(GM2O) 【娼婦に堕ちる日】
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) 不死鳥の尾羽亭でメイファはいつもどおり依頼を探していたりします。
(GM2O) 夕暮れ時で依頼もめぼしい物は特にありません。
(GM2O) 女将も夕食の準備で引っ込んでいます。
(GM2O) そんな所でロールをどうぞ。
(M09_meifa) 【メイファ】「……むぅ、ないなぁ……」不満そうに掲示板を見て…踊りの仕事も本日はなし。前日の舞台もどこかへ行ったらしくて……要するに暇です
(GM2O) 其処へ店員の女の子が掲示板へ一枚の紙を持ってきて張ります。
(GM2O) 【店員】「うーん。女将さんは張れって言ったけど・・人集まるのかなぁ。」
(GM2O) ぺたぺた。
(GM2O) なにやら新しい依頼表のようですね。
(M09_meifa) 【メイファ】「お、やった、一番乗り♪」と、早速張られた依頼表を見てみます
(GM2O) 依頼表:「依頼主:女王蜂の館主人リゼリア 依頼内容:メイデンの娼婦募集 未経験者対応 高給 可能な限り自由出勤対応」
(GM2O) などと書いてあります。一応メイデンへの依頼ということでここに張ってありますが本来はここに来る依頼じゃないでしょうw
(M09_meifa) 【メイファ】「娼婦募集?女王蜂の館………(珍しい依頼に…依頼…?まぁちょっと考え」
(M09_meifa) 【メイファ】「(そういえば、二回ほど、男の人たちにいっぱいえっちなことされたけど………いや、夢中になってくれるのはいいけど、ある意味されるがままだったからなぁ……女としてちょっとアレよね、うん))」
(M09_meifa) 【メイファ】「(……そういえば、そういった手管研いた事ないなぁ……うん。やっぱり男の人にも、もっと気持ちよくなってもらわないと…というか夢中にさせるくらい?にしないと駄目よね)」何かうんうんと頷き
(GM2O) 【店員】「・・・・・」店員が不安そうにメイファを視てたりします。
(M09_meifa) 【メイファ】「すいませーん、この依頼…じゃないですよね、募集、貰っていいですか?」
(GM2O) 【店員】「いいですけど。ほんとに出るんですか?」ごそごそと紹介状を出しつつ。
(M09_meifa) しばらく空動作で頷きながら、結論が出たのか店員さんへそんな事をw
(M09_meifa) 【メイファ】「もちろん♪女を磨くいい機会じゃない♪やっぱり、男を肉体的にもイチコロにしないと♪」
(GM2O) 【店員】「はぁ。ではどうぞ。」紹介状を渡しつつ
(M09_meifa) と、店員の女の子にきっぱりと言って、紹介状を受け取り
(GM2O) 【店員】「今夜からでも受け付けるそうですから。」
(GM2O) 【店員】「ではそう言うことで。」
(GM2O) そそくさと逃げるようにして厨房へ
(M09_meifa) 【メイファ】「了解、ありがと♪」
(GM2O) では何か一言貰って次のシーンへ移りますがOkですか?
(M09_meifa) 【メイファ】「ん~、あの子、硬いなぁ。まぁ、普通の人はそんな感じかな?(くるくる)」
(M09_meifa) OKです~
(GM2O) はい。
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) 「女王蜂の館」
(GM2O) 帝都の大通りに
(GM2O) 帝都の大通りに面した所に豪華な屋敷があります。其処の前にメイファが来ています。
(GM2O) 凄く豪華ですね。
(GM2O) ではロールどうぞ。
(M09_meifa) 【メイファ】「わ。噂には聞いてたけれど……これはすごいなぁ」と屋敷を見上げて、そのまま門をくぐっていきます
(GM2O) あいさ。では豪華な扉にたどり着きますね。
(M09_meifa) ではドアの呼び鈴?を鳴らします
(GM2O) 庭にはバラをはじめとした華が咲き誇ってます。
(GM2O) では呼び鈴を鳴らして暫くするとドアが開きます。
(GM2O) 【男性】「女王蜂の館へようこそ。本日はどのようなご用件でしょうか。」
(GM2O) 男性が出てきますね。
(M09_meifa) 【メイファ】「(出資元どこなんだろう。ホントにお金かかってるよねぇ…)あ、はい。不死鳥の尾羽亭の娼婦募集の張り紙見てきました」と、紹介状を受け取り
(GM2O) 【男性】「左様ですか。ではこちらへどうぞ。」中へ案内してくれます。
(M09_meifa) ではついていきます~
(GM2O) 一階の奥のひときわ豪華な一室に案内されます。
(GM2O) 部屋に入ると男性は去っていき、椅子に腰掛けた薄い布だけ着たエロイ美女がメイファを迎えてくれます。
(M09_meifa) ん。
(GM2O) 【リゼリア】「はじめまして。私の名前はリゼリア。ここの主です。お名前を伺ってもよろしいかしら?」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい、メイファです。よろしくお願いします♪」と、笑顔でにっこりと自己紹介を
(GM2O) 【リゼリア】「はい。早速ですがどのようなことをするかご存知でいらしてますよね?」
(GM2O) 【リゼリア】「あくまで最終確認ですが。」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい♪男の人の、性的なお相手ですよね?淫らでいやらしい事の…」と、ちょっと想像してすこし秘所が濡れます
(GM2O) 【リゼリア】「はい。そうです。なるほど。問題はなさそうですね。では服を脱いでください。」
(GM2O) リゼリアは立ち上がりメイファの近くへ来ます。
(M09_meifa) 【メイファ】「はい♪」と、中ば下着同然の踊り子衣装を脱いで全裸に、布も外して近くにまとめておきます
(GM2O) 【リゼリア】「では口をあけてください。」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい」と、あん、と口をあけます
(GM2O) リゼリアはメイファの口に指を差し入れると唾液をこそげ取るようにしてかき回します。
(GM2O) 唾液をとるとリゼリアは自分の口に入れて味わいます。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ、ふぁ……」軽くかき回されて、心地よさそうに声をもらします
(GM2O) 【リゼリア】「・・・・・ではじっとしててくださいね。」そしてメイファの股間に指を這わせて膣穴に指を入れます。
(GM2O) くぷり。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ…!は、はい……んぅっ…!」這わせられた指に、すこし濡れていた秘所をきゅっ、と締め付けて……腰を震わせそうなところを堪えます
(GM2O) 【リゼリア】「・・・・・」探るようにおくまで指を入れてかき回します。あくまで確かめるような感覚で。
(GM2O) そしてちゅぽっと指を抜くとまたそれを舐める。
(M09_meifa) 【メイファ】「ん、ぁ……んぅ・・・っ」きゅ、きゅ、と腰は鍛えられているために、膣圧も高く。抜かれてからも、軽く引くつかせながら直ぐに締まります
(GM2O) 【リゼリア】「・・・・・メイファさん。貴方はセックス自体は好きなようですね。」
(GM2O) 【リゼリア】「しかし経験が普通の人より多いとはいえそれほどでもない。受身な感じが多いですね?」
(GM2O) 【リゼリア】「フェラチオの経験も少ない。これは少し訓練が必要ですね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぇ…あ、はい。最近、淫乱なのかな~、って思って…わ。すごい、そんな事まで…えーと、4回くらいです。男の人たちに輪姦されて、すごい気持ちよくて」
(M09_meifa) 【メイファ】「ですよねぇ」とりゼリアの言葉に頷き。実際、最近ちょっと気にしていただけに
(GM2O) 【リゼリア】「普通の娼館ならそのままでもかまわないのですが。ここは女王蜂の館。貴方のそのままでは駄目ですね。」
(GM2O) 【リゼリア】「部屋を与えます。そこに来る調教師に身を預けてください。逆らうことは許しません。いいですね?」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい。そこのところも踏まえて、訓練していただけると嬉しいな、と……はい、分かりました♪」
(GM2O) 【リゼリア】「ああ、それと。言い忘れました。」
(GM2O) 【リゼリア】「ここで働く用になれば分かりますが・・・・・人間であろうと思わないように。」
(GM2O) そう言って呼び鈴を鳴らすとまた男の人が来てメイファを部屋に案内します。
(GM2O) そんな所でシーンを切りますがOKですか?
