22:35 (bee_GM) HCシナリオ「不可視の……?」 開幕です。
22:36 (bee_GM)  
22:36 (B09Sakura) あいさー
22:36 (B04_Velet) よろしくお願いします
22:36 (bee_GM) とある夏の日。定期テストも終わり、授業と言えばテストが帰ってくるだけの、一年で一番だれている時期です。
22:36 (bee_GM) ういさ、よろしくっ
22:37 (bee_GM) その、昼休み。生徒たちは、まもなくやってくる夏休みに思いを馳せながら、思い思いに過ごしています。
22:37 (bee_GM) 二人は、何をしているかな。RPお願いしますですよ
22:37 (B04_Velet) 窓際の席で頬杖ついて、つまらなそうに窓の外を見てる
22:38 (B09Sakura) 【咲良】「成績は、まあ…問題なし、ただ数学はもう少し頑張らないと、親に顔見せ出来ないな…」戻ってきたテストの直しをしつつ、はあ、と息を吐いて。
22:38 (bee_GM) 咲良も教室ね。
22:39 (B09Sakura) んむ、そろそろ部活が解禁になるので明日か、明後日から部活だな、とか想ってる。
22:40 (bee_GM) では、咲良。ふと、携帯にメールが入ります。
22:41 (bee_GM) 着信音は、……カルテルからのものです。
22:42 (B09Sakura) 【咲良】「こんな時に…全く、もう…」携帯の電源を入れて、窓際の人の少ない場所に移動しながら。
22:42 (bee_GM) 【エージェント】「君は学園内にいるか?」
22:42 (bee_GM) 鋭い声がそう尋ねます。
22:43 (B09Sakura) 【咲良】「はい、高篠です…まだ学校の途中なのに、いきなり不躾な発現ね。」と夏の陽光を指先で遮りつつ、少し不機嫌に答えて。
22:44 (bee_GM) 【エージェント】「それは失礼した。君は博倉第二風紀をしっているな。彼らから、学園内で魔物発生の兆候あり、その通報が入った」
22:45 (bee_GM) との通報が入った」(訂正)
22:46 (B09Sakura) 【咲良】「ああ、話だけは…その情報は確かなの? 学園内で、余り事は起こしたくない…んだけど。」
22:47 (bee_GM) 【エージェント】「校庭に向かってくれ。頼んだぞ」いまの時間、校庭は生徒で溢れている筈……
22:48 (B09Sakura) 学校には自分の正体を知る子もいる、そう言う意味で…動きにくい場所、けれど…言われれば仕方ないと、息を吐いて。
22:49 (B09Sakura) 【咲良】「校庭、かぁ…」その長く、ふわふわとした胡桃色の髪を掻き上げて…面倒臭そうな気持ちを表に出しながら、校庭へと駆けていく。
22:50 (bee_GM) では、ヴェレッダ
22:50 (B04_Velet) タです、サー
22:50 (bee_GM) あ、失礼
22:50 (bee_GM) 貴方は窓の外を見ている。すると不意に、校庭から女子の叫び声が聞こえた。
22:50 (B04_Velet) では、眉をぴくっと震わせて、そっちに視線をやろう
22:50 (B04_Velet) 何か見える?
22:51 (bee_GM) そうだな、生徒たちが騒いでいるのが見えるが、彼らも何が起きたのか分かっていないっぽい。
22:52 (bee_GM) ヴェレッタ、魔力判定
22:52 (B04_Velet) 2d6+6
22:52 (kuda-dice) B04_Velet -> 2D6+6 = [1,6]+6 = 13
22:52 (bee_GM) では……校庭のほぼ中央に、なにか、魔力の塊が見える。
22:53 (bee_GM) それはうねうねと蠢いていて。動きは鈍重だが、周囲の生徒を捕まえようとしている!
22:53 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「出たわね…」口元薄く笑みを浮かべ
22:53 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「わざわざこんな場所まで来てくれるなんて…いい子」ゆっくりと立ち上がると、ふぁさりと銀色の髪をかきあげ
22:54 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「待ってなさい」一度魔力の塊に視線を送ると、悠然とそっちに向かおう。途中で返信して
22:54 (B04_Velet) 変身
22:54 (bee_GM) では。
22:54 (bee_GM)  
22:55 (bee_GM) 咲良とヴェレッタは、お互い変身した状態で、校庭に出る下駄箱のところで顔を合わす。
22:56 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「あれ、あたしの獲物だから」
22:56 (B04_Velet) 髑髏の杖を片手に、冷たく
22:57 (B09Sakura) 【咲良】「……また、変なのが。」髑髏の杖を掲げるチャイナ娘、明らかな変な人に、あからさまな溜息を付いて。
22:58 (B09Sakura) 【咲良】「なら、お願いしていい?……校庭で暴れたら、きっと……」何処かに居るんだろうな、とか窓辺を覗き込みつつ。
23:00 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「ええ、好きにしたらいいわ。足手まといはいらないもの」
23:00 (B09Sakura) 【咲良】「まあ、一応は見に行くけど……」自分以外のヒロインに任せた、としたら文句は言われそうだなとか想いつつ。
23:00 (B04_Velet) すたすたと校庭へ
23:01 (bee_GM) では、二人とも、改めて魔力判定を。
23:01 (B04_Velet) 2d6+6
23:01 (kuda-dice) B04_Velet -> 2D6+6 = [3,6]+6 = 15
23:01 (B09Sakura) 3+2d6
23:01 (kuda-dice) B09Sakura -> 3+2D6 = 3+[4,3] = 10
23:02 (bee_GM) では、二人とも気付く……校庭の真ん中に、魔力の塊が見える。それは、うねりうねりとゆるやかに蠢き、一人の女生徒をいま持ち上げたところだ
23:03 (bee_GM) 【女生徒】「ひぃ、な、なにぃっっ!?」
23:03 (bee_GM) 【男子】「お、おい、浮いてるぞ!?」「ぇ……なに、なんなんだよ……」
23:03 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「図体だけはでかいわね」
23:03 (bee_GM) うむ……体長は3mほどだろうか。
23:03 (bee_GM) そして二人とも、知力判定を。
23:04 (B04_Velet) 2d6+3
23:04 (kuda-dice) B04_Velet -> 2D6+3 = [5,3]+3 = 11
23:04 (B09Sakura) 【咲良】「ほら、何だかピンチみたいだよ……さっさと、片付けたら?」明らかに遣る気の失せた声で、視線さえ合わせず。
23:04 (B09Sakura) 1+2d6
23:04 (kuda-dice) B09Sakura -> 1+2D6 = 1+[5,4] = 10
23:04 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「言われるまでもないわ」ぐっと杖を構え
23:05 (bee_GM) お前ら……w
23:05 (bee_GM) というか、陣形どうする?w
23:05 (B04_Velet) 後衛で
23:06 (bee_GM) 咲良……前にでる?w
23:06 (B09Sakura) …後衛で(それって両方とも前衛に。
23:06 (B04_Velet) 二人前衛になった!(笑
23:06 (B09Sakura) だって、前に出たら後ろから撃たれそうじゃん!
23:06 (B09Sakura) 明らかに、どっちも瘴気出てるし!
23:06 (B04_Velet) 撃たないよ!
23:07 (bee_GM) では、戦闘開始でいいのか……?w
23:07 (B04_Velet) OK!
23:07 (B09Sakura) お、おっけー!(けふ
23:07 (B09Sakura) むしろ、後衛の後衛が(ry
23:07 (bee_GM) 変身した君たちがスライムに近寄ると、
23:07 (bee_GM) ヤツは、明らかに活性化し始めた。持ち上げた少女を放り捨てる。
23:07 (bee_GM) 【少女】「きゃぁっっ!?」
23:08 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「いいの?せっかくの餌でしょう?まあ、あたしにはどうでもいいけど」
23:08 (bee_GM) やつは、明らかに極上の餌を見つけ、それに目をつけてきた。
23:08 (B09Sakura) 【咲良】「……っと、流石にそれは。」放り投げた少女、地面に落ちる前に…その素早い動きで抱き留め、転がりながら衝撃を消す。
23:09 (B04_Velet) そして、咲良は前衛へ(策略
23:09 (bee_GM) 【少女】「ぁ……ありが、とう」咲良の姿を見て、頬を染めます。
23:09 (bee_GM) それはPLの判断で良いよw
23:10 (B09Sakura) 【咲良】「少しは、周囲の被害を考えなさい…この変人チャイナ女…!」と叫びつつ「…無事?…なら、離れてなさい。」とそのまま距離を取り、粘液から離れて。
23:10 (B09Sakura) 残念ながら、後ろを任せる気にはなりませn
23:10 (bee_GM) すると、やつは身体の一部分をちぎり取り
23:10 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「そんなの捨てておけばいいのに」ふぅ、と
23:10 (bee_GM) それは、まるで別の生き物のように、二人を包囲した――!
23:11 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「歓迎してくれてるみたいね、光栄だわ」やれやれと両手を上げて
23:11 *bee_GM topic : [でかいの、ちまいの×1][咲良、ヴェレッタ][ちまいの×2]
23:11 (bee_GM) では、戦闘開始です。先手は咲良
23:12 (B09Sakura) 【咲良】「……まあ、うん。」凄くやる気のない声で「……帰りたいなー、何もかも忘れて。」と息を吐き。
23:13 (B09Sakura) こっちは待機、IVを0までおとします。
23:14 (bee_GM) では次はでかいののターン!
