【陽楽】 のーっ、じゃっじゃっ!
【GM】 元気なのじゃろりだ!ではでは、自己紹介からおねがいします!
【陽楽】  
【陽楽】「うむ!わらわが華・陽楽(か・ようらく)じゃ!ふふふ、わらわは龍華帝国西端の国の、姫なのじゃぞ?じゃぞじゃぞ?」
【陽楽】「じゃが、今はねーさまの旅に付き合って旅行中なのでただの一般狐なのじゃ!安心して抱っこしたり頭撫でたりしてよいのじゃぞ!どんどんするのじゃ!」
【陽楽】「得意なことか?それは料理と昼寝じゃ!好きなのはお風呂じゃー!川で水浴びも好きじゃぞ!なんじゃ?一緒にしたいか?よいぞ!一緒にするのじゃー!」
【陽楽】 そんな感じの明るい系狐娘!
【陽楽】 ちなみに常時ノーパン!なのにけり技多様です!
【陽楽】  
【陽楽】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A1%DA%A5%E9%A5%F3%A5%C9%A5%EB%A1%DB%B2%DA%A1%A6%CD%DB%B3%DA
【陽楽】 ▽
【GM】 いろいろまるみえになりそうですね♪つれて帰りたくなるような子だ!なので・・・こうしちゃいましょーw
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG ランドリューフ戦記 「【狐姉妹】華・陽楽はじめての×××【1回目】」
【GM】 姉妹狐シリーズ・シナリオ開始です。
【GM】  
【GM】 龍華帝国:西部の街
【GM】  
【GM】 帝国西部のこの街は、大森林を抱えた一大林業の都市であり職人や狩人などが多い。
【GM】 荒っぽい彼らの為の繁華街も随分発展し、夜になると一気に人が溢れる景気の良い場所だ。
【GM】 まるで祭りのように人出があり、乱暴で、破廉恥な人ごみの中…華・陽楽(カ・ヨウラク)は一人でいた。
【GM】 街に最近やってきた青い毛並みの狐姉妹は、村とは違う都会の中、はぐれていた…主に、陽楽の好奇心によって。
【GM】 ▽
【陽楽】「うぅ……ねーさま、何処なのじゃぁ……」
【陽楽】 傍目にしょげている事がわかりやすいしっぽの垂らし方をして歩く青狐。首に巻いた人間族の町では『肉奴隷』の証である首輪をいじりつつ、とことこと見覚えありそうな道を探してうろうろしている。
【陽楽】 ▽
【GM】 さてさて、そんなはぐれ『肉奴隷』の様な陽楽ちゃんに近づく一人の男が居ました。
【GM】 彼は言います「お嬢ちゃんお嬢ちゃん。お菓子は好きかな?」陽楽に甘い焼き菓子1つ差し出す男は続けて言います。
【GM】 「おじさんはこの近くでお店をやってるんだが、お嬢ちゃんにちょっとお手伝いして欲しい事があるんだ。お手伝いしてくれるかい?」
【GM】 にっこりわらう男のお手伝いをすれば、なんと、この甘いお菓子をもっともっとくれるというのです!
【GM】 ▽
【陽楽】「ふお!?いい匂いなのじゃぁ!」
【陽楽】 差し出された甘い匂い。それに耳をぴん!と立たせてしっぽをぶわっ!と膨らませて反応し。
【陽楽】「むむ……ほ、本当なのじゃ?ううむ、今ちょうど、おなかすいてるのじゃ……うむ、ねーさまにもお土産に、その、謝るときようにお土産用意したらいいかもしれないのじゃ……」
【陽楽】 おじさんからもらったお菓子をもらい、もぐもぐと食べつつ……ふおー!と甘い味にしっぽをふりたくり。言い訳のような内容をつぶやいて。
【陽楽】「うむ……!お手伝いするのじゃー!」
【陽楽】 お菓子をたべきってぴょんぴょんとジャンプしてやる気を示す陽楽。ミニスカチャイナでそんな跳ね方をするとめくれあがって幼スジが露出するが、気にする様子はない。
【陽楽】 ▽
【おじさん】「そうかそうか。ソレは助かる・・・しかし、お姉さんがいるのか・・・後で、おじさんも探してあげよう。その時はお姉さんも一緒にお手伝いしてくれると嬉しいねぇ。」ぴょんぴょん跳ねる陽楽のそんな無防備…というより破廉恥な振る舞いにも上機嫌に笑うだけの男は姉の事を陽楽から聞きつつ、お店に向かいます。
【GM】  
【GM】 龍華帝国:怪しい酒場
【GM】  
【GM】 おじさんに案内されたお店は、お酒やいっぱいの男の人の匂いが充満していました。
【GM】 「店主、今日の主役はそのガキか?」「ちっ、もっと胸があればいいのによ」「ま、初物だろうし楽しめるんじゃないか?」
【GM】 入るなりじろじろと無遠慮な視線と言葉がぶつけられますが、店主は陽楽ちゃんに「怖いけど、皆陽楽ちゃんと仲良くしたいだけなんだよ?」と言ってあげます。
【GM】 そうやって安心させてあげたら、あそこでコレに着替えて待っててね?と酒場の奥にある小さな舞台を指差します。
【GM】 手渡された衣装は陽楽ちゃんが着ているモノより少し短いチャイナ服…ではありません!
【GM】 綺麗な模様や刺繍がいっぱいありますが、布地がスケスケで、肌にピッタリ張り付くモノでした!
【GM】 ☆調教刻印<羞恥心欠落:軽度>:CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「胸APに2d6ダメージ」を与える。
【GM】 ▽(調教刻印の処理とRPどうぞ~♪
【陽楽】 うむー。。。CP1なら抵抗しないことにしよう!
【陽楽】 2d6は自分で振るのかのう?
