------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ヒロインクライシスTRPG タイトル『藪を突付いて~おいしいデザート編~』
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


(Hi-TOYA) ということで……ケーキ&喫茶『アーネンエルベ』のVIPルームですかw
(hai-neko) 【蜜穂】(どうしよ・・また来ちゃった・・・
(Hi-TOYA) 【ヴィンセント】「えー、では2時間食べ放題となっておりますので。ご存分にお楽しみください」
(hai-neko) 【蜜穂】「は、はい!がんばります! あ、いえ・・・・・はい・・。(恥」
(Hi-TOYA) ということで、VIPルームに案内されまして
(Hi-TOYA) 【黎】「え、ええと……こ、この度は当店をご利用いただき、ありがとうございます(赤」えー、顔を真っ赤にしている黎がいます。もじもじしてます、思いっきり
(hai-neko) 【蜜穂】「よ、よろしく・・おねがいします・・。」(どうしよー・・こないだ、勢いで変な注文しちゃったせいだ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「……………(蜜穂の様子をまじまじとみて)………(にまーと笑います)」
(Hi-TOYA) 【黎】「ではお客様、僭越ながら先日のお返しも兼ねまして♪」と、笑顔でだきついてキスしましょう。
(hai-neko) 【蜜穂】「んっ、・・え、あの・・この間は・・すみませんでした・・。」その場でカッとなったとはいえ・・気絶した人にすることじゃ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「いえいえ、おかげで固定客をげっとできたので、問題ありません♪」と、するすると蜜穂を脱がしていきましょうか
(hai-neko) 【蜜穂】「あ、・・・っ、ぬ、脱げます・・からっ!・・」と、言いつつも抵抗もせず・・するする脱がされて、ブラも外され・・既にシミを作っている下着だけの姿に・・
(Hi-TOYA) 【黎】「くす、蜜穂ちゃん、もう濡らしちゃってるんですか…?」下着の中に手を入れて、ゆっくりと指を這わせていきます
(hai-neko) 【蜜穂】「あっ!んんっ・・ご、ごめんなさい・・っ!・・ふぁ・・」縦に擦られると、黎の指にねっとりとした濃い蜜がまとわりついていき・・
(Hi-TOYA) 【黎】「そうですねー、では蜜穂ちゃんに心置きなく楽しんでもらえるように…まずは理性か脱いでいきましょう♪」濡れているのを確認した後、膣の中に指を二本ほど入れて…クリを親指で転がします
(hai-neko) 【蜜穂】「んぁっ!そ、そんなに・・クチュクチュ・・しちゃ・・んんん――っ!!」指がかき乱す中・・見えないが感触では既に皮を脱ぎ捨てた恥豆をいじられては・・こらえ切れず・・
(Hi-TOYA) 【黎】「だめー、なんていわないですよね?ここに来た時点で、期待していたんですよねー?」もう片方の手も、後ろから下着の中のお尻をもみ…アナルを指でつっついてみます
(hai-neko) 【蜜穂】「ふぁ!ん、そっち・・まで・・で、でも・・・」いつ菊門を指が犯してくれるのかと・・期待に染まった瞳が…黎を見つめ・・
(hai-neko) 【蜜穂】「わ、わたしは・・・黎さんと・・・黎さんを・・」食べちゃいたかっただけなのに・・
(Hi-TOYA) 【黎】「くす…期待されてしまっては、こたえるしかありません♪」と茶目っ気たっぷりに行った後、指を二本、アナルにねじ込み、秘所をかき回すのと同様にお尻の穴の中も弄び始めます
(hai-neko) 【蜜穂】「ふ、ふっ、・・んっ、ひっぐ、ぁ・・っ・・!」本格的にアナルを弄り犯され始めると…蜜穂の高まりは急激に頂点を伸ばし・・黎の手を臭い腸液で穢すのだった。