23:14 (bee_GM) 1d6
23:14 (kuda-dice) bee_GM -> 1D6 = [4] = 4
23:14 (bee_GM) ヴェレッタに襲いかかります!
23:14 (B04_Velet) かもんっ
23:15 (bee_GM) ああ、しまった
23:15 (bee_GM) ん、まあいいか、失礼
23:15 (bee_GM) 2d6+16 ヘビーアタック+バインディング
23:15 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [4,3]+16 = 23
23:16 (B04_Velet) シールドでも防ぎきれないので、ニーソックスにもらって、ソックスが弾け飛ぶ
23:17 (B04_Velet) で、《秘密の花園》使用
23:17 (bee_GM) おっけぃ。RPどうぞ
23:17 (B04_Velet) 捲れたチャイナドレスのスカートからピンクの下着が覗く
23:17 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「図体の割りに…早いこと」ち、と舌打ちして
23:17 (bee_GM) では、ヴェレッタのターンです
23:18 (B04_Velet) あ、拘束でイニシアチブ1に・・・
23:18 (bee_GM) あ、そうか。
23:18 (bee_GM) スライムは、ヴェレッダを抱え上げるように触腕を巻き付け、拘束した。
23:19 (bee_GM) 少女は、なにもないところで磔になったかのように……
23:19 (bee_GM) 【男子】「お、おい……あれ、何やってんだ?」
23:19 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「離しなさい、この下等生物…!」
23:19 (B09Sakura) 【咲良】「素早いというか…むしろ、うん…」とそれ以上は突っ込まず、その光景をじっと見つめ。
23:19 (bee_GM) では、スライム軍団の攻撃ー!
23:19 (B04_Velet) 短いスカートの中が露に
23:19 (bee_GM) 咲良2回、ヴェレッタ1回
23:19 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:19 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
23:19 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:20 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
23:20 (bee_GM) 2d6+6 催淫>ヴェレッタ
23:20 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [4,4]+6 = 14
23:20 (B04_Velet) 自分のダメージにシールド、ダメージは胸にもらって、AP12>7
23:21 (B09Sakura) 【咲良】「私もああ言う風に、見られてた…の、かな。」視線の先、太股にまとわりつかれ…粘液に身体を拘束されたまま、開脚させられていく光景に過去の想い出を掘り起こし。
23:21 (bee_GM) おっけい。では、その見えないスライムは、べちゃりとベレッタの胸に貼り付き、着衣をしゅうしゅうととかしはじめた。
23:21 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「調子に乗って…!」ヴォンと展開される魔法の盾。しかし、貫かれた!
23:21 (B09Sakura) 《アヴォイド》2回、自動成功。
23:21 (bee_GM) そして、ベレッタの胸に、ちくりとした感触。……ずぐん、と鼓動が激しくなる。
23:21 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「悪趣味ね…」
23:22 (bee_GM) では、ヴェレッタのターンです。
23:22 (B09Sakura) 後方から飛び交う粘液を、最少のステップで回避し…視線さえも合わせず、ヴェレッタの痴態をじっと見つめている。
23:22 (B04_Velet) 催淫?
23:23 (bee_GM) うい。催淫状態になります。
23:24 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「言いたい事があったら言ったら?」しっとりと汗をかきながらも、視線は力強く>咲良
23:24 (B04_Velet) そして、ちびスライム×2に、スプリットライトニング
23:24 (bee_GM) かもぉん!
23:24 (B04_Velet) 1d6+9-5
23:24 (kuda-dice) B04_Velet -> 1D6+9-5 = [6]+9-5 = 10
23:24 (B04_Velet) 10点の雷
23:25 (B04_Velet) 手に持つ杖から雷撃が迸り、スライムを焼く
23:25 (bee_GM) あれ……スライムって、雷に強いんだ……
23:25 (B09Sakura) 【咲良】「そう言われても、何と言うか…ほら、頑張ってるみたいだし、その…頑張れ。」と頬を掻いて。
23:25 (bee_GM) ちょっぴりもらいます!
23:25 (bee_GM) で、では咲良!
23:25 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「ち…!」
23:26 (B09Sakura) 【咲良】「それで、さ…?」頬を掻きつつ、困ったように「援護、要る?」と声を掛け。
23:27 (bee_GM) ヴェレッタの胸に貼り付いたスライムは、彼女の胸をくにゅくにゅと揉みしだく。
23:27 (bee_GM) 貼り付けにされ、身体をいじられるスレンダーな少女に、主に男子たちが目を輝かせて見物に来ている。
23:28 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「べつ…くぅんっ!」媚薬に冒された身体は敏感に反応し、びくぅんと跳ね。咲良へ強がろうとした言葉が喘ぎに置き換わる
23:29 (B09Sakura) 【咲良】「別に要らない、んだ…?」この状況下で、なおも協力しようとか考えない相手に、少しだけムカついてきて。
23:30 (B09Sakura) 【咲良】「ならさ、そう言う風に…スライムに犯されて、あんあん喘いでたら?」目尻を尖らせて、睨み付け「…いい見せ物よね、校庭中のみんなの前で、そんな事されて。」
23:30 (B09Sakura) 行動放棄!
23:30 (bee_GM) ブゥ
23:31 (bee_GM) では、ヴェレッタのRPを待って次のターン。
23:31 (B04_Velet) 【ヴェレッタ】「う、るさいわね」はぁはぁと息を乱しながらも、次の行動に備え
23:32 (bee_GM) では、ボスの攻撃。ヴェレッタをいぢめようか、咲良を殴るか……
23:32 (bee_GM) 1d2 1咲良 2ヴェレッタ
23:32 (kuda-dice) bee_GM -> 1D2 = [1] = 1
23:32 (bee_GM) ヴェレッタを拘束し、引き寄せながら、そいつは次の得物に触腕を伸ばしてくる――
23:32 (bee_GM) 2d6+16 ヘビーアタック+バインディング
23:32 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [3,3]+16 = 22
23:33 (B09Sakura) アヴォイド回避。
23:33 (B09Sakura) 9+3d6
23:33 (kuda-dice) B09Sakura -> 9+3D6 = 9+[6,4,4] = 23
23:33 (bee_GM) ブウ
23:33 (bee_GM) 風が……風が来ている
23:34 (bee_GM) では咲良のターンというか咲良のほうが早いねごめん
23:34 (bee_GM) 行動どうぞw
23:34 (B09Sakura) 待機ー
23:34 (bee_GM) ではてちてちとスライム軍団が攻撃。今度は咲良1ヴェレッタ2
23:34 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:34 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [6,3]+6 = 15
23:34 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:34 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [4,3]+6 = 13
23:34 (bee_GM) 2d6+6 >ヴェレッタ
23:34 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,6]+6 = 13
23:34 (bee_GM) あ、間違い
23:34 (bee_GM) 中央はヴェレッタで!
23:35 (B09Sakura) 【咲良】「いい気味よね、透明な怪物に犯されるんだから、丸見えだよ?…胸、生地が破れてきて…もうすぐ、見えちゃうんじゃない?」
23:35 (B01_Velet) ふたつともシールド、魔法の盾を展開
23:35 (B01_Velet) 4点ずつ
23:36 (B01_Velet) 胸7>3、腰10>6で
23:36 (B01_Velet) 《ぱんつはいてない》使用
23:36 (B09Sakura) それは嘲りの声、目の前の少女が粘液の怪物に弄られている光景を煽るように。
23:36 (bee_GM) おっけぃ。RPをお願いします。
23:36 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「黙りなさ……」
23:36 (bee_GM) 透明なスライムは、魔族の少女を嬲るように、その着衣を溶かしていく。
23:37 (bee_GM) しゅうしゅうと、いたるところに穴が開き始めるチャイナドレス。
23:37 (B01_Velet) スカートの中、ピンク色の下着の腰紐が音を立て溶け落ち
23:37 (B01_Velet) するりと足を伝ってグラウンドへと堕ちていく
23:37 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「っ!?」カァ、と頬が赤く染まり、慌てて膝を閉じ合わせる
23:38 (bee_GM) 【男子】「お、おい……いま、ぱんつ落ちなかったか?」「うっは、えろいなぁ……」周囲の、ヴェレッタを見る目が、だんだんと……不埒なものになっていく。
23:38 (B09Sakura) 【咲良】「性格の割りに、可愛い下着履いてるんじゃない?…ほら、そんな風に隠したって、男子の視線は釘付けだよ…?」
23:39 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「み、見るなぁっ!!」顔を真っ赤にして叫ぶも、媚薬に冒された身体の奥がぐずんと疼き、閉じ合わせた内股を蜜が一滴伝っていく
23:39 (B09Sakura) ヴェレッタが見せた、弱み…その状況でさえ、まだ甘いと言うように。
23:39 (B09Sakura) 《アヴォイド》回避
23:39 (B09Sakura) 9+3d6
23:39 (kuda-dice) B09Sakura -> 9+3D6 = 9+[5,1,2] = 17
23:39 (bee_GM) ぎちぃ、と、見えないスライムの腕が、ヴェレッタを磔にする。
23:40 (bee_GM) おっけぃ。ではヴェレッタのターン
23:40 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「くぅ…っ」小さく呻き
23:40 (B01_Velet) ちびスライム2にスプリットライトニングーっ
23:40 (B01_Velet) 1d6+9-5
23:40 (kuda-dice) B01_Velet -> 1D6+9-5 = [5]+9-5 = 9
23:41 (B01_Velet) か弱い雷撃がスライムを打ち据える
23:41 (B09Sakura) 【咲良】「なんだ、濡れちゃった?…視られて、弄られるのがそんなに嬉しいんだ…実際は苛められたくて、私に手を出させないんじゃないの?」
23:41 (bee_GM) おっけぃ。3点貰う
23:42 (bee_GM) では、咲良のターン
23:42 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ち、違…!」零れる雫を隠そうと膝をすり合わせ。しかし、反対に蜜はどんどん溢れてきて
23:42 (B09Sakura) 濡れた太股を指摘し、明らかにヴェレッタに聞こえる声で…太股に視線をやる、熱に浮かれる視線、少しずつその状況に身体が順応するように。
23:44 (B09Sakura) 【咲良】「苛められるのが、好きなんでしょ…そうじゃないなら、助けを呼びなさいよ?」くすくす、と弱り始める相手を楽しむような表情で「嫌なら、助けてくださいお願いします…ってお願いしてみたら?」
23:45 (B09Sakura) では、行動放棄ー
23:45 (bee_GM) はいな。では、咲良の行動。待機かな?
