nineGM > 借り受けるでござる!
nineGM > 2d6
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6 = [3,1] = 4
N07_Hiroko > 【博子】「あ…お久しぶりです先生、鞍田です」
N07_Hiroko > 【博子】「随分長く休んでしまってすみませんでした、体調も随分良く…はい、そうです」
N07_Hiroko > 【博子】「はい…はい、お医者さんにも見て頂いたので、はい、大丈夫です、はい、来週から…」
N07_Hiroko > 【博子】「(がちゃ)ふぅ…ねぇホントお願いだよ、なんで僕がこんなことしなきゃいけないのさ」
N07_Hiroko > 【博子】「魔物退治しながら情報集めのために学校行くって…僕はヒロインじゃないんだよ?」
N07_Hiroko > 【博子】「こんなの天使のするようなコトじゃないよ、早く何とかしてって神様に言ってよもぉー」
N07_Hiroko > http://www.grifis.net/trpg/wiki/wiki.cgi/15thmoon/HC?page=%A4%AF%A4%E9%A4%AF%A4%E9%A1%BF%B0%C8%C5%C4%A1%A1%C7%EE%BB%D2
N07_Hiroko > こちらのえんぜさんになります!
*nineGM Topic : [][][博子IV07]
nineGM > 加虐心煽るステキな方ですね!
nineGM > では僭越ながら
nineGM >  
nineGM >  
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 最近、ヒロイン界隈ではある組織の噂が流れています。なんでも獲物をヒロイン限定で狙う売春組織であるとか…。
nineGM > はじめこそ噂で済まされていましたが、実際に数人のヒロインが関係は不明ですが行方不明になって、実際ヒロインを”買った”という話まで出てくると噂などと言っておられず、カルテルやフリーのヒロイン達もその噂程度の情報を元にアジトを探索していますが未だ発見できず…。
nineGM > そんな折、有力な情報を持った少女が何処で知ったのか、まことに遺憾ながらヒロインとして活動を余儀なくされる元えんぜくんの現鞍田博子さんの元へと尋ねてきたのです。
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > ~くらくら!~
nineGM > 【えんぜくん受難録・接触編】
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 【ソニア】「あの、この辺りです……」そういって、蔵鞍繁華街の一角。寂れた雑居ビルを指指すのは情報提供者ソニアさん。ロシアからの留学生で蔵鞍市内の高校へ通う16歳だそうです。
nineGM > 時間は既に夕方で日が落ちかけ、彼女の雪のように白い肌と肩程で揃えた淡い水色の髪に夕焼けの色が映っていますね。物憂げに表情を曇らせている彼女の言う事では行方不明の一人でヒロインだった彼女の友人が行方不明になる直前、この先へ入っていくのを先日目撃したそうです。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「有難うございますソニアさん、ここまででいいです。あとは私達でやりますので…なるべく目立たないようにご自宅に帰って連絡を待ってください」(きりっ)という感じで言う博子さん、ヒロインへの不信感は与えないのです…!居なくなったらちょっと偵察して逃げようかなとか思ってますけど!
N07_Hiroko > 【博子】「(えー、ヒロインが行方不明になるなんてしょっちゅうでしょ~、カルテルの人が回収もするんだし……何の証拠も無ければいいなぁ)」内心はやるきなさげだ!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「だ、だめです……っ このお話をしたのも、私を一緒に連れて行ってくれるという約束でだったじゃないですか! ――も、もしだめなら、今からでも他のヒロインの方に――」
nineGM > ちなみにどのカルテルもヒロインも尻尾すらつかめていないため、この組織に対する成果報酬はかなり高く設定されています。今ならば組織にもカルテルにも知られること泣くを情報を集めそれを独占するのも高く売りつける事も十分可能範囲内ですね。もちろん、それもソニアが自分以外へ口外しなければの話ですが。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「(きりっ)………(へにゃ、)一般人の方をあまり巻き込みたくないのです、本当に帰ってもらうわけにはいきませんか?」心配してるフリもどうにいったものだ!
N07_Hiroko > 【博子】「(うーん、だめかぁ、まぁこの子の勘違いってこともあるだろうし、見てくるくらいならいいか)しかたありません…お金、ゴホン、その子のためです、急ぎましょう、今回は偵察だけ、安全なうちに帰りますよ」
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「あ、ありがとうございます! はい、少しだけでも……」パァっと表情を明るくすると、二人でビルの前へ。自動でもないガラスの両開きドアです。コンクリートむき出しではありますが、地面には埃などはなく人の出入りは少なからずあるようですね。
nineGM > 【ソニア】「んっ……な、なにも、ありません…ね?」きょろきょろと見回し、自覚はしてないのでしょうが博子の後ろに隠れるようについてきます。
nineGM > フロアは……古ぼけたソファーや机はありますが、博子からみてもやはりめぼしい物は特にはありませんね。上に登るしかないようです。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「(やった♪どう見てもハズレじゃん♪)ソニアさん、私の後ろに…、上も見てみましょう、くれぐれも慎重に…」安心した博子さんは堂々とソニアさんをかばうね!
N07_Hiroko > そろそろと上の階へ!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「あ、ありがとうございますっ は、はい……スゥー…ハァ――……」かなり緊張した面持ちで博子さんの内心も知らず、キラキラとしたまなざしを送りますね。次の階へそろそろと慎重に上がりますが、やはり無人……ヒロインの博子さんからしても人の気配すら感じずはずれ色濃厚ですね。
nineGM > 三階、四階と同じような様子で、もうここからは移動してしまったのかと、博子さんもソニアさんもちょっと気が緩みつつ……ふとソニアさんが友人を最後に見たときの事を話初めて。
nineGM > 【ソニア】「ここに入っていったんですけど……それが一人じゃなくって、男の人と……その、親しげに、寄り添って入っていったもので……」カッーと顔を赤くして。「もし、その……恋人同士だったら、邪魔しちゃダメかなって……」しかし、直に表情を曇らせて。
nineGM > 【ソニア】「でも……あの時声をかけておけば、もしかしたらこんな事にはならなかったかもしれないのに……っ 」そのときの事を思い出しているのか、眼に涙を浮かべています。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「魔力の残滓はありませんね……次の階へ行きましょうソニアさん(うんうん、やっぱり天使は人間に憧れられてないとねー♪この国ちょっと天使リスペクト足らなすぎ)」とことこ二人で登り
N07_Hiroko > 【博子】「(あと魔族リスペクト多すぎなんだよね、もー)ふふ、優しいんですね、安心してください、きっとその子も助けます」内心では安全だと思ってるので声出されても注意もしないね!しっかりと約束したりしている博子さん
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「はい……や、やっぱり、ヒロインさんって違うんですね……同じような歳なのに、全然私よりしっかりしてますし、その、私博子さんに頼んで本当に―――」
nineGM > と、お話しながらのせいかいつのまにか横一列になって階段を上がって……同時に5階のフロアを踏んだ瞬間。瘴気の壁がぞわりと二人の肌を撫でて一瞬で廃ビルから別の空間へと移動してしまいました!