(Hi-TOYA) 【黎】「ほんとに蜜穂ちゃんはアナルが好きですねー♪今度、お尻におちんちん入れてあげましょうかー♪」面白そうに、弄ぶかのように、容赦なく弄り続けます。体を両手で僅かにうかせるように持ち上げて
(hai-neko) 【蜜穂】「ひがっぁ!お、おちん・・っちん…♪で、でも・・黎さんに・・そんな・・」おちんちんなどと聞かされただけで・・自分が既に犯されている情景がはっきり想像でき…
(hai-neko) 前後から子宮を持ち上げ刺激されていくと、理性の枷が… 真っ白に溶け・・
(Hi-TOYA) 【黎】「あは、いい顔してきましたよ、蜜穂ちゃん?もうちょっと溶かしてしまいましょう。まずは先日のお礼です♪」
(Hi-TOYA) と、テーブルの上に蜜穂を寝かせて……とりだすは例のクリームチューブ
(hai-neko) 【蜜穂】「そ、それって・・」見覚えのある・・それは
(Hi-TOYA) それを蜜穂のお尻に突き刺して…【黎】「ではいきますよー♪」ぷちゅ、と押してお尻の中にクリームをつめていきます
(hai-neko) 【蜜穂】「んっん――、つ、つめたい・・っ・・・・」
(hai-neko) 精液とも尿とも違う…異物…。見ている分にはおいしそう・・だと思ったのに・・・
(Hi-TOYA) 【黎】「(つぷん)ではいただきます、蜜穂ちゃん♪」取り出したバイブを膣内に突き刺し、かき回しながら………アナルに舌を差込、中のクリームを吸い上げて生きます
(hai-neko) 【蜜穂】「ふっぁ、あ、あぁ・・そんな・・にす、わないで・・ぇ・・」まさか自分がされるとは思っていなかったので・・準備などしているわけもなく・・。汚いままのソコに入ったものを口にされると・・
(Hi-TOYA) 【黎】「だめです、先日いっぱいしてくれたじゃないですか?ほんのお礼ですよ♪舌をおくまで伸ばしてクリームをなめとり、届かなくなるとおなかを押して……果ては触手みたいなものまでつかって、腸内のクリームを書き出して食べていきます」
(hai-neko) 【蜜穂】「ぎっ、ぃぃ・・そ、そんなとこ・・・まで・・・ぁ・・っ!あ、あぁぁ―――っ・・」性器とかした腸のどこかを触手か黎が触れてしまったのだろう・・普段から緩んでいる尿道は弱く・・だらしなく黎の顔を・・・
(Hi-TOYA) 【黎】「きゃ……」顔が尿でまみれてほかほかになり…「んもう、勝手にお漏らしですか。…これはおしおき、必要ですよね?」
(Hi-TOYA) と、顔を離して……股間に肉棒をはやして、アナルをつんつんとつっつきます
(hai-neko) 【蜜穂】「ふぇ・・ごめんな・・さい・・。・・それって・・んっ、」羞恥で赤く染まった頬は涙に濡れているが、目は犯されるのを明らかに期待し今かと待っている雌の眼だった・・。
(Hi-TOYA) 【黎】「あは、期待してたみたいですねー?では、遠慮なく…♪」と、腰を持ち上げて、つぶり、つぶり…ずんっ、と、最初はっゆっくり、途中から勢いよく突き上げて、子宮の裏側を揺さぶります
(hai-neko) 【蜜穂】「ふぁっ、ふ、ふぁ!そ、そんなに・・ごつごつ・・ぶつけ・・ないでぇ・・ぇ・・」身体が跳ねるように子宮を突きあげられると、降りるときにはより深くねじ込まれ蜜穂の芯をどろどろに・・溶かし
(Hi-TOYA) 【黎】「んっ、まだ嘘がありますね。駄目ですよー?蜜穂ちゃんのおまんこ、こんなにどろどろしてるじゃないですか♪」蜜が溢れる膣内にも、バイブをつきさして前後に動かし……子宮口にねじ込むようにえぐっていきます
(hai-neko) 黎の肉棒には・・既に汚れが纏わりつきクリームの破片と混ざっては泡立ち、汚らしいホイップが生まれていた・・。
(Hi-TOYA) 【黎】「くす…(指でそのほいっぷをぬぐい)はい、あーん♪」蜜穂の口の中に指ごといれちゃいましょう
(hai-neko) 【蜜穂】「ひゃがっ、しょっちは・・だ、んめぇ・・んっ、使ったら・・だめ・・なの・・っ・・」口からは拒否のようなねだる様な声が漏れ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「あら、どうしてですかー?こんなにおいしそうにバイブを咥えちゃってるじゃないですか♪」
