(S11_Megu) 【めぐ】「『情報の兎 ウィズピンク』こと、『兎葉美言』こと、木下めぐですっ」
(S11_Megu) 【めぐ】「前回の撮影ではおつかれさまでしたっ、今回も何かと大変かもですけどよろしくお願いしまーすっ」
(S11_Megu) 【めぐ】「(・・・あの事件は偶然なのかな・・・そうであってほしいな・・・、、。)」
(S11_Megu)  
(SuGM) HC蔵鞍市
(SuGM) 「カリギュラ・エンタティメント」
(SuGM) 始まります。
(SuGM)  
(SuGM) ・オープニング
(SuGM)  
(SuGM) TV番組としての「文明戦隊ウィズレンジャー」は、好調に視聴率と利益を上げ、TVK(テレビ蔵鞍)に利益をもたらしていた。
(SuGM) 特に初期エピソード終了後の、より戦闘をハードにし窮地とそこからの逆転を売りにしたエピソードが増えるようになってから、視聴率の伸びが大きくなってきていた。
(SuGM) グッズとしても地方局故あまり大々的に玩具などは作れないのだが、スチール写真や映像の一駒を元にしたカードの売れ行きが好調で、少なくとも外面的には問題が無いように思えた・・・
(SuGM) ・・・その裏で起きた事件を知る者にとっては、そうでもなかったが。
(SuGM) そして、まさにその事件を知る者、木下めぐの自室。前回の戦いがひと段落しての休日、再びそこに天使がやってきて・・・
(SuGM) 【えんぜくん】「こんにちわ、めぐ。・・・その、前回のことで話があるんだけど」と、言いだした。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・あんまり聞きたくないけど、なにかな?」前回の―事件のあったそのときの―台本を読み返しながら返事をし
(S11_Megu) ヒロインとして・・・正義の味方として戦ったことは、一応はもみ消されていたはず。そう、『一応は』。
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「うん・・・その、まず、さ。」ちょっと口ごもりかけるえんぜくん。
(SuGM) 【えんぜくん】「前回の戦闘の時、タイツの魔物と怪人に化けた魔物以外の周りはどうなってるのかって聞かれたよね、めぐに。あの時はすぐには良く分からなかったのと、通信が妨害されて伝えられなかったんだけど。」
(SuGM) 【えんぜくん】「・・・どうも、撮影スタジオ近辺に、本格的な魔族の気配がするみたいなんだ。つまり・・・」
(SuGM) タイツの魔物や怪人に化けた魔物はあくまで先兵で。本格的な魔族の集団がめぐの務めるスタジオ近くに潜み、活動を行っているみたいだ、と、えんぜは告げてきた。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。え、えーと、ちょっとまって。。。撮影スタジオ・・・って、、郊外の仮設プレハブでなく、こっちのTVKの?」把握しきれず聞きなおし。もしそうならば・・・もしかしたら魔族達とも普通に通り過ぎたりしていたのかもしれない
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「うん。この間のプレハブのところでも確認できたんだけど・・・そこの魔力の反応をたどってみると、そもそもTVKのスタジオから、めぐと一緒に移動してきたみたいだったんだ。」
(SuGM) そういって、えんぜくんはめぐの予感を肯定する。
(SuGM) 撮影スタッフや役者やTV関係者の中に魔族がいるかもしれないと。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ほ・・ほんと? つまり、それって・・・一緒に撮影していた、ってことになる、よね。その魔族も普通の人に取り憑いてなのかもだろうと」
(S11_Megu) そういってから頭を抱えて・・・。何時からかそうなのかそう言ったのを差し引いたとしても、うかつすぎる事態であるっ
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「うん・・・その。調べて何とかしないと・・・つまり、探し出してやっつけないと、危険だと思う・・・探し出して対決するのも、十分危険、だと思うけど。」
(SuGM) めぐのヒロインとしての能力は探索に向いているから探そうと思えばできなくもないはずだが・・・逆に警戒していなかったとはいえそんなめぐに気づかせなかった相手なのだから。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「今になって動き出した・・・となると、この番組が始まった辺りが鍵、だろうし・・・。疑うだなんやいやだけど、隣でわるだくみされながら仕事はめんどうだもんねっ」したっ、とベッドの上で立ち上がり。えいえいおーと気合充填
(S11_Megu) ようやく芽生えたヒロイン精神、根絶やしするは悪魔の芽!
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「うん、頼むよ、めぐ。」と、そのやる気に感謝の表情を浮かべるえんぜくんだが。
(SuGM) 【えんぜくん】「・・・ただ、その・・・」と、直後に一瞬躊躇する。ヒロインを「戦わせる」立場の天使として、言うべきではむしろないこと、めぐが聞けば傷ついて戦意が下がるだけかもしれないこと。
(SuGM) 【えんぜくん】「・・・めぐ。負けたら、大変な事になる。気をつけてね。その・・・これを見てほしい。」けれど、伝えないでおいたら、逆に・・・そう躊躇した結果、あえて見せる事にした。
(SuGM) ぱっ・・・ぱぱっ。
(SuGM) えんぜくんはパソコンのスイッチをつけた。インターネットに接続し、いくつかのアドレスとパスワード、クレジットカード番号らしきもの(えんぜくんのものだとしたら、一体どうやって取得したのやら)を入力。
(SuGM) そして示されたのは・・・
(SuGM)  
(SuGM) 【テローチャードガイル】「ぎぎぎぎ!」
(SuGM) 嘲笑うような、怪物の声が響き渡る。
(SuGM) ずんっぐ!
(SuGM) ひときわ深く、瘤根がつきこまれ・・・!
(SuGM) (ぱぁん!)ばしゃああああ・・・・!
(SuGM) 破裂するように、樹液が胎内に流れ込んで、焼き尽くしていく・・・!
(SuGM) 【めぐ】「ぅぅ・・・な、ぁっ(み・・みないでっ!)」向けられていたことに気が付いてなかったカメラに視線が向いてしまい、とっさに拒絶の言葉を吐こうとするも弱気になってはっ、と口をつぐみ
(SuGM) 奥深くまで抉られ淫靡だった空気にさらに好ましくない要素を加えられて目には涙が滲んで。一番奥深くを抉られ、膨らむ瘤に蔦が身体を持ち上げてよりカメラ栄えするように四肢をよじって
(SuGM) 【めぐ】「ひぎぅぅ!!」破裂音と共に胎内で炸裂した白く濁った爆発に脚が力なく下がり、どぶっどぶっどぶっ・・・と注がれるしかない姿がしっかりと記録されて・・・
(SuGM)  
(SuGM) 編集され、修正され。放送できるレベルのものに改変されたはずの撮影映像。そこから削除された筈の、犯される淫ら映像・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、くやしいけどカメラワークの腕は操られてても良いままなんだ…じゃなくて! なんでこんないかがわしいサイトのアドレス知ってるの!」・・・。少しずれた感想を口にだしえんぜをキーボードに押さえつけ
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「ぐえっ!?そ、それはその、こういう映像の流出の有無を確認するためだってば!?」
(SuGM) キーボードに押しつけられながら叫ぶえんぜ君。
(SuGM) 【えんぜくん】「第一、それどころじゃないだろっ・・・幸い、認識をごまかす天の魔法はまだ聞いてるから、これ、あくまで「ウィズピンクの格好をした誰か」の「コスプレAV」って扱いになってるけど・・・もしかして、魔法が解かれたりして、またこんな風に流されたら・・・いや、解かれてなくても、また撮影されたら・・・!」
(SuGM) 正体の発覚未発覚は兎も角。・・・めぐの痴態がさらされる危険が付きまとう、と、えんぜくんは訴える。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・。」言葉がしみこみ理解までにしばしの時間がかかり
:13(S11_Megu) 【めぐ】「うん、よくない。すごくよくない。。マイナー局のコスプレえーぶいってのが需要あるかとか知らないけど、負けなくてもこんな目にかぁ・・・この動画消せないの?」編集者がこういった場面を消す前に何事かによりなくされたシーン・・・恐らく人の手ではない手段で不特定多数の視聴者に痴態をさらすのは、例えばれずにともまずい
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「一応、やってみるよ。誰がアップしたのかわかれば、そっから正体をたどれるかもしれないし・・・とはいえ、僕たち天の住人はそこまで機械や技術に詳しくないから・・・」マジックとテクノロジーでは、水と油。
(SuGM) 【えんぜくん】「つてを当たってみるけど・・・難しいかもしんない。TV局での探索を手伝って、そもそも次の映像を作られる前に相手を捕まえようとするのもありだけど・・・」
(SuGM) どうする?と毛玉天使は問う。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、ならそのつてに当たるだけ当たってて。ちょっと局に行ってくるから。ちゃんと後で来てよ?」スタジオへの撮影のときのいつものバッグ片手に玄関まで走り言い残して
(S11_Megu) △
(SuGM) 【えんぜくん】「う、うん、わかったっ」とにかく映像消去をやるだけやってみて、結果はともあれうてる手は打ったらめぐを追う。
(SuGM) そう決めて見送るえんぜくん。
(SuGM) そしてめぐはスタジオへ・・・
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) ・ミドルフレイズ
(SuGM)  
(SuGM) ・ミドル
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) かくして、スタジオ内の探索を行うことになっためぐだが、果たして・・・
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「おはようございまーす!」いつものように元気に挨拶しながらやってきたは良いが・・・特にこれだ!というあてもなく。とりあえず自分の控え室に行き
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。どーしよっかな。。。とりあえず監督居るかな、台本がまた変だと困るし」監督の控え室へ
(S11_Megu) △
(SuGM) では、監督の部屋にいって・・・けど、ノックをしてもどうしても反応が無い。
(SuGM) ただ、鍵はかかっていない様子で、扉はあっさりと開く・・・。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「監督ー、そろそろ台本できてそうですかー?」ノックするも返事はなく。留守かなぁと引いたノブはあっさり開き
(S11_Megu) ・・・、まだ未完成かもしれないけど、台本探そうとしてみるめぐさん
(S11_Megu) さんかくいるかな?
