beemoon様へ。ログのページ名をミスって、Heroine Crisis TRPG/を付け忘れたので、削除お願いします。申し訳ありません。



01:48 >knightGM< それでは季節は秋くらいという事で。しづきさんはとある市営プールに向かっています。
01:49 >knightGM< 服はキャラクターシートのイラストの冬服で、スカートは短めでストッキングって感じですかね
01:50 <K11_Mina> はい、ではそれで。きっときわどいところに刻まれた刺青がプールでばれたりしないか、と露出の愉しみを満たすために来た。
01:50 >knightGM< 職務中に何故市営プールに向かっているかというと。君が所属する管轄では、週に1回の水泳によるトレーニングが義務付けられており、今日はしづきさんの番になったからですね
01:51 <K11_Mina> 【観那】「こんな時期にプールか・・まあ、ウェイトはいつも絞っているけれど」ジムに通うよりは手軽かな、と何の気なしにバッグを探って。
01:51 >knightGM< 同時に・・・最近このプールに下着泥棒の噂もあり。婦人警官が定期的にかよう事で犯罪抑止に繋がるという効果も期待しているそうです。
01:51 <K11_Mina> 人気がないのはわかっているけれど、かなり布地の少ない水着にしたことを思い返して、少し動機が早まっている
01:52 <K11_Mina> なるほど。
01:52 >knightGM< そして水着は警察署から支給されますが、基本的にはトレーニング用なので競泳水着の中から選ぶ感じですね。しかしサイズとかデザインとか素材とかはその中から自由に選んで構わないので、
01:52 >knightGM< 小さめのサイズ、ハイレグ、とても薄い生地の水着でもオッケーです
01:53 <K11_Mina> 了解ー。小さめなので腋やあちこちがはみでそうな感じで。
01:53 >knightGM< では。そんな感じでプールに向かうと
01:54 <K11_Mina> 【観那】「・・まあ仕事仕事。あちらの任務はご無沙汰とはいえこれも職務のうちだものね」頭を振ると、よくない妄想を振り払って、プールの中、更衣室へ向かいますね
01:54 >knightGM< プールには女性も男性も半々くらいでいるけど、男性はしづきさんの方を振り向きます。婦人警官だからか、美人だからか、スカートが短いからか。もしくは全部か。
01:54 >knightGM< 男性「最近プールに通ってる婦警さんってあの人だよな?」
01:54 >knightGM< 男性「ああ。すげぇハイレグの競泳水着らしいぜ?」
01:55 >knightGM< と、こそこそ話してるのを耳にしつつ更衣室へ
01:55 <K11_Mina> 【観那】「(・・噂になってる?おかしいわね、やっぱり私服でも気付かれるのかしら・・)」と気にしない風を装いながら更衣室で着替えましょう
01:56 >knightGM< 更衣室で着替えていても。凛々しい風貌で、かつスタイルの引き締まった婦警さんであるしづきさんは、女性から見ても憧れの対象のようで、視線を感じてしまいます。
01:56 >knightGM< あ、私服なのかっ!
01:56 >knightGM< 一応、勤務時間中なので、婦警さんの服だとありがたく!w
01:56 >knightGM< (主に私の趣味的に)
01:56 <K11_Mina> あ、じゃあ今回はそれで。
01:57 >knightGM< では
01:58 >knightGM< 制服を脱ぎ、薄手の競泳水着に身を包むと
01:58 >knightGM< きゅっ、と股間が締め付けられ
01:58 >knightGM< 乳首が浮いているのが一発で分かる状態になります
01:58 <K11_Mina> 【観那】「(見てる?みんな・・私を?)」乳首に、秘所に、お尻や背中に刻まれた刻印の刺青がいつ見られるか、と想像しながら肌には視線の針を突き立てられている気分になって
01:59 <K11_Mina> その薄手の水着の薄い胸の先端が尖り、くいこんだ股間からは刺青の絵がかすかに覗いている
01:59 >knightGM< では、その格好でプールサイドに行くと・・・
01:59 >knightGM< 男「すげぇ・・・」
02:00 >knightGM< 男「うわー、あれがさっきの婦警さんか・・・胸浮いてるじゃん」
02:00 >knightGM< 男「すげえハイレグ・・・スタイルいいなぁ」
02:00 <K11_Mina> それに気付いて、そっと股間をタオルで隠しながら、どこか火照ったような表情で伏目がちに歩いて。
02:00 >knightGM< 男達はチラチラとしづきさんの方を眺めてます
02:01 <K11_Mina> 【観那】「・・仕事とはいえまるで晒し者ね・・でも・・」身体に刻まれた刻印は視線を受けるたびに全身に痛みを伴うほど疼いて
02:02 >knightGM< そして、そうやってじろじろと視姦され続けて1時間。
02:02 <K11_Mina> ―気持ちいい。
02:02 >knightGM< プールでのトレーニングの時間が終わりますね。
02:03 <K11_Mina> そう心の底から感じながら、トレーニングも手につかないまま視線を浴び続けて、泳ぐ
02:04 >knightGM< では・・・。
02:04 >knightGM< しづきさんがプールでのトレーニングを終えて更衣室に戻るとですね。
02:04 <K11_Mina> プールサイドに上がる頃には濡れて透けた身体に刺さる視線で、冷えた身体が火照り、薄い胸の乳首は痛みさえ感じるほど尖っていく
02:05 >knightGM< しづきさんのロッカーの鍵が空いてます。
02:05 <K11_Mina> 【観那】「ふう・・(もう終わり?・・どうせなら痴漢の一人でも出ればいいのに)」そんな警官にあるまじき期待をしながら惜しみつつ着替えに戻り
02:05 <K11_Mina> 【観那】「え・・うそ?」手首の鍵を確かめて、慌てて周囲を確かめましょう
02:06 <K11_Mina> ということは当然制服も着替えもないんですね
02:06 >knightGM< 周囲はがらんとして。
02:06 >knightGM< いえ、制服はあります。
02:06 >knightGM< 無いのは、ブラ、ショーツ、ストッキング。
02:06 <K11_Mina> ああ、そちらだけ。・・ピンポイントな狙いだな。
02:06 <K11_Mina> では。
02:07 <K11_Mina> 【観那】「仕方・・ないわよね、これは・・」そっと制服に手を伸ばして。
02:08 <K11_Mina> 丹念に身体を拭くと、その食い込んで、腋も股間の周りの盛り上がった肉もぴっちりと浮いて見える競泳水着の上に婦人警官の制服を着て。
02:08 <K11_Mina> そのまま更衣室を出て、足早に歩き出しますね
02:08 >knightGM< では・・・
02:09 >knightGM< ここで折角だから
02:10 >knightGM< 露出狂の判定をしてもらいましょうかね。更衣室の中という事で
02:10 >knightGM< ではSP判定をお願いします
02:10 <K11_Mina> 知力ですね、まあ無理
02:11 <K11_Mina> 2d6+4
02:11 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+4 = [3,4]+4 = 11
02:11 >knightGM< 失敗ですね
02:11 >knightGM< では、競泳水着の上に制服を着ようとして、ふと。
02:12 >knightGM< 競泳水着を着たままだと、服が湿ってしまって気持ちが悪い。いっそ、下着を着けない方がいいんじゃないか・・・?
