【GM】 1d
【Dice】 bako_zenji -> 1D = [5] = 5
【GM】 いつもダイスに感謝を!
【GM】  
【GM】 では、自己紹介と、その他もろもろ、よろしくおねがいしまーす!
【菜穂】「阿国菜穂ですわ、前回は…前回は不覚を取ってしまったけれど、今回は負けませんわ!」前回の恥辱を胸に、次こそは負けないと意気込みを見せるも、その黒い戦闘服の下腹部にはくっきりとピンク色の淫紋が浮き上がってしまっています。
【菜穂】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%B0%A4%B9%F1+%BA%DA%CA%E6%A1%CA%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%CB
【菜穂】「体の調子…?……べ、別に何もありませんわ…!手足が敏感になったとかそんなことはありませんわっっ!!」顔を真赤にして答えますが、咄嗟に手や脚を庇います。
【菜穂】「今回こそ…このマンションを制覇してみせますわ!絶対に負けたりなんて…しませんわ!!」盛大にフラグを立てて再度ダンジョンに挑むのです!
【菜穂】 ▽
【GM】 うふふvいい具合に仕上がってますね・・・まだまだ元気な菜穂ちゃんですが・・・どうなるかな?
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【肉オナホ】美少女ヒロイン菜穂!まる呑みマンションへの進攻!【2回目】」
【GM】 軍団「ストリーミング・ショウ」シナリオ開始です。
【GM】 http://www.usagi-o.sakura.ne.jp/TRPG/wiki/wiki.cgi/HC?page=%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC%A5%DF%A5%F3%A5%B0%A1%A6%A5%B7%A5%E7%A5%A6
【GM】  
【GM】 蔵鞍市:まる呑みマンション
【GM】  
【GM】 とある魔物の軍団が所有する5階建ての雑居ビル…通称「まる呑みマンション」。
【GM】 あなた「阿国 菜穂」は、所属するヒロイン互助会から依頼を受けこの魔窟へと挑む。
【GM】 前任者ヒロインによると、各階層の最奥まで突破すると上階へのパスが刻まれるらしい。
【GM】 その先に待ち受ける階層主を倒すせばそのまま上階に乗り込めるが、困難な道のりだ。
【GM】 前回、貴女は階層主に何とかたどり着くも返り討ちにあい、随伴の女性に痴態を晒した。
【GM】 そんな凶悪にして淫靡な魔窟を最上階まで攻略し、このビルを開放するのが任務だ!
【GM】 ▽(RPどうぞ~♪
【菜穂】「次こそは…負けませんわ」自分を奮い立たせるようにしながらマンションの中へと入っていきます。黒いピッチリスーツ、上から羽織っただけのジャケット、溶け折られた剣、そして下腹部で悪目立ちしている刻まれた淫紋。それらを引っさげて再度あの魔窟へと挑みにいきます
【菜穂】 恐らく同伴の互助会の人間は不安しか感じないであろうフラグ発言をしながらマンションの中へと入っていくのです!
【菜穂】 ▽
【GM】 菜穂は快感と共に身体に刻まれた刻印…まる呑みマンションのパスを利用し上階へと向かう事になる。
【GM】 だが、各フロアのパスリーダーはフロアの置く…菜穂は過去体験した責め苦を再び受けることになるのだった。
【GM】 ☆陵辱予告ムービー:200秒:魔王城相当(その他):セッション開始時、PCは「CP+1~20/SP+1~20」を得る。 解説:スレ住民がヒロインへ様々な罠を画策し、実行するスレ。
【GM】 今回は1フロア分(CP+4/SP+4)をプレゼントするよ!
【GM】 ▽(シーンアクトを1つ宣言可能です!
【菜穂】 アクトは特になしで!
【GM】 らじゃー!
【菜穂】「いきますわよ…今回こそはここをあっさりと突破して…」部屋へと入ればすぐに閉じる肉壁…あの穴に手足を突っ込んで、魔力をたっぷりとつぎ込んでいけば開く…
【菜穂】 一度は経験した事をもう一度ヤるだけだと、胸に言い聞かせて手足を飲み込ませて……
【菜穂】「あ…あひああっvvv敏感にゃのっ…無理っっ…無理いいっっっvvvvv!!!」数分後、あっさりとアクメしながら必死に魔力を注ぎ込んでガクガクと体を震わせる姿がそこにはあるのでした。股間を突起に屠られ、手や足の指を蹂躙され、胸を好き放題に弄ばれる。
【菜穂】 そんな状況で淫紋がぴっちりスーツ越しに光ってパス持ちだと言うことを知らしめていきます。前回の獲物がまた犯されに来たぞと。
【菜穂】 ▽
【GM】 それからたっぷり菜穂の魔力を吸い取ったドアイミテーターは、前回同様四肢を吐き出すように菜穂を落とし、音も無く開いていく。
【GM】 罠のフロアを抜けた先、階層主が居た部屋には以前は無かった謎の台座にディルドーがそそり立っている。
【GM】 非常に悪趣味だが、そのディルドーは階層主の一物そっくりにできており、ソレを挿入することで上階へいけるらしい。
【GM】 報告書からでも伝わる悪意への苛立ち、だが、結界の張られた上階への階段が貴女にそれ以外の行動を許さない。。
【GM】 ▽
【菜穂】「っく…あ…っひ……vvvv」ビクッッビクッッッ!と体を震わせながら這いずり、報告書の通りに従う…
【菜穂】「ふーっっ…ふーっっ!vvv」必死にその台座のディルドを使って体を持ち上げると、ゆっくりと息を整える…
【菜穂】「悪趣味…極まりないですわ…っ!」嫌そうな顔をしながらその台座に登り、しゃがみ込んで股間部にディルドを擦りつける…そしてそのまま
【菜穂】「んっっ…いひいいっっっvvvv」ずぶううっっ!とそのまま押し込んでいけばあの時のレイプの感覚が蘇り体を強引に火照らせる。体をのけぞらせながら上昇を始めるまで奥に奥に…強引に自分の意思でそのディルドをねじ込んでアクメしていきます
