(NO_GM) よければ自己紹介とかそうですね。
(NO_GM) 学校ではどのよーな生活をしているか、を軽く教えてもらえると
(N08_hika) 【ひかる】「はじめまして。樹山ひかると申します。クラスでは委員長などという大役を頂いて、毎日やりがいのある日々を送っています。」外面はいいので友人は多いのですが、親友はいません。相談できる相手もなく、前回子宮に植えつけられた何かが恐ろしくて、焦燥した日々です。
(N08_hika) ヒロインになっての初戦闘、初敗北が焦りになって、いつもの優等生の仮面がわずかに揺らいでいる状態です。
(N08_hika) 他の友人とはちょっと距離を置いたり、つまらないミスが見られます
(N08_hika) 以上です
(NO_GM) しかしまだ処女。見逃されて自分の無力さを思い知らされてしまった訳ですね。
(NO_GM) 大変結構でした。ではその辺を追及していく感じで。
(NO_GM) つまり学校が舞台となります、よろしく
(N08_hika) よろしくおねがいします!!
(NO_GM) はい、よろしくお願いしますね
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) †Heroine Crisis TRPG†
(NO_GM)  
(NO_GM) 【学級慰淫・飼育日記】
(NO_GM)  
(NO_GM) ~淫魔獣・キング・ラビット登場~
(NO_GM)  
(NO_GM) ◆オープニング
(NO_GM) ではひかる。君はいつもどおりにお弁当を作って、遅刻もせず学校へと登校してきました。
(N08_hika) 【ひかる】(当然のこと。遅刻などで教師の心証を害する必要はない)
(NO_GM) 「おはよー」「おいっす、委員長」学校のみんなはいつもどおりに君より遅れて校門をくぐってきますね
(NO_GM) ではそんなまじめなひかるちゃんは思い出します。
(N08_hika) はい
(NO_GM) 今週は君が「しいく係」で、学校みんなで面倒を見ているうさぎの世話をする係だと。
(NO_GM) ちょっとだけ寄り道をすることになりますが、様子を見ておきますか?
(N08_hika) はい。不要とは思いますが、念のため
(NO_GM) はい、では・・
(NO_GM)  
(NO_GM) ~うさぎ小屋~
(NO_GM) 文字通りのウサギ小屋ですが、夏ということもあり少し、もといかなり異臭がしますね
(NO_GM) どうやら前の当番は敷いてある草や糞の世話もなおざりにしていたようです
(NO_GM) この場で掃除するのは大変でしょうね。放課後なりにやるにしても一人では大変かもしれません。
(N08_hika) 【ひかる】(清掃が足りてない。前の子たちは、いったい何を。今日の放課後一日で終わるだろうか)清掃計画を立てていきます
(NO_GM) はい、ではついでに。
(NO_GM) 様子を見ると、白いウサギとマーブル模様のウサギと・・ちょっと大きいボスっぽい白兎がいますね
(NO_GM) どれもあまり世話をされていないようで毛並みもばさばさ、はっきり言うと不潔な印象です
(N08_hika) 【ひかる】(お人よしを四、五人見つければ、何とかなるか……しかし、ウサギ自体が汚れてる。連れ帰って風呂に入れるわけにもいかないし。)姉がいろいろ拾ってくるのに、世話をしないので、ある程度は動物に慣れています。
(NO_GM) なるほど、納得ですね。
(NO_GM) ではその汚れたうさぎたちは怯えた様子で君を見ています
(NO_GM) ずっと閉じ込められて、世話をする、と外にも出してもらえないのですから当然ですね。
(NO_GM) 飼い殺しとはこのことです。
(NO_GM) もっとも外に出たとして生きていけるような場所も君には心当たりもありませんが
(N08_hika) いきなりどうこうしてもおびえが取れるとも思えないので、できることからコツコツしていこうと思いつつ。そのあたりの草を、なんとなく毟って網の隙間から
(NO_GM) ではマーブル模様のがおずおずと近づいて。
(NO_GM) ふんすふんすと鼻先を突き出して、君の手の匂いを嗅いでいますね
(NO_GM) 大きいのはふてぶてしい様子で君をじっと見つめている。心なしか眼光が鋭いし顔に傷もあるような(笑
(N08_hika) 動かさないでじっとします。年齢にふさわしい、柔らかい表情でウサギを見ています
(NO_GM) では茶色の混じったマーブルのほうだけが君の手を舐めて、上目遣いのまましっぽをぴくぴくさせています。
(N08_hika) なめられるに任せて、心の中で勝手にウサギたちに名前をつけます。
(N08_hika) キング、ブチ、白、ちび、赤目、なんのひねりもありません
(NO_GM) はい、ともあれうさぎたちはキングを除いておずおず網に近づいて君を見つめています
(N08_hika) 【ひかる】「あ、時間。」パタパタと手を振って教室に戻ります
(NO_GM) ではそんな君を見送るようにうさぎたちはしっぽをぴこぴこさせて。キングだけが横目で君を見つめて・・
(NO_GM) (へっ、ちょろそうなガキだぜ)とも取れる、そんな表情をしていた
(N08_hika) 【ひかる】「♪♪」ヒロインのことで沈んでいた心が、少し浮き浮きしながら帰ります
(NO_GM) だが、その情けがあんなことになろうとはこの時の君には夢にも、夢にも・・
(NO_GM) (というわけで次のシーンです
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) ◆ミドル1
(NO_GM) そんなわけで授業も終わってお昼になりました。
(NO_GM) 放課後ですととっとと帰る子も多そうなので何か提案するなら今でしょう、と言うことにしておきます。
