【GM】 さて、自己紹介をお願いしますね
【赤音】 はぁい!
【赤音】  
【赤音】「アタシは朱鷺 赤音(トキ アカネ)だよ!負けても何度も頑張る正義のヒロインなんだよっ♪ぶいっ!…あ、信じてないね!モゥ!」
【赤音】 にかっと笑う長身の少女。背丈の割りにあどけないその笑顔は未熟さと危うさも覗かせる純粋さがあり活発な彼女の魅力を押し上げる。
【赤音】 豊満な雌牛ボディを曝け出す赤音ちゃんは今日も魔物を探して駆け回る!最近は積極的に痛い事や怖い事を求め、スパッツやサラシを濡らしてる。
【赤音】 最近はよくとある牧場にお出かけしていますが・・・やっぱり自由奔放な赤音ちゃんは勝手気まま、気の向くままにお胸をたぷたぷ、おしりむにゅむにゅ!街をパトロールしているよ!
【赤音】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%BC%EB%BA%ED+%C0%D6%B2%BB%28%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%29
【赤音】 以上です~!
【GM】 はいなー、いやぁいつも通り元気でなによりですね
【GM】 というわけで今回はうちの軍団 人間惨美でかわいがって生きたいと思います
【GM】 タイトルコールは最後に行います
【赤音】 元気がとりえだもの!いきの良い赤音ちゃんといっぱいあそんでね!(わくわくどきどき
【赤音】 はぁいw
【GM】 というわけで開幕開幕
【GM】  
【GM】  
【GM】 とある日のこと
【GM】 牧場を出て自由に街を闊歩する赤音ちゃん、周りからの視線を感じつつ魔族を探していることだろう
【GM】 そんな中、一つの気配が背後から近づいてくる、しかしどうしたkとおだろう
【GM】 明確に敵意を感じない、そのせいか物足りなさを感じることだろう
【GM】 振り向きますか?
【GM】 ▽
【赤音】「ふんふふ~ん♪今日もいっぱい搾ってもらって、気持ちよかったなぁ・・・モゥちょっと、してほしかったけど・・・んん?」
【赤音】 ジャージの前が閉められないほど豊満な胸を往来で嬉しそうに揺らしながら上機嫌に歩いていたら、いつもよりよわっちぃ、、、ぞくっとしない、もやもやーっとした何かを感じて、、、首をかしげながら後ろを振り向くよ!おっぱいがぷるん!むにゅっとお尻が歪むモデル立ちみたいな格好で!
【赤音】 ▽
【GM】 そこには一人の大柄な男性が立っていた
【GM】 フードをかぶり顔は少し見にくいが、その体は2mを軽く超えている
【GM】 見るものを無意識に威圧するようなその体格の男は、見下げながら君に話しかけてくる
【ゼス】「君が、朱鷺 赤音君だね。少し話をしたい。いいだろうか?」
【GM】 口調は比較的に穏やかであるが、その姿恰好はどうみても友好的には傍から見たら見えないだろう
【GM】 ▽
【赤音】「うわ!おっきい!!」思っていたよりずっと立派な体躯の相手に、驚きつつも・・・その姿を上から下までジーット眺めて。
【赤音】 決して感じない好意・・・威圧的なその気配に・・・ゾクッと背筋を振るわせる何かを感じて
【赤音】「うん!いいよ!おじさん!あたしの名前を知ってるなら、自己紹介はいらないよね!」にっこりと笑うとその大男のよこにぴたりとついて無防備についてくよ!
【赤音】 ▽
【ゼス】「そうかそうか。じゃぁうちのところの事務室ででも話そうや」そういって赤音ちゃんを腕で寄せながら連れて行こうか
【GM】 力を込めれば腕だけでなく体中の骨をも砕きかねない力が君を抱き寄せていることに気付くだろう
【GM】 そうして人気のあまりないビルの中へと案内される
【GM】 ▽
【赤音】 腕を肩に回され、ぎゅう!では済まない・・・メキメキと軋む骨の音を聞きながら、赤音は真っ赤になって男を見上げ。
【赤音】「もぅっ///そんなにギュウってしなくても、あたしはにげないよ?おじさん・・・♪」頬を染め、むにゅっとその巨乳を男の固い筋肉におしつけながら ビルの中に入っていきます。
【赤音】 その胸は期待と興奮でどきどき!無意識に腰がくねって周囲にいろけをふりまいちゃったりします!
【赤音】 ▽
【GM】 ではビルの一室、椅子に座らせる。部屋はそこそこに広く整理もされている
【ゼス】「さて、まぁ話っていうのはお前がメイデンってことで話があるんだ」タバコに火をつけて吹かす
【ゼス】「俺は魔族と人間のハーフでなぁ、そういうのが集まってる組織があるんだが。まぁ人間を過剰なくらいに玩具にするような魔族相手にお帰り願うってこともしてんだ。そんでま、話の分かるメイデンとは協力できねぇかって話になっててよ」
【ゼス】「お前、うちに来る気はないか?まぁミアスマ製造のためや戦力増強のために肉袋になってくれてもいいんだが。ある程度ならお前らメイデンの望みも聞いてやるぜ?」
【ゼス】「まぁ、断るってんなら敵対するだけなんだけどな・・・でもまぁ、お前は変わった性癖してるんだってな?」そういってタバコの先を赤音を手の甲に当てて火を消します
【GM】 ▽
【赤音】 目の前の男・・・人魔のハーフという男の言葉に、あかねはふーん、とか、へーっという、どうにもヒロインらしからぬ反応しかとれない。
【赤音】 一番反応が良かったのが、肉袋という単語だったあたり、ゼスのいう「過剰な魔族」と戦い続け、生存している赤音の経験値を物語る・・・
【赤音】 そんな赤音が「え~、でも、あたしって牧場の・・・」とか「相談したら、大丈夫かなぁ?」っと悩んでいるとーーー
【赤音】「ふぇ?っ~~~っ!?あぁっつぅうんっ・・・っvは、うぅんv///はぁvはぁvモゥ、行き成りは、ひどいんじゃない?///」
【赤音】 ジュウウゥっと肉の焼ける嫌な匂い、手に巻いたバンテージがこげ、甲に残る火傷とまじってじくじく痛む・・・その傷跡を、愛おしそうに撫でると・・・
【赤音】「そうだよ、もしも私を勧誘するなら・・・満足させてくれないと、ダーメ♪…もっと酷い事、してくれるんだよね?」ぺろり、火傷痕を舐めながら、椅子の上で誘うように挑発する・・・いつでもジャージスパッツの普段着から、魔法の胴着姿になれるよう気を張りながら。
【赤音】 ▽
【ゼス】「あぁ、そう望むと思ってたよ。だから息子たちにも来てもらってるさ、だが」そういうと着ていた衣類が破け、中から魔族として力を開放したゼスが姿を現す
【GM】 その姿はただしく牛魔人、ミノタウロスであり、全量は3mを越えていた
【GM】 そして部屋の外からも2m程度のミノタウロスが雪崩れて入ってくる
【GM】 そういうわけで戦闘に入ります
【GM】 (勝てるのかな
【赤音】 はぁいw
【赤音】 まけないぞー!(どきどききゅんv
【赤音】 いっぱいだーーー!
