斎藤雄介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黒の契約者
霧原未咲の部下。未咲に恋愛感情を持っている
柔道4段・空手2段。潜入捜査を本名で行ったり、お粗末な尾行を行ったりするため、公安警官として抜けているように見られる
26話で未咲に愛を告白するも記憶の消える薬でなかったことになる

流星の双子
3話にて未咲からの電話にて声出演
BK201の事を聞かれ口外は出来ないというものの、彼女への忠誠心と愛は残っているようだ
三号機関は危ないから近づくな、と未咲に告げるが恐らく無視されるだろう。可哀そうな気がしないでもない

声 - 志村知幸
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。