(SuGM) あ、ねがいます>さんかく
(S11_Megu) △っ
(SuGM) 一応、知力判定をお願いします。目標値は9、ただし10以上だと追加情報で。
(S11_Megu) 装備込みですかな、これは
(S11_Megu) 2d6+6 込みなら+1
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+6 = [3,4]+6 = 13
(S11_Megu) ん、素で成功
(SuGM) 一応知覚なので込みで。達成値14か。
(SuGM) それでは、台本が見つかります。
(SuGM) 今回の台本は、基地で休息をとり、また装備を整えようとするウィズレンジャー。
(SuGM) スーツを修繕・整備し、調整して戦力を整えていくが、フォビドニアもまた、薬物で人間を操る能力を持つ麻薬とスズメバチの合成怪物、ドラーネットガイルを使い、その基地の所在を務め襲撃を行おうとしていた・・・!
:50(SuGM) という筋立てで、話し的に一休みというかひと段落のシナリオで、敵味方のこれからの戦闘の状況の変化を演出する話、そこにドラーネットガイルの存在で、麻薬問題での視聴者への警鐘・教訓話にする、と。
:50(SuGM) そんなシナリオのようだった・・・だが、それとは別に、めぐは妙にひっかかることに気づく。
:50(SuGM) 監督の控室に保管してある筈の、ワイズマン司令役用のスーツが無くなっている・・・。
(SuGM) 今日、ワイズマン司令の撮影するシーンの予定は、確か無かった筈なのだが。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「ふむふむふむふむ・・・・・・」一通り読み倒しておいてからスーツのことに気が付き
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・。監督、スーツ着て気分転換に散歩?・・・んなわけないよね、なら・・・どうしたんだろ」
(S11_Megu) 今日の撮影は何処でどんなシーンかと思い出せるかな?△
(SuGM) 思い出せますが、今日は他の人の撮影が主で、ウィズピンクとワイズマン司令の撮影のシーンは無かった筈です。
(SuGM) 他の4人のヒーローの休息シーンとかの撮影が行われていますが、それも割と緩めにローテーションが組んであって、合間に彼らに会うことも不可能ではないですが。
(SuGM) △
(S11_Megu) ・・・ちょっと一応自分のスーツがあるかを確認する! んでその後撮影しているスタジオへと△
(SuGM) それでは、自控室に戻って服をチェックしためぐでしたが・・・
(SuGM) ・・・いやな予感通りか、君のウィズピンクのスーツが、ない。合鍵か何かを使って、誰かが持って行ったようだ・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「ない・・ないってことは、あれだよね。・・・えと、うん。ウィズピンクの中の人はここに居るんだし・・・さつ、えいに?」ふとよぎった悪いシナリオ、そんな予感を振り払うがために撮影現場へとっ!
(S11_Megu) △
(SuGM) たどり着いた撮影現場。あまりキャパシティに余裕がないので、同じ一つの撮影スペースを内装を組み換えて場面ごとに適応しているのですが。
(SuGM) 【志藤=炎道】「大事に思うのは、当たり前だろ。命預けるんだし、それに、こいつらは俺達と一緒に戦ってくれてるんだからな。」
(SuGM) 【村雨=鮫島】「・・・ふん、悪くない心がけだ。」
(SuGM) 【葦原=鷲羽】「・・・」無言で頷く。
(SuGM) 【道田=蛟辰】「一緒に、ってのは、ちょっと非科学的じゃないかなあ、これ、「もの」だし。」
(SuGM) 【志藤=炎道】「まあ、気持ちの問題だからな、俺はこう思ってる、って。」
(SuGM) 【道田=蛟辰】「ふーん・・・」
(SuGM)  
(SuGM) と、売れ行きが良かったので予算が増額され、巨大ロボットは無理でもバイクくらいなら、ということで予算が下りて登場させることができた、
(SuGM) ウィズレンジャーの新装備であるバイク「ウィズモービル」を囲んでのシーンを、皆が撮影していて。
(SuGM) 【撮影スタッフ】「カットー!お疲れ様でした・・・」
(SuGM) ちょうどそれがひと段落したところだった。
(SuGM) △
(S11_Megu) さっきの台本には、このシーンあったかな
(S11_Megu) どうかな?△
(SuGM) うん、さっきの台本にはこのシーンはちゃんとありました。
(SuGM) ちなみに周囲のセットは、格納庫っぽく造形されてます。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「(さすがに悪いほうにかんがえすぎちゃったかな・・・でも、もう少し居てみようかな)」スタジオの片隅に佇みながら。瘴気のような反応は感じようとしたら出来るかな?
(S11_Megu) △
(SuGM) んー、瘴気を感じるとしたら、魔力判定で10、ですね。
(SuGM) 【村雨】「はぁ、やっぱり気の強い演技は疲れるなあ・・・」
(SuGM) と、君の同期の村雨がため息をつき。
(SuGM) 【志藤】「あ、木下さん、こんにちわ!」お先に頑張らせてもらってますよっ、と、やる気あふれる志藤が撮影終了後のガッツポーズを送ってくる。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 2d6+1 むぅぅ・・・魔力低いからこういう面では鈍感なめぐ
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+1 = [4,4]+1 = 9
(S11_Megu) 【めぐ】「やっほーい、ちょっと時間空いたから見学に来たよ~」気楽に声をかけ返して。・・・役者仲間の中に居るとは、おもいたくは無いし
(S11_Megu) △
(SuGM) 【村雨】「さすが・・・」と、そんなめぐの様子に微笑む村雨。
(SuGM) 【志藤】「熱心ですね、木下さん。俺も見習わなきゃなっ」と、志藤も感心の表情。
(SuGM) 【道田】「こりゃ、へたな演技はできないねー」と、道田がふふっと、ちょっと村雨と志藤に緊張感を与えようとするように笑って。
(SuGM) 【葦原】「本業さんは凄いなあ・・・」と、主演級だけどアルバイトな葦原は、ちょっと後ろでそんなプロ役者たちの様子に感嘆してます。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「もー、ほめたって何もでないのにっ。あーでも差し入れか何かはもってくるべきだったかなー・・・うん、ちょっともったいなかったなぁ」和やかな空気に一安心し。そのな空気が続けられるようにするためにも今日はこっそりと頑張らなければいけなくて
(S11_Megu) ここに居るみんなからは分からなかった。白とはいえなくても黒と言い切らずに済んだ。それだけでも少しは安心できた
(S11_Megu) △
(SuGM) 【村雨】「そんな、気を使わなくていいですよ」と、同格の村雨は言うが、
(SuGM) 【道田】「あ、お菓子持ってきてくれるとうれしいなって言おうと思ってたのにぃ」と、同時に口を開いた道田がむくれ。
(SuGM) 【志藤】「ま、その気持ちでもう、十分感謝ですよ」と、うれしそうに志藤が表情をほころばせる。
(SuGM) と、そうしていると・・・
(SuGM) 【堀原】「すいません、木下めぐさん、ですね?ちょっと、用事があるのですが・・・」
(SuGM) 素っ、と、歩み寄って言うつややかな声。
(SuGM) ウィズレンジャーの敵、魔学帝国フォビドニアの大幹部ホルファダードを演じる美女、カリギュラ・エンタティメント所属の役者、堀原妙子。
(SuGM) 【堀原】「いえ、私が、というか、監督が呼んでまして。」
(SuGM) 彼女が、監督の名の下、呼びかけてきていた。
(SuGM) ▽
:50(S11_Megu) 【めぐ】「監督が、ですか? …やはは、挨拶しようと部屋に行ったけど見当たらなくて。今監督はどこに?」ちりちりといやな予感がしないでもない、疑わしく思えなくも無い。それでも仕事のはなしならば大切だと聞き返し