【GM】 まずはまぁポーンだけで様子見ということで、戦闘はじめまーす
【赤音】 らじゃー!
【GM】 手番はそっちからだ
【赤音】 椅子の上で準備が終わるのを待っていた赤音ちゃん、囲んできた子ミノ 正面にむかって一瞬で肉薄してあたーーく!
【GM】 どうぞー
【赤音】 Aにピア寝具だよーー!
【GM】 かもん!
【赤音】 2d6+11+3+10+1 白兵/単体 ピアシング(MP3)  先ずはこてしらべーー!
【Dice】 A14_akane -> 2D6+11+3+10+1 = [5,5]+11+3+10+1 = 35
【GM】 やっぱ4つよいなぁ。一発で蒸発だよw
【赤音】 立ち上がる勢いで降る抜く右ストレート!!
【赤音】 ふふーん!
【GM】 子ミノ君A、せっかくのメスを前にいいとこなしで吹き飛んで壁に激突
【GM】 お星さまを眺めています
【GM】 ではBからFの攻撃じゃ
【赤音】 き、きなさーい!
【GM】 七色の淫毒 疾風撃
【GM】 ゴレンダァァァァ!!!
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [1,5]+6 = 12
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [1,3]+6 = 10
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [3,3]+6 = 12
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [1,6]+6 = 13
【赤音】 うひぃw
【赤音】 七色はぜーんぶミルクに!
【GM】 了解です
【GM】 受動はあります
【赤音】 1~4を全部アヴォイドで-10! 2 0 0 2 13になってー 2点*2を腰でうけて、13を胸にうける! APが3/10/1 だね! 
【GM】 12/10/10/12/13のダメージです
【赤音】 ガーディアンコートがなければやばかった・・・!
【GM】 一か所も剥がせてない!
【赤音】 あくとはー!
【赤音】 射乳/視姦の檻 でCP4SP3をもらいまーす!
【GM】 了解です
【GM】 では2R
【GM】 開幕あります?
【赤音】 今回まではなしで!
【GM】 こちらもなし
【GM】 ではそっちからどうぞ!
【赤音】 はあい!リンチされながらも致命傷をはずして、カウンターのピアシングキック!Bをけりたおーす!
【赤音】 2d6+11+3+10+1 白兵/単体 ピアシング(MP3)>B
【Dice】 A14_akane -> 2D6+11+3+10+1 = [4,1]+11+3+10+1 = 30
【GM】 耐えられるかぁぁぁぁぁ!!!
【GM】 出目5でも30ってなんだよ!
【赤音】 改造しまくった身体のちからさ。。。!
【GM】 ええい七色の淫毒と疾風撃 4体で一斉攻撃だ!
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [5,3]+6 = 14
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [3,3]+6 = 12
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [6,6]+6 = 18
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [4,4]+6 = 14
【GM】 最初以外全部ぞろ目!
【赤音】 むぐぅ!
【赤音】 全部にアヴォイドしてーー 4/2/8/4 !
【赤音】 4を腰、2を胸、さらに8を胸でとばし!4を腰で残り2!
【GM】 まだ二か所のこってるんだよなぁ・・・
【GM】 3R目にいこうか
【GM】 開幕は?
【赤音】 あ、あくとに いじめてください!(CP2SP3)を!
【赤音】 このタイミングで使って、挑発しちゃおーw
【GM】 アクト了解です
【赤音】 もっとはげしいのちょうだい!みたいにいうのだーw
【赤音】 そして開幕でトップスピードします!!
【GM】 了解です、こっちはない
【赤音】「もっといじめてくれないと・・・・アタシがひどいことするよ?」特殊な歩法で、姿がぶれる赤音ちゃん!
【赤音】 IV24!アヴォイドが-11になった!
【GM】 こーい!ほんとつよいぞこのこ!
【赤音】 ではーそんな残像をのこしつつ Cにピアシングのあっぱー!
【GM】 こーい!
【赤音】 2d6+11+3+10+1 白兵/単体 ピアシング(MP3) C
【Dice】 A14_akane -> 2D6+11+3+10+1 = [2,1]+11+3+10+1 = 28
【赤音】 あふん!
【赤音】 流石に巨体をアッパーはだめだった・・・
【赤音】 身長差がきびちー!
【GM】 先にいっておこうか?
【GM】 ポーンにそのダメージは致死だよ!
【赤音】 あはーw
【GM】 Cは天井にささって天井犬神家状態に
【GM】 3連打ぁ!ミノたちの一斉攻撃 七毒もあるぞー
【GM】 間違いなく全員が胸を集中的に狙うだろうな!
【赤音】 ぜーんむみるくだもん!
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [4,3]+6 = 13
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [1,3]+6 = 10
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [4,5]+6 = 15
【赤音】 むう~~!
【赤音】 アヴォイド*3で3/0/5・・・1発目のアヴォイドにCP1!3発目にCp2のポテンシャルで耐えてみよう!!
【赤音】 先ずは1発目いくよー!!!
【GM】 aisa-
【GM】 あいさー
【赤音】 あ、いや、、、1発目の1CPだけにしとく!
【GM】 ン、了解です
【赤音】 1d6 ダメージ3を軽減!
【Dice】 A14_akane -> 1D6 = [1] = 1
【赤音】 あーーw
【赤音】 これはきびちーw
【GM】 1/6をひいた
【赤音】 腰が2をうけてはじけた!
【赤音】 くやしい!けど、3ぱつめの5点をその他・・・ガーディアンコートがはじけて、溜りまくった胸の母乳がぶしゅぶしゅ!
【赤音】 受けきれなくなっちゃう///
【GM】 搾乳ボーナス突入!
【GM】 アクトはありますか?
【赤音】 こんかいはないよ!
【GM】 では4R
【GM】 開幕は?
【赤音】 トップスピード宣言だよ!
【GM】 了解 ではどうぞ!
【赤音】 Dにおもいっきりキック!
【赤音】 2d6+11+3+10+1 白兵/単体 ピアシング(MP3) おりゃー!
【Dice】 A14_akane -> 2D6+11+3+10+1 = [5,5]+11+3+10+1 = 35
【GM】 ホームラン!
【GM】 やはりポーンでは相手にならないか・・・だがまだあと二人残っている
【GM】 搾乳じゃー! 七色と疾風
【赤音】 ただし、けりの反動で揺れたおっぱい・・・漏れる母乳を押えるのに意識を取られて防御がおろそかになります・・・!
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [6,5]+6 = 17
【赤音】 ここぞとばかりにーー!
【GM】 ダメージも気合い入ってきてる
【赤音】 アヴォイドで-7しかできない! 8と10をHPにうける!
【赤音】 あくとはーーー
【GM】 アクトかもんかもん
【赤音】 淫肉の真珠/尻穴奴隷 CP4SP3 で!
【GM】 了解です
【GM】 では5R目
【GM】 真打登場
【GM】 こっちは開幕はないよ
【赤音】 とっぷすぴーど!
【GM】 ではそちらからです
【赤音】 そのままEをなげとばす!!
【赤音】 2d6+11+3+10+1 白兵/単体 ピアシング(MP3)おりゃー!