【菜穂】 ▽
【GM】 ディルドーが子宮口をぐにゅう!っと押し上げた瞬間、淫紋が熱くなり光り輝くとーーー
【GM】 パリィン!っと何かが割れる音がして、階段を封鎖していた結界が砕け散る。
【GM】 挿入したままなら、結界の修復は始まらないらしく、呼吸を整え上階へ挑めるだろう。
【GM】 ただし・・・その膣が魔物の肉棒の形を覚えてしまうリスクがあるのだが。
【GM】 ▽
【菜穂】「んお…おほおっっvvv」腰をカクカクっと情けなく震わせて子宮口に突き刺さるディルドをゆっくりと台座から引き抜く。
【菜穂】「コレで…上がればっ……んっくひいっvvv」そして歩こうとすれば膣肉がディルドに食い込んでぴっちりと密着してしまいます。その密着している状況で歩くのは、1歩が1ピストンにも感じられる状況で…
【菜穂】「こ、このくらいっvvvでえっっvvv負けませんわああっっ!vvvv」必死に自分を鼓舞しつつ、ディルドにマン肉で必死に挟み込んで上階へと進む姿はとっても無様なのです
【菜穂】 ▽
【GM】 上階からとろとろと粘液が流れ落ちてくる階段を上がった先は1階と同じ広さのようだ。
【GM】 だが、その部屋は長大なワームがその空間みっちりに居座り、ぽっかり口を開いていた。
【GM】 前任者によれば、そのワームの口に飛び込み、淫毒体液とうねる肉管を潜り進む事になるらしい。
【GM】 一度攻撃してしまうとその口は閉じ、翌日まで開く事は無い…という内容のレポートが上がっている。
【GM】 少しでも早く移動する為に、身動きの取りにくいワームの中を移動する【運動力】が問われる罠だった。
【GM】 第2階層攻略:『ストリーミング・ショウ』MM2F-バキュームパイプワーム(TP:60/運動/迷宮:なし)
【GM】 ▽(RPどうぞ♪その後戦闘開始だ!
【菜穂】 あ、シーンアクトでマンションパス・タトゥー使いたいです!
【GM】 Oh らじゃーですわ!CP2/SP4どうぞ!
【菜穂】 わーい
【菜穂】「はぁっ…んあぅぅぅっvvvv」びくっびくっと何度も腰を震わせてアクメしながら登った2階層目。ズルリと股間から堕ちたディルドはスーツ越しにたっぷりと体を犯して高めた状態にしてくれてしまっています。
【菜穂】「次は……ワーム……でしたわね…vvv」そして息を再びなんとか整えながらワームへと近づいていきます。言われたとおりの状態ならば、本気で挑まねば容赦なく淫毒で体を狂わされるだろうともわかっていますが
【菜穂】「覚悟…しなさいっ……私が制覇して…みせますわぁっ…!vvv」半分意地になってワームの中へと攻撃と認識されないように体をゆっくりと入れていきます。
【菜穂】 ▽
【GM】  
【GM】  
【GM】 ではーーー戦闘開始だ!今回はMP消費はないけど、運動でしか突破できないぞー!
【GM】 そちらの開幕から行動まで、どうぞじゃ!
【菜穂】 運動…っ!
【菜穂】 では…普通に突破試みます!
【GM】 こーい!
【菜穂】 2d+1+1d+1
【Dice】 B9_naho -> 2D+1+1D+1 = [6,3]+1+[5]+1 = 16
【GM】 ずじゅずじゅv TP60>44 一気に16メートル進めた様だね!
【GM】 だがーーーその移動の反動は大きいぞぉ!
【GM】 2d6+20+0+1+2 単体 ダメージ+ターン数*4+アクト数+名声*2+魔物刻印*2、致命表+1&拘束&催淫付与
【Dice】 bako_GM -> 2D6+20+0+1+2 = [5,3]+20+0+1+2 = 31
【GM】 31点ダメージと催淫拘束♪
【GM】 受動とアクトどうぞーー!
【菜穂】 他で受けてコート効果でBS無し!コートはこわれちゃいました!
【GM】 あいかわらず、意味の無いコートだこと♪
【菜穂】 アクトは無しですわ!
【菜穂】 これがあるとBS受けられない(
【GM】 では、がくんとペースがおちた菜穂ちゃん、突破どうぞーw
【菜穂】 もっかい突破ですわ!
【菜穂】 3d+2
【Dice】 B9_naho -> 3D+2 = [6,2,1]+2 = 11
【GM】 TP44>33 ヤット折り返し手前・・・ってところかな?だいじょうぶかい?
【GM】 このまままる呑みで倒れてもいいんだ♪
【GM】 2d6+20+4+1+2 単体 ダメージ+ターン数*4+アクト数+名声*2+魔物刻印*2、致命表+1&拘束&催淫付与
【Dice】 bako_GM -> 2D6+20+4+1+2 = [1,3]+20+4+1+2 = 31
【菜穂】 ソレは無様すぎますわあっ!?
【菜穂】 胸で受けて胸0!
【GM】 またもや31てーん♪ 受動とアクトどうぞ!
【菜穂】 大きすぎる胸と淫らなる緊縛!
【GM】 ぎちぎちv
【GM】 お胸がつかえたということかな・・・?
【菜穂】 んだね!
【GM】 うふふv それでは次のターンどうぞーw
【菜穂】 ううう
【菜穂】 ポテンシャル…4点!
【GM】 こーいw
【菜穂】 6d-2 固定値マイナスですわぁ…
【Dice】 B9_naho -> 6D-2 = [5,1,6,4,1,5]-2 = 20
【GM】 詰まって焦って、一気に神秘力を♪うっふふふw
【GM】 TP33>13 かなり進んだようですね♪
【菜穂】 うぐうう
【GM】 でもーーー次で抜けれるか非常に微妙なラインv もしかして、もしかしちゃうのかなw
【GM】 そんな不安を掻き立てる・・・
【GM】 2d6+20+8+3+2 単体 ダメージ+ターン数*4+アクト数+名声*2+魔物刻印*2、致命表+1&拘束&催淫付与
【Dice】 bako_GM -> 2D6+20+8+3+2 = [3,3]+20+8+3+2 = 39
【菜穂】 こ、腰も…0ですわぁっ…
【GM】 39てーん♪
【菜穂】 生えてない、はいてない!
