【GM】
ここは激戦区と言われた場所。 武装した軍人たちが銃を握り戦いを続ける場所。 故郷のために何かのために …軍人たちは戦っていた。 しかし…それもすでに限界だった。 鷲宮あかねの部隊はすでに疲憊しており、物資もなく、窮地に追い詰められていた。 結果…相手に攻めこまれ一気に崩された。 君は女だから生かされたのだろう他の者達は全ていなくなっていた。
 
ゆっくりと目が覚めてくる。しかし何も見えない。わかるのは椅子に座らされ、目隠し・手足 全てを拘束された状態だ。
人の気配はわかる…4人ほどいるだろう。 君が目を覚めるのをじっと見ているようだ。 


【鷲宮あかね】
「……ん、ここは……?」
口は塞がれてないようだ。とはいえ意図的に発した言葉ではなく、独り言のように呟いただけだ。▽

【リーダー】
「よう、目を覚ましたようだなぁ?」
そういうと、足音を立てながら歩いてくる。足音からいって…かなり体格のでかい男だろう。ずしずしと歩いてくる。「覚えてねえか?まあ、女じゃショックで気絶しまうだろうしなあ?」リーダー格の男は、あかねの顎に指を当て、あげさせる。目隠ししているが感覚でわかるだろう。顔を見られていると。 ▽

【鷲宮あかね】
「あなたは誰?」
目隠しをされては何も見えない。手足を動かし、拘束されているのを確認すると、悔しそうに尋ねるだけ。▽

【リーダー】
「誰?誰ねえ?お前の部隊を全滅させた俺の声すらわっかんねえのかぁ?あっはっは!!こりゃ傑作だ!!奇襲されて速攻で囚われて為す術もなく捕まっちまったもんなぁ?」
男は愉快そうに笑いながら、あかねの頬に冷たい金属を突きつける。しかし、どこか少し熱い。頬にそれを当ててから頬から首筋までゆっくりとなぞって行き…女を象徴させるあかねの胸にぐりっとそれを押し付ける。徐々に理解するだろうそれは……拳銃だ。 ▽

【鷲宮あかね】
「くっ……」
拳銃を密着させられると、黙る。外すことも無く、避けることもできない銃弾は、放たれればあかねの命を奪うだろう。だが、止める術はなく、見ず知らずの男に生殺与奪権を奪われたまま、何もできないでいる。▽

【リーダー】
「わかるだろう?無駄な抵抗するとどうなるか。」
そういうと、そのまま胸を撫でてからお腹へと移動し撫でていき…あかねの下腹部、そして秘所へと押し付ける。ぐりぐりっとわざと押し付けるようにしながら…冷たい鉄からやけどするほどではないがそれでも少し熱いと感じるだろうそれを押し付け…あかねの秘所へ刺激していく。 ▽

【鷲宮あかね】
「い、いや、やめて……」
小さな声で呟くことしかできず、いやでも秘所を意識してしまう。じゅんっと下着を湿らせてしまう。▽

【リーダー】
「おぉいおい、負け犬にそんな権限あると思ってんのかぁ?」
そういうと、あかねの秘所に向けて何度もぐりぐりと押し付けていく。「お前は負けたんだ、負けた人間がどうなるか…わかってんだろぉ?」そういいながらあかねの頬を舐め、首筋を舐める。視覚が塞がれわからないだろうがその生暖かく気持ちの悪いその感触で理解はできるだろう。 ▽

【鷲宮あかね】
「や、やぁ……やめ、あぁ……」
これからこの男に犯されてしまう。その事が分かっていながら、逃げることも助けを呼ぶこともできず、身体が硬直してしまう。だというのに、下の口だけはとろりと涎を溢れさせている。▽