【Dice】 A14_akane -> 2D6+11+3+10+1 = [2,5]+11+3+10+1 = 32
【GM】 ピチュン
【GM】 さてはて
【赤音】 全身汗だくでぜーはーぜはーいってます・・・w
【GM】 そんなことしてる余裕はあったのかな?
【赤音】 ぞくぞくっ///
【GM】 まずゼスの上半身
【GM】 マルチアタック・追加攻撃
【赤音】 ひにぃ!
【GM】 逝きますよー
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [6,2]+12 = 20
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [4,5]+12 = 21
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [2,1]+12 = 15
【赤音】 あヴぉいどーー!!
【赤音】 13/14/8 かな?
【Dice】 A14_akane -> 13/14/8 = 0.11
【GM】 ですね
【赤音】 1発目を受けた時点で女神のしるし!
【赤音】 6d6 HP回復~!
【Dice】 A14_akane -> 6D6 = [6,3,5,4,3,2] = 23
【赤音】 HPが28にかいふく!
【赤音】 14と8をうけて残りHP6!
【赤音】 あくと、ここで強制絶頂をつかうね!!
【GM】 残り6かぁ
【赤音】 2d6+10 運動 目標15
【Dice】 A14_akane -> 2D6+10 = [6,5]+10 = 21
【GM】 はいな
【GM】 よっぽど失敗しないよね
【赤音】 性交! CP3SP2をもらいまーす!
【GM】 つけられた種とかどうやったら失敗するんだか
【GM】 どうぞどうぞ、では
【赤音】 w
【GM】 下半身のほうだ
【フルスイング】
【赤音】 ひぃん!
【GM】 2d6+23 渾身の一撃、全体重を乗せた体格あってこその一撃!!!
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+23 = [2,6]+23 = 31
【赤音】 うぐぐーーー!
【赤音】 ここで、りざれくしょーーん!!
【GM】 どうぞどうぞ
【GM】 というわけであとは小ミノ一体か
【赤音】 HPが35!MPも11に!アヴォイドをつかって24点ダメージ!さらにCPを3つかって軽減!
【赤音】 んや?
【赤音】 3d6 アヴォイド追加軽減
【Dice】 A14_akane -> 3D6 = [4,1,6] = 11
【赤音】 13点ダメージに押えた!!
【GM】 ああ、戦闘不能になってから使うわけではないのか
【GM】 あいあいさー、アクトはありますか?
【赤音】 今の赤音ちゃん 致命表のあとだとておくれなのw
【赤音】 残りHP22 アクトにつけたねと肉便器!CP5SP2
【GM】 おっと
【GM】 それなら
【赤音】 にゃも?
【GM】 調教刻印のマゾヒズムと極上の純潔
【GM】 これで判定をー8*2してもらおう
【赤音】 ひぃいん///
【赤音】 2d6+10-8 運動 目標10 にんしん!
【Dice】 A14_akane -> 2D6+10-8 = [4,2]+10-8 = 8
【赤音】 だめぇ///
【GM】 ぜったい妊娠させるマン
【赤音】 2d6+10-8 運動 目標15 べんき!
【Dice】 A14_akane -> 2D6+10-8 = [3,6]+10-8 = 11
【赤音】 あふぅぶうん///
【赤音】 HPが17に減ってにんしん!
【GM】 それじゃぁまだ子ミノが一体のこってるぞー
【GM】 2d6+6
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+6 = [3,3]+6 = 12
【赤音】 アヴォイドで-7!5点うけてーーHP12!
【GM】 倒しきれないねぇ。では6R目にいこうか
【GM】 開幕をどうぞw
【赤音】 とっぷすぴーど!
【GM】 こっちはない!かもん!
【赤音】 瀕死のあかねちゃんが、ゼスの上半身にとびかかってーーー殺意開放!!
【GM】 全力で来い!
【赤音】 CP3*2を消費してファイナルストライク2回分のデュアルレイドこんぼ!
【GM】 本気で全力だぁ!?
【赤音】 3d6+11+3+10+1 白兵/単体/二回攻撃 ★デュアルレイド&ツイスター&ピアシング(MP4+2+3)胸の重さを加えた渾身の蹴り上げ!
【Dice】 A14_akane -> 3D6+11+3+10+1 = [2,2,6]+11+3+10+1 = 35
【赤音】 3d6+11+3+10+1 白兵/単体/二回攻撃 ★デュアルレイド&ツイスター&ピアシング(MP4+2+3)さらに下半身をバネに全体重をかけた拳!
【Dice】 A14_akane -> 3D6+11+3+10+1 = [3,1,3]+11+3+10+1 = 32
【赤音】 35と32てんだーーー!
【赤音】 これは・・・足りない・・・!!
【GM】 半分以上はもっていかれた
【GM】 でもまだ十分やれる
【GM】 もういっぱつあったら倒れてたかもしれないね
【GM】 だが、これで終わりにしよう
【赤音】 無念・・・!
【GM】 マルチアタック 追加攻撃
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [4,4]+12 = 20
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [1,5]+12 = 18
【GM】 2d6+12
【Dice】 ayame_GM -> 2D6+12 = [4,5]+12 = 21
【赤音】 香木でMPかいふくー!全部にアヴォイド!!
【赤音】 13/11/14!
【赤音】 1発目波耐えた・・・2はつめー!
【赤音】 CP4をつかって耐えようとする!
【赤音】 4d6 11で無効化!
【Dice】 A14_akane -> 4D6 = [2,3,2,5] = 12
【赤音】 耐えた!
【GM】 なんだと!?
【赤音】 残りCP3! 3発目をたえきれるかーー
【赤音】 残りHP4とCP3で14をけずるには・・・出目11が必要!きびしい!
【赤音】 3d6 耐えてーーー!
【Dice】 A14_akane -> 3D6 = [2,2,1] = 5
【赤音】 だめでしたーーー!!
【GM】 耐えたら下半身がキめてたんだけどなぁ(
【赤音】 上半身の最期の一発であかねちゃん陥落!
【赤音】 あ、侵食度10で 自動的に表は11オーバーになりますw
【GM】 ほんと侵食最大値ってすごいよね
【GM】 もうメイデンとしての反応がああなったのもうなずけるw
【赤音】 *・・)えへへ
【GM】 では全滅表の前に
【GM】 生体改造室をプレゼント
【赤音】 ひぃん///
【GM】 これで妊娠と淫乱症のBSをあげあれたね
【赤音】 一気に弱体化して、やくたたづのDMができあがったわ・・・w
【GM】 経験点80もあるぞ
【赤音】 あと151点でLv5なんだ・・・たりるかなぁ・・・w
【GM】 妊娠と淫乱症って
【GM】 そんなに役に立たなくなるほどおもいっけ?
【GM】 HPは半分になるけどまぁあかねちゃんなら?w
【赤音】 あかねちゃんにとってはきびしーね・・・wCP+6でいきなりさっきのコンボうてるからいいかんじかな?w
【GM】 というわけでSPとかだしてくださいなー
【GM】 経験店のリザルトをやってしまおう
【赤音】 はぁい!