【GM】 今度は腰がひっかかったようだ・・・ デカ尻めーw
【GM】 出口はあと少し・・・運命のターン どうぞ♪
【菜穂】 ポテ2点でっ…
【GM】 こい!
【菜穂】 4d-2 てりゃー!
【Dice】 B9_naho -> 4D-2 = [3,5,3,6]-2 = 15
【GM】 くうう!
【GM】 見事!ワームを突破できたようだ!
【菜穂】 HP無傷なのは素晴らしいですわ!(服はドロドロ)
【GM】 では、アクト4つぶんのRPをしましょうか♪
【GM】  
【GM】  
【GM】 ゆっくりと侵入したワームの内部は、むわぁっとした生暖かくじとじととした肉の筒。
【GM】 しかも生き物らしく菜穂が触れればその付近はビクン!ッとわななき、じゅわぁっと粘液を滲ませる。
【GM】 そしてドアイミテーターが菜穂の四肢を引きこむように、肉の壁がぎゅむぎゅむ律動し菜穂の身体をゆっくり引きこむ。
【GM】 こんな場所では衣服は逆に進む邪魔になりかねないし、菜穂の大きな胸や尻など、カーブの度につかえそうになって菜穂の移動を妨げる。
【GM】 ▽
【菜穂】「んぶむっっ…ううっ…vvvううっ…このネバネバ…体が…取られてっっvvv」肉の筒を必死に進んでいけば、所々にある突起にジャケットが引っかかりあっさり脱げてしまう
【菜穂】「っく…ぅ……ヌルヌルしてるのに…イボイボが邪魔でっっ…vvv」なんとか進むたびに乳首やクリトリスを肉襞でぞりゅぞりゅと擦り上げられて粘液を刷り込まれていく
【菜穂】「でも…これなら行けそう…ですわっvv」そして体をみるみるうちに淫毒に蝕まれているのに、意外と進みが順調な事に気を取られて気が付かずに警戒も薄く進んでいくのです
【菜穂】 ▽
【GM】 やがて、16メートルも進んだ頃、菜穂を飲み込んだわーむがゆっくり攻撃を仕掛けます。
【GM】 ぼこん!ぐにゅうvびゅじゅぅv っと、不規則に、ランダムに、しかしどんな場所でも快感を感じずにはいられない微振動の肉瘤。
【GM】 ドアイミテーターの行う、四肢と胸、陰部だけに特化した動きではないが…予測できないその責めは菜穂の全身を開発していく。
【GM】 更に、入り口から離れるほどに新鮮な空気はなくなり、淫毒混じりの濃密で重たい湿った空気しかなくなる。
【GM】 今や戻る事すら不可能なほど進んでしまった菜穂には前に進む事しか許されない・・・
【GM】 ▽
【菜穂】「はぁっ…vvvんはぁっvvv」呼吸が荒くなり淫毒をたっぷりと吸い込んで体中に循環していく…そんな中で全身の至る所を肉の振動でゆっくりと、しかし着実に虐められていきます
【菜穂】「この…肉筒……震えてっっ…っひやぅっっvvv」時折敏感な部分をブルブルと震わされてそのたびに細かいアクメを繰り返し蓄積されていきます。
【菜穂】 すでに身につけているピッチリスーツは淫毒をたっぷりと吸い込んで防具としての意味をナシていません
【菜穂】 ▽
【GM】 淫毒を吸収しぴっちり肌に張り付いたスーツは、時折肉にキュルルvと吸い付いてしまい逆に進む邪魔にすらなりえる用になった頃・・・
【GM】 緩いカーブを描くワームの体内を通過しようとした菜穂の胸を、無数の肉瘤突起が突き出して責め立てます。
【GM】 元より狭くなっていたカーブと、更に淫瘤の隆起によってがっちりとその場に菜穂を拘束し、ここぞとばかりに肉壁全体が菜穂の全身をぎゅうう!っと締め付け、しぼりあげてくる。
【GM】 ぎゅうう!ふわ、ぎゅうv、、ふっvむぎゅうう!全身を締め付けられ、ほんの一瞬だけ緩ませ、また締め上げる。
【GM】 菜穂の全身が血流すら操作され、じんじんとした痒みに似た快感が強制的に、しかじじっくりと菜穂の肌、肉、内臓にまで刻み込まれる・・・
【GM】 ▽
【菜穂】「あ、あれ…止まって……んひいぅっっ!?vvvv」完全に動きが止まってたっぷりと肉を堪能されながら全身をむず痒く切ない発情肉として仕上げられ始めます。
【菜穂】「体っ…おかしい…ですわっっ…vvvv」息がどんどんと激しくなり、体をゆっくりと犯されてまるで…捕食されているかのような動きで責め立てられていきます。
【菜穂】「早く…抜け出さないと…なの…んにいっっvvvv」じっくりと、しかし確実に調整されていく体…そしてうっとりとしたその顔には雌の色香が漂いきっています。
【菜穂】 ▽
【GM】 存分に嬲り、あと少しで捕食丸呑みでイク。そんな瞬間をみはからったかのように、ふわりと菜穂を締め付けていたワームは責めをやめる。
【GM】 だがーーー、そんな僅かな休息の時間も荒い呼吸をつくだけで肺を淫毒が犯し、高ぶった身体を沈静させる事は無い。
【GM】 やがて、絶頂感だけが遠ざかる頃にふたたび菜穂を奥へ奥へとゆっくり飲み込む動きが再開する。
【GM】 ▽
【菜穂】「っい…いくっっ…!いっっ……っっ!?な、なん…ですのっ…!?vvv」体が絶頂を迎える直前、遠のく快楽の爆発に寂しさすら感じる…
【菜穂】「あと少しでっ…いけたの…にっっvvv………っっ!何を私はっ…!?vvv」そして自分の発言を信じられないという様子で口をつぐんで止めます。それでも絶頂まで後一歩の上質な雌肉となった体を淫毒で維持されて…絶頂が静まり快楽だけが残っている状態で再び飲み込まれ……完全に弄ばれながら肉筒を進んでいってしまうのです…
【菜穂】 ▽
【GM】 ずじゅ、ぐにゅvむにゅう・・・再びはじまった進攻だが、菜穂がイキそうになると止まる律動のせいでその進みはますます鈍る。
【GM】 そしてーーーワームの熱がこもった空気が最も濃くなる地点をとおりすぎようとして、今度はそのオスを誘う尻がぎゅうう!っと締め付けられる。
【GM】 ぎゅうう!ぎゅうう!ぎゅうう!ふわvぎゅうううう!