:50(S11_Megu) △
(SuGM) 【堀原】「ああ。倉庫のほうで・・・ちょっと、追加で取りたいシーンがあるから向こうのほうに小規模なセットを組んで。それで来てほしいってことよ?」
(SuGM) そういうと堀原は、当然来るわよね?という様子で、さっさと先に歩きだしてしまいます。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「んじゃ、みんながんばってねー。って、そうだそうだ変身してのシーン?」先に行ってしまった堀原を追いながら何を追加しようとするかと尋ね
(S11_Megu) △
(SuGM) 【堀原】「?ええ・・・変身というか、スーツを調整するシーン、ですね・・・」
(SuGM) そう答えながら、先を進む堀原。一瞬、なぜ変身してのシーンだとわかったのか?というような気配を発するが。
(SuGM) ▽
(SuGM) ・
(SuGM) ・・
(SuGM) ・・・
(SuGM)  
(SuGM) ・クライマックス
(SuGM)  
(SuGM) そして、たどり着いた倉庫では、あまり顔を見ないカメラマン達(堀原が言うところには、カリギュラ・エンタテイメントのカメラマンなのだそうな)が待っていて。
(SuGM) しつらえられた舞台は、ウィズピンク・スーツが調整メンテ用の台にコードでつなげられていて、その調整台を操作するコンソールに、ワイズマン司令のコスチュームをまとった和田監督がスタンバイしていた。
(SuGM) 【和田監督】「さて、それじゃあ、スーツを着て台の上に寝てくれ。スーツ調整のシーンを撮る。アドリブのシーンなんで、あとは適当に私と受け答えしてくれていればいい。」
(SuGM) そういうわけで、スーツを着用する事になるのだが・・・。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「もー監督、たまたまこっちに来てなかったらこのシーンだけのために呼ぶつもりだったんですかっ」頭の後ろのほうがちりちりするような・・・わからない、しかしいやな予感だけはして
(S11_Megu) 【めぐ】「あ、更衣室は何処で?」コードにつながれたスーツを手に取りながら確認し
(S11_Megu) △
(SuGM) 【和田監督】「ああ、更衣室はこっち側にはないが、セットの裏なら、周りからは見えないからそこで頼む。そのあと、台に乗っって、コードをスーツにつなげてくれ。」
(SuGM) 見ないようにしてるから、と、しれっと言う監督。
(SuGM) ▽
(SuGM) ええっと、まず、能力とは関係なく2d6を振ってください。
(SuGM) 目標値は
(SuGM) 9。9以上の出目が出たら、これから使用する刻印の効果についてチョイスができるようになります。l
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 2d6 ・・・SP判定?とも違うよな。旧ガッツはこういうときにも使えたすごい魔法
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6 = [5,2] = 7
(S11_Megu) だせないっ!
(SuGM) うむ、では、続いて知覚判定してください。知力ベースで、知覚を強化するアイテムの効果込み。
(SuGM) 目標値は本来15でしたが、事前の調査活動でスーツが持って行かれたことに気づいていたので
(SuGM) (ちなみに先の2d6判定は和田監督のスーツごとの不在に気づいたので、そちらへの警戒がうまくいくかの判定でした)
(SuGM) 目標値が15から11に下がりますが、先の判定に失敗したので、その直前のタイミングで刻印を発動。BS拘束を与えますので判定にマイナス4されます。
(S11_Megu) 2d6+7 それならいける、はず
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+3 = [2,2]+3 = 7
(S11_Megu) の、のぉぅぅぅぅ
(SuGM) では・・・
(SuGM)  
(SuGM) できるだけ警戒していたつもりだった。用心していたつもりだった。だが・・・
(SuGM) シュルル、ガッ!ガキン!
(SuGM) スーツを着用し、コードを取り付けた途端、コードがスーツをがっちり固定してまきとられ・・・めぐは、台の上に拘束され固定されてしまう!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「な、ぅええぁっ!」がしぃぃっ!と台まで巻き取られ強かに背中を打ちながらも起きようとした身体はすばやく押さえ込まれて
(S11_Megu) 【めぐ】「か・・監督っ、これも台本どおりだとでも、言うのっ!」自身の知覚網をすり抜けてきた仕掛け・・人には出来ない、魔の罠に捕らわれて
(S11_Megu) △
(SuGM) 【和田監督】「ああ、ソノトオリダヨ・・・」そう答える監督の声は、すでにあの時の戦闘員や撮影スタッフと同じようなありさまで。
(SuGM) 【堀田】「そう。台本の通りの撮影よ。もっとも、この台本はうちの、カリギュラ・エンタテイメントのもので・・・ウィズレンジャーをもとネタにしたコスプレAVの撮影なんだけど。筋書きは、悪の怪人とそれに操られた司令官に、スーツの調整って名目の罠にはめられて犯されるピンクのヒロイン。本物の資材を使えるんだから、豪華なものでしょ?それに・・・」
(SuGM) そして、堂々とした様子で、妖艶な笑みを浮かべ、とんでもないことを言い出す堀田が・・・
(SuGM) 【堀田→ホルファダード】「ヒロインも本物、そして、悪も本物よ。」
(SuGM) 一瞬で、舞台上の衣装と同じ過剰な露出度と髪型に「変身」する。だが、特殊効果もコスチュームも鬘も使っていない。
(SuGM) つまり・・・
(SuGM) 【ホルファダード】「歓迎するわ、ヒロイン・木下めぐ。魔族ホルファダードとして。」彼女が魔族で。しかも番組上の設定と思われていた役柄が、彼女の真の姿そのものだったということか・・・!?
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「……正々堂々勝負なさいっ! なんて言っても聞きはしないよね、、いいわ、なら正々堂々その台本をつぶすんだからっ」拘束され動けぬ身体で言ってもいまいち締まらない台詞を吐き返し
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「そんなざまで勇ましいこと。ウィズピンクのつもりなのかしら?番組のヒロインの?・・・そうであっても同じことよ。私たちの己の名が役名と同じように、こんな番組、私たちの影響下にあるんだから。そこの監督とやらを操っているのと同じように・・・。」
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴィイイ、ブォオオオオン・・・!!」
(SuGM) 笑うホルファダードの横を通り、現れたのは、脚本にあったドラーネットガイルの姿をした魔物。だとすれば、怪人たちも、魔物の姿をもとに設定されているのか。
(SuGM) スズメバチの毒針部分を薬物の注射器に変え、その外骨格を鎧に仕立て直したような姿。西洋の騎士を思わせる、戦闘的な体型だが、同時に毒針の卑劣さを思わせる怪物が、やりと注射器と蜂の針を融合させたようになっている片腕をめぐにつきつけ。
(SuGM) 【ワイズマン司令】「・・・」ワイズマン司令役の和田監督が操られ、すでに魔のからくりと化した操作盤を操る・・・!
(SuGM)  
(SuGM) 戦闘、開始。
(SuGM)  
*SuGM topic : [ドラーネットガイル(05)][木下めぐ(11)]
(SuGM) 現状の配置はこうなっていますが、まだ《隠蔽:発見条件あり》のトラップがオープンになっていません(突破、TP減少魔法の対象にできない)
(SuGM) それと、まだ戦闘には参加していませんが、ホルファダードも配置済みの敵が全滅した後参戦してくる予定です。
(S11_Megu) うわあぁい
(S11_Megu) では戦闘開始前のシーンアクトとして淫らな緊縛を
(SuGM)  
(SuGM) ▽
(SuGM) しゅるしゅるしゅる・・・!