(N08_hika) 【ひかる】「ねぇねぇ。」お人よしそうな友人を数人集めて話しかけます。
(NO_GM) うしくん「なんだよ樹山」かわずくん「僕たちになにかようかい」気のよさそうなその・・動物的なほのぼのしたツラの男子ですね
(NO_GM) うしくんは本名牛山。かわずくんは川津ですがカエル面のためかえるって呼ばれてる
(N08_hika) 【ひかる】「裏庭のウサギがね……」自分が飼育当番になったけれども、困っていることを素直に話して。とりあえず、一人の同意を得たら、2人がかりでもう一人を説得……方式でなるべく大勢を説得に
(NO_GM) うしくん「そうなの?いいよう。かえるくんもいいよね?」「うしくんがいうなら仕方ないなあ」あっさりと二名ゲット。
(N08_hika) 【ひかる】「うしくん、かえるくん、ありがとうございます」ニコッと微笑んで
(NO_GM) かがみちゃん「ふーん?委員長って動物好きなんだっけ?」たまきちゃん「いいけどー、服が汚れないならOKよ」お人よしかは微妙ですが、まあ暇そうな友人も話に入って来ました
(N08_hika) 【ひかる】「うさぎはね……」うさぎのかわいさを力説。
(NO_GM) かがみちゃん「寂しいと死んじゃうんだ・・そうね、それは・・慰めてあげないと」「でもいただくものはいただくわよ」
(NO_GM) そう言ってなんか給食のあまったプリンに視線を送っています(あることにしてほしい)
(N08_hika) 【ひかる】「たまきさん、プリン好きでしたよね。今日は私食欲がなくて。」
(NO_GM) たまきちゃん「わーい、委員長って話がわかるから好きよ☆」とさっくり引っかかり
(NO_GM) これにて四名ほど確保できました。
(N08_hika) 途中で気が変わらないように、しっかりクラスの皆の前で約束。
(NO_GM) ではそこで、ドアの開く音がして。「あらあら。楽しいお昼の時間に何のお話?」
(NO_GM) 最近産休でお休みの丹羽先生の代わりにやってきたグラマーな金髪の先生
(NO_GM) エリス先生がお話に加わってきました。
(N08_hika) 【ひかる】「エリス先生、こんにちは。」ぺこりと子供らしく頭を下げて、その後かくかくしかじかと事情説明。4人が手伝ってくれるので、とても助かるということも。
(NO_GM) 【エリス】「樹山さん、えらいわ。そうね・・先生はちょっと忙しいけど・・お手伝いぐらいならしてあげる」なんというか大人の女性の香りというか妖艶さが漂ってくる人です
(N08_hika) 大人の妖艶さが少し苦手。前回のダークヒロインを思い出すような……
(NO_GM) 【エリス】「それじゃあ放課後、掃除の用具を用意しておいてあげるわ」というと華の香りをさせて・・
(NO_GM) というところで魔力判定どうぞ。難易度は8
(N08_hika) 2d6+2
(kuda-dice) N08_hika -> 2D6+2 = [5,5]+2 = 12
(NO_GM) ばっちりですね。では彼女の香水からほんの少し、なにか精神に訴えかけるようなものを感じました
(NO_GM) なにかのにおいを隠しているような
(N08_hika) 【ひかる】「……?」魔法?魔物? 必要ならば、排除しなければならないかなどと考えつつ
(NO_GM) 【エリス】「どうしたの、樹山さん。先生の顔、なにかついてる?」にっこりと向日葵のように笑って君の顔を覗き込んで
(NO_GM) その香りがいっそう強く君の鼻腔を刺しますね
(N08_hika) 【ひかる】「いえ、な、何でもないです」いつものように気の利いたことも言えず。
(NO_GM) 【エリス】「そう、ならいいの。それじゃあ放課後・・ね」くふっと笑いながら先生は去っていきますね
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) ◆マスターシーン
(NO_GM) 放課後の少し前、彼女は足早にうさぎ小屋を目指す
(NO_GM) (勘のいい子ね、あの子もやっぱり・・これは、少しいたずらしたくなってきたわ)
(NO_GM) おとなしいまじめな委員長の顔を思い出しながらほくそえんで、小屋の前に立つ
(NO_GM) 「さあ、うさぎさんたち、いまからご飯の時間ですよ、ただし・・」餌は餌でも餌食、だけど。
(NO_GM) そう言って、怯えるうさぎたちに、甘い濃厚な香りを解き放っていくと・・
(NO_GM) 大人しいうさぎたちが転げ周り始めて、ただ、大きなうさぎだけは動じずに睨み返すが・・
(NO_GM) 「見所のある子ね、あなたには特別に・・」直接手を伸ばして、何事かをささやくと
(NO_GM) 大きなボスうさぎの身体に妖しい力が満ちて行き、その目が紅を超えて真紅に代わっていく・・
(NO_GM) 「これであとは、みんなを迎えるだけね☆」樹山さん、よろこんでくれるかしら。
(NO_GM) そう笑う、彼女の顔は淫猥な愉悦に満ちていました
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) ◆ミドル2
(NO_GM) ”うさぎ狩り”
(NO_GM) そんなわけで君たちは、エリス先生と待ち合わせた通りにうさぎ小屋にやってきました
(NO_GM) 【エリス先生】「待ってたわ、樹山さん、はい、これお道具」先生は手伝えないけど、ごめんなさいね、と言いながらバケツやスコップを貸してくれます
(N08_hika) 【ひかる】「先生、わざわざ有難うございます。私が取りに行くべきところでしたのに……」
(NO_GM) 【エリス先生】「いいのよ。これぐらいしか出来ないもの。ただ・・気をつけてね」そう言って笑うと
(NO_GM) 【エリス先生】「この子達ちょっぴり機嫌が悪いみたい。逃げ出したりはしないと思うけど・・ね?」先生も一応見ていてあげるから、と小屋の扉を開けますね。
