日本語源流散歩25


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

両班(ヤンバン)と侍(侍)~イ・ナムギョの日本語源流散歩25(機械翻訳)


よく日本は'刃物の歴史'であり韓国は'筆の歴史'と話す。 刃物の主人公が'侍'ならば筆の主人公は'両班(ヤンバン)'とすることができる。 侍と両班(ヤンバン)は両国全部支配階層であり身分が高いという面では同じだが,その過程には厳格な差がある。

日本の侍は生まれる時からその身分が明確に決まるすなわち,大名(君主)や将軍家で生まれれば大名や将軍になって,無事家で生まれれば侍,平民や賎民は先祖代々その身分から抜け出すことはできない。 しかし私たちの両班(ヤンバン)は全く違う。私たちの両班(ヤンバン)制度は平民ならば誰も皆両班(ヤンバン)になることができることだ。 '過去試験'という制度があって誰でもこれに合格だけすれば両班(ヤンバン)になって,このような両班(ヤンバン)身分は息子と孫の3代まで続く。このように若干は民主的な方式を経て身分上昇の機会が与えられた韓国に比べて,日本侍はそのまま一族により身分が決定されたのだ。

韓国の人々が日本行って一番羨んでしょげるのは,このうどん屋は5代目80年になったとか,この陶磁器は14代目 400年になったとかという長い伝統に対して聞く時だ。私たちは私がした職業を子供孫に譲ることがきわめてまれなことなのに,日本は立派な大学を卒業して良い会社に通いながらもうどん屋の伝統を受け継ごうと職場を止めて帰郷する人々をたびたび見て,またそのようなエピソードが美談で時々新聞紙面を飾る。

',それで日本がこのように発展するようだ。なのでその分野の専門家になるほかはないだろう,ウドンを80年も作るとは! 本当に'といいながら皆が首を縦に振って感心班尊敬班で心までぴったりchop日が沈む。それと共に一方では私たちのトゥムジクソンオムヌン伝統と薄い文化に慨嘆までする。

両親がしてきたので嫌いでもそのまままねなければならないという日本式伝統は日本社会の歴史をまともに見抜かずにはそのまま限りなく長所にだけ見える。 日本史を見れば近代に至るまで厳格な君主制で,大名すなわち君主らが各々牛王国のように国を経営していた。大名らは独立採算制だったために,万一自分藩で塩焼く人がなければその塩を隣バンで高く買ってこなければならないので自給自足のために代々その職業を継承するようにした。したがって国民らに職業を変えられないように規制して,マンイルを反すれば死刑に処したし,逃亡でも打つならば賎民で転落するから国民らはそのことを継続するほかはなかった。 私たちのようにある程度職業移動が可能だった社会ではなかった。
[2009/06/24]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-25]両班(ヤンバン)と侍(侍)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=28342&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。