそうなアイスクリームを横から舐める以上の貪欲さを持ってザーメンジュース搾りたてる女子校生バニーの様子に、会心の笑み…

《GM》 【校長】「ふぅううう…うん、そうそう、そうですよぉ?チンポの中まで残ったチン汁しゃぶって…うっ…そうです、飲み込みがいいですねぇ、桃華は…」くしゃ…くしゃり…さっきまでケツ穴に挿入されていた指で、桃髪を強く撫でる外道教師。馴れ馴れしく生徒を呼び捨てし始め、射精したばかりの醜い巨根は、みちみきっっと再度力を取り戻し始める…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「っ、ふっ、っふっ……ちゅ、っぽぉっ……ほふ、んっ……」ちゅう、ちゅうと言われるとおりに吸い上げ、頬に溜め込んでいく。亀頭をたっぷり撫で回しながら、自分の頭を撫でられるととろけるような、甘えるような笑みまで見せてしまうのだ。そして、こそげ落とした分を頬にたっぷり溜め、桜色の唇を離す。端からつぅ、と白濁した粘液がこぼれ落ち、頬に溜まった分をどうしようかと眉を八の字にする。

【桃華】 褒めて貰えるのが嬉しくて、お腹の底がキュンキュンして。もう、太い指で嬲られたアヌスは、きゅんきゅんと疼いて準備を完了していた。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「よぉしよぉし、いいこだねぇ。桃華。…ハミガキの後はグチュグチュしてから、うん、今回はゴックンしようか。分かるね?」教師としてでなく、淫乱家畜を相手にする奴隷飼い主の口調で。頭をわっしわっし撫で続け…

《GM》 【校長】「上手に出来たら……」…目の前に、ミチィっと音を立てそうなほどにそそり立つ鬼畜雄の肉棒。それだけの仕草が、桃華には何より雄弁で…▽

【桃華】 【桃華】「ふぉ、ぃ……♪ ん、ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ……ん、んっ……♪ んんっ、んんっ♪」泡立て、唾液を絡め、にがじょっぱい粘液を飲みやすくし……撫でられる度にお腹がキュンキュン疼いて仕方なくて。もう再勃起したチンポに目を輝かせながら、全部喉の奥に落とし。

【桃華】 【桃華】「ゴックン……し、まし、ひゃぁ……♪ っ、ぉ、ッくふっ……♪」改造の進みすぎか、興奮のしすぎか。言葉も回らず、そして、軽いげっぷまでしてしまう。勿論激しいザーメンの匂いがして……桃華は、ちんぽに頬ずりしながら、軽いアクメを迎えてしまう。まだ性に目覚めて間もないのに、濃い精臭だけでイってしまうような変態性を発揮して、しまうのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ひひひ…本当に、いい子だぁ。桃華…それじゃあ、『特別授業』の最後の科目、アナルセックスでご褒美しなきゃなァ?」もう醜悪さを上っ面の優しさで隠すこともなく、ニタニタとガマガエルそっくりの顔で嗤いながら。脂肪の下にミッチリと詰まった筋肉で、決して軽いとは言えない桃華をあっさり持ち上げ、膝の上へ…

《GM》 【校長】「ほぉれ、ほぉおおれぇ…ワシの亀頭がヌポヌポケツマンコ出入りしてるぞぉ?桃華ァ。ほれっおねだりはどうしたっ?」ずっしりぷりぷりの網目つき豚ヒップを鷲掴み、ヌチヌプ上下させながら、豚兎の本音を引きずり出す…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「お、ふ、ぅ……?」縛られた上、連続絶頂による虚脱感で抵抗出来ない桃華は、安安と持ち上げられる。勿論、故に重たくもあるのだが、そんな状態で抱き上げられる、という感覚は、酷く桃華の心を昂らせた。男の人に抱っこしてもらうなんてどうせ無理、なんて諦めていた事だから。だから。

【桃華】 ソファの上で、全身荒縄で縛られガニ股のままケツマンコに亀頭をヌポヌポされても。洗脳が解けて正気に戻るどころか、目をハートマークにしそうな勢いで悦んで、しまうのである。

【桃華】 【桃華】「しぇんしぇ、ぇ……♪♪♪♪♪ おっぱい、めちゃくちゃにしな、がらぁっ♪ あなるに、ハメてくだしゃい、あなるセっクしゅっ、教え、ひぇ、くらひゃいぃっ♪♪♪ もぉ我慢、出来ないのぉ、ももかのお尻熱くて溶けそうなのぉっ♪♪♪♪♪」防音でなければ廊下に響き渡っていたであろう声量で、うさみみとおっぱいを揺らし、腰をくねらせ、膝をブルブルと笑わせながら精一杯のおねだりをしてしまうのである。が。

