【リア】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%EA%A5%A2%A1%E1%A5%AF%A5%E9%A5%A6%A5%C7%A5%A3%A5%A6%A5%B9
【リア】 イギリスからの留学生で、剣道を学ぶために日本で暮らしている。
【リア】 正義感が強く、相手が不良でも大男でも、悪い奴は見過ごせない。
【リア】 魔と戦う役目があると聞き二つ返事で引き受ける。
【リア】 下の毛が生えていない事がコンプレックス。
【リア】 戦闘服のソードダンサードレスは、現在着用してる服を強化する魔法のようなものなので、
【リア】 見た目はセーラー服だったり体操服だったりと、それほど変化は無い。
【リア】  
【リア】 以上です!
【GM】 自己紹介ありがとー!
【GM】 正義の剣道イギリス少女、リア!そんなリアの忘れられない一日が始まります!
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【奈落】リア=クラウディウス 対『魔性』ベアトリス【1幕】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】  
【GM】 1d
【Dice】 bako_GM -> 1D = [4] = 4
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:黒百合の花園
【GM】  
【GM】 神奈川県蔵鞍市(くらくらし)には異様な事件が多く、突如現れる花園もその一つ。
【GM】 白い百合が辺り一帯を埋め尽くし、百合が黒く染まりきった頃に発見される女性達。
【GM】 彼女達は記憶以上に大切なモノをその黒百合に奪われ、何の為にか黒百合を求める。
【GM】 そんな都市伝説の正体が強力な魔物なのだと、貴女「リア=クラウディウス」は知っている。
【GM】 そしてもう一つ知っている事があるー貴女の1つ下の後輩「桜」が今、目の前にあるその白百合に囚われている事を。
【GM】 通学路の一角に突如現れた白百合の花園、そこは彼女と毎朝待ち合わせをしている場所。
【GM】 リアは、メイデンとしても、先輩としてもーーー目の前の脅威を見逃す事はできないだろう。
【GM】 ▽
【リア】「この卑怯者! 一般人を戦いに巻き込むな! 今すぐ解放しろっっ!!」
【リア】 と、剣を突きつける
【リア】 ▽
【GM】 威勢よく剣を突きつけたリアに対して、僅かに黒ずんだ白百合の園が僅かに揺れる。
【GM】 突風がリアを襲い、飛び散る白百合の花びらが一瞬視界を覆うと、次の瞬間リアの視界は別の場所に立っていた。
【GM】 周囲は見渡す限りの百合の花、そして目の前には涙目で震える半裸の後輩「桜」とーー
【ベアトリス】「いらっしゃい、可愛い子猫ちゃん?でも、ごめんなさいねぇ?今は私、この子に夢中なのよ?クスクス」
【GM】 零れんばかりの巨乳、見事にくびれた腰、むっちりとしたヒップをくねらせ、豪奢なドレスに身を包む美女。
【GM】 緩やかなウェーブの黒髪は片目を隠し、真っ白は肌を惜しげもなく見せつけ、同性すら息を詰まらせる色気を振りまく・・・「淫魔」がいた。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・この淫魔め! 私の後輩をはなせ! さもないとっ・・・!!」 今身に付けているのは何の変哲も無いセーラー服。しかしそれが魔力を帯び、強固な鎧へと変わっていくと同時に、竹刀は先端がはじけ飛んで、オーラで出来た剣に姿を変える
【リア】 ▽
【ベアトリス】「あらあらあら・・・随分元気なのね。仕方ないわぁ、、、ちょっとだけ相手をしてあげます。でも、ほんとうに、、、すこしだけよ?クスクス」桜を片手で抱きながら、片手だけをリアに向けると・・・その指先から強力な魔力が迸る。
【GM】 その波動だけで、リアは目の前の淫魔が只者でないと知るだろう…だが、もう逃げる事は敵わない。
【GM】  
【GM】  
【GM】 [『魔性』ベアトリス (Bi/IV10)]VS[リア(Lv1/IV12)]  行動順はリア>ベアトリス!
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!開幕から続けて行動どうぞ!
【リア】 フライト!
【リア】 いじょ!
【GM】 らじゃー!こっちも開幕なし!
【GM】 行動どぞー!
【リア】 では、アイスエッジ+ピアシング!
【リア】 2d6+4+6+6
【Dice】 B12_Ria -> 2D6+4+6+6 = [3,1]+4+6+6 = 20
【GM】 うふふ♪防御点8で12点貫通~ 痛いわねぇ?クスクスと余裕の笑み!
【リア】「っ・・・!」
【GM】 リアの一撃を片手でうけきるとーーー手の中の魔法を放つ!
【GM】 前後左右 同時発動の4重螺旋!
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/4回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP16)前!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [5]+13+1+2 = 21
【リア】 なん・・・だと・・・
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/4回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP16)後
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [2]+13+1+2 = 18
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/4回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP16)右
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [5]+13+1+2 = 21
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/4回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP16)左
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [1]+13+1+2 = 17
【リア】 いにしえの輝石を使いMPを6回復させて、
【GM】 21 18 21 17 だ!受動とアクトどうぞー!
【リア】 21はノーガードでバックラー吹き飛ばす
【リア】 残りは8ずつ減らして、10、13、9か
【リア】 あ、全部AP飛んだ
【リア】 では折角なので
【リア】 ,<罵倒>       , 1 , 0 ,SP20以下  ,なし
【リア】 ,<秘密の花園>    , 1 , 0 ,スカート着用,なし
【リア】 ,<ぱんつはいてない> , 1 , 1 ,スカート着用,腰APダメージ
【リア】 ,<はえてない>    , 1 , 0 ,SP20以下  ,腰AP0
【リア】 このあたりを使います!
