日本語源流散歩8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハハハ ホホホ~イ・ナムギョの日本語源流散歩8(機械翻訳)


韓国語には感情を表現する擬態語や感歎詞があふれるほど多いが,こういう言葉も日本で伝来して似ていた話で残っている。

例をあげれば,においをかぐ'クンクン'とは'どんどん'(くんくん),ヌルチョンゴリは'市部適時お守り'とは 'シブシ部'(しぶしぶ),話が'さらさら'とは'スラスラ'(すらすら),静かにしろとの'シッ'とは'シッ'(し-っ),風が'そよとそよと'とは' 沙羅寺(サラサ)と'(さらさら),鈴が'ちゃらんちゃらんとちゃらんちゃらんと'とは'ちりんちりんと'(ちゃらんちゃらん),力なく'とぼとぼ'とは 'トボトボ'(とぼとぼ),太鼓の音の'ふわふわ'とは'ドンドン'(どんどん),鳥が'ぱたっとぱたっと'とは'売って売る'(ぱたぱた)等だ。

そして笑う姿は日本語では母音が5個しかなくて'ハハハ(ははは),へへへ(ひひひ),フフフ(ふふふ),へへへ (へへへ),ホホホ(ほほほ)'の5種類しかない。 私たちのように'フフフ','キルクキルク','ふふふ'というクェサンマンチカン笑いはとうてい表現する方法がない。

ハングルは世宗大王(セジョンデワン)が1443年に作った字で'に充ちた民が自分話すところを表現したくてもその意を表現する方法がなくてこの文を作りました'でした。

しかしそれだけでなくて,その裏面の目標は儒教の基本精神の'忠孝思想'の深化普及(補給)にあったともすることができる。

ハングルを習えば自ずから上下着概念ができることになっている。

韓国語を知っている人ならば誰も皆知っていることだが,韓国語は英語のアルファベットのようにそのまま単純な配列ではなくて子音と母音が合わされてこそ一つの文字となる。

男女が合わせて一つの家庭を作るように,森羅万象が陰陽が合わせて良いことに,字にもそのような概念を導入したのだ。

そしてハングルの母音配置図',オイ,オ,女…'を見れば即座に知ることが出来るが,ここには話の重要度と高低が絶妙に配置されている。

例をあげれば,お父さんの'ア'が一番上席にあってその下にお母さんの'オ',その下に兄,さらに下に姉,こういう配置はただなったのではなく意図的に作った儒教精神の序列を加味したのだ。

笑い声も上から数え上げれば'ハハ,はっはと,ホホウ,ふふ,フフ,へへ'になるのに,ここで'ハハ'という男の笑い声,'はっはと'というそれより低い男の笑い声で,'ホホウ'は女の笑い声なのに,それより低いのが'ふふ'だ。

そしてさらに降りて行けば'フフ'になるのにこれは何か凶計を整える悪い奸臣を連想させて,'へへ'になればおばけがシンナラク忘れる笑い声になってしまう。

それで韓国人らはそのまま笑い声だけ聞いてもその主人公の人物性格を大体察することだ。

このように澄んで美しい話は上席に,暗くて陰気な話は下隈に追い詰めたハングルこそ開けてみれば開けてみるほど天下の名品で言語学大会があれば一度送りだしたいほどだ。
[2009/02/25]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-8]ハハハ ホホホ
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=8718&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。