20:02 (bee_GM) それじゃあえっと(ごそごそ
20:03 (bee_GM) ちょいとお手数ですが、このハンドアウトに従って自己紹介をお願いできますか。
20:03 (B11_Cecilia) ういうい
20:03 (bee_GM) ・・)っ
20:03 (bee_GM) ハンドアウト:影崎学園は普通の進学校である。あなたは至って普通の学生で、男性との付き合いも一度も経験が無い処女である。夢見がちな年頃で、いくつかラブレターも貰ったけれど、意中の男子は別にいる。それは隣の席の幼なじみの少年、梶原だ。同じクラス、隣の席になったこの年度中に、できれば彼氏彼女の関係になりたい。そんな甘酸っぱい思いにずっと身を焦がしていた。
20:04 (bee_GM)  
20:04 (bee_GM) よろしく!
20:04 (B11_Cecilia) がんばる!w
20:08 (B11_Cecilia)  
20:08 (B11_Cecilia) 【セシリア】はじめまして、セシリア・レイニーデイです。
20:08 (B11_Cecilia) 【セシリア】私も今年で15歳になりました……そろそろ、異性と深いお付き合いをしてもいい頃合だと思います。
20:08 (B11_Cecilia) 【セシリア】あ、その、誰でもいい、というわけではなくて……その……初めては、好きな、人と……
20:08 (B11_Cecilia) 【セシリア】今年は、その、チャンスだと思ってます! だから、応援して、下さいね?
20:08 (B11_Cecilia)  
20:08 (B11_Cecilia) こんな感じでどうだろうか?w
20:09 (bee_GM) すばらしい!
20:09 (B11_Cecilia) ほめられた!(照れ照れ
20:12 (bee_GM) それではゆっくりいきましょー
20:12 (bee_GM)  
20:12 (bee_GM)  
20:12 (bee_GM) 今日はセシリアにとって特別な日だ。いつもより早起きして、梶原の下駄箱に忍ばせたのは一通の手紙。そう、一学期が始まって二ヶ月。セシリアは、幼なじみというこの関係に一石を投じることを決意した。
20:12 (bee_GM) もう、梶原はとっくに読んだに違いない。現に、今日はセシリアと顔を合わせようとしてくれない。けれど、彼の赤く染まった横顔を眺めているのは楽しかった。もちろん不安はあったけれど、断られることはない、そんな確信がセシリアの心を温かく包んでいた。
20:12 (bee_GM) 【女教師】「次の章を――次、セシリアさん。立って読んでください。よそ見はいけませんよ」厳しいことで有名な現代文のオールドミスが、ぴしゃり、とセシリアを指名した。
20:12 (bee_GM) ▽
20:17 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ひあっ!? は、はい……!」 いきなりの指名に、思わずひっくり返った声が出てしまう。周囲の笑い声により顔を赤くしつつ、慌てて教科書を掴んで立ち上がる。「え、ええと……どの章でしたっけ……?」 セシリアの問いで、再び教室に笑い声が響く。
20:17 (B11_Cecilia) ▽
20:18 (bee_GM) 【梶原】「ここだよ」横顔は赤いまま、広げた教科書の文章をトントンと指で突く。線の細い小柄な幼なじみ。
20:20 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、ありがと……」 小声で梶原にお礼をしつつ、教科書を読み上げる。隣の席同士だからこそできる交流に、気恥ずかしさにも似た、柔らかく温かい感覚が心を満たしていく。
20:22 (bee_GM) 【女教師】「ええ。そこでいいわ。それじゃ、この部分――」厳しくも有能な女教師によって、現代文の授業は平穏に進んでいく。
20:22 (bee_GM) 【梶原】「……さっきの話、昼休みに」小さく囁いてくるのは、間違いなく朝のラブレターの絡みだろう。時計を見れば今は四限、この授業の後で、ということだ。
20:24 (B11_Cecilia) 【セシリア】「…………うん」 小さく、こくりと頷く。俄然昼休みが待ち遠しくなった。退屈な授業なんて今すぐにでも終わってしまえばいいのに。そんな事を考えつつ、教科書を読み終わると着席。ペンをくるくると回しながら時計をじっと見つめる。
20:28 (bee_GM) 昼休みまではあと30分。セシリアがじっと時計を見ていると、通路を挟んだ反対側の男子が声を掛けてくる。髪を茶色く染めた、梶原とは正反対の不良じみた男子だ。
20:28 (bee_GM) 【崎波】「セシリアちゃん、ねえねえ」馴れ馴れしく声を掛けてくる。彼からはラブレターを貰ったことがあるけれど、それ以来、妙に親しげに話しかけてくるようになった。
20:33 (B11_Cecilia) 【セシリア】「崎波さん、どうしました?」 故郷で自分をいじめていた人間に似ている、攻撃的とでも形容すべき雰囲気を漂わせている彼は、あまり積極的に関わりたい人間ではない。が、ラブレターを渡すほどに自分へ好意を持っているのだと知れば、無碍に扱う事はセシリアにはできなかった。小声で、辺り障りのない返答を返す。
20:34 (bee_GM) 【崎波】「セシリアちゃん、処女ってホント? そんなわけねえよなあ?」クスクスといやらしい笑みを零しながら話しかけてくる。どういうわけか、教師は廊下に身を乗り出している彼を叱ろうとはしない。
20:37 (B11_Cecilia) 【セシリア】「……その、女性に面と向かって、そういう事を聞くのはどうかと思いますよ?」 何てデリカシーのない人だろう、と思って眉を顰める。そんな質問をされる事自体も不快だが、それに答えると思われているのかもしれないと思うと何とも言えない気分になる。
20:40 (bee_GM) 【崎波】「クラスの女に聞いたんだけどさァ……」崎波はセシリアの細い手首をぐいと掴んだ。その勢いで思わず立ち上がってしまう。「梶原クン一筋なんだって? それも処女。俺って、そういうの燃えるんだよね。バーニングハート」立ち上がった崎波の手が、セシリアの腰に回った。
20:44 (B11_Cecilia) 【セシリア】「なっ……!? や、やめて下さいっ! まだ授業中ですよ!」 手首を引かれて無理矢理立たされ、崎波に腰を抱かれながら、何とか彼を押し返そうと抵抗する。が、少女としても特に細身のセシリアの抵抗はロクな効果もなく、ただ崎波の腕の中で身じろぎしている程度となってしまう。それでも声を上げて抵抗する。こんな乱暴な人だったとは。少しでもいい人かもと思った自分が馬鹿だった。
20:47 (bee_GM) 【女教師】「では、この問題を、梶原くん。お願いするわね」立ち上がったのは隣席の幼なじみ。セシリアの視線に「何を騒いでるんだろう」という風な視線を向けただけ。教科書を読み始める。
20:47 (bee_GM) 【崎波】「授業中だから興奮するんだろ? 安心しろよ、『誰も気づかない』からさ。そんじゃ、セシリアちゃんが本当に処女か確かめてみよっか♪」崎波の手がスカートの中に潜り込む。「……うっは、何これ、ノーパンじゃん。やっべ、セシリアちゃん今日にでも梶原を襲うつもりだったわけ? それとも、ただの露出狂の変態?」耳元にねちっこく囁く。
20:50 (B11_Cecilia) 【セシリア】「えっ? や、やめて……! 梶原さん! 誰か、助けて!」 手首を掴む崎波の手を振りほどこうと激しく身体を動かすが、がっちりと掴まれた手首は動かず、むしろ激しい動きで翻ったスカートの中に手が差し込まれてしまう。健全なる女子であるセシリアは当然下着を身につけてはいないが、それを崎波に知られ、またからかわれ、羞恥で顔が耳まで真っ赤になるのを感じる。
20:51 (bee_GM) おっとと
20:51 (bee_GM) では洗脳チェックをお願いしまーす
20:52 (B11_Cecilia) どんな洗脳?
