[Wat-cGM] -アナウンス-
[Wat-cGM] これから出産プレイとかがあるかもしれないせっしょんをするよ
[Wat-cGM] ニガテなひとはこのチャンネルを閉じ閉じするとしあわせなきがするよ
[Wat-cGM] あとちょっとイタいお話もあるかもなのよ、センソーネタにしようと思っているのよ
[Wat-cGM] そちらがニガテなひともまたこのチャンネルを閉じ閉じするとしあわせなきがするよ
[Wat-cGM] -アナウンスおわり-
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 2d6
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6 = [6,2] = 8
[Wat-chi]  
[Wat-chi]  
[Wat-cGM] じゃぁとりあえず、帰還兵の中に見慣れたお顔を発見するところから始めようと思うのよ
[Wat-cGM] ヘータイが続けられなくなるくらいの傷を受けている…みたいなアレにしようとおもっているのですが、そのへんはおkかしら
[Makoto___] 痛いのはけっこうへいきだよ!
[Wat-cGM] あ、居た
[Wat-cGM] はいな!
[Wat-cGM] じゃぁ……弟妹達がわるいやつらにセンソーに借り出されているので、それを助けるシナリオだよ!
[Makoto___] なんと!了解いたした!
[Wat-cGM] じゃぁ…はじめます!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] しっとりと休暇を楽しんだラムゼーさん、結局長居してしまったるしーさん 
[Wat-cGM] ラムゼーさんは少しフクザツなようですが、ある程度の地位のおうちの息子であるラムゼーさんは、センソーが始まる前に配置換えを言い渡され、街に戻るるしーさんとは別の街道をゆくことになりました
[Wat-cGM] 【ラムゼー】「お姉さん……僕の配下の兵士達には、すまないと言っておいてね、その……あの傭兵団も居るんだし、僕のお仕えする騎士団もとても優秀なんだ、お姉さんにもイルマにも心配はかけさせないよ」
[Wat-cGM] 二人の旦那さんとしての自覚も随分できたのか、分かる間際のラムゼーさんはなかなか凛々しかったと言えます
[Wat-cGM] ラムゼーさんの配属先はセンソーのある地域とは遠い安全な場所、彼としてはとてもフクザツでしょうが…
[Wat-cGM] ともあれ、るしーさんは一人の旅路になり、森を抜けない少し大回りのルートで戻ることになったのでした
[Wat-cGM] そして、行きよりも随分とかかってしまった戻りの旅を終えてみると…
[Wat-cGM] 帰還兵が戦の功績を語り合い、その影で傷病者がぼんやりとうずくまって…、街には随分と濃いセンソーの影が漂ってきていたのでした
[Wat-cGM] 【戦傷兵】「旦那様……お情けを……」【帰還兵】「その時のあの魔族どもの顔ったらなかった、我らの隊長が…」【給仕】「あちら、ビールもう5杯追加ねー!!」
[Wat-cGM] 賑わいと不安が交じり合うなんとも言えない不穏な空気の中で、るしーさんはふと、戦傷兵に呼び止められるのでした
[Wat-cGM] 【戦傷兵】「奥さま……私の傷を哀れに思ったら……」きゅ、とベールのすそを掴んできた少年兵が、一瞬かたまります、こんな薄着の人間は、この辺りでは殆ど見かけません、牛の獣人の彼は驚いてるシーさんのお顔を見上げ…
[Wat-cGM] Go!↓
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……んぁ?」と、ヴェールの裾をつかまれて振り向くと…?
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「なんや、うちの顔に何かついとるんか?」少年兵…こんな子供まで…。痛々しく思いながら、今の財布の中身に思いをはせつつ…。こんな身体もお腹もおっきい人間、中々いないと思いますが!
[Wat-cGM] 同年代の少女を後ろにつれた少年は、左足が義足になって、あたまにも包帯、かなり痛々しいようすです、そしてそれよりもるーしぃさんを驚かせたのはそのお顔、少し凛々しくはなったものの、弟とそっくりな……いえ、弟のオーガストさんそのものなのでした
[Wat-cGM] 【オーガスト】「お姉ちゃん……?」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…あ、あんた…オーガストか?こんな所で何しとるんっ…!?」はっとなってかがみこむ。長かった、この日をどれだけ待っただろうか…しかし同時に…「その足、どうしたん。それと…後ろのは…。」ここに弟がいるってことは…。
[Wat-cGM] 【オデラ】「…………………(ほろり)」ぼーっとそんな二人を見ていた背後の少女は、そのままぼろぼろと泣き出してしまいます、ぺたーんだったはずのお胸が、どこか丸みを帯びている妹、メイデンとして暮らしてきたるーしぃには彼女がどんな生活を送らされてきたのか、うすうすわかってしまって…
[Wat-cGM] 【オーガスト】「あ、あの、俺、あれから……あれから……」弟のほうもつられてしゃくりあげはじめてしまい… 魔族の襲撃の後何があったのか、二人がおちついて語りだしてくれるのに、しばらくの時間を要したのでした
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「………っ!」ぎゅうぅっ。オーガストとオデラに手を伸ばし、やっと会えた弟妹を二人を力いっぱい抱きしめてやります。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] オーガストの話を聞くと、彼らを攫ったのはどうやら人の間に随分と長く暮らしている魔族のようでした
[Wat-cGM] 兄弟達は身体能力の高い獣人として、揃って攫われ、そのまま瘴気の濃い地域で兵士としてまるで奴隷のように鍛えられてきました、瘴気にあてられて血の気の多くなった牛族は強力な戦士になります、時に鞭で、そして時に妹達を宛がわれ、アメと鞭で従うことを教え込まれた彼らは、この地で兵士としてこき使われていたようです
[Wat-cGM] 【オーガスト】「でも……俺足をやられて戦えなくなって……、でも、その時あいての魔族の大将をやっつけてたんだ、運よく褒章でオデラを身請けして、部隊も辞められたんだけど……
[Wat-cGM] そんな風に部隊をぬけられる者はとても少ないのだと彼は語るのでした
[Wat-cGM] でも、なんで魔族が、人間の町を守るためにわざわざさらった兵士を使っているのかは彼にもよくわからない、ということです
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「うん、うん……大丈夫や、もう、大丈夫やからな…。」二人を腕の中に抱き、宿の一部屋---落ち着いた場所で話を聞いてます。二人の背中をポン、ポンと叩きながら…伝わる体温は、間違いなく昔面倒をみた子供達のそれで。
[Wat-cGM] 【オーガスト】「お姉ちゃん……」【オデラ】「…………(もじ。)」すっぽりとるーしぃさんの腕に包まれてしまう二人
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…恐かったろうなぁ、痛かったろうなぁ…ごめんなぁ、もっと早く見つけてあげれなくて…。」ぐすっ。はなごえですすりあげながら、ぎゅうっと…今はただ、抱きしめてやる。
[Wat-cGM] 【オーガスト】「俺、おれ……瘴気でなんだかわからなくなって、妹達まで……おそって……」【オデラ】「兄さん……」またうるうるし始めてしまう二人、ぎゅーっとるしーさんに抱きついてくる二人……でも、彼らの言葉からすれば、他の兄弟達はまだ…
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…いいんよ。二人とも…ずっと悪い夢を見てたんや。うちは今…あんたらが生きてるだけで…。」
[Wat-cGM] [ウエートレス]「……っはいっ♪3番のお部屋、タンドリーチキン、たらスパサラダ、サイコロステーキ、上海風焼きそば、チーズオムレツ、ヒレカツ、チャンジャ、生ビールサーバお持ちいたしましたー♪」
[Wat-cGM] しんみりした雰囲気を、お店の給仕が和ませて……もしかすると、お話が終わるのを少しだけ待っていてくれたのかもしれません
[Wat-cGM] あれよあれよと言う間に三人の周囲に注文したごはんが届けられてゆきます
[Wat-cGM] 【オーガスト】【オデラ】「「うわ………」」良い食生活など送ってこなかったのでしょう、二人は揃って目を輝かせて…
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……さ、食べてええよ。二人とも、どーせロクなもん食ってなかったんやろ?」ぱ、と抱き寄せる手を僅かに緩ませて
[W06_Lucy] ちなみに気になったんだけど、オデラのお腹は…?
[Wat-cGM] 【オーガスト】【オデラ】「「うんっ!!」」懐かしい笑顔で、二人は再会してから初めて微笑んだのでした!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…ふふふ…。」食べる二人の様子を眺めながら、懐かしそうに微笑んで…。「…あ、おかわりおねがいしますわ。」うん、これは自分の分のこらないだろうなーと注文追加。
[Wat-cGM] 【オーガスト】「ほら、オデラ、お腹の子のぶんも食べないと……」【オデラ】「はむはむ…ん、おいし……」少し気持ちも落ち着いたのでしょう、二人は彼らの所属させられていた部隊について教えてくれます
[Wat-cGM] 部隊の名は蹂躙の雄牛部隊、隊長には魔族の命令でやってきたという粗野な男がついています、名前はドルガス
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……」ふに、と自分のお腹とオデラのお腹をくっつけてさわさわ、妹のお腹を撫でてやります。
[Wat-cGM] 【オデラ】「ひゃっ…………(赤)」【オーガスト】「お姉ちゃんは…結婚したの?」ちょいんと聞いてきたり
[Wat-cGM] (二人ともお口の周りに食べかすなのは仕様です
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…んー?まぁ旅してるといろいろあってなぁ…。」と、アジャトカさんに孕み袋にされそうになったのを逆に尻にしいたりとか、助けたはずの女の人が雄獣人になっておそいかかってきたりとか、なんだかんだで子供がもう15人もいるとか、お腹の中に今二人いてもうすぐ生まれそうな事とか
[W06_Lucy] 今までの冒険をやや面白おかしく脚色してお話しませうっ。
[Wat-cGM] 弟達や、他から攫われてきた獣人達は数人単位でチーム分けされていて、そのリーダーには"忠誠心"が厚いと判断されたものが攫われてきた者たちの中から選ばれます
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「ま、うちにはあんた等とチビ達がおれば……」とは言うものの、やっぱり気になるあの人の顔が浮かび「………。」顔を真っ赤にしてぶんぶん。そーゆーのうちのキャラやないから!?