【GM】 らじゃー!では、折角なのでセルフ脱ぎ脱ぎ2d6判定どぞw
【陽楽】 2d6 とう!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 2D6 = [4,6] = 10
【陽楽】 Σぎゃー
【GM】 おっきいw
【陽楽】「む?大丈夫じゃ!わらわ、国元では働くおじさんたちの応援もしてたのじゃ!」
【陽楽】 じろじろと見られながらも、えへん、と胸を張る陽楽。もっともAカップの胸では膨らみもわずかにあるかないか程度しかないが。
【陽楽】「うぐ?台の上で着替えるのかのぅ?そんな事するのは初めてじゃなぁ……」
【陽楽】 首を傾げながら、透けチャイナドレスを受け取りつつ素直にステージへ向かう。その顔に羞恥の色などはなく、ただ『珍しいお手伝いじゃなあー』という表情だけで。
【陽楽】「うんしょー!よいしょ、よいしょ!」
【陽楽】 ちょっと高いステージはそのままでは登れず、ジャンプしてから上半身を乗せ、そのままもぞもぞと這うようにしてステージにあがる。無論、ノーパンでそんな動きをすればステージ前からロリスジをさらしつつ尾を振る姿を見せてしまうが、そこに恥じらいはない。やがて登り切ると、ふー、と額の汗をぬぐい。
【陽楽】「ではお着換えなのじゃー♪ふふふ、わらわはいっつもねーさまに着替えさせてもらっておるが、一人でだってちゃんと着替える事はできるのじゃぞ♪」
【陽楽】 いえぃ!と男たちにピースサインをしてから青いチャイナドレスを遠慮なく脱いでいく。たった1枚の青い質の良いチャイナドレス、それを脱ぐだけであとは首輪とニーハイソックス、そして下腹部に浮かぶ可愛らしくも淫らなハートマーク型の淫呪という姿になって。
【陽楽】「あ、靴下も脱ぐかのう?」
【陽楽】 言いながら透けチャイナドレスをうんしょ、うんしょと着ていき。やがて、襟から首をぽん、と出すと乳首や股間も透けて隠れていないミニチャイナ姿に着替えが完了する。ただ、青色のニーハイソックスだけはそのままだ。
【陽楽】 ▽
【GM】 靴下はそのままでいいよ?とおじさんが笑いながら答えます。
【GM】 そうして着替えを終えた陽楽ちゃんに酒場中の視線は既に釘付け!
【GM】 血走った目で見ている人や、エロ可愛いよ!と手を振るお兄さん。
【GM】 30人近いお客さん皆がステージ近づいて、その身体を見つめます。
【GM】  
【GM】 ソレを見ながら店主さんはこっそり陽楽ちゃんのチャイナ服を回収…
【店主のおじさん】「陽楽ちゃん、まずはそうだね・・・お客さんに身体をもみもみ、なでなでされておいで?」とお手伝いの内容を教えます。
【GM】 奥行きも高さも殆どの無いステージから降り、沢山のお客さんの手にもみくちゃにされにいくのです!
【GM】 ▽(RP後、戦闘開始だよ♪
【陽楽】「ふむぅ?お手伝いとは、そういうことなのじゃ?ううむ、わかったのじゃー!」
【陽楽】 おじさんの言葉に笑顔を見せて、ステージからぴょん♪と飛び降り。目の前にいたおじさんににっこりと笑顔を浮かべて両手を広げ・
【陽楽】「わらわの名前は華・陽楽じゃ!今日はお手伝いにきたのじゃ!存分に、わらわの体をもみもみなでなでするといいのじゃー!」
【陽楽】 いっぱい頭撫でてもらえる!!と思って喜色満面に頭を差し出し、尾をふりたくりながら喜びオーラを周囲に発して。
【陽楽】 ▽
【GM】 では、そんな無邪気な顔で…身体はスケスケチャイナの肉奴隷首輪。珍しい青狐の幼女に男達はぞんぶんに「なでなで」していきます。
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始![酒場の客(ナイト/IV5)]VS[陽楽]
【GM】 今回奇襲はないので、まずはターン更新と、開幕だよ!
【陽楽】 にゃい!
【陽楽】 開幕はもってません!
【GM】 こちらもないので・・・次回から、ターン更新後、こちらの行動で省略するね!
【陽楽】 はぁい!
【陽楽】 あ、そうだ
【陽楽】 さっきのステージでアクト<はいてない>してていいですか!
【GM】 もちろんさー!
【陽楽】 やったぜ!
【GM】 シーンアクトにはえてない だねw
【陽楽】 はいてない、です!はえてない、とは違った!
【GM】 あ、アクトのRPは後でシタイ!ってときはアクト宣言時に教えてくれるとうれしいです!
【陽楽】 はいよー!
【GM】 一文字違いwらじゃー!無毛のロリすじはもう皆みたようだねw
【GM】 ではでは・・・最初のなでなで~♪
【GM】 いくよ音符
【GM】 3d6+7+1 白兵/単体 致命表+1&通れば[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]から1つを付与《直:ガッツ:3》《能:強撃:1》《能補:七色の淫毒:2》 なでなでなで♪
【Dice】 bako_GM -> 3D6+7+1 = [1,3,6]+7+1 = 18
【GM】 ゾロ目なし!18点が通ればBSを選んでくださいなw
【陽楽】 ブロックなのじゃー!
【陽楽】 2+1で3点軽減して15点!腰にもらうー!
【陽楽】 アクトはなーなー・・・
【陽楽】 うーん、まだナシでいいのじゃ!
【陽楽】 BSは催淫で!
【GM】 らじゃーw
【GM】 では、なでなでがなんだかむずむず・・・普段とは違う気持ちよさを引き出された陽楽ちゃんのターンどうぞ!
【陽楽】「んぅ♪みんな撫でてくれるのじゃなぁ~♪」 幼女らしくやわらかい二の腕やイカ腹など、そして太ももやら尻、乳房をだんだん露骨に撫でてくるが『大人の人が笑顔で構ってくれる』という認識のため、特に悪い気はしていない。笑顔のまま、撫でられ続けつつ……下腹部の淫紋が周囲の牡臭に反応してうっすら桃色の輝きを帯びていき……
【陽楽】 へびーあたーっく!
【陽楽】 あ
【白の護符】の数値を能力値に反映してないのじゃ・・・(こそこそと修正したい顔
【GM】 w どうぞじゃw
【陽楽】 やったじぇ!
【陽楽】 1d6+2+6 催淫なのでちょっと威力ひくい!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+2+6 = [4]+2+6 = 12
【GM】 がいーん!沢山のおじさんたち相手に、その威力は半減だ♪
【GM】 -6で6点ダメージ!
【陽楽】 にゃんとー!
【お客さん達】「ほれ、こっちに尻むけろよ。」「ほー、尻尾がいいなぁ、ふかふかだ」「耳、こうなってんのか・・・」「胸はねぇけど、さきっぽなら」「へへ、がきマン、やらけぇなぁ・・・」わいわいがやがや、陽楽の幼い身体に群がりすき放題に触り続けるよ!
【GM】 という感じで・・・ターン更新の攻撃だーーーw
【GM】 3d6+7+1 白兵/単体 致命表+1&通れば[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]から1つを付与《直:ガッツ:3》《能:強撃:1》《能補:七色の淫毒:2》もういっぱーーつ!
【Dice】 bako_GM -> 3D6+7+1 = [5,6,5]+7+1 = 24
【GM】 あw
【陽楽】 ゾロったのじゃ!いたーい!
【陽楽】 BSは尿意をもらうのじゃよ!
【陽楽】 なのでガードできにゃい・・・MPがたりなくなるからね!
【GM】 水着効果でHP直撃だね!
【陽楽】 にゃのでいきなり・・・
【GM】 どうやらマンコいじいじでおしっこの穴が刺激されすぎたようだね♪ アクトはあるかな?