(N08_hika) 【ひかる】「はい、ありがとうございます。」警戒しているつもりで、しかし子供なのか、のこのこと小屋に。
(NO_GM) ではうしくんたちも小屋に入ったところで。
(NO_GM) 2d6+8
(kuda-dice) NO_GM -> 2D6+8 = [5,4]+8 = 17
(NO_GM) 知力判定をどうぞ。
(N08_hika) 2d6+7
(kuda-dice) N08_hika -> 2D6+7 = [4,6]+7 = 17
(NO_GM) 《魔淫の宴》のような香りが漂いますが”君は”辛くも耐え凌ぎました
(N08_hika) 【ひかる】「……この匂い、なに?」嗅いだ事のない香りに、周囲を見回して
(NO_GM) ですがうしくんたちは・・「うう、身体が変だよう」「なんだかむずむずする・・樹山あ、なんとかしてよ」さらにはその淫臭で・・
(NO_GM) たまきちゃん「あ、あ、なんだか下着が・・じゅんってする」
(NO_GM) かがみちゃん「暑いわ・・早く済ませて帰りましょう・・」なんだかしっとりした表情でスカーフを緩めて。ちょっと成長の早い彼女の姿は同性から見ても艶かしく映ります
(NO_GM) みんななんだかおかしな様子ですが、それよりも・・
(NO_GM) がちゃん。
(NO_GM) 背後でそんな音がすると、足音が去っていく気配がします
(N08_hika) 【ひかる】「っ!? 先生!!」
(NO_GM) 答えるものはなく。どうやら君たちはこの狭いうさぎ小屋に閉じ込められたようで
(NO_GM) さらには、その奥に・・なにか、大きなものがうずくまっているのに気づきます
(NO_GM) それは・・ああ、うさぎ・・というにはあまりにも異形で・・
(NO_GM) 具体的には人間並みに大きく、股間はそれ以上に滾らせていて・・信じられないサイズで痙攣するように脈打っている
(NO_GM) 「ひいっ、な、なんなのあれ!」「出ましょう、こんなところいられないわ・・」慌てて逃げ出そうとする少女たちですが、扉は鍵が掛かっていて。
(N08_hika) 【ひかる】「……!!」 一歩後ずさり。友人たちに変身を見られてよいものかと一瞬迷うも……ブレスレットに力を注ぎ
(N08_hika) 変身OKですか?
(NO_GM) OKです。アクトをしておいてもいい
(N08_hika) ブレスレットから増幅された力が反射される。制服はそのままに、ブレスレットが黒いグローブに変化する。グローブの甲には重そうな金属塊が。
(N08_hika) そして<耳年増> 
(NO_GM) うしくん「ひ、ひかるちゃん?」かえるくん「・・か・・」
(NO_GM) かえるくん「・・かわいい・・それ、何のアニメの?」どうやら変わった趣味の持ち主のご様子
(N08_hika) 【ひかる】(うさぎは他の生き物の何倍も性欲が強いという。もしも負けてしまったら……)
(NO_GM) といいつつ男子二人も前をテントにしていますが。
(NO_GM) そこにさらに。
(NO_GM) 【??】「いけないわ。うさぎちゃんたち・・今日は、あなたたちが飼われる番なのに」にげたらだ☆め☆と明るい声が響いて。
(NO_GM) 網の向こうには、見たこともない破廉恥な衣装の赤毛の派手な女性がいました
(N08_hika) 【ひかる】「……!」無言で腕を振るうとワイヤーの尾を引いた分銅が飛び、網ごとその女性を撃ちぬこうと
(NO_GM) 【??】「でもそうねー。そっちの変身ヒロインさんを飼育してくれたら、あなたたちは助けてもいいわよぅ?」にっこり笑って手を翳して
(NO_GM) 《記憶操作》
(NO_GM) 【??】「―ほら、そこにいるのは可愛い服を着たうさぎちゃん。好きにしていいのよ?首輪をつけたりおトイレさせたり可愛がってあげて・・」その声が君の友人の心に染み渡って・・
(NO_GM) うしくん「ああ・・たしかにこれは」「うさぎだね、かわいいコスプレの」
(NO_GM) 「そ、そうかしら・・でも」「うさぎなら仕方ないわね」
(NO_GM) みんな抵抗をやめて、君を遠巻きにしています。
(NO_GM) そして、分銅は確かに網を貫きかけますが・・がばあと。
(NO_GM) 割って入った巨大な獣に噛み止められます
(NO_GM) ひときわ大きいそれは・・ウサギ、だがただのウサギではない
(NO_GM) まさにキングと呼ぶべき巨大な身体と逸物を備えています
(N08_hika) 【ひかる】「……気持ち悪い。」どこか悲しそうな声で呟いて……
(NO_GM) そんな君をよそに、獣たちは君を取り囲んでくる・・もしも逃げれば、背後の少女二人が犠牲になるのは疑いない
(NO_GM) さらに止めを刺すように。その中には・・マーブル模様の兎もいるのを君は認めました
(N08_hika) 【ひかる】(べつにクラスメイトを守りたいとかではないけれど……壊す!!)悲しみが怒りに昇華して
(NO_GM) 【??】「がんばってねー”ひかるちゃん”。負けたらうさぎちゃんのお嫁さんよ☆」
(NO_GM) そんな笑い声が響くと・・
(NO_GM) 獣たちが、一斉に襲い掛かってくるぜ
(NO_GM) では
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) ◆クライマックス
(NO_GM) ”ヒロイン狩り”
(NO_GM) [ラビットキング(3)、ラビットF(2)x3][PC]
(NO_GM) というわけでここは純粋に戦闘ですが何かあれば今のうちに
(NO_GM) (ポーズだとか見得を切るとか
(N08_hika) 【ひかる】「……」無言でグローブをギュっギュっと
(NO_GM) では戦闘でいいかな?
(N08_hika) はい!