【GM】 今度はその下半身・・・無毛のワレメに食い込む下着の無いピッチリスーツ越しにも膣口に淫瘤が押し付けてぶるぶると振るえテイマまでに無い直接的な快感を送り込む。
【GM】 それは、下半身・・・いや、菜穂の子宮を中心にまる呑みされる快感を、絶頂の悦びを刻み込む為の責めであり・・・やはり、絶頂の寸前までつづくのだった。
【GM】 ▽
【菜穂】「だ、だめ…子宮はだ…めぇっっvvvv」ガクガクガクっと快感が容赦なく高められる体…下半身を震わせられて快楽を発信し始める感覚…必死に抵抗しようとするその手足も狭い肉筒の中では動かせない…
【菜穂】「ま、またっ…イカせて…くれなっっ…vvvvひぐううっっっvvvv」ぴっちりスーツ越しにわかるくらいに無毛マン肉がその快感でくぱぁっ…くぱぁっ…とヒクついてアクメしたいとおねだりし始めています。
【菜穂】 ▽
【GM】 胸も、お尻も、オマンコも、それどころか肩、腹、背中、頭部ですら、度重なる淫毒と肉瘤愛撫で性感帯のようになり始めた頃。
【GM】 ふわぁっと涼しさを感じる空気が菜穂の鼻腔をくすぐる・・・光はまだ無いが、出口が近いことを菜穂が知ると同時、逃がさないとばかりに最期の攻勢がワームから行われる。
【GM】 全身を、それこそ頭から爪先までぎゅうう!っと強く締め付け、淫瘤がノリのような粘着液を吐き出して肌に張り付いてくる。
【GM】 絶頂感を高める為ではない、むしろ痛みすら感じるキツイ拘束が・・・菜穂を体内から逃すまいと包み込む。
【GM】 ▽
【菜穂】「も、もうすこ…しで…外……んうぐうっ!?vvvあ、あがっ…お、ぁっ…んいぎいいっvvv!?!?」強烈すぎる拘束、瘤からぶち撒けられる粘りつく淫毒…最後の強烈で乱暴な責めに対しても高められ続けた淫肉は快楽を感じてしまうのだった…
【菜穂】「い…イグッ…いっ…く…っひぎっっvvvんおおぁっっっvvvvv」そして最後の開放…それが引き金となってか、快楽が暴発したかのように…外に排出されると同時に無様にアクメをしてしまうのでした
【菜穂】 ▽
【GM】 ずりゅ、じゅぼぅ!っとワームの排泄穴から飛び出してきた菜穂は、どちゃ!っと肉の床に落ち、無様な姿でアクメを晒す。
【GM】 そんな菜穂を見下ろすものがそこにはいたーーー
【GM】  
【GM】 ワームの先に待っていたのは、忘れたくとも忘れられないあのおぞましい魔人だ。
【GM】 全身をネトネトの体液が覆い、水っぽい身体は極度の肥満体型をした中年のよう。
【GM】 だが、その顔は人類にはありえないほど大きく、手足には水かきと伸びる舌やギョロ目。
【GM】 二足歩行する巨大なウシガエルそのもののような魔人、奴の体液が上階へ繋がる鍵なのだ。
【GM】 ウシガエル魔人はその巨体に見合った剛直をそそり立たせ、部屋の中央で貴女を待ち構えている。
【GM】 第2階層ボス:『ストリーミング・ショウ』下層管理魔人(Kn:Iv4)
【GM】 ▽(RPどうぞ♪その後戦闘開始だ!
【菜穂】「っく…ふ…ぁっ……vvvま、また…あなた……っっくvvv」アクメして全身がイキ肉状態となっている状況で、あの1階層で無様に敗北させられた奴と再び相まみえてしまった…
【菜穂】「次…こそは……負けませんわあっっ!vvv」そして必死にアクメしながらの状態で息を荒げてその魔人と相まみえるのです
【菜穂】 ▽
【GM】 菜穂が立ち上がるまでゆっくり見下ろしていた牛蛙は、げろぉvっと鳴き、舌なめずりをしながらのっそり前に出たーーー
【GM】  
【GM】  
【GM】 戦闘開始!今回は開幕こちらに無いので、そちらの行動からです!
【菜穂】 んでは…
【菜穂】 ジェノサイドで白兵攻撃!ミラクルパワー載せます!
【菜穂】 1d+4+7+7 達成値倍で!
【Dice】 B9_naho -> 1D+4+7+7 = [3]+4+7+7 = 21
【菜穂】 42点!
【GM】 ぐえーー!?
【GM】 初手からきびしぃーー!
【菜穂】 全身を包むエロスーツの魔術刻印でパワーアップした一撃!
【GM】 今回は直にくらって42点!牛蛙の巨体がふっとんだーー!
【GM】 ぐえへご!?っと驚愕に目を見開く・・・が、反撃だぁ!
【GM】 3d6+9+1+1 白兵/単体 致命表+2&ダメージ時、拘束付与《能:強撃:2》《能補:バインディング:2》《直:ガッツ:3》
【Dice】 bako_GM -> 3D6+9+1+1 = [5,2,4]+9+1+1 = 22
【GM】 22点!受動とアクトどうぞー!
【菜穂】 ブラッディミストをMPの代わりにHP3で使って体力の7軽減
【菜穂】 18通ります!
【GM】 むぅ!しぶとい!
【菜穂】 肉便器、強制絶頂、膨れ上がる腹!