【GM】 らじゃー!CP4SP1 どうぞ!
【リア】「くっ・・・この変態っ!!」 四方から襲い掛かる攻撃に身をよじるが、下着をむしりとられ、男を知らない無毛の割れ目をさらけ出し、挙句にスカートも制服も全てびりびりと破壊されてしまう
【GM】 あえて、かわせないギリギリの魔法を放ち、服を、下着を剥ぎ取ってしまう淫魔ベアトリス
【ベアトリス】「言ったでしょう?貴女は可愛い子猫ちゃんだって・・・それとも、勇ましい獅子のつもりだったのかしら?クスクス♪」
【GM】  
【GM】 ターン更新でMP回復&開幕!
【リア】 開幕なし!
【GM】 ではーこちらは♪
【GM】 HP14回復 開幕 《エネミースキャン》で無効化《開:オートヒール:4》(MP4) 片手の傷をペロペロ舐めてふさいじゃおー♪
【リア】 なんだってー!
【GM】 受けた傷は完全に塞がってしまって、ぬらりと光る腕をみせつけるのだ・・・♪
【GM】 そちらの行動どぞーw
【リア】「くっ・・・!」
【リア】 じゃあアイスエッジピアシング
【リア】 2d6+14
【Dice】 B12_Ria -> 2D6+14 = [1,5]+14 = 20
【GM】 同じく12点だね!
【GM】 片手でうけてーーー今度は正面と斜め後ろ左右からだーー!
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/3回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP12)前
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [6]+13+1+2 = 22
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/3回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP12)右
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [2]+13+1+2 = 18
【GM】 1d6+13+1+2 [氷]白兵/単体/3回攻撃 ダメージ+(魔物刻印*3)&致命表+1《能:ヘイルストーム:4~》(MP12)左!
【Dice】 bako_GM -> 1D6+13+1+2 = [4]+13+1+2 = 20
【GM】 受動とアクトどうぞ!22-18-20
【リア】 アヴォイドにCP4点ぶっこんで22を受ける! アヴォイド1階しかできないからね!
【リア】 8+4d6
【Dice】 B12_Ria -> 8+4D6 = 8+[4,5,3,2] = 22
【リア】 すげぇ
【リア】 18を受けたらいにしえのきせき
【リア】 さっきMP回復は香木でしたね失礼
【GM】 ぴったりよけきるとはすごい・・・!
【リア】 3d6
【Dice】 B12_Ria -> 3D6 = [1,2,2] = 5
【リア】 アカン
【GM】 あはーw
【リア】 その次の20で乙った
【リア】 ,<突き刺さる視線>  , 1 , 1 ,なし    ,なし
【リア】 ,<守るべきもの>   , 1 , 1 ,なし    ,なし
【リア】 ,<無垢なる純情>   , 2 , 2 ,SP00使い捨て,なし
【リア】 ,<純潔の証>     , 3 , 2 ,処女使い捨て,HPダメージ
【リア】 ロールプレイは省略します! 後でやりますw
【GM】 らじゃー!
【GM】 では、致命表を堕落+1でどうぞーー!
【リア】 1d6+1
【Dice】 B12_Ria -> 1D6+1 = [2]+1 = 3
【リア】 強烈な打撃に総身が震えて意志が折られる。
【HP】が1以上になるまで[能動][補助]行動を行えない。仲間がいなければ行動不能になる。
【リア】「ぐぁっ・・・!!」 
【GM】 残念w
【GM】 デハ軍団施設だ!
【GM】 ☆防音スタジオで色々使って色々ヤっちゃうスレ:地下牢&責め具一式相当(捕縛):[▼]全滅表の1~4になった場合振り直す。解説:完全防音の施された多目的スタジオでヒロインを苛めるスレ。
【GM】 全滅表が5.6で確定するのだ!
【リア】 なんだと・・・!
【GM】 いっぱいのほうがいいってきいたからね・・・w
【GM】 その場所でモンスターに数時間嬲られているところを救出される。
【SP】+2する。
【GM】 好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]か[トラウマ]になる。
【リア】 これCPつかえましたっけ
【GM】 どうだっけ・・・?
【リア】 無駄に余ってるので
【GM】 ※妊娠、トラウマ、淫乱症の判定にはあらゆる魔法、クライシスアビリティは使用できない。
【GM】 ポテンシャルもだめっぽいねw
【リア】 おk
【リア】 2d6+6 運動
【Dice】 B12_Ria -> 2D6+6 = [5,1]+6 = 12
【GM】 デハ、何とか耐え切った!
【GM】 先にリザルトを出したいので、総獲得CP SP アクト数の宣言お願いします!
【リア】 CP11 SP9です!
【GM】 ほいさー!
【GM】 おまたせ!
【GM】  
【GM】 PCリザルト:リア
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:00(0) + CP:11 + 戦略:0 + 装備効果:0=31
【GM】 [ミアスマ]基礎:8+SP上昇分:4.5=12.5 [SP] 9 [名声] 0 [BS]なし
【GM】 [魔物刻印] ストリーミング・ショウ [人脈/任意] 『魔性』ベアトリス(NPC/任意)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&初夜権)
【GM】 [ミアスマ]基礎:10 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:0 + 軍団施設:22+5+0+0 = 45
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+2 = 12
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+16
【GM】 ☆雌豚ヒロイン晒しageチャンネル:晒し台相当(捕縛):[●]侵略点2を得る。解説:敗北したヒロインの痴態を配信しているチャンネル。 
【GM】  
【GM】 リザルトは以上だ!
【GM】 質問とかなければ、エロールに入るのじゃ!
【リア】 ないっす!
【GM】 ほいさーー!