(NO_GM) そちらからです。どーぞ
(NO_GM) こうだった
(N08_hika) 【ひかる】「……壊れろ!」 いきなり最大火力をラビFに
(N08_hika) 3D6+1+7 マルチプルスナップ+ライトニングヒット+オーバーライト・レッド
(kuda-dice) N08_hika -> 3D6+1+7 = [2,4,4]+1+7 = 18
(NO_GM) それは素で耐えた
(N08_hika) 3D6+1 マルチプルスナップ+ライトニングヒット 同じ相手に
(kuda-dice) N08_hika -> 3D6+1 = [2,5,5]+1 = 13
(NO_GM) だがしかし。キングが容赦なくシールドして12と6づつ戴きましょう
(N08_hika) 一撃目は炎、二撃目は雷です
(NO_GM) 属性はなし、でどっちも6点軽減ね。
(NO_GM) では反撃。ボスは控えめにアタック。
(NO_GM) 2d6+6
(kuda-dice) NO_GM -> 2D6+6 = [2,6]+6 = 14
(N08_hika) よけようとして<秘密の花園>。しかし腰が飛びます
(NO_GM) OK、どうぞ
(NO_GM) 「わっ、う、うさぎちゃんの・・」「いっぱいはえてる!?」目を覆いながらその卑猥な姿にどきどきする男子たち
(N08_hika) 【ひかる】「……」下着が見えるのもかまわず、飛びすざる。露わになる真っ白なショーツ。しかし、回避は間に合わず、制服のスカートを、びりっと切り裂かれる
(NO_GM) OKかな?では手負いの兎のアタックだ!赤目とまーぶるがさらに歯を剥いて襲い掛かるぜ!
(N08_hika) はい!
(NO_GM) 2d6+6
(kuda-dice) NO_GM -> 2D6+6 = [4,4]+6 = 14
(NO_GM) 2d6+6
(kuda-dice) NO_GM -> 2D6+6 = [4,1]+6 = 11
(NO_GM) 実はほぼ同性能。
(N08_hika) 順番が!胸が壊れて<小さすぎる胸>、2つ目をHPに残24
(NO_GM) は、アクトはありますか?
(N08_hika) 2つめに<汚された眼鏡> <汚された肢体>
(NO_GM) 「ひゃあ!おっぱい・・でもちっちゃいね」「でもどきどきするう。・・も、もうがまんできないよ」ああ、奮闘する君にしかし、襲い掛かるのは・・
(N08_hika) 【ひかる】「~~~~っ」クラスメイトの目にさらされる屈辱。えんぜ君が記憶操作可能なために、今日来た4人は命拾いするのかもしれない
(NO_GM) そんなことを考える君の手を、男の子たちは押さえつけて・・
(NO_GM) 「すべすべだ・・」「うさぎちゃんなのに、いやらしいなあ」そっとその君の手にじいいとチャックから出した物を握らせて
(NO_GM) 生暖かいペニスの感触が君の手に伝わり・・ごし、ごしと手淫をさせられてしまいます
(NO_GM) それにおののく暇もなく・・獣のペニスが、君の股間からおなかにこすり付けられる。どうやらサイズが違いすぎて入れにくいらしい・・
(NO_GM) その間にも君の左右の手は男の子たちのものを握らされて・・顔の前でそれが前後するのを見せ付けられます。
(NO_GM) 「うさぎちゃんのめがね・・」「かけてもいいよね?うさぎなんだし」ごしごしと擦り続けるそれが、鼻先で震えて、先端が眼鏡にこつこつ当たり・・
(N08_hika) 【ひかる】「覚えていろ……かえるっ!うし!!絶対に、許さない!すぐには離れろ!!」押さえつけられたまま叫ぶ!しかし視線は初めて見る同級生のモノに釘つけになり。
(NO_GM) 獣のペニスは、君のおなかと、お尻にごりごりとこすりつけられて、尻たぶやぴったり閉じたすじをなぞられてしまいます
(NO_GM) 挿入こそされないものの大事な性器を、肛門を兎に擦りたてられて・・
(NO_GM) 「う、うう、こわいなこのうさぎちゃん・・」「いいよ、うさぎなんだし・・ほら、しつけだと思えば」
(NO_GM) 怯えた様子で、それでも君の手を握って・・ついに
(NO_GM) ペニスが鼻先に当たり、左右から眼鏡を叩いて・・ああ
(NO_GM) 先端からどろりとした液が漏れて「ううっ・・うさぎちゃんに、で、でるう!」「うさぎめがねとおかおにかけるよう!」
(N08_hika) 【ひかる】「~~~っ!!」肛門をこすられると恐怖がよぎる、しかし、その恐怖もどこか甘美で、体がぽっと熱くなる。
(NO_GM) ごしごしと、君の手は二人のペニスの手まんこにされて・・ついにその手の中でびくびくと少年の青臭い精液が・・
(NO_GM) どびゅるっ・・!!
(NO_GM) 青臭い液体が、君の鼻先で放たれて、びちゃ、びちゃちゃっと鼻腔までも汚して犯して・・
(NO_GM) 「うさぎちゃんの鼻に、かけちゃった・・気持ちいい・・!」ずりゅ、ずりゅっと鼻面から顔全体に精液を塗りたくって
(N08_hika) 【ひかる】「ひっ!!」初めて浴びる、白濁液。その驚きが恐怖の悲鳴を上げさせ、ひかるのプライドを傷つける。同時に激し怒りがわき……
(NO_GM) 「うさぎめがねがどろどろだ・・うさぎちゃん、真っ白だよ、めがねまっしろだあ」いかれた顔で、うれしそうに君の眼鏡に精液を浴びせる少年たち
(NO_GM) その間にも君の股間のうさぎのものは異常なサイズでありながらきみの筋と肛門をごり、ごりと抉りかけて・・このままでは獣に犯されてしまう・・!
(NO_GM) そんな恐怖さえ感じる強引なピストンがお股に叩きつけられてくる
(N08_hika) 【ひかる】「……離れろと、言ったはず!!」 両手の指に力を込める。ゴキリ、ゴキリ!嫌な音をたてて
(NO_GM) 「うさぎちゃん、きれいだよ」「ああ、なんだかひかるちゃんににてるけど・・ひぎぃ!?」
(NO_GM) その抵抗に身を折る少年たち
(NO_GM) というところで次のターンです。いいかな?