【リーダー】
「んん?おいおい」
そういいながら銃を持ち上げると。「なんだあ!マンコ濡らしてるじゃねえか!!これから犯されることを悦んじまってるんだなあ!!はっはっは!」リーダーがあかねの秘所が濡れていることに気付きそれを指摘すると周りの人間も笑い始める。「んじゃあ、ちょいと遊んでやろうぜえ!」そういうと、リーダーは今度はナイフを取り出し、あかねの服を真ん中から裂いていく。少しずつ切れていき…刃が時折胸にピトリと当てる。切ったりするわけじゃない…ナイフできっていると感触を味合わせるように押し付けてくる感覚であかねに恐怖を植え付ける。 ▽

【鷲宮あかね】
「や、やだぁ……やめて……」
服を切り裂かれていくと、羞恥か興奮か、ピンク色に染まる肌が露わになってしまう。切れ味のいい刃物が身体に触れる度、恐怖で心臓が高鳴ってしまう。▽

【リーダー】
「んじゃ、たっぷり晒してやるよ!」
裂いた服 分かれた部分を掴めばそのまま引きちぎる。あかねの胸が完全に晒される「おいみろよ!既に発情してるぜ!所詮は雌ってわけだ!」そう言いながら全員でその光景を見る。

【男1】
「んじゃあ、まずは俺達が味見していいんだろ?させてくれよ!」

【男2】
「溜まっててしょうがねえんだよ!!」

【男3】
「俺はまんこだまんこをくれよなぁ!」
そういうと部下の男たちがあかねに群がっていく。露わになった2つの乳房に吸い付き、乳首に舌を這わせ、左右から舐めてくる。3人目はあかねの股に頭を突っ込み、服越しに濡れている秘所に吸いつていくる。 ▽


【鷲宮あかね】
「い、いやぁ、だめぇ……あ、や、んんっ!!」
男達が性器に触れると、否応なく身じろぎしてしまう。だが、それも手枷足枷で叶わない。男達の性欲を解消するための道具と成りはててしまう。敏感な乳首や秘所を舐められる度、甘い嬌声が口から漏れてしまう。▽

【リーダー】
「お前らぁ!今日は俺達の勝利だからなぁ?溜まった分はそいつでしっかり吐き出しな!」
男たち画素の言葉を聞けばおおお!っと喜びの声を上げる

【男1】
「おい、座らせたままじゃやりにきいからアレ使えよ」

【男2】
「おっしじゃあ任せな。」
そういうとあかねの足の枷だけを説いたと思えば唐突に腰を持ち上げられる。そして足を広げさせられながら再び荒縄で縛られば。腰をあげられM字開脚のまま固定させられる。

【男3】
「ひひ、マンコも濡れまくりだしよ。先に俺が使っちまうぜ?」

【男2】
「いいぜ、使いな。具合によっちゃあ今後こいつは肉便器なんだからよぉ、壊すなよ?」
にたぁっと笑いながら男はいうと・・・男3はあかねの秘所を丸出しにするように最後の布を全て破り捨てる。ナイフではなく今度は手で引きちぎり、なくなっていく様が耳で理解できるだろう。

【男3】
「んじゃいただきまぁす!」
丸出しのあかねの秘所に強引に肉棒を挿入していく。一気に子宮までねじ込ませあかねの身体を思い切り上下に突き上げる。 ▽

【鷲宮あかね】
「そんな……あ、やっ、いや、見ないで……や、やえぇ…あぁぁっ!!」
身体の自由を奪われたまま、全裸に近い格好にされ、相手の顔もわからないまま、犯される。そんな状況なのに、そんな状況だからか、精を求めるがごとく、男の肉棒を膣できつくきつく締め付けてしまう。▽

【男3】
「おっほぉ!いい具合だぜこの雌はよお!」
パンパンっと肉と肉が当たり合う音。そしてぐちゅぐちゅとかき混ぜられる膣内。卑猥な水音があかねの耳の中に入り込むが…

【男1】
「んじゃあ、俺はこっちな!」
そういうと、あかねの首を後ろに下げればそのまま喘ぐあかねの口に肉棒が突っ込まれる。そのままピストンされていき、舌や口の中に雄の味と匂いを感じるだろう。そしてもう一人の男が乳首をちゅうちゅううっと吸い上げていき、もう片手でもう片方の乳房と乳首を揉みながらつまみ上げ刺激していく。 ▽