【GM】 ではでは、ベアトリスに呆気なく返り討ちにされたリアは~~
【GM】  
【ベアトリス】「弱い子猫ちゃん・・・もうちょっと強くならないと、じゃれあうのも大変よ?」百合園の上で横たわるリアを見下ろす淫魔は、一つのゲームを提案します。
【GM】 ルールは簡単・・・1日に1つ、リアへの命令が届きます。その命令にしたがっている間は、ベアトリスは桜への手出しをしないという物でした。
【GM】 そして、もし嫌になれば捨てて逃げても良いし、再び挑んできても良い・・・とも付け加え、最初の命令が下されます。
【ベアトリス】「桜ちゃんに聞いたのだけど、貴女・・・桜ちゃんに絡んでいた暴走族を追い払ったのが切欠で仲良くなったのよね?なら・・・その男達に、謝罪してぇ、お詫びの印に全員にセックスさせて。このサイトに証拠の動画を上げるのも忘れないでね?クスクス」
【GM】 そのまま百合の園はぶわりと花吹雪を撒き散らすと、リアはボロボロの制服とスマホ・・・下着や武器は消えたまま放り出されました。
【GM】 ▽
【リア】「なっ・・・!? そ、そんな事・・・!」 と言い終わる前に放り出され
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria02.jpg
【リア】「しかし・・・やらなければ、桜がどんな目にあうか・・・」 自分の弱さのせいで助けられなかった責任感を感じ
【リア】「・・・やるしか・・・ない・・・」 と、覚悟を決めて。ひとまず近くの物陰に隠れて、カバンの中から何か着るものが無いか物色する
【リア】 ▽
【GM】 確かー体育服やジャージがあったはずだと物色したカバンの中は、白百合まみれになっていた。
【GM】 何事かとカバンをひっくり返すと、どさどさどさと落ちてくるのは兎の耳に網タイツ、ハイレグのキツイレオタード。
【GM】 どれもコレもリアには未に覚えの無い持ち物が落ちてきてーーー最後に、ひらりと一枚の大きな花びらが舞い落ちた。
【GM】 その花びらには「追伸・裸じゃ可哀想だから、可愛い衣装を送るわね?子猫ちゃんが子兎ちゃんになるの、楽しみに見ているわ♪」とかかれていた。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・! どれだけ人をコケにすればっ・・・」 バニーガールなどTVの中でしか見た事も無く、自分が着るシーンなど想像もした事がなかった。しかし、目の前にあるレオタードは、普段着ている水着とは比べ物にならない卑猥さで、こんなものを身に付けるのだと思うと、恥ずかしさでドキドキし始める
【リア】「・・・だ、だが仕方ないっ・・・」 網タイツをはいて、その上からレオタードを引っ張り上げる。レオタードの股間部分はジッパーで下ろせるようになっている。着たままやれという事らしい。そのままレオタードをひっぱりあげ、胸を押し込み、リボン、カフス、耳を付けてローファーをはく
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria03.jpg
【リア】「こ、こんな恥ずかしい格好・・・! で、でもっ・・・急がないと・・・」
【リア】 その格好のまま、暴走族がたまり場にしている、今では廃墟になった工場跡地へと歩みを進める
【リア】 ▽
【GM】 以前襲撃した暴走族のたまり場は町の校外にある廃工場にある・・・
【GM】 道中 リアが家に戻ろうとする度に警告のようにメールが送られてくる為、リアはバニー姿で街中を移動するハメになった。
【GM】 周囲からは好奇の視線がよせられ、親子ずれは子供の眼を隠し、男達の無遠慮な視線、女達の軽蔑の視線が、リアの身体に突き刺さるーーー
【GM】 ▽
【リア】「・・・」こんな格好で出歩くなんて、まるで変態だと言わんばかりに、周囲の視線が突き刺さる。 恥ずかしさで逃げ出したくなるが、この程度で逃げるわけにはいかない。 これからこんな物とは比べ物にならない屈辱を味合わなければならないのだから
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria04.jpg
【リア】「・・・堂々と歩けばいいのよ・・・別に悪い事してるわけじゃないし・・・」 そう自分に言い聞かせ、足早に廃墟へと急ぐ
【リア】 ▽
【GM】 堂々とすればするほど視線が多く集まり、、郊外に出るまで、リアは無数の視線に晒され続けたーーー
【GM】 廃工場に到達すると同時、鉄と油の嫌な臭いと、バイクを吹かし下品に騒ぐ男達の騒音・・・
【GM】 集会でもあったのか・・・20人近い男達がバイクを囲んで、酒とタバコ・・・怪しい薬までつかいながら、騒いでいた。
【GM】 ブルルル、携帯が鳴り、メールが届く・・・「録画・配信のアプリはもう入れてあるわ♪上手におねだりしてね?」テンプされた画像は涙目の桜にキスをしようと迫るベアトリスの自撮り写真だった。
【GM】 ▽
【GM】 訂正!
