(beemoon_) ではさっそく撮影シーンから?w
(M2O) どっちでもOKっすよw
(M2O) 男優との打ち合わせとかでもw
(beemoon_) では三日後の火曜日。ピンキッシュ・エンターテイメントを訪れた百合華は……訪れますよね?w
(M2O) 【百合華】「どきどき)・・・・・」
(M2O) 訪れますw
(beemoon_) あ、そういえば百合華の変身アイテムってなに?
(M2O) 杖w
(beemoon_) ……
(beemoon_) 無防備じゃん!?w
(M2O) 一応短いのでバックに入れてるw
(M2O) 呼べばくると思うw
(beemoon_) 来るのか……すごいな
(M2O) こなくてもいいけどなw
(beemoon_) では百合華さん。
(beemoon_) あなたは、例のオジさんの先導で、撮影所へ向かっています。普通の大衆車で。
(beemoon_) その撮影所というのは、海辺の目立たないところにある倉庫ですね
(beemoon_) 【オジさん】「君の撮影は基本的にはここでするから、次から直接ここに来るように」
(M2O) ほうほうw
(beemoon_) というと、百合華は倉庫の中に通されます。
(M2O) 【百合華】「・・・・・はぁ。」
(beemoon_) まあ、中には色々な、セットのような部屋があってですね……その一つ、大きなダブルベッドだけが置かれた部屋に百合華は通されます。
(M2O) 【百合華】「(うわぁ・・・・そのまんまだ・・・)」ベッドをじっと見つめてしまう。そしてその後、自分がどうなるかを創造してどきどきしてみたり。
(beemoon_) 【オジさん】「今から撮影はじめるけど、カメラの後ろにカンペ出すから、それに従って進めてな。素人なのは見る側も分かってっから、演技とかはしようとしなくていい」
(M2O) 【百合華】「は・・・はぃ。(衣装とかそのまま?・・・わぁ。)」自分の服を見ながら
(beemoon_) 衣装はこの間と同じ、えっちなワンピかな?
(M2O) あいさ。
(M2O) そんな感じでw
(beemoon_) では。照明が焚かれ、本格的な機材が集まって……カメラテストを兼ねた撮影がはじまります。
(beemoon_) 百合華はベッドに座らされ、お嬢様座りの百合華をカメラが観察しています。
(M2O) 【百合華】「(けっこうまぶしいんだ・・・)」肌がじゃっかん紅潮して表情は現実感が無く緩む。
(beemoon_) ええと、以降
(beemoon_) カンペは『』で書きますね
(M2O) 【百合華】「(男優さんは・・・一人なのかな?)」カメラの後ろを伺いつつ
(M2O) あいさ~w>かんぺ
(beemoon_) それに……百合華的に従って演技してくださいw
(beemoon_) 『自己紹介をしてみて。できるだけエロく』
(beemoon_) 『本名言っちゃって大丈夫だよ。編集するから』
(M2O) 【百合華】「えっと・・・・花房百合華・・・16歳です。淫乱女子高生です・・・・。えっちがしたくてAVにでちゃいました。てへ~♪」
(beemoon_) 『どこの学校?』
(M2O) 笑顔で言ってみると段々と自分の中の枷が外れていく。
(beemoon_) 『「私のカラダ、隅々まで見せちゃいますね」と言って』
(beemoon_) ちなみに部屋には腕を組んでいるオジさんと、スタッフが3人。男優らしい人はいない。
(M2O) 【百合華】「えっと一応、ひろくら学園で高校生やってます。えっちな私の体隅々までみせちゃいますね?」にこ~っと馬鹿っぽく
(beemoon_) 『じゃあ、エッチな感じに、少しずつ服を脱いでいって。君のファンが見てると思ってね』
(M2O) 【百合華】「えっと・・じゃぁ。えっちな体をみせちゃいますね?」お嬢様すわりのままワンピースの肩紐を外して上半身がブラだけする
(beemoon_) カメラは二台。一台は大きなカメラが固定され、もう一台はスタッフが構えている。百合華の、豊満な胸元をアップで撮っているようだ。
(M2O) 【百合華】「おっぱいのサイズはGだったんですが・・・最近えっちになっちゃいました♪」そういって特注のブラを外すと大きすぎる胸が零れてぷるんと出てくる。
(M2O) もうすでに胸の頂点はぷっくり膨らんで尖っている。それを見せ付けるようにしてカメラの前に。
(beemoon_) 小カメラは、尖った乳首をなめまわすように撮影している……
(beemoon_) 『いいよ。少し胸をいじってみて』
(M2O) 【百合華】「えっと・・・こんなかんじでいつもオナニーします。」大きな胸を自分でつかんでちょっと荒っぽくもみしだき、乳首を引っ張る。
(beemoon_) 『それぐらいでいいよ。下も見せつけるように脱いでいって』
(M2O) ピンク色の乳首が伸びたりゆれたりしながら自分で時折咥える。
(M2O) 【百合華】「(はぁ・・・すごい・・・感じる)」
(beemoon_) 唾液が乳首に垂れて光る様を、カメラはしっかりと収めている。
(M2O) 【百合華】「んしょっ・・・」お嬢様すわりのままワンピースを外して足から抜く。下着は既に濡れ手、その奥の割れ目が透けて見える。
(beemoon_) その様子も、しっかりと収めて……
(M2O) 八さん。らびぶれ行かないの?大丈夫?