20:57 (bee_GM) 【崎波】崎波の手はスカートのホックを器用に外し、抵抗するセシリアを押さえつけて下半身露出の状態で抱え上げてしまう。彼女にしては大きな声が教室に響くが、しかし『誰もそれに気づいた様子はない』。授業は彼女の悲鳴を無視して、粛々と進んでいく。
20:57 (bee_GM) このほうがいいかな
20:58 (bee_GM) 『』内が洗脳の内容ですが、セシリアが、というより他の生徒への洗脳ですね
20:58 (B11_Cecilia) ほむ。とりあえず偵察なので、1回洗脳チェックに成功すればOK。CP3点使うのじゃー!
20:58 (B11_Cecilia) 3D6
20:58 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 3D6 = [4,4,6] = 14
20:59 (bee_GM) はいなー
20:59 *bee_GM topic : セシリア:○
20:59 (bee_GM) 倒してしまってもいいのよ!
20:59 (B11_Cecilia) レベル2でミアスマ不足から色々残念な事になったセッシーには無理w
20:59 (B11_Cecilia) そして腰APを吹き飛ばそうw
21:00 (B11_Cecilia) あ、成功したらダメージないんだっけ?
21:00 (bee_GM) ないですね
21:00 (B11_Cecilia) 把握
21:00 (bee_GM) それでは洗脳ロールお願いしまーす
21:02 (B11_Cecilia) 【セシリア】「い、嫌っ!? やだ、やめて……!」 スカートを脱がされ、無毛の下腹部と鮮やかな秘所をクラス中に晒す形で抱きかかえられ、目に涙を浮かべて弱弱しく抵抗を続ける。(どうして……何でみんな気付いてくれないの……!?)と、周囲の異常に気付きつつも、周囲がこの状況に反応するという事は、自身の痴態が見られてしまうという事であり、どう行動すべきか判断する事ができずにいる。
21:08 (bee_GM) 【崎波】「んじゃ、検分といきましょうかねー?」セシリアの耳たぶに舌を這わせながら、抱え上げた腕がそのまま秘所に指を持ってくる。その刺激、セシリアは忘れていても、身体が覚えている凌辱の記憶に、漏れ出した愛液が指先を濡らしてしまう。「おやぁ? セシリアちゃん、これは何かなぁ?」糸を引く愛液をセシリアに見せつけながら、秘所をくちゅくちゅと濡らしていく。
21:08 (bee_GM) 【梶原】そのとき、隣席の少年がこちらを見た。「セシリア、……少し、静かにしたほうがいいよ」記憶にあるままの、困ったような優しい声。しかしその視線は、セシリアの下腹部あたりをさまよっている。
21:11 (B11_Cecilia) 【セシリア】「や、ぁ……いやぁ……っ」 授業中の教室で下半身を露出し、愛撫されているという状況。そして何より、崎波の舌使いに、指使いに、耳から、そして下腹部から、甘い痺れがじんわりと湧き出してくる。さほど時間を置かずに、秘所からはくちゅくちゅと粘液を掻き混ぜる音が響き出し、目の前に差し出された崎波の指が愛液でぬめり光るのを確認してしまう。
21:13 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、ご、ごめん……静かに、する、から、あっ……!」 そして、そんな自分の痴態が、梶原に、好きな人に見られている。この状況は認識していないようだが、それでも、崎波の愛撫で濡れた秘所が視界に入っている事には違いない。好きな人の前で、別の人の指で感じてしまうなんて。死んでしまいたいほどの羞恥心に全身を苛まれながら『授業中の世界』にいる彼に違和感を与えないよう、何とか言葉を返す。
21:16 (bee_GM) 【崎波】「そうだぜ。授業中なんだから、静かにしなきゃだめだろ?」笑い混じりに言うと、秘所に指を突っ込んでかき回す。「しかしよぉ、セシリアちゃん、こんなに濡れ濡れで処女なんて、ちょっと無理があるんじゃねえの?」セシリアを抱き上げた彼は、その尻を机の上に置く。梶原がすぐ横を向けば、匂いが分かるほどの距離。秘所から零れる愛液が、現国の教科書にシミを作っていく。
21:20 (B11_Cecilia) 【セシリア】「やめ……て……これ、以上……は……っ……こんな、初めて、なんて……い、や……っ!」 『初めて』感じる性の快楽に、びくびくと脚を震わせつつ、崎波の思うがままに扱われてしまう。溢れる愛液が机を濡らしていくのをぼんやりと見つつ、どうしたら崎波がこの行為をやめてくれるのかを必死に考える。
21:21 (B11_Cecilia) 【セシリア】「……ごめ……なさい……! お付き合い、を、断った事なら、謝ります……からっ! お願い、こんな、みんなの前で、なんて、いや……っ!」 何とか、反応してくれそうな言葉を紡ぐ。涙が溜まった瞳で崎波を見上げつつ、胸元に縋りつくようにして懇願する。