(N08_hika) 【ひかる】「っうぁ」えぐられかけた秘裂は、このシチュエーションにいつの間にか愛液をこぼし。しかし身をよじるようにして
(N08_hika) マルチプルスナップ+ライトニングヒット+オーバーライト・レッド 先ほどの相手に
(N08_hika) 3D6+1+7
(kuda-dice) N08_hika -> 3D6+1+7 = [5,5,3]+1+7 = 21
(NO_GM) と、確認
(NO_GM) 12受けてるのと6受けたのがいますがどっちにかな
(N08_hika) ??同じ相手に攻撃していた気が?
(NO_GM) あ、二体いるので。
(NO_GM) 同じでいいなら12のほうに21と。・・どうせ落ちるからいいな。Aは落ちました
(NO_GM) 二回目どうぞ
(N08_hika) マルチプルスナップ+ライトニングヒット+ラストシュート
(N08_hika) 8D6+1
(kuda-dice) N08_hika -> 8D6+1 = [3,1,4,5,6,4,2,5]+1 = 31
(NO_GM) OK、では一応シールド・・は意味ないな、こちらも落ちる
(N08_hika) もう一体のらびFです
(NO_GM) ではついにキングの出陣です。・・まあ普通にアタックだ!
(NO_GM) 2d6+6
(kuda-dice) NO_GM -> 2D6+6 = [5,1]+6 = 12
(NO_GM) 【キング】「・・・」無言でてしっと殴りかかってくるぜ
(N08_hika) 防御とか、何もないのでHP12です<菊辱><プライドの崩壊><罵倒>
(NO_GM) 後ろ二つはセルフですね。では、参ります。
(NO_GM) 君はその獣に打ち倒されて、地に這い・・その巨大なものが、自分の股間にあてがわれたのに気づく
(N08_hika) 【ひかる】「死ね!死ねばいいのに!!」半分泣きながら、必死に押しのけつつ叫ぶ
(NO_GM) 【??】「あらら。もう終わり?そのままだと子種つけられちゃうわよ?」
(NO_GM) くすくすと笑う声がして、続けて囁く
(NO_GM) 【??】「いいの?ごめんなさいして、泣いて謝ったら・・そうね、違う穴で済むかも?」
(NO_GM) 君に屈服して情けを請えと、屈辱的な提案をしてくる
(NO_GM) 【キング】「・・・」その間にも獣は本能に従い雌穴を開こうとぐり、と君の股間に人間よりはるかに長大になったものを押し当てる
(NO_GM) 「う、うさぎちゃんがうさぎに・・」「うさぎまんこにうさちんぽが・・?」
(N08_hika) 【ひかる】「うるさい!うるさい!!絶対倒す、負けないんだから!!」必死に身をよじって挿入位置をずらす
(NO_GM) 固唾を呑みながら、再び勃起させて、這い蹲る君の目の前でかぶりつきながらペニスをしごく二人・・
(NO_GM) 精液で曇る眼鏡の向こうで、自分がオナニーのおかずにされている、あわれな雌うさぎでしかないのを感じてしまいます
(NO_GM) 「ねえ、うさぎちゃん・・」その頬に、彼の手が触れて
(NO_GM) ぱしり、と音が鳴ります
(N08_hika) 【ひかる】(いやだ、中に入られるのはいやだ!!)以前に粘体に体内に侵入された恐怖がよみがえる。しかしこすられるうちにしっかりと性器は濡れて
(NO_GM) 平手を打たれた、と気づくまで少し間があって
(N08_hika) 【ひかる】「……ひっ!」思わず悲鳴をもらし
(NO_GM) 「ダメだよ?うさぎちゃんはうさぎなんだから、うさぎとするのが一番だよね?」
(NO_GM) そう言って、君の鼻先にペニスを差し出して見せ付ける
(NO_GM) 「そうだよ。言うこと聞かないと・・」ぐり、とあろうことか
(NO_GM) 君の耳に、鼻にそれがあてがわれて
(NO_GM) 「こっちの穴も処女喪失だよ?」「うさぎちゃんは発情うさぎだからね、もうとっくに処女じゃないんでしょ?」
(NO_GM) 左右から、くるった目をしたクラスメイトが君を脅迫してくる・・
(NO_GM) 彼らは本気だ、とその目を見ると一瞬で実感できます
(NO_GM) そうこうする間にもめり、めりと君の股間には獣が逸物を押し当ててきて・・
(N08_hika) 【ひかる】「っっ~~」 ほのぼのとしたクラスメイトだったはず。二人の豹変ぶりに日常がガラガラと崩れていくような恐怖を覚える。
(N08_hika) 肉体の恐怖、精神の恐怖。二つの恐怖にさいなまれて……
(NO_GM) 【??】「はあ。・・カウントダウンでーす。貫通式が済んだら全員のをまとめてひかるちゃんの両穴にぶち込んで、がばがばのゆるゆるにしたら・・そうね」くすくすと笑って
(NO_GM) 【??】「明日から学校で飼われる雌兎になってもらって、みんなのお世話で種付けショー☆どう?どきどきしない?」
(NO_GM) 背後から聞こえる声は、それ以上に狂気に満ちていて・・だが
(NO_GM) 目の前の二人以上にためらいなくそれをするだろうことは、判った
(NO_GM) 「うん、しかたないよね」「このうさぎちゃんは悪いはつじょううさぎなのにいうことを聞かないんだもの」
(N08_hika) 【ひかる】「ひっっ。」自分以外すべて敵。ふだんから信じる友もいないひかるにとって、ここで心を強くする要素はない
(NO_GM) そういう二人が逸物を君の”穴”に抉りこむように・・
(NO_GM) 「ひ、ひい・・」「変態・・なんなのあの子・・ひかるって、あんな・・」
(NO_GM) 音沙汰なかった二人も怯えきった様子で君を見下ろして・・
(NO_GM) ――気持ち悪い、変態、変態のきちがいうさぎ・・!