【陽楽】 <はじめてのキス>をちんぽにさせられつつ<喉を灼く淫熱>を飲まされつつ、<純潔の証>を奪われながら<淫肉の真珠>と<過敏な突起>を開発されて<無垢なる純情>をもったまま<強制絶頂>させられたい!
【陽楽】 これでアクト8つになるので
【陽楽】 アクトシーンは戦闘後にやりたいのじゃ!
【GM】 わーーーw
【GM】 ではー 強制絶頂の判定どうぞ!
【陽楽】 2d6+6 とぅ!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 2D6+6 = [3,2]+6 = 11
【陽楽】 だがだめ・・・!
【GM】 初絶頂のダメージは避けれなかったね・・・w
【GM】 そしてお漏らしが無かった!以外!
【GM】 では尿意と催淫状態で・・・反撃どーぞ!
【陽楽】 反撃ー!
【陽楽】 CP11ぶっこんでヘビーアタックなのじゃ!
【GM】 !?!?
【陽楽】 1d6+2+6+11d6 とう!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+2+6+11D6 = [4]+2+6+[4,2,4,2,5,5,3,5,3,6,3] = 54
【陽楽】 がいーん!
【GM】 ぎゃーーす!
【GM】 -6で48点・・・き、きつぅい!が、、、ナイト級の名は伊達じゃない!まだ堕ちぬ!
【GM】 ターン更新で攻撃だぁ
【GM】 3d6+7+1 白兵/単体 致命表+1&通れば[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]から1つを付与[重複選択可能]《直:ガッツ:3》《能:強撃:1》《能補:七色の淫毒:2》
【Dice】 bako_GM -> 3D6+7+1 = [4,5,3]+7+1 = 20
【GM】 ノーゾロ目!
【陽楽】 ふふふ!それで腰AP0になる!がまだHPはあるぞぉー!
【GM】 おのれぇ!反撃こいー!
【陽楽】 1d6+2+6 とぉう!(出がらしぱんち
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+2+6 = [3]+2+6 = 11
【GM】 -6で5点!ふふん!その程度ぉ!
【GM】 そろそろ、堕ちてくれぇ!
【GM】 3d6+7+1 白兵/単体 致命表+1&通れば[催淫][ミルク][尿意][責め具][ふたなり]から1つを付与[重複選択可能]《直:ガッツ:3》《能:強撃:1》《能補:七色の淫毒:2》これでどうだい?
【Dice】 bako_GM -> 3D6+7+1 = [2,6,2]+7+1 = 18
【GM】 あらw
【GM】 2ゾロ!18点だぞー!
【陽楽】 きゃーん!18点はおちるー!
【陽楽】 ので
【陽楽】 リザレクション!なのじゃー!(HPぎゅぎゅん!
【陽楽】 残りHP25!ふっふーん!
【GM】 あ、リザレクションは
【陽楽】 BSは催淫重ねてもらうのじゃよ!
【GM】 致命で1~7ではその後に復活に使えるよ?
【陽楽】 むむむ・・・
【陽楽】 じゃあ先に致命傷ふってみるのじゃ!
【陽楽】 リザレクション1回けしけし!
【GM】 ※8番以降になったキャラは自分の《リザレクション》《ウィッシュ》では復活できない。ダメージが適用される前に割り込んで使うのはOK。
【陽楽】 1d6+1?
【GM】 こうあるからねw
【GM】 堕落ありなので 1d6+1だね!
【陽楽】 1d6+1 とぅ!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+1 = [5]+1 = 6
【陽楽】 6!
【陽楽】 力尽きた全身が瘴気に嬲られ、性感帯を開発される。
【SP】+2され、行動不能になる。
【GM】 SP+2されたけど、リザ可能!
【陽楽】 リザレクションなのじゃー!(ぺかー!
【GM】 はぁいw
【陽楽】 じゃあHP全回復じゃな!ふふふ、わらわつよい!
【GM】 では、エッチに目覚めかけつつ、体力満タンで反撃どうぞーw
【陽楽】 1d6+2+5 とぅとぅ!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+2+5 = [4]+2+5 = 11
【陽楽】 しぬかなぁー?そろそろ倒れるかなぁー?
【GM】 またも5点!
【GM】 男達の2/3が、ダウンした!
【陽楽】 手コキとか覚えてきた!
【GM】 ふふふ、では、そんなようらくちゃんに、ご褒美だ!
【陽楽】 ご褒美!
【GM】 これにたえれるかなぁ?
【GM】 9d6+7+1 白兵/単体/1セッション1回 致命表+1《直:憤怒:0》《能:強撃:1》《補:ツイスター:2》 確実にゾロ目に出来るコンボだ!
【Dice】 bako_GM -> 9D6+7+1 = [5,5,6,3,2,4,6,6,5]+7+1 = 50
【陽楽】 なんじゃ!
【GM】 出目いいなぁ・・w
【陽楽】 Σひぁああああゾロ目じゃぁあああ
【陽楽】 50は一撃死なのじゃよー!?
【GM】 1セッション1回の 大・大・大乱交だ!
【陽楽】 ち、致命傷表じゃな・・・?
【GM】 期待値は30程度なので・・・・運がわるかたtねw
【GM】 1d6+1で致命表どーぞ♪
【陽楽】 1d6+1 とぉう!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6+1 = [2]+1 = 3
【GM】 強烈な打撃に総身が震えて意志が折られる。
【HP】が1以上になるまで[能動][補助]行動を行えない。仲間がいなければ行動不能になる。
【陽楽】 仲間いないのじゃー・・・
【陽楽】 ぜんめちゅ!
【GM】 回復も使い切った・・・残念だったが、ここで陽楽ちゃんダウーン!全滅表1d6どうぞw
【陽楽】 特に施設とかはなし!
【陽楽】 1d6 とりゃ!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 1D6 = [5] = 5
【GM】 ランドルでNOT軍団だからね!
【GM】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【陽楽】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【陽楽】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【陽楽】 ひえええ
【GM】 おっとw
【陽楽】 CP1点とっておくのわすれてたのじゃー!
【陽楽】 2d6+6 とりゃ!
【Dice】 B04_Yo-raku -> 2D6+6 = [2,1]+6 = 9
【GM】 www
【陽楽】 Σあれえー!?
【GM】 なんてこったいw
【GM】 妊娠とトラウマ どっちがいい・・・?
【陽楽】 と、トラウマ!妊娠はまだやめとくのじゃ!
【GM】 はぁいw
【陽楽】 きっと
【陽楽】 極太おちんぽで気絶するまでがんがん犯されるのはトラウマになった!
【GM】 なるほどw
【GM】 ちょーーっと、おちんぽの太さに驚いた幹事で?
【陽楽】 うむ!
【陽楽】 おちんぽ見るの初めてになるからのぅ!