21:24 (bee_GM) 【崎波】「フラれた腹いせ? なんかじゃねえよ。だから、あんたが本当に清純な処女で、梶原クンに相応しいのか、俺がテストしてやってるだけさ」
21:24 (bee_GM) 【女教師】「セシリアさん、何を騒いでいるんですか?」ようやく、教師がこちらに気づいてくれた。しかしそう思ったのもつかの間。つかつかと歩いてきた彼女は、机に開かれた、愛液で濡れた教科書を取り、セシリアに突きつけた。「第四章の頭から、最後まで読みなさい。まったく、たるんでますよ」
21:24 (bee_GM) 【崎波】「だとさ、優等生のセシリアちゃん。ちゃんと読まなきゃなあ?」ククク、と質の悪い笑い。崎波の指はもう三本までセシリアの秘所に突っ込まれ、ぐちゅぐちゅと泡を盾なら愛液を掻き出している。
21:27 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ……は…………っ!」 ずぶり、と、深い所に指が突き入れられ、膣内を掻き混ぜられる違和感と快楽に息が詰まる。崎波の行動原理が理解できない。そして、それは自分の言葉では止められないのだと悟り、涙が一筋頬を伝う。このまま、クラスメイトの、梶原の目の前で、崎波に弄ばれ続けるしかないのだと。
21:30 (B11_Cecilia) 【セシリア】「は、はい……っ!? す、いま、せん……っ!」 教師の言葉にがくがくと頷くと、時折快楽でびくりと跳ねる手で教科書を受け取る。「その、とき……っ! ぼくは、彼女……の、言葉を……っ! 思わず、聞き返し……てッ……!?」 秘所を激しく掻き混ぜられながら、教科書を何とか朗読していく。不自然な朗読に、クラスメイトがひそひそと何やら話し始めた気がするが、それが自身の痴態を嘲笑しているように感じてしまう。
21:35 (bee_GM) 【女教師】「どうしました? つっかえてますよ」叱るような厳しい顔の女教師がすぐそばにいる。その目の前で、セシリアは机に尻をだらしなく乗っけてまたぎ、後ろから秘所をかき回されているのだ。周囲の生徒たちがちらちらとセシリアを見て、その不自然な朗読に戸惑いを浮かべている。
21:35 (bee_GM) 【崎波】「まったく、教科書一つ読めねえのかよ」その声と同時、セシリアの尻肉が叩かれた。平手ではない。セシリアを机に座らせた崎波の手には、ステンレスの定規がある。「悪い子にはお仕置きが必要だな」セシリアの首を後ろから掴み、前屈みにしながら尻を定規で叩いた。何度も。何度も。その度に、肉の爆ぜる音が教室に響き渡る。
21:39 (B11_Cecilia)  引き攣るように強く息を呑む声が教室中に響いた。「か────! は────っ!」 2発、3発と薄い尻肉が打たれる度に、声を発する事に失敗したかのような、強い吐息の音が続く。
21:39 (B11_Cecilia) 【セシリア】「す、すみま……せん……少し、体調が、悪く……て……っ!?」 教師に何とか納得してもらえそうな言い訳を考えている最中、崎波が定規を掴み、それを振るった。乾いた音が響くと同時に、激痛。「────ッ!?」
21:39 (B11_Cecilia)  引き攣るように強く息を呑む声が教室中に響いた。「か────! は────っ!」 2発、3発と薄い尻肉が打たれる度に、声を発する事に失敗したかのような、強い吐息の音が続く。
21:41 (bee_GM) それでは一度ここでシーンを切ります。
21:41 (bee_GM) 使用したアクトの宣言を改めておねがいしまーす
21:42 (B11_Cecilia) ういうい「秘密の花園」「ぱんつはいてない」「止まらない刺激」「突き刺さる視線」ですー
21:44 (bee_GM) ではでは。
21:44 (bee_GM)  
21:44 (bee_GM) 【女教師】「そうですか。まあ、もうすぐお昼休みですし……」一応納得したのか、朗読には別の者を指名した。そして授業は続いていく。
21:44 (bee_GM) 【崎波】「おいおい、叩かれたらさらに濡れたぜ? 『こんな淫乱な処女がいるわけねえ』だろ? なあセシリアちゃん、ほら、愛しの梶原クンに言ってみろよ」赤く腫れた尻肉をなで回し、言う通りにしなければ、すぐにでもスパンキングを再開すると示しながら。「セシリアは誰のチンポでも銜え込む変態帰国子女です、ってよ。そうすりゃ、梶原だってすぐにビンビンにして突っ込んでくれるぜ」
21:44 (bee_GM) では洗脳チェックどうぞー
21:45 (bee_GM) あ、洗脳内容は『』のやつすね
21:45 (B11_Cecilia) じゃあCP1点のみ
21:45 (B11_Cecilia) 1D6
21:45 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 1D6 = [1] = 1
21:45 *bee_GM topic : セシリア:○×
21:45 (bee_GM) ではロールをお願いします!