【赤音(MP11)】HP[0/35] AP[0/0/0] CP[0/22] SP+15 BS[常時ミルク/淫乱症/妊娠] 女神/香木 アクト8/8[射乳/視姦の檻/いじめてください/淫肉の真珠/尻穴奴隷/強制絶頂/つけられた種/肉便器]
【赤音】 みすった!
【赤音】 CP22 SP15 アクト8つです!
【GM】 ポーン5体で10点 失敗で20点 CP22で52
【GM】 生体改造室で80の132点
【GM】 ・・・・・微妙に足りないかな?
【赤音】 DMになった後に稼ぐさ・・・!
【GM】 ミアスマは8+8で16だけど、もうオーバーしてるんだよね?w
【赤音】 とっくにねw
【赤音】 8点だけもらいまーす!
【GM】 はいはーい
【GM】 軍団の方は
【GM】 ミアスマ20の8の28点
【GM】 侵略点は・・・ああ、4レベルだから基本点+2か
【GM】 人数で4の6の+アクト半分で4の10、組織で+1
【GM】 ロストで+10
【GM】 侵略点21
【赤音】 ミアスマは治療費かかるけど・・・侵略点は大目だねぇw
【GM】 ポーン5のナイト1の治療だからなぁ
【GM】 どれだけとぶんだか
【GM】 あ、タイトルコールはしておいたほうがいいかな?
【赤音】 エロール後でもだいじょーぶ!
【GM】 はいはーい
【GM】 それじゃぁセーブですかね、あ。DMのほうにいれておいてねw
【赤音】 はーい!
【GM】 では戦闘描写のほうをやりおわったらセーブということで
【GM】  
【GM】  
【子ミノ】「メス牛だ、痛イノガ好キトイッテタナ、カワイガル」そういって一斉に襲い掛かってきます
【GM】 6体がみんな同時に襲い掛かり、執拗に胸を中心に狙っていき、隙あらばお尻を狙う
【GM】 獣らしい爪が光り、胸に、肩に、お尻を掻き、刺さっていく
【GM】 ▽
【赤音】「あぐっ!?んんっ・・・はふっ、ザクザクっ、きもちいい・・・けど、もうちょっとさぁ、強くシてよ・・・こんなふうに!!」
【赤音】 一瞬でズタボロになったジャージとスパッツが、一瞬光ると綺麗なホルスタイン柄の胴着とスパッツへ変化し・・・更に子ミノたちの手からするりとぬけだすと、正面にいた子ミノを一撃で吹き飛ばす。
【赤音】「これくらい・・・シてくれないと・・・物足りないんだよね///さ、どうぞ?」自然体、だラット脱力しているからこそ漂うプレッシャーをかけながら、残った5体に手招きする・・・
【赤音】 ▽
【GM】 子ミノたちは挑発されたことに雄としての尊厳をかけて、気合いを入れて一気に襲い掛かる
【GM】 二匹は一緒に腹を殴り、爪を突き立て。もう二匹は肩の関節に咬み付き
【GM】 最後の一匹は、牙を・・・・・赤音の子宮に向けてつけて突撃する
【GM】 ▽
【赤音】「あはっ♪やっと本気になってくれたんだv嬉しいっvっ~~ぐぅう!?えごっvおぼぅうっ///いぎぎぎぎぎっ♪」
【赤音】 気合の入った突進にうっとりと手を広げたまま迎え撃ちーーーぐぼぉ!っと2匹の巨大な拳が力んでいない柔らかな腹筋を押しつぶす。胴着の帯が丁度おへそを圧迫して内臓を深く押し上げてくる感覚が気持ち良い・・・うっとりと2匹の打撃をうけているとーーー鋭い痛みが肩を襲う!巨大な牙が赤音のほっそりとした肩をがりがりと噛み付き、牙が骨を削る・・・思わず喉からひきつぶれるようなひめいをあげているとーーー
【赤音】 ぐじゅうん!! 下半身に響く強烈で鋭い痛みーーーー残った一匹が緒へその下、下腹部に鋭い牙をつきたて、腹筋を貫き子宮を嬲ろうと抉ってくる・
【赤音】 5匹の懸命の責めにうっとりと身を任せるのだがーーーその程度の「愛撫」では、期待する赤音の欲望にはつりあわない。
【赤音】「えぐっvうぐっっ・・・っぁうんっ///良い調子、良い調子だけど、、、あとすこし、がんばろっか?・・・ほらvがんばらないと、こうだよ♪」青あざと裂傷だらけの身体を嬲られる勢いのままくるっと回すとーーー子宮を抉ろうとしていた子ミノをどずん!っと蹴り飛ばし壁にぬいつけてしまう。
【赤音】 乱れて、血に染まってはいるが、まだまだ胴着すら脱げおちていない赤音は、4匹の子ミノをみまわし、ここだよ、ここ・・・っと責めて欲しい、胸、おなか、お尻・・・無防備な肉たちを指差し、<いじめてください>っと、おねだりする。
【赤音】 ▽
【GM】 もちろんそんな挑発をされたらこの子たちはのってしまうわけで
【GM】 たゆんたゆんなおっぱいをしゃぶるのではなく咬みつき、お腹にはさっきの一匹が開けた穴から手を突っ込んで内臓を撫で、ひっかきまわし
【GM】 尻肉は食事をするように咬みつき、尻穴には腕をそのままつっこんで見せる
【GM】 そして腸越しに子宮をつかんで見せる、そしてそのままつぶすギリギリまで握りしめる
【GM】 ▽
【赤音】「っきゃあっvやっと、その気になってくれたvアタシのお肉、おいし?あくぐぐっvあひぅ!あ、それいいっvおなかじゅぐじゅぐっvあ、あっvあっっ!?ひぅうっ~~っ、」
【赤音】 がぶり!じゅぐ、めちめち!むにゅぐぅ!!ぶしゅつつ!噛み付かれ、歪んだ乳肉からぶしゅ!っと血飛沫が舞い赤音とミノタウロスを濡らす・・・その光景と痛みに、スパッツ越しのオマンコがじゅぐっとぬれそぼるのを感じていると、その奥へ別の入り口から感触が入ってくるのが判り、嬉しくなる。
【赤音】 おへその下に空いた腹筋を貫く穴に、ミノタウロスのごわごわの指が、鋭い爪がねじ込まれてみちみちっと処女穴を開拓するように拡げられる・・・その奥にはぐにっとした子宮が出迎え、むにゅっとした臓器が撫で回されると吐き気がぐるぐるこみ上げてきて酩酊感に酔いしれる・・・
【赤音】 ふらふらし始めた赤音のむっちりしたヒップをかみごたえのある肉が皿にか見つかれ、メキメチ、ぎちぇう!喰われている感覚が更に被虐心を刺激してもっともっとと、お尻をふり、ミノタウロスに突き出してしまう・・・
【赤音】 どう、勘違いされたのか・・・その尻穴にむかって、ミノタウロスの巨大な腕がねじ込まれ、がごん!メキャ!ボキン!ビチチチチ!っと骨盤が軋み、尻穴が裂けながら受け入れてしまう・・・それが心地よくて、ついつい、奥に奥にとむかえいれーーー前方からなでられていた子宮が、裏側からも握りつぶされる瞬間、おぼぉおおっ♪っと情けないアヘ声を晒してしまった。