nineGM > 豪華な装飾を施された家具に真っ赤なカーペット。どちらもやややりすぎで高級ホテルというよりは成金趣味で悪趣味な別荘といったところか……。
nineGM > 【???】「よ、ようこそ深緑の館へ。お待ちして―――」そう深く頭を下げて出迎えたのは煌びやかな姫騎士衣装に身を包んだヒロインのようです。ですが声は羞恥に震え……元々はわかりませんが、スカートがミニ丈というより完全に下着がみえるような長さにカットされて、ハートの切り抜き穴のパンティを丸見えにしてますね。
nineGM > 【???】「お、お客様、じゃな―――!? あ、貴女ヒロイン!? 早くここから逃げなさい!」二人の顔を見比べ、博子さんに詰め寄るようにそう言います
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「ソニアさん……(あれ?あれれれー?まいったナー僕のあふれ出る魅力は姿かたちが変わってもどうにもならないんだねーvvv ウヒヒ、キープしとけばいやらしビデオとか撮らせてくれるかも♪)」 *おおっとテレポーター!*
N07_Hiroko > 【博子】「ありゃ?  え?  ………………えええーーーーーーーっ!?!?!?」なんてこった!「コホン!あーあー(きりっ)魔族の気配は貴女だったのね!」
N07_Hiroko > 【博子】「貴女の実力なら私のほうが上だとわかるはず、降伏しなさい!そして貴女達が浚った子を解放するのです!」いっしょうけんめい天使魔力を出して(天使だよー、魔族が触ったらヤケドするよー)とサインをおくる!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「や、やっぱりここ……っ! って、あわ……っ/// あ、あの、博子さんこの人魔族じゃなくってヒロインさんなんじゃ……?」
nineGM > 【ヒロイン】「(な、なんか残念な子ね……)違うわよっ! あ、あとこんな格好自分でしてるんじゃなくって、無理やり……っ と、ともかく早く逃げてカルテルなりに知らせて欲しいの! まだここには―――」がもり!最後までいわさないよと奥の隣からそこそこ体格のいい男がヒロインさんの口を抑えてドアの向こうにぽーんっ
nineGM > 【マスクマン】「おっとお客様ァ……当店は残念ですがヒロイン様のご入店はご遠慮願っておりまして……。ヘヘ、もしかしてここで働きたいと? 失礼。そりゃァ歓迎ですよォ」にへにへと真っ黒な皮マスクを被ってブーメランパンツ一丁ですね。
nineGM > 【小マスクマンA】「お、チーフそいつらが話にいってた新入りですかい?」
nineGM > 【小マスクマンB】「ヒヒヒ……今から面接タイムってところですね……手伝いますよォ」
nineGM > 同じ格好だがやや貧弱というかだらしない体型の男がさらに二人、後ろから現れます。ソニアもいるのに挟まれて、逃げ場もないのでもう戦うしかありませんね!
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「 Σ 」………「ふふ、落ち着いているようですねソニアさん、それなら私も安心です」振りかえってやさしくうなづきかける博子さん(何
N07_Hiroko > 【博子】「(ええー?どうすんのコレ、逃げると『見捨てた』とか言われそうだしあーもー)ええっと……」きりっ!「ソニアさん、これから私がやるのは相手を油断させるための演技です、安心してね」
N07_Hiroko > 戦闘に備えて完全なる予防線を張る……蔵田博子の戦闘準備はここから始まるのだ…!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 戦闘開始です!
nineGM > 【紛れ込んだ弱者】ルーク級
nineGM > TP24 2d6 《速効Ⅲ》《雌豚狩り》《迂回攻撃》《バインディング》
nineGM > トラップぺたり
N07_Hiroko > ワナー!
*nineGM Topic : [下っ端マスクA.B IV07][博子IV07][マスクリーダーIV04]
nineGM > さて開幕ありますか!
N07_Hiroko > フライトからいきます!
nineGM > どうぞ!
N07_Hiroko > 残りMP5!
nineGM > はい!では同IVなのでしたっぱから!
N07_Hiroko > Σ大きな設計ミスを感じた
N07_Hiroko > どうぞ!
nineGM > 3d6+3 《ダークネスヒット》
kuda-dice_ > nineGM -> 3D6+3 = [5,1,2]+3 = 11
nineGM > 3d6+3 《ダークネスヒット》
kuda-dice_ > nineGM -> 3D6+3 = [4,5,5]+3 = 17
nineGM > マスクマンはヒャッハー!女だァー!と襲い掛かってきます!ダメコンどうぞ!
N07_Hiroko > 他と腰がふっとんだよ!
nineGM > ありがとうございます!では博子さん反撃を!
N07_Hiroko > アクトは……濡れ透けと罵倒いっておこうかな!
nineGM > どうぞ! RPは後にとってもこの場でやっても自由とかそんな!
N07_Hiroko > わかりました!
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2+2d6 じゃぁ……背後の子にいこう、ルークと見たのでいきなりポテいれちゃえ
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2+2D6 = [6,1]+7+3+2+[3,4] = 26
nineGM > おおうっ 頂きました! そこそこききますね!
nineGM > では次、リーダーさん!
N07_Hiroko > 次の攻撃までにだまらせられるといいな…!
N07_Hiroko > はい!
nineGM > 2d6+6 《強撃》
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
N07_Hiroko > 胸とびで……ゼロになりました!
N07_Hiroko > アクトは乳じょくと汚された象徴!
nineGM > 嗚呼! そんな博子さんの間を縫って屑男どもの手がソニアさんに!ヒロインである博子さんは自分の意志と関係なく庇わざるをえないのですー!
N07_Hiroko > 天使なのにね!天使なのにね!
nineGM > 調教刻印:《善の心》
N07_Hiroko > ぎゃぁー!?!?
nineGM > 一応抵抗できますが…しますか!?
nineGM > 効果はBS拘束です!
N07_Hiroko > い、いや………このCPていこうに使っちゃうとここで勝てない気が気が!
N07_Hiroko > いただきましたーーー!
nineGM > ありがとうございます!
nineGM > ではトラップからの攻撃もどうぞ!
nineGM > 2d6
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6 = [1,1] = 2
nineGM > Oh
N07_Hiroko > Σやさしい
nineGM > 掴みかかられ、後ろから手首を、太腿を。拘束された博子さんにリーダーが迫ります!
N07_Hiroko > 淫らな拘束、濡れ透けを宣言しておきます!