02:12 >knightGM< と、そういう感情が沸いてきます
02:12 <K11_Mina> では《露出狂》使用で。
02:13 >knightGM< おk
02:13 <K11_Mina> そっと、制服を着ようとしたその手が、身体に張り付いた水着をぐいっと引っ張って、ずり降ろし・・全裸になる
02:13 >knightGM< 周囲には誰も居ません
02:14 <K11_Mina> たっぷりしたお尻に女性らしい腰がくびれたラインの身体・・この生まれたままの姿で街に出たら、鏡の前で濡れた身体のままそんな誘惑にさえ駆られるが
02:14 <K11_Mina> 意を決してゆっくりと髪と身体を拭くと、軽く化粧まで整えて。
02:15 <K11_Mina> 【観那】「そうよね。勤務中だもの。・・署への途中でお店に寄りましょう」
02:16 <K11_Mina> だからこれは”しかたないこと”。そう言い聞かせながら、プールを出て街へと歩き出しますね
02:16 >knightGM< では、下着を着けずにミニスカートの制服姿で町へ出るという事で・・・。
02:17 >knightGM< では、一旦町のシーンに切り替えます。
02:17 <K11_Mina> はーい
02:17 >knightGM< 制服姿の美人婦警さんが、ミニスカートで生足で町を歩いていれば、誰だって振り返ります。
02:18 >knightGM< ふとももに視線が集まり。もしかしたら下着を着けていない事さえ、周囲の男達は知っているんじゃないか?
02:18 <K11_Mina> 【観那】「(我慢よ、どうせすぐに、お店に行けば・・)」と、いざしてみると顔から火が出そうなほどの羞恥を感じて・・
02:19 >knightGM< 男「あの婦警さん、すげぇ足きれいだな・・・」
02:19 >knightGM< 男「ああ、ミニスカート良く似合うな・・・」
02:20 >knightGM< そして、しづきの足元に、小さいボールが転がってくる。
02:20 >knightGM< 近くを通りかかった子供が、間違えて落してしまったんだろう。
02:20 <K11_Mina> 【観那】「(・・そ、そう?でも気付いて欲しいのはそこじゃなくて・・)」思わずスカートのすそを押さえつつ、早足に歩くが、その行為さえ逆に官能を誘うようで
02:21 >knightGM< 子供はしずきの足元のボールを見て、立ち止まっている。
02:21 >knightGM< 拾ってくれといわんばかりに。
02:21 <K11_Mina> 【観那】「・・!あ・・坊や・・大丈夫?」虚を突かれて足を止めながら視線に戸惑い
02:21 <K11_Mina> そうするうちまた、頭の中であの声が響く
02:21 <K11_Mina> ”しかたない”
02:22 <K11_Mina> ボールを拾う、ただそれだけの行為が今の自分にどういう意味を持つか全身に刺さる視線でいやと言うほど感じながら・・
02:23 <K11_Mina> 【観那】「・・仕方ないわね。ちょっと、待ってて・・」ゆっくりと、膝を曲げて、スカートの裾を押さえる手をボールへと伸ばし
02:23 >knightGM< 男「おおっ・・・」その行為に周囲の男達は足を止めて注目し
02:23 <K11_Mina> つんのめるような姿勢で、尻を高く上げて、身体を折り・・それは結果的に
02:24 <K11_Mina> 男たちの視線へ、陰りに隠されたアナル、からきれいなラインを描くヒップと、空気に晒されたヴァギナを見せ付ける
02:25 >knightGM< 男「えっ・・・おい・・・」
02:25 >knightGM< ざわざわ・・・
02:25 <K11_Mina> かに見えて、そこでさらに膝を曲げて、布地で影を作りながらゆっくりと手をボールに伸ばして・・
02:25 >knightGM< 男「いま、見たか・・・?」
02:25 <K11_Mina> さらに男の視線を誘導しながら、ボールを拾い・・
02:25 >knightGM< 男「いや・・・いくらなんでも見間違いだろ・・・。婦警さんがそんな事あるわけねぇ・・・」
02:26 >knightGM< 男「でも・・・」
02:26 <K11_Mina> 一瞬だけ、肉びらとココア色のつぼみを見せ付けて、ボールを拾うと。
02:26 <K11_Mina> 【観那】「は、はい、坊や・・これ、返すわね・・」蕩けきった顔で、震える手で子供にボールを投げて・・
02:26 >knightGM< 子供「ありがとうおねえちゃん!」
02:27 >knightGM< 子供は大声でお礼を言って、その場から駆け出そうとし。
02:27 >knightGM< ふと何か思ったように振り返って。
02:27 >knightGM< 子供「なんでお姉ちゃんはパンツはいてないの?」
02:27 <K11_Mina> その時に、広げた足から、ぴちゃりと、股間から雫が滴る
02:27 >knightGM< と大声でしづきに尋ねます
02:27 <K11_Mina> 【観那】「!!・・なに、言ってるの坊や。早く帰りなさい」
02:27 <K11_Mina> (なに・・私、今、はだかよりいやらしい格好の上に制服だけ着て街を歩いてる・・)
02:27 <K11_Mina> その言葉にとくん、と胸につけられた刻印のピアスが疼く
02:28 >knightGM< 男「ほら・・・やっぱりっ・・・」
02:28 >knightGM< 男「ノーパンなんじゃねぇか・・・婦人警官なのに・・・」
02:28 >knightGM< 女「やだ・・・キレイな人なのに・・・」