23:45 (B09Sakura) むしろ、魔力を押さえて敵の索敵率を下げますよ(
23:45 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「だ、誰…が…」
23:45 (B09Sakura) うん、待機。
23:46 (bee_GM) では、でかいのが
23:46 (bee_GM) ずずい、とヴェレッタを引き寄せて服を剥がすぜ!
23:46 (bee_GM) 2d6+16 怪力+排泄の呪い
23:46 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [3,6]+16 = 25
23:46 (B01_Velet) この後に及んでこっち!?
23:46 (B01_Velet) それは胸に貰う!
23:47 (B01_Velet) 胸AP0
23:47 (bee_GM) アクトはあるかな?
23:47 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こいつ…!?」
23:47 (B01_Velet) 悔しさに瞳に涙を浮かべて
23:47 (B01_Velet) アクトはなし
23:47 (bee_GM) ヴェレッダの太ももに、不可視の触手がぎちり、と絡みつき、少女の四肢は完全に、スライムの全面に固定されてしまう。そして、
23:47 (bee_GM) ちくん、と打ち込まれる毒。それは、強力な利尿毒――!
23:48 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「な…」ぴたんと膝を閉じて、サァと顔を青ざめさせ
23:48 (B09Sakura) 【咲良】「あは、可愛い胸してるじゃない…先っぽ、敏感そうだね? そんなに、硬くしちゃって…男子達の視線、集中してるよ?」
23:49 (B01_Velet) あ、アクトで《疼く身体》いっていいですか?>GM
23:49 (bee_GM) ヴェレッタの晒された乳首に、そして発情した少女に……男子たちのいやらしい目が集中する。
23:49 (bee_GM) おっけ!
23:49 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こんな…屈辱…」目じりに涙を浮かべ、激しい尿意に膝を擦り合わせ。しかし、身体の奥は疼き、閉じ合わせた膝までとろとろと蜜が零れ
23:50 (B01_Velet) 薄い胸の上では乳首が痛いほどしこり立ち、存在を主張して
23:50 (bee_GM) ぐにぃ、とそのとき、ヴェレッタを包むように縛り付けるスライムの腕が、動いた。
23:50 (B09Sakura) 唇を僅かに舌先で濡らし…釣り上げられ、恥辱を公開させられ続けている彼女に、自分がされているように、ドキドキして。
23:50 (bee_GM) ヴェレッタの身体は持ち上げられる……そして、中空に、
23:50 (bee_GM) 大きく足をM字に開かされ、固定されてしまう。
23:51 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「や…やぁっ!?」顔を真っ赤にして身体を暴れさせるも、両足は自由が利かず、蜜を溢れさせる割れ目も、お尻も、すべて曝け出され
23:52 (bee_GM) 【男子】「うわ、ぁ……おいおい、なんだよあれ、エロすぎ……」「おいおい、本気汁じゃねえか、あれ?」
23:52 (bee_GM) そして、ちびぃスライムが本能のままに。
23:52 (bee_GM) 2d6+6 ヴェレッタ
23:52 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [4,5]+6 = 15
23:52 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:52 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8
23:52 (bee_GM) 2d6+6 催淫>咲良
23:52 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
23:52 (B01_Velet) 何か贔屓してる?!
23:53 (B09Sakura) 【咲良】「生意気な事言うくせに、割れ目は可愛いんだ…ギャップを見せて楽しんでる? 苛められるのが好きな、チャイナさん?」
23:53 (B01_Velet) それは素でもらって腰AP0。もうAP残ってない!
23:54 (B01_Velet) で、《お漏らし》使用>GM
23:54 (bee_GM) OK! 咲良は?
23:54 (bee_GM) 了解です。
23:54 (B09Sakura) 緩慢な動きしかできない、粘液を飄々と避けながら…ついには衣装を失った彼女に、楽しそうに答えて。
23:54 (bee_GM) ぎちり、とM字に足を開かれ、見えない何かに拘束された少女の、腰が震えた。
23:54 (B09Sakura) なしー
23:54 (bee_GM) 無しっていうのは、アヴォイド自動成功のことか
23:55 (B09Sakura) 《アヴォイド》2回。
23:55 (bee_GM) コノヤロウw
23:55 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「……あ」強気だった表情に一瞬泣きそうな表情が浮かび
23:55 (B09Sakura) 1ゾロでも回避しちゃうや(けふ
23:55 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「……やぁ」
23:55 (B01_Velet) 割れ目から、ちょろ、と黄金色の液体が零れ
23:56 (B01_Velet) 続けて、ちょろろろろろ、と放物線を描き、グラウンドへと零れていく
23:56 (bee_GM) 【男子】「うわ、漏らしてるぜ!!」「こんなエロいの初めて見た……」
23:56 (bee_GM) 【男子】「俺、チンコ立っちゃったよ…」「なぁ、いいんだよな、あれ」
23:57 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「止ま…れ…ぇ」歯を食いしばって必死に止めようとするも、迸りは止まることを知らず、グラウンドに小さな水溜りを作っていく
23:57 (B09Sakura) 【咲良】「お漏らし…あんた、何歳よ?」漏れ、男子達の視線の前で放物線を描くそれに…見下すような言葉を放ち。
23:57 (bee_GM) そして……男子たちは、もう少女の回りを囲っている。スライムは彼らに危害を加えようとはせずに。
23:57 (bee_GM) では、ヴェレッタのターン。
23:58 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「絶対…殺す…」
23:58 (B01_Velet) 涙の浮かんだ瞳を悔しげに細め、震える手を自らの股間へと持っていき
23:58 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「絶対…絶対殺す…!」
23:59 (B01_Velet) 身体から毒を抜く為に、蜜を滴らせる割れ目に指を這わせ
23:59 (B01_Velet) 《自慰》使用
23:59 (bee_GM) おっけです。
23:59 (bee_GM) RPどうぞっ。
00:00 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「く…ぅ。あ…」ちゅくちゅくと割れ目に沿って指を這わせ
00:00 (bee_GM) 【男子】「おいおい…コイツ、これオナニーしてんだろ?」「うわ、これが痴女ってやつ?」「いいんだよなぁ、俺、童貞捨ててもさ」
00:01 (bee_GM) 爛々と、欲情に潤んだ目で、ヴェレッダは視姦されます。
00:01 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「くぁ…み、見るな…!」下で見上げる男子生徒たちをにらみ付け
00:01 (B09Sakura) 【咲良】「いいんじゃない?…挿れて欲しくて、弄ってるん、だろうし。」とかどかわすような言葉、ふふ、とヴェレッタを見つめ。
00:01 (B01_Velet) しかし、指は止まらず
00:01 (bee_GM) ちなみに、ヴェレッタの秘所の高さは、ちょうど男子生徒の胸のあたり。
00:01 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「くぅん…!」くちゅりと中へと指を1本沈める
00:01 (B09Sakura) 【咲良】「じゃなきゃ、わざわざ公開オナニーなんか見せないよね…?」と何が起こっているのか知っているのに、無視するように。
00:02 (bee_GM) んで、いちおう咲良のターンですが……どうする?w
00:02 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「違…違う…!」ぶんぶんと首を振り、白銀の髪を乱し。必死に自らの中を掻き混ぜ
00:02 (B09Sakura) 【咲良】「で、どうするの?…助けて欲しい、欲しくない?」ともう一度、問い返して。
00:03 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「…くぅんっ!」奥歯をかみ締め喘ぎ声を堪えながら、軽く絶頂へと達し
00:04 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「…手伝っ…て…」絶頂の余韻に肩を揺らし、悔しさの涙を瞳に浮かべ、蚊の泣くような声で>咲良
00:05 (B09Sakura) 【咲良】「分かった…手伝うよ、それでいい?」と息を吐き、苦笑して。
00:05 (B01_Velet) ぐったりしたまま、小さく頷く
00:05 (B09Sakura) 双剣で、まず傷ついてない邪魔な小スライムを斬りつける。
00:05 (bee_GM) ほい、カモン!
00:05 (B09Sakura) 《バーニング》&《ピアス》
00:06 (B09Sakura) 13+2d6
00:06 (kuda-dice) B09Sakura -> 13+2D6 = 13+[6,4] = 23
00:06 (bee_GM) ぬはー、無傷のやつが一気に半分
00:06 (bee_GM) では、ターンが巡って、次も咲良
00:06 (B09Sakura) 想ったより硬え、ルーク級か!