(N08_hika) すがる相手を求めて周りを見る。しかし、拒絶の視線に合い、顔がうなだれる
(NO_GM) 吐き捨てるように言って、目をそむけます
(NO_GM) 【??】「それじゃあ、さーん・・」指が折られる
(N08_hika) 【ひかる】(誰もいない、誰も助けてくれない)一瞬姉の顔が脳裏をよぎるが振り払って
(NO_GM) 「さ、うさぎちゃん」「今なら間に合うよ?」
(N08_hika) 【ひかる】「……」否定の言葉を返せない
(NO_GM) ごめんなさいって言って、どこに入れて欲しいか言えばゆるしてもらえるのに、と囁きながらペニスが君の耳と、鼻に擦り付けられて・・
(NO_GM) すぐそばに落ちたコンパクトに映る君の姿は、獣に犯されかけて、友達に顔面をチンポで嬲られる・・ひどくぶざまな精液まみれの・・
(NO_GM) うさぎ。あわれなめすうさぎがそこにいた・・
(N08_hika) 【ひかる】(だめなのかな、もう、謝るしかないのかな……)
(NO_GM) 【??】「にーい・・」ごりり、と君の股間に異形のものの感触が伝わる
(NO_GM) 【??】「いーち・・もうゼロでいっか。」飽きたように、指が鳴らされて
(N08_hika) 【ひかる】「ご……な……い。」
(NO_GM) 【??】「それじゃ、種付けのお時間・・んん?」ひどくうれしそうに耳をそばだてる
(N08_hika) 【ひかる】「まって、きちんと言いますから!!」
(N08_hika) 【ひかる】「ごめんなさい、お願いします、ひかるのお尻にうさぎのおちんちん入れてください!!ごめんなさい、ごめんなさい!」ぽろぽろと泣きながら哀願する
(N08_hika) 突然の宣言にこらえていたものすべてが飛ぶ。
(NO_GM) 【??】「よく聞こえなかったわあ。・・あれ?あんなに強がってたのに謝っちゃうんだ?」くすくすと笑って見下ろして
(N08_hika) 自分でもわからないうちに必死に叫ぶ!!
(NO_GM) その影が、網を通り抜けて近づいて。
(N08_hika) 【ひかる】「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。」
(NO_GM) 【??】「必ず倒して、負けないんじゃなかったの?それってかっこ悪くない?」そう言うと靴先で
(NO_GM) 挿入されかけていた膣を、ごつ、と蹴る
(NO_GM) 【??】「こんな使い込んだ穴に入れられるのがいやで謝っちゃうんだ?みっともなあい・・そうね」
(N08_hika) 【ひかる】「ひっ!」恐怖のあまりじょろじょろじょっと失禁しながら、パクパクと口を動かす
(NO_GM) 【??】「それじゃ、おまけしてあげる。そのこたちのね・・」二人の男子を指しながら
(NO_GM) 【??】「おちんちんにいたいことしてごめんなさいって、謝りながらペニスにキスしてあげて☆」
(NO_GM) 君の顔を嬲るペニスの持ち主たちは、穏やかな顔で「そうだね」「それができたら・・じゃあ、謝りながらありがとうしてキスして?」
(NO_GM) 君の顔に左右からそれを差し出してくる
(N08_hika) 【ひかる】「……ごめんなさい。」チュッとペニスにキスをして、もう一方にも唇を寄せる
(NO_GM) 「・・ぅ、ウソ」「変態よ、あの子・・」怯えた声が君の背を叩き
(NO_GM) 二人のペニスは祝福するようにきみのまえでぴゅる、と汚濁をこぼして・・
(NO_GM) 「これでうさぎちゃんはりっぱなめすうさぎだ」「それじゃあ・・」
(NO_GM) 【??】「はい、約束どおり・・おしり、がばがばになるまでウサギちんぽに引っ掻き回して貰いなさい~」あくびをしながら指を鳴らすと
(NO_GM) ぎゅぶぶううっ!!
(NO_GM) 性交のための器官ではないそこを、拡張し、引き裂きながら獣のものが押し入り、穿って、血を滴らせる・・
(NO_GM) ぐりゅ、ぐりゅと獣は種をまいても意味もないそこに、ただ獣欲を満たすために肉を叩きつけて・・
(NO_GM) 巨体の圧倒的な重量に、ひかるの小さな身体は地面に叩きつけられて、背骨まで折れ曲がりそうに蹂躙される
(N08_hika) 【ひかる】「……ぎっ、ぐぐっ」悲鳴をもらす。しかし警棒よりは柔らかく、苦痛を快楽と錯覚するすべを知る体は、熱い吐息をもらし
(NO_GM) 「かわいそうに・・」「でもがまんだようさぎちゃん」二人のクラスメイト・・いや”飼育係”が君の手を押さえつけて
(NO_GM) 肩を支えるとゆさゆさと揺さぶり、獣のピストンにあわせて、君をグラインドさせる
(NO_GM) そのたびに、激痛が走り、肛門を拡張されて・・びちゃ、びちゃっと血が小便のように滴り、うさぎ小屋に精液と血の池を作っていく・・
(NO_GM) 【??】「―つまんない子。もうちょっと抵抗すれば面白かったのに・・」そう言うと兎のペニス袋にされている君のおなかをこづいて
(N08_hika) 【ひかる】「ひぅっ、ふぁぁあ、ひぃ、ああ」体に触れる友人の腕。意図するところは違えども、支えてくれていることが嬉しくて
(NO_GM) 【??】「ねえ、おもらしして、ウサギチンポおねだりして、お友達に変態呼ばわりされてさ・・」くすくすと笑って、囁く
(NO_GM) 【??】「―そこまでして我慢して、生きてて楽しい?」ぴちゃ、と生ぬるい舌が君の顔を舐めて、眼鏡を外す
