【GM】 1d
【Dice】 bako_GM -> 1D = [5] = 5
【GM】 いつもダイスに感謝を!
【GM】  
【凛】 感謝を!
【凛】  
【GM】 ぷれぜんてっどばい、ばこGM!ぷれいやーいず かづき!
【GM】 自己紹介からおねがいしますわ!
【GM】 ▽
【凛】 はーい
【凛】 「どうも、巳音 凜よ!ストリーミング・ショウの幹部連中を倒すため
【凛】 日夜戦っているわ!」
【凛】 「まぁ、一回も負けなしで勝ち続けてるから、ストリーミング・ショウが解決するのも時間の問題ね!」
【凛】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%CC%A6%B2%BB+%F4%A5+mark%A3%B2
【凛】 そんな風に連戦連勝の記憶を持ってる凜ちゃんです。
【凛】 今回はよろしくお願いしま~す
【凛】 ▽
【GM】 はぁい!そんなおにゅーな凛ちゃんに襲い掛かるのは・・・過去の自分だ!
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【転生少女・凛】転生遭遇、『前世』ダークメイデン凛!【3巡目】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:人気の無い遊歩道
【GM】  
【GM】 深夜に差し掛かる夜遅く、昼間はお散歩を楽しむ人が行き来する遊歩道。
【GM】 しかし今は人っ子一人いない静かな静かな一本道に、鋭い悲鳴と勝ち鬨が鳴り響く。
【GM】 一方は異形の化け物、もう一方は可憐な少女…しかし悲鳴の主は化け物だった。
【GM】 少女…「巳音 凜」は、使命である魔物組織の大幹部の手がかりを追い、魔物を狩り続けている。
【GM】 ▽
【凛】 「これで、とどめっ!」魔物を生み出した冷気で氷漬けにし、拳を叩きこんで粉砕する
【凛】 「ふぅ、手ごたえ無いわね。この程度なら大幹部も楽に倒せるんじゃないかしら?」そう言って埃を払い、今日はもう帰ろうかと踵を返す
【凛】 ▽
【GM】 雑魚退治に勤しむ凛ちゃん、その何度かに敵を痛めつけて情報を引き出す機会がありました。
【GM】 ですが、その情報にいくつか不審な・・・いや、不気味なものが混じっているのです。
【GM】  
【GM】 仲間の居場所を吐くのはまだいい、だがその情報に付随する被害女性の特徴が、凛と同じなのだ。
【GM】 髪も、目も、スリーサイズに性感帯、そして凛の感じるポイントまで同じで、幾度か魔物にソコを突かれた事もある。
【GM】 お陰で連戦連勝のはずなのに、既に何度も何度もレイプされた後のような錯覚を覚えるほど、彼らの情報に当てられていた。
【GM】 ☆陵辱予告ムービー:100秒:魔王城相当(その他):セッション開始時、PCは「CP+1~10/SP+1~10」を得る。 解説:スレ住民がヒロインへ様々な罠を画策し、実行するスレ。
【GM】 今回は100秒分の予告ムービー(CP+10/SP+10)をプレゼントするよ!
【GM】 ▽(シーンアクトを1つ宣言可能です!
【凛】 んでは
【凛】 いぢめてくださいを
【凛】 使用します
【凛】 あ、やっぱり未使用で
【GM】 らじゃw
【凛】 「・・・・・・うぅ、でもほんとに、なんなのよこいつら。攻撃が的確というか、」
【凛】 「・・・ピンポイントで私を狙ってる・・・みたいな・・・?」と首をかしげて言う
【凛】 ▽
【GM】 では、消え行く魔物をみつめながらそう呟いてた凛がふと視線を上げると
【GM】  
【GM】 目の前に、凛と全く同じ顔がありました。
【GM】 背の高さもオナジなのか、まるで目の前に鏡でもあるようなその顔・・・しかし、身体が全く違います。
【GM】 凛と全く同じ姿の彼女は、その鎧が淫靡にゆがみ、首輪に刺青、明らかに恥辱を目的としたような恥部を透けさせる素材のスーツ。
【GM】 何より、凛とした生気を漂わせている表情とは裏腹に、この世の全てを恨むような濁った瞳がじぃっと凛を見つめます。
【GM】 ▽
【凛】 「なっ!あ、あなた誰?!・・・あぁ、そういうこと、どっかで私をコピーしたのね?強すぎて叶わないから。で、あなたはサンドバックにされてた人形って事ね?」一歩距離を置いてから自信満々に言い放つ
【凛】 「で?サンドバックが何の用?殺してもらいにでも来たの?」と構える
【凛】 ▽
【GM】 目の前の凛の言い様に、無表情だった「黒い凛」の表情が歪む。
【GM】 特にコピーと言い放った瞬間のその表情は・・・コレ以上無いほどの憐憫が篭った嘲笑だった。
【DM凛】「えぇ、そうね・・・サンドバックで肉便器で、もう何度死んだかわからないわね。あはは、はははっ」乾いた笑いが暗い夜道に染み渡るまで笑いきると・・・
【DM凛】「でもね、コレ以上死にたく無いのよ、だから・・・貴女から奪うわ、血を、肉を、命を・・・良いでしょう?「巳音 凜」ちゃん?」
【GM】 ぶわり!無造作に掲げた手から溢れる黒い魔力が凛を狙い、構えた凛にプレッシャーをかける・・・何故あんな雑魚に良い様にされているのかわからないほどの魔力の放出を・・・りんに向けて!