(M09_meifa) 【メイファ】「?」軽く首をかしげて…OKです~
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) メイファの部屋
(GM2O) 豪華な個室が与えられます。天蓋付きのベッド。クローゼット。まぁ中は整理された淫具や鎖やボンデージが詰まってますが。
(M09_meifa) 【メイファ】「(豪華な部屋よねぇ……)とあちこち見ながら」
(GM2O) まぁベッドには鎖をつける場所やらベッドの下には洗面器やおまる。水の入ったボトルなどなどがあるのですがw
(GM2O) さて、特に何もなければ人が来ますが・・・何かします?
(M09_meifa) いえ、特にしませんー。ベットの上に座って待ってます
(GM2O) では。
(GM2O) 暫くしてノックのあと人が入ってきます。
(GM2O) うらぶれた感じのオッサンですね。
(GM2O) 【???】「はい。こんばんは~。調教師のチョーさんですよ。メイファちゃんの部屋でいいかな?」
(M09_meifa) 【メイファ】「あ、はい。よろしくおねがいします♪」と、ベットから立って挨拶を
(GM2O) 風呂敷を背負ったまま部屋に入ってきます。
(M09_meifa) 【メイファ】「(…風呂敷?)」
(GM2O) 【チョーさん】「はいはい。よろしくね~。」
(GM2O) 【チョーさん】「えっと。今からメイファちゃんを調教するんだけど。準備はいいかな?おトイレとかは大丈夫?」風呂敷を開いて荷物を纏めながら問いかける。
(M09_meifa) 【メイファ】「はい、大丈夫です♪」と、笑顔で頷きます。今後どうなるかをすこしも想像せずに
(GM2O) 【チョーさん】「はい。じゃあ。メイファちゃんはベッドに寝て~。」クローゼットからベルトと鎖を取り出して
(M09_meifa) 【メイファ】「はい」と、ベットに仰向けで寝ます
(GM2O) がちゃがちゃと
(GM2O) チョーさんはメイファをベッドに固定します。
(GM2O) 【チョーさん】「うん。綺麗な色だね。」M字型で仰向けになるように固定して腰の下に枕を入れて尻が浮くようにします。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ……そ、そこを褒められたのは、初めてかも…」実際は輪姦されてばありだったので、ちょっと恥ずかしそうに声を上げます
*GM2O topic : 「メイファ調教部屋」責め立てる肉棒・メイファ
(GM2O) 【チョーさん】「ん~~。まぁメイデンは色落ちしないしね~。」メイファの膣穴にローションを塗りたくりほぐします。
(GM2O) 【チョーさん】「じゃあ、最初の調教からかな。メイファちゃんは膣穴で感じる方かな?」
(GM2O) ほぐしながら答える。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ、んっ…♪は、はい、結構敏感みたいで……んっ・・・♪」ローションを塗られ、とろり、とした蜜を奥から溢れさせて堪えます
(GM2O) 【チョーさん】「そうか~。これからメイファちゃんはどんな租チンでもイケル穴にされるんだよ~。徹底的にするからね~。」
(GM2O) 【チョーさん】「まぁ暫くかかると思うけど。途中で絶対に止めないからね~。」
(GM2O) そう言うとぺたっとメイファの膣穴の入り口を覆うように何か冷たいものを押し当てます。
(M09_meifa) 【メイファ】「粗チン…?」いまいちピンとこず「わ、分かりました…んっ…♪」冷たい刺激に、ぴくり、と腰を震わせて
(GM2O) しばらくするとズルリとメイファの膣穴に何かが侵入してくる。
(GM2O) 圧迫感はあまり無い。ただどんどん奥へと侵入して子宮穴までぴったりとふさがれる。
(GM2O) 【チョーさん】「今ね~。メイファちゃんの膣穴の型を取ってるんだよ~。」
(GM2O) 【チョーさん】「粗製形成型のスライムでね~。そろそろ固まるかな~?」
(M09_meifa) 【メイファ】「んぅ……っ。ち、膣の形ですか…?」と、きゅっ、と膣を締め付けてたずねます
(GM2O) 【チョーさん】「力を入れたらだめだよ~。」メイファのお腹を指一本で突く。どむ。・・・・するとメイファの膣から力が抜ける。東洋のツボというやつだろうか。
(M09_meifa) 【メイファ】「ひゃ…っ!」かくん、と抜ける力。そのまま膣に力が抜けた状態で、スライムに形をとられてしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「はーい。じゃあこれからまず軽く20回いってみようか。」
(GM2O) と固まったスライムを動かし始めます。
(GM2O) さてこれから突破判定です。
(GM2O) 責め立てる肉棒 (ルーク/耐7攻5特0) 〔beemoon〕
(GM2O) * TP24/体力/攻2d6+10/なし
(M09_meifa) 【メイファ】「に、二十…?」さらりと言われた言葉に、一瞬呆けて…
(GM2O) を突破してください。
(M09_meifa) はいな~!
(GM2O) 突破すれば無事20回絶頂で来ますw
(M09_meifa) きゃー!
(M09_meifa) え、APは?一応聞きますがw
(GM2O) APはありますよ。
(GM2O) ただし全裸としてイベント上はやってくださいw
(GM2O) ではメイファどうぞ。
(M09_meifa) はいな~
(M09_meifa) 1+2d6
"(kuda-dice) M09_meifa -> 1+2D6 = 1+[1,6] = 8"
(M09_meifa) 残り16っ
(GM2O) 前後に動かすと膣肉がじゅろりじゅろりとありえない快楽を伴って動きます。
(GM2O) では腰を動かすロールなど。アクトなどどうぞ!