(hai-neko) 【蜜穂】「ゆ、ゆるく・・にゃったら・・黒子さん・・のっ!ぬけちゃ・・う・・からっ!」 
(Hi-TOYA) 【黎】「あらあら。…まぁそういう事なら仕方ありませんねー♪」と、バイブを途中まで抜いて、入り口に亀頭だけを飲み込むような状態で固定して…そのままアナルの中をえぐり始めます
(hai-neko) 【蜜穂】「あ、あぁっ・・・あ、ありがと・・v」ぬっち、ぬちゅるりと肛門内を抉られるように犯されているというのに、快楽に染まった顔で感謝を述べ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「いえいえ?そのかわりといってはなんですが、もっと徹底的にやってみましょうか♪」
(Hi-TOYA) とー、押し倒している形の蜜穂の体に、こんどはどろりとクリームをぬりたくります
(hai-neko) 【蜜穂】「な、なに・・??」ひんやりとする・・生クリームを塗りたくられ・・甘い匂いが鼻をくすぐり・・
(Hi-TOYA) 【黎】「いただきます♪」はむ、ぺろ、くちゅ…とぬった生クリームを舐め取って食べていきます。舌で転がすようにしながら。
(hai-neko) 【蜜穂】「ひっ、ん・・ぁ・・・」肌に塗られた白いクリームが黎の赤い舌と唇の中に消えていく…ひどく淫猥な…そんな光景を間直に見、次は・・どこへ舌が向っていくのかと想像するだけで震えが襲い・・。
(Hi-TOYA) 【黎】「くすくす……おいし…♪それじゃ、蜜穂ちゃん…そろそろいっかい、いっちゃいましょうね…♪」最後までとっておいた、乳首に塗ったクリームにしゃぶりつき、口の中で乳首を転がして…アナルの中を肉棒で細かく裏側を小突き…開いた手でクリをひねりあげちゃいましょう
(hai-neko) 【蜜穂】「い、いっちゃひぁ!!、あああんんんんっぁぁぁ―――っ!!!」黎の全点攻めは蜜穂の芯を溶かしきり・・部屋に響き渡る声で叫んだ後ぐった・・と黎にもたれ掛り・・
(Hi-TOYA) 【黎】「んぅっ、私も、だしてあげます、ね…んぅっ!」締め付けと同時に、黎も自らの肉棒から精液をアナルに注ぎ込み……甘い息をついて、蜜穂にもたれかかります
(hai-neko) 【蜜穂】「・・ふ、ふっ・・あつい・・黎さんの・・・んぁ・・は、はぁ・・はぁ・・」こんなはずじゃ・・んっ・・。まっしろになった・・頭で・・黎へ・・なんだか…嫉妬にも似たなにかが・・芽を出し・・。
(hai-neko) 【蜜穂】「も、もぅ・・いいですよね・・・。我慢しなくて・・・いいですよね・・・」
(Hi-TOYA) 【黎】「ふふふ、リベンジ完了です…♪(ぬぷり、と肉棒をアナルから抜いて)…はい、いいですよ?我慢しないで、どんなことでも、です♪(笑顔です」
(hai-neko) 【蜜穂】「ふ、ふふ・・じゃ・・ぁ・・」黎とポジションを入れ替わり…黎をテーブルに寝かしつける格好にすると
(Hi-TOYA) 【黎】「ふぁ……」とさ、と寝かしつけられます
(hai-neko) 【蜜穂】「黎さん…私の…頼んだ・・ケーキは・・どこですか・・?んっ、」片足のニーソックスをするすると・・脱がしながら・・舌で汗ばんだ黎の脚を味わい・・
(Hi-TOYA) 【黎】「あは…え、ええと……あ、あそこにあります、よ?」と、カウンターの色とりどりのクリームチューブを指差します。寝かされるまま、足を開いて無毛の秘所とアナルをさらしながら…
(hai-neko) 【蜜穂】「違います・・私の…欲しいのは…んっ・・この・・中です・・よね・・・?」視線をクリームには一瞬向けただけで切り、黎を脅すように・・肛門へ2本指を滑り込ませ
(Hi-TOYA) 【黎】「ふぇ?…ひんっ!え、ええと、それって…まさか……ぁぅ?」びく、と顔をこわばらせて…アナルは指をのみこみ、締め付けます