【桃華】 【桃華】「しぇおっ……!?」興奮のあまり、そのまま足を滑らせる。そうすれば、半分ハマっていた肉茎に全体重を載せる事になり。ストレートに挿入コースに入っていた桃華のアヌスは……裂ける事も、また押しとどめる事もなく。そのまま、全体重を載せて、カリ太デカチンポで、子宮を強打する。

【桃華】 【桃華】「っ~~~~~~!?!?♪♪♪♪♪♪」そして、アナル初挿入で、ハメ即本気アクメを披露。腕を縛られ抱きつく事も出来ず、チンポで串刺しにされて、強烈な雌アクメにもがく。身体がガッチガチに固まって、強い快感に震える事しかできない。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「だっこ好きか、そうかっ!それじゃあ…何度でもだっこしながらハメてやるからなァ?」腰をくねらせ、不細工校長に抱かれ嬉しそうにウサ耳をぴこぴこさせる淫乱ピンクに、そう囁いてやり…拘束されていなければ、力いっぱい抱きしめに来ただろうムチムチぷりぷりの肉豚へ、歪んだ愛情を注いでやる。

《GM》 【校長】「よぉーし、よぉーし!!よぉくできたぁ、桃華。先生嬉しいぞ、今の答案は満点   ―――と言いたいところだったが…なぁ?」ソファーのマン汁溜まりに足を滑らせ、主人の挿入も待てずに餌をがっついてしまった駄豚へ、ジロリと視線を巡らせ…

《GM》 【校長】「ワシの合図も待てずにハメてしまうとは…減点で0点だなっっ!!!」ぱぁンッッvvv「悪い子だっ悪い子だっ!!」ばぢぃんっッvvvびぢぃっっっvvv 筋骨隆々の腕が、巨大な掌を伴って桃華の網タイツデカ尻へ振り下ろされ…ぴっちぴちの黒ボンデージヒップが、強烈に打ち据えられる。

【桃華】 【桃華】「はい、は、いぃいっ……お願いし、ま、ひぅっ!?」怒られる、朦朧とした意識の中でかろうじてそう気付いて身を竦ませる。だが、両手から全身を縛られ、ムチムチの肉体を強調され。極太ペニスで強欲尻穴を貫かれた今、逃げる術はなく……

《GM》 ケツマン初挿入で一気に最奥までごツンノック。その上でスパンキングまで体験させて……尻叩きを通じて響く衝撃が、アナルにズッポリハマった汚チンポ亀頭が、桃華の子宮をきゅんきゅんに蕩けさせる…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「っ! ごめ、なじゃい、ごめんなじゃぃいいいいっっっ!!!!?!?♪♪♪♪」謝罪の真っ最中に、気付いてしまう。叩かれる度にチンポを強く飲み込み、吸い上げてしまい、すごく、気持ちいい事に。激しい熱を持って、腹の底から快感を打ち上げてくるような、そんな感覚すら覚えてしまうのだ。しかも、抜く時の快感といったら、もう、即イきしそうなほどたまらないのである。

【桃華】 【桃華】「も、ももか、ももか悪い子でしゅ♪ だ、だから、お仕置き、シっ♪ シてっ、くだひゃ、ひぎぃっ。ひぎぃぃぃいぃっ♪♪♪♪♪」豚らしく無いてしまう、兎耳のハーフ少女。尻穴部分だけ破け、びっしょりと濡れたタイツは叩かれる度にビチビチと汁を撒き散らし。そして、ハメられる度にイきそうになり、3回抜かれる度に1回はイっていた。このまま高速ノックされたが最後、しばらくは戻ってこられなくなるであろうことは間違いなく……トロ

【桃華】 トロアヘ顔になっている現状、校長先生にもそれは伝わってしまっているだろう。

【桃華】 そして。ギチギチのボンレスハム状態で、縄跡が残る事すら気にせず、自分の足で上下にピストン運動を開始する。身をよじり、震える膝のままに、自分から転げ落ちていく。淫獄へと。▽

《GM》 【校長】「くひひひ…ケツたぶ叩かれてイキ狂ってる豚生徒になんて、本当は情けをッ与えてはっいけないんだがなァッッッ!!!」声のトーンが高まる度に、謝罪アナルへと ズボッッ!v  ブボッッッ!!v グボッッッッ!!!vv ケツマンノックする勢いが増していき…