【GM】 ブルルル、携帯が鳴り、メールが届く・・・「録画・配信のアプリはもう入れてあるわ♪お土産に精液が欲しいから、膣にい~っぱい中出ししてもらえるよう、上手におねだりしてね?」添付された画像は、涙目の桜にキスをしようと迫るベアトリスの自撮り写真だった。
【GM】 ▽
【リア】「・・・」20人近い男達。たとえ剣を持っていたとしても、ヒロインとしての力を使ったとしても、勝てるかどうか分からない人数。桜を助け出した時とは桁違いの人数に物怖じするも、桜の写真を見て決心を固め、廃墟へと足を踏み入れる
【リア】「あ、あの・・・!! ここのリーダーはいるだろうかっ・・・!!」 と、バイクの爆音に消されないよう、無理矢理大きな声を絞り出し、暴走族たちに話しかける
【リア】 ▽
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria05.jpg
【リア】 ▽
【暴走族達】「ぁあ?ってーーーなんじゃおめぇ!」「うひょぉ!?バニーガールだぁ!!えろぉ!」「んっだぁ!おらぁ!輪姦されたくなけりゃ、帰れ帰れ!ボスは今、クソ女への復讐計画にかかりきりなんじゃぁ!」
【GM】 大声で叫んだつもりだがーーー男達の騒音にかき消されたようだ、取り巻きらしい男達がリアを脅しながら、その眼はリアの丸出しの脚、零れそうな胸に釘付けだ。
【GM】 やがて複数の男達が、リアの手を掴み跡がつきそうなほど強く握り締めて脅しにかかるーーーその男の顔には、リアの竹刀による打撃跡がくっきりのこっていた。
【GM】 ▽
【リア】「・・・わ、私はリア・クラウディウス。先日ここに乗り込んで、貴方達を竹刀で攻撃して、後輩を奪い返した者だ。 その時の謝罪に来た。 リーダーに合わせてくれ」 と、震える声で男達に言う
【リア】 ▽
【GM】 その一言を聞いて、周りの反応が一気に変わる。
【GM】 その時居た、男たちは怒りに振るえリアを取り囲み、今回の襲撃の為集められた男たちは武器を構えて退路を塞いだ・・・
【ボス】「ほぉ、ホントにあの時のクソ女か?何だ格好は・・・侘び入れにきたっつったが、俺達をからかいにきたんじゃねぇのか?ん?」
【GM】 頭一つ高い背の高い筋骨隆々の男・・・桜を助けた時、最も手ごわかった男が仁王立ちでリアの前に立つと、手にしたナイフをリアの胸につきつける。
【ボス】「もう一度きいておく・・・おめぇ、何しにきやがった?」ココでふざければ刺すーーというようにグリッと刃先を胸にねじ込みながら問いかける。
【GM】 ▽
【リア】「わ、私は・・・あの時の謝罪に来たのだ・・・。あの時に暴力を振るったのは、100%私が悪かった。本当にごめんなさいっ・・・」 自分の正義を曲げる事、そして一番嫌いな人種に頭を下げる事。屈辱に体を震わせながらも、桜を助けるためと言い聞かせ必死に謝罪した後
【リア】「だ、だが・・・言葉だけの謝罪では、貴方達も納得しないだろう・・・。だ、だから・・・お詫びのしるしとして・・・ぜ、全員・・・私とセックスして欲しいっ・・・」 と、顔を真っ赤にしながら言い放つ
【リア】「わ、私のような中学生では、物足りないかもしれないが・・・せめて、全て膣内に出してくれて構わないから、どうかそれで許して欲しいっ・・・」
【リア】「そ、その上で今回のケジメとして・・・このスマホで撮影して、このサイトに動画をアップしてくれ・・・こ、これなら許してもらえるだろうかっ・・・」
【リア】 と、目に軽く涙を浮かべながら、必死に言葉をつむぐ。
【リア】 ▽
【GM】 謝罪をするリアの周囲から、ざけんなーーー!侘びいれろー!当たり前じゃボケェ!と怒号が飛び交う。
【GM】 だが、リアが続けていった言葉・・・「全員とセックス」「撮影」つまりーー体を捧げるといった途端に静まり返る。
【ボス】「つまりーーーてめぇの侘びは、身体ってことか。殊勝な事じゃねぇか、、、オレはきらいじゃないぜぇ?身の程をわきまえた女ってのはよ。」静まり返った廃工場、顔を真っ赤にしたリアの正面でボスは語る。
【GM】 リアをこの人数で襲う計画を嗅ぎつけたのは褒めてやる、先回りして命乞いもな、とナイフを胸から放しーーー
【ボス】「だが、俺達がそれでテメェを許すかは、別の話だ・・・見方によちゃてめぇ、自分が輪姦されたくて、俺達を襲ったって事も、十分ありえるからなぁ?先ずは本気でやる気があるのか、見せてみろ。」
【GM】 ボスと呼ばれた男はリアからスマホを取り上げると、カメラを向けてそう問いかける・・・股を開いて、今から自分が誰に何をするのかをーーー俺達に、ネットの向こうの輩に、誓う様に宣言しろと要求する。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・」 震える膝を押さえつけ、その場に尻餅をついて座り、バニースーツの股間のジッパーを下ろしてV字開脚のように足を広げると、スーツの股間のスキマから、男を知らない無毛の割れ目が露になる
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria06.jpg
【リア】「わ・・・私・・・リア・クラウディウスは・・・暴走族の皆さんに迷惑をかけた償いとして・・・これから暴走族の皆さん全員と・・・せ・・・セックスしますッ・・・」
【リア】 と、悔しそうな表情を浮かべながらも、何とか最後まで言い切る
【リア】 ▽
【GM】 リアの従順な態度、何より幼いながらも実に女らしい体つきのリアが、ビッチもしないような格好で誘ってくる。
