日本語源流散歩17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

代価オイの野馬歌詞(山笠)~イ・ナムギョの日本語源流散歩17(機械翻訳)


私たちの古代史のミステリーの一部門は古代行ってオイに関する部分なのに,その中でもカヤの宗主国だった代価オイの実体はとても重要な関心分野だ。

洛東江(ナクトンガン)上流の高齢地方(脂肪)にカヤ族が建設した代価が,すなわち米オヤマ国を中心にした古代カヤインドゥルは日本,九州地方に渡っていってその勢力を広げて,長い間後で機内(今の大阪地域)に進出して米オヤマ国を中心にした行ってこそ部族たちが連合してたてた国が'大和国'だ。名前でも知ることが出来るように'野馬'(邪馬)国が中心土台(土台)になって作られたとして'邪馬台'(野馬対)と書いて大和と呼んだ。

これは古代韓国語が'土台'の'大'を'トゥ'にも混用して使ったためだ。 そのような関係で'野馬'という指名は今でも日本あちこちで探してみられるのに,特に九州北部地域にたくさん散在している。

福岡市に行けば'野馬歌詞'(山笠)というマツリ(祭り)があるのに,この祭りの最高見どころはすべての男たちが訓導時だけ蹴って大きなカート(車)を引いて好んで走るということだ。 それで野馬歌詞祭り時になれば日本全国の女性たちが皆みな福岡に集まるという。

'野馬歌詞'の語源は'野馬支え'で古代の祖国の'野馬国に行こう'という故大魚が変形された言葉だ。

'野馬歌詞'祭り旗には'千里万里来渡海'(千里万里内図解)という文句もあるのに,これは'千里万里の遠い玄海灘海を渡ってきた'という意で,こちら日本まで来たカヤインドゥルの故郷描く姿をよく表現した文句だ。

しかし本来福岡市の'野馬歌詞の祈願'を見れば,1241年福岡承天寺(昇天寺)の改造の聖一(聖日)国史(国事)が伝染病が流行して,御輿(窯)に乗って通って甘露数をばらまいて流行病をなくしたという伝説から始まったという。

それならこの祭りは昇天寺で主管するべきなのに,実際はふるまわれる(櫛田)神社(紳士)が主観(主管)をしている。

祭りが始まる7月1日に神をまつって入れる'高価米7日間'(ご神入れ)とか最後の日の奉納式一切をふるまわれて神社(紳士)の新株らが挙行する。

事実イ・グで神社(紳士)のチェ・シンウイの名前は'スサノオノミコト'(素盞鳴主命)で,'ソノ櫓歌米'(園神)すなわち'新羅神(靴)'だ。

本来'ふるまわれる'神社(紳士)の名前自体も'クッチプ'という(のは)言葉で,'巫女が住んでいた家'を称した言葉だ。 ふるまわれて神社(紳士)は古代から降りてきた神社(紳士)で,誰がなんと言っても野馬歌詞はここから始まったのが明らかだ。

そして傾倒に行けば日本の3代マツリの'祈園祭'(気温制)があるのに,その祭りの最高絶頂はカート(車)を引いて走る'ヤマボコジュンコ'という行列だ。

この祭りは本来'野馬報告至高'すなわち,'野馬見たくて'で'野馬が懐かしい'という意で,漢字語は後ほど付けられたのだ。ここの'野馬'もやはり遠く洛東江(ナクトンガン)中流に置いてきた故郷'米オヤマ国'の略語であり,故国を懐かしがる心情を軸制御で表現したのだ。
[2009/04/29]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-17]代価オイの野馬歌詞(山笠)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=19080&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。