(SuGM) コードはまるで蛇のように蠢く。しかし同時に、機械的な無機質さも失っておらず。
(SuGM) また乳首近くや太もも、子宮の上あたりの下腹や首筋・脇腹など、敏感でいやらしげなところに先端を固定されたコードは、何本かが体を横ぎるように配置されて、スーツに食い込んで肢体の弾力を強調。
(SuGM) 同時に台からも手足を固定する皮帯が出て、実に好む人は好みそうな淫縛姿になる・・・
(SuGM) さらに、足が固定された後台が動いて、まるで産婦人科の診察台のような、屈辱的な股開きの体制になってしまう・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「ぅあっ・・こ、こんなこと考えるなんてっ・・んぅぁっ!」スーツ越しにどういう理屈で張り付いたか理解できない先端が、横切り食い込み、女体を浮かばせるコードが。そして身体を押さえ込みきる革帯に絞められてもがけども四肢はまともに動かせず
(S11_Megu) 【めぐ】「か、監督っ、操作しちゃ・・あ、ゃ・・・」動かせぬ四肢を動かされ、目前の敵に人体の・・いや、女体としての急所を突き出させられた構えをさせられてしまい
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ワイズマン司令】「・・・」【ホルファダード】「無駄だわ。人間なんて、思うがままに操って、配置して、演じさせられる。魔族にとってこの人間世界は舞台。人間どもは、好きな劇を演じさせる役者にすぎないわ・・・」めぐの声に、無慈悲な答えが返ってくる。
(SuGM) そして・・・
(SuGM)  
(SuGM) ・第一ターン
(SuGM)  
(SuGM) GM側は開幕無し。
(S11_Megu) 開幕にウィークポイント、ガッツを入れて
(SuGM) (というか、以後も基本的にずっと無し、GM側開幕。なので、PC側から宣言ない場合開幕は省略で)
(S11_Megu) らじゃ
(S11_Megu) 3d6+3 これでMPほぼなし、初撃はその他で受けて一気に落せば・・・っ
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6+3 = [2,4,2]+3 = 11
(S11_Megu) ・・・これで確定で、知力抵抗どぞ
(SuGM) 2d6+2 ドラーネットガイルの対抗知力判定
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+2 = [3,3]+2 = 8
(SuGM) 負けたっ。防御力はこれで0!
(SuGM)  
(S11_Megu) 【めぐ】「(以前のと同じきぐるみに似せた怪物・・・外見構造から・・、、)」動かせぬ身体でも『目』は冷静に動き、メカニカルな箇所と生体部分の境界にめぼしをつけ
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴィルルルルル!」めぐの分析など何するものぞと、そしてドラーネットガイルが動く。怪しげな薬液を満たした槍のように長い注射器を、スーツに突き立て・・・
(SuGM) 3d6+6 《魔力撃》+《淫毒》
(kuda-dice) SuGM -> 3D6+6 = [2,1,4]+6 = 13
(SuGM) ずちゅううううっ、と、ねばねばした液体、肌に触れると触れただけで肌が熱く熱る淫ら毒をスーツの内側にぶちまける!
(SuGM) △
(S11_Megu) その他で受けて全壊っ、汚された肢体のアクトを使用
(S11_Megu) ▽
(SuGM) どろぉ・・・ぬちゃっ、ぬちゃっ
(SuGM) 注がれた淫ら毒は、液体というよりは粘液で、肌とスーツの隙間をコードが絡むたび、みじろぎするたびにぐちゃぐちゃと移動して
(SuGM) 泡立ち、粘り、ローションプレイのような感覚と、どろどろになったスーツ裏地がこすれる感覚を、ほてらせ敏感にした肌の神経にこすりつけていく。
(SuGM) まして、敏感なところに行きわたれば・・・粘膜の過敏化は肌のそれとは比べ物にならず、クリトリスや乳首は、まるで舐めしゃぶられているかのような感覚を覚える。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「な、なにを・・・ぅ、ううう・・・」厚い訳ではない生地が一刺しで貫かれ、身体には刺さらずともぴとっ、と冷たい触感が張り付きそのせいで余計に注ぎ込まれた熱を感じてしまい
(S11_Megu) 袖や裾から溢れ首元から指先、足先まで絡むコードが扱き行き渡らせていき。敏感な箇所の布地と身体、その僅かな隙間に溜り、そして少しでも身動ぎすれば滑りながら普段は何気ないはずの布地が肌を磨き上げていってしまって
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダート】「肌に張り付く生地っていうのもいいわねぇ。もっと、じっとり沁みとおらせてやりなさい。ねとねとに張り付いて、正義のコスチュームがエロアイテムになるようにね。」
(SuGM) ホルファダードの指示が飛ぶ。たちまち、ドラーネットガイルはその指示に従い
(SuGM) ぎゅ、じゅ、ぎゅ、じゅ・・・
(SuGM) 内側に満ちている液体をスーツの布地に浸透させようとするように、布地を上から肌にこすりつけるように揉みこみ始めた。
(SuGM) それは、敏感になった下の肌にとってはたちまち発情させられる刺激であり、まして薄い胸と乳首にとってはさらにたまらず。
(SuGM) そして、粘液は布地全体に沁みとおり、肌にべったりと濡れてへばりつき、淫らに肢体を強調する・・・。
(SuGM) △
(S11_Megu) めぐ:拘束解除に一手番。指先一つ動かすもつらいが・・・ミアスマの糸でチャクラムを引き寄せて
(S11_Megu) △
(SuGM) それではここで、《隠蔽:発見条件あり》の罠が効果発動。
*SuGM topic : [ダーティワイズマン(TP28)ドラーネットガイル(05)][木下めぐ(11)]
(SuGM) 2d6+6 トラップダメージ、BS責め具!
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
(SuGM) ウィイイ・・・ン・・・!!
(SuGM) コードが蠢いて、ビリッ、ビリッ、と電気的な刺激を与え、
(SuGM) 台から何本かの無骨なマジックハンドが生え、ぐにぐにと股間や胸乳をまさぐり責め立てる・・・!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「(この調子に・・)っあああ!」台へと縛り付けるコードを見られぬように裂きながら戦機を計っていたところへの不意打ち
(S11_Megu) 【めぐ】「はう・・っ、あの、装置をなんとかすれば・・・」責め立てられて派手に動けば不意は討てなくなる、そのチャンスのためにただただじっと堪えて
(S11_Megu) △
(S11_Megu) 被弾箇所:胸・のこり2AP
(S11_Megu)  
(SuGM) 【ダーティワイズマン】「・・・ふふ、どうだねピンク君。味方だと思っていた私にもてあそばれる気持ちは・・・」完全に正気を失っているワイズマン司令は、魔族の台本通りのせりふを吐きながら、容赦なく機械を操作。
(SuGM) ヴヴヴヴヴヴヴヴ・・・!!
(SuGM) マジックハンドにはバイブ機能まであり、つまみ捻るだけでなく、振動まで加えてめぐの媚薬を受けた性器をなぶりたてる。
(SuGM) じゅじゅぐちゅち・・・!
(SuGM) スーツの内側の粘液も、振動で泡立ち、ますます肌に染みこんでいく・・・。
(SuGM) △
(SuGM)  
(SuGM) ・第二ターン
(SuGM)  
(SuGM) 開幕あればどうぞ。なければ、IV順でめぐの行動ですが
*SuGM topic : [ダーティワイズマン(TP28)ドラーネットガイル(05)][木下めぐ(09)]
(SuGM) BS
(SuGM) 責め具でIV下がってますので。
(S11_Megu) 開幕行動:なし こちらの手番で、
(S11_Megu) ツイスター・マルチプルスナップ、ファイナルストライクをひとつ入れてドラーネットガイルへ!
(SuGM) 了解っ来い!
(S11_Megu) 3d6+3+3d6+3+5d6 催淫で-2d、装甲値は0にしたのでこれがそのまま!
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6+3+3D6+3+5D6 = [4,2,6]+3+[6,6,2]+3+[4,3,2,3,5] = 49
(S11_Megu) 49!
(SuGM) ク・・・クックック!その程度ではやられはせんわ!
(S11_Megu) 【めぐ】「そこ・・ね!」マジックハンドをすり抜け両手に持ったチャクラムで切りかかるっ
(S11_Megu) ちっ!
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ブィイ!?」外骨格の隙間にざっくりとチャクラムが突き刺さり、奇怪な悲鳴を上げるドラーネットガイル。激しく苦悶するが・・・
(SuGM) 【ホルファダード】【残念、まだよ。」ホルファダードのその言葉の通り、まだ倒れず・・苦痛で凶暴化して、めぐに襲いかかる!
(SuGM) 4d6+6 《魔力撃》+《ダークネスヒット》!
(kuda-dice) SuGM -> 4D6+6 = [4,2,1,4]+6 = 17
(SuGM) 【ダーティワイズマン】「いけないな、抵抗は。結局、君の仕事は魅力をふり撒いて、犯されて媚を売って慈悲と油断を誘うことなのだからね・・・」
(SuGM) さらに、冒涜的な言葉を吐きながら、機械の腕が再びめぐをつかみ、コードが快楽神経を刺激する電流を流しこんでくる。
(SuGM) 2d6+6 トラップダメージ、BS責め具!