【鷲宮あかね】
「あぁぁんんっ、やだあ、あ、や、んんっっ!!」
きつい姿勢で上下に串刺しにされる。口に入り込んだ肉棒を押し出そうと舌を使うが、かえってそれが男を悦ばす刺激になってしまう。膣も口も乳首も犯され、押しつけられた快楽によって早々に絶頂してしまいそうになる。▽

【男3】
「うへえ、いい具合すぎてやべえなあ!ほれここもビンビンだぜ?」
そう言いながらあかねのクリトリスを指先で転がしてからきゅうっと摘んでから再びピストンしていく。

【男1】
「ああ、この口の具合もいいな?こいつ部下の肉便器だったんじゃねえの?」
口の中に入れた肉棒はぐちゅぐちゅっと唾液と先走りが混ざり合いそれがどんどんと喉奥に押し込まれ飲み込まされていく。

【男3】
「さいっこうだぜえ?胸も俺の好みだしよお!」
乳首を甘噛みしながら、もう片方はきゅうっと強く摘み…口 秘所 胸 全てを道具のように扱われ犯され快感を与えていく。▽

【鷲宮あかね】
「んんっ、ん、んんっっ!!」
好き放題言われ、好き放題やらされながらも、結局は何もできず、男達の玩具となっている。だと言うのに身体は興奮し、愛液を溢れさせ、乳首と秘豆を勃起させ、男達を悦ばせるかのようにしていた。▽

【男1】
「やべえ、俺もう我慢できねえ出してやろうぜ」

【男2】
「なんでえ、もうかよ?早くねえ?」

【男3】
「ちっ俺もだよ!!こいつにたっぷり全部出してやろうぜ!」
そういうと男2は離れていき…そして今から中出しされるのを映像に残そうとしている。そして、口 秘所に入り込んだ肉棒はむくむくと膨れ上がりそして大量の精液が吐出されていく。 子宮の中に 喉奥に 大量の精液が入り込んでいく。 ▽

【鷲宮あかね】
「んんっっっ!!」
中だしされるのを察知して、イヤイヤと身体を動かす。だが、それは全くと言っていいほど抵抗になっておらず、そのまま咥内と秘所で精を受け止めることとなった。身体に熱いものが注ぎ込まれ、犯されたという実感が強くわき、悔し涙を流す。▽

【男3】
「へへ、いいぜこりゃいいマンコだぜえ」

【男1】
「いやいや、こっちの口も最高だぜ?たまんねえ。」

【男2】
「んじゃあ俺もフェラしてもらおうかねえ。リーダーは当然しただろ?」

【リーダー】
「ああ、そろそろいい具合だろうしなぁ?」
そういいながら秘所 口に入れられた肉棒がゆっくりと離れていく。そして、次の肉棒がやってくる。口に飲み込ませる前に勃起したその肉棒を頬に当て擦り付けてくる。既に先走りでぬるぬるした男2の肉棒。雄の匂いと熱が頬を伝ってやってくる。 そして…ぴとりとリーダー格の男の肉棒があたる。他の男たちとは違う硬く。熱い。割れ目に何度もなぞって行き、クリトリスを先端で転がし…二人の男はあかねを焦らしていく。 嫌なら抵抗しろと それとも欲しければ口で懇願しろとでもいうかのように。 ▽

【鷲宮あかね】
「うっ……あっ……」
顔の見えない男の肉棒が頬を叩く。それが溜まらなく屈辱的で、でも従うしか無くて、黙って男の肉棒を咥えると、舌で竿を舐めていく。足も閉じることなく開いたままで、秘所も露わとなっている。▽

【男2】
「お、こいつ自分から咥えましたぜ?やっぱ肉便器なんだねえ。男を悦ばせるのがわかってるってこたぁそういうことだよなぁ?」
そういうと男2はそのままあかねの喉奥に肉棒を突き上げる。そのまま何度も突き上げ口内を犯していく。