【GM】 ▽(RP後 戦闘開始します!
【凛】 「な、良い訳ないでしょ!勝手に死になさい!」そう言って冷気で応戦するよ!
【凛】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始!VSダークメイデン凛(IV4) 行動順はそちらの凛ちゃんからだね!
【凛】 はいさー!
【GM】 ちなみに、全力出撃なので本気でやらないとほぼ負けるよ!がんばれーw
【凛】 うぇいうぇい!?
【凛】 じゃ、じゃあ
【凛】 ブリザードウェイブ
【凛】 +オーバーロードで
【GM】 いきなりーー!・
【凛】 飛ばしてくー!
【GM】 きなさーい!
【凛】 14d+5
【Dice】 B6_rin -> 14D+5 = [6,6,3,2,4,1,1,3,3,3,2,1,2,6]+5 = 48
【凛】 で
【凛】 クリティカルヒット
【GM】 6が3つあるので+9かな?
【凛】 えっと
【凛】 ういです!
【凛】 57点!
【GM】 6の数*3だからねw
【GM】 むぅ!受動の無いDM凛ちゃんには防ぐすべなし!腰を飛ばして耐え忍ぶよ!
【凛】 あ
【凛】 そうだ!?DMだから装備あるんだ!?
【凛】 早まったwww
【GM】 腰AP0で、アクトは 仕込まれた異物(CP2SP2)をもらおうかな!
【凛】 あいあい
【GM】 ではーーー 反撃だぁ!
【凛】 こーい!
【GM】 魔力の渦が凛を襲う!
【GM】 1d6+7+2+2+3+10 最初の出目が1で達成値+10&6が二個以上で達成値+6×3 イビルフォース&アニヒレイト(MP3+3)
【Dice】 bako_GM -> 1D6+7+2+2+3+10 = [4]+7+2+2+3+10 = 28
【GM】 28点のあdメー時
【凛】 じゃあ
【GM】 ダメージ!受動とアクトどうぞ!
【凛】 腰飛ばして
【凛】 無垢なる純情を
【凛】 使っておきます
【GM】 ほいさっさ!
【GM】 ターン更新でそちらの行動ですわ!
【凛】 ういです!
【凛】 では、
【凛】 ブリザードウェイブ!(通常!
【凛】 2d+5
【Dice】 B6_rin -> 2D+5 = [1,5]+5 = 11
【GM】 胸で受けるーーー!APが16>5 だ!
【凛】 ラッキーヒットで
【凛】 21ですん
【GM】 ってらっきーありか!胸が飛んだねw
【凛】 (ニッコリ
【凛】 うし!
【GM】 魔性の果実/突き刺さる視線/異形の身体 でCP4SP3もらう!
【凛】 ういうい!
【GM】 ではーーー Cp5消費して、お返しだ!
【GM】 6d6+7+2+2+3+10 最初の出目が1で達成値+10&6が二個以上で達成値+6×3 イビルフォース&アニヒレイト(MP3+3)
【Dice】 bako_GM -> 6D6+7+2+2+3+10 = [4,1,1,3,4,3]+7+2+2+3+10 = 40
【GM】 残念!40点ダメージをどうぞだよ!
【凛】 胸でうける~!
【凛】 いぢめてください、尿道快楽を使用で
【凛】 装甲なくなったー!
【GM】 んお?
【凛】 ん?