02:28 <K11_Mina> 慄きながら何食わぬ顔で少年に虚ろな笑みを返して
02:29 <K11_Mina> 【観那】「(違う・・これは下着を盗まれて仕方なく・・)」と無言で再び歩き出しますね
02:29 >knightGM< では
02:29 >knightGM< 子供「もしかしてあのわんちゃんに取られちゃったの?」と指差すと
02:29 <K11_Mina> 【観那】「(でも・・本当に?)」と思いつつその方角を向いて「え?」
02:29 <K11_Mina> 足を止めて振り向きましょう
02:29 >knightGM< 少し離れた所にいる薄汚い犬が、しづきの下着とストッキングをくわえて、ニタニタと笑みを浮かべてしづきを眺めてる
02:30 <K11_Mina> 【観那】「い、犬が?それより・・あ、あ・・」周囲の視線が集まるのを感じながら
02:30 <K11_Mina> その犬の方角へと逃げるように駆け出します
02:31 >knightGM< 短いスカートは、気をつけて歩いていても覗かれる可能性があるのに
02:31 >knightGM< 走れば当然・・・その美しいお尻は男達から丸見えになる
02:31 >knightGM< そして・・・何人かの男達は暇なのか。そのまましづきについてくる。
02:32 <K11_Mina> 全力で走ればそのたびにすそはめくれて、文字通り肌色のヒップを晒してしまいます
02:32 >knightGM< 男「おい、すげぇぞ。婦警さんが犬に下着盗まれてノーパンで走ってる。**町の所の交差点だ・・・」と、携帯電話で話す声がかすかに聞こえる
02:33 <K11_Mina> 【観那】「は、あ、ははは・・」その声に今の自分はまるで痴女のようだと気付きながら
02:34 >knightGM< そして。とある路地裏で犬は足を止め・・・。
02:34 <K11_Mina> 逃げる犬を追い、さらによからぬ考えの男たちに追われるように走り続けて、時折足を高く上げては、追っ手を誘うように生の足を見せ付けて
02:34 >knightGM< 振り返り、しづきに向かって、思念で「ヒヒヒ・・・誘い出されたな? ヒロイン」
02:35 >knightGM< そして・・・似たような犬がゾロゾロと路地裏から出てきます・・・。
02:35 <K11_Mina> 【観那】「はー・・はー・・、ようやく・・捕まえたわ、おとなしくしなさい・・え?」
02:36 <K11_Mina> まさかこんな犬が。おかしいとは思っても白昼堂々怪物が・・と不意を突かれて戸惑いながらも
02:36 >knightGM< そして、状況は
02:36 >knightGM< 野犬に囲まれる婦警さん。それを遠巻きに見守る歩行者の男達
02:37 <K11_Mina> 【観那】「まずい・・このままでは後から来る人たちが・・」自分を追ってくる男たちが目撃者と被害者を兼ねることになる、と事情を知らない男たちも視界に入れて
02:37 >knightGM< 男「なんだなんだっ!? 野犬がこんなにっ!?」
02:38 <K11_Mina> 【観那】「そこのあなたたち、すぐに避難して、この野犬の群れは危険です。感染しているおそれが・・」となんとか人払いを試みますね
02:38 >knightGM< 男「い、いや・・・俺も男だ・・・逃げるわけにはっ・・・」
02:39 >knightGM< この場に張られた魔族の魔力のせいか、それともしづきの魅力のためか。誰も男達は逃げようとしません。
02:39 <K11_Mina> 【観那】「は、早く!みなさんが退避したら私も避難します・・!」焦りながら説得するが事態はいっかな好転せず
02:40 >knightGM< そして・・・犬の群れが襲い掛かってくる
02:40 <K11_Mina> では、そう言って詰め寄った際に、それこそ下着をつけていない谷間があるかどうかの薄めの胸元が覗いて・・
02:40 *** New topic on #HCセッション4 by knightGM: 【犬7匹】【観那】
02:40 <K11_Mina> そこに、禍々しい《刺青》と乳首のピアスがあることを、男たちに見咎められてしまいます。
02:41 >knightGM< おk
02:41 <K11_Mina> OKかな
02:41 <K11_Mina> 【観那】「あ・・こ、これは・・きゃ!?」
02:41 >knightGM< 男「い・・・刺青? それに、ピアス・・・」野犬の事も忘れて凝視してしまい
02:41 <K11_Mina> 胸元を隠す間にも犬たちは襲い掛かってきて
02:42 >knightGM< 犬「バウバウッ!!」
02:42 >knightGM< 男達から見ればただの野犬にしか見えないが
02:42 >knightGM< 犬「ケッケッ・・・前からお前に目をつけてたんだよ俺達は・・・上手いこと誘い出されやがって・・・守るべき市民の前で、無残に犯してやるからな? ケッケッ家」
02:43 <K11_Mina> 【観那】「仕方ない・・やるしか、ない!」胸元のバッジを握ると、それを回して開き・・閃光が走ると
02:43 >knightGM< 男「うぉっ」光で一瞬目をふせ
02:43 <K11_Mina> まるで同じ制服のコスチュームに変身した観那がそこにいます
02:43 >knightGM< では、男達には何が起きたか全くわからない。
02:44 <K11_Mina> 【観那】「下衆な犬が・・!それなら好都合よ、野良犬らしく警棒で追い払ってあげる・・!」
02:44 >knightGM< では、戦闘開始で!