【リーダー】
「のようだなあ?んじゃ、媚びる雌は命だけは生かしてやるよ。ただし、これからお前は俺たちの肉便器だがなぁ!!」
リーダーがあかねにそう運命づけた瞬間…一気に子宮深く肉棒が挿入される。先程よりもとても大きく。秘所を思い切り押し広げられ、子宮を強く突き上げ。強烈な快感を与えていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「んん、んんっ!!」
肉便器だと言われ、扱われ、それでも抵抗することできず、その役目しか全うできず。悔しくて涙が出るものの、それすらも男を悦ばす演出に過ぎず。先ほどのとは違う形の肉棒が膣内に入る感触に、まわされていることを実感させられてしまう。▽

【リーダー】
「ほお?確かにいい具合だな。これなら壊れる勢いでやってもいいよなぁ?」

【男2】
「んじゃあ合わせますぜリーダー!」
そういうと子宮を突き上げ、引いた瞬間今度は口内で喉奥まで突き上げられる。子宮・喉奥と交互に犯されていき、そして思い切り同時に奥まで突き上げる。 そんなペースで交互に突き上げながらあかねの2つの穴を蹂躙し…男1・3が左右に別れ、乳房を揉みながら乳首をを吸い上げていく。口も胸も秘所も…あかねの雌という部分を全て犯し堪能していく。 ▽

【鷲宮あかね】
「んんんん!!」
四肢の抵抗はできず、口もふさがれ、言われること、されること、全て受け止めるしかない、道具のように扱われる。身体の何もかもが、男を悦ばせる、ただそれだけのために存在しているようで。されるがままに、蹂躙されてしまう。▽

【リーダー】
「お、んじゃそろそろたっぷり出してやろうぜ?」

【男2】
「へへ、もうちょっと楽しむぜ。」

【男1】
「んじゃ俺達も」

【男3】
「だなあ?ひひ!」
リーダーと男2のピストンは一気に荒々しくなり、ほぼ同時に喉奥・子宮を突き上げる。子宮の方は先端が思い切りねじ込まれれば下腹部にその肉棒を強く感じるだろう。そして、乳房と乳首を弄っていた男たちは肉棒を取り出し、あかねの乳房を突き上げていく。熱く硬い肉棒が乳首を乳房を転がして楽しんでいく。 ▽

【鷲宮あかね】
「ううう……」
男達の欲望の慰み者になる身体。乳房や乳首さえも、男達の玩具。嬲られ、蹂躙され、犯されて。ただそれを涙を流し受け入れることしかできず、あかねの身体は男達を悦ばしていく。▽

【男1】
「やべ、俺もうでますわ!」

【男2】
「俺も!たっぷり飲ませてやるぜ!」

【男3】
「お、俺も!たっぷり胸にかけてやるぜえ!」

【リーダー】
「んじゃ、思い切り出してやるから孕んじまいな!!」
4人の男たちが一気にピストンを早めるとそのまま膣内 口 胸に押し込まれその肉棒が膨れ上がり…大量の精液が吐出されていく。口内にタップリと飲み込まされ、子宮を通って大量に中に入り込んでいき 胸にはたっぷりと精液をかけられていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「けふ……ん、あぁ…いやぁ…」
口からはイヤイヤと言葉が漏れるが、その言葉にも力が無く、簡単に吐息に変わってしまう。男達の精が内側から外側からどちらからも浴びせかけられ、穢された感覚が強く残ってしまう。ぐったりと椅子に身体を委ねてしまう。▽

【リーダー】
「ふう、いい肉便器だったな。」
男たちは肉棒を引き抜き、あかねに残った精液をかけていく。それだけじゃない他の男達も絶頂の余韻だろうか たっぷりとあかねに精液をかけていく。荒々しいピストンにより…あかねの目に巻かれた目隠しが少し取れ…光が目に入る。 ▽