21:46 (bee_GM) 【梶原】「具合悪いの?」と小さな声で話しかけてくる、愛しい幼なじみ。その前で、セシリアは崎波の指にふやけた秘所をヒクヒクと震わせている。
21:47 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、あ…………」 そんな事が言えるはずがない。が、ステンレス製の定規によるスパンキングは、未成熟な尻肉にミミズ腫れに近い痕を残すほどに強く、激しい痛みをもたらすものだった。『至って普通の学生』であるセシリアにとって、その痛みよりも辛い羞恥などあるはずもなく。
21:49 (B11_Cecilia) 【セシリア】「せ、セシリア……は……誰の、チンポでも、銜え込む……変態、帰国、子女……です……」 ぎゅっと目を瞑り、梶原の表情を見ないようにして、絞り出すように崎波の言うとおりの卑語を口にする。あまりの惨めさと、好きな人の前でこんな事になっている羞恥に、涙を溢れさせる。
21:52 (bee_GM) 【梶原】「……え?」セシリアの言葉に、目の前の幼なじみの顔が引きつっていくのが分かる。「い、いま、何て言ったの……? へ、変態とか……聞こえたけど」呆然として聞き返してくる。
21:52 (bee_GM) 【崎波】「……ほら。愛しの彼によく聞こえるように、もっと大声で言えよ?」腫れた尻肉を揉みながら、もう片方の手はセシリアの秘所をいやらしくほじっている。右手に持ったままのステンレスの定規が、ときおりひやりとセシリアの背中に触れる。
21:56 (B11_Cecilia) 【セシリア】「許して……それだけは……!」 懇願するが、にやにや笑いを浮かべる崎波と、時折身体に触れる定規、その2つが生み出す痛みを思い出すと、それ以上抵抗する事はできなかった。「セシリアは……誰のチンポでも、銜え込む変態、帰国子女、ですっ!」 振り絞るように、教室中に響く声で、卑語を口に出してしまう。顔だけではなく、肩口まで真っ赤に紅潮していく。
22:01 (bee_GM) 【梶原】「……そんな、それって、じゃあ、朝の手紙も……」幼なじみがどんな想像をしているのか、赤くなっていた顔はゆっくりと青ざめていく。「セシリア……嘘、だよね?」彼にだけ、その言葉は正確に伝わったようだ。
22:01 (bee_GM) しかしセシリアは逡巡を感じる間もなく首を掴まれ、机の上に寝かされた。教室の中央で、机にうつぶせになったセシリアは、腫れ上がった尻肉に崎波の肉棒の感触を感じる。
22:03 (bee_GM) 【崎波】「なるほど、今日こそは、梶原クンに告白するつもりだったわけだ。残念だったなぁ」指で広げられた膣からは愛液が糸を引いて床に垂れる。「いい事を思いついた。セシリアちゃん、その告白、今しろよ。梶原クンに、昔か好きでした、って皆の前で言え。きっと祝福してくれるぜ?」崎波の肉棒、その先端が、濡れそぼった秘所の入り口をくちゅくちゅとかき回した。ひくり、ひくりと雄を求めるように震える膣を焦らす。
22:05 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ち、違うの!? 梶原さん、これは……っ!」 梶原にのみ言葉が通じてしまい、誤解を解こうとするが、先ほどの言動を帳消しにできるような奇跡が起こせるはずもない。熱く滾る崎波の肉棒が濡れた秘所の入口を掻き混ぜる快楽に、時折背筋をびくりと震わせながら、真っ赤に紅潮し、涙と涎を流す顔を梶原へと向ける。
22:07 (B11_Cecilia) 【セシリア】「か、梶原さん……昔から、ずっと、好き、でした……。お付き合いできたら、と、思って、お手紙、出しました……」 あまりに惨めな告白に、何度も流したはずなのに涙が溢れ出る。自分の想いが、そして身体が、こんな形で汚されている事が信じられない。
22:11 (bee_GM) 【崎波】「良く出来ました♪」セシリアが言い終えた瞬間、貫かれた。崎波の無遠慮な肉棒が、濡れそぼったセシリアの膣をかき分けて子宮口を突き上げる。そこに嫌悪感は微塵もなく、感じるのはただ快楽だけ。
22:11 (bee_GM) 【梶原】「そ、それって……」青ざめた顔に少しだけ赤みが戻る。「セシリアは、変態だけど、そんな自分も纏めて受け入れて欲しい、っていう、こと?」涙が出るほどの好意的な解釈をして、崎波に今犯された幼なじみの少女を見た。
22:14 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ひあああああッ!?」 好きな人の前で犯される。そして、そこに快楽しか感じない事に絶望しながら、梶原の言葉を否定するように首を振る。「ち、ちが……う、のっ……! これは、今、はっ、ちが……っ!」 たっぷり愛撫されて濡れた秘所を、崎波の肉棒が遠慮の欠片もない激しさで突き上げる度に、ぐちゅぐちゅという粘性の音と、肉と肉がぶつかり合う乾いた音が教室に響く。そして、その度に、セシリアの身体を快楽だけが巡っていく。
22:18 (bee_GM) 【梶原】「じゃあ、どういうこと? ……まさかとは思うけど、あの手紙も全部、僕をからかってるわけ?」少年の目が微かに険を帯びる。しかしその間も、崎波はセシリアの腫れた尻を掴み、肉棒を叩き付ける。昼休みを前にした静かな教室の中央で、肉を打つ音とセシリアの嬌声だけが響き渡る、異常な空間。
22:18 (bee_GM) 【崎波】「ほらセシリアちゃん、言ってやれよ♪ あなたのことを好きなのは本当だけど、今は別の男のチンポに腰振ってます、ってよ♪」犯しながらステンレスの定規が唸り、尻肉を赤く腫らしていく。
22:22 (B11_Cecilia) 【セシリア】「いや、あっ!? ちが、ちがう……っ! ちがう、のっ……! おねが、やめ……っ!」 パンパンと腰を打ち付けるリズミカルな音と、膣内を擦り上げ、子宮口を突き上げる熱い肉棒に、身も心も犯されていく。「おね、が……っ! もう、これ、いじょう……けがさ、ないで……えっ!」 びくびくと身体を快楽に震わせ、机の上を愛液と涎で汚しながら懇願する。
22:25 (bee_GM) 【崎波】「何言ってんの? 処女のセシリアちゃんが変態だから、俺が躾けてやってんじゃん。こんなに変態だと苦労するから、梶原クンと付き合う前に俺が骨折ってやってるのに」ばぢゅんっ!! 愛液が激しく飛び散り、崎波の肉棒がセシリアの奥壁を突き上げる。「大丈夫、ノーカンノーカン♪ 梶原クンだって、とっくにやることやってるに決まってるじゃん。何なら、あなたのチンポください、ってお願いしてみたら?」