【GM】 ずっぽし、いっちゃったんだねぇw
【GM】 それじゃ、肉便器 嬌声絶頂のHPダメージ判定どうぞ!
【菜穂】 肉便器判定!
【菜穂】 2d+7 体力
【Dice】 B9_naho -> 2D+7 = [4,5]+7 = 16
【菜穂】 強制絶頂判定
【菜穂】 2d+7 体力
【Dice】 B9_naho -> 2D+7 = [6,5]+7 = 18
【菜穂】 ヤリマシタワー
【GM】 ざんねーん!
【GM】 だが・・・!
【GM】 ☆調教刻印<潜在的被虐体質(肉便器)>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「次の行動に-8ペナルティ」する。
【GM】 ☆調教刻印<潜在的淫蕩体質(嬌声絶頂)>:獲得CP+1:消費CPと同数のダイスロールで5or6を出さないと「次の行動に-8ペナルティ」する。
【菜穂】 っく…!
【GM】 うふふ
【菜穂】 次の行動って、攻撃限定?
【菜穂】 女神の印も行動になるのかな?という意味で
【GM】 この場合 判定行為全般ですね!
【菜穂】 つまり女神でマイナスを吸える…?w
【GM】 出目次第だけどそうなるねw
【菜穂】 よーし、両方抵抗なしで次行動-8を2こもらいます!
【GM】 もし女神をしてマイナスが出たらその分ダメージとかになりそうだw
【菜穂】 それも面白そうw
【GM】 むぐ!どうぞじゃ!
【菜穂】 では補助で女神!
【GM】 -16をつけてはんていどうぞ!
【菜穂】 6d-16 回復!
【Dice】 B9_naho -> 6D-16 = [6,2,5,6,3,4]-16 = 10
【菜穂】 ふっふーんw
【GM】 くそぅ!
【GM】 では、そちらのターンどうぞ!
【菜穂】 んでは、ジェノサイド、ポテ7点のせ!
【GM】 こーーーい!!
【菜穂】 8d+7+7
【Dice】 B9_naho -> 8D+7+7 = [6,1,6,4,1,6,5,2]+7+7 = 45
【菜穂】 45!
【GM】 ごえーーー!?
【GM】 瀕死になってしまった・・・!
【菜穂】 くっ、まだいきてっ…!?
【GM】 ぎりぎりだが、いきてるぞーー!
【GM】 ぶっちゃ毛出目に救われたレベルだ!
【GM】 だがーーーふんぬ!っと牛蛙がもいちど攻撃!
【GM】 あ、拘束の-4って計算済みかな?
【GM】 バインディングしたので!
【菜穂】 はい!計算済み!
【GM】 らじゃw
【GM】 ではーーー
【GM】 3d6+9+1+1 白兵/単体 致命表+2&ダメージ時、拘束付与《能:強撃:2》《能補:バインディング:2》《直:ガッツ:3》 たおれるゲコーーー!
【Dice】 bako_GM -> 3D6+9+1+1 = [3,4,4]+9+1+1 = 22
【GM】 でめぇ・・・!
【菜穂】 ブラッディミストでHP消費で18もらいますわ!
【GM】 じゅっぷvじゅっぷv
【菜穂】 肉便器腹ボコ交尾!
【GM】 うぐぅ・・・!では、そちらの攻撃かもーーん!
【菜穂】 ジェノサイド、ポテ1使います!
【GM】 こ、こい!
【菜穂】 2d+7+7
【Dice】 B9_naho -> 2D+7+7 = [5,2]+7+7 = 21
【菜穂】 21点!
【GM】 げこーーー!?
【GM】 そんなのたえられるわけないーーーーとおもったかぁあ!
【菜穂】 な、なんですって!?
【GM】 1戦闘に1度、自分のダメージ1つ、20点軽減《受:空断ち:0》 ぱちぃん!っと身体をたわませ、油ですべらせうけながーーす!
【GM】 1点だけうけて、げこげこ♪
【菜穂】 ひ、ひぎっ
【GM】 うひひひひ!
【GM】 出目次第だが、勝ちがみえてきたぞぉ♪
【GM】 さーーー トドメだぁぁ!
【GM】 3d6+9+1+1 白兵/単体 致命表+2&ダメージ時、拘束付与《能:強撃:2》《能補:バインディング:2》《直:ガッツ:3》
【Dice】 bako_GM -> 3D6+9+1+1 = [2,5,4]+9+1+1 = 22
【GM】 あひん!
【GM】 これはあかん・・・!
【菜穂】 ブラッディミストで4減らして…
【菜穂】 1残った!
【GM】 ですよね!!
【GM】 そちらのたーんだ・・・!脂汗タップリかいた牛蛙に攻撃どうぞ・・・w
【菜穂】 ジェノサイド、ポテ1!
【菜穂】 2d+7+7
【Dice】 B9_naho -> 2D+7+7 = [5,4]+7+7 = 23
【菜穂】 23点ですわ!
【GM】 ぐえごぇぇぇぇ!?
【GM】 残りHP9>-14 牛蛙は倒れたーーー!
【菜穂】 ヤリマシタワー!
【GM】 残り1とは・・・これはやられたわ・・・!
【菜穂】 正直最初のボーナスSPがなければ負けていた…w
【GM】 では、先にリザルトを済ませて、肉便器腹ボコ交尾の最中に逆転に告ぐ逆転劇なえろーるしましょw
【菜穂】 はーいw
【GM】 CPSPと、アクトの宣言願う!
【菜穂】 CP00/21 SP+15
【菜穂】 アクト8/8[タトゥ/大きすぎる/緊縛/はいてない/はえてない/肉便器/強制絶頂/膨れ上がる]
【GM】 あ、そだそだ
【GM】 掟をつかって、敗北扱い・・・今回の場合、牛蛙は倒せたけど、結局脱出にしっぱいして卑猥な姿で排出って演出も可能なのですが、、、いかがします?w
【GM】 演出上の敗北と敗北施設使用可能ってことですねw
【菜穂】 いいですねえw
【GM】 ではーー
【菜穂】 借りは返したけども体力1での脱出失敗とか無様なオチまでついてスッゴいらしいと思いますw
【GM】 ☆痴女判決:指名手配相当(掟):軍団敗北時、PCが運動(14)の判定に失敗すると、敗北の施設を使用される。解説:司法の名の元にヒロインへ恥かしい冤罪をかぶせ、様々な証拠映像を提示し彼女達の人生に多大なる傷痕を残す。
【GM】 運動で判定どーぞ♪
【GM】 クリティカル以外ではだっしゅつできぬぞ!