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
(S11_Megu) サイコロが走るな・・・スウェーじゃどもこもない
(S11_Megu) 全AP破棄!使用アクトに口辱・はいてない・突き刺さる視線で
(SuGM) 了解っ。
(SuGM)  
(SuGM) びり、びっびびび・・・!!
(SuGM) 怒り狂うホルファダードの振りかざした剣針が、ついにめぐのスーツを切り裂いた・股から胸元まで一筋に、ちょうど背中のチャックの反対の真正面に開口部ができたような切り裂き。肌に傷は無いが、女の急所が思い切り露わになり、それでいてまといつくコスチュームの淫美さはそのままで。
(SuGM) 【カリギュラ・エンタテイメント撮影スタッフ】「いよいよ御開帳だぜ。」「ひひ、細いがそそる肌してんじゃんん。」「きゅっとまとまった閉まりのよさそうなマ●コだぜ・・・」
(SuGM) カリギュラ・エンタテイメントの撮影スタッフ・・・操られて日が長いのだろう、とうに人屑化しているようだ・・・から、卑猥な感想が聞こえてくる。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「っっっ」張り付いたスーツと自身の紙一重、ほんの僅かに前に居ただけで深い傷跡を残すであろう斬撃に足が止まってしまい
(S11_Megu) 【めぐ】「ま・・まだよっ、まだ私は戦えるんだからっ・・・」カメラの処置を・・とも頭によぎるがそれよりも先にっ、と意識を切り替えて。しかし切り開かれた布地を寄せて少しでも庇おうとして
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「無駄よ、無駄無駄。いずれ戦えなくなるまでの時間が、伸び縮みするだけだわ・・・。」
(SuGM) 【ホルファダード】「それにしてもHな変身ね。全体がコスチュームになっちゃうから、下着が無いなんて。いっつも、タイツみたいなコスチュームの下に、むき出しのつつましいおっぱいとお●んこ隠してるの?魔物によがらされたら、すぐべちょべちょになっちゃって、ピンクは淫乱ってばれちゃうんじゃない?」
(SuGM) 【カリギュラ・エンタテイメント撮影スタッフ】「そうだぞっ、おらっ、とっとと股開け!」「気取ってんじゃねえぞ、AV女優が!」「ネットでエロデビューして、エッチピンチで視聴率稼いで・・・今更恥じらってんじゃねえよ」
(SuGM) ホルファダートが淫蕩に微笑みながら揶揄をし、人屑スタッフの乱暴な罵倒が嵩にかかって襲いかかる。
(SuGM) ・・・ウィイン・・・
(SuGM) さらに、必死に体を隠そうとするのを、マジックハンドがそうはさせず。
(SuGM) 強引にめぐの肢体を引っ張って開かせ・・・
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「びぃ、ヴぃぃ・・・!」強引に、ドラーネットガイルの前にひざまずかせようとする・・・節くれだった、人間のそれとは違う芋虫のような異形のそのペニスの前に。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「私が勝つまでに負けなきゃいいことよっ。第一何よ! 変身の仕方なんてこっちでとやかく出来ないし淫乱なんかでも無いしえーぶい女優なんてのでもないんだから!」戦いの最中の野次、聞き流すことも出来ず思わずホルファダードへと掴みかかろうと歩き出そうとして
(S11_Megu) そんな大きすぎる隙、逃してもらえるはずもなく背後から押さえ込まれ股を開き膝まつかせようとさせられて。立ち上がり、そうでなくてもせめて足を閉じようと・・・そう足掻く目前にせまる異形に気がつけずに
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴぃい・・・!」
(SuGM) がしっ、と、めぐの頭を怪物の手がつかむ。長い指で頭を丸ごと抱えて、強引に指で圧力を加えて口を開かせ・・・
(SuGM) 極太の肉芋虫のような醜怪なペニスを、無理やり口にねじ込む!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「ぐっ!、しまtt」視線を気にして目前の敵を放置してしまった、そう認識しきると同時に掴み、押さえ込まれてしまい
(S11_Megu) こじ開け、あけたまま押さえ込もうとする指に抵抗しきれず開けさせられた唇。そこだけで別の怪物のような肉芋虫に噛み付こうとすることさえ出来ず、喉奥まで一息に侵略され
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴィイ、ヴィイイ・・・!!」
(SuGM) 蜂の羽音をエレキギター風に加工したようなうなりを上げながら、ドラーネットガイルは片手で(もう片方の手は針と化しているから)めぐの頭をつかんだまま
(SuGM) ぐい、ぐい、ぐい、ぐい・・・!
(SuGM) ごしゅ、ずちゅ、ぐちゅ、ずん・・・!
(SuGM) しゃぶらせる、なめさせるなどという生々しいレベルではなく、口腔と喉を性器に見たててのレイプ・イマラチオで、呼吸困難になるほど責め立てる。
(SuGM) そのうえ、芋虫ペニスからは、毒針から射出する淫毒と同じ液体が、先走りの変わりにぬめぬめとあふれだし、それを強引に嚥下させてくる・・・。
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「っ・・・!」上目遣いになり睨み付け、隙あれば噛み切ってやろう。そう心積もりは有った
(S11_Megu) しかし喉の奥、いや、喉の内部まで陵辱せんとばかり、いや、現にしてくる魔にすることの出来ぬ抵抗の算段は無意味で
(S11_Megu) 【めぐ】「ん゛ヴヴ! ん゛ん゛ん゛ぅぅぅ!!」顎が壊れるっ、息が詰まるっ、吐こうとすら出来ず毒液を注がれるっ・・・心が折れまいと動く頭でさえ酸欠で動きが鈍り
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴィイイイイイッ!ヴィルルルルルルル!!」
(SuGM) 人間の顎でかみきる事など到底できない強靭な芋虫。
(SuGM) あまつさえそいつは本物の芋虫であるかのように、めぐの口中で蠕動運動を開始した。
(SuGM) それだけではなく左右にうねり、蠢き、くねり、吐き気を催すほどの気色悪さなのだけど、どんどんと淫毒をたき立たせて、口の中を性器並みの感度に仕立て上げていく。
(SuGM) その上で、ごすんごすんと、何度もピストンのように激しく喉を突き蹂躙し・・・
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴぃぃいいいい!!」
(SuGM) どくっ、どくどくどくどく・・・!
(SuGM) と、たっぷりと精液を喉に注ぎ込む。それは人間の精液と同じ、いや、さらに生臭く苦く濃いのだが
(SuGM) 精液までも、媚薬が混じっているのか、飲み込まされると喉がさらに快楽に焼けてゆく・・・!
(SuGM) △
:13(S11_Megu) 【めぐ】「ふお゛あぁっ・・がっ、ぐぅぉぉ・・・」ほほの内側、舌の先から根元まで、唇の裏側だろうと淫毒を振り掛けられていない所はなく
(S11_Megu) 注がれた毒と呑もうとしなかった唾液とが交じり合いズヂュジュボボッ!と水音を響かせさせられて喉奥に潜られ
(S11_Megu) 口の外から唇、舌の上から喉へと膨らみ、何かが送られようとする動きを繊細に感じて・・・どどどど・・・と容赦なく胃袋が蟲の毒液袋へとされてしまつて
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ヴィルルル・・・」射精に満足しながらも、さらに責め立てようとするドラーネットガイル。
(SuGM) それを、そら、お前はAV女優ではないか、という視線で見守るホルファダードとその部下たち。
(SuGM) ・・・カメラの回る音が聞こえた。
(SuGM)  
(SuGM) ・第3ターン
(SuGM)  
(S11_Megu) 開幕・なし。手番:ツイスターのみでドラーネットガイルへの攻撃!
(S11_Megu) 3d6+3 手放したチャクラムが肉芋虫へと飛ぶっ
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6+3 = [3,5,5]+3 = 16
(SuGM) 倒されました!
*SuGM topic : [ダーティワイズマン(TP28)][木下めぐ(09)]
(S11_Megu) 【めぐ】「ぅ、ぅぅぅおお・・・・」手に持たずとも確かに感じる手ごたえ。喉奥まで侵略されたそれをナンとか吐こうとして
(S11_Megu) こんなもんで
(SuGM) 【ドラーネットガイル】「ビイイイ・・・・!?」
(SuGM) ふさがれた視界が開ければ、そこには芋虫をむき出しにしたまま、切り刻まれた傷から体液を噴き出してぶっ倒れたドラーネットガイル。
(SuGM) 叩き潰されたごきぶりのように暫く悶絶していたが、動かなくなる・・・
(SuGM) ウィイイン、ヴヴヴヴヴヴ・・・
(SuGM) だが、ワイズマン司令の動かすマジックハンドとコードは、手足に絡みついたままで。
(SuGM) 2d6+6 トラップダメージ、BS責め具!