00:07 (B09Sakura) そして、3d6だった、ごめん。
00:07 (B09Sakura) 1d6+23 これがダメージ
00:07 (kuda-dice) B09Sakura -> 1D6+23 = [5]+23 = 28
00:07 (bee_GM) OKOK
00:07 (B09Sakura) ピアッシング&バーニングで
00:07 (B09Sakura) もっかい攻撃、止め狙う!
00:07 (B09Sakura) 13+3d6
00:07 (kuda-dice) B09Sakura -> 13+3D6 = 13+[5,3,6] = 27
00:08 (bee_GM) にぎゃー!
00:08 (bee_GM) (ぶしー
00:08 *bee_GM topic : [でかいの][咲良、ヴェレッタ][ちまいの×2]
00:08 (B09Sakura) ご免、ライトニングだった…10点引いておいてorz
00:09 (bee_GM) おや、そうなのか
00:09 (bee_GM) まあ、でも死んだからだいじょび
00:09 (B09Sakura) あいさ。
00:09 (bee_GM) 出目がバーストしてるしw
00:09 (bee_GM) では、咲良にでかいのが触手を伸ばそう
00:09 (bee_GM) 2d6+16 ヘビーアタック+バインディング
00:09 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [5,6]+16 = 27
00:10 (bee_GM) んでちまいの残り2体はヴェレッタに。
00:10 (B09Sakura) 2d6+9 流石に無理か。
00:10 (kuda-dice) B09Sakura -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
00:10 (bee_GM) 2d6+6 催淫 逃しはせんよ!
00:10 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [6,1]+6 = 13
00:10 (B09Sakura) うん、無理ー
00:10 (bee_GM) 2d6+6 催淫 逃しはせんよ!
00:10 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [6,3]+6 = 15
00:10 (bee_GM) 咲良の身体に、ひゅんっ、と複数の触腕が絡みつく。そして。
00:10 (B01_Velet) 両方シールドで、4点の6点、HPに貰って、35>25
00:11 (bee_GM) ヴェレッタの隣にくっつくように貼り付けにされてしまう咲良。
00:11 (bee_GM) アクトありますか?>二人
00:11 (B01_Velet) 《蜜壺》を!
00:11 (B09Sakura) 腰に貰ってAP0 《張り付く異物》と《視姦の檻》と《期待する心》
00:12 (bee_GM) 二人とも許可。そして
00:12 (bee_GM) ちまいスライムの一匹が、ヴェレッタの腰に貼り付いた。
00:12 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「せっかく…シたのに…」再び身体に媚薬を打たれ、身体の奥がずくんと疼き。悔し涙を零し
00:12 (bee_GM) くちぃ……と開かれる、ヴェレッタのそこ。
00:13 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「触る…なぁ…!」とろぉと濃い蜜が零れる
00:13 (bee_GM) ……男子生徒たちが、息を呑んだ。彼らの目の前で、少女の秘所の、奧の奧までが……露わになっているのだ。
00:13 (bee_GM) 見えないスライムは、ヴェレッタの中に粘液をじゅくじゅくと分泌しながら押し入ってくる。太いペニスをくわえ込んでいるような圧迫感。
00:14 (B01_Velet) 開かれた秘所はひくひく蠢き、よだれを垂らし。その上では赤く腫れた淫核がひくひくと
00:14 (bee_GM) 咲良のほうは、身体をがっちりと拘束する触腕が、彼女の服をしゅうしゅうと消化していく。
00:14 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「く…あぁんっ!!」よだれを垂らす秘所を押し広げられ、埋め尽くされていく快感に背筋を反り返らせ喘ぐ
00:14 (bee_GM) そして、スライムが、ごづん! とヴェレッダの子宮口を強烈に、叩いた。
00:15 (B09Sakura) 【咲良】「しまった…っ、流石に攻撃しながらじゃ、避けきれない…っ」巨体から溢れるような粘液、傷口から溢れるそれは…彼女に張り付き、身体の自由を奪っていた…それに気付かずにいれば、避けきれる筈もなく「くう…ご免、チャイナさん…」出遅れたな、と想いつつ…助ける間もなく、陵辱され始めた彼女に、少しだけ申し訳ない気持ちで。
00:15 (bee_GM) 【男子】「お、おい、あれ、奧でヒクヒクしてるの……」陽光の下。開けたグラウンド……そこで、男子は少女の秘所の穴の奧、子宮口に注視する。
00:16 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「もう、いいから…逃げなさい…あぁっ!」咲良に視線を向け、囁くも、子宮を突き上げられ、身体が跳ね上がり
00:17 (B09Sakura) 博倉学園の制服をベースにした衣装が、煙を上げる…スカートがボロボロになり、露わになった…小さなリボンをあしらった白の下着、けれど…それさえも融かされて…
00:17 (bee_GM) そして、スライムは。
00:17 (B01_Velet) 秘所がヴェレッタの想いと関係なく、スライムを締め付け、淫らに蠢く
00:17 (bee_GM) ヴェレッタを犯し、屈服させるように。強烈な固さと、激しいピストンをはじめた。
00:18 (bee_GM) その、一撃一撃の様子が、すべて男子たちの目にはありありと見えて。
00:18 (bee_GM) 【男子】「お、おい……これ、セックス、だよな」「うぁ……俺もう我慢できねぇよ……」
00:18 (bee_GM) 彼らに「鑑賞」させるように。スライムは二人の少女を少しずつ下ろしていく。
00:18 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっ!あっあっ!」突き上げられる度に揺れる腰。堪えきれない喘ぎが溢れ、拘束された身体を限界まで身悶えさせる
00:19 (B09Sakura) 【咲良】「命令、されるのは…嫌かな、手伝って…と聞いたばかり、だし。」とその言葉を否定して、目の前で犯されている光景を視線に捕らえる…何処か、期待するような眼差し、彼女が犯され、艶めく表情をみれば…自分もあんな顔をしているのだと、感じさせられる。
00:20 (bee_GM) そして、そのピストンは、いつまでも。少女が何もしなければ、いつまでも続き、少女の精気を吸い上げるのだろう。
00:20 (bee_GM) ヴェレッタのターンです!
00:21 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「やっあっ!太すぎる…ぅ」激しく突き上げられながら、震える手を股間のスライムに伸ばし
00:21 (B01_Velet) ガッツライトニング!弱ってるほうへ
00:21 (B01_Velet) 3d6+9-5
00:21 (kuda-dice) B01_Velet -> 3D6+9-5 = [4,2,2]+9-5 = 12
00:21 (bee_GM) カモン、ていうかどっちも同じダメだけどね!
00:21 (bee_GM) そしてターンが巡って咲良!
00:22 (B09Sakura) 【咲良】「あんなに、気持ちよさそう…に…」突き上げられているのが、自分であれば…とか、考えてしまう…どきどきと、その光景を見送りつつ。
00:22 (B09Sakura) では、行動待機…まあ、IV4になってるしね。
00:22 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「きゃうんっ!!」股間を貫くスライムに電撃を放って、自らも巻き込まれ、びくぅと背筋が反り返る
00:22 (bee_GM) あぁ、そうか。失礼
00:23 (bee_GM) ではでかいやつが……
00:23 (bee_GM) 1d2 1咲良
00:23 (kuda-dice) bee_GM -> 1D2 = [1] = 1
00:23 (bee_GM) 咲良の身体を、ぎちり、と締め上げます。
00:23 (bee_GM) 2d6+16 怪力+排泄の呪い
00:23 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [4,1]+16 = 21
00:24 (B09Sakura) ポテンシャル2で回避。
00:24 (bee_GM) カモン!
00:24 (B09Sakura) 5d6+4
00:24 (kuda-dice) B09Sakura -> 5D6+4 = [1,6,2,4,4]+4 = 21
00:24 (B09Sakura) ぎりぎり成功!
00:24 (bee_GM) うむ!
00:24 (bee_GM) では、咲良のターン。待機する?
00:24 (B09Sakura) うん、引き続きー
00:24 (bee_GM) OK。では攻撃しなかったベレッタに2連撃
00:25 (bee_GM) 2d6+6
00:25 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [3,1]+6 = 10
00:25 (bee_GM) 2d6+6
00:25 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [1,4]+6 = 11
00:25 (bee_GM) ぬは、低いw
00:25 (B01_Velet) 両方シールド!
00:25 (bee_GM) OK!