N07_Hiroko > HP残り20!
nineGM > 【リーダー】「へへへ、仲間庇うなんてなかなかいいヒロインっぷりじゃねぇの。いや、そういうのがまた受けるんだ……」見れば全員興奮してパンツ盛り上がっちゃってますね。どうやら部屋に充満する瘴気のせいで色々と強化されちゃってるようです
nineGM > 了解!
nineGM > 【マスクA】「それにしても羽にワッカたぁ、中々そそりますね……俺こんな格好のヒロインのゲームの大ファンで……ちょ、ちょっと抑えてもらってていいですかィ?」そういうと、博子さんをしゃがませて……あろう事か翼で放り出した自分のイチモツを扱き始めちゃいましたね! カリ高ですが蒸れて牡臭い匂いが博子さんにもわかってしまいます…。▽
N07_Hiroko > せいれんな白に青い装飾線の走った戦闘用魔女ドレスに身を包み、光を放つ杖で武装した博子さん、【博子】「エンジェルパワー、メイクアーップ……あー…なんでボクがこんなコト……もう!さっさとどいてよね!僕は君らが触っていいような存在じゃないんだぞ!」などと最初こそ威勢がよかったものの…?
N07_Hiroko > 【博子】「庇ったんじゃないよ!身体が勝手に……!ボクはヒロインじゃないんだから……そんなことしないよっ!!あ、ちょっとドコさわってんのさっ!?………ってギャーーーーーー!?!?何だしてんの!?ばかばかばかばかっ!そういうのはヒロイン相手にやりなよっ!ボクはちがっ…」
N07_Hiroko > 【博子】「  ぎぃーーーーーーーーーーーやぁーーーーーーーーっ!?!?  けがっ!?けがっ!?けがされるぅーーーーっ!?!?バカバカバカバカ!!キミら何に触ってるのかわかってんのかっ!?何シゴいてんの!?ひぃいいいいいっ汚いいぃいいいいーーーー!?!?」
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【マスクB】「バカヤロウ! お前一人でイかせるかよ! よし、俺はアレだ……この神々しいワッカでな……オォォッ なんかゾワリとしたぞこれ……ッ」無造作に天使の輪を掴むと縁に亀頭を当てて……そのまま博子さん本体そっちのけで腰を使い始めて。
nineGM > 【マスクB】「な、生意気なクチきく天使ヒロインめェ! よぉし……お、俺が!俺達がお前に天罰をくれてやるわ! お、おぉぉぉぉぉ~~~ッッ!」ビュビュク!!博子の目の前でワッカに黄色くネバつくザーメンがぶっ掛けられて。
nineGM > 【マスクA】「こっちも、わさぁっと柔らかくて……ッッ! おっ、おっ、オォォォッ 濃いのが出るぞぉっ、俺の、尿道こじ開けて……おっ、おっ、お”ぉぉぉッ!!??」二枚の羽を擦り合わせオナホを扱うように使っていたマスクAも同じく……ドビュドビュと翼へ中出しをしているように、腰を突き出し肩甲骨辺りにぬちゃぬちゃと亀頭でザーメンを塗りつけますね。
nineGM > 【マスクリーダー】「……」拘束しています。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > ぞくぞくぞくぞくぅーーーっ!!天使の自分に対する想像もできないような仕打ち、あまりのことに腰から脳天までおぞけが走り、おんなのこみたいに両足は内股に、勝手に目はしに涙が溜まっていって
N07_Hiroko > 【博子】「  ぎゃーっ!?ぎゃーーっ!?ひぃーーーやぁあぁあーーーっ!?  帰れなくなるっ!天国かえれなくなっちゃぅううっ!?やだぁあ消毒してよ……(びゅくびゅくっ♪)  え?  あたまぁあぁあーーーーっ!?!?  」
N07_Hiroko > じゅくぅううっ!!と天使の輪に汚さがしみ込んでくるような濃ゆい濃ゆい精液がこってりと目の前まで垂れ落ちてくるのを目をまんまるにして見つめる【博子】「あーーーっ!!?ぺふっ!!?ぎぃやぁーーっ!?!?!」直後の翼責めで背筋が反り返り、垂れた精液が口にまで入ってしまい、大騒ぎするえんぜさん
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【マスクA】「へへへ……帰れなくなっても大丈夫なように俺達がたっぷり穢して堕天させてやるから安心しろよ!! なぁ兄弟!」
nineGM > 【マスクB】「あぁ……しかしここまで騒がれると本当の天使みたいでよぉ……マジ燃えるぜ……あぁ、またキやがったァ~~ッ♪」
nineGM > 射精して半立ち状態になったチンポが博子さんの反応で再起動。今度はグチョ濡れに汚れた翼を無造作に掴んで、頭の上で髪ごとダブルワッカコキを決行……素晴らしいコンビネーションです。
nineGM > 【マスクA】「お”っほぉぉぉぉッッ こりゃ確かにィ……ッッ!♪ オラオラッ、逃げないと……このままザー塗れ天使になっちまうぜェ! おっおぅっ、おおおおおおッッ♪」ドビュ、ビュルビュクッ、ドブブブブブッ♪ 溢れるような第二射がほぼ同時に……滝のようなザーメンはワッカから垂れ胸元やお尻や背中……白い衣装にべったりと染み、肌に張り付き肌色を透けさせていますね。
nineGM > 【マスクリーダー】「……」拘束しています。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「あひっ!?あひっ!?あひぃいぃいっ!?」すぐにでも跳ね除けたいのに天使的に汚すぎて触ることさえできません、中途半端にお手手を上げてお顔を庇うようなかっこうにしかならない元えんぜさん、立ち上ろうとすればちんこにもっとわっか押し付けちゃう…!
N07_Hiroko > そう思うと腰が抜けたように立ち上がれません。閉じると精液まきこんじゃうので限界まで開いた羽のほうは男たちのペニスから遠ざけようと地面ぎりぎりまで下げるのですが、そのごようすは負けた闘鶏のにわとりさん
N07_Hiroko > 全身硬直しちゃったままビクビク震え【博子】「こなくていいよっ!?こなくていいよっ!?こないでこないでこないでぇえっ!?逃げっ!?逃げるから逃げるからまってぇええっっ!!」あれよあれよと手を足を拘束していくリーダーさんの動きを目だけは追っているのに何にもできない【博子】「ぎぃぃーーーーーやぁああーーーーっ!?!?」
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【マスクB】「あぁ、ちくしょう……こりゃぁ久しぶりのスマッシュヒットだぜ……ッ」
nineGM > 【マスクA】「おおっと、すいませんリーダー……代わりますからリーダーも好きなだけ汚してやってくださいよ。この生意気な天使様をさぁ……」
nineGM > 【マスクリーダー】「あ、あぁ、そうだな……」正直ワッカコキ翼コキのレベルではないリーダー。ここで胸だのお尻だのも何か空気読めてない上司になりそうで責めあぐねてしまいます……。
nineGM > ▽
nineGM > 次のターンへ!