(hai-neko) 【蜜穂】「注文どお・・り・・、もう・・臭ってきますね・・」くちゅ、くちゅり・・とかき乱しながらも少しずつ拡げてゆき、外界へその存在を示し・・
(Hi-TOYA) 【黎】「はわ…っ、や、ふぁ……き、きたないです、よぉ…ひんっ…!」おくの大きく汚いものが、徐々に降りてきて、指にねとりとしたものが…
(hai-neko) 【蜜穂】「んっ、今、指に当たりましたね・・。わかりますか・・?」すこし硬く・・だが、柔らかすぎない・・そんな状態のモノが指を伝って感触を教え
(hai-neko) 【蜜穂】「もうちょっと・・出さないでくださいよ・・。お皿の用意しないと・・」
(Hi-TOYA) 【黎】「ひぅ…い、いわないでください、そんなの…んぅっ…!」アナルの中でうごめく感覚に甘い声をあげながら 「お皿、あそこです…」と指を刺します
(hai-neko) 【蜜穂】「ありがとうございます・・抜きますね。んっ・・とっても・・臭くて・・黎さんの臭い・・がします・・。」出されては困るので・・そっと引き抜き…その指の汚れを見止めるとその放たれる異臭を鼻腔内へ・・納めていく
(Hi-TOYA) 【黎】「は、はう……う、うう、蜜穂ちゃん、そんなのをおいしそうに…」真っ赤になってます、よっぽど恥ずかしいようです
(hai-neko) 【蜜穂】「はっ・・すみません・・我慢させてるのに・・・・。よいしょ・・はい・・、いつでもいいですよ・・。」黎に声をかけられ、脳を揺らす世界へのトリップから帰還するといそいそと・・望みのモノが出てくる用意を済ませたのだった
(Hi-TOYA) 【黎】「はい、では……んぅ……っ」羞恥にふるえながら、おなかに力を入れて…やがて茶色いものがお尻の穴から出てきて,、、ぶりゅ、ぼと、びちゃ…とお皿の上に落ちてきます
(hai-neko) 【蜜穂】「んっ・・す、すごい…ッ…こんなに・・」お皿へと乗せられていく…黎の大便…。太く大きく・・次第にお皿からこぼれてしまいそうに・・
(Hi-TOYA) 【黎】「んぅ…んっ…!」やがて、ぶりゅっ…と勢いよくでて、排泄を終えて… 【黎】「ふぁ、はぁ…ぁぅ、こ、こんなの初めてです、よぉ……うんちするところ、見られるなんて・・・ぁぅ」真っ赤になって脱力します
(hai-neko) 【蜜穂】「これが・・、黎さんの…ウンチ…。」頼んだとはいえ・・綺麗な黎から出てきたものは・・もっとも汚らしく・・嫌悪感で神経を逆撫で、削いで行く筈の・・モノ・・。
(hai-neko) 【蜜穂】「…あ、あっありがとう・・ございました・・。」はっ、と我に返り・・今さらながら注文したのが・・今、手元に持っているコレ…。コレを・・口に・・
(Hi-TOYA) 【黎】「はぅぅ…(ぁぅ、ひょ、ひょっとして私、とんべりに包丁を…っ)」
(hai-neko) 【蜜穂】「え・・えっと・・いただきますね・・んっ・・(こ、これなら・・」手近にあったクリームをかけると・・手で少しだけ・・掴み。むちゅ・・とした異様な感触をのまま・・ソレを自分の口へ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁぅ…」じい、と真っ赤で顔をそむけながらみます
(hai-neko) 【蜜穂】「はぁ・・ぁは、あぁ・・これが・・こんな味なんだ・・・」クリームが余分な味を足しているとはいえ・・
(hai-neko) 汚物を口にして・・・頬を染めている…そんな少女が・・・
(Hi-TOYA) 【黎】「お、おいしい、ですか…?」
(hai-neko) 【蜜穂】「正直…おいしくないです・・・。…でも・・黎さんの・・ですから・・(ふふ♪」指が次のを運び・・そして、それが繰り返される・・
(Hi-TOYA) 【黎】「は、はう……ぁぅぅ(真っ赤になってその様子をみています…食べ終わるまで」
(hai-neko) 【蜜穂】「あ、これ…トウモロコシですね。ほら♪(笑)あーん、ふふ・・♪」その中に形を残していた黄色いものを掴みだし、黎に確認させると・・自分の口にでぱくっと・・