【菜穂】 2d+1 固定値1だー♪
【Dice】 B9_naho -> 2D+1 = [6,4]+1 = 11
【菜穂】 クリティカルなりそうで怖いw
【GM】 毛っこう頑張ってたw
【GM】 ではーー
【GM】 ☆敗北ヒロイン家畜化ch:ミルク工房相当(捕縛):[●] 敗北したPCの「侵食値」+2だけミアスマを獲得する。(ただし最高7点まで)解説:企業の協力を得てヒロインの身体に様々な調教を施し、極上のヒロイン汁を生成、販売するch。
【GM】 ☆敗北ヒロインオークションch:奴隷市場相当(捕縛):[●]敗北したPCの「名声」×2だけミアスマを獲得する。(ただし最低2点、最高10点)他の[●]効果と同時に使用できる。 解説:捕獲したヒロインが人気者の場合開催されるオークション。ヒロインと痴態を収めた動画をセットで競売にかけて売り渡す。
【GM】 みす!
【GM】 あ、いいや、これでいこうw
【菜穂】 ww
【GM】 菜穂ちゃんは侵食2だから+4と今回勝利で名声1の+2 ミアスマを回収だー!
【菜穂】 ミアスマ6だーw
【GM】 ではーー
【GM】  
【GM】 PCリザルト:菜穂
【GM】 [経験点]基礎:40 + モンスター:30(20+10) + CP:21 + 戦略:0 + 軍団:0 + 装備効果 0=91
【GM】 [ミアスマ]基礎:4 + SP上昇分:7.5(SP60上限) = 11.5 [SP] 15 [名声] 1 [BS] なし
【GM】 [魔物刻印] なし [人脈/任意] まる呑みマンション(NPC/任意)
【GM】  
【GM】 軍団リザルト(掟:法令&指名手配)
【GM】 [ミアスマ]基礎:12 + タッグ:0 + アクト:8 + 敗北:0 + 軍団施設:37+5+0+6 = 68
【GM】 [侵略点]基礎:4 + アクト:4 + 勝利:0 + 軍団施設:2+9+0 + ロスト:0 = 19
【GM】 [その他]ポーン兵3体+ルーク兵2体+再生用ミアスマ+0
【GM】  
【GM】 以上だよ!
【菜穂】 名声ですわぁ!私もついに一人前!
【GM】  
【GM】  
【GM】  
【GM】 ゲコォ!っと声を上げて菜穂の攻撃を受けた牛蛙は、その巨体をいかしたのしかかりを菜穂にしかける・・・どろどろにとろけた菜穂が、さらに攻撃を仕掛けた直後を狙ったその攻撃で菜穂をがっしりおさえこむとーーー地獄の始まりだ。
【GM】 前回同様にヒレつきの手で菜穂の脚をがっしりつかみ、ひらくとーーーつい先日味わった肉壺にむけ、ディルドーと同じ、そしてドクドクと脈打つ密着極太チンポがずりゅぅ!tt挿入される。
【GM】 M字開脚のしせいのまま、菜穂を抱えるように抱き込むと、、、げふぉ!げご!げごぉ!っと菜穂の身体を上下させ、まるでオナホールのように連続ピストンを始める。
【GM】 ▽
【菜穂】「っく…んああああっっ!!vv」巨体によるのしかかりなど対応しきれるわけもなく、敏感になった肉で強烈な衝撃を受けてあっさりと1回目のアクメを軽く決めてしまい…そのまま脚を開かれると前回これでもかと味合わされたチンポをねじ込まれていきます。
【菜穂】 腹部を殴打されたかのような衝撃が走ったにも関わらず、強烈な衝撃を全て快楽として感じてしまう菜穂。
【菜穂】「と、止っ…っっんっっvvvv止めてっっ…vvvv止め…な…んひううっっvvvさいいいいっっvvvv」向かい合っての抱き上げオナホピストン…嫌がる口調とは裏腹にトロットロに溶けた発情雌の顔を晒して愛液をダラダラこぼしながらピストンを受けてしまいます
【菜穂】 ▽
【GM】 げこげこげこ♪菜穂の様子に嗤い、上機嫌になって腰を降り始める・・・うきあがり、落ちてくる肉オナホにむけて子宮を抉るように腰を突き上げる。便器扱いすら生ぬるい、激しい陵辱ピストンを繰り返し、菜穂のおまんこを怪物使用の精液壺にごりごりと仕上げていく。
【GM】 さらには浮き上がる瞬間に抱きかかえていた菜穂をくるりと半回転、亀頭をくわえ込む菜穂のオマンコが捩れるのもキにせず強引に体位をかえては、真正面に迎えたときは胸に吸い付きながら大きな掌でその尻をバッチィン!っと叩き、腫れ上がらせ、、背面にしたときは、その大きすぎる胸の先端を器用につねりながら胸と肉棒だけで身体を支えるようにいじめる・・・それが菜穂の中に眠る被虐体質を目覚めさせると知っているからだ。
【GM】 ▽
【菜穂】「んぶぎぃっvvひぎゅうっvvvvvv」無様すぎる声を垂れ流しながら子宮口まで打ち込まれる怪物チンポに何度も何度も弄ばれていく…
【菜穂】 マン肉を体を回されることで何度も何度も捻られ、チンポが子宮口にギュルン、グリュン…と文字通りねじ込まれていく
【菜穂】「か、体っ…敏感…んでへぇっっvvvv」こんなおぞましい行動でも快楽を感じてしまう…ソレは菜穂の体が確実に肉オナホとして開花し始めていることの証明にほかならないのです
【菜穂】 ▽
【GM】 過激な責めにも確実に快楽を積み上げている菜穂・・・そのおまんこがヒクヒクと絶頂を知らせると、げごぉ♪っと菜穂に見せ付けるようにした舐めずりして嗤う牛蛙。
【GM】 そのまま菜穂の唇を奪い、大きく熱い、弾力のある蛙の舌が菜穂の口内を占有し、どころか、喉まではいりこんでディープキスーーーいや、イマラチオをはじめる。