[Wat-cGM] オーガストの退役を許してくれたのは彼の兄、ルーシィにとってはすぐ下の弟になるケインズ
[Wat-cGM] 正直オーガストは彼が退役を許してくれるとはとても思って居なかったそうです
[Wat-cGM] 【オーガスト】「ひゃーー………」なんだか自分達の不幸もかすむような滅茶苦茶なるしーさんの今までの生活に、弟さんは目をまんまるにしています
[Wat-cGM] 【オデラ】「よかったね………」オデラのほうはさすさすとルーシィのおなかをさすって赤ちゃんに声をかけてきたり……ひとまず戦乱からはなれられた自分の子供と一緒に、るしーさんのお子さんにも愛情を注いでくれたり
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…オデラ、大変やと思うけど…。」ぎゅ、とまだ子供を産むには幼いであろう妹を抱いて「……あんたも、がんばるんやで。」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「(……一人で突っ込むのは得策やないか。)ケインズは今どこにおるかわかるか?」と、オーガストくんに。
[Wat-cGM] 【オーガスト】「ええと、部隊はここに野営していて…小隊長には一人のテントがあるんだ、兄さんのは多分まだここ……」とても的確に地図の上で示してくれる弟さん、兵士としての躾を受けてきたことがどうしてもよくわかってしまう弟さんの指示、でも今はそれがとてもるしーさんの助けになるでしょう
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…ん、わかった。」こく、と頷いて。「……オーガスト、オデラ。」
[W06_Lucy] 急に神妙な顔になって、二人の肩を抱き、顔をつきあわせる形にします。
[Wat-cGM] 【オーガスト】「ひゃっ」【オデラ】「ん、何、姉さん……」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……一つ、聞いてもええか。アジャトカって名前の、大猿みたいな魔族に心当たりは?」
[Wat-cGM] 【オーガスト】「すげぇ強いんだ、この前敵の将軍と一騎打ちしてたって聞いたけど…でも、それから話は聞いてない……お姉ちゃんの…その、好きなヒトなの……?」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……ばぁか、ただの腐れ縁や。」しかしその口調は、どことなく好意がこもっていて…。
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「(……下手すると向こう側、ってことやな。あんまり頼りにはできへんか…。)」
[Wat-cGM] 【オデラ】「……時々、兄さん達にも、急に音沙汰が無くなるヒトが居たの……姉さん、なんだか私、あの戦場は嫌な…感じがして……」
[Wat-cGM] その不安を肯定するように、オデラさんも言葉をつなげたりする!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…二人とも。」じゃら、と路銀にするには十分なお金を袋に入れて「…朝になったら、故郷に帰りな。」
[Wat-cGM] 【オーガスト】「お姉ちゃんはどうするのさ」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…父ちゃんも母ちゃんも心配してるし、うちのちびっ子達の面倒も見てやってや。」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…復讐なんて大それた事は考えてへんよ。ただ…」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…取られたもんは、取り返さへんとな。」
[Wat-cGM] 【オデラ】「兄さん、姉さんの言うとおりにしよ」【オーガスト】「でも、一人でなんて……」くやしそうに左足をみる弟さん
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「だから、もしもの時はあんたらだけでも帰るんや。もしうちが戻れなかった時は…あんたらがあの島を立て直すんや。」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…ちゃんとした服着て、危ない道は馬車で通るんやで。ほんまはうちがついてきたいとこやけど…。」
[Wat-cGM] 【オーガスト】「嫌だ…、帰ってきてくれなきゃ嫌だからね」【オデラ】「兄さん……。姉さん、その子のためにも…無茶はしないであげてね……兄さんと二人で、待ってるから」きゅっと兄さんのお手手を握る妹さん、その仕草を見れば、オデラのおなかの子供が誰とのものなのかは一目瞭然で…
[W06_Lucy] 【オーガスト】「……うちもさらさら死ぬつもりはないで……この子のためにもな。」ぽんぽん、とお腹に触れて。「…故郷で会おう。」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……うちもさらさら死ぬつもりはないで……この子のためにもな。」ぽんぽん、とお腹に触れて。「…故郷で会おな。」
[Wat-cGM] 【オデラ】「はい、姉さん」【オーガスト】「………うん…」
[Wat-cGM] 俯き加減でお返事の弟さんと、しっかりとるしーさんを見てお返事の妹さん
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…あ、そうそうオデラ。」きゅ、とヴェールを羽織りながら「…あんたは美人すぎるから、道中は男の子のカッコしてったほうがええで。」
[Wat-cGM] 【オデラ】「∑…………(赤)」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……それじゃ、ちょっくらいってくるわ」二人に背中を向けて、部屋を跡にしようとします。
[Wat-cGM] 【オデラ】「はい、いってらっしゃい、姉さん……」【オーガスト】「……うん、俺、しっかりこいつのこと守って家まで帰るから…姉さんも…」
[W06_Lucy] 振り向かずに手を振って、部屋の外へと。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 蹂躙の雄牛部隊の宿営地はなんだかとても静かです、……というより、わずかに満ちた瘴気で虫や風の気配が遠ざけられている、と言う感じでしょうか
[Wat-cGM] テントがいくつも設営された中からは、時折熱い吐息が聞こえてきます、きっと戦で勲功のあったものが今日の”褒美”を受け取っているのでしょう、今までるしーさんが身の内に溜めてきた瘴気が、るしーさんを内側からゆっくりと発情させはじめているのが
[Wat-cGM] テントの合間を縫って進むるしーさん自身にもわかります
[Wat-cGM] とはいえ見張りも特に立てられておらず、ケインズのテントへはカンタンに近づくことができそうです
[Wat-cGM] Go!
[Wat-cGM] ↓
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……(”お楽しみ”の真っ最中ってわけやな、被害者も加害者もうちの家族ってのが胸の痛む所やけど…。)」頭を潰さないことには、なんともならないか。「それにしても…。ふぅ…やけに熱いわぁ。」ヴェールの胸元をほこほことやって。
[W06_Lucy] そっと、テントの裏の布地に耳をあてて中から声が聞こえないかなーとかやってみましょう。
[Wat-cGM] 【牛族ではない声】「オラっ!どうしたぁ?、声を上げて今日最大の手柄を立てた俺を楽しませろっつってんだよ!」【牛族の少女の声】「はぁぁぁっ!!あ、あっ…ついぃ……ふとくてっ…!!おかしくなりそうですぅぅっ!!」【牛族ではない声】「ゲラゲラゲラ、お前らのお陰で俺達はカンタンに敵の大将に近づけるってワケだ、牛様様だぜ、おらっ!尻も休ませるんじゃねぇよ!」
[Wat-cGM] 二人の男が少女を責めている声が聞こえてきます、ケインズの声はかけらも聞こえてこず…とはいえテントをまちがえたということもありません
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……せーの。」2、3メートル後ろに下がって助走をつけて。ああだめだ、頭に血が上るといっつもこうなんだもん。
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…どっせえぇぇーーーいっ!!」ぴょん、ぐしゃっ!!布張りのテントの上から飛来する、推定体重200kg以上のルーシィの巨体。テントごとぶっつぶすっ!
[Wat-cGM] 【男】「っくっ…出すぞっ…うぉぉぉ  …∑おおおおおおっ!?」【牛族の少女】「あっ……あっ……ああああーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」【男】「へぎゃぅっ!?」
[Wat-cGM] どしーん
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……ったく、ケインズはいないわ下品な場面にでくわすわ……。」テントをめくって中身を確認、ケインズはどこか聞き出すぞー。
[Wat-cGM] 綺麗に男二人のうえにるしーさんのおしりがのっかって、るしーさんのおまたの間には仰け反ってふるふると震える少女の形にテントの布が盛り上がっていたり
[Wat-cGM] (べり)【キャロル】「……は、あぁ、あ…… れ……?     お姉ちゃん……?ああ、なんだ夢か……」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……生きとるかー?夢やないでー。」ほっぺぺちぺち。お腹が妊婦胎になったりヴェール着てたり妊娠線はしってたりと大分かわってますが、おねえちゃんです。
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…みんなを助けに来たんや。ケインズの居場所、わかるか?」
[Wat-cGM] 【キャロル】「お兄ちゃんは檻に入れられて反省させられてるよ……?オーガストを逃がしたんだって……えへへ、夢ならいいや……ねぇ…お姉ちゃぁん……アタシこんなにエッチになったんだよぉ……?」うっとりとした表情のまま、キャロルさんがしなだれかかってきたり
[Wat-cGM] くりくりと乳首をいじりながら胸を的確にマッサージし、するりと滑りいれてきたふとももは、るしーさんの女の場所をねっとりとしげきしてくるのです!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「………うちの尻の下で寝とる男が起きたら」たしかに気持ちいい、が!「”テントの柱が折れたみたい”とか言ってごまかしとくんやでっ。」びしっと首筋ちょっぷ!
[Wat-cGM] 潤んだ瞳のまま、熱い息で…【キャロル】「ねぇ…お姉ちゃんも何時の間に捕まったの……?そのお腹、アタシといっしょだね∑ふぎゃん」
[Wat-cGM] では魔力と知力で1かいつつチェックだ!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「………。」妹のお腹を撫でながら、すこし哀愁を帯びた瞳で。
[Wat-cGM] づつ!
[W06_Lucy] 目標値はわかるかい!?
[Wat-cGM] 魔力が10と知力が8!
[W06_Lucy] 3d6+2 ぽて1
[kuda-dice] W06_Lucy -> 3D6+2 = [3,4,2]+2 = 11
[W06_Lucy] あ、ごめん。達成値2だった。 護符と妊娠でさがってるから
[W06_Lucy] 達成値11-2の9で!
[W06_Lucy] 3d6+3 ぽて1 まりょく
[kuda-dice] W06_Lucy -> 3D6+3 = [5,5,3]+3 = 16
[Wat-cGM] ∑2!?
[W06_Lucy] くりあ!
[W06_Lucy] 9とじゅうろく!
[Wat-cGM] 知力、魔力のジュンで振ったのね?
[W06_Lucy] うんうん
[Wat-cGM] じゃぁ魔力のほうはわかった!
[W06_Lucy] 知力が1-1で+0だから、ダイスだけで9点達成値!
[W06_Lucy] 一応知力も成功だ!
[W06_Lucy] ほうほう
[Wat-cGM] キャロルさんに当て身したとき、ぴちょいーん、と波紋みたいに瘴気の中を何かが伝わっていったよ!
[Wat-cGM] あ、そか
[Wat-cGM] じゃぁ知力もわかった!
[W06_Lucy] な、なにが伝わってきたかはわからないかしら
[Wat-cGM] きゃろるさんがふらふら指差していた方向はちょっとわかりにくかったけど、ケインズさんの入れられている檻は多分あっちのでかいテントの中だ!
[Wat-cGM] よくわからなかったけど……でも伝わっていった結果はすぐにわかったよ!
[W06_Lucy] ほうほうほう、だいいんぐめっせーじというやつね!
[Wat-cGM] あちこちのテントでもぞもぞと起き出す物音が聞こえてくる!いそがないとだめだ!
[Wat-cGM] ∑しんでねぇ
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっちゃぁ…だめだなぁ、うちってばすぐ頭に血が上るから…。」気付かれたのを感じて、とっとと一際大きいテントに向けて走り出すっ!
[W06_Lucy] で、もう一発とび蹴りかますつもりでいくがっ!
[Wat-cGM] じゃぁ大テントね!
[W06_Lucy] 天上を突き破ってどっかーん?
[W06_Lucy] 大テントだよ!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM] 【ケインズ】「はぁ……はぁ……はあぁぁ…ぐ、ん、うう……」
[Wat-cGM] 【牛族でない男】「なぁ、正直に言っちまえよ、ケインズ、お前が弟をどこかに逃がしたのは知ってるんだ、なぁ、ほら、愛しい妹の臭いだ…お預けはつれえだろ?」【牛族の少女】「あ、ふぁぁ……♪すごいです……私のお腹、隊長でいっぱいにぃ……もっと、もっとくださいぃ……」
[Wat-cGM] 【ケインズ】「う、ぐ、うううーーーーーーーーーーーーー!!!う?」 【少女】「あ?」 【牛族でない男】「わははははは!本当におもしれえなお前ら!【少女】「っ……(どんっ!)」 おわっ!?!?」
[Wat-cGM]               どっかぁーーーーーーん!!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 大テントに文字通り突入したるしーさん、天井はぼろぼろになったものの、布の重さだけで1トン近くある大テントは崩れなかったのでした、周囲を見回せば、まるでケモノでも入れるような頑丈そうな檻が10個近く置かれており、その中には目を血走らせ、中央で素早く武器を抜いた男に口々に開放を懇願する牛族の少年、青年が入れられています
[Wat-cGM] テントの中央では、今さっき侍らせていた少女に突き飛ばされ、助けられた大男がまさにその少女を盾にするように武器を抜いてるしーさん相手に身構えています
[Wat-cGM] 【ドルガス】「なんだぁ…?俺は追加の女を呼んだ覚えはねぇぞ……?」剣呑な声でるしーさんを睨みつける大男は、確かな剣の腕を持っているようで…
[Wat-cGM] Go!↓
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……あんまり口をひらかんほうがえぇで。」ごき、ごきと指を鳴らして。「今日のうちは、気が立っとるからな。」
[W06_Lucy] ちら、と一瞬だけ檻に目を走らせる。素手で壊すのはちょっとむずかしそうかな。
[Wat-cGM] 魔法まで使って全力でいけばいけそう!でも目の前のおとこはそんな隙をみせそうにない!