(Hi-TOYA) 【黎】「き、昨日の夕食…はう、み、見せないでくださいよぉ…(涙目ですw」
(hai-neko) 【蜜穂】「原材料の・・チェックです・・よ♪」はむ、んっ・・既にクリームなど乗ってなく・・直の味を楽しみながら・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁぅ(涙」
(hai-neko) 【蜜穂】「・・これで、はむぅ、ご馳走様でした…♪」最後の一欠けらまで、口に運び終えると・・皿をテーブルに置いて・・
(Hi-TOYA) 【黎】「はぅ…お、お粗末様でした…」ほっとした様子で安心します
(hai-neko) 【蜜穂】「じゃあ、おかわりお願いします♪」と、ぐいっと脚を拡げさせ、肛門部に顔をうずめ
(Hi-TOYA) 【黎】「え”、ひゃっ!?ちょ、ふぁ…♪」予想外だったよーです、再びアナルの責めに甘い声を上げてしまい…
(hai-neko) 【蜜穂】「はむ、むっん、ぁ、む・・」され慣れている分か、異様にアナル舐めが上手く、それは排便を促すほどに・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ひ、んっ、ふぁ、そんな、なめられると…ひんっ、また、でちゃいます、よぉ…ふぁ…っ!」
(Hi-TOYA) あられもなくあえぎ声をあげて…先ほどより液状のものが、腸の奥からどろりと流れ込んできます
(hai-neko) 【蜜穂】「少し、くらい・・残ってない・・ですか・・?はむ、ちゅ・・ふふ、出てきました・・ね♪」
(Hi-TOYA) 【黎】「ひう…ま、また、たべちゃうんですか…ぁ?」
(hai-neko) 【蜜穂】「はむ、おかわりです・・から・・♪」
(hai-neko) 皿に移すことなく、ず、ずずずっじゅる、じゅ、っずずぶぶ・・と、指で押し広げた肛門から吸い出し・・若干の固形物もまとめて嚥下していく・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ひぁ、ちょ、直接、にぃ…っ!ふぁ、やぁ…ひん、んぅ…っ!」吸い上げられるたびに、甘いあられもない声を上げて……残らず全部、蜜穂の口内に排泄してしまいます
(hai-neko) 【蜜穂】「はむ、ん、ぐもぐ・・んっ、はぁ・・はぁ・・ご、ちそう・・さま・・・♪」口もとから顎、胸を茶色に汚しながら・・も、咀嚼し・・最後の味をゆっくり・・ゆっくり味わって
(Hi-TOYA) 【黎】「はぅ……お、お粗末、さまでしたぁ…(くたり」
(hai-neko) 【蜜穂】「まだ、2時間・・経ってませんよね・・・?」と・・手に持っているのは・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ふ、ふぇ…?」
(hai-neko) 【蜜穂】「最後・・水ぽくって…下痢うんちみたいでしたし・・水分はあるんですね」じゃあ、大丈夫ですよね・・と、肛門へ突き挿し、押し込まれていくのは皮の剥かれたバナナに赤いイチゴ・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ひみっ!?」ほぐされたアナルはあっさりと飲み込んでいきます…
(hai-neko) 【蜜穂】「丈夫そうですし、がんばってミキサー役してくださいねw」と果物を次々入れ終えると、最後に太くイボイボのバイブをややムリやり気味に押し込み・・
(Hi-TOYA) 【黎】「み、みき…?ひんっ!」びくん!と腰を跳ねさせて…バイブをあっさりと飲み込みます
(hai-neko) 【蜜穂】「一番大きいのでも、栓できないなんて・・」
(Hi-TOYA) 【黎】「はう……、ひょ、ひょっとして、それで潰すつもり、ですか…?」
(Hi-TOYA) アナルをきゅっ、と〆ちゃいましょう
(hai-neko) 【蜜穂】「じゃ、じゃあ…仕方・・ないですよね・・」バイブを抜き出すと・・すばやく、指を揃えた右手首を、ねじり込み