22:28 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ちが……う……へんたい、じゃ……っ!」 崎波の腰の動きが激しくなっていくにつれ、体内を渦巻くように苛んでいく快楽がより強くなっていく。反論を紡ごうとする度に、我慢しきれない嬌声が漏れ、雌の悦びに感じ入ってしまっている事を周囲に伝えていく。
22:29 (B11_Cecilia) 【セシリア】そして、崎波に犯されているうちに、こんな自分が梶原に愛されるはずがない、という気持ちが芽生えてくる。他の人に犯されて感じてしまう女を、好きになる人間がいるはずがないのだ。だとしたら、ここで自分の気持ちを引きずるよりも、早く失望されて、他の良い人を見つめてもらうべきなのでは、と考えてしまう。
22:31 (bee_GM) 【崎波】「ほら、お願いしてみろよッ!!」命令と共に尻肉で弾ける灼熱。定規の熱がセシリアの膣を不規則に震わせ、崎波はそれを楽しみながら腰を振った。「梶原クン、変態のセシリアを犯して、ってなぁ!」
22:32 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、あ……い、今は、他の、人の……チンポを、咥え込んで、腰を振って……気持ち良くなっちゃって、ます……セシリアは、チンポ大好きな……変態帰国子女、だから、です……」 自分から腰を振り、出来る限りの卑語を梶原へ向けて放つ。臀部で定規によるスパンキングが行われた瞬間、セシリアの中の何かが壊れた。「変態の、セシリアを、梶原さんのチンポで犯して、下さいッ!」
22:35 (bee_GM) 【崎波】「ヒハハハ!! マジで言いやがった!! レイプされて何でも言うこと聞いちゃうんだから、ビッチもいい所だ!! セシリアちゃん……いい顔してるぜ」子宮をごりごりとくじり……そして、肉棒が弾けた。忌むべき男の精が、セシリアの子宮を濡らしていく。
22:35 (bee_GM) 【梶原】「……セシリアって、そんな人だったんだ」目の前の、好きだった幼なじみの顔から、砂が零れるように熱が引いていく。その後には、失望と侮蔑だけが残っていた。
22:39 (B11_Cecilia) 子宮内に何億もの熱を放たれる、雌としてのの至福が、本能的にセシリアを絶頂へと導いてしまう。レイプ魔の忌まわしい肉棒を愛おしげにきゅうきゅうと締め付け、新たな精を欲するように無数の襞で甘く包み込む。締め付けの度に、膣内の肉棒の形と堅さと熱さがはっきりと伝わってしまい、それだけでも再び絶頂を迎えそうになってしまう。
22:40 (B11_Cecilia) 【セシリア】「…………ぁ」 そして、そんな自分を見つめる梶原の、汚いものを見るような目で、もう二人の関係は最悪な状態になってしまったのだと知る。これが梶原のためだと自分に言い聞かせるも、溢れ出る絶望感は拭いきれるものではない。
22:41 (bee_GM) 【崎波】「いやあ、授業中にレイプっていうのもいいもんだな」最後にセシリアの尻を定規で叩き、肉棒を抜いた。どろり、と白濁が床に垂れ落ちる。
22:44 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ひど……い……こんなの……」 絶頂後のだるさと残り火のような快楽に苛まれながら、力なく呟く。肉棒を引き抜かれた膣穴は再度の挿入を望むかのようにひくつき、ごぼごぼと精液と吐き出していく。
22:45 (bee_GM) そのとき、長い長い授業が終わり、チャイムの音がセシリアの耳を打った。ようやく終わったのだ、そう思ったのもつかの間――
22:45 (bee_GM) ではシーンを締めます。使用したアクトの宣言をお願いします。
22:45 (B11_Cecilia) 「熱い蜜壺」「汚された肢体」「強制絶頂」ですわー
22:46 (bee_GM) んじゃ強制絶頂の判定をお願いします
22:46 (B11_Cecilia) じゃあ運動でー
22:46 (B11_Cecilia) 2D6+8
22:46 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+8 = [6,2]+8 = 16
22:46 (B11_Cecilia) 成功なう
22:54 (bee_GM)  
22:54 (bee_GM) んではでは
22:54 (bee_GM) 【崎波】「そんじゃま、昼休みになったことだし……」レイプ魔は周囲をぐるりと見回して嗤う。「チンポ大好きな変態ビッチのセシリアちゃんが、みんなの相手してくれるってよ? なあ? 『初めてをレイプで失った』んだ。もう何でもアリだよな?」机の上にへたりこむセシリアの前で、定規が強く振られた。それは明らかに脅し。腫れた尻肉の痛みが全身に熱となって響いている。
22:54 (bee_GM) では洗脳チェックをお願いしまーす!
22:56 (B11_Cecilia) CP3点使用でー
22:56 (B11_Cecilia) 3D6
22:56 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 3D6 = [4,3,4] = 11
22:56 (B11_Cecilia) グエーw
22:56 (bee_GM) 違った
22:56 *bee_GM topic : セシリア:○××
22:56 (bee_GM) うむ、ちんぽにとろけてしまったんだな……
22:56 (B11_Cecilia) そして腰AP消滅
22:56 (bee_GM) んでは洗脳ロールをお願いしまーす
22:58 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ……うぁ……」 崎波の言葉に応じて、自分に近づいてくるクラスメイト達を見て、引き攣った声をあげるが、絶望感に犯された身体では、空気を吐き出す音しか出せない。机の上で様々な体液に汚れた身体を、好色そうな視線が囲み、犯していく。
23:04 (beemoon) 【崎波】「ほら、おねだりしろよ。チンポ……欲しいんだろ?」セシリアの尻肉を定規がぺちぺちと叩いた。周りにはクラスの男子たちがにやにや笑いを浮かべている。そして梶原はその輪から一歩外れていた。セシリアがためらっていると、定規が唸りを上げて尻肉をひっぱたく。「早くしろよ!」
23:06 (B11_Cecilia) 【セシリア】「は、い……! おねだり、しますからぁ……! 痛いの、やめて、下さい……!」 痛みで机の上から崩れ落ちる。そのまま床に伏せるような形で、周囲の男子生徒達に懇願する。「へ、変態帰国子女、の……セシリアに、みなさんの……チンポ、ください……っ!」