[Wat-cGM] 【ドルガス】「そいつぁ奇遇だな、俺もお楽しみを邪魔されるのは大嫌いなんだ、見たところ牛族か…こいつらの縁者か?  あー…邪魔されてイライラした俺ぁ、ちょいと八つ当たりをしたくなってくるような気がしねぇか?姉ちゃんよ?」檻に目を走らせた一瞬の隙をついて、目の前の少女の髪を掴んで引き寄せるドルガスさん!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「その娘になにかしてみろや……」ずん、ずんと無遠慮に近づくルーシィ。「次の瞬間、うちが拳があんたの喉を抉るで。」
[Wat-cGM] 構えた剣が大剣のため、少女に振り下ろすには少し隙ができてしまうでしょう、るしーさんもそんな隙を見逃すはずはありません、しかし、男の腕がるしーさんの見計ったものよりも少しでも高いものだったら…たいへんなことになってしまいそう
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「けちな脅しはやめときな。うちはあんたと、あんたの後ろにいる魔族を殺す事しか考えてへん。」
[Wat-cGM] 【ドルガス】「へ、
[Wat-cGM] 【ドルガス】「いいさ、ならどっちにしろこいつがどうなったって同じってことだな……?」ドルガスさんの目がぎらりと剣呑な光を…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 戦闘、
[Wat-cGM] かいしだ!
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM]   
2 *Wat-chi Topic : [ドルガス(IV4)][ルーシィ][瘴気に犯された傭兵部隊(8)]
[Wat-cGM] るしーさんの後ろに居るのは部隊兵とかではなく、このキャンプ全体を覆う瘴気だと思ってね!
[Wat-cGM] 兵士から馬車から檻から、何から何までつかってるしーさんをやっつけようとするよ!
[W06_Lucy] ほーい!
[Wat-cGM] ドルがすんより強い、この戦闘のしんのぼすだ!
[W06_Lucy] えええっ!?
[Wat-cGM] どるがすんと瘴気を両方倒せばこの部隊は維持できなくなるよ!
[Wat-cGM] がんばって!
[W06_Lucy] りょ、りょーかいっ!
[Wat-cGM] とりあえず先にドルがすんやっつけるのがいいと思う!(攻撃力はどちらも同じくらいある
[W06_Lucy] ほ、ほぉーい!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…開幕から!ありますか!
[W06_Lucy] ありませぬ!
[Wat-cGM] こっちもない!
[W06_Lucy] こい!
[Wat-cGM] では…!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 2d6+9 七毒+誘惑!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [5,4]+9 = 18
[Wat-cGM] 2d6+9 七毒+誘惑!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [1,5]+9 = 15
[W06_Lucy] むむむむ
[W06_Lucy] 胸APその他ふっとび!
[Wat-cGM] 魔族刻印ありますか!
[W06_Lucy] ありませぬ!
[Wat-cGM] その数×3だけダメージ増えるよ!
[Wat-cGM] 増えなかった!
[W06_Lucy] 爆乳もらおうか!
[Wat-cGM] では七毒を二つえらんでくださいな!
[W06_Lucy] あと催淫!
[Wat-cGM] はいさ!
[W06_Lucy] アクトは、魔性の果実でっ
[W06_Lucy] なんか胸がむずむずするなー的な。
[Wat-cGM] いただいた!
[Wat-cGM] とりあえず攻撃をしょりしてしまってから描写いくといいとおもいました!そちらどうぞ!
[Wat-cGM]  
[W06_Lucy] 17+6+16+2+6 雷属性 レックレススパークランページ!
[W06_Lucy] 対象どるがす!
[Wat-cGM] ダイスの分かかないと!
[W06_Lucy] 17+6+16+2+6+2d6
[kuda-dice] W06_Lucy -> 17+6+16+2+6+2D6 = 17+6+16+2+6+[1,3] = 51
[Wat-cGM] でけー!
[Wat-cGM] 防御で6点止めて45点いただいた!
[W06_Lucy] 雷ぞくせー!
[Wat-cGM] オークは魔属性なのでふつう!
[W06_Lucy] なにぃ
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 反撃いたす!
[Wat-cGM] 1d6+24 Dieせんぷうー!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 1D6+24 = [3]+24 = 27
[Wat-cGM] 27点!
[W06_Lucy] APぜんぶぜろ!
[Wat-cGM] はいな!
[Wat-cGM] では…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 描写!
[W06_Lucy] さらに<禁断の蜜穴>をば!
[Wat-cGM] あ、アクト頂くのわすれてた 
[Wat-cGM] はいな!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] あらためて描写!
[Wat-cGM] 【ドルガス】「おらっ!隊長様のためだ!その女を食い止めろ!褒美に後で犬とでも番わせてやるぜ!(がつっ!とるシーさんに向けて妹さんを蹴り出す)」【リンジー】「あ……?あはっ♪はいぃぃっ!!」 そして、思っても見なかった身のこなしで、犬っころのようにるしーさんの後をとことこひっついてまわっていた妹が、るしーさんにだきついてくる!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「んぁっ…こらっ!」と、引っぺがそうとするが、ずっと求めてた妹相手に乱暴にはふりほどけず…。
[W06_Lucy] やはり姉妹の情のせいか、思わず抱きとめようと…しかしそれが致命的な隙となって!
[Wat-cGM] しなやかに伸びてきた指先が、瘴気を纏ってるシーさんの乳房に絡みつき、娼婦さながらの淫猥さでリンジーはるしーさんの目を下から見つめ上げながらてろり…てろり…と乳首に舌奉仕を開始する、甘噛みまで交えた粘着質な奉仕には、かつてのリンジーの快活な印象はどこにも残っておらず…そして、妹の唾液に濡れる乳先に、ずぐりと奇妙な…しかし慣れ親しんだ異変が起こり始める
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…やめっ…くっ…。」じわっと両乳首からにじみ出る乳白色の液体。甘い甘い蜜が、砲丸のように巨大な乳房から漏れ出していく。
[W06_Lucy] すこし乱暴に妹の身体を掴もうとするが、知らず知らずの間に淫気にしびれた腕には力がこもらず…くぃ、くぃと引っ張るくらいで。
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「(なんや、これ…。うち、どうしちゃったんや…。)」はぁ、はぁと息は荒く。殺気立っていたさっきまでの態度が嘘のようにほわぁっとした気分で。
[Wat-cGM] 【リンジー】「おねえさぁん……ふかふかで、れるぅ…、ふに、とってもきもちィィ…あは♪二人で隊長に気持ちよくしてもらおう…?私がリードしてあげるからぁ…」いつの間にか伸びた左指はルーシィさんの股間に割って入り、自分のものをこすりつけながら、ルーシィさんの膣壁をしつこく撫で解し、お互いの女の太腿のなめらかさを堪能させ合う
[Wat-cGM] 【ケインズ】「あ…う、ぐ止めろ…リンジ…、……え……? ルーシィ……?」その光景を必死に獣欲を抑えながら見つめていた弟が、ふと大女の正体に気づいて声を上げる
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「やめっ…リンジっ…今それどころやなっ…。」指先に撫でまわされ、ほぐされた秘所から熱い蜜がじわりと溶け出して…。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「何時までも女同士で乳繰り合ってんだぁ…?オラっ!!」いつの間にかすぐ傍まで来ていたドルがすが、真正面から妹ごとるしーさんに強烈な前蹴りをかます、たまらずぐらりと倒れ、仰向けになったるしーさんの股間に…
[Wat-cGM]                   どずり!!!! 
[Wat-cGM] 【ドルガス】「どこの誰だかしらねぇが、魔物でもねえのにこの瘴気の中に踏み込んでまともに居られるわけがねぇだろがねえだろが!!!(ぐっっぷぅぅぅっ!!!)てめぇはここで息をするだけで勝手に発情してってるのさ、…まぁここまで効きのいい雌も初めてみたがなぁっ!!(ごずんっ!!どっずぅぅぅっ!!!)」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「んああぁっ!」意志とは裏腹に甘く蕩けた膣穴がえぐられ「こ、このっ…やめっ…どけっちゅうんだっ!」と巨体に覆いかぶさるオークの胸板を押して突き放そうとするが、その手は弱弱しく。
[W06_Lucy] ドルカスの逸物に絡みつく発情して熱く熟れたルーシィの肉穴。柔らかい肉の感触が、あちこちで胸みたいなようなやわっこい感触を返してきて。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「さぁ……さっきの台詞、もう一回言ってみろや(ずごんっ!!!)、この小娘が俺にどうにかされる前に、俺をぶちのめすんだったよなぁ……?(どすどすっ!!)っく…こ、の野郎……なんて穴してやがる…っ…オラなんとか言ってみろぉっ!!」ドルガス自身も発情してきているのか、強烈な獣の発情臭が辺りに立ち込め始める
[Wat-cGM] 【ドルガス】「それとも何か?俺にこうされたくてわざわざ評判を聞きつけて来たのか?あ?」ごずぅごっずうぅぅっ!!と突きこんでいた腰を、途端に甘やかすようなねっとりした腰使いに変え、孕み腹をゆっくりと撫で回してくるドルガス、その間にも妹の舌はルーシィさんへの愛撫を止めず、ルーシィさんの意識をそらし、惑わせ、闘志を萎えさせてゆく
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「はっ…はあぁっ…なんどでもっ…あんたなんかっ…あんたらを倒してっ…。」突き上げられるたびに溢れ出す愛蜜…。「うちの…うちの…。」その瞳には、うっすらと熱い液体が溜まっていて。
[W06_Lucy] 充血した膣肉がしゃぶりつくように密着し、粘った愛蜜が逸物絡み付いていく、意志とは裏腹に瘴気に汚染された膣穴は熱を帯びた極上の快楽をドルガスに与えてしまい…。
[Wat-cGM] ぞくっ!ドルガスの背が興奮で総毛立ち、ケダモノさながらだった瞳がさらに血走ってゆく
[Wat-cGM] 【ドルガス】「この腹にした相手は誰だ?牛女、オークか?ミノタウロスか?こんな格好してるんだ、犬やトカゲでも納得だぜ、オラっ!!『うちの…』で伝わるかっ!!ヒトさまの言葉で喋りやがれぇっ!!」そして、まるでその返答に癇癪を起こしたようにドルがすが凶暴な腰使いを再会する、膣ヒダがこそぎ取られるようなえげつない亀頭の掻き出しが、るしーさんの脳内に何度も何度もスパークを発生させる
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「かえせやっ…うちの、うちの可愛い…弟妹たちをっ…んああぁっ…!!!」
[Wat-cGM] 【リンジー】「ふぁぁっ!!これすごいぃっ隊長に、お姉さんと一緒におかされてるみたいぃぃっ!!んむ、はむぅぅっ!お姉さんの汗も、ミルクじるもおいしぃよぉぉっ!!!」その言葉をまさにその妹の嬌声がかきけしてしまう
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ、はあぁっ…んんっ…このっ…んはあぁっ…!」男根を抉りこまれる感触に漏れ出す嬌声。突き上げられるたびに、口の端からあふれ出して抵抗の言葉を流していく。