(N08_hika) 【ひかる】「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」その声に反応して壊れた人形のようにつぶやく
(NO_GM) 【??】「―あ、っは。そういう子か・・いいわよ、うさぎちゃん」
(NO_GM) もういいの。もう誰もうさぎちゃんを怒ったりしないわ・・と
(NO_GM) 優しい声が頭を撫でてくれます
(NO_GM) 【??】「もう泣かないで。ほら、あなたを大好きな人がこんなにいるのに・・」と
(N08_hika) 【ひかる】「……?」 恐怖の対象が自分をなでてくれることに戸惑い
(NO_GM) 君のアナルを犯す獣と、腕を捕らえる飼育係を指し示して
(NO_GM) 【??】「みんな、あなたのために、あなたを可愛がってくれてるのよ?答えてあげたいと思わない?」
(N08_hika) 【ひかる】「……」うつろな輝きのない瞳をあげる
(NO_GM) その背後では怯えた少女たちが彼女の視線を受けて「は、はい・・」「わたしたち、うさぎちゃんが、大好き・・です」
(NO_GM) その左右では、うしくんが「そうだよ、うさぎちゃん」
(NO_GM) かえるくんが「うさぎちゃんはかわいいみんなのうさぎなんだから。いい子にしていればみんなうさぎちゃんを好きになるよ」
(N08_hika) 【ひかる】「みんなが、ひかるを好きになるの??ひかるはいい子にしてたよ。」どことなく、姉と似通った舌足らずなしゃべりになり
(NO_GM) その間も、肛門を広げるウサギのペニスはひかるを貫きゆさゆさと揺らして
(NO_GM) ゆるやかに、その小さなアナルを広げてじわりと拡張の快楽が染み入り始める・・
(NO_GM) 「じゃあ、もうみんなひかるちゃんのことが好きだよ、きっと」
(NO_GM) 「そうだね。ひかるちゃんはいいうさぎだもの」
(N08_hika) 【ひかる】「ふぁぁ?」痛みだけではない刺激に吐息をもらす。痛みだけでも快楽と変換しかけていた体は、その刺激を貪欲に受け入れ。
(NO_GM) もうここには人間はいない。いるのはただ・・獣だけ。
(NO_GM) やがて獣の抽挿がゆるやかになっていき・・腸内で、なにかが恐ろしいほど膨れ上がっていく・・
(N08_hika) 【ひかる】「あぁ……んぁっ……ふぅぅぅんっ!ひぁあ」 もはや快楽にがくがく震え、性器からもおびただしい液体をこぼす。突然大きくなる刺激に呆然とあたりを見回して
(NO_GM) 答えるように、それは、来た
(NO_GM) ぢゅ、ぶびゅぼっ・・!!
(NO_GM) 爆発、噴射するような獣の汚濁の精液が流し込まれて、一息にひかるのおなかを満たして・・
(NO_GM) 射精されながら肛門はめくりかえるほど犯されて、精液の濁流は見る見る間に、胃にまで流れて、満ちていく・・
(N08_hika) 「んんっぅ……ひゃぁいあぁ~、ひぁゃぁ、ふやゃ~~~~~~!!」生まれて初めての刺激に高まる。
(NO_GM) せり上がるような、文字通り精液の逆流がひかるの腸内から腹部へとポンプのように流し込まれて・・
(NO_GM) 君は、うさぎであり、同時に生きたペニス袋であり、獣の欲を満たす肉管にされていくのを全身で、脳髄にまで感じます・・
(NO_GM) 【??】「かわいいうさぎのひかるちゃん。・・喋れるうちにお返事どうぞ。そのままだとすぐにお口も精液吐き出すだけになっちゃうわよ?」そう言ってやさしく頭を撫でて
(NO_GM) ―もう、我慢しなくていいのよ、と、薔薇の香りの悪魔は囁いた
(N08_hika) 【ひかる】(すごい、壊れる、ひかるがなくなる)途切れそうな意識が白く染まり、絶頂を知らない体は、あとひと押しを求めてびくびく震える
(NO_GM) そして悪魔は、君の花芯をやさしくなぞり・・尖ったそれを探り当てて
(N08_hika) 【ひかる】「お、へ…んじ?」
(NO_GM) きゅむ、と一息に淫核を剥いて、擦りたてながら問う
(NO_GM) 【??】「そう。わたしたちみんなのうさぎになって、ずっと可愛がってもらうの・・どう?」くり、とクリトリスを弄りながら
(NO_GM) ―そしたら毎日こんな風に気持ちよくしてあげる、と耳を食む
(NO_GM) そういう間も獣の精液は、胃から、ごぼりとあふれ出すほどで・・言葉どおりもうじきのども精液があふれる・・、そう。
(NO_GM) 君はおしりで精液を飲んで、口からひり出すうさぎになるのだろう
(N08_hika) 【ひかる】「ひぃぁ~~~~ぁ~~~っっ~~~~」 初めて感じる快楽の極みに、心はすでに堕ちている。うさぎになってずっとかわいがってもらいたい。そんな気持ちがあふれているが、快楽に染まってまつ毛の一本も自由にならないひかるには、それを伝えるすべもない。
(NO_GM) 【??】「うん、って言えばすぐになれるわ。・・わたしの名前はシェリス」そう言いながら、きゅむっと淫核をつねり
(NO_GM) 【??】「・・OKっていうこと?」くすくすと笑いながら、精液まみれの君の顔に、むしろその穢れを愛するように、キスをする
(NO_GM) 【シェリス】「そうよね。それじゃ・・」いっちゃいなさい、とはさみつぶすように、クリトリスを強く抓り、捻った・・
(N08_hika) 【ひかる】「ひぎぃ、あぁ~~あ~あ~~~っっ~」苦痛を混ぜ込んだ快楽。さらなる高みに押し上げられながら、痴呆のようにただ呻く。
(N08_hika) ひかるの心にしみわたる苦痛と快楽。脳の回路に切っても切れない連結を作られながら、絶頂の刺激にぶるぶると震える。