N07_Hiroko > はい!
N07_Hiroko > じゃぁしたっぱ2人に攻撃するね!
nineGM > さてたっぷり出して一息ついた小マスクさんは博子さんを代わりに拘束するので行動なし!
nineGM > さあどうぞ!
N07_Hiroko > お、おお…!?
N07_Hiroko > まようー!じゃ、じゃぁボスさんにこうげきだ!
nineGM > どうぞどうぞ!
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2+2d6 またポテ2!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2+2D6 = [1,6]+7+3+2+[2,3] = 24
N07_Hiroko > おっと…拘束をわすれていた…!
N07_Hiroko > 1d6+24-4 ポテ1追加で!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 1D6+24-4 = [2]+24-4 = 22
nineGM > 両異界
nineGM > りょうかい!
nineGM > さて、残りました!
N07_Hiroko > ぎゃー!?
nineGM > リーダーは体力型ルークなのです・・・!
N07_Hiroko > やるな…!
nineGM > さて、そこにリーダーからの攻撃ー!
N07_Hiroko > あぼいど受け!
nineGM > 2d6+6
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8
nineGM > きょうげき!
nineGM > あっれー!?
N07_Hiroko > Σ
N07_Hiroko > 1点くらった…?!
nineGM > 二人に当てられたか…!
N07_Hiroko > ど、どうしようリーダーやさしい…(きゅん
nineGM > さて続けてトラップ!
nineGM > 2d6
N07_Hiroko > はい!
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6 = [2,3] = 5
nineGM > 受動不可です!
N07_Hiroko > HP残り14点!女神の印は……一応まだとっとこう
nineGM > 一応アクトはありますか!
N07_Hiroko > アクトは……一瞬リーダーに純潔の証言いそうになったけど天使はそんなことしないのでこころをおににしてなし!
nineGM > ええはなしや…
nineGM > では、3ターン目!
nineGM > 押さえつけてるものの、まだ行動に移さないリーダーにやきもきしていますね!
N07_Hiroko > Σうちの子がもじもじしている
N07_Hiroko > さすがにねねさんだ…!でもリーダーにこうげきするしかない!
nineGM > 【マスクA】「あの……俺達も結構溜まってきたもんで……」【マスクB】「……どうしたんですかィ? まさかこんな女に同情してるなんてないでしょう?」
nineGM > さあ次ターンからはまたマスクさんたちも動き始めます!
nineGM > といったところで博子さんどうぞ!
N07_Hiroko > ひぃにねねさんのレスがわちさんを悩ませる…!
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2 ボスに…ポテ……悩む……無し!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2 = [1,4]+7+3+2 = 17
N07_Hiroko > オバロ重すぎた…!ざこ戦でポテがじゆうにつかえねー!!
nineGM > ええと…残った!
N07_Hiroko > そしてギャー!?ひくい
N07_Hiroko > くるがいい!
nineGM > 二戦目はイベント戦闘(予定)だから気にしなくてもよかったね!
N07_Hiroko > でもがんばってかつよ!
nineGM > 【リーダー】(このままでは、威厳が……ええいままよ!)むちょりとザーメン塗れの博子さんを抱き締めるように拘束してぬちゃぬちゃと翼にザー汁塗りたくるように!お腹には反り返ったオチンポをズリズリしてますね!
nineGM > 2d6+6
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6+6 = [2,6]+6 = 14
nineGM > 《強撃》です!
N07_Hiroko > 14か、それはあぼ!残り7!
N07_Hiroko > 6d6 女神のしるしでかいふく…!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 6D6 = [1,1,1,6,4,5] = 18
N07_Hiroko > 全快!
nineGM > Oh!!
nineGM > ではトラップさん!
nineGM > 2d6
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6 = [2,5] = 7
N07_Hiroko > 残り16!
nineGM > さあ、では次のターンです!
nineGM > 【マスクA】「おぉぅ…翼に塗り込むたぁ流石リーダーだ! へへへ……よぉく染みこむ様にもみこんでやりましょうぜ……」
N07_Hiroko > 雑魚さんへの攻撃にポテを全のっけしてやっつければ……!つまりさっきのトラップさんには耳年増をつかっておこう!
nineGM > おっけ!
nineGM > では雑魚さんの攻撃!
nineGM > 3d6+3
kuda-dice_ > nineGM -> 3D6+3 = [2,5,3]+3 = 13
nineGM > 3d6+3
kuda-dice_ > nineGM -> 3D6+3 = [1,3,3]+3 = 10
nineGM > ダメコンどうぞ!
N07_Hiroko > あ、こっち先すす…!
nineGM > ありゃそうだったかっ
N07_Hiroko > IV7だから!
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2-7+3d6 が、がばれー!雑魚さんふたりに!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2-7+3D6 = [6,5]+7+3+2-7+[4,4,2] = 26
nineGM > おと、私のミスでしたなっ
nineGM > そして…雑魚さんげきはー!
N07_Hiroko > よ、よかたー!!!
nineGM > ちなみにリーダーも前衛ですのでスプリット範囲にはいる!
N07_Hiroko > Σなにぃ
nineGM > 今見たら挟み撃ちっぽくて申し訳ないっ
N07_Hiroko > ひじょうにたすかった!
nineGM > 戦闘処理的には全員前衛でした!ということでモンスター全滅!
nineGM > 【マスクリーダー】「お、おう、任せておけわはは…・・・ッ(て、手触りはいいが、なにかやらしい気持ちにはなれん)……ゲフゥッ!?」
nineGM > 【マスクA.B】「り、リーダー!? テメェ! 何しやがッ ゲヒィィッ!?」
nineGM > さて拘束の隙を付き、博子さんの御美足が連続ヒットですね! どことはいいませんがぐてりと倒れ、込む三人……。
nineGM > 【ソニア】「ひ、博子さんっ! よかった……はやく皆を助けて逃げ出しましょう!」即逃げることもできますが、このセリフで博子さんの正義の心を縛られてしまいますね…。
N07_Hiroko > ぎゃー!?
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「はーーーっ!はーーーーっ!はーーーーっ!よよよよくもボクの輪っかを羽を、もう救助なんかしらないy     え、ええ……!い、い゛ぞぎま゛じょう゛………!!!」なんか言おうとしたところで博子さんの身体が勝手に善の心をとりもどすよ!