[W06_Lucy] 真っ赤にピンとたった乳首から、クリーム色のミルクを零しはじめ…突かれるたびにぴゅ!ぴゅ!とあふれ出してくる。
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「かえせ…かえせぇっ…うちの、うちの家族…かえしてやぁっ…。」
[Wat-cGM] 【ドルガス】「あ?知るかよっ!!大体てめぇの方こそあっという間にいい具合にとろけてるじゃねぇかっ!手前こいつらの兄弟か?ゲハハッ!ケッサクだぜ!お前の姉妹は全員俺の子供を孕んだことがあるわけだっ、これから……手前もこいつらと一緒にしてやるぜぇっ!!!その生意気なクチが聞けなくなるまで徹底的に孕ませてやるっ!!!クチから俺のザーメンが逆流するぐらいまでなぁっ!!!!」物凄い瘴気をあたりに振りまきながら、まるで鐘突きのごとき
[Wat-cGM] 挿入で、ルーシィの全身に響くような一撃を、何度も何度も叩き込んでくるドルガス
[Wat-cGM] アジャトカのように抱きしめてくるような優しさはカケラも示さず、両足をVの字に広げさせ、仰向けになったルーシィの股間に、ただ己の優越性を示すためだけの雄の一撃を叩き込もうと、猛然とごつごつと血管の浮き出た獣臭に満ちたペニスでごつぅごつぅとるしーさんの理性と矜持を徹底的に蹂躙する
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…っくぅ…ふうぅっ、ふうぅぅぅっ…。」オークの顔をまっすぐ睨みつけていた眼光が、その言葉によって弱弱しい物へとかわっていく。
[Wat-cGM] 【リンジー】「ああ…すごい…お姉さん…必死に耐えてる……すごく綺麗……カッコいい……ひくひくとふるえてしまう眉を、少しづつ緩んでいく口元を、…何か大切なものが壊れていってしまう後ろめたい爽快感でふるふると全身を震わせながら、妹は姉にキスの雨をふらせ、きゅぅぅっと抱きしめてどろどろの温かさを与えてくる
[W06_Lucy] 蹂躙される膣穴は強い雄を迎える喜びに震え、突き上げられば柔らかく広がり、押し込まれれば濡れそぼって締め付け、雄への隷属を示して…。
[W06_Lucy] ぐちゅぐちゅに蕩けた肉の穴が、ドルガスの快楽をさらに加速させていく。
[Wat-cGM] 【リンジー】「でも……私をさしおいて隊長の赤ちゃん孕みたいなんて…ゆるせない……だめよ、もっと耐えなさい…?隊長のちんぽは今夜は私のものっていう約束だったんだから…」瘴気に煽られた妹がサドめいた表情で見下ろしてくる、その向こうにちらちらと隠れてしまうドルガスの顔
[Wat-cGM] ルーシィの雌の部分が、目の前の雌からあの逞しい雄を横取りしろと強烈な命令を全身に与えてくる
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あぅっ…ふうぅっ…!あうぅっ…。」堕落しきった妹の姿を目の当たりにしたのと同時に、雄を寝取り孕む喜びへの期待に妊娠出産を繰り返したルーシィの本能が孕め孕めとささやいてきて
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…やめ、やめてぇやぁぁっ…。」そんな顔しないで、と。懇願するようにリンジーの顔を見て。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「っぐぅぅっ!!げへへ、どうしたっ!!偉く素直になってきたじゃねぇか!あん?誰がお前の赤ん坊の次の父親だ?オラっ!!ぐっ…う、おらぁぁっ!!!」勝手に腰同士でつながったオスに熱烈な奉仕を始めてしまうルーシィの体、そのたびにぎくりっ!とペニスが引き締まるたびに強烈な雌としての悦びがルーシィの脳天まで駆け抜ける
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「いやっ…いやっいやっ…やああぁぁっ…!」大きい、太い、獣臭い、血管が浮き立ってて今にもはじけてしまいそう、逸物に流れる熱い血潮が遺伝子の優性を保障するかのよう。
[W06_Lucy] 脳天まで突き抜ける快楽が、思考を自分の秘部に突き立てた雄のことで埋めつくしていく。
[Wat-cGM] 【リンジー】「そんな顔されたら…私までおかしくなっちゃいそう…お姉さん…はぁぁ…いいよ…ここで見ていてあげる…お姉さんが私のちんぽ義妹(きょうだい)になるとこ……その瞬間の表情までじーっと見ててあげるよ………!!」わざとドルガスの突き込みの、一番気持ちいい瞬間から気を反らさせるように乳をぎりぎりとつねり、淫核を捻りあげながら絶頂に至らせないように、快楽の波をさらにさらに押し上げてゆく
[W06_Lucy] 孕め、孕め、孕め。一突きされるごとに、胸も腹も膣穴も、子宮までもが命令してくるようで。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「……だよ、お前の……だ」あまりの快楽にドルガスの言葉が聞き取れない
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…うあぁっ…あっ…?」未も心も雌に堕ちきろうとする瞬間、耳に入った言葉に聞き返して…。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「名前だ!雌牛!手前の首輪に掘り込んでやる名前を言えって言ってるのが聞こえねぇのかぁっ!(っずごぅんんっ!!)お前に種付けする愛しい旦那様が、てめえの名前を聞いてやろうっていってんだよっ!!(ぬっぐぅぅぅぅっ!!)っぐ……う、俺にそこらの名前もねえような牛に種付けさせろってのかぁっ!!犯り殺すぞこの雌牛っっっっっっっ!!!(どっずぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーんっ!!!!!)」
[Wat-cGM] 腰でくわえ込んだペニスが、ぎくんぎくんと痙攣を繰り返している、命令を受け入れてしまう従順さを叩き込んだ上で子宮を精子で蹂躙し、ルーシィの人格全てを支配下におこうという獰猛な意思が、ペニスを通して流れ込んでくるようだ
[Wat-cGM] 「俺のいう事を聞け、それができたら孕ませてやる」
[Wat-cGM] もはや限界ギリギリでありながら一突き一突きに全くためらいなく全力で打ち込んでくるオスの底知れない体力を感じ取り、ルーシィの全身が勝手に猛烈な喜びで包まれてゆき……
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…………ふぅんっ…んんんっ…!!」つぐんだ口の端をぎくんぎくんとうねる剛直が、新たな命への、雄の子を宿す事への隷属への期待が、「…ル…」
[Wat-cGM] 【リンジー】「…………~~っ!!」陥落の予感に、目の前の妹の顔が、サディスティックな笑みに包まれてゆく
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「ルーシィ…や…。」理性を砕き、隷属の言葉を口にする。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「………っ!!!!!ぐ、ぐうぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!!」みりみり…強力な女戦士を屈服させた、そんな獰猛な快感にドルガスの筋肉がみしみしと引き締まってゆく、射精寸前のはずのペニスはさらに太さを増してルーシィの歴戦の膣をみりみりと押し広げてゆき…
[Wat-cGM] 【ドルガス】「っぐぅぅぅぅぅぅぅ…っ!!!褒美だっ!!!子宮の底をとびきり熱いので焼き付かせてやるっ…………!!!!!」どずっ!!どずどずどずどずどずぅぅぅーーーーーーーーっ!!!さらに速度と激しさを増したつきこみが、ルーシィの意識を完全に削り取ろうと、射精の瞬間へ向けて再開されてゆく…!!!
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「ひっ…んひっ…あっ…ふああぁっ…おおきっ!あっ…産みたい赤ちゃんほしいっ!!」際限なく大きく膨らむ雄に押し広げられた膣肉が、ささやかな後悔を吹き飛ばし、このオークの孕み奴隷になる事への享受を命令する。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 次のターン!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 開幕またない!
[W06_Lucy] ない!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…こっち!
[Wat-cGM] 2d6+9 今度は毒を外して三回攻撃!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [6,5]+9 = 20
[Wat-cGM] 2d6+9 今度は毒を外して三回攻撃!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [3,1]+9 = 13
[Wat-cGM] 2d6+9 今度は毒を外して三回攻撃!
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [2,5]+9 = 16
[Wat-cGM] ∑ぎょぎょ
[W06_Lucy] 三回アヴォ18って軽減!
[W06_Lucy] 30点もらおーか!
[Wat-cGM] どうぞ!
[W06_Lucy] アクトは
[W06_Lucy] つけ種肉便器っ!
[W06_Lucy] あ、いや
[W06_Lucy] つけ種だけでー!
[Wat-cGM] 了解いたした!ドルガスさんはあと60点くらいだよ!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…そっち!
[W06_Lucy] あ、ならつけ種出産でいいかしら!
[Wat-cGM] うむ!出すのと出産、どういう順かね!?
[Wat-cGM] 指定ついでに攻撃どうぞ!
[W06_Lucy] 出して孕まされて、ドルガス倒して(多分たおせそう?)出産かな!
[Wat-cGM] りょうかいいたした!
[W06_Lucy] あ、
[W06_Lucy] 聖水で爆乳けしてますます!
[Wat-cGM] あ
[Wat-cGM] はいな!
[W06_Lucy] 17+16+10d6 ドルガスファイナル入り! 
[kuda-dice] W06_Lucy -> 17+16+10D6 = 17+16+[5,2,1,3,6,6,1,1,1,1] = 60
[W06_Lucy] むむ
[Wat-cGM] む…!?
[W06_Lucy] ちょっとまってね
[Wat-cGM] お
[Wat-cGM] はいな!
[W06_Lucy] んん?
[W06_Lucy] あ
[W06_Lucy] 先生すいません
[W06_Lucy] すぱーくえっじわすれてました!
[Wat-chi] ありゃ!
[W06_Lucy] +8して、そのままいってしまおう
[W06_Lucy] ぽてったのでCPのこり6だす!
[Wat-cGM] なんてんかな!
[W06_Lucy] 68!
[Wat-cGM] んー…!
[Wat-cGM] 45+60=105!
[Wat-cGM] あ、防御点6か
[Wat-cGM] 107!
[Wat-cGM] あといってんどこかにないかね?
[W06_Lucy] ふふふふ
[W06_Lucy] セービンググレイスと叫んでおこうか!
[Wat-cGM] さけばれた!
[Wat-cGM] もっかいどうぞ!
[W06_Lucy] 8+16+17+10d6 もっかいぽて
[kuda-dice] W06_Lucy -> 8+16+17+10D6 = 8+16+17+[4,1,5,5,2,6,3,1,4,2] = 74
[Wat-cGM] …………
[Wat-cGM] しんだ!
[W06_Lucy] よしよし、はじめてやくにたった
[Wat-cGM] あ、ぽてはさっき払った分が残ってるよ
[Wat-cGM] (2回目振るとき
[Wat-cGM] 二回払わなくても大丈夫!
[Wat-cGM] では……どるがすんの攻撃は未然に防がれる!
[W06_Lucy] あ、そうなのか!