(GM2O) 【チョーさん】「まずは・・・1回めかな~?」じゅぷじゅぷ
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ふぁ…っ!ぁ、嘘、中、全部こす…ふぁ……♪」感じた事のない、膣穴をぴったりと擦られる刺激に…高く上げられた腰をぴくり、と震わせて…まず一回目、いってしまいます
(M09_meifa) んー、アクトは……ないです、まだ。熱い蜜壷は後にしますw
(GM2O) 【チョーさん】「はーい。じゃあ次は動かしながらお尻の型を取るよ~。」じゅぷりじゅぷりと動かしながら尻の穴にスライムヲ貼り付けます。
(GM2O) では。
(GM2O) 肉棒の攻撃。
(GM2O) 2d6+10
"(kuda-dice) GM2O -> 2D6+10 = [1,4]+10 = 15"
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ひゃ、は、はい、んぅ……♪」アナルにあてられる感触に、再びぴくり、と腰を震わせてしまいます
(M09_meifa) はい、それでその他APがゼロですー
(M09_meifa) アクトはありませんー
(GM2O) 膣肉を容赦なくごりごりとほぐされながら尻穴にスライムが広がっていきます。種類が違うのか中の汚物を溶かしながら進んでいきます。
(GM2O) 前後を埋められて内臓がかき回されるような快楽が腰骨から上がっていきます。
(M09_meifa) 【メイファ】「あっ、ん、ぁっ…!ちょ、すご、これ・・・ひ、んぅっ…!」再び腰をぴん、と高く上げ、震わせて…続けて二度ほどいってしまいます
(M09_meifa) では突破判定OKですかー?
(GM2O) どうぞ
(M09_meifa) 2d6+1
"(kuda-dice) M09_meifa -> 2D6+1 = [3,5]+1 = 9"
(M09_meifa) 残り7~
(GM2O) あいさ。
(GM2O) 【チョーさん】「はーい。7回目~。うーん結構敏感だね~。」こりこりと匠に子宮口を責められてあっという間に7回いかさえる。
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ、こん、ひんっ…・・・こんなすごいの、初め…ぁぁっ…!」今までの輪姦とは違う、女の壷を心得た者による攻めに、体を跳ねさせて…思うがままにいかされてしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「ん・・・ちょっとお尻が硬いかな~。」尻をゆっくりとほぐし
(GM2O) 2d6+10
"(kuda-dice) GM2O -> 2D6+10 = [3,2]+10 = 15"
(GM2O) 攻撃
(M09_meifa) アヴォイドー!
(GM2O) どうぞ。
(M09_meifa) 7点とめて、8点もらいの……アクトは菊辱使います
(GM2O) では次の突破判定をどうぞ~。
(GM2O) あいさ。
(GM2O) 【チョーさん】「こんな感じかな~。」尻から子宮の裏をコリコリと攻める。
(GM2O) 描写どうぞ!
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ、ぁっぁっぁっ…そ、そこ、んっ、んぁ……っ!」子宮の裏からのピンポイントな責めに、腸内だけではなく、膣もまた熱く溶けさせて……普段なら締め付けてイクはずの刺激にも、ツボを押されて締め付けはなくお尻を震わせて再び絶頂へ
(GM2O) 【チョーさん】「ん~~15回・・・16回・・・」
(GM2O) 容赦なく穿られる。
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃん意識はあるかな~?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ひゃ、いきつづけ…とまらな、んっ、止まらない、こんな、ぁ、すご、いの、ふぁぁ…♪」
(GM2O) 【チョーさん】「喋れるかな~?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ、は、はい、大丈夫で、んっ、ぁぁっ・・・!」責められ続けながらの問いかけにも、なんとか答え・・・
(M09_meifa) というあたりで、突破判定いきますー
(GM2O) あいさ。
(M09_meifa) 2d6+1
"(kuda-dice) M09_meifa -> 2D6+1 = [5,3]+1 = 9"
(M09_meifa) 突破ー!
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃんの膣壁はいい肉だから名器になるからね~。だから腰振りとか締めよりもイキまくれる穴になれば・・・極穴ができるからね~。それを覚えておいてね~。・・・よっと」そう言いながらこね回すように激しく動かし両方の穴の棒を一気に抜く。
(GM2O) ごぶじゅあっ。両穴の肉がこそげ取られて電撃のような衝撃がメイファの体に走る。
(M09_meifa) 【メイファ】「は、はい、んっ、ぁぁぁぁっ………!!!」びくんっ!と大きく体を跳ねさせて、2穴を一気に引き抜かれる刺激に、たまらずイってしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「二十回・・・と。メイファちゃん~~?」ぺちぺちと頬を叩く。
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ、はぁ…んっ、はぃ……?」と、絶頂直後に高まりに、軽く意識をぼぉ、とさせながらも…チョーさんを見て言葉を返します
(GM2O) 【チョーさん】「うん。大丈夫か。じゃあこの型から専用のバイブを作るから。明日また調教するからね。今日はこのローターを両穴に入れて寝てね。」大き目のローターを置いて。
(GM2O) 【チョーさん】「朝、昼、夜と一日3セット20回イキで。60回イキ。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…は、はい。分かりました……」と、ローターを視て、初めて目にするのか、スイッチを押しては取り落とし
(GM2O) 【チョーさん】「これが暫くの基本メニューだからね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ろ、六十回……(ごく)わ、わかりました」
(GM2O) 【チョーさん】「食事もちゃんと出るから全部食べないと駄目だよ。それじゃあ。おやすみ。」
(M09_meifa) 【メイファ】「・・・か。体、壊れませんよね?」ちょっと心配になったのか、そんなことを
(GM2O) 器具を風呂敷に包むと部屋から出て行きます。
(M09_meifa) 【メイファ】「あ、はい、おやすみなさい」と、体を起こして頭下げて~
(GM2O) いにしえの輝石とか使ってもOKですので。
(GM2O) さて。
(M09_meifa) らじゃ、輝石はまだいいですが、魔力の粉使いますー
(GM2O) あとは入れて楽しんでいるロールをしてもらって次のシーンへ行きます。
(M09_meifa) 3d6
"(kuda-dice) M09_meifa -> 3D6 = [2,3,1] = 6"
(M09_meifa) 回復の~
(M09_meifa) 【メイファ】「え、ええと………これを中に入れて…んっ」と、いまだ濡れている2穴に、大き目のローターをにゅる、と中に押し込み
(M09_meifa) 【メイファ】「これがスイッチで……」くい、と操作して、中で動き始めて……【メイファ】「ふぁ……♪な、何、これ…んぅ、これ、振るえ、てぇ・・・ぁぁ……♪」直ぐにベットにつっぷし、高い声を寝室に響かせてしまいます
(M09_meifa) そのまま…意識を失うまでローターに責められ続け、気を失うように意識を落としてしまいます
(GM2O) あいさ。
(GM2O) では。
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) 次の朝。
(GM2O) ノックの音と共に昼食が運ばれてきます。
(GM2O) 失礼。朝食。
(GM2O) 朝食を運ぶと男は直ぐに消えてしまいます。ちゃんとした食事がトレイに乗っておかれています。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…んっ、ありがとうございます…んっ」いまだローターが入っているのか、気だるげに身を起こして…肌全体を高潮させながら、朝食を食べます
(GM2O) ではここで魔力か知力で判定!