【鷲宮あかね】
「ん…まぶし…」
先ほどまで暗闇にいたのに急に光が差してきて、眩しそうに目をパチパチとする。手が自由なら目を覆ってたかもしれない。ようやく、今日の相手の顔を見ることができた。▽

【GM】
目が見えるようになれば…その顔はいつもいてくれるあの顔。そして…あかねの身体には大量の精液がついていた。

【竜二】
「よう、あかね。どうだい?気分は」
にっと笑いながら、明かしながらもいきなり秘所に肉棒を挿入する。まだ物足りないのかそのままじゅぶぐちゅうっと子宮へと強く突き上げていく。


【鷲宮あかね】
「ん…凄くよかった…」
未だに手枷は取られず、精が掛かった裸身を男達に見せつけ、そんな卑猥な姿を晒したままで答える。蕩けた瞳が、男達を見渡す。▽

【男1】
「いやあ、久々にレイプショーができるッて聞いたからなぁ」

【男2】
「そりゃ、あかねさんって聞いたら行きますさぁ」

【男3】
「ほんとほんと。いい具合でもうちょっとしたいくらいだぜ。」
各々感想を言い始める

【竜二】
「簡単にはさせねえぜ?こいつは俺のお気に入りだからな」
にっと笑ってから、ひときわ強く突き上げ、あかねの子宮に強い刺激を与えピストンしていく。▽

【鷲宮あかね】
「こういうのも、たまには、ね」
蕩けた表情のまま、男達を誘うように笑みを浮かばせながら言葉を紡ぐ。膣を叩く肉棒に、抵抗せずに身体を任せて、疲れるたびにきゅっと締め付けてしまう。▽

【竜二】
「へへ、次はまたあかねと二人っきりでレイプさせてもらうぜ?」
そう言いながらあかねの腰を強く掴みながらピストンを早め、そして子宮に強く突き上げてから大量の精液を再び吐き出していく。

【男1】
「そりゃないぜ竜二さん」

【男2】
「俺らもしたいぜぇ?」
あかねの笑みを見ながらまた肉棒を大きく震わせ勃たせる。 ▽

【鷲宮あかね】
「ふふ、そうね。また気が向いたら、かな? んんっ」
最近は竜二との回数が多いが、他の人としていないわけではない。可能性を臭わせながら、笑顔で答える。そうしている合間にも、竜二の精が中を穢していく。▽

【竜二】
「おう、常連客はしっかりとな。」
どくんどくんっと脈打つ肉棒。あかねの中にたっぷりと精液を吐き出し終えてから。「もうちょい付き合ってもらうぜ?」にやっと笑ってから周りの男達にも目配せをする。 大きく震わせ勃たせている肉棒があかねの周りにやってくる。 ▽

【鷲宮あかね】
「ん…何をすればいいの?」
ガチガチになった肉棒を目の前にしながら、求められている事を尋ねる。▽

【竜二】
「さっきと同じさ。全員でまたあかねをレイプするってところで」
中にたっぷりと出してもなお硬い竜二の肉棒は再びピストンを始める。子宮を突き上げ、中に出した精液をしっかりと奥に押し込むように。そして、手のひらに肉棒を握らされ、そして喉に再び入り込んでいく肉棒。今度は手を犯し そして口・子宮を蹂躙するように強く突き上げピストンしていく。 ▽

【鷲宮あかね】
「ん、わかっ……んんっ!」
意思表示するまもなく、肉棒を口に咥えさせられる。両手は枷で囚われているのに、それでも竿を握らされ、男達の欲望を満たしていく。そして全ての肉棒をやさしく、きつく締め付けて心地よい刺激を与えていく。▽

【GM】
こうして あかねのレイプは終わらない。むしろその延長戦が始まる。 そしてどんどんそれが終わる頃、あかねの身体にはたっぷりと精液がこびりついた姿となっているのであった
 
 
ヒロインクライシスアルカディアCC 捕虜の扱い