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM]   
[Wat-cGM] 描写!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【リンジー】「あ、ああ……ああ……っ!!」ぞっくぞっくと全身をわけのわからない喜びに震えさせながら瘴気に狂わされた妹が覗き込んでくる、【ドルガス】「うぐぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」オークらしい強烈な吼え声を上げながら、ルーシィの腰を抱え込んだドルがすが腰を叩き込んでくる
[Wat-cGM] 突き出たオークの腹が突き込みの度にるしーさんのクリトリスをその剛毛でこすり上げてひたすらにルーシィさんを絶頂へと叩き上げてゆく
[Wat-cGM] そわそわと孕み腹を撫でてくる妹の手のひらが堪らない、孕み腹にすりつけられる妹の乳首まで感じ取れるほど敏感に成った全身が、オークのペニスの血管一本一本まで詳細に感じ取り、雌として雄に屈服してゆくるしーさんに褒美とばかりに快楽たたきつけてくる
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…やっ…ああぁっ!!赤ちゃん…赤ちゃんほしいっ…赤ちゃん産みたいっ…あひゃあぁっ!!あひぃんっ!!」檻の中で弟が、目の前で妹が見ている前で巨体をくねらせあえぎよがり狂い
[W06_Lucy] ドルガスの腰の後ろに大きな足を回して、ねだるようにこすりつけ。秘肉は愛蜜でぐちゃぐちゃに溶けて、自分の身体の境界すらあやふやで。
[W06_Lucy] ただ腹の中で脈動し暴れまわる剛直がルーシィを隷属させ、その種を受け取るべく…。
[Wat-cGM] 【ドルガス】「っぐおっ!!欲しけりゃもっと締めやがれっ!!善がりやがれっ!!う、ぉぉおおっ!!?!ナマコみてぇなマンコしやがって!!!てめぇが欲しいかじゃねぇっ!!俺が種付けしてぇかなんだよっ!!!生意気言ってるんじゃねぇぞコラァっ!ぐ!?うぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
[Wat-cGM] ルーシィの身体が、ドルガスの身体が、互いの快感を滅茶苦茶に増幅してゆく、雄と雌の快楽の頂点が一瞬、交錯して…
[Wat-cGM] ルーシィの脳内に、ドルガスのペニスがびぐびぐぅっ!!と最後の痙攣をする映像がはっきりと感じ取れた
[Wat-cGM] 【ドルガス】「ぐ、ぬ、う、グル…ル…   (どぐっ)グォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「もっと、もっと気持ちよくするから…あひっ!あひいぃっ!!おっきいおちんちん、うちのまんこでしぼったげるからっ…」ぽわっと、腹の奥底で温かい感触。排卵が起る、知識のないルーシィには、ただ今だされれば間違いなく孕まされる
[W06_Lucy] のがわかって…。ぐじゅっ!ぐりゅうぅぅぅぅっ!!!熱っぽい膣肉が限界近いドルガスの分身を、ぎっちぎちにしぼりあげて、ルーシィの手がその睾丸に触れさすりあげて。
[W06_Lucy] 思わず、しがみ付く。それはまるで愛しい雄を相手にしているときのような…熱っぽい、包み込んでくる抱擁で。
[Wat-cGM] ずぐぅぅぅっ!!!最も深くまでペニスを送り込んだ腰が、その瞬間に腹の上の少女の胴ほどもある腕にがっっ…しりと固定される
[Wat-cGM] 子宮口にがっぷりと食い込んだ亀頭は、子宮の底に銃身をつきつけて……どぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐぅーーーーーーーーーーーっ!!!そしてドルガスの大音響の吼え声とともに凄まじい量の黄ばんだ精液をすさまじい衝撃とともに叩きつけルーシィさんを絶頂の高みに一瞬にして放り上げてしまう
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あぐっ…あああっ!!あああぁぁぁぁっ!!ああぁぁぁーーーーーーーっ!!!」
[Wat-cGM] 【ドルガス】「うぉっ!!!うぉぉっ!!!!ウグォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!」鋼のように引き締まった腕と腰で完全にるしーさんの腰を固定したまま、膨大な量の射精を、びぐんびぐんと痙攣しながら敢行してゆくドルガス、多少なりとも感じられた人間性は、雌を蹂躙するという獣性にかんぜんに覆い隠されていて…周囲の瘴気はすさまじい速度
[Wat-cGM] で濃くなってゆく
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「ふああぁっ…せーえき…うちのお腹いっぱい…赤ちゃん…赤ちゃんっ…♪」ぎゅむうぅぅっ、吐き出される黄ばみきった熱い熱いほとばしり。がっちりと固定されて子宮の中に溢れだしたそれは
[W06_Lucy] 臨月妊婦の胎を内側から押し上げ広げていく、ふくらみを増していく胎をさすりながら、顔は新たな子供を身ごもった愉悦に振るえ…。
[W06_Lucy] 子宮の中から広がっていく温もりの中で…。
[W06_Lucy] 2d6+1
[kuda-dice] W06_Lucy -> 2D6+1 = [3,2]+1 = 6
[Wat-cGM] 王大人いかりゃく!(ゆびさし
[W06_Lucy] 新たな命がここに芽生えた。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【リンジー】「ふぁ……?」絶頂に真っ白になっていたるしーさんの耳に、妹の声が届く
[Wat-cGM] 絶頂が伝染したのか、ぐったりとるしーさんの上に伸びていた妹の腰に、今まさにドルガスのペニスが添えられていた
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「…………。」目を、そっと開く。
[Wat-cGM] ルーシィの身体にさんざんに発情させられた身体の熱をもてあましているのだろう、血走った目で妹の腰を見つめ、そのまま…
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「……ふんっ!!」その股間にむけて、思いっきり膝を突き上げるっ。太腿を割って睾丸に直撃し、粉砕するルーシィの膝っ!
[Wat-cGM] ぶじゅぐぅっ!!オークの標準を超えるサイズの睾丸が破裂し、多量の精液が辺りを凄まじい性臭で染め上げる
[Wat-cGM] 【ドルガス】「お…       ご………!?                          」 
[W06_Lucy] 【ルーシィ】「あー…一発やったらスッキリしたわ。」ごきごき、と肩をならしながら妹を横において起き上がる。
[Wat-cGM]                 どずぅぅぅん
[Wat-cGM] オークはその巨体をテントの地面に沈めていた
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] そしてつぎのたーん行く!
[W06_Lucy] おー!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 開幕互いになさそうなので、これからはスキップする!
[W06_Lucy] 一応トップスピードがある!
[W06_Lucy] さいごのさいごで使うよてい
[Wat-cGM] ほほう!では毎回聞くことにする!
[Wat-cGM] こっちのこうげき!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 2d6+9 +七毒
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [4,4]+9 = 17
[Wat-cGM] 2d6+9 +七毒
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [4,4]+9 = 17
[Wat-cGM] もっかい毒をいれなおしてやるー
[W06_Lucy] えっとえっと先生、出産描写をまだしてなかったりするのですが
[W06_Lucy] 次回でいいかしら!
[Wat-cGM] あっぎゃー!
[Wat-cGM] じゃぁ次回にまわしましょう!
[W06_Lucy] はいっ!
[W08_Lucy] でもって
[Wat-cGM] アクト分のCPももらってね!
[W08_Lucy] アヴォ2回!
[W08_Lucy] はーい
[W08_Lucy] 残り14てん
[W08_Lucy] アクトは
[W08_Lucy] <肉便器><尻穴奴隷><視姦の檻>で!
[Wat-cGM] はいさ!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] そっちのはんげきどうぞ!
[Wat-cGM] HPは結構あるよ!
[W08_Lucy] ばくにぅと催淫せんたく!
[W08_Lucy] 17+16+8+8d6 でもってどりゃー!雷属性ー!
[kuda-dice] W08_Lucy -> 17+16+8+8D6 = 17+16+8+[4,6,6,2,1,3,2,2] = 67
[Wat-cGM] 既成モンスター使ったので、なぜか雷がよく効くことが判明!
[Wat-cGM] 9点止めて、10点足されて…68点もらった!
[Wat-cGM] 3ターンはかかりそうなので、描写前にもう1ターン一気にすすめてしまってよいでしょうか!
[W08_Lucy] はーい!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では次のターン!
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 開幕まだないすね?
[W08_Lucy] まだないです、ちなみにIV8になりました
[Wat-cGM] あら!そっちのがはやい!
[Wat-cGM] どうぞ!
[Wat-cGM]  
[W08_Lucy] 17+16+8+8d6 もいっぱぁーつ!
[kuda-dice] W08_Lucy -> 17+16+8+8D6 = 17+16+8+[6,2,2,4,3,4,3,2] = 67
[Wat-cGM] 9点防いで10点増えて… 
[Wat-cGM] 68点くらった!
[Wat-cGM] さっきと同じ!
[Wat-cGM] あと3分の1くらい!
[W08_Lucy] こーい!
[Wat-cGM] 2d6+9
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [4,6]+9 = 19
[Wat-cGM] 2d6+9
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [2,4]+9 = 15
[Wat-cGM] 2d6+9
[kuda-dice] Wat-cGM -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
[Wat-cGM] ていや!
[W08_Lucy] スリーアヴォイド!
[W08_Lucy] のまえに
[W08_Lucy] 女神のおしるし!
[W08_Lucy] 6d6
[kuda-dice] W08_Lucy -> 6D6 = [3,4,4,4,3,2] = 20
[Wat-cGM] 6っどうぞ!
[Wat-cGM] きゃぁなおる
[W08_Lucy] 7点か
[W08_Lucy] のこり7点!
[Wat-cGM] ひゃー!
[Wat-cGM] では…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 描写!…のまえにちょっと休憩を……!(疲労
[W08_Lucy] 肩もみもみ
[Wat-cGM] 15分ほどくださいなー
[W08_Lucy] はーい
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…あらためて描写!
[Wat-cGM] 【リンジー】「あっ…!(ふるっ)」ドルガスが倒れた瞬間、特に感知しようとしなくても分かるほど周囲の瘴気が波打ちまする、これで正気に戻るとるしーさんが安心したのもつかの間、妹の表情がさらに獣欲をふかくしていって…
[Wat-cGM] みし。ごきん、背後で鳴る音に振り返れば、檻を内側からひき割いて、ケインズさんがゆっくりと外に出てきているのでした
[Wat-cGM] 【ケインズ】「あ…グ…ゥ…るー…しぃ…ひどいよ…俺の前で、俺、あんなに我慢してたのに…あんなに気持ち、よさそうに…」どっぷりと濃い瘴気を纏いながらルーシィに歩み寄ってくるけいんずさん、口調も体格も全く異なるものの、その気配は先程のドルガスのもので…
[Wat-cGM] Go!↓
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…んあっ…またっ…!」むせ返るような瘴気を目の前でもろにかぶってしまい「んっ…あっ…。」ひくひくぅっ!とひくつく膣肉。「あ…あぁっ…。」こぽり、精液のあふれ出した膣肉をとっさに押さえ、振り向けば…
[W08_Lucy] 愛しい弟が瘴気をまといながら、逸物をそそり立てている。「あ……あ……。」その股間に釘づけになって。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】くちゅ、ぬちゅ…。「あっ…!!」自然と、指先が秘肉の中に割り言っていく。瘴気に犯された身体が、意志とは無関係に指先で秘肉をかきまわしはじめ、愛蜜と精液が音をたててまざりあい…。「あ、ああぁ…。」