【GM】 ではー、そうだなぁ。。。
【GM】 はじめて見る大人のチンポのグロさ、大きさにおびえて、泣き出すのを・・・3時間クンニですっかりとろけさせて解消!
【GM】 とかどう?w
【陽楽】 いいと思うのじゃ!
【GM】 できれば、処女は笑顔で・・・がいいんでしょ?w
【陽楽】 クンニしつつぺろぺろフェラで少しずつおちんぽに慣れてく!
【GM】 デハ、そのルートで進めたいとおもいます!・・・トラウマ解除のSP+2で、先にリザルトだそうかw
【陽楽】 ふぃ!
【GM】 総獲得CPSP報告願う!
【陽楽】 CP16 SP17!
【GM】 らじゃじゃ!
【GM】  
【GM】 PCリザルト:陽楽
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:0(0) + CP:16 + 装備効果 0=36
【GM】 [ミアスマ]基礎:8 + SP上昇分:8.5 = 16.5 [SP] 17 [名声] 0 [BS] トラウマ(解除SP+2)
【GM】 [魔物刻印] 酒場の客(人属性) [人脈/任意] なし
【GM】  
【GM】 こうだーー!
【陽楽】 わぁいー!
【GM】 では、エロール開始だ!
【GM】  
【GM】 全身隈なく「なでなで」された陽楽ちゃん。
【GM】 お腹の奥があつくなり、もじもじおしっこを我慢するような感覚が沸き上がる頃。
【店主のおじさん】「おや?そろそろ良い具合かな?次のお手伝いは・・・男の人のおちんぽを鎮めてあげる事だよ?できるかい?」次のお手伝いを教えます。
【GM】 店主に金を握らせた男が、へへへっっとにやけた笑みを浮かべると、ぽろん!っと陽楽ちゃん野目の前で行き成りそのそそり立つ肉棒を曝け出します。
【GM】 何日も洗っていないような異臭が鼻を突き、さらには赤黒く、ビクビク脈打つ極太のグロテスクなモノ。
【GM】 まるで、醜悪な蛇の化け物のようなソレを、ぺたぺた陽楽ちゃんの顔におしつけてきたのです!
【GM】 ▽
【陽楽】「ふぁぅ……な、なんだか体があったかくなってるのじゃぁ……」
【陽楽】 頭や背中、腕や足だけでなく露骨に尻や股間、胸なども撫でられると初潮も経験していない体だというのに淫気封魂によりしっかりと成熟している膣穴と子宮はオスを求めて震えはじめて。男たちにもみくちゃにされて抵抗しないままぼーっとしていると……
【陽楽】「ふ、ふぇっ!?な、なんじゃこれっっ!?わ、わわわっっ、く、くろくておっきいのじゃっ!?な、なんじゃ、わらわにもねーさまにも、こんなものないのじゃぞっ!?」
【陽楽】 目の前の男がぽろん、と取り出して見せつける巨根。立派な、いや立派すぎる一物を眼前にして、その強い匂いと頬を熱い肉棒でたたかれた事で耳をぴん!!と立てつつびっくりした顔をして。
【陽楽】「よ、よぅわからんが、こ、怖いのじゃ……ううう……ふぇぇぇ……」
【陽楽】 理屈はわからないが、『女』としての本能が処女を失う危険性に目覚めたのか。目の前のペニスに対して恐怖を覚え、ぼろぼろと玉のような涙をこぼしてぐずりはじめてしまう。
【陽楽】 ▽
【GM】 突如泣き出した陽楽ちゃんの様子に、店主を含めて周囲の男達はおや?っと首を傾げます…何せ首に巻かれた「肉奴隷」の首輪から、てっきり仕込まれているモノとおもっていたのだから。
【GM】 だけれどおちんぽを突き出した男は「ぁあん?!こっちは金払ってんだ!いいからしゃぶれガキ!おらっ!」と乱暴にその肉棒の先っぽに先走りを滲ませ、陽楽ちゃんの唇に押し付けます。
【GM】 最低なおちんぽとの初キッスは、怖がる幼女にさらに恐怖を刻み・・・トラウマになりそうな状態まで追い詰める事でしょう。
【GM】 ▽
【陽楽】「ひ、ひぅっっ!?しゃ、しゃぶるって、な、何なのじゃ……?わらわ、ここでお手伝いって、撫でられるだけじゃなかったのじゃ……?」
【陽楽】 びくびくしながら上目遣いに周囲の男たちを見ながら、おずおずと尋ねる。いまだかつて、このような狂乱の熱に犯された男たちを見たことがなかったため、どうすればいいのかわからない、という様子で。
【陽楽】「んぅ、んぷっっ!?」
【陽楽】 そんな状態で口にペニスを突っ込まれても、何もできずに小さな唇で亀頭を銜えるだけになる。明らかに、性技なんて持っていない様子だ。――もしここで、だれか男が陽楽の膣口をくぱぁと割広げれば天然処女であることが理解されるだろうが……
【陽楽】 ▽
【GM】 店主はわけがわからなかったが、乱暴に犯されようとする陽楽の様子を見てこのままじゃいけないな。と思い、仲裁に入る。
【GM】 ひとまず男に離れてもらい、陽楽ちゃんを抱き上げると、よしよしなでながらステージの縁に座らせる。
【GM】 そうやって目の高さをそろえた店主は「ちょっと確認させてもらうよ?大丈夫、いたいことはしないからね?」とあやした陽楽ちゃんの脚を開き、その無毛のタテスジを指で開く。
【GM】 ………そこには、純潔の証がしっかりとあり、先ほどまでの様子にも合点がいった。
【GM】 「どうやら、仕込まれる前・・・だったようだねぇ、仕方ない。ココで仕込んでしまおう。」と呟くと。
【GM】 陽楽ちゃんにわかりやすく教えてあげます。男の人の股のアレ、おちんちんは女の子にさわってもらったり、なめてもらったりすると、とても気持ち良い事。そして、一番いいのは、おまたに入れてあげること・・・だと。
【GM】 だけど、陽楽ちゃんはまだまだその準備が出来ていないようだから、おじさんたちがおまたを準備万端にしてあげるよ。といいました。
【GM】 その間、陽楽ちゃんには手やお口で、おちんちんに慣れていってほしいとも・・・
【GM】 ▽
【陽楽】「んっく、ひっく……うう、な、何じゃ……?い、痛かったり、怖くないならいいのじゃ……」
【陽楽】 ステージの淵に座らされ、股を開き。その膣口を店主にくぱぁ、と広げられるとピンク色の男の手が一度も触れられた事がないであろう処女地がさらされる。痛みもないため陽楽はそこを見られても特に反応はしないが、さっきまでの発情のせいで奥から甘い『メス』の匂いが漂い始めているのを店主には気づかれてしまうだろう。
【陽楽】 そしてその穴は、しっかりと仕込めば極上穴になることも理解できるかもしれない。そんな穴を一度閉じられてから、30人からなる客の前でゆがんだ性教育が始められていく。
【陽楽】「ふえ……?ふむ、ふむふむ……なるほど、なのじゃ……わらわが頭とか撫でてもらったらうれしいみたいに、男の人は、おちんちんをなでなでされたりぺろぺろされると嬉しいのじゃな?」