00:25 (B01_Velet) 1点の2点でHP25>22
00:25 (bee_GM) アクトは無いかな?>ピストン中のヴェレッタ
00:26 (B01_Velet) んー、では、使い切っておこう、視姦の檻、菊辱使用
00:26 (bee_GM) 【男子】「お、おい……」「あ、あぁ……これ、すげぇよな」
00:26 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「や…そこ…?!」
00:27 (bee_GM) もう、至近距離まで来ている数人の男子。彼らは、ヴェレッタがピストンで犯される様を見ながら、すでに肉棒を取り出し、少女の目の前でしごいている。
00:27 (bee_GM) そして、その中の一人が。
00:27 (bee_GM) 【男子】「そういや……もう1コ、穴ってあるんだよな」と呟いた。
00:28 (bee_GM) ちょうど男子たちの腰のあたりまで降りてきていたヴェレッダの細い身体は、彼らに抱きかかえられる。
00:28 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あ、貴方まさか…」強制的に与えられる快感に顔をくしゃくしゃにしながら、何か呟いた男子生徒へと視線を向け
00:28 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「や、やめ…」
00:29 (bee_GM) ぎゅぶりっ……と、男子生徒の若々しい雄物が、ヴェレッダのアナルに、突き刺さる。
00:29 (bee_GM) 【男子】「うわ、すげ、ぇっ! 食い千切られそうっ!!」「痛くねぇの?」「いんや、トロットロだぜ?!」
00:30 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ふあぁんっ!!」先日処女を失った後ろの孔を一揆に貫かれ、痛みよりも衝撃に押し出されるように声が漏れ
00:30 (B09Sakura) 【咲良】「……っ、チャイナの人……」その光景を見守るしか出来ない、少しだけ心配そうで…けれど、何処か羨ましいと言うように…疼く体。
00:31 (bee_GM) あぶれた男子たちが、咲良のほうにもやってくる……咲良のちぎれた着衣を、見ては、肉棒を取り出し、ごしゅごしゅと扱いてくる。
00:31 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「くは…ぁ…」嫌悪感はあるものの、以前のような激痛はなく、それよりも何か震えのようなものが、背筋を駆け上っていく
00:31 (B01_Velet) 後ろの孔は肉棒を押し出そうと、きゅうきゅうと締め付け
00:31 (bee_GM) ヴェレッタのアナルは若々しい体力に任せたピストンで責め立てられる。その間も、子宮口にがつがつとぶつかる、スライム。
00:33 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっあっ!あっあっあっ!」二つの孔を突き上げられ、頭の中にピンク色の靄がかかり始め、堪えきれない喘ぎが次第に大きく響いていく
00:33 (B09Sakura) 【咲良】「止め、なさいよ…っ、そんなもの…近付け、て…」言葉では否定する、けれど…それを視れば、どうしても顔が朱くなる、火照った頬…睨み付けるその表情も弱々しく。
00:33 (bee_GM) そして。男子生徒が呻き声を漏らした。同時にヴィレッタの広がる、熱い何か……
00:33 (bee_GM) 【男子】「……俺、童貞なくしたわ……最高だぜ、この穴」
00:33 (bee_GM) 【男子】「次! 次は俺な!!」
00:34 (bee_GM) そして、ヴェレッダは抱え込まれたまま、次々と肉棒をブチこまれる。
00:34 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ひぐぅっ!?」直腸内を熱い粘液に焼かれ、背筋を反り返らせ
00:34 (bee_GM) 【男子】「うあ、ウラヤマシイぜ……」「この女も、ヤッちまっていいんだろ?」と咲良をじろじろ見る……
00:35 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「や、また…ぁ!?」精液が溢れる間もなく再び後ろの孔に栓をされ、悔しさと快感に涙を流し
00:35 (bee_GM) では、ヴェレッタのターンです!
00:36 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こ、いつ…」
00:36 (B01_Velet) 愉悦の涙で顔を濡らしながらも、いまだ抵抗はやめず
00:36 (B01_Velet) 弱っているスライムにガッツライトニング
00:36 (B01_Velet) 3d6+9-5
00:36 (kuda-dice) B01_Velet -> 3D6+9-5 = [3,5,1]+9-5 = 13
00:36 (B09Sakura) 【咲良】「相変わらず、低脳と言うか…男って、なんでそう言う考えしか、頭にないのかな…っ」と視線を感じる、もう生地の失われた下半身…何時犯されるのか、と期待するように、びくびくと震え…粘液の体表に擦れ、湿り気を帯びた割れ目が震えて。
00:37 (bee_GM) ヴェレッタの中で、電撃を流し込まれたスライムが強烈に震える。
00:37 (bee_GM) しかし、まだ消滅には至らず。やつは少女の奧へ奧へと侵入してくる。
00:37 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あひぃぃっ!?」目を見開き、びくぅんと首を反り返らせ
00:37 (bee_GM) では、咲良のターン!
00:38 (B09Sakura) 【咲良】「く……チャイナの人を……この……っ」双剣で、奧に侵入を開始した粘液を切り裂き、救助を試みて。
00:38 (bee_GM) 突っ込んじゃうの(ry
00:38 (B09Sakura) と言う訳で、死にそうな方の粘液に《ピアシング》
00:39 (bee_GM) 来い!
00:39 (B09Sakura) 2d6+4+9-5
00:39 (kuda-dice) B09Sakura -> 2D6+4+9-5 = [4,4]+4+9-5 = 16
00:39 (bee_GM) チンダー!
00:39 (B09Sakura) 何と言うか、こうさ…
00:39 (bee_GM) くぬぅ、こうなれば二匹とも咲良を殴れ!
00:39 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ひぐ…!」ずるりとスライムが抜け、びくっと身体が震え
00:40 (B09Sakura) 双剣の柄、助ける為とは言え…ぐり、と奧まで押し込む行為は…ある意味で、ヴェレッタには酷かもしれない。
00:40 (bee_GM) 2d6+16 ヘビーアタック排泄の呪い
00:40 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [5,1]+16 = 22
00:40 (bee_GM) 2d6+6 催淫
00:40 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [2,5]+6 = 13
00:40 (B09Sakura) そんなにも、排泄好きかよ、おまいなー!(笑
00:40 (bee_GM) 柄をねじこまれ、激しく叩かれたスライムは、ヴェレッタの中でびくんと震えると、どろり、と力を失った。
00:41 (B09Sakura) どっちも避けない、仕方なく受けるよ! 胸とその他を0に。
00:41 (bee_GM) いや、これは……ヴェレッタがお漏らし持ってるからw
00:41 (bee_GM) では催淫と尿意をプレゼント。アクトはあるかな?
00:41 (B09Sakura) 特にはないー
00:41 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「はぁ…はぁ…はぁ…」後ろの孔に男子生徒の肉棒を咥え込み、空虚になった秘所から濃い蜜を滴らせ、肩で荒い息をする
00:42 (bee_GM) OK。そしてまたIV順がおかしいのを忘れていたが、ヴェレッタのターンです。
00:42 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こ…の…」
00:42 (B01_Velet) 気力を振り絞って
00:42 (B01_Velet) スプリットライトニングガッツ!
00:42 (B01_Velet) 前にいた大スライムとちびスライムに
00:42 (bee_GM) かもおん!
00:42 (B01_Velet) 3d6+9-5
00:42 (kuda-dice) B01_Velet -> 3D6+9-5 = [1,5,3]+9-5 = 13
00:42 (B01_Velet) 13点の雷
00:43 *bee_GM topic : [でかいの][咲良、ヴェレッタ][ちまいの×1]
00:43 (bee_GM) って、いま布陣こうだな
00:43 (B01_Velet) あ、別なのか
00:43 (B01_Velet) じゃあ、スプリットなしで、ちまいのに
00:43 (bee_GM) 失敬。食らう~
00:43 (bee_GM) では、でかいののターン!
00:43 (bee_GM) ここは咲良かな!
00:43 (bee_GM) 2d6+16
00:43 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [4,5]+16 = 25
00:44 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「くふんっ!」魔法を放った瞬間、お尻の肉棒が捩れ、身体がびくんと震え、よだれを垂らす
00:44 (B09Sakura) 流石に避けれない、貰ったー
00:44 (bee_GM) シールドもらう?