(Hi-TOYA) 【黎】「ひみぃっ!?」さすがに若干痛かったのか顔をしかめ……それでも、多少きついながらも、手をアナルの中に飲み込んでしまいます
(hai-neko) 【蜜穂】「の、飲み物の提供も…仕事ですよね・・?いけますね・・さすが黎さんです♪」さすがに手は大きく、締め上げられ窮屈だったが・・2度の排便で腸液がぬめり・・なんとか動かせそうだった・・。
(Hi-TOYA) 【黎】「は、はい…んぅっ、お、おしっこ、ですよね…?い、いってくれれば、いつでも、お出しします、よぉ・・・っ」快感と羞恥と苦痛がまざったような顔と声であえぎ始めます
(hai-neko) 【蜜穂】「それは・・じゃあ、んー・・これに・・出してください・・」と、出したのは透明な器で・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ふぁ…は、はい、わかりました、ぁ……んぅ……っ」ぴくん、と震えて…しゃぁぁ…と透明な器に、尿を排泄していきます
(hai-neko) 右手は肛門内で果物を腸壁に押し付けてはぐちゅぐちゅに潰しつつも・・左手は溢さない様にしっかりうけとめ・・
(hai-neko) 【蜜穂】「黎さん…の・・黄色いおしっこ・・。よく見えます…」
(Hi-TOYA) 【黎】「ふあ・・・み、みないでください、よぉ…」目の前で蚊かまれて、アナルの中に手を入れられている時点ではずかしいも何もないのですが…それでも震えて、あえぎながら器を満たしていきます
(hai-neko) 眼下では透けるような尿の中、小さな尿道が開き器に注がれていくのがよく見える・・。
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁぅぅ(赤」
(hai-neko) 【蜜穂】「出し切りましたか・・?(くちゅ)どうですか?」後ろから、無理やり膀胱を押し上げもう出てこないか・・なぁ・・と
(Hi-TOYA) 【黎】「うう…も、もうでないです……」
(Hi-TOYA) 最後にちょろ、としぶきをあげて、膀胱がからっぽになります
(hai-neko) 【蜜穂】「今ので最後・・みたいですね・・♪うわぁ・・黄色いおしっこ…こんなにきれいで…じゃぁ・・んく、ごく、っく・・」頭上に掲げ、光で透かしては黄色く揺れる水面を楽しみ・・そして、大便とおなじ道を辿り・・
(Hi-TOYA) 【黎】「」
(Hi-TOYA) 【黎】「は、はうう・・・お、おしっこまでぇ…」
(Hi-TOYA) なんかいろいろ、価値観というものが更に壊されそうです。DHになった時点で一度壊れたのですが…w
(hai-neko) 【蜜穂】「んっは…はぁ、すごく・・すっぱくて、しょっぱくて・・臭いも…でも、黎さんのおしっこの味でした…♪」その器の1滴まで、喉を下ることになる・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁぅ…」アナルをきゅっと締めてしまいます、その様子に
(hai-neko) 【蜜穂】「おしっこ・・飲まれて…感じたんですか?こんなに痛いくらい締めたら、果物潰せないじゃないですか・・」と言いつつも、指先はしっかり動き腸をひっかいては感じさせて
(Hi-TOYA) 【黎】「ひゃ、ふぁ…っ、は、はい…ひぁっ」言われて力を緩め…そ中を引っかかれるたびに体を跳ねさせます
(hai-neko) 【蜜穂】「今キスしたら・・・うんことおしっこの味…わかるかもしれませんけど・・どうします・・?」
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁ、ぁぅ…………………………く、ください…………」
(Hi-TOYA) しばらく凍りついた後、そういいます
(hai-neko) 【蜜穂】「黎さんも・・変態で、よかったです・・♪いっしょに・・♪はむ、ちゅ、れる・・♪あん、むっ、ぁ・・♪」答えはきっとわかっていたのだろう・・。同族の臭いがするとか・・そんなところで