【GM】 普通なら苦しさで快楽など感じないその行為も、染まり始めた菜穂には被虐快楽としてしっかり根付き・・・トドメとばかりに菜穂のデカ尻を叩き、子宮口をこじ開け子宮姦通をお見舞いする。
【GM】 抗いようの無い強制絶頂、人間・・・いや、並みのヒロインですら心と身体に深い傷を負いかねないその責め苦を叩き込み、意識が飛ぶ寸前まで、イキまくらせひたすらに追い詰めていくーーー
【GM】 ▽
【菜穂】「んもううっ!?vvvv」喉奥まで一瞬で犯されて目を白黒させて…それでも頭は桃色の靄がかかったようにタップリと快楽と淫蕩が根付いていく…
【菜穂】「お、んふううっ!?vvvんぶうっっぶうっvvvvv」喉奥まで犯されて声の代わりに情けない音をたてながら子宮口すらも貫通され、子宮内までも性器化させられながら何度も何度もアクメを繰り返しちゃいます
【菜穂】 ▽
【GM】 菜穂の身体が折れそうなほどのけ反り、快楽も限界を超えようとしたその瞬間にーーー
【GM】 ぴたり、と腰の動きはとまり、喉奥を犯していた舌はずるりとひきぬかれて菜穂の頬をにゅるりと舐める。
【GM】 そのまま、菜穂の理解が追いつく前に牛蛙の巨体は床に寝そべり、その太くて分厚い腰周りのせいで、菜穂の脚は床まで届かずぴったり密着するオチンポをくわえ込んだまま騎乗位の形になる・・・
【GM】 牛蛙はソコから一切の責めを止め、しかし快楽が下がらない程度に腰を突き上げ、舌と手で愛撫を繰り返す・・・
【GM】 ▽
【菜穂】「っくぅ…あ……え…ふぇ?vvv」いつの間にか騎乗位ポーズを取らされて快楽を遠ざけられる…今が逃げる好機!今こそ逃げ切れる…!
【菜穂】 それなのに……いまが一番のチャンスなのに…!
【菜穂】「っく…ぅ…あっ……ふぁっvvv」甘い吐息を吐きながらぼんやりとした思考のなか、強烈な快楽を再び求める体とは軽いピストンに反応して膣肉をキュンキュン締め付けて、子宮口を何度も開けておねだり状態になって逃げられる状況じゃあなくなって締まっています
【菜穂】 ▽
【GM】 どんどん締め付けてくる菜穂のマンコに、ご褒美とばかりに強めのピストンをうちこんであげるが・・・それ以上のことはしない、ぐりぐりと密着する子宮に腰を左右に揺らして抉りながら快感をあたえながらーーー
【GM】 げこぉ!っと何かを命令するように強く鳴く、もちろん醜悪な牛蛙の言葉など通じるわけもないが、それでも伝わるくらい、その悪意はストレートだ。
【GM】 菜穂の宙ぶらりんの脚を両手でゆっくりともちあげ・・・牛蛙の腰、丁度肉棒の両脇に爪先立ちさせるように乗せる・・・脚に力を入れて一気に引き抜けば無防備な牛蛙に有利なポジションを取れるだろう・・・が、げこぉ!っとふたたび牛蛙は力強く鳴く。菜穂に何かを促すように・・・
【GM】 ▽
【菜穂】「そ、そんなこと…絶対に……」一体何をさせようというのかは容易に想像がつく、しかしここでやってしまえばどうなるか……ヒロインとしての行持がここで戦うことを体に命令する。ここまで傷ついた体をまずは回復することが必要だと
【菜穂】「覚悟…んくふぃいっ!?vvvvv」そして体は勝手に行動した…回復が必要だという理性に従って、自ら怪物チンポにエロ蹲踞ポーズとなって騎乗位で子宮の底までチンポを飲み込んでしまった.
【菜穂】「なんっ…でへぇっっvvvv」そして何度も何度も自らの動きでスクワットするかのように体を持ち上げて、全体重をかけて…ぱちゅん♪vvvとピストン、ソレをくり返していきます。同時に菜穂は気が付かないかもしれませんが、全身を覆うボディスーツにうっすらと紫のラインが光っています。
【菜穂】 まるで場末のショーでポールダンスを踊る踊り子か何かかのように淫らに腰を振って自ら怪物から責め立てていくのです
【菜穂】 ▽
【GM】 げごvげここ♪ とうとう自ら踊り出した菜穂に、腹をふるわせ嗤いまくる牛蛙。
【GM】 悪戯するように腰を左右に揺らし、ソレに合わせて身体をくねらせる菜穂…その身体に浮かび上がる淫靡な輝きを眩しそうに見つめながら、沸き上がる射精感に身を任せる。
【GM】 げこぉお!震える肉棒をぺっとりと子宮口に密着させ、ごびゅるるるるるる!っと数十リットル単位の射精をはじめる・・・数十分かけて注ぎ込み、しかし密着チンポは一滴たりとも溢れさせず・・・菜穂の腹をふくらませるーーー
【GM】 ▽
【菜穂】「んおほおおっっっvvvせ、精液っvvvお、重すぎ…ますわあっっvvvvv」全体重をかけてのピストン、子宮の内部に完全に招き入れて腰を完全に落とした状態で精液を体内へと招き入れていきます。
【菜穂】「か、体…あつぅっっvvvいひいいっっっvvvv」射精を受けるたびに体が燃えるように熱くなり、頭がぼーっとして精液をタップリと受けていく…膨れ上がる腹は既に妊婦と言ってもおかしくないレベルまで膨れ上がり
【菜穂】 子宮内部では魔獣の精液をたっぷりと受けた子宮が確実にアクメ肉として作り変えられていき、子宮を性器として仕立て上げられていくのです
【菜穂】 ▽
【GM】 精液を受け入れ、それすら快楽に変わっていく菜穂をみつめて牛蛙はゲロロォ♪っとわらいながら膨らみきった下腹部の淫紋を舌先でぺとり、と舐める。