《GM》 拘束されながらも、自ら淫猥なピストンダンスを踊り始めた優等豚の望みを叶えるべく、ミッチリとケツ肉を鷲掴みホールド決めて、桃華のスケベロデオに合わせ…

《GM》   ぱんっっvv  ぱちゅぱっっv ぶちゅっっ  ぐちゅぶっvv ばちゅぼっっvvv ぶちゃぶちゅっっ!!! ぶちゅーっっっ!!!!っvvvv

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「しぇんしぇえっ、しぇんしぇえええええっ♪♪♪♪♪ さっぎがらぁ、イグの止まらな、い゛のぉっ♪♪♪♪♪ あなるイき止ま゛らない゛のォォオオオオっ♪♪♪♪♪」長い髪を振り乱し、細かいアクメの連続のままに、のけぞり、白い腹を見せながらガクガクと痙攣する。そして、そのまま連続アクメ状態にノってしまう。「あっ、あ、アッ、ア゛ーっ♪♪♪♪ あアああア゛あ゛ア゛ッッッッッッッ♪」

【桃華】 心まで破壊されてしまったかのように、半ば言葉すら失い、イき狂う。さっきからケツマンコは異常痙攣しっぱなしで、イきっぱなし状態のままちんぽをくわえ込みそれでも離さない。ぶるんぶるんと激しく揺れる胸と、桃色の長い髪。そして、涙と鼻水とでグチャグチャになった顔は、不思議なほどに幸せそうに見えて……そして。段々近づいてくる、あの熱いほとばしりの感覚に、心を震わせるのだ。

【桃華】 【桃華】「しぇんしぇえも、イ゛っでぇえっ♪♪♪ おちんぽから、精液、出し、てぇええっ♪♪♪♪♪」▽

《GM》 【校長】「おうおうおうっ、さっきからケツマンきゅんきゅんさせ続けてる桃華だからなぁっ!!ふひひひっっ…クラスメイトに聞かれてるかもしれんなぁ、桃華のアクメ声…!」兎耳に、豚ザーメンにも負けないくらいにドロドロの声色で囁いてやりながら、ケツ穴ほじくり突いて。奥の奥までブッチュリ捻り込み、ズボズボネチネチゼロ距離ノック…

《GM》 【校長】「おうっっおうっっ!!腸液ドロッドロに垂らしてワシのザー汁ねだってくる悪い豚生徒のケツから、ザーメンバブル溢れさせてやるわっっひひひひひっっ!!!」狂気すら感じる、醜悪なガマガエルの笑顔。連続アクメ入ってるキュンキュン淫乱アナルへ、腰をぐぃいいっとねじ込んで、めいっぱい駄肉を上下動させてやり……

《GM》 【校長】「出るぞぅ!出すぞっっ!!イクぞォオオオオ   ぅっっぉおおおおお……!!!!!」ばびゅっっぶぶぶっっびゅぼぶちっっ!!!びゅぴゅぶぶぶぶっ!!!ぴゅばぶ   ………ぼぷぷぷぷぷ  ぷぴぃっっっvvvvv

《GM》 ――一寸前までは、無垢な少女だった桃色豚へ。アナルナカダシの悦楽を文字通り叩き込んでやって……宣言通りザーメンバブルをケツ穴から溢れさせながら、あまつさえ仔豚の鳴き声のような音色を、淫ピンアナルから奏でさせる…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ひぃ、っぁ、っっ~~~~~!!!!♪♪♪♪♪」囁かれた言葉の羞恥心で数段高ぶった、快感。甲高い、悲鳴のような声。音と、粘液が桃華の中で同時に弾けた。限界まで身をよじり、ヒィヒィ言いながら、身体が、脳が、快感を処理する。でも、終わらない。先ほどよりも強烈な、目もくらむような絶頂が、止まない。全身を支配したままに、ザーメンの量だけイく、イく、イきまくる。

【桃華】 【桃華】「っ、が、はっ……♪」最後のほうは、呼吸をするだけで精一杯。ブルブル震えて、とうとう緩んだ尿道から小便まで漏らし。入りきらなかったザーメンが、アヌスから逆流しながら、それでやっと、ようやく。意識をふっつりと途切れさせることができた。

【桃華】 【桃華】「(ももか、えっちな子に、なっちゃ、ったぁ……♪)」緩んでいく意識の中、品行方正だった少女はこうして、変貌した己を理解した。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「ふぃっひっひっひっひ…おうおう、初ケツマンでこんだけイキ狂いおってからに、処女とは思えんスケベっぷりになったのぅ、桃華…」今までの日常とは別人の声色・口調でかくん、っと意識を落とした桃華の尻たぶをムッチリ掴み

