日本語源流散歩7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

迷惑をかけない~イ・ナムギョの日本語源流散歩7(機械翻訳)


優しい子供と迷惑をかけない子供.

韓国と日本教育はその出発点から大きな差があるということを発見する。 すなわち,両国教育の裏面目標が全く違う所を指向していることだ。

我が国は'優しい子供になれ'で教えるのに,日本は'他人に迷惑をかけない子供になれ'で教える。

韓国校長先生の訓話の核心の'優しい子供になれ'というどんな子供をいうのか? ご両親お言葉をよく聞いて,先生お言葉よく聞いて熱心に勉強する子供ではないだろうか? 言い替えれば私たちの教育は'親孝行死傷(史上,思想)'を一番の徳性で打っていることだ。

それで日本が強調する'他人に迷惑をかけない子供'という(のは)何を意味するか? それは一言で社会性だ。 人間が生きていくのに一番重要なのは何よりも人を配慮することができる共同体意識,事理分別だ。

日本人たちは自分より人をさらに意識して,他人に対する細心な配慮の習慣は幼いころから徹底して注入させて,たとえ夫婦といってもお互いを丁寧に尊重して礼儀を守って買う。

そうするうちにまあまあなのはこらえることになって,このような忍耐が限界に至れば火山の噴火口のように恐ろしく爆発してしまう。 一言でけりをつけることだ。

ところで私たちはどうなのか? 親孝行精神は自分の家族,同僚,知っている人,すなわち私たちから出発するから他人に対しては理解の心が少なくて非常に排他的だ。

よく分からない人には疎かにしたりむやみにしても大丈夫だという意識が何時の間にか隠れていて,時々他人にご迷惑をかけたり不そんな態度を見せる若者たちを道路でたびたび見る。

自分がよく分かる友人の両親や近い隣だったら全く想像もできない無礼もはばからないことに胸が痛かった記憶を,韓国に住むこれらは誰でも1,2回ずつは経験して分かるだろう。 しかしこのような短所もあるが,ヒョは情(本当に)から出発するからその土台には愛がある。

反対に他人に対する配慮すなわち,社会性は私利(事理)判断の論理を土台にする知(紙)から出発するから,感情を抑制して自制する忍耐を美徳でここは分別力がある。このような両国の裏面教育が'理知的な日本人'と'感性的な韓国人'を作り出すのではないだろうか?
[2009/02/18]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-7]迷惑をかけない
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=7571&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。