【GM】 あぁ、刻印引継ぎでつくってるのね いじめてーをさいしょからってなんでじゃ?っておもったからw
【凛】 あいあい
【凛】 刻印は引き継がせて頂きましたですよ
【GM】 ただ 尿道はSP30以上なので無理じゃないかな・・・?
【凛】 ・・・あれ?
【凛】 あ
【GM】 尿道快楽 SP30以上 HPダメージ
【凛】 いろいろミスってる!?
【凛】 お漏らしに変更します
【GM】 ういういさ!
【GM】 デハターン更新で、そちらの行動どぞー!
【凛】 さて、
【凛】 一点足らないからオーバーロード出来ないwww
【GM】 ここで倒せるかどうかでかわるからねーw
【凛】 じゃ、全部突っ込もう
【凛】 ポテンシャル7点で
【凛】 ブリザードウェイブ
【凛】 9d+5 勝てたらいいなぁ
【Dice】 B6_rin -> 9D+5 = [4,5,6,3,2,4,4,6,2]+5 = 41
【GM】 受動無しはきっついーい!
【凛】 47だ
【GM】 致命表だよ~!
【凛】 うっしゃ!
【GM】 1d6+6 致命表
【Dice】 bako_GM -> 1D6+6 = [1]+6 = 7
【GM】 強烈な衝撃を受けて全身を震わせ、倒れ伏し意識を失う。行動不能になる。
【GM】 無念・・・!
【凛】 最低値・・・無念
【GM】 ではーーー
【GM】 凛の全力攻撃によて倒れたDM凛、大股開きのあられもない姿で気絶した彼女の秘所は丸見えでーーー
【GM】 その丸見えの膣から飛び出してくるモノがあった!
【GM】 DM凛の膣内を苛んでいた<仕込まれた異物>は、目の前の新鮮な肉に襲い掛かる!
【GM】 ☆スレッド名「日刊!全自動絶頂マシーンを作る!」路地裏貴族相当(戦術):シナリオ中いつでも、「ウィッチハント(Ro)」の罠をPCの人数分使用できる。使用費は掛からない。解説:有志がヒロインをエッチに喘がせる為に日々絶頂マシーンについて語り合い実践投入するスレ。
【GM】 さらにーーー
【凛】 さらにー!(尻尾ブンブン
【GM】 迷宮工房*3で 乱打*3を追加!
【凛】 ふむ?
【GM】 ウィッチハントが+3d6されるぞい!
【凛】 うぇーい!(嬉し気
【GM】 罠[『SS』仕込まれた異物(TP:24/任意/ウィッチハント相当/迷宮:乱打*3)]
【GM】 罠のIVは0だけど 設置したターンに行動開始するかは・・・
【GM】 そうだね!凛ちゃんの知力で察知できたかにしようか!
【凛】 はーい
【GM】 目標値10で判定どうぞ!性交すればこのターンだめーじなしよ!
【凛】 2d+5 ぽーい
【Dice】 B6_rin -> 2D+5 = [5,1]+5 = 11
【凛】 おぉ
【凛】 ギリギリ
【GM】 惜しい!
【凛】 おしぃ!
【GM】 では、ギリギリのところで回避するが、身体に張り付いてきた淫具を取り外すさないとまずいことに!
【GM】 ターン更新で 凛ちゃんの突破どうぞ!
【凛】 えっと、
【凛】 知力でしたよね?
【GM】 突破能力は任意だから自由にどうぞ!
【凛】 じゃあ、知力で!
【GM】 こい!
【凛】 2d+5 とぅ!
【Dice】 B6_rin -> 2D+5 = [4,4]+5 = 13
【GM】 TP24>11 一気に半減!
【GM】 だがーーー 追撃は強烈だ!
【凛】 おぉ~!?
【GM】 5d6+3 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数 いーち!
【Dice】 bako_GM -> 5D6+3 = [1,6,2,4,6]+3 = 22
【GM】 5d6+3 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数 にーい!
【Dice】 bako_GM -> 5D6+3 = [5,4,5,1,1]+3 = 19
【GM】 5d6+3 単体/3回攻撃  ダメージ+使用アクト数 さーん!
【Dice】 bako_GM -> 5D6+3 = [1,3,5,3,5]+3 = 20
【凛】 にゃー!
【GM】 22点19点20点 の3つのダメージとアクトどうぞ!
【凛】 二発目でダウーン!(ビクンビクン
【凛】 アクトは
【GM】 あ、アクトは1発目の時点でつかわないと2発目で起き上がった後じゃないとアクト宣言無理だ彼ね!
【凛】 あいさー!