(M09_meifa) 魔力ー!
(M09_meifa) 2d6+8
"(kuda-dice) M09_meifa -> 2D6+8 = [6,2]+8 = 16"
(M09_meifa) お、高いです。16
(GM2O) では分かります。
(GM2O) 媚薬塗れですね。
(GM2O) 水も食物も媚薬塗れです。
(GM2O) 淫毒のBSはありませんが。
(GM2O) 食べ続けると確実に肉体を作り変えられるでしょう。
(M09_meifa) 【メイファ】「(あむ…あ、これ…)…で、でも。食べないと駄目、なんだよね…」作り変えられる…その事に若干の怖さと期待を同時に覚えて。それでも空腹には勝てずに、そのまま食べていきます
(GM2O) 食べ終わるとぽーっと熱に浮かされたようになり暫くすると冷めていきます・・・・
(M09_meifa) 【メイファ】「ん、んっ……」ぽー、と半ば意識を飛ばしたように、ベットの柱にもたれかかり…熱が冷めてきてから、体を動かし始めます
(GM2O) ではその辺で・・・
(GM2O) ノックの音があり。チョーさんが入ってきます。
(GM2O) やや寝不足のようで目に熊がついてます。
(GM2O) 【チョーさん】「おはよー。メイファちゃん。良く寝れた?セックスされてても寝れるようにならないと駄目だよ。三日間ずっと入れっぱなしのお客とかいるからね~。」
(M09_meifa) 【メイファ】「あ、おはようございます、チョーさん……って、大丈夫ですか?」と、急にしゃんとして挨拶して、ちょっと心配そうに声をかけ
(M09_meifa) 【メイファ】「そ、そうなんですか?が、頑張りますっ」と素直に頷きます
(GM2O) 【チョーさん】「大丈夫だよ~。ちょっとメイファちゃん用のアイテムを作ってたんだ。」二本挿の貞操帯。きっちりメイファの穴にフィットするように作られている。
(GM2O) 【チョーさん】「じゃあローターを抜いてこれをつけて。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぇ……?あ、はい。んっ…」と、甘い声を上げてローターを抜き
(M09_meifa) 【メイファ】「……(ごく)」自ら履く二本の、自分専用の責め具に…唾を飲み込み、一気に自らの2穴に飲み込ませ
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ……ぁぁっ!」根元まで飲み込んだ所で、ぴくん、ぴくん、と体を震わせてイってしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「あはは~。気に入ってくれたようだね~。チョーさん感激。じゃあしっかりとベルトを締めてね。」
(GM2O) 【チョーさん】「自分で付けられるようになってね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……はい…んっ…」促されるがままに、布地を上げ、ベルトをきゅっ、と締めて固定します
(GM2O) 【チョーさん】「ん。じゃあそれで少し歩いてみて。ジャンプとかしてみて。」
(GM2O) チョーさんはメイファの尻と腰をじっと見ながら歩くメイファを視ています。
(M09_meifa) 【メイファ】「え、ええと……ん、ひゃ、んぅっ…!お、奥、ごり、って・・・ぇ・・・っ!」立ち上がり、跳ね、周り……踊り子として身に着けた技能のためか、動く事はできますが、若干精細を描いて。しかも要所要所で、メイファの口から甘い声が漏れます
(GM2O) メイファが歩くとその動きでメイファの膣の気持ちいい場所にバイブが擦れます。ジャンプすると激しくかき回されます。尻も同様に子宮裏とか奥をこつこつ穿ります。
(M09_meifa) 突き刺さる視線、OKですかー?
(GM2O) OKですよw
(GM2O) がもっといい所あるけど・・・どうする?
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ぁっ、ぁぁ・・・ひゃ、これ、んっ、ふぁ……これ、履いて動くと、んっ、おかしくな。ります、ぁ、ふぁ…!」
(M09_meifa) あ、ではとっておきますw
(M09_meifa) もっといいところで使いますw
(GM2O) 【チョーさん】「そう言う風につくったからね~。じゃあ出かけようか。ああ。服はそのままでいいよ。」
(GM2O) 何の気なしに言うチョーさん。
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぇ…?え、ええと、このまま、って……この貞操帯だけ、ですか…?」動きを止めて…ぽぉ、と熱の帯びた声でたずねます
(GM2O) 【チョーさん】「あ。そうか。じゃあこれ。」薄い透明な布に紐がついただけのブラ。動くと捲れてしまうだろう。
(GM2O) そして同じく薄い透明な布に紐がついただけの腰布。
(GM2O) 【チョーさん】「踊り子さんだもんな。メイファちゃん。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……こ、これ、って……んっ、わ、わかりました……」差し出されたブラと布に、体を、心を火照らせて…これをきたまま町を歩くと、いつも以上の人目を感じるだろう、その事に心を震わせてしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「じゃあ、いこうか。」
(GM2O) では何か一言貰ってシーンを切ります。
(M09_meifa) 【メイファ】「は、はい…んぅっ……!」チョーさんの後ろについて歩き始め……細かく小さな声を漏らしながら付いていきます…
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) メイファは直ぐ馬車に乗せられチョーさんと一緒に何処かへ連れて行かれます。
(GM2O) ドアには窓もなく真っ暗で護送車のようです。
(GM2O) そしてとある所で下ろされます。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁっ、んっ、…ふぁ…こ、ここは…?」ガタガタと響く馬車の振動に、何度かいってしまったのか…溶け始めた顔で馬車を降りて、周りを見ます
(GM2O) 四方が建物に囲まれた場所で窓が多数あり上の建物から丸見えですね。
(GM2O) そして上には青い空が広がるだけ。そんな場所です。入り口は馬車で塞がれているだけ。
(GM2O) 四方の建物には扉があり人が出てこれそうです。
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃん。何回いったかな?数えてないと駄目だよ。お客様に申告しないといけないときもあるんだからね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ええと……」いまいち思い当たる場所もなく、周囲の状況に首をひねって…
(M09_meifa) 【メイファ】「ぇ、そ、そうなんですか?分かりました…ええと、確か、朝から4回くらい…だった、かと……」実際、そんな事を数えている余裕もなく、うろ覚えの数字です
(GM2O) 【チョーさん】「8回だよ。ちゃんと数えてね~。じゃあここでメイファちゃんの踊りを見せてもらおうか。」