【GM】 地面の上で犬の様に胎を見せ、大また開きでレオタードの秘所にはご丁寧に穴があいている淫乱バニー姿。
【GM】 その表情といえば悔しさと羞恥を噛み締め、おびえの様に震えている・・・たとえコレが演技でも、かまわないだろうと思えてくる。
【GM】 あの時の痛み以上に楽しめそうだという考えが全体に広がるのをボスは見て取り・・・頷いた。
【ボス】「よぉし、てめぇの誠意はわかったよ、俺も鬼じゃねぇ・・・が、ソコまでされて、我慢ができるほど行儀の良い連中じゃねぇ、、、マジで中出しするぞ?孕んでで、てめぇの一生がズタボロになるんだぞ?それでも・・・中にほしいのか?」これは、リアへの最後通告…動画がある以上、男達に被が及ばないとしても、、、孕ませるというリミッターがどうしても働くのだ。それを仲間達に外させる為の・・・儀式のような物でもある。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・か、構わないっ・・・それが私のケジメであり、謝罪だっ・・・全員、中に出してくれっ・・・」 と、震える声で言い放つ
【リア】 ▽
【GM】 リアの中出し宣言に、周囲の男達が沸き立ち、リアに向かってビッチだのスキモノだの好き勝手に言葉を投げる。
【GM】 ボスもわかったと頷くと、早速リアを犯しーーー始める事はしなかった。
【GM】 ボスは廃工場の一角・・・男達が座り込んで遊んでいる区画に移動すると、ドカリとそこに座り込んで、肉棒を取り出した。
【ボス】「い~い覚悟だ、メスガキ…だが、あくまで侘びるのはオメェだ。俺達が犯してやるなんて、面倒な事してやる義理はねぇ・・・テメェが自分で挿入れて、腰を振って、出させな!そこまでやって、まさか処女って事もねぇんだろ?しっかり腰ふって満足させな。」
【GM】 ソコまで言うと、男は身体を寝かせリアの全身がしっかり移るようにスマホのカメラを設置する。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・わ、わかったっ・・・」 保健体育で習った知識しかないが、目の前にある勃起したペニスを、膣の穴に入れなければならない事は理解している。 そのまま震える足で、男の体をまたぎ、ゆっくりと膝を折り曲げていく
【リア】「・・・ひっ・・・!」 自分でもろくに触れた事の無い割れ目に、男のペニスの先端が触れる。脈打ち、熱く、自分を孕ませようとする凶暴な肉棒に、妊娠するかもしれないという本能的な恐怖を感じて怯むが・・・
【リア】「っ・・・ああああっっっ・・・!!」 ブチブチブチッ!! セックスのやり方も分からない処女が、騎乗位で体重をかければどうなるか。 荒々しく処女膜は引き裂かれ、男に処女である感触を伝える。同時にぬるりとした血液が男のペニスにまとわりつき、足の間へと流れ落ちていく。
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria07.jpg
【リア】 ▽
【ボス】「ぁん?てっめぇ!いってぇだろうが・・・!下手糞が!!」恐怖に引きつり、キツキツの処女マンコ・・・濡らしても居ない狭い穴に無理やり体重をかけた挿入は、快楽など欠片も無い。
【GM】 粘膜がこすれあい、痛みが走りーーー男は思わず怒鳴りつけ、リアの腰をガシリと掴み引き上げた。
【GM】 その瞬間、カメラと男の目に写る血まみれの肉棒とリアのおまんこーーー破瓜の証がぬるりと流れ落ち、網タイツを伝って内腿を濡らしてく。
【ボス】「てめぇ・・・処女か?はん!男もしらねぇメスガキが、よくも俺たち全員を相手にしようとしたもんだなぁ!おい!あんまり舐めてっとーーーぶち壊すぞ!!」
【GM】 処女を奪い、血をみた男が興奮しだすーーー興奮のままにリアを下から突き上げ、ぬめっとした破瓜の血をローション代わりに挿入させる。
【GM】 ▽
【リア】「うぐっ・・・ひっ・・・ああっ・・・!!」 剣の稽古で苦しい練習に耐えてきたリアも、膣を貫く痛みには耐え切れず、苦悶の声を上げる
【リア】「しょ、処女に決まってるだろうっ・・・中学生なのに、こんな事した事なんてっ・・・あああぁぁっっ!!」  小柄で体重の軽いリアは、騎乗位でも男に簡単に突き上げられ、揺さぶられ、子宮口をペニスでガンガン突き上げられる。 話そうとしても、突き上げられる度に声を遮られ、とても会話にならない
【リア】「ひぐっ・・・あああぁぁっ・・・!!」 せめて痛いだの辞めてほしいだの、弱音は吐くまいと必死に痛みに耐える。 しかし、耐えようとすればするほど、体に力が入り、膣はきつくきつく男のペニスを締め付け、男から精液を搾り取ろうとしてしまう
【リア】 ▽
【ボス】「はっ!今時小学生のガキすらヤってるんだよ!とんだ箱入りじゃねぇか・・・しかも、いつまでたってもきついだけでひとっつも良くならねぇ、ガキマンコが!」
【GM】 男はイラつきを募らせーーー悲鳴を上げたリアを思い切り突き飛ばした。
【GM】 ずぷにゅるんっと肉棒が膣から飛び出し、血を飛び散らせながらリアが地面に転がるのを見てーーー
【GM】 今まで取り囲んでいた暴走族達に命令する「こいつをしっかり仕込んでやれ、覚えるまで何度でも中にだして、おぼえこませてやるんだ。」とタバコをふかしながら命令します。
【GM】 まだ、ボスの男の精液を受けていないのに、セックスを中断され、放り出されたリアに、、男たちは容赦なく園欲望をぶつけていくーーー