【凛】 えっと
【凛】 純潔の証 後ろの処女、強制絶頂、膨れ上がる胎、肉便器
【凛】 で!
【GM】 らじゃらじゃ!HPダメージの判定はどうぜ2発目で沈むので省略するね!
【GM】 先ずは、2発目でのダウン致命どうぞ!
【GM】 堕落は無いから1d6+0だね!
【凛】 はーい
【凛】 1d6
【Dice】 B6_rin -> 1D6 = [5] = 5
【GM】 瘴気に襲われ戦場に倒れ伏す。あなたの知らない感覚が全身を襲い、全身が震えて倒れ伏す。
【GM】 行動不能になる。
【凛】 全滅表イキマース
【GM】 そのまえにーー!
【凛】 お?
【GM】 約束の品をお届けしよう!
【GM】 ☆即席淫乱娘開発計画スレ:生体改造室相当(捕縛):[▼] 敗北したPCに経験値80を与え、[淫乱症]にする。(既に[淫乱症]のキャラには使用できない)この効果を使用した場合、[●]施設は使用できない。 解説:敗北ヒロインの人格から肉体まで一気に崩壊させる外道スレ。
【凛】 うぇーい!
【GM】 魂に刻まれた淫乱調教を呼び起こしてあげよう!
【GM】 ではあらためてーー全滅表どぞw
【凛】 あーい!
【凛】 1d6!
【凛】 あ
【凛】 1d6
【Dice】 B6_rin -> 1D6 = [3] = 3
【GM】 全滅のすぐ後、モンスターに犯されているところを冒険者に救出される。
【SP】+1する。
【凛】 うい
【凛】 SP、+30ですwww
【GM】 わはーw
【GM】 リザルトの為に総獲得CPSP アクト数を纏めて報告願う!
【凛】 えーと
【GM】 特にCPは色々ごちゃってそうだからね!
【巳音 凜(MP6(6))】HP[0/28] AP[16/0/0] CP[14/27] SP+29 BS[//]  アクト8/8[無垢なる純情/後ろの処女/純潔の証/膨れ上がる胎/強制絶頂/肉便器/いぢめてくださいなので
【凛】 CP27 SP30 アクト8!
【GM】 DM凛ちゃんはこうだね!
【全力凛(MP8)】HP[0/17] AP[0/0/0] CP[10/15] SP+5 BS[催淫/ミルク//] 輝石 アクト4/6[仕込まれた異物/魔性の果実/突き刺さる視線/異形の身体 でCP4SP3もらう!
【GM】 CP15SP5アクト4
【GM】 デハリザルトしておくので、裏でやりたいRPの事とかおしえてくださいな!
【GM】  
【凛】 ういうい
【GM】 リザルト出します!
【GM】  
【GM】 PCリザルト:凛mark2
【GM】 [経験点]基礎:20 + モンスター:40(20+20) + CP:27 + 戦略:2 + 軍団:80 + 装備効果 0=169
【GM】 [ミアスマ]基礎:8 + SP上昇分:15.0(SP60上限) = 23.0 [SP] 30 [名声] 0 [BS] なし
【GM】 [魔物刻印] ストリーミング・ショウ [人脈/任意] 巳音 凜(DM)
【GM】  
【GM】 NPCリザルト:DM凜
【GM】 [経験点]基礎:40 + メイデン数*20:20 + CP:15 + 装備効果 0 + 獲得経験地半減 = 36
【GM】 [ミアスマ]基礎:8/2=4 [SP]05
【GM】 [浄化刻印] 巳音 凜 mark2 [人脈]巳音 凜 mark2
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&専売令)
【GM】 [ミアスマ]基礎:10 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:0 + 軍団施設:22+5+5+0 = 50
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+0 = 10
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵1体+再生用ミアスマ+0
【GM】  
【GM】 以上だよーー!
【凛】 ひゃ
【凛】 169!?
【凛】 169!169!!!!!(驚きながら喜ぶ
【GM】 渡した提供できる最大級の経験点譲歩だからね・・・w
【GM】 私がw
【GM】 一気にLv3だねーw
【凛】 ばこさんがかwww
【凛】 一気に!
【GM】 軍団の規模が上がればこれくらいできるってことでw
【GM】 まぁ、1度きりだから今後はちまちまあげていってねぇw
【凛】 はーい
【凛】 とりあえず、必要事項は書きこみましたので
【GM】 ではー ここからエロール開始!
【凛】 わーい!