23:07 (beemoon) 男子がどよめいた。先ほどまでの痴態を見ていなかったのだから当然だ。高嶺の花だと思われていたセシリアが荒い息で、精液を垂れ流しながらおねだりする様子に、男子たちは我先にとチンポを取り出しセシリアに突きつける。その様子を、崎波は少し離れて見ていた。
23:10 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、その……順番……に……」 教室内で複数のクラスメイトに男根を突きつけられるという異常な状況に、しかし崎波が与える痛みへの恐怖心から、その状況への違和感をセシリアは持たなかった。出来る限りの事をすべく、一番顔の近くに差し出された肉棒にキスをし、たどたどしくフェラを始める。
23:12 (beemoon) 【崎波】「おい、そんなに下手だと昼休みの間に終わらねえぞ! 銜え込め!!」人垣の向こうから楽しそうなヤジが飛んでくる。昼休みの間に終わらない、と聞いた男子たちは、慌てた様子でセシリアの頬に、髪に肉棒を擦りつけてくる。
23:14 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ふぁ……あむ……っ」 言われた通り、深く肉棒を咥え込む。喉奥に突き込まれる刺激に吐き出しそうになるのを耐えつつ、舌を這わせていく。そして周囲を取り囲む肉棒の中から二本を両手で掴んで扱き、残りは頬や髪に擦りつけられるままに任せる。
23:16 (beemoon) 【男子】「フェラだけじゃ終わらないだろっ!」髪を掴まれたセシリアは、乱暴に床に四つん這いにされる。そして腫れぼった尻肉を激しく掴まれ指を肛門に突っ込まれた。「海外ではアナルファックが常識だって言うし、こっちも開発されてんだろ?」愛液と崎波の精液の混合物を、丹念にアナルに塗り込んでいく男子たち。まるで玩具をいじくるような手つきだ。
23:18 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ふぁ!? あ、ん、む……ぁ……」 尻穴を弄り出すクラスメイトに、そっちは駄目だと言おうと思ったが、口に含んだ肉棒に邪魔をされ、言葉にならない。と、四つん這いになったセシリアの下に器用に一人クラスメイトが入り込み、そのまま騎乗位の形で膣内に挿入される。甘い痺れが、セシリアの下腹部を焼く。
23:19 (beemoon) 【男子】その間も尻穴は何人もの指で解され広げられた。そして後ろからセシリアの尻を抱え込んだ男子が、アナルに挿入を開始する。「うっわ、トロトロだぜ……!」
23:24 (B11_Cecilia) 【セシリア】「ん、ふぁ……!」 そして残った穴であるアナルに肉棒が挿入される。計3つの穴が雄の欲望の捌け口となる。それも、昼休み中の、他のクラスメイトの歓談さえ聞こえる教室内で。あまりの異常事態に眩暈がするが、今はただ、崎波の暴力に晒されないように、周囲の男達を慰める事しか、セシリアの頭にはない。自ら頭を、手を、腰を動かして、雄の欲望を満たそうとする。
23:26 (beemoon) 【男子】「いいわー、さすが帰国子女は違うなー♪」「やっぱりビッチってホントだったんだ。先生にカラダ売って成績挙げてるって噂」「そりゃそうだよな、こんなエロい処女いるわけねえよ」好き勝手なことを言いながら男子たちはセシリアの身体を貪っていく。そして……喉奥を突き上げる肉棒が射精した瞬間、ちらり、と人垣の外の梶原と目が合った。彼は、汚らわしいものでも見るかのように、セシリアを見下ろしていた。
23:29 (B11_Cecilia) 【セシリア】「んむぅっ!?」 口内に、膣内に、腸内に精液が放たれる。そして、全身に精液が浴びせかけられる。生臭い精液が全身を汚していく。そして、文字通りに汚れたものを見る目をした梶原と視線が合い、自分の想いが最悪な形で汚された事を、ようやく受け入れる。ずるりと3つの穴から同時に肉棒が引き抜かれ、新たな肉棒が間を置かずに入り込む。そして激しい抽挿が始まると、セシリアの全身は快楽でびくびくと震えていく。
23:30 (beemoon) 【男子】「セシリアちゃんは、これから俺らみんなの彼女な♪」「肉便器の間違いじゃねーの?」嗤いながら犯されるセシリアは、昼休みの間中、全身に精液を浴び続ける。
23:35 (B11_Cecilia) 【セシリア】「は、い……」 こうして、セシリアは昼休みが終わるまで、延々犯され、精液を浴びせられた。弁当に精液をかけたものを食べるよう強要され、その後はプライベートな時間にも呼び出しがあれば『恋人』として駆けつける事を『約束』させられた。こうして、セシリアはクラスの性欲処理係として、また崎波の肉奴隷としての地位を得るのだった。
23:37 (beemoon)  
23:37 (beemoon)  
23:39 (beemoon) ……そして数日後。人気の無い小さな部屋で、セシリアは目を覚ます。そこは校内にある七不思議「開かずの間」だ。その中に崎波と入ったのが今日の朝。それからというもの、セシリアは調教椅子に座らされて、責め抜かれていた。
23:39 (beemoon) 部屋に入ったときに魔力を感じた。そして責め続けられている間にゆっくりと記憶が戻ってくる。しかし、両穴をバイブで責められ続け、乳房にはミキサー状の責め具を取り付けられ、顔にはマスクを、耳にはセシリア自身が発した嬌声を延々と流し続けるヘッドホン。その状態で半日責め立てられたセシリアには、わき上がる魔力をかろうじて察知する力しか残されていなかった。
23:39 (beemoon) ▽(では変身バンクどうぞー……変身?)
23:40 *beemoon topic : [万能調教椅子(IV8)][セシリア]{淫媚な世界}
23:42 (B11_Cecilia) 【セシリア】「く、ぁ……!」 半日前から今まで続く責め。ようやく周囲に人気がなくなった事を振り絞った魔力で感知しつつ、戦闘準備を整える。が、あくまでそれは装備が整うだけで、この責めを抜け出すには至らない。耳元で自分の嬌声が木霊する中、全身を苛む快楽へ、魔力を向ける。
23:42 (beemoon) では戦闘前に……1回成功なので、催眠と拘束をプレゼント!
23:42 (B11_Cecilia) はーいw
23:44 (beemoon) あとこれをあげましょう。
23:45 (beemoon) ◇FIELD:「淫媚な世界」《モンスターの【防御点】+12、PCは攻撃判定に+【浸食度】×3する。》
23:45 (B11_Cecilia) はーい
23:46 (beemoon) んでは戦闘開始-!
23:46 (beemoon) 開幕ございますかしら!