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+6 = [2,5]+6 = 13
(S11_Megu) スウェー!6軽減して7ダメがHPへと
(SuGM) すぐにドラーネットガイルのいなくなった穴を埋めるように、めぐの肢体をもてあそんでくる。
(SuGM) アクトは?まだ使わない?>7ダメ
(S11_Megu) ・・・まだ使わずでっ
(SuGM) 了解。
(SuGM)  
(SuGM) ・第4ターン
(SuGM)  
(SuGM) PC先手、開幕もあればどうぞ!
(S11_Megu) 開幕なし、ガッツの篭った突破判定を知力で
(S11_Megu) 1d6+9 マジックハンドを切り刻みながら装置へと駆け寄り
(kuda-dice) S11_Megu -> 1D6+9 = [2]+9 = 11
(S11_Megu) 11TP
*SuGM topic : [ダーティワイズマン(TP17)][木下めぐ(09)]
(SuGM) 【ワイズマン司令】「・・・」装置の破壊を見ながらも、洗脳された監督は動じない。ひたすら捜査を続け、もう一度めぐを絡め取り、よがり狂わせようと・・・
(SuGM) 2d6+6 トラップダメージ、BS責め具!
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+6 = [4,1]+6 = 11
(S11_Megu) スウェーで5とめて6受け・・・累積13ダメ、まだ16あるっ
(SuGM) アクトは?
(S11_Megu) ・・・なしでっ、かんとくとえっちぃのは・・・!と
(SuGM) くく、けなげなw
(SuGM) では
(SuGM)  
(SuGM) ・第5ターンっ
(SuGM)  
(S11_Megu) ウィークポイントっ
(S11_Megu) 1d6
(kuda-dice) S11_Megu -> 1D6 = [5] = 5
(S11_Megu) おし、5削ってのこり12か
(S11_Megu) そして突破判定・・・ポテを・・・んー
(S11_Megu) ・・・・・・ふたつ
(S11_Megu) 3d6+7 しくじるほうがこわいっ
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6+7 = [5,4,6]+7 = 22
(S11_Megu) ・・・(のたうち)とりあえずとっぱ!
*SuGM topic : [木下めぐ(09)]
(SuGM) それでは、突破の演出をどうぞ。
(SuGM) 本来、トラップで与えたBSは、拘束以外はトラップが倒れても持続するんだけど
(SuGM) 最後の敵が現れるまでの間に、責め具BSは解除してOKですよ。
(SuGM) (ターン処理的には、一度戦闘を終えて新しく戦闘開始ということなので)
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・監督、ごめんっ」おぼつかない足取りが一瞬だけ速くなり。操作盤を切り裂き駆け抜けながら放たれた手刀が首の後ろを叩いて
(SuGM) 【和田監督】「はおうっ」あっさりと気絶する監督。
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・はぁ・・・はぁ・・・」肩で息をするのは疲労だけではないが、それでも半分隠れた顔色に隠し、いまだ巻きつくコードや手を引き剥がして
(S11_Megu) △
(SuGM) ぱち、ぱち、ぱち、ぱち。
(SuGM) 【ホルファダード】「うん、うん、よくやったわね、貴方。 なかなかのヒロインぶりね。」
(SuGM) 健闘をたたえる言葉を・・・ゆっくりとした拍手と、明らかにそう思ってはいない傲慢でエロティックな口調で語りながら、それを見てホルファダードが前に出てくる。
(SuGM) 映像の中、ステージの上、セットの中・・・カメラの前、そしてめぐの前に立ちはだかる。
(SuGM) 【ホルファダード】「けれど逃げられるとは思ってないわよね?逃がすつもりはないわ・・・レズプレイも、結構人気があるわけだし・・・」つつ、と己の肢体に熱を加える愛撫のように指を這わせながら、舌舐めずりしてホルファダードが笑う。
(SuGM) その髪がゆっくりと逆立ち、うねり、蠢き始める・・・。脚本上の設定と同じ名を持つ彼女が、同じ能力を持っているなら・・・髪の毛を自由に操っての連続攻撃が、彼女の力だったはず・・・!今し、襲いかかろうとしている!
(SuGM) △
(S11_Megu) 【めぐ】「褒めたって出せるのは悪党を潰す力だけよ・・・」余力があるとは言えない身体、今は出来る限り体力を温存して
(S11_Megu) 【めぐ】「逃げ出したいのはそっちでしょ、覚悟はいいみたいねっ」身構え相対し。・・・勝てるか正直わからない、でも、勝たなければいけない!
(S11_Megu) △
(SuGM)  
(SuGM) 戦闘仕切り直しての新第一ターン
*SuGM topic : [ホルファダード(06)][木下めぐ(09)]
(SuGM) PC先手、開幕などあればどうぞ。
(S11_Megu) IV低いということはそう高い知力で無い・・・魔力かな。。。開幕ウィークポイント、ポテ一つ!
(S11_Megu) 2d6+7
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+7 = [5,3]+7 = 15
(S11_Megu) わるくないっ
(SuGM) ふっ
(SuGM) 2d6+1 知力対抗判定
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+1 = [4,5]+1 = 10
(S11_Megu) っ・・・
(SuGM) 実は馬鹿ですw
(S11_Megu) お、落ち着け・・・ポテなかったらやばかったんだ悪い選択ではない
(SuGM) 確かにね。ともあれ、これでこっちの防御は0になりましたぞ。
(SuGM) IV的にはまだそちらが先手。通常行動はできますぞどうします?それと、演出もあればどうぞ。
(S11_Megu) 手番は待機、香木相当のえんぜ君通信を用意しつつ
(S11_Megu) 【めぐ】「(無防備すぎる・・・?それとも、本気にならずに十分だとでも)隙だらけね・・・ずいぶんと」分析、解析、・・・狙えるところはわんさか出て
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「ふふ。実力のあるヒロインはうれしいわ・・・そのほうが嬲った時の味が上だもの。」
(SuGM) ヒロインの力など所詮はそんなもの、と、余裕の笑みを浮かべ・・・ホルファダードの髪が翻る。その先端が先ほどのマジックハンドよりさらにいやらしくおぞましい責め具に変じ、無数に攻め寄せる!
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [1,4]+10 = 15
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [4,4]+10 = 18
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [3,5]+10 = 18
(SuGM) 3回攻撃なんだけど・・・
(SuGM) どうかなあ?!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 戦況情報によるMP6回復、スウェー三度によるダメージ半減を三回、これは確定として
(S11_Megu) いにしえの輝石相当によるHP回復・・・11以上がでれば致命表からはのがれれるっ
(SuGM) どうぞっ
(S11_Megu) 3d6 ・・・こい!
(kuda-dice) S11_Megu -> 3D6 = [3,6,3] = 12
(S11_Megu) せ・・せーふ!
(S11_Megu) のこりHP2でアクトは熱い蜜壺・つけられた種・菊辱と全部使用
(SuGM) おおっ、来たかぁ!w
(SuGM) 了解っ>アクトは
(S11_Megu) ・・・、、。ま、まさか
(SuGM) ・・・残念ながら淫らな遊戯は持ってないw
(S11_Megu) く、くずではないか、せふせふ
(SuGM) では、GMから描写いきます。
(SuGM)  
(SuGM) 【ホルファダード】「そぉら♪」
(SuGM) シュ!