[Wat-cGM] 【ケインズ】「あんなに何度も俺の子供、孕みたいって、赤ちゃん欲しいって囁いて…ルーシィがそんなに淫乱だなんて知らなかった…」ケダモノのように目を爛々と光らせて、姉に歩み寄ってくるケインズさん
[Wat-cGM] 【リンジー】「お姉さん…ケインズのおちんちんも食べたいの…
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ち、ちがっ…それは…んぁっ…。」弟の姿を見た安堵と、その逸物に欲望が一瞬の隙をついてルーシィの指先を支配し、自慰にふけりながらケインズを誘う。この大きな身体の姉を犯せ、自分のモノにしろと。
[Wat-cGM] 【リンジー】「ずるいヒト……あんなにごくごく…こっちの!…お口で隊長…あれ?隊長…誰だっけ、隊長のザーメン飲んでたくせに……」ぐちゅぐちゅと膣をかき混ぜる指を、がしっと意外な力で掴んだ妹の指が、まるでケインズを迎え入れさせようとするかのようにルーシィの両手をゆるゆると広げさせてゆく、抵抗しようと思えば抵抗できる、そんな微妙な力加減は、さらにルーシィさんのこころをかき乱す
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「はぁっ…ちが…あ…ぁっ…。」両手の離れた膣穴は、獣臭を撒き散らす黄ばんだ精を垂れ流しながら、その真っ赤に充血した肉壁を晒し…。
[Wat-cGM] 【少年の声】「う…、ぁ……」【少女の声】「んんっ!…あ、あはぁあ……」そして、ざわざわと小さな音が、テントの周りをうめつくしてゆくのがケインズのペニスから目を離せないるしーさんの耳に、いやにはっきりと聞こえてきてしまう
[W08_Lucy] 抵抗できない。ルーシィの思考が、恐ろしいほど冷静に判断を下す。さっき正気に戻れたのは憎い敵、たとえ一度隷属しようと…気分が覚めたら即座に寝首をかけるような、一時的な堕落。でも、でも…。
[W08_Lucy] こんど自分を犯そうとしているのは、ずっとずっと待ち望んだ相手。
[W08_Lucy] この子達を取り戻そうと、自分は人生を賭けていた…そんな相手に、もし、あんなふうにされたら…。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ケイン…ズち、ちがうんや…うちはあんたらを取り戻そうとしてここに来ただけで…さっきのだって…。」
[W08_Lucy] もどってこれない、ルーシィの背中に恐ろしく冷たい何かが流れ、同時に耐え難いほどに目の前の剛直に惹かれていた。
[Wat-cGM] がしっ!ぐるぐると思考がからまわりするルーシィさんの髪が弟に捕らえられる【ケインズ】「ルーシィ、向こうを向いて、お尻をあげて…?」先程の陵辱の時に受け入れてしまった瘴気が、その声に強力な強制力を与えている、一秒でも早く従わなければ死んでしまうのではないか、と思えるような激しい動悸がるしーさんを襲う
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ…ああぁぁ…」高鳴る鼓動、だめ、だめと理性が身体を押さえても、下半身からするりと抜け出してしまう。
[Wat-cGM] ざわっ……ルーシィの背が総毛だつ、背後に大勢の気配を感じた、振り返ってしまえばきっと誘惑を振り切れなくなる、それほどの数の肉棒の気配、それが背後から近づいてくる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ…ぅ…だめ…だめぇっ…。」
[Wat-cGM] 【リンジー】「さ……お姉さん……ううん?私達の中で最後に”隊長”の赤ちゃんを身ごもったんだもん、妹…かな?」ひたり、と妹の手がるーしーさんの肩にかかる
[W08_Lucy] だめ、だめと呟きながら、ゆっくり、ゆっくりとと振り向いて腰が高く上げられていく…。
[W08_Lucy] その秘部からぽた、ぽたと子種汁をこぼしながら、チョコレート色の襞の向こうからちらちらと、真っ赤に充血した秘肉がちらちらと顔をのぞかせ。
[Wat-cGM] 【リンジー】「ほらぁ…みんながあなたの孕まされるとこ見たいって、まってるよ…?」ざわぁぁっ!!!振り向いた途端、ものすごい数の目が、目が、目が、ルーシィとケインズに熱い視線を注いでいるのと真正面から向き合ってしまう、まるで視線に犯されている身体の前面が全て性感帯になったかのように、小刻みに身体が勝手に絶頂する…
[Wat-cGM] テントの中にぎっしりと詰まった獣欲の持ち主が、ペニスをぎちぎちに勃起させて食い入るように見つめている、そんな中、天井に開けた穴からこぼれてくる星明りの中で、実の弟に腰を捧げだしているルーシィさん、それも、お腹の中には赤ん坊までもっているというのに…それがおそろしい背徳感になってルーシィさんの腰を燃え上がらせる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ひぅっ!!」ぞわわっ!巨体に突き刺さる視線が、全て自分を性欲の対象としてみていて、まるで見えない逸物こすり付けられてるような…見られているだけで全身がひく、ひくっとひくちて。
[Wat-cGM]              ひたり…!             そして、ケインズのペニスが、ルーシィの股間に密着した、視線はじり…、じり…、と、ルーシィの陥落具合を確かめるように、少しづつ、少しづつ包囲を狭めてくる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「みんな…あ…ぁっ…。」視線の逸物に舌を這わすように舌をだして、物欲しげにあらい息を吐く。吐息が夜の中、白い煙となって…。「あ…ああぁぁ…。」じり、と視線の主が近づくだけでぞわっとなり、前身がもはや性感帯で。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「あ、ああ……ルーシィの、ぐ、う…グル…ル…熱い……」はぁぁ…と吐息を背筋に吐きかけながら、ぎりぃ、と乱暴にるしーさんの髪を掴んだまま腰を進めて来る、理知的だった弟とは思えない、まるで有無を言わせない腰
[Wat-cGM] 膣内のヒダがひとつひとつと乗り越えられる度に、ルーシィさんの理性がぶちん、ぶつんと音を立ててちぎれていく
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…ひあああぁっ!ケインズっ…うち、うち…ずっと…ずっと会いたくって…あぁいたくってぇっ…!!」
[Wat-cGM] 膣の中の感覚に一瞬でも意識を取られれば、それだけ周囲の視線と、ペニスは近づいてくる、弟に獣の姿勢で腰を捧げる淫乱な姉の姿に、ざわり、と動いた周囲の子供達の手が自分達のペニスに伸びる、獣の性臭いがドルガスのものと混じりあい、いっそう濃いものに変わってゆき…
[W08_Lucy] 中へと入り込んでくる弟を抱きしめるように、熱く絡み付いてくる姉の孕み穴。ちゅぷ、とほおばるように密着して…。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「そうだ……ルーシィは僕達に犯されたくて、僕達にあいたかったんだ……わかった……だから姉さんのくせに、弟のペニスをそんなに美味しそうに…  くわえこめるんだっ!!!  」   がつんっ!!!
[Wat-cGM] 周囲の瘴気が、弟達に完全に重なってゆく、あたりの気配がぞわりと堕落すると共に、弟達の動きが変わる、じわりじわりと狭めていた包囲が、いっせいに雪崩のようにルーシィに襲い掛かってきた
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あひっ…ああぁっ…うち、うちぃ…!寂しくって…だから、あったら思いっきり抱いてやろうって…あっ…あひっ…おねがいや、会えなかった分…寂しかった分…みんな、みんな…。」
[Wat-cGM] 【リンジー】「ひぁぁっ!あっ!皆ぁっ!わたしもっ!わたしもぉぉっ!!!」そして、その波に一緒に飲み込まれたリンジーの嬌声がすぐ隣で聞こえる【リンジー】「わたしもぉぉぉっ…!!!」
[W08_Lucy] 孕み胎の特盛り牛娘が、あたりから撒き散らされる精臭に発情し、物欲しげにだらしなく舌をたらして口を開き。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「そんなに言うんならいくらでも突っ込んでやるよっ!!ルーシィの雌穴に、いくらでもつっこんで…!!!!」
[Wat-cGM] 周囲の少年達の目が獣欲に血走ってゆく、ルーシィの絶叫に、周囲の瘴気自体が応えるように…
[Wat-cGM]            -いくらでも孕ませてやる……!!!-
[Wat-cGM] ルーシィの膣が、尻穴が、両乳が、口が、髪が、ツノが、尻尾が、背中が、脇が、膝裏が……ルーシィの身体のあらゆる部分が、殺到するペニスによってあっという間に占領されてゆく
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あはっ…♪みんな、みんな受け止めたるからっ…種付けされて孕んで、育てて…おねーちゃん、一杯産むからな…だからだから、一杯種付けしてやぁ、元気な赤ちゃんお姉ちゃんに産ませてぇっ♪」
[W08_Lucy] 殺到する逸物を口で、舌で手のひらで、二の腕で、谷間で、両の乳房で、妊婦胎で、肛門で、膣穴で、太腿で…体中のありとあらゆる部分で男根を扱き、こすり、口づけて、すいつき、しぼりあげていく。
[Wat-cGM] 【】「姉さん…っ!!弟の僕らのちんぽ見て、今までずっと子宮を疼かせてたんだね…っ!!」【】「まってね、んぅぅっ!!すぐにいっぱいにしてあげるっ……!!」【】「手マンコ暖かい……ここでも孕めるよねっ!!姉さんならここでも孕めるよねっ……!!」もみくちゃにされる、何とか呼吸をするたびに肺の奥の奥まで瘴気を吸い込んでしまう、このまま瘴気で身体がいっぱいになれば、それこそ髪の毛でもこの子達の赤子を孕めるのではないか、そんな滅茶苦
[Wat-cGM] 茶な妄想が幸せで堪らない
[Wat-cGM] 【妹】「ひあぁぁっ!!みんなっ!みんなが犯してるっ!!みんながみんなのことおかしてるぅぅっ!!」【妹】「やだぁっ!!しんじゃぅっ!!もうきもちいいのやなのぉっ!!」【妹】「あーっ!!孕ませてぇっ!!私をみんなの奥さんにしてぇぇっ!!!」絶叫がそこかしこで聞こえてくる、周囲で誰かが達する度に其れが伝染してくる、誰が犯されても気持ちがいい
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「みんな、愛してるでっ…かわいくって…犯したいくらいでっ…んんっ!孕むからっ…みんなの子種、そだてたるからっ…!」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あんたらみんな、うちがオシメしてたころから世話してて…おおきくなったなぁ、ほんとみんな、大きくなったなぁ…?」
[Wat-cGM] もう誰がどういう体勢で自分を犯しているのかもよくわからなかった、がっしりと捉えられた腰はそこらじゅうから擦り付けられるペニスで発情しきっていて、肌にカウパーを浴びるだけでルーシィの脳に強烈な快楽を伝えてくる
[W08_Lucy] ちんこ、ちんこ、ちんこ。視界を埋めつくす肉棒を舐めて舐めて舐めて舐めて舐めて舐めて!
[W08_Lucy] 今自分の膣を貫いているのは誰?何本はいっとる?2本、3本?ありとあらゆる汁を擦り付けられた腰はそれすら定かではなく。
[Wat-cGM] 【】「姉さんのお乳だ……僕のだっ!!これは僕のだっ!!」【】「くち…お姉ちゃんの口、すっごい…すいついてきてっ!!」【】「髪の毛からませて、しごくと、すごいっ!!」【】「よこせよっ!背中にちんこすりつけるのは僕だっ!」【】「孕ませてやるんだっ!ルーシィ姉さんのお尻で、僕の子供産んでもらうんだっ!!!」
[W08_Lucy] ただ、ただ、弟達のちんこの海に溺れていく。
[W08_Lucy] じゅるぶっ、じゅぷっ、じゅぶうぅっ!!
[Wat-cGM] 何をされても腰の奥の子宮が小突かれている感覚がある、額をアルのペニスでこすられて子宮口に子宮の先端が食い込んだときはたまらなかった、ダービィのペニスをしごき上げていたら子宮の入り口にぴったりと嵌ってしまった、ルーのペニスは脇の下でしごいていたはずなのに…どうして子宮口にずっぷりと亀頭を埋めているんだろう
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「んふ、んむうぅっ!ええよ、ええよ。時間はたーっぷりあるんやから…んむっ…おねーちゃんは、みんなのもんやからな…みんなみんな、おねーちゃんと子作りしようなぁ♪」
[Wat-cGM] 凄まじい量の瘴気が腰下から頭のてっぺんまでを満たしているのが分かる、ぎっちぃぃぃぃっ!!!っと射精を告げる緊張に身を硬くしたペニスが、自分のどの位置をつかっているのかまで詳細に感じ取れる、そして、そんなペニスは決まって子宮口にその亀頭をべっとりとキスさせている…
[W08_Lucy] ああ、そうや、そうや…。みんな、みんなうちの中に…。
[Wat-cGM] 【】「ふぁぁぁっ!!!お姉ちゃんは僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「僕のだっ!!」【】「あ…イ…く………                    」
[Wat-cGM]          どぐぅぅぅっ!!!!
[Wat-cGM] ぶしゅっ!!!                           ぐっぷぅぅぅっ!!!!
[Wat-cGM]                            どくどくどくーーーーーーーーーー!!!!
