日本語源流散歩18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘソがペコペコ(臍がペコペコ)~イ・ナムギョの日本語源流散歩18(機械翻訳)


古代渡来人らが日本に渡っていったことは紀元前からのことだった。それですでに先住民らの言語が確立された後に入った話らはその意味が変わったり,名士(名詞)が凍死(同社,動詞)で変形されたりもするのに,私たちのからだの各部分に対する名称もこういう変化に該当する。例をあげれば'耳'は日本語で'微々'(耳)という言葉が定着していたので'キク'(聞く)すなわち,'聞く'という凍死(同社,動詞)に変わることになる。

同じように'口'とは'拘置'(口)があって'話す'という意の'イウ'(言う)で,'鼻'とは'一つ'(鼻)があって'においをかぐ'の'世帯'(嗅ぐ)で,'腹(船,梨)'とは'五ナカ'がいて'お腹が空いた'の'ペコペコ'(ペコペコ)で,'からだ'とは'行けという'があって'太もも'という意の'某々'に変わる。

'刃物'という話も名士(名詞)が凍死(同社,動詞)に変わったことで,'妓楼'(切る)になって'切る'という意だ。慶尚道(キョンサンド)放言に'二泊'という話があるのに,この言葉の意味は'上の,相談'という(のは)言葉で'二泊する'ならば'相談する'であるが,これが日本に渡っていって凍死(同社,動詞)の'が和久'(曰く),'話す'に変わる。

それで'イワクツキノオンナ'(いわく付きの女)といえば'言葉が付いて歩く女'を指し示して,これは何か良くない電力を持った女性を指し示す言葉で,'場所が変われば物も変わる'言葉が実感できる。

そして'坊や'に日本語の愛称の'窓(ウィンドウ)'(ちゃん)を加えて'坊や窓(ウィンドウ)',すなわち子供という'アカチャン'(赤ちゃん)になって,赤ん坊を背負うの'漁夫見て'という日本語では'オウム部'(おんぶ)となる。

また子供が歩く姿を私たちは'よちよち'というのに,これを日本語では'ヨチヨチ'(よちよち)といって,歩き始める子供を私たちは'ヨチヨチ歩き'というのに日本は'アンニョとチョ主(州,株)コロブワヘダヨ'(あんにょはじょうずころぶはへたよ)という。この話のすなわち,'座れば良いだろう,ヨチヨチ歩きしてくれ'なのに永い歳月を経る間に発音は似ているように残っているが,本来その意味は忘れられて' 歩けば良くて倒れれば悪いです'という全く違う意味になった。

そして赤ん坊をあやす時'インナインナ見て'という'イナイイナイバ'(いないいないば)も興味ある伝来韓国語だ。古代渡来人らが大部分リーダーグループであったということは言語面でも知ることが出来るのに,'ガキ大将,子供隊長'という意味の'カキダイショウ'(餓鬼大将)が一例だ。

'カキ'という(のは)'子供'で由来した話で,小学生程度の可愛い子供を指し示す私たちの故大魚なのに,この話には'いたずらっ子'の活発さが隠れている。
[2009/05/06]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-18]ヘソがペコペコ(臍がペコペコ)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=19935&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。