【赤音】 ただ、気持ちよすぎて胸を噛み締めていた子ミノごとのけ反り、頭を抱えようと振り上げた腕が子ミノを天井に突き刺すアッパーを放ったとしても、許して欲しかった・・・だって、きもちよかったんだもん!///
【赤音】 ▽
【ゼス】「随分楽しんでるようだな。でもまぁ、まだ足りないだろう?」そういうとゼスも赤音の方に向かってきて
【GM】 力を込めておもいっきり拳を振るいます。まずは右肩
【GM】 次に左肩、そしてそのまま
【GM】 左腕を力任せに引きちぎってみせる。そしてその腕を赤音のメス穴に突っ込んで見せる
【ゼス】「ほら、お前の腕で気持ちよくしてやるよ。自分ひとりでもいきまくってるんだろ?」そういって赤音ちゃんの左腕の先を子宮にはいるほどに突き入れます
【GM】 ▽
【赤音】「あはぁっvおじさんっvうんっv欲しい、おじさんの、でっかいの!赤音に、いっぱいちょーだっ」メキメキメキ!放たれた拳が赤音の言葉を遮り右肩。いや右半身の骨を一気に砕いて赤音が一瞬意識を飛ばす・・・意識を取り戻したのは同じ衝撃、左半身を砕かれた時でーーー
【赤音】「っはっ、あぁっvそうだよねvらんぼーな、おてて、邪魔、だもんね、いいよ!ちぎって、アタシのわるいおてて、ぶちぶちぃっあぁぁああああああああっ♪」
【赤音】 メチっ・・・みち、ブチブチブチブチィ!赤音は自らの左腕が肘からちぎれてイクを興奮して見つめている・・・そして、一番頑丈なじん帯をねじ切られた時。
【赤音】「ひ、っきゃぁあああああっ///」のけぞり、胸をぶるんぶる震わせると、血しぶき混じりの噴乳をお礼とばかりにゼスに放ち、ミルクの濃厚な香りを漂わせた・・・
【赤音】 四肢欠損の衝撃に、しばし呆然としているとーーーむにゅ、やわらかくてすべすてした何かが、引きちぎられたスパッツの置真ん中、再生処女膜のおまんこにおしあてられて、はへ?っと間抜けな顔で見下ろしーーー
【赤音】 ぞくっとした、ミノタウロスにかじられると思っていた「手」が、アタシのマンコに添えられている・・・その意味を察した瞬間に
【赤音】 ぐぼ!ごぼ!メチィぶちちちちち!じゅぼじゅぼ! 慣れ親しんだ破瓜の痛みにビクビク痙攣し、全身が意味も無く引きつってイキそうになる・・・感覚はどんどん鋭くなり、痛みが、快感が、渦巻くようにお腹の奥で溜り、背筋を駆け上って目の前ではじけていく・・・
【赤音】「あはっvいひぃっvおなにー、これおなにー?あはははっvひどいっvひどいや、おじさん!あたひ、じぶんで、自分を、犯しちゃってるよぉっ///」むりやり手を使われる哀れさに、背徳の快感が、致命の被虐心が煽られーーー赤音の目にどろっとした殺意が満たされるーーー
【赤音】 ▽
【ゼス】「オナニーは嫌か?まぁいい。それ以上を味合わせてやるからな」そういって両手を赤音の貌に添えて、唇を重ねる
【GM】 口内を舐めまわし、そのあとに赤音の舌を最初は甘噛、しかし
【GM】 咬みちぎってしまう、そしてそれを食べたあと
【GM】 添えていた手をずらし、指を耳の穴に差し込んで、耳穴を犯し・・・・そして
【GM】 唇を放すと、とどめに・・・・・角を赤音の目に向けて・・・
【GM】 目玉をえぐり、耳穴を犯していた指と一緒に
【GM】 脳をも犯す
【GM】 ▽
【赤音】「ふぇ?んむっ、んむぅ///」赤音は困惑した、燃え盛っていた暗い被虐の炎が、キスという当たり前の行為で意表を突かれ空回りする・・・嫌いじゃないけどそうじゃないーと抗議使用とした瞬間・
【赤音】 ぶちり! 噛み千切られた舌が目のまでぐちゃぐちゃと咀嚼され、飲み込まれた・・・
【赤音】 ゾクリ、ゾクゾクッ・・・・咀嚼する音も、喉を通っているであろう自分の舌もソレを目で追うと這い上がる被虐の炎。
【赤音】 潰れた肺の中で燻ったその熱をはきだそうとしてーーー苦しさに気付く。
【赤音】 短くなった舌が、ぐるりと喉に巻き詰まり・・・窒息している、気道を完全に塞がれ高揚しながらも青ざめるというちぐはぐなトロ顔をさらしながら、じゅぶじゅぶと耳を犯す音を聞き意識が徐々に遠のくのを感じている・・・
【赤音】 このまま、じっくりと意識を落とされるのかーーー更なる暴虐は無いのか、心配そうに見つめた先で、顔を引く牛頭、その真っ黒な瞳と目が合い、安堵した。
【赤音】 宿る殺意、暴力の熱に、彼の意識が宿っていた・・・にこり、、、笑いかけたつもりで、にへらぁっと完全に淫蕩にゆるんだ笑顔をゼスに向けたままーーー
【赤音】 どじゅぶじゅぶうずぅ!!彼の立派な角が真っ直ぐ見据えた私の瞳をめちゃくちゃに貫く瞬間を見続けたーーー
【赤音】 眼孔を貫き、眼底を貫通した角は大事な大事な脳に達し、意識すら混濁し始めた酸欠の脳を一時的にオーバーヒートさせ・・・続いて抉り出され、空気を感じた瞬間の指の、爪の鋭さがとうとう閾値を越えた。
【赤音】 高鳴る心臓、のけ反る背、自らの左手を締め付け壊すマンコ穴、表裏から子宮を握りつぶしてくれている子牛たちにも感謝の愛液をふりまきながらーーー
【赤音】 赤音は、おぼぉっv つまった喉からそれだけを叫びーーーイキ果てた。
【赤音】 ▽
【GM】  
【GM】 そこは暗い一室であった
【GM】 水滴が落ちるような音だけが響く
【GM】 そこにいるのは・・・・一人の魔族と
【GM】 一匹の牛さんである朱音ちゃんだけである
【GM】 今の彼女の体は三角木馬にのっており、足には30kgほどある錘が両足についている
【GM】 そして両手も鎖で地面に繋げれており、木馬の上でブリッジしているような状態になっている
【GM】 ▽
【赤音】「いぎっvあひぃっ!?あ、、、うぐぐううっ~~~♪おじさ、おじさまっvすごいっよw赤音のまんこ、おしり、裂けvさけちゃうっ♪」
【赤音】 鋭い角度の木馬の上、その大きな胸をぶるんぶるんと震わせ、背骨が折れそうなほどのけ反って、外れそうな肩を鳴らしつつ、、、媚びるように腰をくねらせぐじゅ、ぶにゅっ!っと裂け始めた秘所を更に深く沈めて行く・・・
【赤音】 じわりと血がにじむ膣口からはソレを洗い流すほどの愛液がトロトロと流れ出し、ビンビンに勃起したクリがその興奮を物語る。
【赤音】 空ろな片目・・・ゼスに潰された眼孔はまだ再生されず虚空をのぞかせ、残った片目も被虐の悦びで媚を売る事だけに使われている。