[W08_Lucy] 享楽の中の幻覚か瘴気に満たされた身体のなせる業か、十数人分の射精の予感を子宮で感じて…。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「おいで…みんな…おいでぇ…!」射精の瞬間を、静かに目を瞑り。
[W08_Lucy] 満たされていく、胎の中が妹弟達で満たされていく。その一人一人に、お帰り、と心の中で語りかけながら…。
[Wat-cGM] そして、
[Wat-cGM] どぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐどぐーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーどっぶぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!全身のあちこちでペニスが精液をはじけさ
[Wat-cGM] せてゆく、子宮があっという間にパンパンになり、全身が精液でべっどりとコーティングされてゆく
[Wat-cGM] 【】【】【】「「「あっ!!!ぅぁっ!!!あーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」」」【】「ひぁっ……あーーーーーーー!!!」【】「姉さんっ!!ねえさぁぁーーーんっ!!」【】【】「「あっ…もう…もうぅぅっ!!!」」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「んんああぁっ…んんんっ…んあああぁぁぁーーーっ!!」はじけんばかりに胎が膨れ上がる、べっとりと厚い精液膜ででコートされる。
[Wat-cGM] 最早全身が子宮壁になったようだった、肌の細胞一つ一つが幸福感で勝手に絶頂し、何度も何度も卵子が精子を得たという幸福感でルーシィさんに膨大な快楽を注ぎ込んでくる、どこの子宮がいっぱいになったのかもわからないままに、「赤ちゃんができた」という実感が連続してルーシィさんの脳を真っ白にしてゆく
[W08_Lucy] 15-2d6-1
[kuda-dice] W08_Lucy -> 15-2D6-1 = 15-[6,6]-1 = 2
[Wat-cGM] 王大人はらみいかりゃく!(ゆびさし
[Wat-cGM] 同時に、凄まじい勢いで瘴気が子宮で渦を巻き始める、膨大な魔力が胎児を急成長させている…、もちろんすでに胎内に居る子供をおしのけて……ルーシィの身体を強烈な陣痛が襲う
[W08_Lucy] 満たされた感覚のなかで弟達の顔が一人一人目に浮かび、その子との子供が芽生える喜びにあふれ
[W08_Lucy] そして、その中身が急速に膨れ上がっていく。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「んあっ…産まれ、産まれる…。みんなの赤ちゃん…なかで、なかでっ…!」
[Wat-cGM] 【妹】「あ…?ふぁ?あはぁ……?」【妹】「ふ、あ、ああ…」【妹】「きもち…いいよぉ…きもち…」【妹】「あかちゃん…ボクと兄さんの、赤ちゃん…」そして、同様に腹を膨らませた妹達が、姉の周囲を取り囲むように、分娩の姿勢で尻をむけさせられている
[W08_Lucy] ぶじゅっ!!びきびきっ!膣穴から精が吹き出て、張り詰められた妊婦胎が限界以上に広げられ、胎に刻まれた妊娠線が広がって赤くなる。
[Wat-cGM] 【】「姉さん…【】「お姉ちゃん…【】「ルーシィ…【】「ルーシィ姉さん…」」」」」ボクの子供だ、俺の子供もだ…そんなあつい視線がルーシィの膣を焼く
[Wat-cGM] 何人かの妹が、ボテ腹のままそっと身体をそえてルーシィの手を取る、とても幸せそうな笑顔で、そしてうらやましそうに姉のお腹を見下ろして…ゆっくりと撫でさすってくる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「みんな…みんなのせーえき、ちゃんと受け止めたからなっ…。うちがおかーちゃんになるとこ…ちゃんと…ちゃんとっ…んんんっ!」
[Wat-cGM] 何人かの妹が、ボテ腹のままそっと身体をそえてルーシィの手を取る、とても幸せそうな笑顔で、そしてうらやましそうに姉のお腹を見下ろして…ゆっくりと撫でさすってくる
[Wat-cGM] 弟達が固唾を呑んで、身を乗り出して姉の膣に見入っている
[Wat-cGM] 背後から数人の弟達が出産の予感に身を震わせるルーシィを抱きしめる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あっぐっ…あっ…でてくるっ…あっ…うああぁっ!!」お腹が赤ん坊の形にでこぼこに膨らまされ、巨大な内容物を押し出すべく膣のあたりが膨らみ…。
[Wat-cGM] 妹達がルーシィの顔に、身体に、キスを降らせる……ごりぃ、赤子の最初の一人が、子宮の中で位置を整えて…
[Wat-cGM] 【】「ねえさん…」【】「おねえちゃん…」【】「僕達の…」【】「こども…!」【】「僕達兄弟の………!!!!」
[W08_Lucy] ぐぐぐ、ぐっ…皮がめくれて、ゆっくりと赤子の頭が見えてくが。「…あぁっ!!」小さな角が引っかかって。ぴぴっと数滴の鮮血がはしり…。
[Wat-cGM]                   ぬぐぅ……            ず る っ
[Wat-cGM] 【】【】【】【】【】「「「「「あ、あ、あ、あ、あ、あ、……………」」」」」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あぁっ…ああぁっ!!」力いっぱい、弟達との間の子供を産み落とす。「あ…あ…まだいるっ…うちの可愛い弟達と…同じ数だけっ…。」
[Wat-cGM] 小さな手が何本も、ルーシィの股間から零れる赤子を手に取ろうと、伸びてくる
[W08_Lucy] 膨れ上がった胎が自重でたれさがり、地面に広がって、中ではもぞもぞと動く様子すらのぞけて
[W08_Lucy] 陣痛の苦痛の中で、歓喜に満ちた声をあげ…。
[Wat-cGM] 【】「ふぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!ふぎゃぁーーーーーーーーーー!!!!」【】「あーーーーーーーーーーっ!!んぁぁーーーーーーーーーーっ!!!」【】「んみ…いぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!」
[Wat-cGM] 次々に、泣き声が上がる、ああ……と弟達の幸せそうに息を呑む声が聞こえる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あっ…うああぁっ…あああぁっ!!」どびちゅっ!びじゅううっ!!どばちゃあぁっ!!
[W08_Lucy] ルーシィのふくらはぎの上に次々と産み落とされる、牛娘、牛息子。その全てが、ルーシィの子宮の中へと臍の緒を繋げていて…。
[Wat-cGM] 【】「僕も…」【】「僕も…」次々と手が伸びる、誰の子なのかももうわからない、何度でも、何度でも赤子が子宮口を潜り、短くなった産道を抜け、破水と共に外界へと抜け出ては産声を上げる
[Wat-cGM] 誰の目にも異常な出産は、しかしこの場の誰にも疑問を抱かせない、誰もが幸福感に目を輝かせていて…
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「っ…!!ああぁっ…!!」ごぶりっごじゅうっ!!一際大きな、異形の子。それはオークへの隷属と凌辱の証。「あ…その子はぁあぁ…。」生まれた時の感触でわかる、私が抱いてやらないと、といおうとして。
[Wat-cGM] 【妹】「さ…姉さん…」ゆっくりとその赤子がルーシィの胸元に移される、へその緒が、ずいぶんと小さくなった腹のうえにぺたり……と垂れて
[Wat-cGM] そんな妹も、時折「んぅぅっー!!」などと声を上げている、彼女もまた出産しながらなのだ
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ…うんっ…あっ…あっあっ…ああぁっ!!」最後の最後、それでも臨月胎ほどに膨れ上がってるお腹で「がんばれ…みんな、頑張って…。」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「んんんんんんうぅぅぅぅぅぅぅーーーーーっ!!」
[W08_Lucy] ぐぐぐぐうううぅぅぅっ…   ずぽおぉぉっ…   んぎゃああああぁぁっ!んんぎゃああぁぁーーーーっ!!
[W08_Lucy] 抱き合うようにして生れ落ちる、最初からお腹の中にいた…双子の赤ん坊。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ…はあぁ…♪」数十本の臍の緒を広げた膣穴から、最後の二匹が生れ落ちたのを見届けてから…。
[Wat-cGM] しかし…す、っとそのふたりの子供が抱え上げられる、濃い瘴気で弟の誰とも判別のつかない顔、妹の誰とも判別のつかない声
[Wat-cGM] 【???】「さ、姉さん…"僕達と姉さんの子どもに"……さ、ミルクを上げよう……?」双子が、すぅっとルーシィの視線から隠される、ふと、元からそんな赤子は居なかったような…そんな錯覚が一瞬脳をよぎる
[Wat-cGM] 周囲は未だに濃い瘴気で包まれていて…
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] では…どの道るしーさん先行だから開幕ないかな?!
[Wat-cGM]  
[W08_Lucy] うむ!
[Wat-cGM] では…こうげきどうぞ!! 
[Wat-cGM]  
[W08_Lucy] リザ分とっとくか…!
[Wat-cGM] ち!
[Wat-cGM] |=3 にげっち
[W08_Lucy] 17+16+8+7+2d6 雷属性!
[kuda-dice] W08_Lucy -> 17+16+8+7+2D6 = 17+16+8+7+[1,1] = 50
[W08_Lucy] ぎゃー!
[W08_Lucy] せいびんぐ!
[Wat-cGM] どうぞ!
[W08_Lucy] 17+16+8+7+2d6
[kuda-dice] W08_Lucy -> 17+16+8+7+2D6 = 17+16+8+7+[2,6] = 56
[W08_Lucy] てい!
[W08_Lucy] のこりしーぴー7
[Wat-cGM] 68+68+56-9 !
[Wat-cGM] 183点!
[W08_Lucy] らいぞくせい!
[Wat-cGM] ここで空絶ち!ダメージ20点軽減…!しまった!属性!
[Wat-cGM] 68+68+56-9-20+10
[Wat-cGM] 173点!
[Wat-cGM] …
[Wat-cGM] しんだ!
[W08_Lucy] かった!だいいちぶかん!
[Wat-cGM] ぼくたちのたたかいはこれからだ!
[Wat-cGM] どういう演出にするのか!?
[Wat-cGM] (このラウンドの描写
[W08_Lucy] えぇーっとねぇ。
[Wat-cGM] では…
[Wat-cGM] 「2・赤ん坊が泣き喚いてルーシィがあわててだっこ」
[Wat-cGM] に決まりました!
[W08_Lucy] はーい!
[Wat-cGM] 【双子】「「ふぁ……ふぁ……ふぅぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」」顔のない二人の弟妹の背後で、"急に"泣き声が上がる
[Wat-cGM] 【???】「っ………」はらり、と弟妹二人の影が消えるけれど、誰もそれを不思議とは思わない
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あっ、こらこらっ…いたずらするから泣いちゃったやないかっ…。」疲労しきった身体を無理矢理起こし、その双子を抱きとめて。
[W08_Lucy] 異形の子と三人胸の中でゆらゆら、とゆらして…。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…よーしよし…だいじょうぶやでー…もうお母ちゃんは傍におるからなー…。」
[Wat-cGM] 【妹】「姉さん…姉さんの子ども…私たちも触っていい…?」おずおずと妹が、弟が身を乗り出してくる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ん、ええよ…。泣かさへんよーにな?」と、抱かせて。
[Wat-cGM] 【赤子】「ふぁっ…ふぇ…ぃーーうぅーーーー」【双子】「えっ…えっ…えぅー」
[Wat-cGM] 【妹】「あ、わ、泣く?」【弟】「馬鹿、持ち方こうだろ、脇に手入れてぶら下げる奴があるかよ」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「(妹達も…大丈夫…よね?)」と、さっき赤子を産んでいた妹達のほうを見渡して。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あぁ、まだ首がすわっとらんから…ほれ、返してみ?ほーれほーれ。」と、自分の腕に抱いてあやしてみせます。
[Wat-cGM] それぞれが幸せそうに赤子を懐に抱いて、恥かしげに姉の下に寄ってくる
[Wat-cGM] 異常ではあっても兄弟の再会、それは幸せな空気を辺りに広げてゆく
[Wat-cGM] 【大赤ちゃん】「いっいっ…んうー」【双子】「「あー、えぅー」」赤子達の機嫌も良い、何一つ不幸せな要素はこの場に無い
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「……あはは、こら育てんのが大変そうやなぁ…。」ぽりぽり、と苦笑してみせ。「ま、できちまったもんはしゃーないか。」ルーシィの座右の銘である。
[Wat-cGM] 赤子達は瘴気を胸いっぱいに吸い込んで、幸せそうにおててにぎにぎさせているじたじたしているのは足元からのミルクの臭いに気がついているから…?