(beemoon_) お、私は参加者ではないですよん
(M2O) 【百合華】「えっと・・・(下着はどうするんだろう?)」かんぺを見ながら足を組み替えてみる。
(beemoon_) 『AVはじめてなのに、なんでそんなに濡れてるの?』
(beemoon_) とりあえず脱げという指示は出ない
(M2O) 【百合華】「えっと・・・皆さんにこれから見られてしまうんだなぁっと思うと恥ずかしくて・・どきどきして。」視線をそらすようにしてそれでも胸や股間は隠さずに手はベッドの上。
(M2O) 【百合華】「えっちでごめんなさい。」淫蕩な笑みを浮かべて笑ってみる。
(beemoon_) 『とってもいいよ。じゃあ、パンティも脱いじゃって』
(M2O) 【百合華】「ん・・・・っしょっ。」中腰になり座ったま股間が丸見えになる形でパンティーを脱いでいく、既にびしょびしょの性器がぱっくりと口を開けて、パンティーの股間部分と愛液で橋を作っていた。
(beemoon_) カメラは、その様子を食い入るように見ている。
(beemoon_) 『そのまま、中腰でいられる? 腰突き出しちゃって』
(M2O) 【百合華】「全部・・・脱いじゃいました。もう・・こんなになってます。」中腰のまま指示通り腰を動かす。
(beemoon_) 『自分の穴、指で開いてカメラに見せつけて、何か言って』
(M2O) 【百合華】「百合華のぱいぱんおまんこです。まだ綺麗な色だって言われます。これからここをいっぱい皆さんに見られると思うと太ももまでえっちなお汁が垂れちゃいそう・・・」ぱっくり開いて見せて
(beemoon_) 『それじゃ、そのままじっとしてて』
(M2O) 軽く腰が震えて、脳が沸騰しそうなほどのぼせ上がる。
(M2O) 【百合華】「(ひえ・・・あたし何言ってるんだろ・・)」
(beemoon_) そのとき、カメラを持っていないスタッフが、カメラの影から、百合華の腰に手を伸ばします。
(beemoon_) 何か、金属のアームのようなものを百合華の隣に置くと、その先端についた金属の器具を、百合華の股間に当てます。金属の冷たい感触……
(M2O) 【百合華】「ふぇ?・・・・」一瞬冷たさに震えるが成すがままで
(beemoon_) 『「百合華のおまんこ、奧の奧まで見てください」と言って。言える?』
(M2O) 【百合華】「百合華のおまんこ、奥の・・・奥まで・・いっぱい見てください♪」ほころぶよう壊れた笑顔で微笑んで
(beemoon_) 金属の、クチバシは、百合華の秘所にずぶり、りっ……と突き立てられ、少しずつ奧に分け入ってきます。
(M2O) 金属の嘴を持つ手まで垂れるほど愛液が伝う。
(beemoon_) そして、スタッフの手がねじを回すと。百合華の膣穴は、ぎりぎりと拡張されていきます。
(M2O) 【百合華】「んんぅ・・・あうっ・・」久しぶりに味わう拡張の痺れで多少顔を歪めながら白い腹をピンクにそめて
(beemoon_) そして、百合華の拳が入ってしまいそうなほど拡張されたそこに、ペンライトが当てられます。
(beemoon_) 『君の子宮、見えちゃってるよ?』カンペは、セリフを書くよりも、百合華の正直な言葉を引き出すように……
(beemoon_) その通り、カメラの前でライトの光に映し出された膣中は……奧の奧、ピンク色のすべすべした子宮口まではっきりと撮られてしまっています。
(M2O) 【百合華】「あは・・・おマンコの奥・・子宮まで見えちゃってるんですか・・・なんかおマンコ溶けそうです。」初めて演技ではない正直な感想でエロイ台詞を言う。
(M2O) 【百合華】「もっと奥まで見せてあげたいんですけど・・・」
(beemoon_) 『じゃあそうしようか』と書かれると、スタッフは長いピンセットのような器具を取り出す。