(SuGM) すさまじい速度で、黝い髪が迸り・・・一瞬でチャクラムを持った手を緊縛。
(SuGM) 同時にさらに何本もの髪束がめぐの細い肢体をまきつき、責め具化した髪先が乳首に、クリトリスに、そして秘所と尻たぶのはざまにあてがわれ。
(SuGM) 【ホルファダード】「イきながらいらっしゃい・・・私の腕の中に」
(SuGM) 振動、まきつき、挟み・・・それだけではない。媚薬毒が注がれてなければ痛みになったであろう、クリトリスや乳首へのちくちくとした突きまで。
(SuGM) さらに秘所にも前回貫かれた菊座にもいきなりの挿入はせず、表面にあてて振動とくじりの責めで、快感をひきたてながらめぐの肢体を引きずりよせる。
(SuGM) 乱暴な引きずりに、さらに快楽接触が増幅される・・・!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「え、なっ!」蜂の怪物の一閃は目にも留まらぬ一撃だったが目にも映らぬ早業で手が封じられ。それを切り裂こうとする動きの前に全身に回りこまれ絡みつかれて
(S11_Megu) 【めぐ】「ひ、は、やぁぁ・・くっくぅぁぁぁ・・」もがこうと責め立てる髪は易々と外れることはなく、蜘蛛に捕らわれた蝶のようにずるずると引きずりよせられ、その後には自身のか今まで染み込まされた物なのか水溜りがたれていき
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「あらあら、たっぷり漏らすほど感じちゃって。」
(SuGM) めぐの細い肢体をその腕に抱いて、体を入れ替えてめぐの背後をとり。めぐに、その淫水溜まりを見せつける。
(SuGM) 【ホルファダード】「でも、もっともっと感じるし、狂うし・・・」
(SuGM) しゅる、しゅるしゅる、しゅる・・・ぐっ、ちゅ、ちゃぷ・・・
(SuGM) めぐの体の表面を、髪が這いまわり。そして、ホルファダード自身の口と手も蠢きだす。
(SuGM) 唇と厚い舌が首筋を舐め上げ、耳たぶをしゃぶり。
(SuGM) 髪束が責め具と化して胸を覆い薄い乳肉を絞り、乳首を、そして同時に下半身のクリトリスを、ニプルキャップ・クリキャップのように包み込みしごきたてて。
(SuGM) 手指はくちゅくちゅと陰唇を揉み、浅く挿入しては粘膜を嬲り・・・尻たぶを揉んでは、指をアヌスにあてがって、いつの間にしたのか、ドラーネットガイルの体液をすくい上げてなすりこみ、媚薬をさらに注いで揉みほぐし、アヌスの快楽を教え込んで行く。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ぬれもかんじも・・してなんか・・・」抱きしめられ指先よりも繊細に、しかし力強く蠢く髪に囚われ力なく首を振り否定し
(S11_Megu) 肌の色より、切り裂かれたスーツの色より髪の色に絡みとられて全身を隈なく、そして過敏なところはより繊細でしつこく責められて痛いほど腫れ勃って
(S11_Megu) 【めぐ】「ひやぁぁぁ!・・や、さわらぁっ!」ビグッ!と毒を擦り付けられた身体が跳ねあがりホルファダードによりかかることとなって
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「嘘おっしゃい」ぬるり・・・と唇にとろとろした感触。めぐの股間をなぶっていた手指を、ホルファダードがめぐの唇に突きつけて、味あわせているのだ。こんなに濡れているだろう、と。
(SuGM) 【ホルファダード】「そんなうそつきにはお仕置きね・・・」ぐっ、と。ひぴちっとした弾力ある尻肉を÷感覚。
(SuGM) ホルファダードの髪が寄り集まって、ドリルのようにごつごつした、けど表面はドラーネットガイルの体液を吸い上げてぬるぬるの張り型が、めぐのアヌスに狙いを定めたもだ。
(SuGM) 【ホルファダード】「いらっしゃい。前も犯してあげなさい・・・私の髪で貫いてあげてもいいんだけど、アヌスは媚薬を注いで、しっかり味を教えてあげる必要があるけど。前までそうじゃお仕置きにならないわ・・・たっぷり人間の男の精液を注いであげなさい」
(SuGM) 女王のごときその招きに、たいまち撮影スタッフがいさんでやってくる。小型カメラを手にして、撮影を続けながら・・・いわゆる「ハメ撮り」をするために。
(SuGM) AV出演経験もこれまでにもうあるのか、いかにもそれらしい、かなり屈強な体格で・・・早々露わにした一物も、悪趣味にも真珠入りにしていて、。しかも大きかった。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「うそひぁ・・・」反論しようとした唇に突きつけられた指が割り入られて。舌先が押し出そうと伸ばす背後で凶暴な気配を感じ
(S11_Megu) 【めぐ】「ひ、ひゃらっ、こわされぅっ!!」全身隈なく捉える髪が一点に集中したせいですこしは緩んだ隙に腰が前へ前へと逃げて
(S11_Megu) 【めぐ】「ぁ、う・・うひぉ・・・ひ、いぁぁぁっっ」後ろに下がるわけにも行かずただただ身をよじり続けて
(S11_Megu) △
(SuGM) 【撮影スタッフ】「ひひ、ありがとうございます・・・そぉら、ハメられるところ、全部撮ってやるぜ。正義のヒロインの泣き顔もなあ・・・!」
(SuGM) 手足はぎちぎちに緊縛されていて、目の前の人屑一人払うこともできず。
(SuGM) カメラにすべてを取られながら、男のペニスが性器に接してくるのを、僅かに腰を動かし身をよじらせる以外何もできないまま見るしかない。
(SuGM) 【ホルファダード】「そして・・・入れられればこっちも入るわ。」
(SuGM) 前からの挿入に腰が押されれば、その瞬間肛門も貫かれる。それくらいぴったりと、ホルファダードは体を寄せてきて。
(SuGM) 【ホルファダード】「大丈夫、壊れないわ・・・快楽で、気持ち良すぎて心が壊れるかもしれないけどね。」
(SuGM) そして、その言葉と同時に・・・
(SuGM) じゅぶっ・・ぐぬっ・・・!
(SuGM) 膣が貫かれ、押された腰が尻穴を串刺しにする・・・・
(SuGM) 前にそうされた時とは違う、快楽とともに!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「そんな・・とらないでっこんなのっこんなのいやぁっ!」見せ付けられうろたえる姿、接して逃れようとする腰、じりじりとめり込もうとしておびえる顔。全てが屑どものカメラに収められて
(S11_Megu) 人間が受け入れる範囲での十分に太い逸物、それに突き込まれた勢いで捻じ込まれる髪の張り型
(S11_Megu) 両方ともが、いや、その姿を写し撮るカメラまでがめぐの心を身体をそちら側の世界へと引きずり込んでいき
(S11_Megu) △
(SuGM) ぐぬうううっ・・・!
(SuGM) 前を貫く男のペニスは、ごつごつとしていて、カリも大きく、埋め込まれた真珠がいぼいぼしていて、雌の粘膜をたまらなく摺りたてる。たっぷり濡れている、さらに媚薬を飲んだのだ、なおさら逆らえない。一気に奥まで貫いて。
(SuGM) ずるるっ・・・!
(SuGM) 自身が愛液にまみれた螺旋の張り型は、ぬめりとらせん構造に導かれ、その付きいれに呼応して直腸をなぶる。
(SuGM) 苦痛の強かった前回とは、まるで異なる、それは快楽。
(SuGM) 前に挿入されれば後ろも付きこまれ、前が引き抜けば後ろも引っ掛かりに腰が引っ張られて遠ざかる。
(SuGM) 完全に同調した強い快楽。直腸も膣も互いの圧迫にさらに感じて。
(SuGM) 【撮影スタッフ】「へっへえ、アクション俳優だけあっていい締め付けじゃねえか、きゅんきゅん来るぜ!」引き締まった肢体を、そんな快楽の種にされてしまう。
(SuGM) 【ホルファダード】「もう慣れたのね、それなら、もっともっと・・・
(SuGM) 」ホルファダードが、自分も腰を動かしだす。同調していた快楽が乱れるが、乱れたがゆえの快楽の奇襲の連続となる。タイミングが図れない快楽に、心の防御ができなくて、さらにホルファダード自身のテクニックのうまさに、どんどんと感じさせられていく。
(SuGM) 【ホルファダード】「カメラの前でいき狂わせてあげるわ。恥知らずにも両穴に加えこんだ様でね。」
(SuGM) そしてその様子は目の前のハメ撮りカメラだけでなく、他にもさまざまなアングルから撮影されている。美女の悪幹部と屈強な男とはいえ普通の撮影スタッフに挟まれ犯される、戦隊ヒロインの華奢な痴態を・・・。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「ひ、ぁぁああ・・・か、はぅぁ・・・」突き上げ、引き抜かれ。毒に穢されきった肢体がしかたなしに受け入れてしまい、そう、仕方なしにだと自身に言い聞かせるも地に足着かぬほどの責めに、突き込みに翻弄され
(S11_Megu) 【めぐ】「な、なれるわ、けぁぁうっ!ひぃやぁぅぅっっ!!」背後からもの突き上げ、押し出された身体はまるで自分から男を欲しがるように・・そう、あくまでそう見えてしまっただけだ
(S11_Megu) 【めぐ】「いか・・いくわけ・・とられながらいくわけなんて・・・・・」力のこもらぬ体勢でただただ仰け反り悶える身体は上気し切らせれて震えだし
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「こんなにろれつが回らなくなって」
(SuGM) 【スタッフ】「こんだけ雌汁あふれさせて」
(SuGM) 【二人】「慣れてないわけがないし、いかないわけがないわよ(だろうが)!」
:50(SuGM) 二穴への責めが、加速し、苛烈化する。二人とも思い切り腰を振って、さらにつかんだ手と髪で乳首やクリをいじくりまわしながら
(SuGM) めぐの腰をつかんで振り回し、下から突き上げる巧みな腰さばきで、めぐの体重が全部突き込みに回るようにして。
(SuGM) 犯しぬきながら、さらに撮影用マイクを突き付ける。
(SuGM) 泡立つめぐの秘所、ぐちぃぐちょと愛液をしぶかせるその淫らな水音を、めぐに思い知らせて快楽を認めさせるために。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「い゛い゛ぅっ、や、ぁぁ゛っ!」下からの激しすぎる突き上げ、淫毒の染み渡った性感帯への愛撫。そのどれもが何度も何度も認めようとしなかった域へとめぐを押し上げて
(S11_Megu) 【めぐ】「みなぁっ・・きかにぁ・・いわな・・あ、あ、ああああああ!!」びぐぐぐっ!と激しく痙攣し抉られ続けている下半身の肉穴がぎぅぎぅぅぅぅと締まりを増して
(S11_Megu) △
(SuGM) 【スタッフ】「くっふ、そろそろ・・・!」
(SuGM) 【ホルファダード】「注ぎ込んでやりなさい。私も、魔物の媚薬をたっぷり注いであげるから・・・さあ、人間獣の雄雌として、たっぷりまぐわって、たっぷり種付けされて、あさましくいきなさい・・・!」
(SuGM) その締め付けの高まりに、めぐを種付け絶頂へと導くべく、二人の腰使いはさらに激しくなり
(SuGM) 高く押し上げためぐを・・・一気に手を離し、張り型とペニスだけで体重を支える状態に
(SuGM) どすん!