N07_Hiroko > 【博子】「(拭きたい拭きたい拭きたいお風呂はいりたいぃいいいいいーーーーーっ!!!)」懸命なおかおでソニアさんの前を走るひろこさんだ!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【マスクリーダー】「す、すまん……俺が、もっとお前達の性癖への理解があれば……ッ?! ンっ、ンゴボォッ?!!?」流石に鍛えているだけあるのか、戦えないまでも上半身を起こしたリーダーでしたが……突如マスクが膨らみ、スライムの様に形状を変えて……終わると……。
nineGM > 【ゴルム】「ゲフッゲフッ 仕方ネェ、ワジの出番かナ……ヒ"ヒヒッ」マスクは潰れた鼻の豚の貌に浮き上がり、それにふさわしく肌はゴツゴツと疣のある硬質なものに、体型も筋肉質ながら腹はでてメタポのオヤジの様に。そもそも体面積も膨れ上がり……ようするにトロルやオークに分類するモンスターへと姿を変えてしまいます。
nineGM > 【ゴルム】「さあ、ワシが本当の陵辱ってヤツを見せてやろウッ!!」フゴフゴッ 荒く息をつく元リーダーが走る博子さんを好色そうな鳴き声で襲い掛かってきます!
nineGM > 【ソニア】「ひああああぁぁっ!? ひ、博子さん博子さん! ば、化け物です――っ!!」
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「ソニアっ!!(ぐいっ!!)」背後から襲ってくるオーク、振り返った博子さんがソニアさんの二の腕を掴んでオークの突進経路から無理やりにどかせます
*nineGM Topic : [ゴルムIV04][博子IV07]
N07_Hiroko > 【博子】「んんんううううーーーーーっ!!!ボクは早く帰ってお風呂っ!!お風呂入りたいんだよぉっ!!お前らもうゆるさないぞっ!!天使が魔族に手出しちゃいけないなんて盟約しらないっ!!もうけっちょんけっちょんにしてやるぅううーーーーーーっ!!!」
N07_Hiroko > ▽
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > ~一旦中断~
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > ジャーンジャーン!
nineGM > 再開いたします!
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 【ソニア】「きゃんっ!! ひ、博子さん!?」ソニアの悲鳴も当然の事、近づいてみれば尚の事ゴルムの異形はよくわかりますね。しかしそこまで機敏ではないのか、勢いの割りにはそこまで機敏には見えません!
nineGM > ▽
nineGM > といった所で行動をどうぞ!
N07_Hiroko > かいまくそらとぶかどうするか…!
nineGM > 連戦扱いで飛んでてだいじょうぶ!
N07_Hiroko > おっと!
nineGM > (ザーメン塗れの翼とはいうまい…
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2 じゃぁそのまま攻撃だ!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2 = [6,6]+7+3+2 = 24
N07_Hiroko > ひゃぁ言っちゃらめぇ…!
N07_Hiroko > がんばった!
nineGM > おおっ
nineGM > ではガッツーン! 鼻っ面に強烈な一撃を貰いましたね! しかしそれくらいでは勢いは止まりません!
N07_Hiroko > Σおそろしいいきおい
nineGM > では次はゴルムさん!
N07_Hiroko > 【博子】「こんのぉおおーーーーーーっ!!!」どっかーん!「どうだぁっ!!!」
nineGM > 【ゴルム】「んぬぅぅぅぅッ! 中々やるが……ゲハぁッ!」その勢いのまま、荒れ狂う肉ダンゴは腕を広げて…
nineGM > 2d6+13 《旋風撃》《バインディング》
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6+13 = [5,4]+13 = 22
N07_Hiroko > 残り16だから防御で7点ひいて…15、おお!防御にCP使わなくてものこる!
N07_Hiroko > 残りHP1!
nineGM > ガバリと博子さんをその両手の中に収めてしまいました!ギチギチと抱き締めて…硬質そうな見た目とは裏腹にズブズブと博子さんの身体は肉の塊の中へ!
nineGM > なんとΣ
nineGM > トラップも今はないので、そのままアクトどうぞ!
N07_Hiroko > 【博子】「むぎゅぅうぅう!?」Σおお
N07_Hiroko > じゃぁアクトは純潔の証と異形の交合と、膨れ上がる腹!
nineGM > おおう!Σ ではRP書き出します!
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 【ゴルム】「グフッ、グフッ 中々いい抱き心地だわィ……しかし天使とは……これはワシでも初めて味わうわ……」べろぉぅ!太く分厚く生臭い舌を博子さんの頬に這わせて舐め取っちゃいますね!ヒィ!
nineGM > 一方でビキビキィッ! 音を立てて股座にぶら下がった腕のような男性器が勃起し、疣とコブで非常にグロテスクな姿を表します……博子さんには見えませんが、ニチャニチャと酷い匂いをするそれを座らせるように擦り付けてくるので、なんとなくわかっちゃいますね!
nineGM > 【ゴルム】「フギィ!フゴッ、ンゴォッ! ゲヒヒッ やはり処女かァ 久しぶりだが壊れてくれるなよォ……」さて、非常に醜悪な化け物ですが、それに加えて身体から湯気のような……体臭を含んだ濃い瘴気を発し始めます。酷い匂いのクセ、強制的に牝を発情させるようなものなのか……ヒロインといえど、喰らい続ければタダではすみませんね!