【GM】 ずぐん!ずぐん!っと瘴気を送り込めば、淫紋が広がり、卑猥に彩られて部屋の奥、上階への階段の結界を解く力を得る・・・
【GM】 だがーーーその代償は大きい。たとえ心を許さなくとも、自ら魔物の精液を受け入れ、求めたという事実は残る。最初の一歩さえ踏み外せは後はもう二度と戻らない堕落への道だ。
【GM】 ソレを知る牛蛙は自らの精液を受け入れた事で失った体力を取り戻す紫の淫靡な光を放つ菜穂をゆっくりと肉棒から引き剥がし、溢れる精液がかからぬように脇によせる。
【GM】 自分は部屋の中央にどかりと座りなおすがーーー菜穂の行動を止めるつもりは無いと、その場でいびきをかきはじめるのだった。
【GM】 ▽
【菜穂】「あ…ひ……っくぅぅ…vvv」必死にピストンが終われば、いつの間にか解放された体……まるでオナホを使い終わって放置するかのような造作で放置された菜穂
【菜穂】 しかしその腹部の淫紋は確実に大きさを増しており…それは次の階層へと進む道が開けたことを意味しています。
【菜穂】「とにかく…助かったのですわ……一度戻って…立て直し…を……」ザー汁でぼてったお腹を擦りながら…脱出口を探していれば、眠った蛙の下に脱出口らしきものが見え…しかし起こして再び襲われるわけにもイカず…
【菜穂】「………仕方…ない…ですわっっ…vvv」少しその顔は笑みが浮かんでいただろうか…エロイ顔を浮かべて自分が来た道…ワームを一瞥すると強引にその体を逆走させようと入り込んで行きます…
【菜穂】 ▽
【GM】 ワームは自分の身体を逆送する異物に暴れる。飲み込み、送り出すことを是としたその身体は、逆送する菜穂を異物と認識し、締め付け、締め上げ、なぶりつくす。
【GM】 それでもなかなか逆送をとめられないと知ったワームは、菜穂を体内で塗り固める凝固体液をどんどん分泌し、菜穂の身体を包み込んだ・・・その姿はザーボテと大きすぎる胸、そして顔を前に反るように固定され、黒い鉄球に四肢を埋め込まれたような無様な姿。、
【GM】 ごろごろと今度は吐き出すようにワームが菜穂を口元まで運び、にゅるにゅるとその長大な身体を伸ばして1Fの入り口まで口を届けさせるとーーーそのガラス戸にむかっておえっぇえ!っと菜穂を吐き出すのだった。
【GM】 ▽
【菜穂】「んぼおっっvvvんぎ、ひぎいっvvv」あまりにもきつい状況でゆっくりと外へと吐き出されていく…
【菜穂】 そして次の瞬間、体を何かに包まれ…気がつくと同時に、黒い玉のようなものにがっちりと体を固められて入り口へと向かって進めさせられ…
【菜穂】「んぐふうっっvvvv」びくびくっっ!と痙攣しながらアクメ顔を晒し、ザーボテ腹を見せつけるような状況で無様に入り口から排出される菜穂…その腹部では潜入時よりも淫らに書き足された淫紋が輝いているのでした
【菜穂】 ▽
【GM】 付き添いのヒロイン互助会の女性たちは息を飲む、前回の報告を受け、覚悟をしていても目を覆いたくなるような酷い有様に・・・そして不幸な事にワームの排泄玉は勢い良く路上にとびだし、うガードレールにめり込むほどに重かった、援護が来るまでの間菜穂はそのままの格好で路上に置かれる事になる・・・随班員がまもろうとしても、その姿はいくらか晒され、画像や動画はでまわることだろう・・・
【GM】 ▽
【菜穂】「あ、あひっvvv私…勝ち…ました…わ…vvv」まるでうわ言のようにそう呟きながら、ガードレールに突っ込んだボールに四肢を飲み込まれたヒロインは、衆人環視の中股間から汚らしい黄ばみザー汁をたっぷりと排出する無様で滑稽な姿を晒しています。本人の意識が途中で快楽で塗りつぶされていたことがある意味救いでもあったのかもしれません
【菜穂】 ▽
【GM】 不気味で、痛ましく、栄光よりも屈辱の似合うその姿・・・勝利を信じるのは菜穂ただ一人・・・だがそんな菜穂は、マンションの攻略を進める為にまた送り出されるだろう。
【GM】 それは、菜穂が消えるか、マンションを制覇するまで・・・続けられる。一時の勝利などこれから続く試練にくらべれば些細なものに思えるほどに・・・
【GM】  
【GM】  
【GM】 HeroineCrisisTRPG くらくら!「【肉オナホ】美少女ヒロイン菜穂!まる呑みマンションへの進攻!【2回目】」
【GM】 シナリオクリア!おめでとうございます!!おつかれさまでしたーーー!
【菜穂】 お疲れ様でしたあ!
【菜穂】 ふふふ、初勝利っ!うれしいですわっ!
【GM】 勝利したと思えるのは菜穂だけみたいな演出だったけどね・・・♪
【菜穂】 そっちのが菜穂らしいので最高ですw
【GM】 そういってもらてるとうれしーですわ♪
【GM】 リザルトは前回おわってて、ログあげはわたしがしておくので・・・
【GM】 次回のOPで魔王城8のためのエロールとか、牛蛙回復セックスを含む自己紹介とかかんがえておいてくれるとうれしーですわw
【菜穂】 はーい!
【GM】 日程とかは、その後くらいにそうだんしましょ!
【菜穂】 了解ですわ!
【GM】 0時ちょいってきいときながら1時前までおつきあいいただきありがとうございました!
【菜穂】 こちらこそですわー
【GM】 また後日いろいろかたりましょーね♪(お部屋開放!
【菜穂】 ではまた後日!