(SuGM) と落としこんで・・・!
(SuGM) どぷっ、どぷぴゅるぴゅううううっ・・・・!
(SuGM) どくどくどくどく・・・じゅぶぶ・・・!
(SuGM) めぐがなんといおうと発情してほぐれていた子宮に、男の精液がぶちまけられ、アヌスを、そこを快楽器官として固定するように、大量の媚薬が襲う。
(SuGM) 膣を、子宮を、雌の本能を満たすオスの種が焼き尽くしていく・・・!
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「~~~!!」精神的にも高みに上らされた身体が、二点だけで支えられての自由落下に沈み。目の前で、胎内で白い輝きしか感じられなくなり
(S11_Megu) 排泄孔であったはずの所が、月に一度の厄介の種が、どちらもが快楽を貪り与えるがためのモノとして染め上げ書き換えられようとして・・・
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。」びくりともしない五体、いや、出来ないはずの身体がぴくっ、と震え
(S11_Megu) 細い髪に拘束されていた腕が、常人の目には見えぬミアスマの糸に引かれ力の抜けた身体を強引に動かし
(S11_Megu) 毒され動かぬ身体を精神力が動かす!
:12(S11_Megu) 1d6+3 通常攻撃
:12(kuda-dice) S11_Megu -> 1D6+3 = [6]+3 = 9
:12(S11_Megu) まず9点っ
:13(S11_Megu) 16d6+6 そしてツイスターマルチプルにファイナル二発!
:13(kuda-dice) S11_Megu -> 16D6+6 = [3,1,2,2,3,6,2,4,4,4,1,2,3,6,2,3]+6 = 54
(S11_Megu) 合計63っ・・・
(SuGM) くく・・・
(SuGM) その程度ではなあw
(S11_Megu) くぅぅぅぅぅぅぅぅっっっ
(SuGM) 落ちぬよっ!まだまだ!
(SuGM) 【ホルファダード】「・・・やれやれ。私の大事な髪が・・・おまけに、玉の肌まで・・・」
(SuGM) 髪の拘束を引きちぎったチャクラムの斬撃を、素手でつかんでホルファダードは止めて見せた・・・掌から魔性の紫色をした血がこぼれおちるが、それでも、以前健在のままで。
(SuGM) 【ホルファダード】「ますますきつく・・・お仕置きしてあげるわ。スタッフ全員と交わり終わるまで・・・撮影を止めてあげないんだから。」
(SuGM) ざわ・・・と、再び髪が逆立ち・・・!
(SuGM)  
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [4,4]+10 = 18
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [4,3]+10 = 17
(SuGM) 2d6+10 《マルチアタック》+《追加攻撃》
(kuda-dice) SuGM -> 2D6+10 = [4,2]+10 = 16
(SuGM) 致命傷表をどうぞ。最初の攻撃で生き延びても、次の攻撃でまた致命傷判定、となるから
(SuGM) 3回生き延びなきゃ奇跡の逆転は無理だぜ。どうぞっ。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) ・・・ガープスの素クリか。1/256
(S11_Megu) 1d6+1d6+1d6 ・・・こい!!!
(kuda-dice) S11_Megu -> 1D6+1D6+1D6 = [4]+[5]+[2] = 11
(S11_Megu) こない!
(SuGM) ええっと
(SuGM) この場合
(SuGM) 4:強烈な攻撃に失禁し、気が遠くなるが、意志を籠めて耐える。CPを2点消費することでHPが1になり戦闘を続行できる。しないなら意識はあるが戦闘不能になり、HPが1以上になるまであらゆる行動が行えない。
(SuGM) CPの残りが無いから、最初の出目4の段階で落ちてるね。
(SuGM) 全滅表をどうぞ。
(S11_Megu) ですなー・・・
(S11_Megu) 1d6
(kuda-dice) S11_Megu -> 1D6 = [4] = 4
(S11_Megu) この場合は・・・つまり。この場は、すぐに。ということか。そのあとどうなるかはしらないが
(SuGM) です。
(SuGM) 3~4、全滅のすぐ後、モンスターに犯されているところを冒険者に救出される。
(SuGM)    ・好きな能力値で10の判定に失敗すると[妊娠]する。
(SuGM) 妊娠判定おねがいします。
(SuGM) 失敗した場合、妊娠する代わりにSP+5を選んでもOKです。
(S11_Megu) つけられた種もあわせて
(S11_Megu) 2d6+2d6 4以下で失敗
(kuda-dice) S11_Megu -> 2D6+2D6 = [4,3]+[6,4] = 17
(S11_Megu) せふせふ
(SuGM) では、SP追加は無しで。
(SuGM)  
(SuGM) ・ED
(SuGM)  
(SuGM) そして、ホルファダートの言葉はその通りに実行された。
(SuGM) 10人ほどもいた撮影スタッフ全員が、次々と入れ替わり立ち替わり、めぐを犯していく。
(SuGM) 【撮影スタッフ】【別に一人一発なんて、誰もいってなかった、よ、なぁ!」
(SuGM) じゅぷっじゅぱl・・・どぴゅうっ・・・!
(SuGM) しかも、一人一人、全員が、出せるだけ何度も出していく・・・めぐは何度もいかされ・・・全身白濁まみれとなっていった・・・
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「・・・、、。」たった一度の輝き。それだけで精一杯だった抵抗はもう出来ず、再度髪に囚われた姿でぐったりと使われ続けてしまい
(S11_Megu) △
(SuGM) 【ホルファダード】「ふぅ・・・思い知ったかしら?」長い煙管で紫煙をくゆらせながら、そんなめぐの様を見てホルファダードが笑う。
(SuGM) 【カルダハダス】「どうやら倒したようですね。」そしてそこに表れたのは、銀色の仮面と華美な装束の・・・カルダハダス。今では、彼も魔族としての本来の気配を隠すことなく露わにしていて。
(SuGM) 【バサディナサフ】「ふん。この毛玉も捕まえて・・・こいつも本格的に、籠の鳥というわけだ、」
(SuGM) そして、石像めいた巨漢のバサディナサフの
(SuGM) 手の中には、握り武されたようなじょうたいでぐんにゃりと気絶しているえんぜくんの姿。ネットにアップされた映像を何とかして、そのあと調査に来るようにいっていたのが・・・ここに来たところで、他の魔族につかまってしまった、ということか。
(SuGM) 【ホルファダード】「当然よ・・・この娘が、これから絶望の海をのたうちまわるのと、同じくらい私の勝利は当然。ふふ・・・楽しくなってきたわ・・・」
(SuGM) そして、ホルファダードが告げる・・・絶望を。
(SuGM) ▽
(S11_Megu) 【めぐ】「……ぅ、、あ」そこに今まで居た瘴気とはまた別のが二つ。近寄ってきた気配に顔を上げて更なる敵を認識して
:50(S11_Megu) 【めぐ】「ま・・・・・だ・・・・・・・」捨て台詞になりそうにも無い何かを言おうとして、そこで目の前が暗くなり・・・・・・
:50(S11_Megu) △
(SuGM)  
(SuGM)  
(SuGM) HC蔵鞍市
(SuGM) 「カリギュラ・エンタティメント」
(SuGM) 終わり・・・そして、続く。