nineGM > 【ソニア】「やっ、こ、腰が抜けて……ひ、博子さん! 頑張ってください――ッ!」密着しないまでもあっという間に空間に密集して……半ば呆けた表情ですが、それでも博子さんを信じるように叫びます。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > Σぎゃぁー!?応援らめぇ
N07_Hiroko > 【博子】「天使だと思うんならはなせぇえっ!!ボクをヒロイン他のヒロインと同じだと思ったら大きな間違いだぞっ!ううっ!!気持ち悪い!めり込んでくぅ……っ!?」万力のようなうでぢからと
N07_Hiroko > 【博子】「んぁっ!?なめるなぁっ!なめるなよぉおっ!!(にちゃり!)何勃起させてるのぉ?!?うぁああっ!?へ、へんたいっ!!はーなーせぇーっ!!」じたばた暴れるものの…瘴気の霧の中でこれだけ騒げば次第に毒も回ってきてしまいます
N07_Hiroko > じゅんっ…!!ペニスを跨らされている股間が熱を帯び、わずかに湿りはじめ…【博子】「(そ、そうか、天使の身体じゃないから勝手に発情しはじめてるぅうっ?!!)ま、まって、ソニアそういうコトいわないでぇえ……っ!」さらにまるでヒロインみたいな応援のされ方をされてしまえばいよいよ体の反応はヒロインじみてきて
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ゴルム】「キヒヒッ なぁに堕ちた獲物にもならん輩よりも多少やかましい方が反応を楽しむにゃぁいいってものよ。そういう訳で簡単に壊れてくれるなよォ……ッ!」ジタバタ暴れる手足か身体にも化け物の汗(瘴気)がまとわり付き、力を奪います。ずむりとめり込んだ胸をこすり付けるように小刻みに肉の中で身体を擦り付けてきますね。
nineGM > 【ゴルム】「―――クヒッ、ヒッ! そうは言っても身体は騙せはできんようだなァ……そうだ、今からでもワシに屈服して奉仕するってなラ、開放してやらんでもないぞォ……」ふと思いついたようにそういいますね。仮に一時の嘘でも、緩んだ瞬間に反撃や逃走を出来れば……。
nineGM > 【ソニア】「ふ、ふざけた事を言わないでください! 博子さんは絶対に堕ちたりなんかしません! ましてや貴方みたいな化け物に犯されるのが怖くって屈服したりなんか……! 博子さんは、ヒロインは絶対に諦めたりしませんッ!」何か言われましたね。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「ひ、ヒロインの服はお前たちみたいのの力を防ぐはずなのに……っ!!」ボロボロの魔法少女服は胸も股間も全く隠せていないほどダメージを受けています、むっちりと密着する身体はじわじわと勃起する乳首もこりっこりに尖り立ってゆくクリトリスも相手の身体に感じ取られてしまう
N07_Hiroko > 【博子】「あの三人のせいでぇぇっ……んんんっ!!(ひくくっ)え……?」わずかに嬌声が漏れたことに一番怯えたのはご本人「ま、待ってっ!奉仕するっ!!するかr」慌てて離してもらおうとするものの【博子】「(ば、ばかそにあーっ?!)ぜ、絶対にそんなことしませんんっっっっ……!!!!」ままならない事態にどんどん息は上がっていって
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ゴルム】「それだけザーメン塗れではなァ……この館内じゃア ブヒヒッ、そういわれては仕方ないなァ……」上半身を思い切り抱き締められると、下半身は逆におなかに押し上げられるように、突き出したような格好へ…そこへついにトロルの異常な大きさのペニスが押し当てられ……ズルッ、ズチュブッ!カウパー塗れの亀頭が、瘴気で嬌声発情させられた淫唇に何度もこすり付けられて……。
nineGM > 【ゴルム】「オッ、オ”オオオオッ 焦らせ等とは言われたが、これは堪らン!」だらりと、涎を垂らすニヤケタ豚面が見えますね。【ゴルム】「イクゾ、イグゾオッ、オォォォォォッッ!!」ズブブボッ ゴボッゴボッゴププッッ!! 咆哮と共に無慈悲に肉杭が博子さんのおなかに打ち込まれます、ヒロインの身体能力のおかげか、裂けはしませんでしたが限界まで押し広げられ、貫き下腹部を内から押し上げられた姿は百舌のハヤニエといったところですね…。
nineGM > 【ソニア】「ひ、博子さん―――! 頑張ってくださいっ! そんな、そんなオチンチンに負けて失神なんか絶対しちゃダメなんです!!」
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「や、やめろよおおっ!ひぅんっ!ひゃぃっ!?い、今ならゆるしてやるからっ!!ヒロインじゃないんだぞっ!天使にそんなコトしてどうなるか、あ、や、め、てぇえ…っ!!」オークに抱きすくめられる中で、あまりのおぞましさにぴっちりと閉じていた秘裂がくちゅ…♪と緩み始め、その先端を飲み込み始める
N07_Hiroko > じたばたと羽ばたいていた羽が博子さんのハァハァという息遣いに合わせてそわそわと開閉を繰り返します、そして…  【博子】「ん、痛っぎゅぅーーーーーっ!?!?!?」みちみちぎちちぃいいっ!!「あ゛ーーーっ!!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーっ!!!」絶望の絶叫とともにぶじゅっ!と潰れた膀胱から尿が漏れ、指一本動かせない驚愕の表情のまま豚づらをみっちり肉の中から見上げて…
N07_Hiroko > 絶望の絶叫とともにぶじゅっ!と潰れた膀胱から尿が漏れ、指一本動かせない驚愕の表情のまま豚づらをみっちり肉の中から見上げて…
nineGM > 【ゴルム】「ブフォ―――ッッ!! オッ、オォォッ♪ いいじゃなぇカ! ククク……大分天使様も良さそうなんじゃネェカァ?」驚愕と絶望の声に気をよくしたのか、中でさらにミチリと大きく脈動して。
nineGM > 【ゴルム】「ほぅれ……そのツラ、そっちにも見せてやるとイイぜェ……♪」ぐるりと一回転させ、中でミヂミヂミヂミヂッ! 肉を引っかきかき回す音が響きます。背中を向けさせると、翼をハンドルでも持つように握り、ガチリとワッカに噛み付き、そのままはねさせるように乱暴に腰を打ち付けます。ゴプンゴプンッ!子宮を殴りつけるような大げさな音が響いてしまいますね。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > ぎゃー!?なにその体位!?超えーろーいー!?