(M2O) 【百合華】「これが・・・限界ですっ。」自らも開いて見せるような動きで子宮口がきゅんきゅん動く。
(M2O) 【百合華】「ひえっ・・・そんなのあるんですか?じゃ・・・・お願いしようかな・・・」鼓動はもう自分のおマンコと直結してずきずき甘い振動を返す。
(beemoon_) ピンセットの先端が、ペンライトの光に蠢き……子宮口のすぼまりの中に、慎重に突き込まれた。身体の奧の奧に感じる、冷たい感触……
(beemoon_) そしてスタッフがピンセットを握ると、子宮口が、きりきりと開かれていく……。
(M2O) 【百合華】「ひぅん♪っ・・あっ・・あっ」子宮口を広げられその奥にカメラの視線を感じると同時に痙攣する腰と尻。
(M2O) かるく逝きそうになりつつ。
(beemoon_) ピンセットの先端には小さなライト。それに照らされ、指二本分くらいまで開かれた子宮口の奧が、カメラにしっかりと撮られてしまう。
(M2O) 【百合華】「いま・・・あたし全部見られてます?あっ・・・やぁっ♪」目をつぶり眉を寄せて震えて軽く逝ってしまう。
(M2O) 絶頂とともに震える子宮口、そして中身。そのすべてをカメラに収められて。
(beemoon_) 『君の子宮の奧の壁まで、きれいに撮れてるよ』』
(M2O) 【百合華】「やあっ・・・そんな・・・えっちすぎますよぉ♪」全部見られているという被虐がマゾの血に火をつける。
(beemoon_) ヒクつく子宮口をカメラは撮り回し、そしてしばらくして……ようやく、ピンセットが抜かれ、クスコも抜かれます。
(beemoon_) 『どうだった?』
(M2O) ヒロイン時代にもなかった子宮撮影の快楽は百合華の脳をドロドロに溶かしていた。
(M2O) 【百合華】「・・・あの・・・そのすごく・・よかったです。」にへらっと溶けた顔で笑う
(beemoon_) そして、そのとろけた百合華の顔をしっかりと撮影したあとで
(beemoon_) 【オジさん】「よしっ。今回の撮影はこれで終わり。いい画が撮れたよ。お疲れさま」
(M2O) 【百合華】「ふぇ?・・・・これで・・・終わりなんですか?」名残惜しそうにそして不意打ちを受けたようにして
(beemoon_) 【オジさん】「今日はね。百合華ちゃん、物足りなさそうだね?」
(M2O) 【百合華】「えっとえっと・・・・・はぃ。」>物足りない
(beemoon_) 【オジさん】「じゃあさ、いくつか宿題を出そうか」
(M2O) 【百合華】「・・・宿題ですか?
(beemoon_) 【オジさん】「次の撮影は三日後だから、それまでにやってきてくれよ」一度撮影を終えたせいか、デブのおじさんは少し友好的になった感じ
(M2O) 【百合華】「・・・・・??」
(M2O) 疑問系で
(beemoon_) そしてオジさんは愉しそうな笑みを浮かべて、
(beemoon_) テディベアのぬいぐるみを取り出す。高さ20センチくらいの、あまり大きくはないやつ。
(M2O) 【百合華】「ぬいぐるみ?」
(beemoon_) 【オジさん】「これ、お尻から「出産」できないかな。百合華ちゃんなら出来ると思うね」とw
(M2O) 【百合華】「それを・・・ですか?(ばれてる・・・お尻もできるってばれてるよ・・・)」
(beemoon_) 【オジさん】「どう?」百合華の、火照った身体、物足りない情欲を、見透かすように……
(M2O) 【百合華】「わ・・・わかりました。や・・やってみます。」
(beemoon_) オジさんは笑顔で
(beemoon_) 【オジさん】「じゃあ、次回の撮影の時は、これ入れて来てね」と言います。
(M2O) 【百合華】「い・・・入れて?!・・・・は・・はぃ。」
(M2O) ぬいぐるみを受け取り。
(M2O) 縮むよね?