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・ひっ・・・!!」 自分が死ぬほどの決心で犯されに来たのに、リーダーにバカにされ、挙句捨てられて、プライドをズタズタに引き裂かれた所に、血と若干の愛液でヌメリを帯びた膣穴に、男達が群がってわれ先にと挿入をし始める
【リア】「ひぐっ・・・あああぁぁっっ・・・!」 乱暴な男達の突き上げだが、無意識に締め付け、男達の精液を搾り取ろうとするも・・・
【リア】
【リア】「ひっ・・・!? な、なにっ・・・?」 突如。バニースーツの胸のあたりに浴びせかけられる精液。恐らくリアの痴態に我慢しきれずオナニーしてしまった男がいたのだろう
【リア】「あっ・・・な、中に出していいって言ったのにっ・・・勿体無いっ・・・」 外に出されてはノルマのクリアにならない。そう思って、無意識に発した言葉が、勿体無いだった。
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria08.jpg
【リア】 ▽
【GM】 暴走族たちは、地面の上でリアの脚をひらかせると、破瓜の痛みで震える膣穴に遠慮なく先走りタップリの肉棒をつっこんでいく・・・
【GM】 「はぁ~~、コレが処女のきつさかぁ、いいなぁいいなぁ?」「ほれ、ふるえてねぇで力ぬけ、愛する子作りしてんだぜ?もっとリラックスしろよ、一本吸うか?」「あーーー、がまんできねぇ!一発ぶっかけてやるよ!ほれ、ありがたく受け取りな!」
【GM】 少し太めの男はボスのようにキツイと怒り出すことはなく、、、むしろ何処か感動したようにリアの穴を犯す。そんなリアをニヤニヤ見下ろし、愛だの子作りだのと、眼をそらしたい現実をつけつけながらタバコを燻らせる男、更にはリアの痴態に興奮し、自慰をする男が出る始末だ。
【GM】 だが、胸を汚す行為を受けたりあの第一声はーーー「勿体無い」だった。
【GM】 そんなに中に欲しいのか?と周囲の男達は笑い出し、リアの反応をからかい続ける。
【GM】 「そんなに孕みたいのか?JCのリアちゃん?」「おめぇ、外国でどんな教育うけてんだよwパパママはセックスだいちゅきですかぁ?」「はーっはーー!リアちゃん!出すよ!俺が、は、はじめて、中にーーーー!」
【GM】 興奮と狂乱の最中に、リアを犯していた男が更にピストンを加速させるーーーやがて、男の肉棒がビクビクと震えると同時、どびゅるるる!っとリアの最奥に向けて大量の精液が吐き出された!
【GM】 ▽
【リア】「ぐっ・・・わ、私はっ・・・ただっ・・・」 散々バカにされているが、人質を取られて中出しがノルマになっているなんて説明をすれば、暴走族たちが怪しんで自分を犯さなくなるかもしれない。 言い訳したくなる所をぐっとこらえ、ただただ男のペニスを逃がさない事、締め付ける事だけに集中していたその時
【リア】 びゅるるるrっっっ・・・!
【リア】「ひぐっ・・・!? ああああぁぁぁぁっっっ!!」
【リア】 生まれて初めてのセックスで、生まれて初めての中出しに、リアルに妊娠の恐怖が襲い掛かり、今まで気丈さを崩さなかった表情が初めて崩れる
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria09.jpg
【リア】「ひぐっ・・・ひっ・・・!」 年相応の中学生らしい泣き顔と嗚咽を響かせながら、それでも膣は男のペニスをしっかりくわえ込んで離さず、その精液を膣奥へたっぷりと搾り取っていった
【リア】 ▽
【GM】 ぶるるる、ぶぴゅ!・・・ふぅ~~、、、リアちゃん、孕んだらオレがパパだっておしえてあげてねぇ?あ、そだててやらないけどねーー!ギハハハ!
【GM】 最低の台詞を残して、男はリアから離れる・・・
【GM】 涙を浮かべるリアにーーー冷たいレンズがつきつけられた、中出しされたのか確認する方法は、実はメールで事前に教えられている・・・中出しされたら自ら膣を開いてレンズに見せろと・・・不自然にならないよう中出しのお礼を言う演技を交えてね♪ ベアトリスの何処までも悪趣味な命令を果たさなければ、リアは先ほどの男にもう一度犯されないといけない、中に欲しいとおねだりしなければいけなくなる。
【GM】 だが、リアは知らないーーーベアトリスによって、今のリアの子宮口は限りなく下りてきて、子宮口が開きやすくなっている事を。
【GM】 もしオマンコを広げてしまうとーーー秘められなければならない、子宮内部すら、衆目に晒すハメになることを。
【GM】 ▽
【リア】「っ・・・」 そのまま、両手をお尻の下からまわして、尻肉を左右にぐいっと引っ張ると、レイプで無理矢理こじ開けられて閉じきらない膣穴が、くっぱりと穴を開けている様子をカメラに見せ付けてしまう
【リア】「な、中出しっ・・・ありがとう・・・ございましたっ・・・」 そう言って、胎内の精液がちゃんと映るようにスマホに向けると・・・
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria10.jpg
【リア】 そこには、中途半端に開いた子宮口と、そこから流れ出る精液がばっちりと映し出されていた
【リア】 ▽
【GM】 リアの痴態に、それを見ていた男達がギャハハハハハ!と下品に笑い声を上げる。
【GM】 「なんだそりゃ!ソコまでシテ孕みたいのかよ!さいてーだな!」「いひいひひっv腹いてぇ///頭可笑しいんじゃねーの?みてみろよ、バカ女のマンコって、子宮もバカみてねぇだぞ!」「うぉ!?マジだwグロっ!子宮口までゆるゆるって、マジで処女か?淫乱ビッチの才能ありすぎだろ///」
【GM】 涙を湛え、自ら受精具合を見せ付けてくるリアに男たちは腹を抱えて笑い転げる。