23:46 (B11_Cecilia) 「トップスピード」使用ですわー
23:46 (beemoon) おっけー! んではでは
23:46 (beemoon) こちら開幕にトラップ開示……っと
23:46 (beemoon) 2d4
23:46 (kuda-dice) beemoon -> 2D4 = [2,4] = 6
23:47 (beemoon) マシンアナルバイブと淫語スピーカーか。データは裏で出しますねー
23:47 (beemoon) というわけで、体力と知力の判定をどうぞ。目標値は12です!
23:48 (B11_Cecilia) まず体力ー
23:48 (B11_Cecilia) 2D6+1
23:48 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+1 = [2,5]+1 = 8
23:48 (B11_Cecilia) はい、次は知力ー
23:48 (beemoon) ・・) ククク
23:48 (B11_Cecilia) 2D6+1
23:48 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+1 = [1,6]+1 = 8
23:48 (beemoon) ちょうど穴や……
23:49 (B11_Cecilia) バイブだけに!(ドヤ
23:49 (beemoon) ではセシリアさんの行動どうぞ!(罠の攻撃はIV9です
23:49 (B11_Cecilia) じゃあ椅子に「神鳴」ですわー
23:49 (beemoon) おっけー。ではまずトラップの攻撃
23:50 (beemoon) 2d6+8
23:50 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+8 = [1,6]+8 = 15
23:50 (beemoon) 2d6+8
23:50 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+8 = [5,2]+8 = 15
23:50 (beemoon) 対応どぞ!
23:50 (B11_Cecilia) 1回目に「アヴォイド」使用。両方胸で受けて2回目の攻撃で胸破損ですー
23:50 (beemoon) おっけー! では椅子の攻撃
23:50 (beemoon) 1d6+14 《怪力》+《したたる毒液》
23:50 (kuda-dice) beemoon -> 1D6+14 = [5]+14 = 19
23:51 (beemoon) BSは責め具を指定!
23:51 (B11_Cecilia) ギャー! MP切れなのでそのまま受けー
23:51 (beemoon) さすがにまだか……んでは攻撃どうぞ!
23:51 (B11_Cecilia) これでトップスピード使えなくなった・・・w
23:52 (B11_Cecilia) じゃあ「ファイナルストライク」使っちゃうぞー!
23:52 (beemoon) か、かもん・・・!!
23:52 (B11_Cecilia) 6D6+29
23:52 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 6D6+29 = [3,2,4,6,2,5]+29 = 51
23:52 (beemoon) 浸食×3は足したかい!
23:52 (B11_Cecilia) 足したよー!
23:52 (beemoon) OK!
23:52 (beemoon) だがまだまだ……!
23:53 (beemoon) んではぐるっと回って……開幕はなしでええ?
23:53 (B11_Cecilia) ええねん、アタイは捨て駒や・・・w
23:53 (B11_Cecilia) イイヨーw
23:53 (beemoon) 2d4
23:53 (kuda-dice) beemoon -> 2D4 = [3,3] = 6
23:53 (beemoon) トラップはニプルミキサー×2
23:53 (B11_Cecilia) いける!w
23:53 (beemoon) 貧乳乳首をこねくりまわしてやんぜー
23:53 (beemoon) ではセシリアのターン!
23:53 (beemoon) 夫その前に、運動判定を×2だ
23:53 (B11_Cecilia) 変わらず椅子に「神鳴」ですわー
23:54 (B11_Cecilia) そして運動判定なう
23:54 (beemoon) はいなー
23:54 (B11_Cecilia) 2D6+8
23:54 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+8 = [4,4]+8 = 16
23:54 (B11_Cecilia) 2D6+8
23:54 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+8 = [6,1]+8 = 15
23:54 (beemoon) ぐぬぬぬ、貧乳め
23:54 (B11_Cecilia) 貧乳はステータスだw
23:54 (beemoon) とっかかりがない!
23:54 (beemoon) では椅子の攻撃ィ!
23:54 (B11_Cecilia) (;ω;)
23:54 (beemoon) 2d6+4  《異形の託卵》+《したたる毒液》
23:54 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+4 = [1,3]+4 = 8
23:54 (beemoon) 今度はミルクをプレゼントだ
23:54 (beemoon) って低いな……
23:55 (B11_Cecilia) 「アヴォイド」で無効化です・・・w
23:55 (beemoon) ぎゃー!?
23:55 (beemoon) こんなことがあっていいのか……仕方ない、こーい!
23:55 (B11_Cecilia) またも「ファイナルストライク」!
23:55 (B11_Cecilia) 6D6+21
23:55 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 6D6+21 = [3,3,3,6,2,3]+21 = 41
23:56 (beemoon) まだまだァ!
23:56 (beemoon) では今度の責めは……
23:56 (beemoon) 2d4
23:56 (kuda-dice) beemoon -> 2D4 = [4,4] = 8
23:56 (beemoon) 淫語スピーカー×2!
23:56 (B11_Cecilia) (アカン
23:56 (beemoon) 知力判定を2回どうぞ!
23:57 (B11_Cecilia) 各知力判定に「ポテンシャル」でCP2点の背ますわー
23:57 (beemoon) 両耳から自分のアヘ声で犯されるといい!
23:57 (B11_Cecilia) 4D6+1
23:57 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 4D6+1 = [4,3,3,4]+1 = 15
23:57 (B11_Cecilia) 4D6+1
23:57 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 4D6+1 = [5,1,2,5]+1 = 14
23:57 (beemoon) た、耐えよった・・・
23:57 (beemoon) では再び攻撃……!
23:57 (B11_Cecilia) しかしそろそろCPが尽きる! 「神鳴」ですわー!
23:58 (beemoon) あいよー!!
23:58 (beemoon) 2d6+4  《異形の託卵》+《したたる毒液》
23:58 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+4 = [1,3]+4 = 8
23:58 (beemoon) おおおい!
23:58 (B11_Cecilia) アヴォイドー!
23:58 (beemoon) ダイスが貧乳に媚びてやがる……!
23:58 (beemoon) では攻撃かもん・・・!
23:58 (B11_Cecilia) ふふり、そして神鳴をくらえー!
23:58 (B11_Cecilia) 1D6+21
23:58 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 1D6+21 = [2]+21 = 23
23:59 (beemoon) 固定値でけえ……
23:59 (beemoon) が、さすがにその程度ならだいたい防御
23:59 (B11_Cecilia) デスヨネー
23:59 (beemoon) ・・) 調教椅子を食らえ!