02:44 >knightGM< しづきさんからどうぞ!
02:45 <K11_Mina> 《ピアシング》のみで犬Aにアタックしますね
02:46 >knightGM< おk
02:46 <K11_Mina> 2d6+9
02:46 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+9 = [3,6]+9 = 18
02:46 <K11_Mina> 1でいいか
02:46 >knightGM< 犬「きゃいんきゃいん!!」それで吹き飛ばされ
02:46 <K11_Mina> 残り6体。まあかわせるのはどうせ3回だけど
02:46 >knightGM< では、6体が飛び掛ってきます
02:46 >knightGM< 2D6+3
02:46 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [1,2]+3 = 6
02:46 >knightGM< 2D6+3
02:46 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [4,1]+3 = 8
02:46 >knightGM< 2D6+3
02:46 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [6,1]+3 = 10
02:46 >knightGM< 2D6+3
02:46 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [6,1]+3 = 10
02:47 >knightGM< 2D6+3
02:47 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [5,2]+3 = 10
02:47 >knightGM< 2D6+3
02:47 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [1,3]+3 = 7
02:47 >knightGM< ではこれで
02:47 <K11_Mina> 10みっつに《アヴォイド》三回で。
02:47 <K11_Mina> 2d6+8
02:47 >knightGM< ういっす!
02:47 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [2,1]+8 = 11
02:47 <K11_Mina> 2d6+8
02:47 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [1,3]+8 = 12
02:47 <K11_Mina> 2d6+8
02:47 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [2,6]+8 = 16
02:47 >knightGM< 全部回避しました
02:47 <K11_Mina> 687か・・
02:48 <K11_Mina> ニーソックスに8を受けてストッキングが飛んで、胸に6を受けてから7を受けて胸AP0!
02:48 >knightGM< ういす!
02:49 >knightGM< では、犬はしづきに群がり・・・しづきに噛み付こうとせず、その制服のボタンを引きちぎり、ストッキングを引き裂いていきます
02:49 <K11_Mina> <小さすぎる胸><疼く体>使用します 
02:49 >knightGM< おk!
02:49 >knightGM< どうぞ!
02:49 <K11_Mina> 【観那】「あ!うぐっ・・!離せ・・や、やめなさい、爪が・・あぐっ!」
02:50 >knightGM< 犬「へへっ・・・可愛らしい胸じゃねぇか?」
02:50 >knightGM< 男「ああっ! だ、大丈夫ですかっ!? って、胸がっ!?」
02:50 >knightGM< 男「お、おい・・・あの犬、何かおかしいぞ・・・わざと服を狙ってるような・・・」
02:50 <K11_Mina> かわしきれずに上着を裂かれ、避けたストッキングから血が滲み、同時にたっぷりした太ももの肉が隙間からはみ出すように覗き・・
02:50 <K11_Mina> その男たちの視線と言葉に、身体の心が、疼く
02:51 >knightGM< 男「太ももが・・・」
02:51 >knightGM< 男「乳首見えてる・・・コリコリになってないか・・・?あれ・・・」
02:51 <K11_Mina> ついに先ほどの男が気付いたように、あらわになった胸には、みだらな刺青と・・そう
02:51 >knightGM< 男「まさか、婦警さん興奮してるんじゃ・・・?」
02:51 <K11_Mina> ピアスが揺れているのを見られてしまいます・・
02:51 >knightGM< 男「おい、乳首にピアスしてるぞっ」
02:52 >knightGM< 男「うわ・・・すげぇ、初めてみた・・・」
02:52 <K11_Mina> 【観那】「・・!あ、い、いや・・見ないで!」思わず口をつく言葉はそんなありきたりなもので
02:52 >knightGM< 男「あんなに胸小さくて清純そうなのに・・・」
02:53 >knightGM< 男「・・・ノーパンで街中歩いてた癖に、見られるの嫌だなんて、嘘でしょ?」
02:53 <K11_Mina> だが、彼女に取り焦燥に駆られながらも、自分が羞恥心を掻き立てられていることを実感できる至福の瞬間でもあった・・
02:53 >knightGM< では、しづきの反撃に移りますかね
02:53 *** New topic on #HCセッション4 by knightGM: 【犬6匹 しづき】
02:53 <K11_Mina> 【観那】「・・あ、う、ちが・・いや、これは・・」いざとなると言葉も出ず、視線と言葉の槍で既に精神は満身相違で
02:53 <K11_Mina> 【観那】「う、ああっ・・!!」
02:54 >knightGM< 犬「ケッケッケ! 良く見せてやればいいじゃねえか!」
02:54 >knightGM< そう言って、犬はペニスをギンギンに充血させ
02:54 <K11_Mina> ここは犬2に《ピアシング》のみで「黙りなさい・・!」
02:54 >knightGM< おk、どうぞ!