【GM】 中にはリアのオマンコを覗き込んで、受精卵はあるのか、探してやろうか?っと挑発する男までいる・・・
【GM】 その男が肉棒をぐじゅううっとリアの穴に突っ込むと、中出しでぬめりを増し、下がり口をあけた子宮口にしっかり亀頭をおしつけて、じゅぼじゅぼぐじゅぐじゅ、ぶびぃいい!っとマンコから空気を押し出す下品な音を響かせながら犯し続けた。
【GM】 ▽
【リア】「ひっ・・・ぐぁっ・・・!!」 自分の間の抜けた姿が撮影され、子宮の奥までネットにアップされ、その様子を笑われ、もうどうにでもなれと諦めかけた直後、再び傷ついた膣穴を突き上げられる痛みに我を取り戻し、自分がすべき事を思い出す
【リア】「っ・・・ああっ・・・!」 どんなに辱められようと、守るべきもののため、男達をいかせて搾り取らなければならない
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria11.jpg
【リア】「は、早く中で出して下さいっ・・・」そう言って、男の動きにあわせて腰を振る動作をまねて、男に快楽を与えようと頑張っている
【リア】 ▽
【GM】 「中に欲しがるくせに、なーんか嫌イヤだよなぁ?本気で孕みたいならよぉ、もっとエッチなおねだりしたり、マンコ緩めたり閉めたり、腰をエッチに動かして、がんばりな♪」
【GM】 男は犯しながらリアの胸を鷲づかみにし、リアが懸命に腰を振る様を見下ろしながらパンパン!と腰を打ち付ける。
【GM】 散々嬲り、辱めてーーーおよそ10分後、漸く男におとずれた射精感。「出すよ?やればできるじゃぁないか、ビッチのリアちゃん♪~~~くぐぅ!」囁くように淫戯を褒めた直後、ドバァァ!っと溢れそうなほどの射精をリアに見舞うーーー
【GM】 その後もリアは代わる代わる男に犯され、中出しのお礼をカメラに収め続ける。
【GM】 ある男はわざと外に出そうとしたり、時には体位をかえてーーーその場に集まっていた男、ボスを除いた全員から中出しされる頃には、その胎にはたっぷりとせいえきがつめこまれることになった。
【GM】 ▽
【リア】「はぁっ・・・はぁっ・・・」 最初は痛いだけだったセックスも、何人にも犯されているうちに、痛みが快楽にかわっていった。 何度も絶頂し、何度も中出しされ、何度も子宮の中身を撮影され、すっかりとトロけたメスの顔を、ビデオカメラに晒してしまう
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria12.jpg
【リア】「あ・・・あとはリーダーさんだけですねっ・・・」 そう言って、寝転がるリーダーの方へと歩み寄る
【リア】 ▽
【GM】 リアを犯すチームの様子を眺め、タバコを吹かしていたボスがすっかりメスの顔になったリアに応じる。
【ボス】「はん!てっきり途中で逃げ出すと思ったが・・・根性があるのか、ただの売女か、、、もう一度確かめてやる。ほれ、、、もう一度だ、メスガキ。」
【GM】 肉棒を取り出すと、ごろりと横になる・・・が、先ほどは垂直だった肉棒は興奮で反り返りへそ近くまで届いている。
【GM】 そんなガチガチのガチ勃起チンポは、リアの処女を奪ったときより太く硬く激しく、脈打っていた。
【GM】 ▽
【リア】「は、はいっ・・・」 リーダーの勃起したペニスをゆっくりと指で垂直に立たせ、そのまま自分の割れ目にあてがい、ゆっくりと腰をおろしていく
【リア】「あっ・・・ひっ・・・」 そのまま、程よい締め付けと湿り具合を維持したまま、腰を深くしずめていき・・・そして半開きになった子宮口で、ペニスの先端をくわえ込む
【リア】「んっ・・・こ、今度はどうですかっ・・・?」 二十人近い男の精液を搾り取り、男の快楽のツボを体で覚えたリアが、リーダーに対して快楽を与えるよう、適度に締め付け、前後に動き、くわえ込んでいく
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria13.jpg
【リア】 ▽
【ボス】「けっ!あの竹刀使いも、こうやってあっさり覚えたのかぁ?男の肉棒まで、さっさと扱えるようになりやがって・・・!」男は、ほんの数時間前のきついだけの穴あ、こうもきもちいものになるのかと驚き、悔しげに沿う告げる・・・
【GM】 ただ挿入するだけでも、僅かに腰をひねり、膣を緩め、締め付け・・・適度に刺激する。そうされると先走りは止まらず、腰が勝手に突き上げようとしてしまう。
【GM】 だがーーー男はそれを我慢し、最初の約束どおりーーーリアに命令する。
【GM】 動け、オレの上で、オレの子種をねだりながら、淫らに鳴きながらーーー動け。と・・・
【GM】 ▽
【リア】「は、はいっ・・・」 そう言われ、男の上で腰を上下だけでなく、前後左右に動かし、ペニスを満遍なく愛撫し、同時に奥へ奥へとくわえ込み、その動きをひたすら繰り返し
【リア】「お、お願いですっ・・・私の子宮に精液いっぱい出して下さいっ・・・!」 そう言って、絶頂に近いペニスに程よい締め付けを与え、搾り取ろうとする
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria14.jpg
【リア】 ▽
【ボス】「いいぜ?出してやる、、、っ、てめぇのちいせぇ胎、ぶち破るくらいになぁ!」がしり、とリアの腰を、お尻を掴んだ男は、リアのねっとりと搾りつくすような腰使いを強引に止め、下から力任せに突き上げた。
【GM】 ずぶじゅん!、ズドン!ぶじゅ!ごりゅ!、、、メチィ!ミチっ!メリリリ!