00:45 (B09Sakura) んー、んー…
00:45 (B09Sakura) なしでいいや、うん。
00:45 (B01_Velet) あいさ
00:45 (bee_GM) OK。ではアクトの宣言を。
00:46 (B09Sakura) 《つけ種》《潮吹き》《自ら動き》を使用ー
00:46 (bee_GM) 中だしと申したか
00:47 (B09Sakura) んむ。
00:47 (bee_GM) 【男子】「それじゃ……頂きまぁす♪」咲良を包む触手が、ぎちり、と少女を締め付け、一瞬意識が飛ぶ……その瞬間、男子が咲良の腰を掴んだ。そして
00:47 (bee_GM) ぶじゅ、じゅぶぅっ!! と若い肉竿が咲良の中に突き込まれる。
00:48 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「やめ…なさい…!」目の前で自分を助けるために飛び込んだ少女が犯される様子に歯噛みして
00:48 (bee_GM) そしてヴェレッタのほうも。身体を持ち上げられ、ふっくらとした尻穴から肉棒が抜かれると、とろりと白濁がこぼれ落ちた。
00:49 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あはぁ…!」ずるりと引き抜かれる感覚に、ゾクリと背筋が震え。開いた後ろの孔から何人分もの精液が溢れてくる
00:49 (B09Sakura) 【咲良】「あぐ、う…!?」激しい締め付け、粘液で融かされた…生地は、彼女の柔肌を露わにし、年齢と比べれば丸みを帯びた身体をその男達に見せつけて。
00:50 (bee_GM) ぶじゅり、ぶじゅりと、男子生徒は最高にとろけた顔で美少女の膣を貪ります。
00:50 (bee_GM) 【男子】「なぁ、おい……感じてんだろ?」
00:50 (B09Sakura) 彼女と同様に、身体を開かされる…締まった太股を覆う、破れたニーソックスのコントラスト、それ故に…彼女のまだ視ぬ部分が露わになって。
00:50 (bee_GM) ヴェレッタの疑似排泄ショーを、男子たちは歓声を上げてみています……そして。
00:50 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「やめなさいって言ってるでしょう!」自分より幼い少女を犯す男子生徒たちへと犬歯を剥いて叫び
00:51 (bee_GM) 【男子】「んじゃ、次はこっちな♪」ヴェレッタの前の穴に、肉棒を突きつけます。
00:51 (bee_GM) 【男子】「何言ってんだよ、お前が誘ってきたんだろ?」
00:51 (B09Sakura) 其処に押しつけられたモノ、以前は味わったことのない…けれど、味合わされたそれを…押し当てられ、震える声で。
00:52 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あひぃんっ!」今度はスライムと違う熱を持つ硬い肉棒に貫かれ、熱い喘ぎを漏らし。衝撃に押し出されるように後ろの孔から精液が射精のように噴き出る
00:52 (bee_GM) 【男子】「うっわ……小さいだけあって、すっげぇ締め付け。それに濡れ濡れだし!」
00:53 (bee_GM) そして、咲良の膣は、彼女を犯す男子に抱かれ、オナホールのように使われる。それは、ヴェレッタも一緒で。
00:54 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっあっ!あっ!あっ!」突き上げられる度に身体を跳ねさせ、蕩けるような声で喘ぎ。しかし、いくら突き上げられても薄い胸は揺れない
00:54 (B09Sakura) 【咲良】「や、あ……っ、ああ……それ、は……止め、この……離してよ、こんなのって……っ」恐怖に怯えた泣き顔、けれど…彼女の懇願は聞き届けられる事はなく、ただ押し当てられたペニスは彼女の膣内を残酷にも貫いた。「あ、ああ…ひゃ、やあああ…っ、あう、ひ…っ、あああ…っ」それは甘い叫び、此処までの精神的に焦らされた時間を取り戻すように…彼女の表情が崩れる、一突きされるだけで、彼女の割れ目は待ちに待ったペニスにキュウキュウと締め付け
00:54 (B09Sakura) て…擦り上げられれば、まるで離さないというように粘膜を擦りつけていく。
00:55 (bee_GM) 二人を犯す男子は、少女をたちをがっちりと抱いて。スライムもそれを推奨するかのように拘束を揺らし、二人の身体を使わせた。
00:57 (B09Sakura) 【咲良】「なん、でぇ…っ、嫌なのに、嫌…だった、のに…っ、止めて、擦らないで…ああ、こんな…こんなの、嫌、ああぁ…っ、ああ…っ、ああ…っ」背筋から溢れる甘い刺激、脊髄に這い回る堕落の快楽、まだ年若い少女なのに…それに酔いしれる事を覚えてしまった、男達に使われる、それが幸福だと言うように…表情が緩み、強気な表情の中に隠された淫らな本性を暴き出していく。
00:57 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっあっ!あっ!」若い硬い肉棒に熱い蜜壺を突き上げられ、身体の中に狂おしいまでの快感が溜まっていき。解放された後ろの孔からとろとろと白濁した精液を垂らしながら、徐々に絶頂へと向けて高まってきてしまう
00:58 (bee_GM) そして、もう20人以上の男子たちが、昼休みの校庭で犯される二人をいやらしい目で見ていた。
00:58 (bee_GM) そして、二人の中に、子宮に……精が放たれる。ドクッ、ドクッ!!
01:00 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっあっ!イク…あっ!あっ!中に…駄目…あっ!ああぁぁぁ―――っ!!」震える子宮を熱く濃い粘液に焼かれた瞬間、ぶるっと身体を震わせ、続けて全身を反り返らせるように硬直させ絶頂の叫びを上げる
01:00 (B09Sakura) 【咲良】「んあ、ああ…っ、ああ…っ、ひぁ、あああ…っ、あん、あ…っ」表情が、少しずつ恍惚の表情に変わっていく…普段の何処か不機嫌そうな、凛々しい顔は消え失せ、快楽を貪る牝の表情に変えられていく…腰が震え、あっと言う間に追い詰められ、男子生徒の腰にその脚を巻き付けて。
01:01 (bee_GM) そして。子宮に注ぎ込まれる、男子生徒の若々しい精液。
01:02 (bee_GM) 二人の腰は振られ、そして彼らの肉棒が抜かれても、二人の身体はスライムに支えられている。
01:03 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「は…ぁ…はぁ…はぁ…」スライムに支えられなければ崩れてしまいそうな身体。肉棒を引き抜かれた秘所と後ろの孔からはこぽりと精液を逆流させ、ぐったりとしたまま荒い呼吸を整える
01:04 (B09Sakura) 【咲良】「ひゃ、めええ…っ、奧に出すの、駄目…っ、イカされちゃ、イか…イク、ああ…っ、ああ、あぁ…っ!?」奧に放たれる精液、子宮の奧を突いたその一撃に…あっさりと身体は陥落する、奧まで受け入れた歓喜を、潮吹きという羞恥な行為で迎えて…少しだけ膨らんだ胸元を抱きしめるように、快感を享受して。
01:04 (bee_GM) そして、少女たちの秘所から垂れる、精液……淫らな見せ物に、四方から精液がびちゃり、と降りかかる。
01:05 (bee_GM) 男子たちは笑いながら、二人に対してペニスを扱いていた。
01:05 (B09Sakura) 【咲良】「あは、あ…っ、ああ…出されちゃ、た…っ」視線の定まらない、惚けた表情…アクメを迎えてもなお、ヒクヒクと物欲しそうな割れ目からは、射精されたばかりの精液が溢れていく。
01:05 (B01_Velet) 白い肌、白銀の髪が少年達の欲望で汚されていく
01:05 (bee_GM) んでは、ここで咲良のターン
01:05 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「しっかり…なさい…」
01:06 (B01_Velet) 荒い呼吸を整えながら、咲良に声をかける
01:07 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こんな程度で…負けて…らんないでしょ…!」
01:08 (B09Sakura) 【咲良】「うん、分かってる…けど、けど…止まらないの、はぁ…っ」その表情は、もう既に先程の少女のものではない…快楽に屈して、何処か目の前の男達に媚びるような視線…拘束された腕を無理に目の前の男に廻して。
01:09 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「負けちゃ…駄目…」
01:09 (bee_GM) 【男子】「分かったよ……これから、公衆便所にしてやるから、な?」咲良の頭を撫でて、ニヤリと笑う。
01:09 (B09Sakura) 【咲良】「もっと、もっと…欲しい、の…あ、う…まだ、一杯出されたい、の…っ、ふぁ、あ…っ」細い腕を廻し、自らペニスをくわえ込んで…腰を動かす、拘束されているが故に…浮いた腰を男子の腰に合わせて、くちゅん、ぐちゅんと自ら腰を動かすことで感じることが出来て。
01:10 (bee_GM) では、行動はどうしますか?
01:10 (B09Sakura) 《隷属の喜び》と《自慰》…いけっかなー
01:11 (bee_GM) おっけぃ。RPお願いします。
01:11 (B09Sakura) まずは《自慰》で催淫解除
01:11 (bee_GM) んじゃその間に、こっそりスライムがヴェレッタ殴るw
01:11 (bee_GM) 2d6+6
01:11 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [2,6]+6 = 14
01:11 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「中学生…」自ら犯され、腰を振る少女の姿を痛々しそうに見つめ
01:11 (B01_Velet) それはシールドで9点減らしてHP23>18
01:12 (B01_Velet) アクトはもうない!
01:12 (bee_GM) 固いなこの人ら!
01:12 (B09Sakura) 【咲良】「公衆、便所……?」言葉の意味は、何となく分かる…自分がそう言う風に思われている事、その事に…身体の奧が震える、甘い喜びに浸るからだが肯定する。
01:12 (bee_GM) 【男子】「あぁ。俺等の精液だけで飼ってやんよ?」咲良の動きに合わせて腰を振って。
01:12 (bee_GM) では、ヴェレッタのターン!
01:13 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「貴方達…いい加減にしないと…」咲良を犯す男子生徒をキッとにらみ付け
01:13 (B01_Velet) 残ったちびスライムにライトニングガッツー!