(Hi-TOYA) 【黎】「はむ、ちゅ、んぅ…んっ、んぅ……っ…!」味とくささと、アナルの快感に悶えています……多少首をふって否定していますが、快感のために上手く表せませんw
(hai-neko) 【蜜穂】「はむ・・どうです・・自分の汚い…うんちとおしっこ・・の味…わかります・・?」
(Hi-TOYA) 【黎】「ふぁ……う、うう…苦くて全然美味しくないです…ケーキの冒涜ですよぉ…(涙」
(hai-neko) 【蜜穂】「黎さんのはビター味なんですよ・・♪変態ケーキですから♪」
(Hi-TOYA) 【黎】「ぁぅぅ…」
(hai-neko) 【蜜穂】「んっ・・そろそろ・・ジュースもできたかなぁ・・・」
(Hi-TOYA) おなかの中はぐちゃぐちゃになってますね
(hai-neko) 【蜜穂】「最後に・・かき回しますから、漏らさないでくださいね♪」と黎の下半身を起こし、まんぐり返しにすると
(Hi-TOYA) 【黎】「ひみっ!?」アナルをきゅっ、としめます
(hai-neko) 【蜜穂】「この、このっ・・もっと・・いっぱい・・!」中で拳を固く握ると体重を乗せて・・黎の括約筋や腸壁の締め付けも無視する様な、直腸の奥を目指して力任せにつき込むのだった
(Hi-TOYA) 【黎】「ひぎっ、や、こわ…んあぉっ…!?」あがるのは悲鳴と苦痛のくぐもった声と…やがてほんの僅か、快感の声がまざりますが……それでも大半は痛みの声をあげます
(hai-neko) 【蜜穂】「お尻…こわ、れたら・・ごめんなさい!」わかっていながらもやめる気配はなく、腸壁を削るように拳を落とし
(Hi-TOYA) 【黎】「みぎいっ!」びぐんっ、と体を大きく悶えさせます
(hai-neko) 【蜜穂】「んっ、ふ、んっ・・はぁ・っはぁ・・」蜜穂の体力が切れる頃には・・黎の肛門は壊れてしまったのか…最初ほど腕を締めつけるほどの力はなく・・
(Hi-TOYA) 【黎】「ふぁ…ぁぅ…(ぐた」くたり、と足や腕からもぐったり力がぬけてしまいます。黎のほうも気を失ってしまった模様
(hai-neko) 【蜜穂】「もう・・いいですよね・・」黎の身体など気にせずに・・ぬっぶぶぶッ・・!!と引き抜くと横に倒し、ぽっかりと空いた肛門から流れ出る・・すっかり茶色になった果物だったろう物に口をつけ・・
(Hi-TOYA) ごぼり、としまりを失ったアナルから、果物と腸液の混合液があふれ出ます
(hai-neko) 【蜜穂】「はむ、ん・・ん・・ごっくっ・・ん、・・やっぱり…すこし・・血の味がしますね・・。ごめんなさい・・」流れが止まるまで頬張って、一気に飲み干して・・この感想では報われないだろうが・・今の黎には届いていないのが幸いか
(Hi-TOYA) 【黎】「はぅぅ……」うめき声ともあえぎ声ともつかない声をあげます
(hai-neko) 【蜜穂】「…ど、どうしよう…黎さんのお尻…こわれちゃった・・」
(Hi-TOYA) えー、そこらあたりで、そろそろ二時間がたとうとしていますw
(Hi-TOYA) 【店長】「(がちゃ)えー、お客様。そろそろお時間となります(営業スマイル」
(hai-neko) 【蜜穂】「え、え・・はい・・」自分は糞や尿でどろどろで・・黎は気絶し、肛門はゆるゆるに・・この惨状を見て・・
(Hi-TOYA) 【店長】「……ぁー、えー………お客様、次回はほどほどに自重ください?(笑顔です。おでこに怒りマークがすこし」
(hai-neko) 【蜜穂】「あ、はい…すみません…。黎さんが・・黎さんのお尻がよかったので・・・」つい・・
(hai-neko) ペコペコ謝りつつも本音がぽろっと
(Hi-TOYA) 【店長】「……まぁ、サドマゾだから仕方ないんだが……はぁ、後でちゃんとケアしておくか(ぽりぽり)」と、いうことで黎をかついで店長は退場しますw
(hai-neko) 【蜜穂】「どうしよ・・また黎さんしてくれるかな・・・」とか思いつつ、着いたものをぬぐって・・服を着替えて・・