日本語源流散歩5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

選ぶ(ころんだ)~イ・ナムギョの日本語源流散歩5(機械翻訳)


タルマサンガ選ぶ(達摩さんがころんだ)-'選ぶ'とは'歩いたみな'が変わった話。

私たちが幼かったときに'ムクゲ花が咲きました'という鬼ごっこ遊びをした思い出がある。 この遊びは鬼が木に期待目を隠して注文を覚えた後見て回って動く子供をつかみ出すゲームだ。

注文を覚える間にだけこわごわ鬼に近付いて一番最後に鬼に捕えられた同僚を救出して逃げるこの遊びは絶対に動く姿を鬼が発見できないようにすることが特徴だ。

もし歩いていく姿を鬼に見つけられれば捕えられることになって,捕えられた手の連結の輪を他の友人が切って逃げられるようにしてくれる時を待って,笑って楽しんだ月夜の下のその時期が今でも鮮やかに目に浮かぶ。

夢のようだった幼い時期のその遊びを日本の子供たちが同じようにするとは。

ところで子供たちが覚える注文は私たちと違ったが,内容は'タルマサンガ選ぶ'(たるまさんがころんだ)で,意は'達磨様が回っていく'だ。

今日の日本語で'選ぶ'(ころんだ)は'回っていく'が合うが,古代にこの遊びが初めて始まった時は明確に'回っていく'が違って'歩いていく'すなわち'歩いたみな'という話であっただろう。

古代韓国で渡っていったこの'歩いたみな'という話は永い歳月を経て伝えられる間に声語は遊びでそのまま引き継いできたが,意は完全に忘れられて今はそのまま音がし次第解釈して'回っていく'という意味で知っている。

だが実際遊びを見て分かるようにこの'選ぶ'という転がるのではなく見つけられないで歩いていく遊び期のために'歩いたみな'が合う。

達磨は中国禅宗の始祖(詩)としてインドの王子に生まれて般若多羅から教えを受けて,中国に渡っていって禅宗を伝えた人物. 中国小林寺で9年間壁だけ眺めて法を悟ったといって'壁面9年'(壁面9年)の固辞(考査,告辞,枯死)で有名だ。

それで現在でも達磨は'開運の象徴'で,何の願いをする時片方の目を書き込んでその願いが達成されれば他の片方も描いて入れて成功を祝う不倒翁の象徴だ。 だから国会議員選挙などで勝てば達磨の目(雪)を書き込む姿を日本ではたびたび見られる。

昔には韓国や日本や寺が学校役割をしたし,僧侶が教師であった。 僧侶らは達磨のように何でも我慢して努力しなくてはいけないという意味で'達磨9年'を説法する。

しかし,結局子供たちはその話をそのまま受け入れないで,'達磨様も人々が見ない時は食べたり寝たりもしたのだ'といいながらいたずらをしたことが順次楽しい遊びに変わって今日に至ったのだ。
[2009/02/04]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-5]選ぶ(ころんだ)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=5207&yy=2009

※この記事はexciteの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。