01:13 (B01_Velet) 3d6+9-5
01:13 (kuda-dice) B01_Velet -> 3D6+9-5 = [3,4,2]+9-5 = 13
01:13 (bee_GM) 【男子】「おっと、お前も便所だぜ?」とヴェレッタの腰を掴む男子。
01:13 (B09Sakura) 【咲良】「ひぁ、あ…っ、ん…っ、ああ…っ」腰を動かし、それが…相手の腰に当たり、芯から蕩ける快楽を産む、甘い快楽に浸る時間が長いほど…彼女の身体が彼等に隷属するように。
01:13 (bee_GM) 危ない、あと2点だ
01:14 (bee_GM) そして、ヴェレッタの腰は抱かれ、二人目の肉棒が突っ込まれる。
01:14 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「な…」魔法を放った隙に腰を掴まれ、明らかに焦りの表情を見せる
01:14 (bee_GM) 一度目の射精でとろけてしまったそこは、あっさりと次の肉棒を受け入れ……
01:14 (bee_GM) そして。ヴェレッタの拘束が……いや
01:14 (bee_GM) ヴェレッタの後ろの穴に、でかスライムの巨根が忍び寄る。
01:15 (bee_GM) 2d6+16 ヘビーアタック+尿意
01:15 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [1,6]+16 = 23
01:15 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「また…ああっ!」じゅくんとはしたない音を立て肉棒を咥え込み。一度犯され達した秘所は美味しそうに少年の肉棒を締め付け
01:15 (B01_Velet) それはシールドで9点減らして、残りHP4
01:15 (bee_GM) 咲良を犯す男子は次々と入れ替わる。気付いたときには、もう4人分の精液でを垂れ流している、咲良。
01:16 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ひぐぅっ!?」お尻を透明な巨根に貫かれ、目を見開き、酸素を求める魚のように口をぱくぱくと
01:16 (bee_GM) そして咲良のターン、だが……
01:16 (B09Sakura) 【咲良】「駄目、駄目…そんな、事…あう、でも…っ、でも、ああ…っ、あ…ああ…っ」僅かな理性が、自分が其処まで墜ちる事を否定する…だが、身体は既に裏切り、甘い快楽と言う形で…墜ちたその姿の前払いを受けている、快楽に屈するのが目前で。
01:17 (bee_GM) 頑張るかい?w
01:17 (bee_GM) ヴェレッダを犯すスライムのそれは、さっき味わったものよりも数段太い。ごりごりといぼがついているような感覚。粘膜の一つ一つを抉りまわす
01:17 (B09Sakura) 頑張るに決まってる、じゃないか!…ああ、でももう少しRPしていたい。
01:18 (bee_GM) じゃあ行動を堕とすかね?w
01:18 (B09Sakura) うん、待機ー
01:18 (bee_GM) ういさ、ではなんか
01:18 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「お尻…壊れ…こんなの…耐えられ…」秘所を貫く少年の肉棒よりも太く凶悪な巨根に後ろの孔を抉られ、目が眩むほどの快感が身体を駆け巡り、ぽろぽろと涙を流し
01:19 (bee_GM) シカトされまくってるちびすらいむ。咲良のクリトリスに貼り付いちゃおう。
01:19 (bee_GM) 2d6+6 催淫
01:19 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+6 = [4,1]+6 = 11
01:21 (B09Sakura) 【咲良】「チャイナさ…これ、凄いの…ふぁ、あ…っ、ああ…っ」彼女の姿を見つめ、快楽に蕩けている姿を見せつける…もう陥落寸前、と言う様子で…じっと熱に浮かれた視線を向け、その表情が歪む…大きく目を見開いて、その瞳孔を拡げるように。
01:22 (bee_GM) 【男子】「うっは……こいつの肛門、有り得ねぇくらい広がってるぜ?」男子が、ヴェレッタの下から覗き込んできていて。
01:22 (bee_GM) 咲良を犯す男子は、ヴィレッタを犯す男子は、もう何人目だろうか……。校庭に列をなす男子たちは、二人の少女を犯す順番待ち。
01:23 (B09Sakura) 【咲良】「これ、らぁ…ら、めぇ…っ、お豆、張り付いて…くにくにされてる、擦られ、てぇ…っ、ひう、ああ…っ!?」小さな粘液溜まり、けれど…それよりも小さく、敏感な突起を弄られれば…快楽に啼きさけび、牝の悲鳴を上げる…何度も達して、達して…その彼女から意思の光を奪っていく…
01:23 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「駄目…見ないで…あひぃっ!」男子に覗き込まれ、思わず秘所と後ろの孔を締め付けてしまい、その刺激に何度目とも知れぬ絶頂へと達し、全身を硬直させる
01:23 (B09Sakura) と言う訳で、シールドくれないと落ちちゃうぞ! RP的にも、HP的にも!
01:23 (B01_Velet) では
01:23 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「中学生…逃げ…て…」
01:24 (B01_Velet) シールド、9点軽減!
01:24 (bee_GM) では……ヴェレッタのターン!
01:25 (B09Sakura) 【咲良】「あっ、ふえ…あっ、ああ…っ」がくがくと震える身体、その防壁は小さいものだが…かろうじて、その意識を途絶えさせずに居させて。
01:25 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あっひっ!ひぃんっ!あひっ!」何人目とも知れぬ男子の精液を注ぎ込まれながらも、咲良を狙ったちびスライムに雷撃を放つ
01:25 (B01_Velet) ライトニングガッツ
01:25 (B01_Velet) 3d6+9-5
01:25 (kuda-dice) B01_Velet -> 3D6+9-5 = [4,3,2]+9-5 = 13
01:25 (bee_GM) クリトリスに貼り付いたスライムに、電撃が浴びせかけられた。
01:26 (bee_GM) スライムは激しく痙攣すると……どろり、ととろけ、消えていった。
01:26 *bee_GM topic : [でかいの][咲良、ヴェレッタ]
01:26 (bee_GM) では、咲良のターン。RPは待つよ~
01:27 (B09Sakura) 【咲良】「……中学生、中学生って……見た目も、余り変わらない癖に……高校生だから、偉いって訳、じゃないでしょ?」
01:28 (B09Sakura) 今もまだ、犯されている途中…けれど、彼女は笑っていた、少しだけ戻った意識、それは融けた表情ではなく、何処か意思の感じさせられるもの。
01:29 (B01_Velet)  【ヴェレッタ】「じゃあ、名前を…あんっ、聞かせなさいな」スライムに後ろの孔を押し広げられ、秘所を男子生徒に貫かれながら、少し微笑みを浮かべ視線を咲良に向け
01:29 (bee_GM) 【男子】「あん? なんか言ったか?」咲良を犯す男子生徒が、不審そうに見る。
01:29 (bee_GM) 【男子】「おかしくなったんじゃねえの?」ヴィレッタを犯す男子が笑った。
01:30 (B09Sakura) 【咲良】「少し、だけ…足掻いてあげる、手助けに、なればいい…けどね…」双剣を胸元に戻す…指先を重ね、抱きしめながら…その耀きは次第に強くなる。
01:30 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「貴方達ほどじゃないわ」自分を犯す少年へと冷たく言い放ち
01:31 (B09Sakura) 【咲良】「……ファイナル、グランドクルス……ッ!!」叫んだ、言葉の限り…彼女を中心として、聖十字を描いた光の柱が生まれる…それはあらゆる全てを呑み込んで。
01:32 (B09Sakura) と言う訳で《ヴァニシングクライ》!
01:32 (B09Sakura) 13d6
01:32 (kuda-dice) B09Sakura -> 13D6 = [5,3,3,2,6,6,3,3,2,4,1,4,1] = 43
01:32 (bee_GM) ぬは、受動不可か!
01:32 (B09Sakura) 43点の装甲も無効のHPダメージ、モロに貰って貰おうか。
01:32 (bee_GM) 装甲も無視なのか……OK
01:33 (bee_GM) 白い、光が――
01:33 (bee_GM) 校庭に満ちる瘴気を、一掃した。
01:33 (bee_GM) そして、光が晴れたときには、人屑化しかけていた男子生徒たちが気絶して倒れ、そして
01:33 (B09Sakura) んむ、ダイス分のダメージをそっくりそのまま与える超必殺技さ。
01:34 (bee_GM) 1/3ほどになって、それでもまだ蠢いている、スライムだけが。
01:34 (B09Sakura) 生きてるか、やっぱー!(じだんだ
01:34 (bee_GM) 二人を縛る触腕は外れていない。しかし、その力は相当緩んでいた。
01:34 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「しぶとい…わね」肉棒が抜け、空虚になった秘所からとろとろと精液を溢れさせながらも、視線はしっかりとスライムを見据え
01:35 (B09Sakura) さ、さーこい(がくぶる
01:35 (bee_GM) 光に怯えたのか……咲良を避け、ヴェレッタを先に取り込もうと、スライムは触腕を引き絞る。
01:35 (bee_GM) 2d6+16 尿意
01:35 (kuda-dice) bee_GM -> 2D6+16 = [3,5]+16 = 24
01:35 (bee_GM) ヴェレッダを、その身体のうちに取り込み、徹底的に陵辱しようとする。
01:36 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「中学生が…気合を見せたのに…」
01:36 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「このあたしが簡単にやられるわけにはいかないわ…!」
01:36 (B01_Velet) リザレクション使用っ
01:36 (B01_Velet) HPMAXにして
01:36 (B01_Velet) シールドで9点軽減
01:36 (B01_Velet) HPが35>20
01:36 (bee_GM) ういさ!
01:36 (bee_GM) では、触腕を絡みつかせながらも、ヴェレッダは飲み込まれまいと踏ん張る!
01:37 (bee_GM) では、咲良のターン!
01:37 (B09Sakura) 此処は待機、ヴェレッタに任せる!
01:37 (bee_GM) OK,ではヴェレッタ!
01:37 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「こ、こんな…こんな程度で…」後ろを貫く巨根が与えてくる快感と、下腹部を襲う不穏な尿意に耐えながら
01:37 (B01_Velet) ここで倒しきるしか・・・
01:38 (B01_Velet) ライトニングガッツ
01:38 (bee_GM) ポテは?
01:38 (B01_Velet) ポテンシャルを・・・6点、どうせやられたら終わりそうっ
01:38 (bee_GM) 良し……来い!
01:38 (B01_Velet) 9d6+9-5
01:38 (kuda-dice) B01_Velet -> 9D6+9-5 = [4,4,3,1,6,3,6,1,3]+9-5 = 35
01:39 (B01_Velet) 35点の雷
01:39 (B01_Velet) 特大の雷撃を透明なスライムに見舞う
01:39 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「死ね…!」
01:39 (bee_GM) く……30点で、防御とガーディングで11点止めて19点!
01:39 (B01_Velet) そんなにとめられるのかっ
01:40 (bee_GM) まだ……しかし、まだ、スライムは、倒れない。ちびスライムくらいの大きさになり、ヴェレッタの身体に、その開ききったアナルに潜り込もうとする!
01:40 (bee_GM) 咲良のターン!
01:40 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「ひぐっ!入って…くるなぁ…!?」背中をのけぞらせ、首を左右にぶんぶんと振って
01:41 (B09Sakura) 【咲良】「これが最後…受けなさい…っ」その小さくなった身体に、止めを差すように…双剣に戻したペンダント、寸前で貫いて…
01:41 (B09Sakura) ポテ4 ピアッシング!
