ダイレクトボックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 電気/電子楽器の出力を直接ミキシング・コンソールに接続するために用いるインピーダンス変換器
 エレキ・ギター、エレキ・ベースのような楽器は一般にピックアップの出力インピーダンスがハイインピーダンスであり、ミキサーの入力インピーダンスがローインピーダンスであることから、そのまま接続すると雑音の影響を受けやすくなる。またインピーダンスの不整合は周波数特性が変化し音色の変化が生じる。これを嫌ってハイインピーダンスからローインピーダンスに信号を変換しミキサーに直接接続できるようにする。
  • アンバランス信号からバランス信号への変換
長距離の伝送においてアンバランス信号はノイズが乗る。そこでバランス信号に変換することでノイズの発現を抑える。

種類

パッシブ型

 基本的にトランスを内蔵しただけのもの。昔はこれが主流だったが、入力インピーダンスを出力インピーダンスに比べてあまり高く取る事が出来ず、トランスによる音質劣化や音への色づけがある事から、最近ではあまり使われなくなっている。

アクティブ型

入力部にFETなどを使ったプリアンプを持つ。出力側はトランスもしくは電子平衡出力となっている。電源が必要で電池,商用電源もしくはファンタム電源を用いる。

よく使うDI
BOSS DI-1
  • オート・パワー・オン/オフ回路を装備、入力信号がなくなると自動的に電源切れる。
  • フェイズ・スイッチによりバランス・アウトの極性を切り替えることが可能
  • 入力のパラ・アウト・ジャックを装備
電源 9V DC 006P×1またはファンタム電源24V~48V DC
(グランドリフトをLIFT側にするとファントム電源から電源を供給できない)
周波数特性 20 Hz ~ 40 kHz (+0.5/-1 dB)
定格入力レベル -20 dBu/0 dBu/+20 dBu (切り換え)
最大入力レベル +45 dBu (1 kHz), 390 Vp-p
入力インピーダンス 4.7 MΩ/37 KΩ/33KΩ
入力アッテネーターに対応して切り換え(オート・パワースイッチがONの時)
出力レベル -18 dBu (定格、600Ω負荷、バランス・アウト)最大+8 dBu
-20 dBu (定格、50kΩ負荷、アンバランス・アウト)最大+8 dBu
出力負荷インピーダンス 200Ω以上(バランス・アウト)
10kΩ以上(アンバランス・アウト)
残留ノイズ -110 dBu以下(IHF-A)
歪み率 0.05%以下
消費電流 6mA

ブロック図

添付ファイル