nineGM > 悦んでいただけたッΣ
N07_Hiroko > 【博子】「あぎっ!?ひ、痛ぎぃいいっ!?!?」ごぎゅっ!ごごごりっ!!天使の象徴である輪を口で固定され、両翼を持って思うさま腰を叩きつけられる、余りに屈辱的な体位だというのに博子さんの頭を占めるのは痛みと焦りとどんどん汚されてしまうという恐怖
N07_Hiroko > 千切れそうな翼と叩き潰されそうな子宮を守ろうと、必死にオークの極太ペニスを両手で押さえます。腰は引け、ぷじゅぷじゅと破瓜血と豚かうぱーを股間から吹き出し、がに股でペニスに手を添えて挿入を助けるような卑猥な格好【博子】「(あああっ!?き、気絶しちゃ…… 気絶もできないいいいっ!?!?)ソニア見てないでぇえっ!?へぎゅぅっ!?よ、よごむいてでぇえっ!?」
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「博子さんしっかりしてくださいッ! 博子さんならこんな暴力的なセックスなんかに負けず、むしろ痛覚だって快楽として受け止めきれるハズです! ヒロインなら、きっと……!」わりと無茶苦茶いい始めてますが、頬を挟むように博子さんの顔を固定して間近で表情を見つめちゃってます。なぜか博子さんもソニアから目を離せず、ソニアの瞳に映って自分の今の姿がどんなに酷いものかわかってしまいますね。
nineGM > 【ゴルム】「ゴノッ、こじ開けて、押し広げてイク感覚ッ! それにこのミアスマの甘露ナことヨ……ゲヒヒヒッ! ヒロインは何度犯しても辞められんッ、ブホッ、ゴフォォォォッッ!!」オナホールを扱うように天使の牝孔を抉り掘っていましたが、そろそろ限界のようで……一際強く子宮を押し潰すような一撃、ワンテンポ遅れ、火山の前兆を思わせる震えを伝えて……。
nineGM > ッドゴブゥンッ!! ボブッ、ボブリュ!!ボビュボビュボビュドビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!! 溢れたザーメンが全身の穴から逆流するような勢いで濁流が博子さんの中で開放されてしまいます……。貌は見つめられたまま、足が中から浮き、ガニ股のまま失禁というレベルでないザーメンの逆流があふれ出し、ドブブブビュゥゥ!! 足ともと酷い匂いの獣の精液で水溜りができてしまいますね。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「ゆ、ゆるじでぇえっ!!違うのぉ゛っ!!ボグヒロイ゛ンじゃなかったのぉっ!!天使な゛のぉおっ!!ヒロイ゛ンみだいには無理い゛ぃっ!!嘘っ!うそづいてましたぁっ!!無理ぃいいっ!死んじゃっ!!しんに゛ゃうううーーーっ!?!?」指一本も動かせず、視線すら目の前の少女から逸らせない博子さん
N07_Hiroko > きゅぅうっ!♪っと恐怖にかられて天使のお羽根が、それを掴むオークの手に手のひらを重ねるように掴まってしまいます、射精の予感にヒロインから貰った身体は正直に、そして淫猥にびくびくと反応して……【博子】「ヒロイ゛ンじゃないっ!ヒロイ゛ンに゛ゃないのおおっ!!天使汚しちゃり゛ゃめぇええっ!!ヒロイ゛ンにしぢゃ、に゛ゃめええええええええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」
N07_Hiroko > ぼどぢゅぅうううっ!!!股間からどろっどろに濃ゆいケダモノ精子を噴射し、みるみるボテ腹を膨らましてゆく、長髪の黒髪がびぐんびぐんと痙攣するたびに波打ち、よだれを振り乱してそのおくちが絶叫する度に天使の輪が明滅し、翼がわなないて……【博子】「おぴゃぁあぁ……………」舌をだらりと垂らして白目をむく
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ゴルム】「ギヒヒヒッ なんだワシを悦ばせる為にか、まぁ情けなく喚きおっテ……本格的に壊してしまいたくなるガ、禁じられているのが辛いところだゼェ……」ゴプンッ! 玉のように大きな亀頭が膣肉を捲り上げながら抜き去られ、手を離すと精液の池に博子さんの身体がベチャリと音を立てて落ちてしまいますね。閉じなくなった秘裂からは泡だった粘度の高いザーメンが溢れていて…。
nineGM > 【ソニア】「博子さんっ しっかりしてください……! 大丈夫ですっ、そんな化け物に犯されたって情けなく喚いたって、そんな酷い顔で痙攣してたって博子さんは立派なヒロインですっ!」頭を抱き締め、痙攣する翼をそっと撫でつけますです。何か子供に教え込むような風にもみえますね…。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「ひ、違にゃぅのぉ………ひぁ、お、おにぇがいぃ……もうひゃめます、もうひゅるし………ひぁっ!やだっ!やだやだやだ、ひあっ!!!ひああああああああーーーーーーーーーーーっ!?!?!?!」ごわわわっ!!ヒロインにだけ許される凌辱のミアスマを純粋な魔力に変えてのハンゲキ
N07_Hiroko > これをしてしまったら自分は天使ではなく、瘴気を光の魔力に変換する変換装置、進んで汚されて魔族を倒すための対魔武器にすぎないヒロインになっちゃう……、こころのそこからそう思うのに、ヒロインとしての身体はオークのペニスを腰の口で吸い上げ、勝手にみるみる魔力を膨れ上がらせて……
N07_Hiroko > ▽
nineGM > CPを得て、おそらく最終ラウンドです!
nineGM > 先行博子さんなんかずたぼろですがどうぞー!
N07_Hiroko > はい…!
N07_Hiroko > 2d6+7+3+2+12d6+1d6 さいごの攻撃だ!オーバーロード+ポテ1です!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 2D6+7+3+2+12D6+1D6 = [3,6]+7+3+2+[1,3,2,1,4,1,1,3,1,3,6,4]+[6] = 57
N07_Hiroko > ええと…拘束なのでひく4!
N07_Hiroko > 53てんです!(ゆびさし
nineGM > は、半分は、こえた・・・!
N07_Hiroko > わーーーーい!!リーダーつえー!!(せいかくには違うひとです
nineGM > 身体はリーダーです!
nineGM > これだけ頑張ったら個人的には勝利をあげたいところですが・・・!
nineGM > ここは、無慈悲に失礼つかまつります・・・
nineGM > では、元リーダーのこうげき!
nineGM > 2d6+13 《旋風撃》《淫毒》
kuda-dice_ > nineGM -> 2D6+13 = [3,5]+13 = 21
N07_Hiroko > (がんばってふせぐのポーズ
nineGM > (キュン
N07_Hiroko > ええと、7点とめて……しんだ!
nineGM > 前半戦の説明不足が原因でしたな! 残念ですが致命表を!
N07_Hiroko > 1d6-1 ふふふ、だがアイアンウィル装備の子はここから(たまに)しぶといぞー!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 1D6-1 = [4]-1 = 3
N07_Hiroko > (ばたり
nineGM > 強烈な打撃に総身が震えて意志が折られる。
nineGM > 【HP】が1以上になるまで[能動][補助]行動を行えない。仲間がいなければ行動不能になる。
nineGM > ある意味あってる・・・!
N07_Hiroko > 意志が折れると不屈の意志を注入されるんですねわかりま………?
nineGM > 絶対に堕とさないよっ!
nineGM > と、致命もどうぞ!
N07_Hiroko > 1d6 えいえい!
kuda-dice_ > N07_Hiroko -> 1D6 = [4] = 4
nineGM > ぜんめつだった!
N07_Hiroko > なんてことだ…!!