【陽楽】「じゃから、わらわがおちんちんをぺろぺろ舐めてあげると、お客さんたちは喜んでくれるのじゃな……むむむ、そういうお手伝いは経験ないのじゃが、わかったのじゃ。わらわ、がんばっておちんちんぺろぺろして……え?あ、ふぇらちお、っていうのじゃな?うむ、わらわ、ふぇらちお頑張るのじゃ!」
【陽楽】「その間に、わらわのおまんこを、ほぐしてくれるのじゃな……ううむ、ありがとうなのじゃ!あ、でもお尻の穴は触ったらダメじゃよ?うんちするときも、おしりから出るときに頭がかーって熱くなってしまうので、最近はねーさまにおトイレ手伝ってもらってるのじゃっ。ねーさまにお尻なでなでほじほじってされるとなんだか鳴いちゃうので、あんまり触らないのでほしいのじゃよっ」
【陽楽】 などなど、男たちに丁寧に教えられる言葉を理解しながら、アナルが開発済みであることを自分から暴露し。そのままおちんちんに慣れるためのお仕事、を始めることを了解するのだった。
【陽楽】 ▽
【GM】 なんだ、そっちの開発をしてたのか・・・っと一様に納得の言った顔の男達。と同時に、比較的怖くない・・・ちいさな肉棒の持ち主が早速ステージに上がり座る陽楽の横で肉棒を曝け出す。
【GM】 皮被りで、大きさはせいぜい太目のソーセージほど、そんな肉棒がぷるんっと陽楽の顔の横に飛び出てくる。
【GM】 ソレと同時に、ステージの縁に座った陽楽ちゃんのおまたに、男の人が吸い付きました。
【GM】 店主が「一人五分ずつだからな!」と声を上げると、お客達も動きます。
【GM】 じゅるじゅる、ちゅっちゅっ、むにゅむにゅ、はむはむっ、ずちゅうぅう♪
【GM】 無毛のむにむにまんこを、はしたない音を立てて吸い、嬲り、頬ずりします。
【GM】 ▽
【陽楽】「???どうしたのじゃー?」
【陽楽】 男たちのなんだか納得した、という様子の表情に首をかしげつつ……まず、最初の男がステージに上がる。そして目の前でペニスをさらすと、先ほどのような巨大さのない、若干ピンク色の使い込まれていない包茎ペニスが現れる。
【陽楽】「ほあー。このおちんちんは可愛いのじゃあ……さっきの人とはだいぶん形が違うのじゃなぁ?わらわとねーさまがおっぱいの大きさ全然違うようなものなのかの?」
【陽楽】 すんすん、と鼻を近づけ臭いをかぐ。さっきよりペニスの匂いは弱く、特に刺激的には感じない。であれば……と。
【陽楽】「じゃあ、ふぇらちおするのじゃ!んー、やり方教えてほしいのじゃよ?あむっ♪」
【陽楽】 にっこり笑顔で宣言し、躊躇なくペニスをぱくりと口に含む。そして、さっき言われた通りにペニスをぺろぺろと舐めていくが、子供が口内の飴玉をなめまわすような舐め方だ。ペニス全体に刺激を与えていくが、性的な刺激とは少し違うかもしれない。男がロリコンであるなら、未経験幼女の口内という経験に興奮するかもしれない、という程度だ。
【陽楽】 そのままペニスをちゅぱちゅぱと舐めしゃぶりつつ……もう1人の男が股間に顔を突きいれる。そしてロリスジをぺろりと舐められたあと吸いつかれると、尻尾がびくびくん!!と震えて。
【陽楽】「ふわぁぅっ!?び、びっくり、な、あっっ♪のじゃっっ、な、何じゃこれ……っぁ、だめだめ、ふぇらちおするのじゃ……ん、んっっ……」
【陽楽】 処女らしい締め付けを感じさせる膣口の入り口付近も、姉の手で少し開発はされている。そのため舐められる刺激に快感を覚えてしまいながら、男のペニスをなめていき。
【陽楽】 ▽
【GM】 可愛いと評された瞬間、肉棒の持ち主はぐはぁ!っと呻き、周囲から笑いが起きる。
【GM】 何とか持ち直すと「あんまり、おちんちんに可愛いって言わないでね?」と言い含め。
【GM】 先ずは、舌で皮の中をお掃除しようか?とか、手で竿を優しく握る事を教えてあげて。
【GM】 先っぽの穴…尿道やカリ、裏筋なんかの気持ち言い場所を舐める事も大事だと伝える。
【GM】  
【GM】 5分後、「次、交代だよ。」と肩を叩かれると男は漸くクンニを辞め離れます。
【GM】 が、陽楽ちゃんが休む間もなく直ぐに次の男が唾液をぬぐったまんこへ再び吸い付く。
【GM】 今度の男は舌をマンコに差し込んで、ぺろぺろっちろちろ、膣のひだひだを嬲ります。
【GM】 じゅぽじゅぽ舌でタテスジをほぐす様になぶり続ける事五分…交代まで目一杯ほぐします。
【GM】 ▽
【陽楽】「ん、んっ、んちゅ、わかったのじゃ……んっと、こう?」
【陽楽】 男たちの指摘を素直に聞いてうなずき。クンニされる快感に尾をびく!びく!と震わせながら一度ペニスを口から離し。まずはペニスの根元を優しく握りつつ、皮かぶりの先端に舌先を差し込み。そしてそのまま、皮の中に舌を潜り込ませていく。
【陽楽】「んれ、っろ、れろ、っちゅっっ、んく……れろ、れろれろっ……」
【陽楽】 それは天性の才能なのか、丁寧に包茎内のチンカスを舌でお掃除し、そのまま言われずとも口内に呑み込みごくんと飲み下し。竿を小さなやわらかい手でなでなでしながら皮を少しずつ剥いて、アイスをなめるようにぺちゃぺちゃとペニスの先端をなめまわすのだ。
【陽楽】 そして裏筋をぺろぉっ、と舐めてから再び銜え、ちゅぱっ♪ちゅぱっ♪と音を立てて舐めしゃぶる。どうやら自分の股間を音を立てて舐められる事から、こうしたほうがいいのでは、ということを学んだらしい。
【陽楽】 そして5分間舐められたかと思うとまた新しい人に股間をなめられ、尻尾を震わせながら包茎クリトリスとロリ乳首を興奮で勃起させていく。
【陽楽】 ▽
【GM】 くぐうう!っと男は呻きます。先ほどまでの拙いフェラチオが、たった5分。
【GM】 しかも数言の助言だけでこんなに良くなるなんて・・・と驚きを見せる。
【GM】 さらにははしたなく音まで立てて吸い付いてくるものだから…仕方ないと我慢をやめる。
【GM】 陽楽ちゃん!だ、出すよ!っと「何が」出るのかを伝えきれぬまま…ぶびゅ!っと白濁を吐き出した。
【GM】 ▽
【陽楽】「んむ、ちゅ、んちゅっ♪っちゅ、ちゅぱっ♪」
【陽楽】 なんとなく、コツがつかめてきた様子でにっこりしながらクンニされつつフェラチオを続ける陽楽。そんな陽楽の頭をつかんで、『出す』と言いながらペニスを奥まで突き入れられ、びっくりしつつ――口内でびゅるるる、っと精液を放たれる。
【陽楽】「んっむ、んむ、んぅ……?んぅ……んく、んくっっ……」
【陽楽】 口の中に放たれた精液。青臭いソレは別に嫌いな臭いや味ではない。そもそも、陽楽はお菓子こそ好きだか姉や両親の躾で苦いものやクサヤなども食べれるのだ。であれば、問題ない様子で喉を鳴らしてねっとりした精液を飲み下していく。