《GM》 【校長】「んぢゅるるるるる……っぷはぁ、甘露甘露…コイツは思った以上に仕込み甲斐がありそうで…」先刻自分のザーメンをうがい飲んだ桃華の唇に、ためらいなく舌をねじ込んでしゃぶり舐め。

《GM》 【校長】「……嬉しくなってしまいますなぁ、ふほほほ…」エビス顔で笑う、豚ガマガエルの顔を最後に…桃華の意識は完全に闇へ閉ざされる――――

《GM》  

《GM》  

《GM》  

《GM》 ………次に目覚めた時、真っ先に目に入ってきたのは真っ白な蛍光灯の光だった。

《GM》 先刻の出来事が夢でない証拠に、全身に荒縄の痕が残り…それでいてどうやって調べたのか、サイズぴったりの新品制服を着せられ、身の回りも綺麗に整えられている。

《GM》 枕元には桃華の学生カバン。どうやらいつでも帰れるように、校長先生が準備してくれたようだ…

《GM》 段々鮮明になっていく意識、改めて五感を働かせれば消毒液の匂い。保健室のベッドの一つに寝かせられている…

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「……っ!」ぱっと目を覚まし、勢いよく……は、無理だった。異常に、腰が重い。ミシミシ言いそうで、思わず顔をしかめる。ゆっくりと体を起こし、きょろきょろと辺りを見回し……そして。袖のボタンを外し、そっと見る。『あった』。きゅん、と胸が苦しくなって、顔が熱くなる。求められた事が、それほどまでに嬉しかったのと……純粋に恥ずかしかった。あんなわたしを見せてしまって、幻滅されなかっただろうか、と。そして、自分本位な思

【桃華】 考にまた恥じ入るのである。

【桃華】 【桃華】「あ、時間……」携帯電話か、室内の時計を探した。▽

《GM》 携帯電話は枕元にあり、ただそれより前に目の前の壁時計に目がいく。…四時前。ちょうど六時間目が終わったところだ。意識は飛んでいたけど、恐らくチャイムの音で目が醒めたのだろう。

《GM》 ぼんやりすると、無意識に考えてしまうのは、豚とカエルのハイブリッドのような醜悪な顔立ち。そこから思い出す、あっさりと桃華を持ち上げ、前進をボンレスハムのように縛られ飼育されたこと…

《GM》 桃華の根源に、あの教師の顔がインプリンティングされてしまったのは、否定できないだろう――

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「……ふう」少し、横になる。胸が苦しい。恋なのだろうか、それとも……欲、情? 強引すぎるやりかたと、ちょっと乱暴な言葉遣いも、そう思えてしまうとなんだか好ましく思えてしまう。いけないとも思うけれど、黙っていてもらえるならそれでも……色々、悶々としてしまうのだ。

【桃華】 ▽

《GM》 ……悶々としてしまうと、一回だけとはいえ既に開発済の体。くちゅりっと音色を立てそうなほどに…肉蜜が潤み、真新しいショーツを濡らしてしまう…▽

【桃華】 【桃華】「ん……」伸びたのは、お尻。まだ、広がっているような感覚があった。タオルケットの下で、そっと、ショーツの上から……あ。穴が、空いている……恥ずかしいと思いながらも、とびきり嬉しい自分がいた。そして高鳴りのままに、アヌスをゆっくりと撫でて。

【桃華】 ▽

《GM》  

《GM》  

《GM》  

《GM》 ――その後、一度だけでなく二度三度とアナルアクメを決めてしまい、結局ショーツは脱いだまま…ノーパン制服で下校する、桃華。

《GM》 その最中、いつも通ってる人気のアイスクリーム屋に寄るも…▽

【桃華】 【桃華】「んー……」食べながら、歩く。オーソドックスにバニラにしてみた。甘い香りと、ミルクの甘味が絶妙……なのだが、どうにもいつもより熱が冷めない。下半身がすうすうして、冷たくて、頼りない。スカートは長いので見える可能性は低いのだが……いや。不安よりも、物足りなさを感じていた。「(んー……美味しいのは、美味しい、んですけど……)」ハマったものに一直線の桃華は、なんとなく居心地が悪そうに、アイスを舐め終わった。唇の端

【桃華】 を舐めた瞬間、しびれるように思い出したのは、このアイスとは似ても似つかないエグ味……けれど、その瞬間の映像を思い出した途端、心が昂る。

【桃華】 今ほしいものを思い出した、けれどそれは今手に入らない。そのあたりにいる人に声をかけるなんてもってのほか。何があっても嫌だ。だってあんなにも心地よくしてくれるとは限らないし、援助交際なんて絶対に駄目なことだ。あれは……あれは、授業だから、いいのである。特別授業が受けたい、という気持ちで、心がそわそわと浮き足立ち。きもそぞろに、人影の少なくなった歩道を歩いていく。