(beemoon_) ある程度はw
(M2O) 【百合華】「(こんなの・・・入れたら・・・どうなるんだろ・・)」じっと見つめてぽえ~っと表情があっちへ飛ぶw
(beemoon_) というわけで、撮影第一回「はじめまして、AV女優百合華ですっ」は終わります~
(M2O) お疲れ様でした。
(M2O) こんな感じでいいのかなぁ。
(M2O) しかし、おじさんやり手だ
(beemoon_) 自分で言っててかなりアレだなw>ぬいぐるみ出産
(beemoon_) オジさんは魔族とか関係なく、その道のプロ
(M2O) ああ・・・・もう、なんかハードな趣向の人に大人気になりそうw
(beemoon_) ある程度撮り貯めたら
(beemoon_) もちろん一番最初から無編集で流すわけですねっ
(M2O) なんてやり手だw
(beemoon_) しかも初回はネットで……とかな
(M2O) 性欲を発散させないで一番エロイ状態で撮影・・・・
(M2O) がくがくw>ネット
(beemoon_) 話題になればなるほど売れるしねっ
(M2O) えんぜ君びっくりじゃなw
(beemoon_) しかし百合華はえろいなあ
(M2O) そう?それはよかったw
(beemoon_) えんぜ君は、これにかこつけてプロデュースで稼ぐ(こら
(M2O) うわぁ。外道(ほめてます
(beemoon_) 生写真を売ったりするんだな
(M2O) ・・・・・
(M2O) 学校行ったら何されるかw
(beemoon_) まあ、オジさんはプロなので
(beemoon_) ある程度撮り貯めるまでは公開しないよ
(M2O) ほほw
(M2O) まさか・・・退学と同時とかにどばっとか?
(beemoon_) というか
(beemoon_) 公開>全校生徒教師の性の対象に>耐えきれず退学>オジさんに囲われる ?
(M2O) 全校生徒教師の性の対象に・・・・・耐えられるつーか。校長とか理事長とか篭絡しそうw
(M2O) ほほw
(M2O) どっちでも・・・・いいなw
(beemoon_) まあ、永久就職先は出来たね(こら
(beemoon_) っと、すいませんが次回はまたいずれ。
(M2O) あいさ~~
(M2O) ノシ
(M2O) 【百合華】「(どこが魔族とつながってるんだろ・・)」
(M2O) そんな感じでw
(beemoon_) そういやそれを全然考えていないw
(M2O) 【百合華】「(でも・・・気持ちいいからいいや。)」
(beemoon_) 百合華に触発(?)されて、変態プレイ上等の魔族を悪堕ちルールで考えてみたけど
(M2O) これでAVにお金出してるだけとか行ったらAV出損w
(beemoon_) 二人目登録するのは気が引けるので、統合後かなぁと
(M2O) よろしくっすw
(beemoon_) 魔族のカルテルの資金源なだけだったり?
(M2O) それはそれでw
(M2O) 歌って踊れるAVヒロイン。
(M2O) 実に良いw
(beemoon_) でも百合華は
(beemoon_) とりあえず自分の出てる作品はコンプリートするよね
(M2O) するするw
(M2O) あと、真面目だからほかのAVとか見てしぐさとか研究する。
(beemoon_) 近所のレンタルビデオ屋に、マスクにサングラスした怪しい姿で借りに行くのか
(M2O) あははw
(M2O) お兄さん「18歳未満には貸し出してないんですよ・・・・」 百合華「・・・・・・お兄さんちょっと。」個室に連れ込んでみる。
(M2O) 1時間後
(M2O) お兄さん「またのお越しを~♪」
(M2O) いっぱいのビデオとかなw
(beemoon_) カラダの使い方を知っていやがる……w
(beemoon_) もうなんか
(beemoon_) 学校でオナニーするときとか、自分のAVをリッピングしてプレイヤーで流していそう(ぇ
(M2O) やりそうだ・・・・
(beemoon_) どんどん駄目な人になっていくw
(M2O) もともとSP50だからな理性もってるほうがおかしい
(beemoon_) 一皮剥けば……ですねw