02:54 <K11_Mina> タイムリーに相手にもピアスをくれてやる勢いでw
02:55 >knightGM< おkww
02:55 <K11_Mina> 2d6+9
02:55 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+9 = [6,6]+9 = 21
02:55 >knightGM< では犬がそれで吹き飛び・・・
02:55 >knightGM< 【犬】「きゃいんきゃいん!!」
02:55 >knightGM< そして、5匹が攻撃してきます
02:55 >knightGM< 2D6+3
02:55 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [6,6]+3 = 15
02:55 >knightGM< 2D6+3
02:55 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [6,5]+3 = 14
02:55 >knightGM< 2D6+3
02:55 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [5,5]+3 = 13
02:56 >knightGM< 2D6+3
02:56 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [1,1]+3 = 5
02:56 >knightGM< 2D6+3
02:56 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [1,3]+3 = 7
02:56 >knightGM< 出目が極端だ
02:56 <K11_Mina> あ、ソードダンサーだから3D6だった
02:56 >knightGM< なんとっ
02:56 <K11_Mina> 上三つに《アヴォイド》。
02:56 >knightGM< あい
02:56 <K11_Mina> 3d6+8
02:56 <fooldice> K11_Mina -> 3D6+8 = [1,1,1]+8 = 11
02:56 <K11_Mina> うわw
02:56 >knightGM< これまた極端な・・・w
02:56 <K11_Mina> 3d6+8
02:56 <fooldice> K11_Mina -> 3D6+8 = [2,2,5]+8 = 17
02:56 <K11_Mina> 3d6+8
02:56 <fooldice> K11_Mina -> 3D6+8 = [1,4,4]+8 = 17
02:56 >knightGM< では3回くらいますね
02:57 >knightGM< どういう順で食らうかはお任せします
02:57 *** New topic on #HCセッション4 by knightGM: 犬5匹 しづき
02:58 <K11_Mina> では5を腰に、1になってから15を腰でAP0、7をHPに。これは落ちたかもわからんね
02:58 >knightGM< おk、了解
02:58 >knightGM< では、スカートを引き裂き
02:58 >knightGM< 何もつけてない秘所が露になると同時に
02:58 >knightGM< 最後の
02:59 >knightGM< 最後の1匹に後ろから突き飛ばされ
02:59 >knightGM< そのまま、乗りかかられてしまいます>しづき
02:59 <K11_Mina> <異形の交合><つけられた種><第二の女陰> で。その他はHP0のときにでも
02:59 >knightGM< おk
02:59 >knightGM< 後ろかっ!
02:59 >knightGM< では・・・。
02:59 <K11_Mina> ア、男でもOKですよ
02:59 >knightGM< 犬「へへっ・・・いただくぜっ!」
03:00 <K11_Mina> 【観那】「く、離しなさい、離せ・・っ!」いくら視線を浴びるのがいいといっても獣など冗談ではない
03:00 >knightGM< 犬はしづきに交尾の体勢でのしかかると・・・勢い良くしづきにペニスを突きたてた
03:00 >knightGM< ズチュン!!
03:00 >knightGM< 男「お・・・おいっ!? あれ犬に犯されてるよなっ!?」
03:00 <K11_Mina> あがくようにぶざまに足を伸ばしてひっくり返そうとするが・・「ひ、ふぃっ!?」
03:01 >knightGM< 男「すげぇ・・・あんなキレイな婦警さんが・・・犬に・・・」
03:01 <K11_Mina> 異形のペニスが潤んでいたとはいえヒトの女の膣に突きたてられ、獣の交尾を強いるように揺さぶりたてて・・
03:02 >knightGM< 男「・・・」一人は黙ってかばんからビデオを取り出し、しづきの交尾を撮影し始める。他の男達も思い思いに携帯で写真を撮りはじめ。
03:02 <K11_Mina> 【観那】「み、皆さん逃げ・・そんな、な、何やってるの!?」
03:02 >knightGM< 男「ビデオに撮ってる・・・」
03:02 <K11_Mina> 助けを求めるかのように伸ばされた手の先で、背信とも言える光景を目の当たりにして驚愕しながら
03:03 >knightGM< 男「この犬、俺達には襲い掛かってこないぜ」
03:03 <K11_Mina> 【観那】「や、やめて。やめなさい・・撮らないで!・・え?うぐっ・・!」
03:03 >knightGM< そして、男達にはめもくれず、犬はしづきの後ろの穴にペニスを入れたまま腰を激しく動かし・・・
03:04 >knightGM< 【犬】「こっちじゃねぇし」
03:04 >knightGM< 犬はそう呟き、しづきのアナルからズルンとペニスを引き抜くと
03:04 >knightGM< 腸液でベトベトになったペニスを、今度はしづきの前の穴にずぶりと挿入する!
03:05 <K11_Mina> 振り向いた途端に浅ましい犬の逸物でアナルを抉られて・・「や、やめ・・犬のチンポで抉られて・・おしり、おしり広がって・・ふりゃっ・・!!あ・・いや――!?」
03:05 <K11_Mina> 先ほどまで肛門に入れられていたもので女性器に挿入される、それも動物に
03:05 >knightGM< 男「ケツに入ってたの、前に入れられたぜ・・・」
03:05 <K11_Mina> その屈辱的な責めに頭が真っ白になり、さらには・・それを、見られて、撮られている
03:05 >knightGM< 男「すげぇ・・・」
03:06 <K11_Mina> もう想像するだけで、頭が白く灼けていくような・・
03:06 <K11_Mina> 快感、だった
03:06 >knightGM< 犬「へへっ・・・ちゃんと腹ン中はキレイにしてるか? そうじゃなかったら、汚物が大事な大事な膣の中に入っちまってるかもな? ケケケッ」
03:06 <K11_Mina> 【観那】「だ、だめ。・・お願い、お尻ならいいから。我慢できるから・・前はやめて。やめて、ください・・」
03:06 >knightGM< 男には分からない思念でしづきを弄り
03:07 <K11_Mina> 項垂れて、自分にのしかかる犬に許しを請う惨めな姿をさらし
03:07 >knightGM< 犬「いやだね!」そう言って、子宮口にペニスの先端を突きたて
03:07 >knightGM< ドビュルルルルル!!!!
03:07 <K11_Mina> だが、その姿も今男たちに見られて、撮られて・・「ああ!」
03:07 >knightGM< と、大量の精液を子宮にたたきつける!