【GM】 バキバキに勃起した肉棒が、半ばまでめり込んだ子宮口を更に抉り、ひと突きごとに肉を軋ませーーー
【GM】 ぐぼん!!っと先端を完全に子宮にねじこんでしまった。
【GM】 そのまま、子宮を引きずり出すように、子宮で内臓を押し上げるようにーーー乱暴で強烈なピストンを繰り返した男。
【GM】 うぐぅう!っと呻くと「出すぞ!さぁーーー受け取れっ、この、淫乱メスガキ、、がぁぁあああ!」吼えるように叫び、リアの身体が浮き上がるほど強く、腰を突き上げーーーごぼぉ!ぶびゅ!ぶりゅるるるるるるるるるる!大量のーーーコレまで受けたどの射精よりも激しい射精をリアに見舞った。
【GM】 ▽
【リア】「ひっ・・・あっ・・・ああぁぁぁぁぁっっっ!!!」 今まで出一番強烈な突き上げで、半開きだった子宮口は完全に開いてしまった。ここまで子宮口が開いたら、もう完全に戻る事は無いだろう。そして・・・
【リア】「あひっ・・・な、中で出てッ・・・あああぁぁぁっっっ・・・!!!」 そんな状態で、子宮壁にたたきつけられるように吐き出された精液。その衝撃で子宮は押し広げられ、部下の精液が拡販され、卵管にまで流れ込み始める
【リア】「あっ・・・あひっ・・・あっ・・・♪」 その快楽は今までで一番強く、カメラの存在も忘れ、だらしなく舌を出して、ただただメスの本能に従い、精液を搾り取るだけのオナホになっていた
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria15.jpg
【リア】 ▽
【GM】 どびゅ、びゅ・・・びゅるるっ!最後の一滴まで注ぎ込んだ男は、完全にトんでいるリアを持ち上げ、使い終わったオナホを捨てるように地面に投げ捨てた。
【ボス】「ふん!まぁまぁ、良い具合だったが・・・まだガキか、、、終わった男にきちんと掃除もできねぇんだからよ。。。ほら、てめぇが孕みたいとねだったんだ、しっかり礼くらい言えおら!」
【GM】 ズボンをはきなおしながら痙攣するリアにカメラを向ける・・・何故かは知らないがこのリアがカメラに膣を写すのを繰り返すのを見て、何かあるんだろうとは察した結果だ。
【GM】 はやくしねぇっと胎ぶん殴って全部ふきださせるぞ!、察しはしても、容赦も遠慮も無い男は、リアを蹴飛ばし急かす。
【GM】 ▽
【リア】「は、はいっ・・・皆さんっ・・・私に中出ししてくれて・・・ありがとうございましたっ・・・」
【リア】 そう言って、膣を広げてカメラ目線で笑顔でお礼を言った
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria16.jpg
【リア】 ▽
【ボス】「おう、詫びはたっぷり受け取ったぜ?…コレに懲りたら、もう二度とでけぇ面するんじゃねぇぞ?判ったな?」
【GM】 膣を広げ、笑いながら礼を言うリアに、奪い取っていた携帯を投げ返しボスはチームに向かって声を上げる。
【ボス】「これでこのクソガキへの制裁は終いだぁ!動画は全員に配ったな!次にコイツを見かけたら、ソイツで存分になぶってやれ!行くぞ!」20人近い男に生動画を、、、配信に乗って無数の男にもリアの弱みが拡散する。
【GM】 「へへへっ、またヤろうぜ?」「降ろすなら良い病院しょうかいしてやんぜ?げははは!」「くひひ、抜きたくなったら呼ぶからな?番号や住所、しっかりとっといたからよ!」
【GM】 男たちは次々にバイクに跨り、リアに一言残して去っていくーーー
【GM】 いつの間にか日は暮れていたーーー何時間犯されていたのか、時間間隔すらなくなっていたリアは、廃工場で一人、残された。
【GM】 ▽
【リア】「・・・」 一人残され、静まり返った廃墟。先ほどまでは喧騒と熱気と快楽に押し流され、理性を失った状態で、ただただ後輩を守らなければと必死だった
【リア】「・・・うっ・・・くっ・・・」 しかし、その喧騒から解放され、そして今日の命令をこなして桜の安全が確保できたと思った時点で・・・リアはいつもの精神状態に戻り、自分がしでかした事を思い出して、再び顔をこわばらせ、目に涙を浮かべた
【リア】「あんな奴等にっ・・・中出しされるなんてっ・・・」 演技とは言え、あいつ等に媚びて処女を捧げて中出しさせ笑いものになった自分が許せない。そしてさらに許せないのは・・・
【リア】「・・・最後の命令をやっておかなきゃ・・・」 そんな憎むべきやつらの精液を、体外に輩出する事を許可されていない事だった。ベアトリスがいいと言うまで、胎内に出されたモノは出してはいけないという約束があるからだ
【リア】「・・・んっ・・・」カバンからティッシュを取り出し、適当な大きさに丸め、膣内にこびり付いた精液をこそぎ取りつつ、奥へ奥へと押し込んでいく。ティッシュは精液を吸ってベトベトになり、半開きになった子宮口にぴったりとはまった。後は時間がたって精液の粘度が高くなれば、こぼれて来る事はないだろう
【リア】 http://trpg.sakura.ne.jp/Hsession/image/kura-ria/kura-ria17.jpg
【リア】「・・・もう帰らなきゃ・・・」 リアは魂が抜けた人形のように呆けた顔で、通りすがりの人が向ける好奇の視線も気にする事もなく、家路へとついた・・・
【リア】 ▽
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【奈落】リア=クラウディウス 対『魔性』ベアトリス【1幕】」BAD-END
【GM】 おつかれさまでしたーー!
【リア】 おつでした!!