【GM】 打ち合わせは裏で
【GM】  
【GM】  
【GM】 凛の全力攻撃によて倒れたDM凛、大股開きのあられもない姿で気絶した彼女の秘所は丸見えでーーー
【GM】 その丸見えの膣から飛び出してくるモノがあった!
【GM】 DM凛の膣内を苛んでいた<仕込まれた異物>は、目の前の新鮮な肉に襲い掛かる!
【GM】 飛び出してきたのは一見して蜘蛛のような生き物だった。
【GM】 しかしその蜘蛛は脚の間に皮膜をもち、全身がぬらぬらとてかって傘のように凛の全身にガシリとしがみ付いてくる。
【GM】 サイズはマチマチながら、凛の手の平より小さいものは存在せず、胸、腰、顔、腕、脚…ぺびびち!はりついてくる!
【GM】 ▽
【凛】 「仕込み罠っ!きゃぁ!?」へばりつくそれをとっさに叩き落とすが幾らなんでも量が多すぎた
【凛】 「うぁ、動けな、ふごっ、むぐぅ!!」胸にへばりつき上体を拘束されたが最後
【凛】 その場に倒れこんで、抵抗出来ないまま群がられる
【凛】 ▽
【GM】 凛を引き倒した歪な蜘蛛達は、暴れる凛を押さえつける。
【GM】 腕を頭の上で組んだ状態で蜘蛛がしがみ付き、脚も膝裏に大きな蜘蛛がへばりついてマンぐり返し状態で地面に縫い付けてしまう。
【GM】 ダークメイデン凛との戦いで衣服がボロボロだった凛はその姿勢をとらされると恥ずかしい箇所を余すところなく晒す格好になってしまった
【DM凛】「くっ・・・ぅぁっ///はぅっ・・・いかがですか?私の産んだ、、、ラビアハガー達は、、、うふふ♪あはははは!酷い格好ですね?」ボロボロの裸体を起こし、地面に拘束された凛の額をぐりぐりと踏みつけるDM凛。足の下の凛の悲鳴を聞こうと、つま先で口を塞いでいたラビアハガーを引き剥がすとなじるように胸を、尻を脚で踏みつける。
【GM】 ▽
【凛】 「ひっぎ。このっ、卑怯者!はなっ、しなさい!」胸を、尻を踏みつけられ、一瞬出かかった甘い声を噛み殺し、目の前の敵を睨みつける
【凛】 「こんなのえ、なけれっば!」身をよじって抜けだそうとして、目には敵意がメラメラと燃えている。
【凛】 ▽
【DM凛】「あはははっ♪サンドバックになった気分はどうですか?とても屈辱的で・・・気持ち良いはずですよ?」敵意に燃える凛の瞳を見つめたまま、強めに胸をふみにじる。誰よりも知っている自分の身体の快楽スイッチを押すように乳首をつま先で抉り、胸が歪むほど強くいじめてあげる。
【GM】 そして同時に、しがみついたラビアハガーの内部の口がカリカリ、ぐちぐち、皮膚に噛み付き、痛みと痒みの中間のような刺激を全身に与えていく・・・
【GM】 ▽
【凛】 「気持ち良い訳、だめっ、そこっはっ、っ~~~!」胸をいじめられ、歯を食いしばって声を殺す。
【凛】 「っ!っつ!っ~~~~!!」ラピアハガーの甘噛みも、感度が高く設定されている凜の身体が快感に変換する
【凛】 「ふっ、ふっ、かいよっ、こんなのっ!」頬を上気させ、発情した顔で言い放つ
【凛】 ▽
【GM】 強情にも不快だと言い放つ発情顔の凛に、笑みを引いたDM凛は強く視線をなげつけーーー
【GM】 ばきぃ!っとその鼻っ柱をへし折るように顔面にかかとを落とす。凛の可愛い顔を一撃で台無しにする強烈な踏みつけを見舞った後、その脚はわき腹に、みぞおちに、どす!ごりゅ!っと突き刺さる。
【DM凛】「強情!なのもっ!いいですが、、、いい加減!知りなさい!!貴女は、私の、予備、、、そうよ!私が、私がぁぁああああ!」青ざめながらヒステリックを起こすDM凛は、綺麗な髪を振りみだし、凛の身体ごとハガーたちすら蹴り潰して暴虐を与えていく・・・
【GM】 ▽
【凛】 「へぐっ!がぼっ、ごばっ」顔面に一撃、内臓にも、打撃を食らって、血反吐混じりの唾を吐く。