(GM2O) 【チョーさん】「其処に丸いステージがあるよね。そこで踊って。ああ、ちゃんとジョーバンも用意したから。」
(GM2O) ごめん。ジョーバンじゃなくてリュートに変更。
(M09_meifa) 【メイファ】「ステージ…んっ、わ、わかりました、んっ……!」と、プロ意識がでてきたのか、動くたびに穴奥で擦れるバイブに甘い声を上げながらも、ステージの上へ上がっていきます
(GM2O) リュートが音を立てると四方の窓から男達が一人二人とメイファをのぞき始めます。
(GM2O) 羞恥の淫熱 (ナイト/耐13攻7特4) 〔beemoon〕
(GM2O) * TP36/知力/攻2d6+14/《浸食攻撃》《誘惑》
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……視られて、んぅ……っ、これ、まさか、全部………んっ」刺すような視線に心を震わせて、軽く一例……そしてそのまま、舞い始めます。責め具を飲み込み、すける衣装を着たまま、淫らな踊りを。
(GM2O) どんどん視線が増えていきます。
(GM2O) 踊るたびに二穴はコネまわされてメイファを簡単に踊ったままいかされる。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁっ、ふぁ、んぅっ…!!」ターンをするたび、はねるたびに…胸の下着はずれ、腰布からは愛液で太ももをぐっしょりと濡らしているのを晒してしまいます
(M09_meifa) とりあえず、開始前に突き刺さる視線は使っておきますー
(GM2O) 【チョーさん】「さて・・・そろそろいいかな?」チョーさんが手を叩くとドアから男達がぞろぞろと出てきます。
(GM2O) あいさ!>突き刺さる視線
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃんはフェラはまだ本気で勉強してないよね。あとはパイズリとか手こきとか。足こきとか。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ、ぁ…んっ、はぁ…!」視線を意識し、踊るたびに体を高ぶらせ、イキ……
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぇ…?あ、は、はい、してないです…んっ…!」踊りをすこし緩めて答えます
(GM2O) 【チョーさん】「はい。じゃあここの四方のビルに居る男の人全員。フェラ、手コキ、パイズリ、足コキでイカセテね。最低一人3回。」
(GM2O) 【チョーさん】「あとザーメンは全部飲むんだよ。床に落ちても舐めてね。ああここ結構綺麗だから。調教前は石畳洗うからさ。きっちり舐めとってね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぜ、全員……(な、何人いるんだろう)わ、分かりました……」責められ、熱にうなされて思考も溶けているのか、そのままチョーさんのいう事を頷いてしまいます
(GM2O) 【チョーさん】「みんなちゃんとメイファちゃんの状況分かってるからイカせたらご褒美で入ってるそれを上からこねてくれるから。」
(GM2O) 【チョーさん】「がんばってね。」
(GM2O) ということで。
(GM2O) ぞろぞろとメイファの回りに肉棒をだした男達が無言でニタニタ笑いながら近づいてきます。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…み、皆さん、拙いながらも…いやらしい踊り子のメイファの、淫らな技巧の訓練に、付き合ってください……」溶けた頭と体は、そんな言葉を口にしてしまいます
(GM2O) メイファの目の前に突き出される肉棒の数々。
(GM2O) 【チョーさん】「おー。がんばる~。」
(GM2O) そしてその一つがメイファの口に突っ込まれた。
(GM2O) では突破判定どうぞ!
(M09_meifa) はいな~
(M09_meifa) 2d6+2
"(kuda-dice) M09_meifa -> 2D6+2 = [4,5]+2 = 11"
(M09_meifa) 残り25っ
(GM2O) あいさ。
(GM2O) では攻撃~
(GM2O) 2d6+14
"(kuda-dice) GM2O -> 2D6+14 = [5,4]+14 = 23"
(M09_meifa) アヴォイドー
(M09_meifa) 刻印1で25点の…アヴォイドで18、侵食で半減して9点もらいますー
(GM2O) メイファの胸に、肌に、手に、足に肉棒がこすり付けられる。そして口の肉棒は前後に動かし
(GM2O) 程なく射精する。
(M09_meifa) アクトは……口辱、官能の指先、汚された肢体、いってみましょうw
(GM2O) あいさ!1
(GM2O) ねっとり描写しようかなw
(GM2O) うひひw
(M09_meifa) 【メイファ】「あむ、んっ、ちゅっ、んぅ……!」口内に入れられた肉棒に、舌を絡めて吸い上げて……両手に握られた肉棒に指を絡めて動かし、足も動かして足先にあたる肉棒を擦ります
(GM2O) 【男】「うっ・・・」両手の肉棒が爆ぜる。手にかかる大量の精液。
(GM2O) それと入れ替わりに別の男が手に肉棒を握らせる。
(GM2O) 背中に熱い感覚。褐色の肌が精液で徐々に汚されていく。いや、化粧させていく。
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ…男の人の、臭い…こんなに、すご、ぉ……♪」手の中ではぜた男の感覚、体を包む精液の臭い、褐色の肌を彩る精液の色…そのどれもに、自らの心を陶酔させて、心の赴くままに男の肉棒に奉仕していきます
(GM2O) 男達はその痴態に酔ったように肉棒を我先にとメイファの体にこすり付けます。あぶれたものはメイファの股間に刺さるそれを布の上からこね回し始める。
(GM2O) ほぼ一巡しただろうか。
(M09_meifa) 【メイファ】「あっ、はぁ、ふぁ…♪あむ、ちゅ、ちゅる、んく…・・・っ…んぅっ!せ、精液、おいし…ん、ふぁぁ…♪」精液の滴る肉棒を口に含んで吸い上げ…布の上からバイブをこねられるたびに、腰をくね、くね、と振って淫らな踊りを始めてしまいます
(GM2O) 【男】「ひひ・・・・」メイファの目の前の男が自らしごいて石畳の上に精液をぶちまける。それに習って別の男が其処に射精しまた別の男がと・・・続いていく。
(GM2O) そしてメイファの目の前にはこってりと精液溜まりが出てきている。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……い、意地悪……んっ…」どこか拗ねたように、男達に視線を向けて…そのまま四つんばいになり…
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ…ずずずっ……んぅ、んく…」口をつけて吸い上げ、舌でぴちゃぴちゃ、と舐め始めてしまいます
(GM2O) 男達はいやらしく笑うとまた陵辱を開始する。
(GM2O) では突破判定をどうぞw
(M09_meifa) はいな~
(M09_meifa) 2d6+2
"(kuda-dice) M09_meifa -> 2D6+2 = [4,2]+2 = 8"
(M09_meifa) 残り17っ
(GM2O) あいさ。
(GM2O) では攻撃~
(GM2O) 2d6+14