03:07 >knightGM< 男「婦警さん、犬にお願いしてるぜ・・・」
03:07 >knightGM< 男「お尻ならいいって・・・マジ変態だな」
03:08 >knightGM< 男「ばっちり結合部も撮影できてるぜ・・・お?犬が射精しやがった」
03:09 <K11_Mina> 【観那】「ひ・・!!ひどい・・このために、御尻で出さずに・・あ、やだ、やめ、やめて・・犬ペニスでザーメンなんか出さないで・・おかしくなる!私、動物になっちゃう・・!!」狂乱したように叫びながら地面を犬のように掻いて逃れようと四つんばいで歩きながら犯されて・・
03:09 >knightGM< びゅく、びゅく、びゅく
03:09 >knightGM< 燃え滾るような精液が、子宮にどんどんたまっていく。膨らませていく。
03:09 <K11_Mina> ずり、ずりと膝立ちに歩くたびに絶望を与えるような射精が胎内で行われていき・・「あ」  「あー・・」 「あ、ふぁ、ああああ・・・」
03:10 >knightGM< 男「すげぇ気持ち良さそうにしてるぞ」
03:10 >knightGM< 男「顔もしっかり撮影しとこうぜ」
03:10 <K11_Mina> 一度射精される度に涙がこぼれ、 それが諦めに変わり、最後には、わずかな喜悦になり・・
03:10 <K11_Mina> まるで女が狂う様がコマ送りで映し出されているかのようだった
03:10 >knightGM< では、次ターンでしづきさんから反撃をどうぞ!
03:13 <K11_Mina> 《ピアシング》のみで犬3にアタック。残り4体か・・
03:13 <K11_Mina> 2d6+9
03:13 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+9 = [1,5]+9 = 15
03:13 <K11_Mina> 苦し紛れの一撃が手近な犬に暴発した感じでw
03:13 >knightGM< では、目の前に迫っていた犬が「きゃいんきゃいん!」と吹き飛ばされ
03:13 >knightGM< 残りの犬が、しづきに群がってペニスを押し付けてくる! という事で攻撃いきます
03:13 >knightGM< 2D6+3
03:13 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [1,3]+3 = 7
03:14 >knightGM< 2D6+3
03:14 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [4,2]+3 = 9
03:14 >knightGM< 2D6+3
03:14 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [5,3]+3 = 11
03:14 >knightGM< 2D6+3
03:14 <fooldice> knightGM -> 2D6+3 = [6,2]+3 = 11
03:14 *** G07_fuyu_ has joined channel #HCセッション4
03:14 >knightGM< では、アヴォイドとかどうぞ
03:14 *** New Mode for #HCセッション4 by Ryuya: +o G07_fuyu_
03:15 *** G07_fuyu has left IRC(Ping timeout)
03:15 *** G07_fuyu_ is now known as G09_fuyu
03:15 <K11_Mina> 回避三回。7以外を。
03:15 <K11_Mina> 2d6+8
03:15 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [1,2]+8 = 11
03:15 <K11_Mina> 2d6+8
03:15 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [3,5]+8 = 16
03:15 <K11_Mina> 2d6+8
03:15 <fooldice> K11_Mina -> 2D6+8 = [3,4]+8 = 15
03:15 <K11_Mina> HPに7だけ貰います。では
03:15 >knightGM< では7を食らって。
03:16 <K11_Mina> <隷属の喜び> <絡みつく唾液><口を突いて出る卑語> で。
03:16 >knightGM< 男達の一人が我慢できなくなって、ギンギンにそそり立つペニスを、しづきの顔に押し付けてきます
03:16 >knightGM< おk!
03:16 >knightGM< どうぞ!
03:16 <K11_Mina> 犬に貫かれたままそれを目の前にして。
03:17 >knightGM< 犬「ハッハッ」男達からは、犬はがむしゃらに腰を振っているようにしか見えず
03:17 <K11_Mina> 【観那】「だ、らめ・・ミナのおしり犬ペニスにほじくられて・・おまんこもしゃせーされて・・べとべとのどろどろでゆ・・」
03:17 <K11_Mina> ぐったりとスタイルのいい身体を腰を使われるたびにうねる様にしながら波打たせて、濡れて乱れた髪で帽子はまだ身につけたまま。
03:17 >knightGM< 男「エロい事言ってるぞ、へへ・・・」
03:17 <K11_Mina> 【観那】「ら、らからこ、こんなの見せられても駄目です、駄目に・・」男のそれに顔を背けようとして・・
03:17 >knightGM< 男「我慢できないんだよ・・・俺のもしゃぶってくれよ」と、男はしづきの口元にペニスを押し付ける
03:18 <K11_Mina> 乱暴に頭を掴まれて、鼻をつままれてこじ入れられますね
03:18 >knightGM< おk
03:18 <K11_Mina> 【観那】「んぶううっ!?」
03:18 >knightGM< 男「おらっ」鼻をつまみ、頭を力任せで押さえ
03:18 >knightGM< そのまま口の中に深く突っ込み
03:18 <K11_Mina> 息が詰まるほどに太いものを喉まで一気につきこまれて「ん、ぐう、んうううっ!?」
03:19 >knightGM< そして、両手で頭を掴み、動かし。
03:19 <K11_Mina> このままでは息が出来ない、早く満足させなくては、と口腔を犯す暴力に必死に・・
03:19 >knightGM< 【男】「歯を立てるなよ・・・ちゃんと出して飲んだらやめてやるからな」
03:19 >knightGM< 喉の奥にペニスをこすりつけるように、じゅぶじゅぶと押し込み
03:20 <K11_Mina> ついにそっとその肉竿に手を添えて、押し止め。「ふぁ、ふぁふぁりまいた・・」ペニスを銜えたまま涙目でそれを受け容れて・・
03:20 >knightGM< 犬は体位を変え、しづきとお尻をあわせるように移動し。尻をがんがん打ち付けてくる
03:20 <K11_Mina> 「ふぁ、ふぐぐっ・・」歯でかりを扱き、溜めた唾液でそれをぬめらせて・・
03:21 >knightGM< 犬のペニスは球形根がパンパンに膨らんでおり。ちょっとやそっと引っ張っても抜ける状態ではなく。その状態で途切れる事なく精液を吐き出して、子宮を満たしていく
03:21 <K11_Mina> 余った手では男の玉までもみながら、ちゅぷ、ぴちゃりとうねる舌を肉茎に絡ませて、息を詰まらせそうになりながら奉仕して・・
03:21 >knightGM< 男「うおっ・・・こいつの舌やべぇ・・・」
03:22 <K11_Mina> 【観那】「んふ・・む、ふっ・・」言葉もないまま膣への異形のペニスに時折がくがくと痙攣して
03:22 >knightGM< 男は思わずしづきの頭を抑え、自分の下腹部にしづきの頭をおしつけると・・・
03:22 >knightGM< びゅるるるるっ!!