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「………長居すると、また調子くるわされそうやな。」くん、と鼻先を動かして瘴気の臭いを感じ。
[Wat-cGM] 【妹】「…お姉ちゃんのへその緒……」なにやらうっとりと顔を近づけていた妹が、赤子と姉を繋いでいたへその緒に鼻を近づけ、くんくんと鼻をならしている
[Wat-cGM] 【弟】「あ、ばか、俺はおっぱいでないって、…んっ……」赤子に胸に吸い付かれて弟が艶めいた声を上げる
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…あははは、ちょっとまってぇな。リンジー、シャニー、リンダ、お乳やるのてつだってぇや。」とさっき子供産んでた妹達に声をかけつつ、お乳をあげにいくー。
[Wat-cGM] 【妹】「うん、ほら、お姉ちゃんも」【妹】「あ、う、ん…はふ、すごかった…」【妹】「姉ちゃん…産みすぎだよ」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「だ、だってしょーがないやろ!?みんな瘴気に犯されて変になっとったし…んっ♪」「えっとほら、うちが受け止めて浄化しなきゃいけなかったっちゅーか…」なんだそりゃ。
[Wat-cGM] そんなるしーさんの足元を、瘴気がじわりと這いより、子を産んだばかりの膣穴に潜り込もうと足を這い登ろうとしては…散らされる
[Wat-cGM] 【妹】「しょうき…?」【弟】「ん…なにいってるのさ、ルーシィ…」【妹】「へんなお姉ちゃん?」【妹】「あ…お姉ちゃんのお乳、いいな…」
[Wat-cGM] 兄弟達の中には腰までどっぷりと絡みつかれているものも、まだ居る、あまり長居はしてはいけないかもしれない
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「……ま、ええわ。」メイデンやないしな、みんな。「んで…ケインズー。ケインズおるかー?」と、あたりの弟妹達を見渡して。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「なにさ、ルーシィ…?」三人抱えて一番上の弟がやってくる、未だにペニスがぎちぎちに立っているのは、彼が一番瘴気の影響を受けていたからだろう……ここまで雄の臭いが漂ってくる
[Wat-cGM] そして、そんなケインズに抱えられて落ち着いた様子の赤子たちにも何やら末恐ろしいものを感じるるしーさん
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…なんやもぉ、んなもんおったててみっともなーい。」内心の不安を隠して、茶化すようにぎちぎちちんちんをぺちぺち。「…みんなと、この3人連れて先に里に帰っててや。切れ者のあんたならできるやろ?」
[Wat-cGM] 【ケインズ】「っなんだよっ、これは……これは…あれ?ええと…あれ?わっ、な、なんでこんなに、み、見ないでよルーシィ!」一瞬何がみっともないのかわからず、自分のペニスの怒張を眺めていたケインズさん、ぺちんとやられて瘴気がペニスからはがれると同時に急にまっかっか
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ、そうそう。ここにあんま長居せんとはやく行ったほうがええで。ここ、ちょっとおかしいからな…さっきみたいに」と、言いかけて顔を赤くして。「………もう、恥ずかしいのはこっちの台詞や。」
[Wat-cGM] 少しづつ弟妹達の間から瘴気がぬけてゆく、悔しげにテントの天井付近に暫くわだかまった瘴気の霧は、やがてテントの穴から漏れ出るように逃げてゆく
[Wat-cGM] そして、気づけばすでに空は白み始めていた、逃げ出した瘴気は、そのまま朝日に当てられてゆっくりと蒸発してゆく
[Wat-cGM] 【リンジー】「…あ、そういえば…お姉ちゃん何時ここに来たの?」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「………。」あれは、なんだったんだろうか。「………」夢は覚めて、子供達ははまだそこにいる。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…んぁ?そりゃあきのーの夜やで。さらわれたあんたらをはるばるこんな遠くまで取り返しに来たんやないか。」
[Wat-cGM] 【弟】「…?え?おかしいな、だって昨日からいままで俺達ずーっと祝勝会してたんだぜ?」【妹】「あれ……?なんで祝勝会で子供ができたんだろ…?…?」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…おーかた、酔った勢いで押し倒したんやないか。ま、作ったからにはちゃんと面倒みんとあかんよ?」ししし、と笑って。
[Wat-cGM] 【兵士】「……おい…あ、随分と沢山子どもが居るな、おい君達、済まんが…うちの隊長を知らんか?ええと…あ?ちょっと顔を度忘れしてるんだが…大きな…こう…」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「あ、その人なら自分探しの旅に出るって、あっちのほーに。」と適当な方角を指差して。
[Wat-cGM] 【弟】「あ、そうか、押し倒したもんな、そりゃ子どももできるか」【妹】「そうよ、あんたあんなに…あれ?」きゅっと弟の袖をつかんだまま妹さんが、赤ん坊を抱いたまま傍らの弟に言っている
[Wat-cGM] 【兵士】「そうか……おかしいな、大体俺はもっとこう…何か違うことをしていたような……」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…せやったら、おるべき場所にかえったほうがええですよ。」と、それとなく促して。「うちは、もうちょっと時間がかかりそうやけど。」
[Wat-cGM] 兵士の出て行った入り口から外を見れば、いつの間にか朝焼けの空は高く青く広がっていて…
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「………」全てが幻だったみたいに終わっていく…。これで、何事もなく元通りになればいいけど…。「…なわけ、ないわな。」と、穴の開いた天上を見て呟き。まだ、元凶は生きてると。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ケインズ】「姉さん、じゃぁ僕ら行くから」
[Wat-cGM] ケインズが、こちらで支給された鎧やら厚手の服やらを売った金で用意した馬車に乗って言う
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ええな?赤ん坊の世話は子供産んだ妹に、むこういきゃうちのおかんとシヴァも手伝ってくれるはずや。力仕事は男でやるんやで、漁の方も人手が足りないちゅうとるからちゃんと手伝うんやで?」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「ちゃーんとちゃーんと、一人も残さず到着するんやで?おうちに帰るまでが失踪やからな?」と、口うるさいやら微妙にずれたことを言い。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…あと、この子達は全部うちが産んだっちゅーんはおとんおかんにはナイショやで。」と、ずずぃと鼻息がかかるくらい顔を近づけて念を押す。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「ちぇ、ルーシィが来るまでは僕が一番上の兄さんだったんだよ?わかってるって…でもおかしいなぁ…失踪したのはルーシィの方だとずっと思ってたんだけどなぁ…」
[Wat-cGM] えりくびつかまれたままあれー、へんだよなぁーと未だにお悩み顔のけいんずさん
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「………うーちがいつ失踪したっちゅーねん、おばか。」ぴん、とおでこはじいて。
[Wat-cGM] 弟達妹達の顔つきも、攫われた時とは随分と変わっています、中には大きな傷を負ってしまっているものも…
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「……みんなで支えあって生きていくんやで、ええな?」
[W08_Lucy] あんたが男の中では一番おにいちゃんなんやから、ひっぱってくんやで、と。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「うん……わかった、   ところでルーシィはこっちで何するのさ、一番上の姉なんだよ?ルーシィこそ帰らないと、ぶらぶらしてるときっと母さんだって怒るよ?」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「……うちは……。」すこし、言葉を考えてから。「……決着をつけにいくんや。」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「元凶を野放しにしとったら、また来るかもしれへんからな。」
[W08_Lucy] 他の子達には聞こえないように、そっとケインズにだけ。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…もしうちが戻らなくても、達者でくらすんやで。」
[Wat-cGM] 【ケインズ】「……?な、なんでそうなるんだよ、よくわからないな…、でも…」
[Wat-cGM] 【オーガスト】「お姉ちゃん…」【オデラ】「うん、がんばってね……、待ってるから」
[Wat-cGM] 【ケインズ】「分かったよ、そ、その…僕だって姉さんの子供の父親になったんだからね、……任せて」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…さ、そろそろいきな。…愛してるで。」ちゅ、ちゅっと。
[W08_Lucy] 一人づつ、弟と妹達、そして赤ん坊の頬に口づけていきます。
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「うちの双子と大きいのも、頼んだで。」とケインズに。
[W08_Lucy] いいたい事は一杯あって、あとからあとからわいてくるけど…。
[W08_Lucy] そろそろ、行かせないと。いつまた目をつけられるかわからないから。
[Wat-cGM] 【ケインズ】「じゃ、ルーシィ」【弟】「じゃぁ、またねー、お姉ちゃん」【妹】「いってらっしゃい、姉さん」
[W08_Lucy] 【ルーシィ】「…ちゃんと良い子で待ってるんやでーっ!!」遠ざかっていく馬車を見送りながら、いつまでもいつまでも手を振っていました。
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] 【ケインズ】「んー、久しぶりに鎧脱いだらやっぱり落ち着くなぁ…、皆、服も脱いじゃうか」【弟】【妹】「「さんせー」」
[Wat-cGM] ランドリューフ戦記、-ちょっとキツめの再会-
[Wat-cGM] おわり?
[W08_Lucy] おぉつかれさまでしたー!
[Wat-cGM] 9時間もげーむしてた!
[Wat-cGM] いつもこーだなー
[Wat-cGM] (ぐでぇ
[W08_Lucy] すげぇちょうきせんー!
[Wat-cGM] けいけんち!
[W08_Lucy] ほはー、おつかれさまあぁぁーーー
[Wat-cGM] (ばばっ!)
[Wat-cGM] 成功(40)ビショップ級(20)ナイト級(10)で…
[Wat-cGM] 70点!
[Wat-cGM] みあすま!
[Wat-cGM] (がかっ!)
[Wat-cGM] 成功(4)+増加分の半分!
[Wat-cGM] そのた!
[Wat-cGM] (しゃきーん!)
[W08_Lucy] えーと
[W08_Lucy] cp
[W08_Lucy] 25!
[W08_Lucy] SP27+出産5で
[W08_Lucy] CP25 SP32です!
[Wat-cGM] 名声(1)、人脈(弟妹達、ケインズ、欲しければオーガストやオデラ、リンジーとかで個別にとってもいいよ!)
[W08_Lucy] 経験点95 SP32 ミアスマ1 人脈 弟妹達 個別可
[W08_Lucy] ほーい!
[Wat-cGM] では…CPとSPでそれぞれ経験値とミアスマに咥えるといい!
[W08_Lucy] 経験点95 SP32 ミアスマ4 人脈 弟妹達 個別可
[W08_Lucy] えーと
[W08_Lucy] SP214 ミアスマ251となりました
[Wat-cGM] すげー!
[W08_Lucy] 侵食度21!
[W08_Lucy] これからラストバトル用にレベルとかあっぷします!
[Wat-cGM] はいな!
[Wat-cGM] 今回はだいたい難易度あってた!
[W08_Lucy] ふはー
[W08_Lucy] たのしかったー!
[Wat-cGM] あとはもう100点くらい敵のヒットポイントが高ければいい勝負かなー
[W08_Lucy] わちさんがこー、あそこまで出産プレイについてきてくれたから
[W08_Lucy] 稀に見る大満足ぶり!
[Wat-cGM] あはw
[Wat-cGM] そして、つかれたー
[Wat-cGM] (ごろり
[W08_Lucy] ぼくもぉー(うえにのっかりごろり
[W08_Lucy] 最終戦は
[W08_Lucy] もうちょっとパワーアップしますよ!
[Wat-cGM] はいな!
[W08_Lucy] データ作ったらみせるね!
[W08_Lucy] …しかしるーしぃ
[W08_Lucy] 一気に33人の子持ちかぁ…。
[W08_Lucy] 大変だろうなー、幸せだろうけどー(
[Wat-cGM] やりたいほうだいね!
[W08_Lucy] んで次回は、アジャトカさんとの決着ですくわ!?
[Wat-cGM] はいな!
[Wat-cGM] がんばる!
[W08_Lucy] がんばろー!!
[W08_Lucy] うちもがんばる!
[W08_Lucy] んで、アジャトカさん連れてかえって結婚EDにすゆ!
[W08_Lucy] ありがとねわちさん、最後までよろしく!(ごろん
[Wat-cGM] はいなー
[Wat-cGM] …
[Wat-cGM]  
[Wat-cGM] (がくり
[W08_Lucy] ぼ、ぼくごはんくってねる・・・w
[Wat-cGM] You Die……
[W08_Lucy] (へろへろ
[Wat-cGM] ねるといい!
[W08_Lucy] (いっしょにぱたり
[W08_Lucy] ごはんくっておふろはいる。
[W08_Lucy] なんかもう、幸せでいっぱいいっぱいw
[W08_Lucy] えへへへ
[W08_Lucy] いってきまーす