【桃華】 ▽

《GM》 その直後。まるで桃華の心を読んだかのように…何千万もしそうな黒光りの高級車が、桃華の隣にゆっくりと停車し…

《GM》 窓が、開く。そこには……桃華の待ち望んでいた、醜悪だけど、豚奴隷にとっては愛しい顔。

《GM》 【校長】「おや…奇遇ですね?響木くん。」いけしゃあしゃあと、そんなことを言ってくるのだ。この汚っさん教師は。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「っ!」ぱくぱくと、呼吸困難の金魚みたいに口を動かした後。「せ、せんせっ、あのっ……!」絞り出すように声を漏らし。往来で言う言葉ではないと理性が押しとどめたのか、改めて言いたい言葉を探し始めて顔がくしゃくしゃになり始める。

【桃華】 ▽

《GM》 【校長】「…そうそう、もし響木くんが宜しければですが。これから私は美味しい『アイスクリーム』を食べにいく最中でして…ねぇ?」二人だけに通じる言葉。それを桃華に囁くように…けど、はっきり聞こえる声色で。

《GM》 【校長】「もしよければ…一緒に食べにいきませんかね?」にっこり、福福しい笑顔の裏に毒々しく煮えたぎる性欲を秘めて…牝豚兎へ、提案しつつも答えは分かってると言わんばかりに、助手席のドアを開ける。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「!」はじかれたように顔を上げ。まるで、初恋の人と再び出会えたように、涙と共に笑顔を浮かべた。「ご一緒、しても、よろしいですか?」だが……求めるものは、大好きな大好きな『アイスクリーム』。

【桃華】 【桃華】「その……ちょっと、食べ足りなくて♪」花のような微笑みを浮かべる下にたぎるのは、校長と同じもの。当人は気付いているのか、いないのか……しかし、誘ってくれるのがとても嬉しくて、しょうがなくて。もしもの時は、今日は友達の家に泊まると伝えよう、とまで思いながら、ゆっくり、乗り込んで……

【桃華】 後ろ手でドアを締めながら、そのまま校長先生の膝で、膝枕。ぷるぷると震えるお尻が、そして、スカートに浮かんだ染みが、桃華の今の現状を伝えていた。

【桃華】 【桃華】「唐沢先生、ごめん、なさい……今、先生の、匂いで、わたし、お尻で……指じゃ、満足できなかった、のにっ……♪」雌豚は震えながら告白する。▽

《GM》 【校長】「――ノーパンかと思ったら、保健室でケツオナキメてきましたか。このケツブタは。まったく、救いようのない淫乱ですねェ?」ねっちりとした囁きと共に、温和の仮面は外れ…更に人気の無い場所へ運転しながら、桃豚の髪をめいっぱい撫で付けて…『アイス』のお預けを解除する、主人。

《GM》 ▽

【桃華】 【桃華】「ごめん、なさいっ♪ せんせ、の、こと、忘れられなくて……ん、違い、ます、せんせのおちんぽ、忘れられなかったん、です♪」半分くらいしか意味はわからなかった。でも、少なくとも今先生がわたしを求めてくれている、それは……頬に当たる硬いもののおかげでわかった。見られているかもしれないと、気づいているのに。だというのに……そのまま、唇でジッパーを上げてしまう。そして……

【桃華】 頭を撫でられ、鼻先にそれが出た瞬間。幸福感で意識が真っ白に飛んで……

【桃華】 【桃華】「イ、きまひゅゥっ……♪」誰に言われるでもなく漏れた、初の、アクメ宣言。こうして、完全に刷り込みは完了した。けれど、長い夜はこれからである……

【桃華】 ▽

《GM》  

《GM》  

《GM》  

《GM》 後日。響木桃華は、校長直々に表彰状が渡される。

《GM》 その内容は『日頃の精勤奉仕及び品行方正な生徒への授与』。普通ならば小首を傾げるような内容だったが、授与された相手が桃華であり、校長には前々からよくわからない所があったので、生徒達も小首をかしげながらも授与された桃華を拍手で讃えた。

《GM》 ―――桃華が授与されたその日の昼休み。校舎の屋上から豚のような鳴き声が聞こえてきたのだが。

《GM》 それはまた、別の話………

《GM》  

《GM》  

《GM》 ヒロインクライシス・クライシス

《GM》 淫乱ピンクの勉強ノート

《GM》 おしまい。

《GM》  

《GM》  

《GM》 おつかれさまでしたー!!

【桃華】 おつかれさまでしたー!