※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧ハートレイン世界


私は未登録だったので、よく分かりません。
分かることだけ断片的に書いていくことになるでしょうか。

  • 星という形態をとっていた。
  • 惑星だったのか衛星だったのかなどは不明。


新ハートレイン世界

  • 元々、地球と同じ次元の宇宙に存在していた小さな星・旧ハートレインが、不思議な元素によって熱を奪われ滅亡し、不思議な空間によって別次元の宇宙に分解・再構成されたのが今のハートレインらしい。
  • 以前のように、星という形で存在しているとの記述は特になく、いわゆる天動説的な、「平面世界」である可能性もある。


不思議な元素

  • 不思議な元素は、周囲の熱エネルギーを吸収する性質を持つらしい。
  • ある一定量の熱エネルギーを吸収するか、周囲の熱量が一定以下まで下がると性質が変化し、エネルギーそのものに近いものになるらしい。
  • あるいは、新ハトレのあらゆる物質に不思議な元素が混入している(と思われる)関係上、「熱エネルギーを常に吸収されつつ常に吸収する」というようなことを延々繰り返しているのかもしれない。
  • 不思議な元素を含む物質は、不思議な元素の作用で周囲の熱エネルギーを吸収する性質を持ち、それが大気中や他の物質に含まれる元素による熱エネルギー吸収効果と拮抗しているため、熱を奪われることによる死滅を免れているのでは。とは考えられないだろうか。
  • そう考えると、「不思議な元素そのものの性質は、旧ハトレに発生した時と何ら変わらない」可能性があり、その方がより説明しやすい気がする。
  • これらのエネルギーは、世界各地の資源そのものになるか、資源に溶けだすかして、様々な我々の知る物理法則に依らない性質を与えたりするらしい。
  • 不思議な元素、というものが、単一の未知の元素なのか、複数種の既存の元素(鉄や銀など)の変質したものなのかは不明。


不思議な空間

  • 上記の不思議な元素を放出するらしい。
  • 不思議な空間は、物体を分解し、特定地点へ転送後再構築する機能を持つらしい。
  • 再構築する際、分解以前と必ずしも同じものにならないらしいが、これは分解した際に今までハトレに存在しなかった「不思議な元素」が、混入されたためと思われる。
  • 不思議な空間は人が出入り可能なものらしい。
  • 不思議な元素同様、空間の方も「性質変化を起こした」可能性と、「性質変化していない」可能性があると思う。
  • 利用の際に、利用者の性質などが「旧ハトレから新ハトレに再構成された時のような変化を起こした」という話を聞かないのは、空間の出入口同士が、お互いの近接地に配置されたことと、元々新ハトレの住人の身体には不思議な元素が含まれており、性質変化が起こり得ない可能性が高いことに起因するかもしれない。
  • そう考えると、今のハトレの形は「旧ハトレの世界をベースに、各地が性質変化を起こし、変質したような形状」をしている可能性が高い。と思う。

  • これを書いた時点では、新ハトレの地図がまだ出来上がっていないようですが、旧ハトレのどの場所が、新ハトレのどの場所に変化したかを考えながら作るといい地図になりそうに思います。