【陽楽】「んむー、急にわらわの口に何出したのじゃー?ちゅぱ、ちゅっっ」
【陽楽】 一度口をペニスから離し、ザーメン臭のする息を吐きながら首をかしげ。そして目の前のペニスが勃起しているのを見れば、再びぱくりと銜えてフェラチオを再開していく。さっき言われたのだ。『男のおちんちんは満足するとふにゃふにゃになる』と。であればまだ、満足してないのだろう、という考えで射精直後の敏感ペニスをなめていく。
【陽楽】 ▽
【GM】 「おひぃう!?よ、陽楽ちゃん!?ざ、ザーメン出た後は敏感だから、や、優しく!?」
【GM】 情けなく叫び、腰を引こうとするのだが…腰にぎゅうっと抱きつかれてはソレも無駄になり
【GM】 それどころか、陽楽がしゃべる度に吐息が、頬があたり竿も玉もゾクゾク快感が沸き上がる。
【GM】 結果的に萎えるどころか出す前より元気になった肉棒に、再び食いつかれ…2度目の射精を導かれる。
【GM】  
【GM】 下の男の人は、ほぐれたオマンコの少し上…クリトリスへはむぅ♪と食いつきます。
【GM】 唇で挟み、ちゅうう~っと吸出し、舌先でチロチロ舐めあげ小さな肉芽を味わって。
【GM】 時折顎を動かしくりゅくりゅっと唇でクリトリスを転がして、舌で皮をむき出しに。
【GM】 5分後には、クリトリスは表皮に戻らないくらいビンビンに勃起させてしまうのでした。
【GM】 ▽
【陽楽】「んっむ?んむちゅ、ちゅる、っちゅぅ、ちゅぱ……ん、んちゅ、んく、んくっ……」
【陽楽】 男の声に、優しく?という言葉にイマイチ理解できず、ねっとりと舌でペニスの先端を舐めていく別の意味の『優しい』フェラをしてしまい。そして幼女らしい高い体温からあふれる吐息や口内粘液でペニスを刺激すると、そのまま2度目の射精へと導いて。そしてそれを、躊躇なくごきゅごきゅと飲んでいくのだった。
【陽楽】「んっふ、んっふきゅ、んっふ、っぅっっ……♪んっふ、っふぅ、んぅうう……!」
【陽楽】 そしてペニスを銜えたまま、クリトリス攻めに敏感な反応を示す陽楽。姉の手で開発されていた肉芽を吸いだされ勃起させられてしまうと、膣奥からじゅわ、と甘い蜜が溢れてしまう。そしてその勃起の皮を剥かれてしまうと……幼女らしいワレメに、幼女らしくない発情勃起クリトリスが立たせられてしまう。
【陽楽】 そしてそれを軽く触られるだけで、膣肉はびくびくと震えて明らかに性感を覚えていることを示してしまうのだ。
【陽楽】 ▽
【GM】 ねっとりとしたフェラに抗う事ができず、2発目もごっくんされて「ありがとう」と頭をなでる男。
【GM】 続けて2度目の射精で流石に元気の無くなった肉棒を丁寧に陽楽にしゃぶらせる。
【GM】 お掃除フェラだよといって、唾液も先走りも…尿道の精液も吸いださせて漸く交代だ。
【GM】 待っていたのは最初にクンニをしていた男で、ビンビンに勃起した肉棒をさしだす。
【GM】 包茎だが、先ほどよりちょっと大きく右曲がりのソレを鼻先に突き出し「よろしくな?」と笑います。
【GM】  
【GM】 5分後、次の男も最初はクリトリスを弄っていたのですが…次第に膣口へも舌を差し込みます。
【GM】 クリトリスの快感で反応する狭い膣を、舌でこじ開け滴る汁をちゅうちゅう吸い上げる。
【GM】 それどころか、口を離すと完全勃起したクリトリスを見てニヤニヤ笑い…ふーっと息を吹きかけ
【GM】 「陽楽ちゃんは、えっちなおまんこしてるんだねぇ?クリちゃんがびんびんだ♪」と呟きます
【GM】 ▽
【陽楽】「んむ、んちゅ、ちゅぱっっ……♪んむ、どういたしましてなのじゃ!」
【陽楽】 ありがとう、と頭を撫でられると元気にお返事をするきちんと躾られている陽楽。お掃除フェラをしたあとペニスを抜かれ、頭を撫でられただけで何となく満足感とお手伝いできた、という気分になり。であれば次の人のも……
【陽楽】「うむ、わらわふぇらちおがんばるのじゃっ!」
【陽楽】 キスの経験もないのに、さっきの学習結果から包茎の皮の中に舌を差し込み、ぺろぺろと皮の中をなめまわしてチンカスをなめとり、その上で優しくぺろぺろと舐めつつ竿をよしよしとなでなで扱くフェラ準備をしていく陽楽だった。
【陽楽】 そして、下半身の刺激に尿意を刺激されつつ……
【陽楽】「ふっきゅ、ぅ……んっっ、え、えっちなのじゃ?わらわ、えっち?」
【陽楽】 えっち、というのが良いものか悪いものかわかっていない。どういうことなのだろうと思いつつ、勃起クリトリスを甚振られ……ふーっ、と息を吹きかけられるだけで一度フェラチオをやめて腰をびくんっ!!と震わせるほどに、その場所は仕上がりつつあった。
【陽楽】 ▽
【GM】 反応の良くなってきた陽楽を見て、「えっちとは、可愛いってことだよ?よかったねぇ」となでてあげて
【GM】 二人目のフェラチオとは思えない手際のよさに頷き、手でもやってみようか?と追加の男を一人手淫させ。
【GM】 下の交代のたびにおまんこを拭いながら陽楽ちゃんに「どうだい?痛かったりしたら私に言うんだよ?」
【GM】 そう問いかけながらも、容赦なく次の男を案内します。そんな事を10人分・・・たっぷり1時間続けました。
【GM】  
【GM】 ▽
【陽楽】「っふあー。っっ、は、ぁっっ、っふぁ、っぁっ……♪」
【陽楽】 もう何人目だろうか。すっかりフェラチオに――ペニスに慣れた陽楽は、一番最初に泣いてしまった一番太くて臭いが強いペニスを大きく口を開けてちゅぱちゅぱ♪と嬉しそうにしゃぶりつつ、両手で2人のペニスを扱いていた。
【陽楽】 3人のペニスに奉仕するために、今はステージにあおむけに寝転がった男の顔にまたがり、ドロドロに愛液をたらし続ける膣穴と勃起し続けのクリトリスを舐められつつ、しかし本気イキだけはしない程度に責められながら男たちに攻められ、奉仕し、メス奴隷としてのテクニックを身に着けていく。
【陽楽】「っぷあ、あ、あんむっっ……!んっく、んくっっ……」
【陽楽】 フェラチオしていた所で右手で扱いていた男が『射精しそう』と言ったため、一度目の前の男のフェラチオを止めてその男のペニスを銜え、口内に射精されて精液を受け止め飲み下す、そういう行為ができるようになっており……
【陽楽】 すっかり、一人前の娼婦じみた、透けチャイナドレスの内側で乳首を勃起させて発情しながら奉仕に熱心になる10歳の狐幼女がそこにいた。
【陽楽】 ▽
【GM】 すっかり蕩けた陽楽ちゃん、普通ならここから本番開始なのですが…
【GM】 どうやら「痛いのは駄目」な陽楽ちゃんの為、がんばってくれるみたい!