01:41 (bee_GM) こおおおい!!
01:41 (B09Sakura) 6d6+13-5
01:41 (kuda-dice) B09Sakura -> 6D6+13-5 = [1,6,1,4,3,4]+13-5 = 27
01:41 (bee_GM) ……その、一撃に。
01:42 (bee_GM) スライムは、最後の魔力を吹き飛ばされ。
01:42 (bee_GM) どろり、と校庭の土に、溶けて、消えた。
01:42 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「はぁ…はぁ…最期までお尻に…この変態下等生物…」はき捨てるように
01:43 (B01_Velet) 校庭に座り込み、もじもじと膝を擦り合わせ尿意に耐える
01:44 (B09Sakura) 【咲良】「本当に、ぎりぎりだったね…はぁ、う…」何とか起ち上がり、ぼろぼろの状態ながらも…ヴェレッタに手を貸そうと、手を伸ばして。
01:44 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「名前、聞いてなかったわね」その手を取って
01:49 (B09Sakura) 【咲良】「高篠咲良…一応、桜花楼のエージェント…そっちは…?」とじっと見つめ、ふと何かを感じ取りつつ。
01:50 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「咲良、ね。あたしはヴェレッタよ。ヴェレッタ・レイオン」よろけながら立ち上がり、不自然に内股で咲良前に立ち
01:51 (B09Sakura) 【咲良】「成る程ね…普通のヒロインとは、何処か違うみたい…だけど?」とその姿勢に、じっと見つめ…首を傾げて。
01:52 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「わかるの?まあ、隠すつもりもないけど」
01:53 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「そうよ、あたしは魔族」口元に薄い笑みを浮かべ。閉じ合わせた膝はもじもじと
01:53 (B09Sakura) 【咲良】「……何となくね、最近……どうも、魔族の匂いみたいなの、感じるから。」と成る程と頷き、何か気付いたのか…くす、と笑いつつ。
01:54 (B09Sakura) 【咲良】「ところで、中学生、中学生って…そっちの方が、中学生みたいな身体してて、言う言葉?」と後ろから抱きついて。
01:55 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「別に貴方達に危害を加える気はないわ。あたしはあいつらが気に入らないだけだから…ちょ!?」突然背後から抱きつかれて、戸惑ったように慌て
01:56 (B09Sakura) 【咲良】「……ふふん、何隠してるのさ、えい……っ」と戸惑う顔を眺め、にまぁ、と邪悪な笑みを浮かべると…不意打ちで、太股に指を挟み込み…
01:57 (B09Sakura) 無防備なそこ、敏感な肉突起を指先で、ぐいと押し込んで…
01:59 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「隠してなんか…ちょ、やめな…はふっ!」先ほどまで激しく犯され、何度も絶頂した身体は締まりがなく。不意打ちに敏感なピンク色の突起を押し込まれれば、お尻がびくっと震え。堪える間もなく、ちょろちょろと溢れる黄金色の液体が咲良の指先を汚し、グラウンドへと垂れていく
02:02 (B09Sakura) 【咲良】「あは、漏らしちゃった…これで、先輩顔?…笑わせるよね。」舌先を出し、悪戯っこのように…そのまま離れて、彼女を挑発してみたりとかする。
02:05 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「この…悦んで腰振ってたくせに…もっともっとって」頬を染め、額に#マークを浮かべ。ちょろちょろと漏れる股間を片手で隠し、内股でよろよろと咲良を追いかけ
02:05 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「この淫乱中学生!」
02:08 (B09Sakura) 【咲良】「淫乱はどっちだかー…あんなに、気持ちよさそうに喘いでたくせに?」楽しそうに、くすくすと笑いながら…ある程度の距離を保ったまま逃げる、舌を出して、可笑しそうに。
02:08 (bee_GM) そのとき。
02:08 (bee_GM) まるで、事件の終わりを告げるかのように……
02:08 (bee_GM) きーん、こーん、かーん、こーん……
02:08 (bee_GM) 昼休みの終わりを告げる鐘が鳴ります。
02:09 (bee_GM) 二人は、その音を、妙に感慨深げに聞いて。
02:09 (B01_Velet) 【ヴェレッタ】「あたしは腰振ってない!貴方みたいに欲望に弱くないの!」
02:09 (B01_Velet) そんな叫びが鐘と共に
02:09 (bee_GM)  
02:09 (bee_GM)  
02:09 (bee_GM)  
02:10 (bee_GM) HCシナリオ「不可視の、……」 終幕です。
02:10 (bee_GM) お疲れさまでしたっっ!
02:10 (B09Sakura) おつかれさまー!
02:10 (B01_Velet) おつかれさまっしたー
02:10 (B01_Velet) |_・) いぢめられた
02:10 (B09Sakura) 13/8でしたー
02:10 (beemoon) いやー、面白かった
02:11 (sinogi) 10の7です
02:11 (beemoon) ういさういさ。どもです!
02:11 (Ryuya) いぢめてないよー、いぢめてないよー
02:11 (beemoon) お楽しみ頂けたでしょうか
02:11 (Ryuya) うんうんっ
02:11 (sinogi) |_・)b
02:11 (beemoon) なんか、1回バトルするだけの単純極まるシナリオだったのに
02:11 (beemoon) うまくギミックが全部作動したなぁ
02:11 (Ryuya) 咲良、あんな乱れ方で良かったんだろーか
02:12 (Ryuya) )))
02:12 (beemoon) というかもうこの二人さ
02:12 (beemoon) カップルになっちゃえよ
02:12 (sinogi) 大丈夫さ
02:12 (sinogi) |_・) 咲良はダークヒロインだし
02:12 (Ryuya) そんなにも、咲良にふぃすとふぁっくされたい?(にこにこ
02:13 (sinogi) 咲良は、お尻に杖を突っ込まれたいみたいね
02:15 (sinogi) とりあえず・・・
02:15 (sinogi) |_・) いつか仕返しせねば
02:15 (Ryuya) (バチバチと火花
02:15 (Ryuya) |・) 仕返しされるような事してないよ!
02:16 (beemoon) ふむ、じゃあまたいずれ
02:16 (beemoon) 卓が立つときがあるやもしれないw
02:17 (sinogi) その時こそ・・・
02:17 (sinogi) |_・) 決着を付ける時ッ
02:17 (beemoon) そのときまでにどっちかが堕ちてたり、というか
02:17 (beemoon) 普通にCCできるよな、この二人が廊下で会えば
02:17 (sinogi) 堕ちてそうだ、もう15だし・・(笑
02:18 (Ryuya) はっはっは
02:18 (Ryuya) SP15、そんなの咲良は既に通った道!
02:18 (Ryuya) ……今回ので23になりました(死
02:18 (sinogi) |_・) 淫乱中学生め
02:19 (Ryuya) |・・) 淫乱チャイナが何を言う
02:20 (sinogi) |_・) 身体は堕ちても心は堕ちてないから
02:20 (beemoon) これはアレか
02:20 (beemoon) 止めたほうがいいのか
02:21 (Ryuya) |・・) …止めた子が代わりに被害に遭うのね
02:22 (beemoon) 【杏子】「お前らなぁ……」
02:22 (beemoon) 【杏子】「とりあえず学園内で変身して睨み合うなよ、オイ」
02:23 (Ryuya) 【咲良】「そこの、淫乱チャイナが悪いのよっ!」
02:24 (sinogi) 【ヴェレッタ】「あたしはこんな子供相手にしてないわ。喧嘩を売られただけよ、そこの淫乱変態中学生に」
02:24 (beemoon) 【杏子】「……いい年の女が、淫乱とか、少しは恥じらえよお前ら」
02:26 (sinogi) 【ヴェレッタ】「いい年とか、貴方に言われたくないわね」ふ、と笑って
02:26 (Ryuya) 【咲良】「五月蠅いなあ…っ、先生だからって、本当はそっちが淫乱じゃないの、このエロ教師っ」
02:26 (beemoon) 【杏子】二人の頭をがっしりと掴んでぐりぐり「とにかく。やるなら学園内で勝手にやれ!」
02:26 (beemoon) 違った、学園外だw
02:27 (sinogi) 【ヴェレッタ】「どこにいようがあたしの自由よ」
02:28 (beemoon) 【杏子】「学園内で騒ぐとうちにクレームが来るんだよっっ!!」
02:28 (Ryuya) 【咲良】「それと真っ向から向き合うのが、教師の役目よっ」
02:28 (sinogi) 【ヴェレッタ】「そんなことあたしの知ったことじゃないわ。どうせ、その無駄に大きな胸でごまかすんでしょ」ふぁさりと白銀の髪をかきあげ
02:29 (beemoon) 【杏子】「ぬがあああ!!」
02:29 (beemoon) 【杏子】「言っても分からねぇなら体罰だッッ!!」
02:29 (beemoon) ……駄目だこの人じゃw
02:29 (sinogi) |_・) だめだ
02:29 (M2O) エロくて素敵だなぁ・・・
02:30 (sinogi) |_・) ・・・今の、えろい・・・?
02:31 (beemoon) なんかもうさそのうち
02:31 (beemoon) 「どちらが淫乱か勝負しましょう!」とか言いだしそうじゃね?
02:32 (sinogi) |_・) 咲良ね
02:32 (Ryuya) ……判定するのはだれだー!
02:32 (Ryuya) |ーー) 間違いなく、ヴェレッタね。