【赤音】「あっvクリ、クリちゃんも、ぐりぐり、、、したいのにvあっvいぎっ・・・あぁっv」背後にのけ反っている為、宙ぶらりんの快楽の肉芽を持て余し、赤音は更に腰をくねらせ木馬に深く抉られていく・・・
【赤音】 ▽
【ゼス】「ぐりぐりねぇ、こういうのか?」そういって赤音ちゃんのクリトリスを掴み
【GM】 ぐりぐりと強く指でこするように削っていく
【ゼス】「ま、ただ道具で壊すだけってのもなぁ」そういって赤音の両足を掴み
【GM】 木馬でへその下ほどまで裂いてから、裂け目に自らのちんこをあてがう
【GM】 人の腕よりも太く、それはいますぐにでも君を貫こうとしている
【ゼス】「どうした?ほしいならちゃんと口で懇願しろよ?」
【GM】 ▽
【赤音】「あっvしょこvしゅきぃいいっ♪っ、クリちゃんvちぎって、ごりごりってぇぇっっ♪」押しつぶされ、こそぎ削られるとびくびくっと木馬の上で跳ね上がる赤音の身体、血を吹き出すようなクリの刺激にのけ反る背が更に後ろに顔が落ちてしまうほど・・・しかし
【赤音】 ガシリっ と両足、、、30kgの重りで外れかけていた股関節、それが痛むほど引き降ろされる足。
【赤音】 はへ?っとクリつぶしのよいんで酔った様にうろんだった瞳が何事かと見下ろしたとき・・・
【赤音】 ごりごり、ぶじゅ!ぐりりぃいい!ブチチチチチ!思い切り下半身、、、オマンコからおへそまでが一気に引き裂かれた。
【赤音】 骨盤があたる性で実際にはそれほど深くない・・・が、膣口は完全に左右に割れ先ほど潰されたクリトリスがぺろんとぶら下がり、、血塗れの膣壁がテラテラ輝き露出している、あと少し裂ければ子宮口が見えてしまう・・・
【赤音】 そんな仕打ちを受ければ先ほどの比ではないほどの衝撃をうけて赤音は噴乳アクメをきめてしまう・・・ハァハァと青ざめながら頬を高揚させる赤音はそれでも必死に欲望に従う為に言葉を紡ぐ・・・
【赤音】「は、っvいぎっ!?vあふぅえっvわ、わたひぃいっvあ、あかねのv裂けまんこっvぅぅっ~~っvおじさまの、立派な、凶器ちんぽでぇっvめちゃ、いぐっvめちゃくちゃに、壊して、ミンチに、してぇぇっv赤音のあかんちゃんのへや、ただの、肉にしてくだしゃいぃっv」いいながら、その言葉にすら被虐心を煽られびゅっびゅ!っと血混じりの潮を吹く・・・あてがわれた肉棒に潤滑油代わりにふりかけてしまいながらーーーその快楽で徐々に再生し
【赤音】 ていく裂けたマンコーーその処女膜をぐりっ、っと自ら押し付ける。
【赤音】 ▽
【ゼス】「あぁ、よく言えたな。それじゃぁ・・・壊れな」そういうと赤音ちゃんの体をもちあげ、あきらかにサイズ違いなちんぽで処女膜を貫き、子宮口を貫き
【GM】 そのまま子宮をも突き上げ、突き破る勢いで、腸を、胃を、貫き、喉にまで達する
【GM】 そのまま赤音ちゃんをオナホールのように使って扱き、体の中をかき混ぜていき、最後には水音しかならないほどまで何度も何度も執拗に突き入れる
【GM】 ▽
【赤音】 ごりゅ、ぶちちちちち!再生しかけていた秘所が再び裂け、慣れ親しんだ破瓜の痛みにゾクリと震える。
【赤音】 だが、ソレもつかの間ーーー「いくっv」っと小さく呟いた後、しゃべる余裕なんて消え去ってしまった。
【赤音】 膣を引き裂きながら子宮を貫き、亀頭を子宮が押し返すーーー事もできず、更に上、内臓を、心臓を、肺を押しつぶして赤音という肉の筒にされてしまう。
【赤音】 最初に逆流してきたのは胃液、黄色くすっぱいものが圧力で喉を駆け上り、げぇっと吐き出すも反射的に息をすうことも出来なかった
【赤音】「っーーーっ!っv~~~~~っ///」ドクドク脈打つ心臓の直ぐ傍で、同じく脈打つ彼の肉棒、肺はとっくに押しつぶされ、こきゅうなどできるわけもない・・・
【赤音】 じゅぼごぉお!!っと腰が引かれると強制的に肺が広がり「ひきゅぅうっ!?あごtっvげほっvおぅすぅうっvっ!?」強制的に酸素がとりこまれ、「ふぅう。っひぅううああああああっv」再び押し込まれれば勝手に息が吐き出される。
【赤音】 こりゅっとした感触で心臓が祈祷の先端を何度も撫でる、そのたびに意識が遠のくほど被虐の快楽が暴れまわる・・・だが、徐々にその暴虐に柔らかい内臓がつぶれ、ミックスされ、オマンコから零れ落ち、破れた胃から肉片と血が大量に吐き出され始めると・・・
【赤音】 ゆる、ゆるん・・・圧力が弱まり、まるで水風船の様にぬかるんだ感触だけが身体を貫く・・・
【赤音】 ▽
【ゼス】「ゆるいぞ。もっと締め付けろ」肉筒となった体を強く握り締めぬかるんだ体内を犯し続ける
【GM】 そうしていくうちに凶悪ちんぽは射精の準備を終えて、おマンコと呼んでいいかもわからないほどに壊された場所に射精する
【GM】 部屋中に響き渡るほど激しく、熱く、ねっとりとした精液が、細胞一つ一つを授精させるかのように赤音ちゃんの体に熱を帯びさせる
【GM】 ▽
【赤音】 緩いーーー相違われたとき、押しつぶされた心臓がどくん!ッと脈打ち、焦ってしまう・・・何かおかしいなぁ、今まで、そんな風に言われても、なんとも思わなかったのに・・・僅かに残る冷静な赤音のココロが首を傾げるも・・・
【赤音】 めきぃいっ!体全部を握りこまれるような抱擁・・・いや、文字通りにぎりしめられて、軋む骨と高まる締め付けに一気にその疑問も消し飛んだ。
【赤音】「ごぼっ!おごっvごめな、、、しゃいv締め、ましゅっvからやぁぁっ///」握り締められる圧力に悶えながら、更に自分でもオマンコを、腹筋を、上体をギュウッと締め付ける・・・
【赤音】 赤音の体得する呼吸法・・・今はその呼吸すらままならないが・・・を駆使し、オマンコと子宮を膣口のようにきつく締め付け、腹筋を膣壁のように波打たせてその剛直に変化をつけた快楽を返し、肋骨という最奥の物理壁とこりこりの心臓・肺という擬似ボルチオのクッションで亀頭を受け止めーーー震える喉で雌としての声を上げる。
【赤音】 握り締められ瑠指の合間から歪に零れ落ちる大きすぎる胸からは、びゅっびゅっ!と快楽のオーバーフローして徐々に母乳が変化していく様子がみてとれた・・・
【赤音】 そんな中ーーー何の知らせも、前触れもよこさず、当然の様に行われた射精は赤音に一気に崩壊を与える。