【凛】 「予備、ね・・・あなたが私の予備なんでしょ?倒錯しちゃって、だいじょーぶ?」と強気に嗤う。
【凛】 「がふっ、みっともないわね、私の体で」と、悪態をつくよう
【凛】 ▽
【GM】 はぁはぁっと、肩で息をしながら凛の悪態を聞いていたDM凛は、一度だけ大きく呼吸をすると、再びくすくすと笑い出す。
【DM凛】「えぇ、えぇ、そうよね・・・貴女はそういう風に調整されてるのだったわね。哀れだわ、滑稽だわ、でも・・・許してあげる、貴女の命は、私の餌なのだから・・・っ!」
【GM】 青ざめていた顔が徐々に血色を戻すと同時・・・凛の顔の上でくちゅくちゅと恥部を自ら弄り見せ付けるように自慰をはじめるDM凛。鏡で見たように瓜二つのおまんこを、目の前でいじりまわり、ぽたぽたと凛の顔に愛液をおとしていく・・・
【GM】 そんな光景を凛にいやというほど見せ付けた後・・・ぐっと下腹部に力を入れ、最期のハガーを産み落とす。
【GM】 ずるぅうっ!っと伸びてきたのは膣を押し広げるほどの太さを持った肉の棒。その先端は鋭い牙が並び、歪な口内を晒すようにぎちゅぎちゅと口を広げて凛の目の前で歯を鳴らす。
【DM凛】「ラビアハガー・・・今からこの子が、貴女の処女も、子宮も、内臓も、食べてくれるのよ?キスくらいしてあげたら?くすくす」嗤うDM凛は、オマンコから生えたようなラビアハガーを揺らし、凛に恐怖を植えつけようとする。
【GM】 ▽
【凛】 「な、なにして・・・ひぃっ!?」いきなり始められた出産オナニーの光景に悲鳴を漏らす
【凛】 「こ、殺すのね?良いわ、殺しなさいよ」ガタガタ震えながら言う「あなた達魔族に辱められる位なら、殺された方がましよ!」と吠える
【凛】 ▽
【DM凛】「あら、いいの?…死んだ後にもらえればいいのだし、静かでいいかもしれないわね。いいわ、殺してあげる。感謝しなさい?」
【GM】 吠えた凛にむかって、あまりにも自然にそう帰すDM凛は、膣からハガーを産み落とすとーーーその身体をなでてお願いする。
【GM】 ラビアハガーはそのお願いを即座に実行、長い鎌首をぐるりと凛の細い首に巻きつけると一気に締め付け窒息させていく・・・同時に膨れ上がる頚動脈周りをその鋭い牙ががぶりと噛み付き、みちみち!っと肉と皮をかじりとっていく。
【GM】 窒息、失血、痛みとは違う、しかし今すぐに死を連想させる二つの行為が、自然と行われた。
【GM】 ▽
【凛】 「そうよ、一思いに、ひぐっ」窒息に声が詰まる、
【凛】 呼吸ができない、出血で体温が下がる。死が眼前に迫る恐怖に
【凛】 じわぁ、と凜の股間から湯気とアンモニア臭が溢れる
【凛】 「かっひっ!」死の恐怖に涙が浮かび表情が歪む▽
【DM凛】「ヘェ、そんな顔して死んでいったのね私・・・それじゃ、あと1分ほどで貴女はお終い。言い残すことがあれば聞くわよ?」
【GM】 人撫ですることで、ハガーの締め付けが僅かに緩み、窒息死の足音が遠のく・・・がビュウビュウと破れた血管から飛び散る血の量はタイムリミットの近さを如実に表し、遺言を聞こうというしただけだと凛に確かに伝える。
【GM】 ▽
【凛】 「さ、さむい・・・やだ、こんな死に方やだ、一瞬で殺してよ・・・こんな苦しい死に方いやぁ・・・」失血で朦朧としながら、凜の弱い部分が丸出しになる。
【凛】 「死ぬのもいや、死にたくない。私は・・・私はヒロインなんだかか・・・不幸な結末なんて・・・」と、うわごとの様に言い続ける▽
【DM凛】「全く、わがままね・・・でも、わかるわよ?その気持ち・・・まぁ、ダメだけどね?くすくす」心の折れた凛を見下ろし、心の底から愉快そうに嗤うと・・・
【DM凛】「お遊びはそこまでね、死ぬ前にちゃんと採取しなきゃ・・・ハガー、処女膜から心臓まで、ひとかじりしましょうね?」
