※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

週刊誌【週刊新潮】12月27日号(51頁)
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/images/10/poster_m/20071220.jpg
http://www.uploda.org/uporg1163453.jpg

●「子猫を焼き殺した」でブロク炎上の公務員が特定されるまで

「(子猫を)優しく焼却炉で燃やしてあげた、いきたまま」― そんな体験を告白した公務員のブログが"大炎上"。

ネットでは、この人物の住居まで特定され、嫌がらせが始まった。「ネットは怖い」と、ご本人は恐怖に震えてる

ネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」で、この"子猫殺し"が大非難の対象になったのは、12月9日の日曜日からだ。
<独身寮に住みついたネコがやたら子供を産むので、親ネコが外出している時を見計らって、
敷地内の焼却炉にまきをくべてガンガン燃やし、頃合いをみて新聞紙に包んだ子ねこ3匹を放り込んだだけである>

<子ネコは「にゃーにゃー」いって愛くるしい目で私を見ていたが、
「大丈夫だよ、ちっとも熱くないからねぇ」と言って優しく焼却炉で燃やしてあげた、いきたまま。>

<親ネコも可哀相だから、ズタ袋に入れて多摩川に流したのだが、はたして泳いで東京湾にまで
たどりついたのか、ちょっと心配である。ふむふむ>……それは、なんとも残酷な記述だった。

しかし、この「猫殺し」が「2ちゃんねる」にアップされるや、ネット上で凄まじい攻撃が始まった。
事情通によると、「ブログは日記風に綴られていたので、本人を特定する記述がたくさんあったのです。
本人は千葉県内に住む公務員で、妻は中学の英語の教師をしていて、息子は高校生。ほかにも最寄りの駅や
バス停、近所の家の様子、自分の家の庭の木、あるいは近所のテニス場のことなど、いくらでもヒントがあった。
その一つ一つを"ネット住人"が実際に足を運んで確かめ、ついに特定してしまったのです」 

「ブログ氏の住所と電話番号がネットで報告されるや、"死ね""猫殺し!""地獄におちろ!"といった罵声が
ネットを通じ、あるいは直接電話で、浴びせられるようになった。
「恐ろしくてたまりません。家のまわりを不審者がウロウロするし、無言電話や脅迫電話も沢山かかってきました。
今は電話線も抜いてしまいました」というのはそのブログ氏当人(49)である。
「私が公務員というのは事実です。以前、ゼネコンに勤めていましたが、リストラされ、
職安に通ってある工場にも勤めてました。でも、そこも倒産。その後、地方官庁の雇用促進事業で
採用され、公務員となったのです。言い訳できませんが、猫を焼き殺したというのは事実なんです」

ブログ氏によると、それは20年程前のことだという。
「それはまだ私がゼネコンに勤めていた若い頃のことなんです。
担当していいた建設現場の飯場から"猫を何とかしろ"という苦情が寄せられたのです」

なぜ猫なのか。
「その飯場のおばさんが野良猫にえさをやって棲みつかせ数が15、16匹になってしまった。
おかげで飯場に蚤やダニが大発生した。仕方なく生まれたばかりの子猫を3匹、新聞紙に包んで
飯場の焼却炉に入れたのです。そのことを脚色してブログに書いてしまいました。
親猫を川に流した話は嘘ですし、子猫も生まれたばかりで目も開いていませんでしたが。

が、その反響はご当人の予想を遙かに超えていた。
「怖くなって警察に相談に行き、家の前には"警察に通報済み"という貼り紙もしました。
妻には怒られ、息子にも"お父さんは人間じゃない"と言われました・・・。ほんと、猫の祟りです。
申し訳ありません」ネット住人の執念と追跡力、げに恐るべし。 (終わり)