日本語源流散歩46


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肉土(土)が '佐藤(さと, 里)'で~イ・ナムギョの日本語源流散歩46(機械翻訳)


故郷があると言うことは本当に良いのだ. 遠く去る暮しても常に幼い時遊び回った故郷は思い浮かぶことだけでも心の平安と休息を与える. そして韓国の人々は遠く異国に出る肉の時呼びながら涙を流す歌がある. それはであったから少ないこともないがそれでも一度重ねて言う心情で使って見る. "〓私の住んだ故郷は華やかになる山里, 桃花杏の花赤んぼうつつじ.〓〓川辺りには糸柳踊る町内, その中で遊んだ時が懐かしいです.♪"

陰鬱な時も, 嬉しい時も, 懐かしい時も, 何か息苦しい時も, この歌を歌えば胸が暖かくなる故郷の幼かった時代が香ばしく感じられる来る.

なぜだろう? それは希望多かったオリン時代住んだ所だからだ. 特に在日韓国人たちは悲しい歴史の主人公なのでそうか祖国に対する愛着は他の人々よりずっと大きい. 節日ごとに民団に集まる踊る人々の姿を見るあっていたら自然に涙が出る.

'住んだ所'は '住んだ地(土)'を言いながらこれは '肉土(土)'なのに, この言葉が変わって日本語の '佐藤(里)' すなわち, '故郷'と言う(のは)話になる. 故郷を背く遠く去る人々はすべてそれそれなりに理由があるのに, この '理由'は日本語で 'わするように'と言う. これは慶尚道方言の 'わするように, ワカノ-, 瓦解' すなわち, 'どうしてそうだから'が弁韓言葉だ.

故郷で睦まじく過ごした幼なじみはいつのまにか青春になる, 丘の上に流れる雲を眺めながら飛ぶヤマドリと谷の物価の踊った手探りして, 遠い後日を約束する '空が' 私遠くで悲しい様を送るのに, ここで '空が'は日本語で 'ハルカ(はるか)'になる, '遥かに, あの遠く'という意味だ.

故郷に一人きり立つことは彼女は見たい心情をなぐさめる道ないなつかしき心に '静かに' 動産に登って様いらっしゃったゴゲッマルに向けて祈る日が多くなる…. ここで '静か'と言う言葉は '所要(そよ)'で '静かに動く姿'を言う.

ボムがウルはそれほど流れるそれでもグリウォで耐える事ができないa時には一枚の手紙に心を伝えるのに, 日本では女人たちの手紙語尾に '刺する'(かしこ)と書く. ここで '刺する'と言う韓国語の 'いらっしゃる'で, 今日韓国語にすれば 'よく行くように'になる.

古代には "アラアラいらっしゃる"と言ったが, この時 'アラ'という言葉の 'よ'は '大きい, 高い'で, 'だと'は '神さま, あなた'で, 二言葉を合すれば '偉い神さま, 大きいあなた'と言う(のは)話になって, したがって 'アラアラ刺する'(あらあらかしこ)は '高い君だ, よく行きます' または '偉い神さまがあなたというにいらっしゃるのを'と言う(のは)意味になる. これは英語のグッドバイ(Good bye)や, 只今雨ウイド油(God be with you) すなわち '神さまがあなたというにするのを'のような意味で使われたのだ. ところが'アラ'(あら)という言葉は今も日本女性たちがよく使うですね, 軽く驚いた時 'アラ!'と言う. この言葉は 'あ, お御輿司馬'という意味で, 英語の 'マイ冠(my god)'のような用途の使い方だ.
[2009/11/18]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-46]肉土(土)が '佐藤(さと, 里)'で
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=49693&yy=2009

※この記事はinfoseekの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。