(NO_GM) 「ひかるちゃん・・かわいい」「気持ちよさそうだよね」男の子たちも君の薄い胸を揉んで、先端をくにくにと弄ってくれる
(NO_GM) 君は無数の手と獣のもので断続的な、頭の焼ききれそうな快楽を何度も何度も味合わされては、時折痛みに覚醒させられて・・
(N08_hika) 【ひかる】「う、うごっ、ごふぅ。」 口元から唾液がこぼれる。喉までせりあがってきたものが、口に逆流し始めた。皮肉なことに、その不自然な刺激がひかるの意識をつなぐ。
(NO_GM) いつしか、君の頭には耳がつけられて。おしりにもしっぽが貼り付けられている
(NO_GM) 「ほらうさぎちゃん、がんばって」「キングはまだまだ出せるって」ゆさゆさと胸を責められながら兎のペニスに串刺しにされ射精されつづけるひかる・・
(NO_GM) 【シェリス】「あはは、かわいい・・(ちょっといたぶるだけのつもりだったけど、これは本当に飼っちゃおうかしら)」くすくすと笑う悪魔は、そんなひかるの未来を思い描いて
(N08_hika) 【ひかる】「…かわいい??」 呆然と眺める自分につけられたかわいらしい装飾。姉が好みそうな装飾。なぜだか心が熱く燃える。不快な気持ちがあふれ、両の目にわずかに光が戻る。自分の右腕を無理やりに振り、背後のキングに叩きつける。とても弱い一撃、しかし分銅内のさく薬は破裂して
(N08_hika) マルチプルスナップ+ライトニングヒット+オーバーライト・レッド
(N08_hika) 3D6+1+7
(kuda-dice) N08_hika -> 3D6+1+7 = [1,4,3]+1+7 = 16
(NO_GM) どうぞー。シールドして・・あら。ええと、10点貰いますね
(NO_GM) もとい素の防御もあるから8点か
(N08_hika) 【ひかる】「……!」とどめをさせるとも思えない一撃、右手を傷つけながらも震った打撃で、周囲に空間ができる。無理やり肛門のものを引き抜き転がると、渾身の一撃を込めて左腕を振るう。
(N08_hika) マルチプルスナップ+ライトニングヒット+ラストシュート+ポテ2
(N08_hika) 10d6+1
(kuda-dice) N08_hika -> 10D6+1 = [3,5,6,6,5,5,1,6,3,5]+1 = 46
(NO_GM) 【シェリス】「・・あら。」目を丸くしてそれを見つめる
(NO_GM) 一応《シールド》と言って。計8点止めて・・
(N08_hika) クリ+9です
(NO_GM) うむ、惜しい。
(N08_hika) 【ひかる】「……」爆風の晴れるのを見守り
(NO_GM) ではHPマイナスで兎は吹き飛びますね
(NO_GM) 【シェリス】「勿体無いわぁ、可愛かったのに・・それ」くすくすと、うさみみをつけてお尻と口から精液をこぼす君を見て、笑い
(N08_hika) 【ひかる】「……」ニヤリと笑い、膝を突く。
(NO_GM) ゆっくりと、歩き出して、ひかるの顎をつまむ。
(N08_hika) 【ひかる】「次は、お前だ。」力が入らないまま、にらみつけて吐き捨てる
(NO_GM) 【シェリス】「―でも頑張り屋さんね。誰にも褒めてもらえないのに、楽になれないんだ?」
(NO_GM) 見通すように告げると
(N08_hika) 【ひかる】「・・・っ!」予想していなかった言葉にひるむ
(NO_GM) 【シェリス】「人間らしいのかしらね、そういうのも。」かすかに、君を見る目に先ほどまでとは違う感情が揺れて
(NO_GM) 【シェリス】「―でも、お姉さんそういう子も好きかなっ☆あっさり落ちる子ばかりじゃつまんないものねっ」そう言うと、君の唇をなぞり
(N08_hika) 【ひかる】「何を言いたい……」ただ見上げるだけでも体力は突きかけて
(NO_GM) 【シェリス】「いいわよ。いつでもいらっしゃい。・・そうやって一人で歩いていく先に何もないってわかってても、やめられないのよね?」
(NO_GM) 君の頬に、軽く顔が触れると、離れる
(NO_GM) 【シェリス】「シェリスよ。その辺のカルテルに”紅茨”って言えば割と簡単に探せると思うわ」そう言うとかたちのいい尻を向けて去っていく
(N08_hika) 【ひかる】「……」自分の心の奥底を見通す言葉、気をとられた隙に自由にされ。わずかに力なく見送る。
(NO_GM) 【シェリス】「―で、これはサービスね、敢闘賞の」指を鳴らして《記憶操作》を周囲に施すと
(NO_GM) クラスメイトは糸が切れたように倒れて、魔の気配も消えうせていく
(NO_GM) 遠ざかっていく足音に混じり彼女の声が聞こえる
(N08_hika) 【ひかる】「……くっ」完全に破れていたのに、見逃された。
(NO_GM) 【シェリス】「でも気をつけてね。あなた・・そのままだと・・わたしと戦う前に、わたし達と同じものになってしまうかも?」
(NO_GM) そんな言葉を残して、紅い魔族は溶ける様に消えていく
(N08_hika) 屈辱に涙がこぼれる。最後の言葉がいやに心に引っかかる。
(NO_GM) そんな君に。
(NO_GM) ―目を覚ました、茶色のぶちの兎が、ふん、ふんと鼻を摺り寄せて暖めるように寄り添っていた
(NO_GM)  
(NO_GM)  
(NO_GM) †Heroine Crisis TRPG†
(NO_GM)  
(NO_GM) 【学級慰淫ひかる・めすうさぎ飼育調教日記】
(NO_GM)  
(NO_GM) END・・?