【赤音】 熱いマグマのようなドロドロの精液は赤音の喉を一瞬で詰まらせだらしないアヘ顔に逆流精液をほとんどはきださせない・・・かわりに心臓に、肺に、壊滅した臓腑に、子宮に、卵巣に、じっとりと絡まり、まざりあいーーー射精の為にぷっくりふくれあがった裏筋をなぞる背骨がソレを敏感に感じ取り、無意識に更に搾り取ろうと全身を使って肉棒をきゅううっと締め付けた。
【赤音】 快感が嵐のように渦巻きながらも、身体が勝手に相手の為に動き出す・・・今までも何度かあったが、今の赤音には、僅かにーーーそう、僅かに今までと違う「心」がその行動に付随した。
【赤音】「あごっ、ごほっvう、、、けほっ・・・あっvあのっ・・・気持ち、よかった、、、です、、か?///」致命の快楽と物理的な死で限界のはずなのに、そう、問わずにいられないほどには、心がゆれうごいている・・・
【赤音】 ▽
【ゼス】「・・・・・・ああ、気持ちいいぞ。お前はいい女だ」そういって【優しく】頬をなで、頭を撫でる・・・
【ゼス】「・・・・・だが、まだ終わってないぞ?」そういうとちんぽを引き抜き、赤音ちゃんを床に寝させる
【GM】 そして取り出したのは座薬のようなお薬、それを避けたマンコに手を突っ込んで、そのまま子宮であろう場所に入れる
【ゼス】「胎児の成長促進薬だ、これで授精していればすぐにママになれるぞ。さぁ、産め」そのまま赤音の体を持ち上げて、いつでも床に産み落とせるように宙づり状態に
【GM】 ▽
【赤音】「っ~~~///、そ、そう?アタシ、、、って、良い女。なんだっ///えへへっv」なでられる大きな手・・・今すぐにでも自分の頭を握りつぶせるその手の優しい動きに、多い尽くされた頬は真っ赤に染まり緩みきっている・・・
【赤音】 ほわほわ、ぽかぽか・・・今までみたいな、激しい痛みの鋭い快楽じゃない、じわぁっと全身が温かくなるー実際に精液で火照った身体ーそんな快楽に戸惑いつつもみをまかせていると・・・
【赤音】「わっ!?え、ぬ、抜いちゃやだ///あたしもっともっと、おじさん気持ちよくしたいーーーって、あれ?なんであたしそんなこと?」先ほどより幾分スムーズにしゃべり・・・その内容に首を傾げる。肺の再生が急速に始まりすでに酸欠状態は脱したはずなのにー苦しくて仕方ない、じゅぽん!っと再生速度が上がり肉棒の引き抜きを阻止しようとするが、彼の怪力に呆気なく引き抜かれ急に心細くなる。
【赤音】 そのまま床に降ろされるーーー、ガチャン!鉄球が地面について股関節の痛みが無くなるかわりに、床の上で左右に裂けたオマンコをみられるんのがーーー何故か妙にはずかしくてもじもじしているとーーー
【赤音】 ずにゅぅう!!ずぐ、ぎちっ・・・メチメチ!ずぷん!
【赤音】「あっvやっvなにそ・・・あかちゃん!?えっと、おじさまと、あたしの・・・えっとえっと///」はずかしさに顔から火が出そうになった、実際に出たのは、再生されはじめた膣から零れ出す彼のザーメンだけど・・・それがますます「妊娠」を意識させてきて、わたわたしてしまう。
【赤音】 だけど容赦なく、彼の太い指で大きな座薬が裂けたおまんこにつっこまれ、半分再生された子宮の中にざっくり埋め込まれる・・・ドキドキしながらすっかり凹んでしまったおなかを吊られたまま見つめているとーーー
【赤音】 ゾクリッーーーゾクゾクゾクッ
【赤音】 産め、という言葉が耳をくすぐる度に何故か暴れ出したいほど感情が高まり、頬どころか首まで赤くなりーーーぽこっ、ぐぐ、ぐぅう・・・その熱を吸い取るようにお腹が大きくなっていく。
【赤音】 ▽
【ゼス】「そういう反応するなら、まぁそうだな・・・釣り上げていた赤音に再びちんぽを挿入
【ゼス】「ほら、これぐらいにしておけよ?今から出産なんだからな」子宮口をこじ開け、子宮内にははいってきますが突き破らずに突き上げも、肺と子宮がキスする程度に収めつつ赤音ちゃんを犯します
【GM】 そんなふうに子宮は揺さぶられながらも薬のおかげで胎児は一気に成長し、お腹が臨月を迎えた妊婦のようになり
【GM】 中の胎児は出ようとしますが、巨大なちんぽが邪魔をしています、そして子供には小さな角が生えていました
【GM】 それが手探りで探した場所に刺さったので、そこを刺して、刺して、お腹を突き破って出てこようとしています
【GM】 ▽
【赤音】「っっ~~~っぁぁ、、ありがと、おじさまv・・・えへへ、なんだか、ほわほわ、するぅ///」
【赤音】 じゅぶん!っと再び再生した処女膜を突き破って胎児ごと子宮を押し上げてくる・・・脚が強制的に開かれ、鉄球が再び浮き上がる痛み、内臓を押し上げられる不快感があるはずなのに、ドキドキ高鳴り、自分のおっぱいが乗っかるほど膨らんだお腹を彼が突き上げてくれると、今までと違った快感が沸きあがり、ほにゃッと頬が緩んでしまう
【赤音】 先ほどの致命の陵辱を知っているからこそ、この抽送がどれだけ気遣っているかがわかりーーー裂けているおまんこを必死に締め付けてしまうくらいには、ドキドキうきうき、何かがこみ上げてしまいます。
【赤音】 ほんの十数分、傍から見れば目を覆いたくなるような、しかし本人からすると満たされるような時間がすぎるとーーー
【赤音】「んぎぃ!?な、何か、お腹、つんつんって・・・これ、あかちゃん?あ、いぎぃ!?そ、そこ、おへそ!何、するのぉっ!?あ。あぁっvりゃめvそっち、ちがーーーーーvVっぁ♪」
【赤音】 ぷすり、最初はそんな小さな痛み・・・けれど徐々にその穴を広げるようにグリグリされると、内側からの陵辱…胎児からの暴力に呆気なくほわほわした空気が濡れはじめます。
【赤音】 未だに開かない片目からも涙を流して悶え、喘ぎ、その反動でにくぼうをしめつけているとーーー
【赤音】 ぶしゅうぅ!丁度おへその下から角が飛び出し、精液と血、肉片が大量にまじった羊水が噴き出し二人を濡らす。
【赤音】 圧力に負けて、縦に裂けて行く腹筋と子宮から、もぞもぞと毛むくじゃらの顔が、手が、身体が出てくるのをイキながらみつめているとーーー生れ落ちる、その通りというように、産まれ立ての我が子が、ずるぅうっとお腹の中から滑落した。
【赤音】「っ~~~!?や、ダメ!!」高揚していた顔が一気に青ざめ、必死に叫ぶが吊られた赤音には助ける術などなくーーーさけぶことしかできなかった。
【赤音】 ▽