【GM】 ステージの上、仰向けで喘いでいる陽楽ちゃんをころん寝かせると、
【GM】 脚をM字に開き、テープでオマンコを左右に開き丸見えにしちゃいます。
【GM】 勃起クリ、尿道、処女膜付きの膣穴、さらには開発済みのアナルを晒す。
【GM】 その格好で、さらに1時間…追加の10人が交代でオマンコを嬲り続けます。
【GM】  
【GM】 10分後…オマンコに激しく指と舌が突き立てられてなぶりつくし。
【GM】  
【GM】 30分後…イキそうになると寸止めし、落ち着くまで待つようになり。
【GM】  
【GM】 50分後…大洪水のヒクヒクマンコ、絶頂寸前の状態でしっかり維持させます。
【GM】  
【GM】 その間、店主は陽楽に「おまんこに、おちんぽをいれれば、もっと気持ちいいんだよ?」と囁き続けました。
【GM】 刷り込むように丁寧に、しっかりと、心の底から肉棒を望むようになるまで苛め抜いていくのです。
【GM】 そして、1時間…20人目の男…最初のあの、グロテスクな肉棒の男が陽楽のワレメにむにゅっと亀頭をおしあてます。
【GM】 店主は言います「彼のを、陽楽ちゃんに入れていいかな?…だめなら、今日のお手伝いはこれでおわりだよ?」と、お菓子の詰まった袋を差し出してきますが…
【GM】 ▽
【陽楽】「っは、っはーっ、はぁ、ぁぁっっ……♪♪」
【陽楽】 1時間の間、しっかりと絶頂寸前を維持されながら只管に膣口を苛め抜かれた陽楽。すっかり顔は淫欲に蕩けて10歳とは思えぬ淫らな顔になってしまっており。
【陽楽】「おまんこに、おちんぽ……入れたら、もっと、きもちい……?」
【陽楽】 ぼー、っとしながら尿口からぴゅるっ♪と潮吹きとも言えないような液体を噴射しつつ、そのまま膣口にペニスを添えられ。その穴は最初あったような硬さはもう残っておらず、ペニスに嬉しそうに吸い付く淫穴になってしまっており。
【陽楽】 そんな場所にペニスをこすりつけられると、もう我慢もできない。目を輝かせて、目の前の男に向けて口を開く。
【陽楽】「お、お願いじゃっっ♪わらわのおまんこに、おちんぽ♪入れてほしいのじゃっっ♪♪っもう、もうあたまがずーっと、ずーっっと、気持ちよくなりたいって、おまんこもあたまも限界なのじゃっっ!!」
【陽楽】 ▽
【GM】 その言葉を、店主が、男が、客たちがしっかり聞き届けると・・・
【GM】 よくできました。と何処からとも無く聞こえる声
【GM】 そして、男が陽楽の腰をしっかりつかみ、ぐ、ぐぐぐ!っと腰を前に突き出します。
【GM】 成人女性でも飲み込めないビックサイズの肉棒を、2時間かけてほぐしつくした割れ目にねじ込む。
【GM】 勢いはないが、膣に肉棒の形を、味をしみこませるように押し込まれる肉棒が・・・ぷつ!っと何かを突き刺さる
【GM】 陽楽の処女膜にたどり着いた肉棒は、それでも進みを辞めず・・・どころかさらに強くねじこんだ!
【GM】 ▽
【陽楽】「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッッ♪♪♪」
【陽楽】 もはや声にならぬ、獣のような歓喜の声を上げる陽楽。
【陽楽】 ステージ上での処女喪失セックスに、嫌悪感など微塵も感じさせない陽楽は、自分の中にペニスが入り込んでくるたびに体を敏感に震わせ反応し、男を視覚的に楽しませ――
【陽楽】 そして、『淫気封魂』により5年以上もしっかりと変質・進化していた膣肉は、男にとって喜びを感じさせる。10歳らしい熱い肉と狭い穴、だというのに処女膜の奥はまるで触手の壺であるかのように無数の肉ヒダが男の気持ちいい場所を的確に探り出し、舐めしゃぶり、刺激して射精欲求を強烈に高めていくのだ。
【陽楽】 そんな極上の、買えばおそらく金貨100枚クラスになるであろう天上の淫膣はしかし、浅い。年相応のサイズであるために、男のペニスが半分から2/3ほど入り込んだ所で一番奥の子宮口にこつん♪と当たってしまうだろう。その刺激に陽楽はまた震え、そして『ザーメンを吸いたい♪』とばかりに子宮口がペニスの先端に吸い付いてくることに男を驚かせるかもしれない。
【陽楽】 ▽
【GM】 周囲の男達は、まだ幼児といってもいい陽楽が「女」に変わる瞬間を垣間見て沸き立つ。
【GM】 「うっおっ!」と男は呻く、熱くて狭くてキツイだけの穴が、途端に極上の名器に変わった。
【GM】 思わず腰を一気に突きいれ…ごりゅん!っと最奥に突き入れれば全部は飲み込んでおらず。
【GM】 やはり幼い膣なんだなと思うのだが…そ包み込まれた部分の快楽が強く、勝手に腰がが動く。
【GM】 それでもチュウチュウ吸い付く子宮口の貪欲さにさらに煽られ、もはや遠慮なく犯し出す!