【GM】 1分はいいすぎだが、あと10数分で失血死するのは確実の凛、最期の数分間で必要な遺伝子情報を得る為にDM凛は血濡れのハガーをだきあげると・・・マン繰り状態の下半身しっかりハガーをかみつかせた。
【GM】 ぐにぐにと爪が知りに、太ももにくいこむのをかくにすると・・・
【DM凛】「それじゃ、凛ちゃん・・・臨死の破瓜よ?タップリ感じてね?」っと凛に嘲笑をむけながら、トドメの一撃を見舞う。
【GM】 凛の膣口に潜りこんだ牙口亀頭は、膣口をかじり、えぐり、どんどん進む・・・やがてたどり着いた処女膜を、突き破るのではなく、かじり取って、更なる奥を目指す為に。
【GM】 ぐち!めち!ぎちゅ!ぐじゃぁぁ!ラビアハガーが突き進む度に齧り、えぐりながら、ラビアハガーは確実にその身をつきこんで行った。
【GM】 ▽
【凛】 「やだ、死なせ、ひぃん!」人は死に瀕すると子孫を残そうとする本能が有る
【凛】 凜も、死に体で、身体は子孫を残そうと、発情しきって、ラビアハガーの進行を快楽として受け入れた
【凛】 「やっ!ひぃん!ひぬっ!これっ!らめぇ!」無様な格好で快感に悶える
【凛】 「これ、ひぬっ!きもちよしゅぎっ!ひぬっ!」身体を跳ねさせて、声を上げる。
【凛】 そのせいで出血が増えて凜の命のリミットがドンドン減っていく
【凛】 ▽
【DM凛】「今頃素直になっても、もう遅いわよぉ?ほら、見える?あなたのおなか、子宮ももう直ぐもぐもぐされるの・・・あはぁっ♪美味しいみたいねぇ?貴女の大事なお部屋♪」
【GM】 致命の快楽に身を捩る凛の上にしだれかかり、ボコボコ蠢くハガーの頭を腹筋越しに撫でいていたDM凛は、その先端が子宮口を捉えたのをかくにすると、ぐりぐりとその部分を指先で押し込んでハガーを暴れさせる。
【GM】 ぶちぶちと子袋を食いちぎり、暴れるせいでめちゃくちゃに引き裂かれる子宮・・・その音をうっとりと腹に耳を当てて聞きほれた。
【GM】 ▽
【凛】 「や、め、ひっいいいぃぃぃ!!」ハガーの頭が胎内で暴れ回ると、それだけで絶頂に押し上げられてしまう。
【凛】 「ひいぃ!ひっぎ、ひ、っ~~~!!!!!」休む間もなく子袋を食いつぶされて、凜を固定するハガー達が外れそうなほど喜びに身を跳ねさせ
【凛】 既に絶頂から降りてこられなくなっていた
【凛】 ▽
【DM凛】「あはははっ♪やっぱり私よねぇ・・・これでイキまくるなんて・・・あぁ、情けない、はしたない♪ちょっと、いたずらしたくなるわ・・・っ!」耳を当てていた腹…その中心にあるへそ穴に指を突き立てると、DM凛は魔力弾を数発叩き込んで臍を貫き内蔵をずたずたに引き裂く・・・空いた穴から指をもぐりこませると・・・ほかほかと温かい腸を引きずり出し、その内臓を追ってハガーが更に大きく臍穴を食い破り飛び出してきた。
【GM】 見える?感じる?貴女のお腹の中、全部この子が美味しくもぐもぐしてるのよ? と、イキまくる凛に魅せつける様に齧られる腸を魅せつけてあげた。
【GM】 ▽
【凛】 「にゃ、にゃにす、ゴバァッ!?」内臓に風穴あけられて血反吐を大量に吐き出す。
【凛】 「ごっ、がへっ、がっ」既に虫の息の状態で胎を食い破れて、自身の腸が食い尽くされる様を、
【凛】 「いひっ、あ、ははは・・・」恍惚の表情で眺め、嗤う▽
【DM凛】「もう壊れたの?あぁ・・・そろそろ目が見えなくなる頃なのかしらね・・・仕方ないわね、それじゃ・・・ハガーちゃん、もう一度潜って・・・えぇ、そう、ココをお願いね・・・?」
【GM】 ここ、と教えたのは血濡れの胸、その合間・・・どんどん脈を弱くさせる心臓だった。
【GM】 ぐにぐにと心臓を刺激するようにつめたくなっていく乳房をもみながらDM凛は最期の時を見守る。
【GM】 ごり、ぎょりゅ!ごりりりり!めきぃ!快楽を届ける神経の通った背骨を齧り、しゃぶりながら凛の身体を貫き駆け上ってきたハガー。