【ゼス】「こらこら、落とすなよ」そういうと片手で赤音を支えつつもう片腕で赤ん坊を受け止める
【ゼス】「ほら、お前の産んだ赤ん坊だぞ。ちゃんと抱いてやれ」そういうと赤ん坊を赤音のおっぱいの目の前に持ってきて、赤ん坊がおっぱいにしゃぶりついたところで赤音に任せる
【GM】 傍から見ると悲惨なことになっているが、見方によっては、そうではないのかもしてない
【GM】 ▽
【赤音】 ずるりと滑落した我が子ーーー裂けた胎と繋がるへその緒がスローモーションの視界ではっきり見えて絶望に染まる赤音。
【赤音】 だが、恐れていた事態は回避された・・・いつの間にか赤子を拾い上げ、赤音の手を掴んでいた手が腰を支えている。
【赤音】 こらこら、と幾分不満を抱いたような声に反射的に見上げるとー視界を塞ぐのは自分の血に塗れた大きな大きな赤子。既に開いた目が片目の赤音とばっちりあってしまい、自由になった手で反射的に受け取る。
【赤音】「ご、ごめんなさい・・・あの、おこ、おこってない?んっ///あう・・・まって、おちんぽ、どんどんはいって、、んくぅvおっぱい、も、これ、は、ハズかシィよぉ///」
【赤音】 ずっしり、もう10kgくらいありそうな子ミノをだきかかえると、じゅうじゅう!ぎちちち!乳首が取れそうなほど強く吸い付かれて、貫いたままの剛直ーーー赤音を支えているソレ締め付けていたオマンコがゆるんで、ぐぼぉ!っと子宮への侵入をゆるしてしまい・・・塞がりかけた胎の穴がとろとろと血を零す。
【赤音】 へその緒が繋がったまま、我が子の授乳に感じ、その父親のオチンポの上で悶える・・・普段は身を潜める羞恥心が、一気にわきあがりーーーしかし、同時に感じるほわほわした感情に本気での抵抗をじゃまされてわたわたするしかなかった。
【赤音】 ▽
【ゼス】「そう恥ずかしがるな。これからはもっと産んでもらうんだぞ?」力をいれて抱きしめる。が、それは壊すためではなく優しさがあり
【ゼス】「お前は、俺の女になってもらうんだからな。沢山愛してやるからな?覚悟しておけよ」そういって頬をなでる
【GM】 ▽
【赤音】「っ~~~~///モゥv仕方ないなぁ・・・でも、この子が、立派に育つまで、愛するだけにしてよね!いくじほーきなんて、ダメなんだから!///」
【赤音】 優しく抱き締めら、舞い上がっているところに頬を撫でる優しい手・・・何処か拗ねた子供みたいに域は区と、すりすりとその太くて大きい指に頬ずりして見上げながらいう。
【赤音】 この子ー今はタップリ飲んだおっぱいに、うもれてもじもじしている我が子に、むにゅっと柔らかいおっぱいを押し付けてその股間から感じる立派なモノの感触でドキドキ。
【赤音】「あれ・・・もう勃起してる?あははっ///独り立ちするの、はやそうだね、、、あ!私、朱鷺 赤音っていうんだ・・・おじ様の名前、聞いていい?///あと・・・キス、してほしい///」にゅちゅにゅちゅ、未だに貫かれたままの腰をくねらせ肉棒を刺激し、更にはへその緒が繋がったままの我が子の肉棒をパイズリしながら・・・名前も知らなかった父親に自己紹介と、、、初々しいキスを求めた。
【赤音】 アンバランスなその肉と心を示すように、うっすら開いた片目には人では有得ない色にそまっていた。
【赤音】 ▽
【ゼス】「ゼスだ。ゼス・ジャージー。よろしくな、かわいい俺の女」そういって唇を重ねます
【GM】 舌を絡め、口内を味わうようなキスを交わします
【GM】 このメスは俺のものだといわんばかりに臭いを染みつかせるような濃厚なキスを・・・・・・
【GM】 ▽
【赤音】「んっ ぜす・じゃーじー・・・ゼス様v・・・あたし、ちょっと大変な雌だよ?飽きさせたら、にげだしちゃうからねーーーんんむぅ♪」そんなつもりはこれっぽちもないけれど、からかうように笑って言い、重なる唇、入り込む舌をうけいれ、濃厚なキスを堪能する・・・いつの間にか、胸の谷間で我が子の初射精を受け止めていた事に気づいたのは、それから呼吸困難になるまで吸い付き続けたキスを終えたときだった。
【赤音】 ▽
【ゼス】「逃がしてやらないから安心するんだな」そういうと再び唇を交え長い長いキスをする
【GM】 女が、雌が、男に、雄に、その一生をささげた瞬間と言えようこの瞬間
【GM】 形はかなりいびつかもしれないが、当人たちにとってはこれでよかったのだろう
【GM】 満足そうにしている二人が、そこには愛し合っていたのだから
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ヒロインクライシス くらくらセッション
【牛の肉嫁】
【GM】 閉幕です
【GM】 おつかれさまでした
【赤音】 おつでしたー!
【GM】 いやぁえろかわいかった
【赤音】 *・・)えへへ
【GM】 お嫁さんは大事にしないとね
【赤音】 恋より先に悦楽を知った赤音ちゃんの、遅すぎる恋心でした・・・w
【赤音】 あ、妊娠解除でSP+2をリザルトに加えておきますね!>出産RP
【GM】 あいあいさーw
【GM】 恋をしらないでえっちに、といよりは
【GM】 被虐快楽におぼれちゃってたからね
【赤音】 きっと、被虐で普通の人間には魅力を感じず
【赤音】 かといって魔物は倒すべき気持ち良い玩具
【赤音】 半分ホルスタイン化して、初めて牛人にであって、やっと好みの雄にであったのだw
【GM】 好みがニッチすぎるw
【赤音】 赤音ちゃんがこじらせすぎたからね!
【赤音】 あ、それでそれで
【赤音】 もしよければなんだけどーーー
【GM】 ?なんだろう?
【赤音】 さっき生まれた子ミノちゃん、今後ミアスマに余裕が出来たらさ、軍団モンスターとしてつくってみてほしいなってw
【GM】 ほいほい、いいですよw
【赤音】 ありがとーーw
【GM】 いえいえw
【赤音】 赤音ちゃんのミアスマでぐんぐんそだって、パパに負けない立派なジャージー牛になるのだ・・・!
【GM】 ・・) がんばりゅ
【赤音】 それじゃ~ DM化作業しつつ、ねるまでまったりしますのじゃーw
【赤音】 今夜は、こんな酷い性癖のセッションにお付き合いいただき、ありがとーございました///
【GM】 いえいえ
【GM】 こちらこそありがとうございました
【GM】 かわいかったです(なでなでぎゅ
【赤音】 あふあふw