23:59 (beemoon) 2d4
23:59 (kuda-dice) beemoon -> 2D4 = [2,4] = 6
23:59 (beemoon) アナル+スピーカー
23:59 (B11_Cecilia) その組み合わせやめようぜw
23:59 (beemoon) 触手が全然動かない
23:59 (beemoon) 体力と知力で!
00:00 (B11_Cecilia) ポテンシャル1点ずつで
00:00 (beemoon) この椅子、弱点を分かってやがる……
00:00 (B11_Cecilia) 3D6+1
00:00 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 3D6+1 = [4,1,1]+1 = 7
00:00 (B11_Cecilia) 3D6+1
00:00 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 3D6+1 = [4,6,4]+1 = 15
00:00 (beemoon) 1回は成功か……!
00:00 (B11_Cecilia) スピーカー回避ですな
00:00 (beemoon) ではセシリアの行動!
00:00 (B11_Cecilia) 変わらず「神鳴」で! このターンは生き延びてやる!w
00:01 (beemoon) では攻撃……! 今度こそ!
00:01 (beemoon) 2d6+4  《異形の託卵》+《したたる毒液》
00:01 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+4 = [2,2]+4 = 8
00:01 (beemoon) うおおおお
00:01 (B11_Cecilia) アヴォイドw
00:01 (beemoon) (ダイス叩き付ける
00:01 (B11_Cecilia) やーいw
00:01 (beemoon) ではぐるっと回って……
00:01 (beemoon) 2d4
00:01 (kuda-dice) beemoon -> 2D4 = [2,3] = 5
00:01 (beemoon) アナルバイブとニプルか……
00:01 (B11_Cecilia) あ、いや、アナルバイブの攻撃があるで?
00:01 (beemoon) あ、そだ
00:01 (beemoon) 2d6+8
00:01 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+8 = [3,2]+8 = 13
00:01 (B11_Cecilia) ついでにセッシーの攻撃もあるで?w
00:02 (beemoon) んじゃこんだけ。
00:02 (B11_Cecilia) 受動使えないのでそのまま受け
00:02 (beemoon) んで、神鳴かもん!
00:02 (B11_Cecilia) んじゃ、ラストだ! ファイナルストライク込みでいくでー!
00:02 (B11_Cecilia) 6D6+21
00:02 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 6D6+21 = [1,4,1,3,4,4]+21 = 38
00:02 (B11_Cecilia) 低めである・・・
00:02 (beemoon) そこそこ……かな。
00:03 (beemoon) んでは体力と運動判定をどうぞー!
00:03 (B11_Cecilia) 2D6+1
00:03 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+1 = [2,2]+1 = 5
00:03 (B11_Cecilia) 2D6+8
00:03 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 2D6+8 = [6,6]+8 = 20
00:03 (beemoon) 貧乳つええ……
00:03 (B11_Cecilia) 出目が逆なら・・・w
00:03 (beemoon) ではセシリアのターン!
00:03 (B11_Cecilia) 「神鳴」でー
00:04 (beemoon) はいな。ではアナルバイブー
00:04 (beemoon) 2d6+8
00:04 (kuda-dice) beemoon -> 2D6+8 = [3,6]+8 = 17
00:04 (B11_Cecilia) 倒れますー
00:04 (beemoon) んでは致命傷表をどうぞ!
00:04 (B11_Cecilia) 1D6+2
00:04 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 1D6+2 = [5]+2 = 7
00:04 (B11_Cecilia) 終了ー
00:04 (beemoon) 強烈な衝撃を受けて全身を震わせ、倒れ伏し意識を失う。行動不能になる。
00:04 (beemoon) ふー
00:05 (B11_Cecilia) GM出目腐りもあるけど、これで何とか戦力入りやなw
00:05 (beemoon) 【崎波】「……おお、良い具合に仕上がってるな、セシリア」その日の放課後、崎波が「開かずの間」にやってきた頃には……セシリアは、数百の絶頂を迎えて全身をガクガクと震わせていた。
00:08 (B11_Cecilia) 【セシリア】「あ、あ、あ、あああああああッ!?」 崎波が訪れると同時に、新たな絶頂に身体を震わせる。そして崎波がセシリアに近づくまでの僅かな間にも数度の絶頂を迎える。今のセシリアにとっては、誰かが身体に触れるだけでも絶頂の切欠となってしまうほどの快楽が与えられてしまうだろう。それを察し、崎波はセシリアの顎へ指を這わせる。予想通り、銀髪の少女は全身を快楽に震わせた。
00:09 (beemoon) ――そうして、セシリアは開かずの間の闇に消えた。彼女が再び水仙寮に姿を現すのは、それから一週間も後のことである。
00:09 (beemoon)  
00:09 (beemoon)  
00:09 (beemoon) [][][] 洗脳学園物語「告白の時間」
00:09 (beemoon)  
00:09 (beemoon) おしまいっ!!
00:09 (beemoon) お疲れさまでしたー
00:09 (B11_Cecilia) お疲れ様でしたー
00:09 (beemoon) えろかったわ……
00:09 (B11_Cecilia) えろかったのだわ・・・(つやつや
00:10 (beemoon) 経験値:24+CP
00:10 (beemoon) その他:ミアスマ8点、悪評+【浸食度】、好きなNPCへの人脈
00:10 (beemoon) どぞどぞ!
00:10 (B11_Cecilia) ういおー
00:11 (B11_Cecilia) ふふり、次は着物着てプレイしたいのぅ・・・w
00:11 (beemoon) んでは最後に悪評を加算してから、洗脳生活表かな
00:12 (B11_Cecilia) はいはーい、悪評は34になりましたー
00:13 (B11_Cecilia) 1D6+3
00:13 (kuda-dice) B11_Cecilia -> 1D6+3 = [5]+3 = 8
00:13 (B11_Cecilia) 『男子と話すときは股間をさすりながら』『話した男子はエッチに誘うのが礼儀』その後実際にエッチするかはその人次第。CP/SP+3。悪評+7
00:13 (beemoon) ほほう……
00:13 (beemoon) ちなみにスマホで+1してもええですよ
00:13 (B11_Cecilia) いや、このままでいいのよ?w
00:14 (beemoon) すっかり肉便器が板についてしまって・・・(ほろり