03:22 >knightGM< しづきの喉に直接、大量の熱い精液をたたきつけます
03:23 <K11_Mina> 射精のたびに白目を剥きそうになりながら、必死の奉仕を続け、やがて喉がリズミカルに、性器のように男のものを受け入れ始めていく・・
03:23 <K11_Mina> 【観那】「ふぉ、ふぉうふぇふか、ふぉれふぇ・・んぶうううっ・・!?」
03:23 >knightGM< びゅくっ・・・びゅくっ・・・
03:23 >knightGM< 男は搾り出すように精液を吐き出していく・・・
03:23 <K11_Mina> 突然の身勝手な射精に喉の奥まで精液を流し込まれて・・さらには鼻にまでそれが逆流して・・
03:24 <K11_Mina> 【観那】「が、ご、ごふぉっ・・!!(死ぬ・・やだ、精液で窒息して死んじゃう・・)」ついに己の姿が見られている快楽さえ頭から消し飛びかけて、意識が真っ暗になりながら・・
03:25 >knightGM< 男「ふー・・・やべぇ・・・良すぎた・・・」
03:25 >knightGM< しづきの意識が暗転する直前
03:25 >knightGM< 男はペニスを引き抜き。新鮮な空気がしづきの肺を満たす
03:25 <K11_Mina> 気がつけば必死に、鼻から、喉から、むしゃぶりつくように精液を吸い上げて・・呼吸を確保するために口だけで男のものに吸い付いていた・・
03:25 <K11_Mina> 【観那】「は。ふぁ・・あ。あ・・」ほろ、と涙がこぼれて
03:26 >knightGM< そして、直後
03:26 >knightGM< どびゅるるるるる!!!
03:26 >knightGM< 犬がさらに大量の精液を子宮にたたきつける
03:26 <K11_Mina> 【観那】「――たすけて。助けてください。なんでもしますから・・だから、この犬を・・」護るはずの市民に頭を垂れて助けを請いながら
03:26 <K11_Mina> 【観那】「――お願いします、助けてくれたら皆さんに、なんでも・・あ、あ・・!?」
03:27 >knightGM< 男「なんでも・・・? なんでもしてくれるのか?」
03:27 >knightGM< 男「へへっ・・・だったら助けてやるか」
03:27 <K11_Mina> 男の奴隷になってでも目の前の惨劇から逃れたい、そんな弱い心に流されかけて・・
03:28 >knightGM< では・・・ここで複数の男達が犬を殴りかかって追い払ったという事でおkです?
03:28 >knightGM< 実際、犬はわざと逃げるわけですが。
03:28 <K11_Mina> 【観那】「――だ、駄目・・射精されてる、妊娠しちゃう・・い、犬のペニスでおまんこお掃除されて・・み、見られてる・・!」目を見開いて腰をがくがくと揺すり、ついに腰はそれを受け止めて自ら動き出す
03:29 >knightGM< 男「いっぱい出されてるな・・・せめてそれだけでも待ってやろうぜ」
03:29 >knightGM< 犬に射精されている瞬間もしっかりビデオに撮られ
03:29 <K11_Mina> 【観那】「そ、そんな・・やめて、すぐに抜いて・・い、いやああ・・!?」
03:29 <K11_Mina> 絶望の表情がカメラに収まり。
03:30 >knightGM< 男「いい顔してるね・・・後ろの穴もしっかりくわえ込んでるし」
03:30 <K11_Mina> それがやがて、諦観と壊れた快楽に満ちた蕩けた笑顔に変わるまで、ものの三十分も掛からなかった・・
03:31 >knightGM< そして射精が済んだところで、男達は犬を追い払い。
03:31 <K11_Mina> 【観那】「あ、は・・いぬの、おちんちん・・みなのなかでびゅるびゅる言って・・止まらないんです・・これじゃ、おしごとできない」みな、婦警さんなのに・・
03:31 >knightGM< 男「おらっ! そろそろ離れろ犬が!」
03:31 <K11_Mina> そんな風に呟きながらどさりと、ほぼ全裸で制服の残骸と帽子だけを身に着けて、ゴミバケツの脇に持たれかかり
03:32 <K11_Mina> たっぷりと獣の射精を受けてしまった膣からはどろりと精液が溢れて、きれいな足の下に液だまりをつくっていく
03:32 >knightGM< 男「さあ、犬は追い払ってやったぜ? 約束は守れよな、婦警さん」
03:33 <K11_Mina> 【観那】「約、束・・?」既にその顔に理性の光もなく
03:33 >knightGM< 男「助けたら、なんでもしてくれるって約束だろ?」
03:34 <K11_Mina> 【観那】「はい・・そうですね。それじゃ・・」のろのろと、ゴミバケツに手を突いて
03:34 <K11_Mina> くにゅ、とそこを広げてかたちの崩れていないヒップを突き出して振り向く
03:35 <K11_Mina> 【観那】「みなのおまんこでも、おしりでも使って・・楽しんでください・・婦警ですから、市民の、皆さんのお役に・・」その視線を浴びるだけで全身に痺れるような快楽が走り
03:36 <K11_Mina> 【観那】「私、役立たずですから・・みなさんのおトイレにでもなんでもして、役立ててください・・」路地裏で制帽を被ったまま尻を突き出して、立って、犯されるのを待つ
03:36 >knightGM< 男はニヤニヤ笑いつつ
03:36 <K11_Mina> かつてなら犯罪と思えた、その強姦行為を待つ時間さえも今の彼女には
03:37 >knightGM< ゴミバケツのふたを開け・・・そこから薄汚れたペットボトルを取り出し
03:37 >knightGM< 男「犬と交尾したばかりの膣に、突っ込めるかっての! これでもくわえてろ!」
03:38 >knightGM< 500ccのペットボトルを、ぶちゅん!と膣穴にねじ込み
03:38 <K11_Mina> 【観那】「・・え?」あれほど求めていた男たちの音沙汰がないことに気付いて「そ、そんな・・それは、すぐに助けてくれれば・・んぎっ・・!?」