【GM】 ぶしゅう!っと肺を片方突き破って内部を血で満たしながらばれ周り、漸くその牙を心臓に届かせた。
【GM】 左心房へがぶり!と噛み付いた牙は、小さな牙がひとかみで深く噛み締めると・・・溢れる血潮を余すところ鳴く吸いながら心停止しそうな肉塊を咀嚼にあわせて強制的に動かし、最期の瞬間まで延命させた。
【GM】 ▽
【凛】 「おひぃ!おぶっ!がぼっ!」背骨を齧られ、あまりの快楽に真っ暗な視界がフラッシュする。
【凛】 既に口腔は血で一杯になり、あるのは心筋を食い千切られる快感だけ、
【凛】 そんな快感を味わいながら、最後の瞬間、を楽しむ▽
【DM凛】「さぁーーー、いらっしゃい。私の可愛い可愛い、ハガーちゃん♪」囁くような声が凛の谷間で響く。
【GM】 その声を切欠に、ぐじゅ!ぐじゅ!っと子気味良く咀嚼していたハガーの動きがかわる。
【GM】 ねじるように身をよじり、左心房の肉を一気にくいちぎりーーーーその肉と血を巻き込みながら心臓を内側からえぐる。回る、引きちぎる・・・
【GM】 ぶちぶちと太い血管も細い血管も纏めてねじりきり、貫通させ、溢れる血を飲み下しながら声の方へと突き進む。
【GM】 ゴリィ!っと、ぶち当たる胸骨を内側から齧り、抉り、叩き割って飛び出せば、血と肉と骨片を撒き散らし、りんの胸、その谷間から顔を出す。
【GM】 直ぐ傍ら、胸に耳を当てていたDM凛の頬に甘えるようにスリ浮きながら、子宮から胸まで貫いたその長い身体をさぐねぐねうごめかせ、最期の最期まで凛という肉を味わいつくしていた・・・
【GM】 ▽
【凛】 「・・・・・・・・・」心臓を食い尽くされ、胸骨を処女膜のごとく破られて、既に光のない目がハガーを見つめていた。
【凛】 最期の最期までイキ続けたその表情は、色欲に満たされた顔で、舌を突き出して死に顔とは思えないほど無様なていを晒していた
【凛】 ▽
【GM】 満足げにハガーを胸から引きずり出す・・・メキメキト、下半身をホールドしていた本体が下半身を、胴を、胸元をめちゃくちゃの肉塊にしながら引き抜き終えて、ごろんと転がる無様な顔。
【GM】 何人目かもわからないが、何度か見たその顔に心底憐憫を感じながら・・・しかし何もする事ができない事を知っているDM凛は、今正に蹴り砕こうとした足をおろして、その場を去る。
【DM凛】「貴女の魂はあと何度、死ぬのかしらね・・・私の足で踏み砕いても、新しい魂がその役目を引き継ぐだけ・・・ごめんなさい。ごめんなさい。」転がる首、その首筋に刻まれたナンバーを見下ろしながら、凛は何度も何度も謝り続けた。
【GM】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【転生少女・凛】転生遭遇、『前世』ダークメイデン凛!【3巡目】」BAD-END
【GM】 新しい凛が生まれるとき、次のボディは更なる改良を加えられるでしょう!そして記憶は、無残な処女喪失となります!
【GM】 以上で今夜のシナリオは終了します!おつかれさまでしたーーー!
【凛】 お疲れ様でしたー!
【凛】 久しぶりのエロセ、楽しかったです!
【凛】 っと、お時間大丈夫?
【GM】 だいじょぶよーw
【GM】 3じくらいまでならおきてる!
【凛】 ほみゅ、ほみゅ
【凛】 っと、次回はまた、どこかで致しましょう
【GM】 ほいさっさw
【凛】 予定は未定
【凛】 また、顔出せるときに顔出して相談しますね
【凛】 では、今日はここら辺で
【GM】 らじゃーw DM含めたりんちゃんの更新もまってますね!
【凛】 ういうい!
【GM】 おやすみなさいませ~!(凛ちゃんの血肉枕ですやすや
【凛】 余裕あるときにやっちゃいますね!
【凛】 おやすみなさーい!(DM凜ちゃんの胸枕でzzzzZZZZ