"(kuda-dice) GM2O -> 2D6+14 = [2,6]+14 = 22"
(M09_meifa) 24はアヴォイドで17の…半減して8点もらいますー
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃん。お胸がお留守だよ~。」
(M09_meifa) アクトは・・・はえてない、乳辱、で
(GM2O) あいさw
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ふぁ…ぁ、はぃ…ん、ぁ…♪」チョーさんの言葉に促されるままに…自らの申し訳程度の下着のヒモを外し、それぞれの両手を手に持って…
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ、ん…ぅ、ぁ、ふぁ……ぁ、ど、どうです、か…んぅ・・♪」と、男達を色欲にとんだ流し目で見て……布を左右にひっぱり、胸に食い込ませて…すり、にゅる…と、自ら精液に濡れた下着で乳首を、胸肉をこすり。それに合わせて堅くしこった乳首が左右へと形を変えるのを晒していきます
(GM2O) 男達はにやにやと笑ってメイファを持ち上げると胸に覆うように何本もの肉棒で擦りたてます。
(GM2O) 時折メイファの顔や頬を擦りながらほかの物は手や太もも尻などにこすり付けていきます。
(GM2O) そして何本かは射精していく。もうメイファの肌は精液でぬめっていない所は無いぐらいに汚されていく。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…んっ、ふぁ、はぁ…♪すご、いです…っこんな、いっぱい…んっ、あむ、ちゅ、ちゅば…♪」顔の前に突き出された何本もの肉棒を、ついばむように順序よく口ではさんで、キスしては離れ……布を動かす手も、男達の肉棒に絡みつくようにあわせて動かします
(GM2O) では突破判定お願いします。
(M09_meifa) はいな~
(M09_meifa) ・・・そろそろ全力で突破しないと、おちるので
(M09_meifa) …ポテンシャル、10(爆
(GM2O) あうさw
(M09_meifa) 12d6+2
(GM2O) あいさw
"(kuda-dice) M09_meifa -> 12D6+2 = [5,2,5,4,6,4,5,6,2,6,2,5]+2 = 54"
(M09_meifa) 突破っw
(GM2O) はい。
(GM2O) では。その54にふさわしい絞りっぷりをお願いしますw
(GM2O) 肌に擦りつけどんどんと男達は射精していく。
(GM2O) 手で、足で、肌で、尻で、胸で、顔で、髪で、口で。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ、んっ、んむ、ちゅば、ちゅる、んぅ・・・!」男達に群がられ、何本もしゃぶり、擦るうちに……段々と淫らな気質が開花していったのか…舌もねっぶりと絡みつくように、精液に濡れた手はねっとりと、白く濡れた褐色の胸を、自ら握って男達の肉棒に擦りつけ…
(GM2O) 【チョーさん】「(ほう・・化けた・・・か?・・いや違う開花したんだ。)」にやりと笑って見つめていく。
(M09_meifa) 足の指も器用に形を変えて、竿を握り、適度に握りを調整して…なにより仕草や視線で、出来る限り行く直前の男へ、うっとりと微笑んでから、精液を体で、口で…あますところなく受け止めていきます
(GM2O) あいさ。
(GM2O) では。
(GM2O) そして後にはへたり込んだ男達の中心で真っ白に染まったメイファが居る。
"*alter0 quit ("""")"
(GM2O) 【チョーさん】「メイファちゃん。よかったかい?ちゃんと覚えられたかな?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ふぁ……ぁ、んっ、ふぁ……♪」動くものはなく、精液の臭いにつつまれて恍惚としながら…
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、チョーさん…何か、分かったような、感じです、ん、は、ぁ…♪」いまだ動く責め具の刺激に、甘い声を上げながら答えます
(GM2O) 【チョーさん】「うんうん。よかったね。でもまだ残ってるよ?」体中の精液を刺して答える。どうするのかと。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…んっ、あむ、ちゅ……」と、腕や手、胸などを自分の体を曲げて、口に含んでは吸い上げて……
(M09_meifa) 【メイファ】「(途中でぴたり、と止めて)……あ、あの、チョーさん……背中、どうしましょう・・・?」困ったようにチョーさんを視ます
(GM2O) 【チョーさん】「いいや。大丈夫。それを思い出せればいいよ。背中のは拭こう。」
(GM2O) 【チョーさん】「さてこんな生活があと二週間は続くからね。その後刺青をして初めてのお客を取ることになるかな?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…ありがとうございます…♪」その言葉に顔をほころばせ、お尻などは自ら手で精液をぬぐっては口に含んでいきます
(GM2O) 【チョーさん】「そうそう。笑顔を忘れずに。さぁ馬車に乗ろうか。」
(GM2O) 何か一言あれば貰ってシーンを移ります。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ……はい、わかりました、ぁ…♪」と、いまだ淫蕩に心を飛ばせたまま、馬車へと乗ります
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) それから二週間。
(GM2O) 毎日のように貫かれ、しゃぶらされ、口上を考えされられ、裸であるかされたり、トイレを見られたまましたり。
(GM2O) ありとあらゆる行為をされていきました。
(GM2O) そして。
(GM2O) とある日の夕方。リゼリアの部屋に呼び出されます。
(GM2O) 【リゼリア】「調子はどうかしら、メイファさん?」
(GM2O) ほぼ終わったことはリゼリアも知っているのだろう。
(GM2O) にっこり笑って問いかける。
(M09_meifa) 【メイファ】「ええと・・・なんといいますか、すごいです・・・こう、何か変わったような感じがして…」と、ちょっと恥ずかしそうに言います
(GM2O) 【リゼリア】「そう。メイファさん。貴方は人間かしら?それとも・・・他の何かかしら?」何か意味深な問いかけをする。
(M09_meifa) 【メイファ】「ええと……(ちょっと考えて)どちらかというと違うような気が……メイデン事態人間らしくないですし……こう、なんというか……むぅ、ちょっと言葉にしづらいです」
(GM2O) 【リゼリア】「そう。貴方は淫魔。人間じゃなくて淫魔。人間の奴隷にして精液をすする家畜以下の生物。そしてその穴で人間を虜にする淫らな生き物になったのよ。」
(GM2O) 【リゼリア】「精液。美味しいでしょう?違う?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……淫、魔………はい、美味しいです……んっ」その言葉に、否定できる感情が浮かばずに…精液味を思い出して、軽く声を上げてしまいます。そして何かがすとん、と納得したように頷き・・・