03:38 <K11_Mina> そのサイズでも充分に膣を拡張するほどのもので、さらには・・
03:39 <K11_Mina> ぶち込まれたボトルに緩やかに・・膣奥から吐き出されたものがどろり、と吸い出されるように溜まっていき・・「あ・・ああ・・」
03:39 >knightGM< 男「奥まで丸見えじゃん・・・あんなに精液出されてたのか。犬ってすげぇな」
03:40 <K11_Mina> 【観那】「は、はい・・すいませんでした。ミナ、バカでした・・こんな汚い穴、使ってもらえなくて当然ですよね・・」えへへ、と何か一線が切れたような緩んだ笑みを浮かべて
03:40 >knightGM< 男「良く分かってるじゃねえか。へへへ・・・」
03:41 <K11_Mina> 【観那】「―それじゃ、きれいになるまでの間・・手でも。他の場所でもお好きにしてください・・」それさえも駄目なら、自分はもう女どころか人間の価値さえないのだろう、と冷たく冷えていく胸のなかで思いながら
03:41 >knightGM< 男はそう言って、ミナの警察手帳を取り上げ、住所などを記録し。
03:41 >knightGM< 男「じゃ、俺は口で」
03:41 >knightGM< 男「俺は手でやってもらおうかな。その白い手袋はめたままでな!」
03:41 <K11_Mina> 【観那】「ふぁ、ふぁい・・んぐっ」溜めた唾液で、今度は文字通り絡みつくように手際よく必死におしゃぶりして・・
03:42 >knightGM< 男「偲槻・観那ね。ちゃんとビデオとか記録残したから、これからも俺達の言いなりになるんだぞ。変な気を起こそうとしたら・・・どうなるか分かってるな?」
03:42 >knightGM< ミナの口にペニスを突っ込んだまま、男は脅迫するようにミナに言い聞かせる
03:42 <K11_Mina> 【観那】「ん、ふぁふぁい・・ふぉふですか?」口だけで奉仕しながら白い白魚のような指を包んだてのひらでペニスを握り、皮をめくり擦りたてながら・・シルクの手袋で、しゅ、しゅっと擦りたてて・・
03:43 <K11_Mina> 【観那】「・・ぷふぁ」一息つくようにして、口を開けると、鼻先を男のものにこすり付けて・・両手は男数人のものを一度に手袋で扱きたてている・・
03:44 >knightGM< 男はミナの手技や口技に、すぐに絶頂へ導かれ・・・
03:44 >knightGM< 顔、体、髪、胸・・・そして口の中に次々と精液を吐き出し
03:44 <K11_Mina> 【観那】「は、はいっ。はいっ・・観那は、市民の皆さんのために粉骨砕身・頑張ってお役に立てるように・・
03:44 <K11_Mina> がに股で膣にペットボトルを差し込まれ精液をそこに吐き出しながら・・
03:45 <K11_Mina> 【観那】「ん、ぶっ・・ふぁああっ・・!が、がんばっておチンポに、皆さんのチンポにご奉仕して、気持ちよく暮らしていける街を・・ん、ひゃああっ!?」
03:46 >knightGM< びゅく・・・びゅく・・・びゅく・・・
03:46 <K11_Mina> ついにあらゆる方向からの射精に声すら出せなくなり白く制服も制帽もどろどろにされて・・
03:47 <K11_Mina> 【観那】「――み、みなさんの性活と・・街を守りたいです・・っ・・♪」
03:47 >knightGM< そして・・・男達が満足するまで・・・夜まで精液処理の道具として使われる事になった・・・
03:47 <K11_Mina> それは、自分にもまだ価値がある、と悟った幸福な笑顔で
03:48 <K11_Mina> それが公衆便所でも獣以下の穴よりはましだと、男たちを受け容れて。
03:48 <K11_Mina> 偲槻・観那(しづき・みな)
03:48 <K11_Mina> 彼女の精神はゆるやかに溶け、崩れていく・・
03:49 >knightGM< では・・・
03:50 >knightGM< これにてセッションを終了します。お疲れ様でした!
03:50 >knightGM< 最後にCPとSPを教えてくださいー
03:51 <K11_Mina> CP14、SP9
03:51 >knightGM< おす。どもっす!
03:51 <K11_Mina> 久しぶりにフルに使えて満足だ・・
03:51 >knightGM< ではお付き合いありがとうございました!
03:51 <K11_Mina> でも少しだけ物足りな(ry
03:51 <K11_Mina> お疲れでしたー
03:51 >knightGM< そうでしたか・・・w>物足りない
03:51 <K11_Mina> いえ、単に時間的にw。
03:52 >knightGM< 確かにw
03:52 >knightGM< 後日、この後の話でも、CCでやりましょうw
03:52 <K11_Mina> あとアクトがもう何個か、って刻印まで使ってるから充分なんだよね・・増やそうw
03:52 >knightGM< 男達に脅迫されて色々やらされる場面をw
03:52 <K11_Mina> ですね。ひどい侮辱とか陵辱に震えました、サー
03:52 <K11_Mina> (罵られたり折れるPC大好き
03:53 >knightGM< 最後のゴミ箱の中のペットボトルとかは、人によってはあれかと思いましたが
03:53 >knightGM< 全体通して満足していただけたなら幸いッス
03:54 >knightGM< ではではっ
03:54 <K11_Mina> 最後に放置されて浮浪者相手に股を広げて笑ってる。とかそうていしてた(え
03:54 <K11_Mina> お疲れ様でしたー
03:54 >knightGM< そういうプレイも容易しておきますねw
03:54 *** K11_Mina is now known as NO_MARCY
03:54 *** knightGM has left channel #HCセッション4