nineGM > 全滅のすぐ後、モンスターに犯されているところを冒険者に救出される。
nineGM > 【SP】+1する。
nineGM > さて!ではエピローグへと…
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 【ゴルム】「さデ……この天使様、どうするヅモリだ?」痙攣する背中を生きているのか確かめる風に、巨体の足が蹴り転がしますね。
nineGM > 【ソニア】「―――なんだか、普通のヒロインさんとは違う特性をお持ちの様ですし……今回は簡単な刷り込みだけ施して野に帰しましょう。御付の天使さんの仕業でしょうか、ヒロインカルテルがこちらに近づいてるという話ですし」朦朧とする博子さんの頭を撫でつけつつ、化け物に普通の調子で応対するソニアさん。
nineGM > 【ゴルム】「ふゥム。まぁワジはそこそコ満足できタわ。従順ばかリではつまらんからナァ」ぐいっ、強めに背中を押し込むと膨れたおなかが地面と挟まれ、ビュピュビュルゥゥッ 秘裂から水鉄砲のようにザーメンを吐き出してしまいますね。
nineGM > 【ゴルム】「ふゥム。まぁワジはそこそコ満足できタわ。従順ばかリではつまらんからナァ」ぐいっ、強めに背中を押し込むと膨れたおなかが地面と挟まれ、ビュピュビュルゥゥッ 秘裂から水鉄砲のようにザーメンを吐き出してしまいますね。
nineGM > 【ソニア】「さて、では急ぎましょう……」抱いていた頭を、再度向かい合うように見つめて……「貴女は今回舐めた辛酸を決してわすれず、またここに戻ってきます。ヒロインは負けてはいけませんから……そうですよね?」
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「(うぅうぅ……!なんてこった騙されるなんて……!もう逃げよ、と、とりあえず死んだフリだ……!)う、うう……ソニアさん…!ハァ、ハァ……、騙していたんですね!ゆ、ゆるせませんっ…!」ぐったりと力の抜けたまま、ぼぷぼぷと股間から精液を噴射しつつも、なんとかぶるぶるとお顔を上げるひろこさん
N07_Hiroko > 【博子】「覚えて……ん、押さ、ないでぇ…!!お、覚えてなさい……!!貴女達を、私は絶対に許さない………!顔、おぼえたんだからぁ…………んぁっ…」自分は死んだふりをするための努力をしていると思い込んだまま、ひろこさんはソニアさんのお顔をしっかりと目に焼き付け、最後にごびゅぅっと精液を腰から噴き出す
N07_Hiroko > その刺激に秘肉がぶるっとふるえて、抜け出せない淫虐への期待に甘い喘ぎが漏れたことには気づかずに……
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「そうそう、それでなくては……大丈夫、憎い敵は沢山いらしてます…御金持ちのおじ様や、それこそお爺様まで……貴女はヒロインとして彼らと戦わなくてはいけません。もちろん、正々堂々と相手の定めるルールで……です。場所はまた私がお伝えします。では……暫くはお休みなさいませ……博子さん……♪」教え込むようにそれを告げるソニアさん。そぉっと、いつのまにかつけていた妖しい輝きを秘めた指輪で若干濡れた博子の瞳を閉じさせて。
nineGM > ―――次に気が付いた時にはカルテルヒロイン専用病錬のベッドの上、幸いな事にヒロインカルテルに救助された博子さん。その後博子さんが得た情報――魔族や瘴気に溺れた男屑、そして売られるヒロイン達など、組織が実在し一部とはいえ構成が分かった事で博子さんは高く評価を受けることになります。
nineGM > ――ガチャリ
nineGM > 【ソニア】「博子さんっ! よかった……私残して消えてしまって……凄く心配でした……無事ではなかった、ようですけど……」ぐっと、部屋に入るなる手を握り締め目に涙を溜める少女。今回の情報提供者ですね。
nineGM > ▽
N07_Hiroko > 【博子】「え゛……?」なぜか一瞬あまりのしらじらしさにあきれたような気がする博子さん、魔族の魔力で戦う気力を萎えさせられていたことを思い出します、「御免なさいソニア、私貴女を守りきれなかった、でも貴女は逃げ切れたのね?良かった……」いつも通り流れるようにヒロインらしいセリフが出ます
N07_Hiroko > 【博子】「本当に、よかった………!」ぐぐっ……と手を握ってしまう自分にちょっと違和感を覚えますが……「私、あの連中の情報をカルテルには渡さないようにしようと思うの。最初は……自分だけで、手柄も独り占めして報酬も……そんな風に思ってた」ソニアさんだけに聞こえるように言います
N07_Hiroko > 【博子】「でも今はそういう理由じゃないの。きっとあの子だってあんなコトさせられてるの誰にも知られたくないだろうし、それに……私、あいつらを他の誰かに取られるなんて絶対にいや」しっかりと前をみつめるひろこさん「だから…貴女に協力して欲しいの、貴女もカルテルに話すあいつらの情報は必要最低限に……、ごめんさない、こんなコト、頼める義理じゃないのに」
N07_Hiroko > 【博子】「私のわがまま……聞いてくれるかな」少しだけ弱さの混じった目で、すがるように見つめて…!
N07_Hiroko > ▽
nineGM > 【ソニア】「―――博子さんっ いいえ、いいえっ! 立派な事だと思います……っ」ぎゅっと、憧れを含んだ視線を博子さんに送って。「かならず、博子さんならきっとできます!」
nineGM > 【ソニア】「それで―――」ふと、一瞬視線の表情が変わった気がしますね。
nineGM > 【ソニア】「実は、あの組織の新しいアジトが分かったんです。」
nineGM >  
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > ~くらくら!~
nineGM > 【”元”えんぜくん受難録・接触編】
nineGM >  
nineGM >  
nineGM >  
nineGM > 一時閉幕と致します。
nineGM >  
nineGM > ありがとうございましたー!
N07_Hiroko > Σぎゃー!?そにあさんにまただまされるー!?
N07_Hiroko > ありがとうごじました!
nineGM > えーっとえーっと
nineGM > シナリオ失敗20点+ポーンモンスター2 ルークモンスター1 ルークトラップ1 + 総獲得CP
N07_Hiroko > あ、ルークトラップは場面移動で、倒してないから経験値は無しとみますた…!
nineGM > クリアしちゃえばおっけーとおもってたΣ
N07_Hiroko > ほほう、確かにそれでもいいかも…!
nineGM > じゃあモンスター8点の28+CP分を経験値へどうぞ!
nineGM > そっちなら32点どうぞ!
N07_Hiroko > わーい!
nineGM > まぁ倒したことにしちゃえ!(ゎーい
nineGM > そしてミアスマ8点+SP1/2!
nineGM > 魔族刻印に【ゴルム】!
N07_Hiroko > いただきます!(もぐもぐ
nineGM > そんでもって人脈はソニアとか姫騎士さんとかかな!御好きなものをむしゃってくださいませ!
N07_Hiroko > むしゃります!姫騎士さんとのえろキャットファイト戦闘……!こころがふるえますね!
nineGM > ヒロインたるもの切羽琢磨をわすれてはいけないのです!(ということでお互いに卑猥な格好で見世物に
N07_Hiroko > えろめー!(ぺちりまくる
nineGM > きゃんきゃんっ(ぴくぴく
nineGM > ある意味次の覚醒編が本番かもわかりませんねっ 御付き合い感謝!
Wat-cGAME > はい!相変わらず開始しばらくが安定しませんが…喜んでもらえていればなによりです!
nineGM > (発動編だった
Wat-cGAME > ありがとうごじあました…!
nineGM > なっとくの安定性でしたよっΣ
Wat-cGAME > Σ覚醒編とか発動編とかあるの!?
nineGM > (イデオン的な意味でした