(M09_meifa) 【メイファ】「何か、納得した気がします……ぁ、そうなんですね、私……」どこか嬉しそうな、淫らな色が瞳に宿ります
(GM2O) 【リゼリア】「ふふふ。自覚したら尚いっそう素敵じゃない?今とてもいい気分でしょう?」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい。何かすごーく……気分がいいです。…ぁ、でも…人間だけ、ですか?」ふとした疑問。メイデンとしての経験不足ゆえか、人間以外にもいろんなモンスターがいることを思い出し
(GM2O) 【リゼリア】「そうね。人間だけじゃないわね。ふふふ総ての生物の性の奴隷って所かしら?」
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……♪」その言葉に、とろん、と嬉しそうに顔をほころばせます
(GM2O) 【リゼリア】「さて・・・・そろそろ始めてのお客さまを取ってもらおうかとおもうんだけど。その前に・・・」
(GM2O) 【リゼリア】「ここでお客を取る娼婦は刺青を左肩に入れることになってるの。どんなのがいいかしら?」
(M09_meifa) 【メイファ】「刺青ですか…?・・・あ、それでしたら…先ほどの話しから、淫魔のものがいいです」
(GM2O) 【リゼリア】「では精液に塗れる淫魔なんて・・・どうかしら?」
(M09_meifa) 【メイファ】「…(こくっ)…是非、それでお願いします」その姿を想像して、うっとりと頷いてしまいます
(GM2O) 【リゼリア】「では。刺青を入れて明日。お客様が来るわ。口上を考えておいてね。」
(M09_meifa) 【メイファ】「はい、分かりました…」と、嬉しそうに頷きます
(GM2O) 【リゼリア】「では・・・・明日ね。ああ刺青は夜に職人が来るから。では・・ね。」
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) 「高潔な血が娼婦に堕ちる夜」
(GM2O) 初めての売春ということで隅々まで現れ香油を塗りこまれて綺麗になったメイファは自室で客を待つ。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ…」初めてのお客…床に座り、すける衣装のまま、直ぐに来るであろう客を待ち
(GM2O) ノックの音と共に部屋に男が入ってくる。
(GM2O) 服装は普通だが雰囲気と体系から軍人だろうと分かる。
(M09_meifa) それでは、入ってきた男を見てにっこりと微笑み、三つ指ついて頭を下げ
(GM2O) 【マッチョ】「初売りの娼婦はお前か?」にやにやと笑い
(M09_meifa) 【メイファ】「はい。ようこそ、女王蜂の館へ。今宵はメイファをご指名くださり、ありがとうございます。私は今よりご主人様専用の肉奴隷として奉仕することをここに誓います」
(M09_meifa) 【メイファ】「一つ、ご主人様のお望みの事はどのような事でも喜んでいたします。二つ、命令に従わなかった場合は、どのようなお仕置きでもお受け致しますので、なんなりとご命令下さい。」
(M09_meifa) 【メイファ】「どうかメイファの淫らな体の中も外も、ご主人様の熱くて太いもので、心の赴くままにお汚しください」
(M09_meifa) といい終り、再び目を見て微笑んだ後、もう一度三つ指ついて頭を下げます
(GM2O) 【マッチョ】「ふふ・・・・いい声だ。そしていい台詞だな。」足で顎を上げさせてじっと見て
(GM2O) 【マッチョ】「ぺっ・・・舐めろ」靴に唾を吐いて
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……」顎を足の上にあげて…「はい、分かりました、ご主人様……はむ、ちゅ、ちゅる・・・」その靴の唾に、舌を出して救い上げ、その後唇でついばむように靴に口付けして、吸い上げます
(GM2O) 【マッチョ】「ふむ・・・・・そしていいメスだ。」足をどけて舐めているのもかまわずメイファの顔を持って深く口づけする。
(GM2O) 甘く、情熱的に。
(GM2O) 舌を絡ませて吸いたて唾液を啜る。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ…んっ、んぅ……♪」舌を絡められた途端に、瞳を潤ませて男の瞳を見て……男の首に手を回して体をそっと押し付け、自らも熱く、ねっとりと舌を絡めます
(GM2O) 【マッチョ】「ん・・・・ふふ・・・楽しめそうだ。」そっと唇を離してベッドへお姫様抱っこで連れて行く。
(GM2O) 【淫悦の縛鎖】(ビショップ/耐1攻1特38) 〔no.marcy〕
(GM2O)     * TP-/不可/攻2d6+1/《責め具の呪い》《迂回攻撃》《[受動]禁止》
(GM2O) 人屑
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……♪」嬉しそうに、男の目を視たまま微笑み…首に手を回したまま、ベットに運ばれます
(M09_meifa) ・・・なるほどw
*GM2O topic : 「メイファ調教部屋」淫悦の縛鎖・メイファ・人屑
(GM2O) 淫悦の縛鎖は特に描写は制限はありませんが・・・
(GM2O) では人屑さんが攻撃しますぜw
(M09_meifa) はいなーw
(M09_meifa) こっちは行動放棄決定w
(M09_meifa) えろくはしますがっw
(GM2O) 3d6+3
"(kuda-dice) GM2O -> 3D6+3 = [6,6,4]+3 = 19"
(GM2O) おお。ダイスが空気を呼んだw
(M09_meifa) あ、トラップ使うまでもないです。堕ちました(爆
(M09_meifa) 《熱い蜜壷》使いますー
(GM2O) 【マッチョ】「さて・・・」ぱっと服を脱ぐとベッドに載せたメイファに肉棒を見せます。
(GM2O) あいさ!>熱い蜜壷
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……♪それではご主人様……ご主人様の堅くて大きな肉棒に御奉仕させていただいてもよろしいでしょうか…?」ひざまづき、男の目を媚びるように見上げて・・・
(GM2O) 【マッチョ】「ああたっぷりと頼む。ただ最初は中にやるからな。適度にな」
(GM2O) メイファの胸を揉みながら肉棒を近づける。
(M09_meifa) 【メイファ】「んぅ……♪分かりました、ご主人様…メイファの淫らな胸と口を、存分にご堪能ください…」と、肉棒を指先で絡めて、竿を軽く揉み解し・・・亀頭をついばむにようにキス、その後舌だけを出して、見えるように、ねろり…と先端からカリ裏へと這わせて生きます
(GM2O) 【マッチョ】「ん・・・・・くぅ・・凄い・・舌だな・・・熱い・・」ドンドン熱を帯び膨らんでメイファの腕より一回り細いぐらいの凶悪なモノになっていく。
(M09_meifa) 【メイファ】「わ・・・♪すごいです、ご主人様の肉棒、こんなに…♪」目を見て嬉しそうに微笑み…肉棒の下へを顔をうずめ、下から竿にキスし、そのまま舌で細かくくすぐるように舐めながら、裏筋を通り、亀頭へと……そして亀頭から、口内へと肉棒を飲み込んでいきます