【GM】  
【GM】 ごりゅ!じゅぼ!じゅぼじゅぼ!ぐりゅるる!
【GM】  
【GM】 男は破瓜直後の陽楽の膣を、胎を突き破らん勢いで冒す。犯す。
【GM】 だが、それすら受け止める陽楽の膣内に、負けて堪るか!と憤怒し・・・勃起クリを指で押しつぶし、浮いた腰の下、愛液濡れのアナルに指を2本、同時に突っ込んだ!
【GM】 ▽
【陽楽】「んっぅ、あっっ♪っひっぁ、ああひ、っひっっ♪んっきゅ、きゅううっっ、んっふ、ふあ、ふあっっ♪♪」
【陽楽】 うめき声をあげた男が、一転して乱暴な『犯す』ための腰使いになり陽楽の小さな体を凌辱する。しかし1時間の焦らしプレイもきいたのか、その衝撃におびえる事も泣き出す事もなく、陽楽は『女』として『メス』として、喘ぎ声をあげながら男の性衝動を受け止めつづける。
【陽楽】 そして体の奥を乱暴に小突かれ、ぴしゅ!ぷしぃっっ!と潮吹きまで繰り返しながら……
【陽楽】「っっあ!?っだめじゃ、わらわの、そこ、っぁああああああああああああああああああああああああああああああああ♪♪♪」
【陽楽】 そして膣奥を突きあげられながらのクリ潰しとアナル攻め。それだけで我慢の限界に到達し、大きな声で鳴きながら絶頂へと駆け上らされてしまう。しかし、その瞬間膣肉は今まで以上に貪欲な、精液を搾り取る動きを見せて。さらには下腹部の『淫気封魂』呪から放たれた淫気が男の射精をとどめようとする気持ちを瞬間消し去り、10歳の幼子宮へ強制的に射精を行わせるのだった。
【陽楽】 ▽
【GM】 派手に絶頂した陽楽の様子に、ニヤァっと笑う男。
【GM】 だが、そんな余裕は次の瞬間はじけ飛んでしまった。
【GM】 痛い位に締め付けられる肉棒、なのに痛みまでは届かない、もどかしい刺激。
【GM】 いや、快楽に、腰が勝手に振るえ、喉の置くから吼えるしかなくなる。
【GM】 陽楽の小さな身体が浮き上がるほど激しく腰を打ち付けると同時・・・
【GM】 ぼりゅ!ぶりゅ、ぼりゅるるるるるるるる!!ぶじゅうううううううう!
【GM】 今まで体験した事も無いほどの射精が始まり・・・1分間、たっぷりねっとり、空っぽになるまで陽楽に注ぎ込んでしまう。
【GM】 ▽
【陽楽】「っふ、っぁっっっ!?!?っひぁ、っぁっ、っらめ、わ、っらわ、とけ、きえりゅ、っぅううううううううううううううううううううううううう♪♪♪♪♪♪」
【陽楽】 ついに与えられた男からの膣内射精。その衝撃は陽楽の頭を消し飛ばす程の衝撃と快感を体に与えてきて。目の前を真っ白にさせてしまいながら、体を震わせ何度も何度も絶頂へと駆け上がってしまう。
【陽楽】 下腹部は、子宮はポッコリと膨れてその中に精液が詰められている事を、周囲の男たちに見せるだろう。そしてその陽楽の姿はひどく淫靡に見えて。
【陽楽】 ▽
【GM】 絶頂で痙攣する陽楽の幼い四肢・・・だが、幼いという印象は微塵も無い。
【GM】 ステージの上、大胆にさらけだされた破瓜直後の幼い膣穴から垂れ落ちる朱色混じりの白濁。
【GM】 ぽっこりイカ胎が膨れるほどの射精を受け、しかし泣き喚かず雌の顔をする幼狐に男達の目が変わる。
【GM】 先ほど「幼児」から「女」になったと思っていたこの陽楽はその実…「雌」だったのだと理解したからだ。
【GM】 店主は「言い拾い物をした」と呟くと…では、陽楽ちゃん?みんなのおちんぽを、ハメハメしておくれ?と伝えます。
【GM】 彼のものを拒否すれば終わりとはいったが、受け入れれば終わりとはいっていないからね?と笑う。
【GM】 そうしている間にも、最初の男は荒い息をついて離れ、残り29人の客達が、順番に、しかし最速記録を残して陽楽を犯し出す!
【GM】 ▽
【陽楽】「っはぁ、っひぁ……♪っふぁ、っふっくぅ……♪」
【陽楽】 ステージの上で初めての生セックス、生交尾の衝撃で絶頂に堕ちた陽楽。その穴から垂れる白濁とともに、理性らしいものは垂れ流れてしまっているようで。
【陽楽】「ふぁぅ……♪みんな、わらわのおまんこに、おちんぽ、ハメハメしてほしいのじゃ……♪」
【陽楽】 とろんとした顔で、みんなにそうおねだりし。そうして乱交が始まっていく――
【陽楽】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 数時間後、酒場に集まった男達は空も白み始めた頃に帰路についていく。
【GM】 彼らの顔はやつれていたが、何処までも満足げで一人残らず再びの来店を希望した。
【GM】 その一人ひとりに丁寧に対応した店主は閉店の看板をかけると店内に戻り・・・
【GM】 「お疲れ様、今夜もお手伝いよろしくね?…あぁ、コレがお駄賃だよ。」とお菓子の詰まった袋を投げます。
【GM】 それは、ステージの上、全身をザーメン濡れにしたスケスケチャイナの陽楽の…精液ボテ腹の上にぽてんと落ちた。
【GM】 ▽
【陽楽】「はふう……♪っふ、ぅ、わかったのじゃぁ……♪」
【陽楽】 とろんとした顔で、しかししっかりとした様子で店主に返事をする陽楽。その顔はすっかり、セックスにハマってしまったメスの顔をしており。首輪がしっかりと似合う様子になっていた。
【陽楽】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG ランドリューフ戦記 「【狐姉妹】華・陽楽はじめての×××【1回目】」BAD-END シナリオ終了です!お疲れ様でしたー!!
【陽楽】 どすけべえろすだったー!
【陽楽】 おつかれさまなのじゃ!
【GM】 うふふ♪
【GM】 次回は、目隠しフェラとキメセク祭の予定だけど・・・おねえちゃんとの兼ね合いもあるので、予定は未定!
【陽楽】 うむー!
【陽楽】 楽しみにするのじゃ!
【GM】 うん!ではでは、今夜はありがとーございました♪
【GM】 ログはあげとくね!