(GM2O) 【マッチョ】「おっと・・・一発目は中だ。・・・そんな顔をするな。直ぐ入れてやる。前からだ。」ぐいっとメイファの顔を離して寝るように言う。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ・・・はい、わかりました、ご主人様…♪メイファの淫らな肉穴をご主人様の肉棒でいっぱい埋め尽くして…中に熱くて濃い精液をいっぱい注いでください…♪」仰向けになり、足を開いて秘所をさらし……手を開いて淫らな言葉でおねだりを
(GM2O) 【マッチョ】「ああ・・いくぞ・・・」その巨大なものをメイファの肉穴に当てて一気に押し込む。ずるり・・・
(GM2O) マッチョは可愛い顔でうなりながらメイファの肉穴に入り込んでいく。
(GM2O) 【マッチョ】「うぉ・おお・・」コツンと奥まで飲み込んでしまうメイファの肉穴。
(GM2O) 【マッチョ】「すげえ・・・・」腰が動けない。動くと出てしまうだろう。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ふぁ、ぁ……♪はいってます、んっ、ご主人様のおちんちん、大きくて、こんな、ぁ…・・・♪」膣内をえぐられるたび、そして子宮口を突付かれて軽くいってしまい、肉棒に自ら吸い付く開発された秘所・・・
(GM2O) そして破裂。巨大なモノにあっただけの量がどぷどぷと注ぎ込まれる。
(GM2O) 【マッチョ】「ぐおおおお!!!」
(GM2O) 結合部から溢れるぐらいの量が注ぎ込まれて子宮をあっという間に一杯にする。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ、ふぁ……♪ぁ…もう精液をいただけるのですね…?淫らな肉奴隷のメイファは嬉しいです、んぅ…♪」足を絡めて男の背中へと…手を伸ばして首にからめ、精液を注がれたまま、体を寄せて、うっとりと微笑みます
(GM2O) 【マッチョ】「はぁ・・・はぁ・・・・くそう・・・最低10回は出してやる。このまま・・・朝まで寝れると思うなよ・・・」がしゅがしゅとと腰を使い始める。
(GM2O) まったく萎えないまま精液で一杯の子宮を突き上げこづきまくる。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁっ、は、んぅ…♪はい、いっぱい、出してください、ご主人さ、まぁ…♪メイファは、ご主人様の、肉奴隷です、から、ぁ…んっ、はっ、ぁぁぁ…♪」突き上げられる子宮口、そのたびに軽い絶頂を繰り返し……絶頂するたびに膣は熱く、飲み込むようにすいついては男の肉棒を熱く絡めとり、吸い上げます
(GM2O) 【マッチョ】「は・・・なんて穴だ・・・・また・・でるっおおおおお!!!」メイファを抱きしめながら二回目の射精。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁぁ…♪」熱い精液に、ぴくんっ、と震えて、それだけてイってしまい……淫魔として開発されたその体は、膣は・・・肉棒を離すまいと、精液を吸い上げるかのように蠢き、別のイキモノのように熱く吸い上げていきます
(GM2O) そして朝までその営みは続いた。
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O) 【エンディング:淫魔の踊り】
(GM2O) 女王蜂の館のホールに今日のために集まった客が集っていた。
(GM2O) なんでもあの新人メイファを一週間貸しきれるらしいということで多くの客が集っている。
(GM2O) 中央はスポットライトで光っており。皮で覆われて強大な肉棒だけ露出した男が固定されていた。
(GM2O) そしてリュートの音色と共に奥から踊り子にしては卑猥すぎる衣装を身につけたメイファが踊りながら歩んでいく。
(GM2O) 【リゼリア】「本日はこのメイファを一週間貸切される幸運な方をオークションで選びたいと思います。」
(GM2O) 【リゼリア】「それではメイファ。皆様にアピールなさい。」
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ……♪」と、動くたびに下着の割れ目から秘所がちらり、と見え……たと思えば、袖からの腰布でそっ、と遮り…・・・
(GM2O) リュートの音がいっそう多々かくなる。
(GM2O) リュートの音がいっそう高く大きくなる。
(M09_meifa) リゼリアの言葉に深く静かに一礼し…肉棒を中心に腰をふり、足を開いた…と思えば組み、見えそうで見えず、見えないところで見えるよう…際どい感じで遮っては見せ・・・
(GM2O) 【男達】「おぉ・・・・・」ため息と静かな歓声そして興奮の息が高まる
(M09_meifa) 上半身も大きくくねらせながら、腰を徐々に沈め、肉棒の上で膝立ちになった状態で……腰と手と上体の動きだけで踊り始めます……腰が軽く沈むたびに、下半身の下着の割れ目に肉棒が擦れ、軽くもぐりこみ・・・・・・
(GM2O) 【リゼリア】「ではまずは20から。」
(GM2O) 【男】「30」「35!」「40!」「50!」「65」「80」「100!」
(GM2O) ドンドン値が上がっていきます。
(M09_meifa) 【メイファ】「んっ…ふぁ、ぁ…・・・はぁ、ん、ぁ……♪」リュートにまぎれる熱く、甘い声……割れ目から滴る愛液は、下でそそり立つ肉棒を瞬く間に濡らしていき…・・・腰もくい、と沈め、亀頭だけを咥えた状態・・・腰を上下左右にふりみだしては、愛液を滴らせていきます
(GM2O) 【男】「110」「120」【リゼリア】「120・・・ありませんか?」【男】「150!!」【リゼリア】「150・・・ありませんか?」
(M09_meifa) 時に抜いては、ひくつく秘所を観客に晒し・・・てはまた肉棒へと沈め…やがて自らの手で胸を揉み解し、乳首を自分で咥えて…観客の男達へと視線を合わせていきます
(GM2O) 【男】「170!!」【リゼリア】「170・・・ありませんか?」
(M09_meifa) 【メイファ】「あむ、ちゅ、ちゅる…ん、ぅ…」舌で唇を舐め…唾液を自らの乳首へと、とろり…としたたらせて…ホール内の、どうしようかと考えてそうな男へと視線を合わせます
(GM2O) 【男】「ぐっ・・・・200!!!!」【リゼリア】「200.ありませんか・・・」【男】「ぐっ・・・」【男】「むぅ・・・・」
(GM2O) 【リゼリア】「では。200で決まりました。メイファ。ご挨拶なさい。」
(GM2O) 【男】「お・・・?」急に買い上げた男にスポットライトが当たる。
(M09_meifa) 【メイファ】「ぁ……」と、腰を上げて肉棒を抜き、愛液をステージ上に滴らせて、男の傍へと歩み寄り…
(M09_meifa) 【メイファ】「ようこそ、女王蜂の館へ。此度はメイファをお買い上げくださり、ありがとうございます。私は今より一週間、ご主人様専用の肉奴隷として奉仕することをここに誓います」
(M09_meifa) 【メイファ】「一つ、ご主人様のお望みの事はどのような事でも喜んでいたします。二つ、命令に従わなかった場合は、どのようなお仕置きでもお受け致しますので、なんなりとご命令下さい。」
(M09_meifa) 【メイファ】「どうかメイファの淫らな体の中も外も、ご主人様の熱くて太いもので、心の赴くままにお汚しください」
(GM2O) 【男】「ああ・・・絶対に俺の仔を孕ませてやる」そう言ってそのまま伸し掛かる。
(GM2O) そして饗宴は続いていく・・・・
(GM2O)  
(GM2O)  
(GM2O)