日本語源流散歩48


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

'うらさびしい'と 'スサム(すさむ)~イ・ナムギョの日本語源流散歩48(機械翻訳)


昔のお婆さんお爺さんたちは天気が曇れば '日がぐずぐずするのね'とか, '明日は構誣をガール'という言葉をよく使った. '旧物だ'が原型であるこの言葉は私たちの長年の昔からの古代語なのにこれを日本語にすれば '旧鉄敷'(くもる) すなわち '曇る'という意味だ. そして今は '寂しい'という言葉も 'ススルする, うらさびしい, うらさびしい'と似ている言葉でたくさん使われたがこれまた日本語では '私費志井'(さびしい) すなわち '寂しい', 'スサム'(すさむ)は 'うらさびしい', 'スズシイ'(すずしい)は '冷ややかだ' などで使われるありその流れも似ている.

私は日本語を聞く度に昔の田舍のなまりを聞く感じを持つ時が多いのに '〓つける'と言う '〓ダンダです(たんだよ)', '〓負けた'と言う '〓だ(ちゃった)', '〓欄だ'は '〓つける(だんた)', '〓リョム'は '〓欄(らん)' などで言葉の済ますことがそのまま韓国語だ.

こんな言いかたの言葉は私の幼い時お爺さんたちがたくさんしたが冬なら広間に集まる子をなうとか俵を打ちながら香ばしい話で這った夜をそれほど過ごしたがその中一つを紹介すれば次のようだ.

暮しながら気を付けなければならない 4種を毎日, 毎月, 毎年, 一生に一つずつ入ったら言葉だった.

第一, 毎日気を付けなければならないことは'夕方に食べ過ぎ'だそうだ. 今思っても夕飯にたくさん食べれば太っている健康に有害だということは理にかなっている. 科学的に見る時万である 600g 太ったらそれに対する栄養供給と酸素を送るために細い血管が 12㎞も増えるようになるというのにそれでは心臓のポンプ行動もガングヘジョで結局健康に無理が来ると言う. それならいくらを食べることが食べ過ぎか? 簡単に言えば, 食べる時腰巻をふやせば食べ過ぎだ, 帯を外さなければ適当だと言う.

第二, 毎月気を付けなければならないことは '晦日に飲みすぎ'イランらしい. 大気中の期(?)が半月には充満するが, 晦日にはゾックオジギのため育てる抜くお酒をこの時飲み過ぎれば相乗作用をイルウキョで身に有害だということも分かる.

第三, 毎年気を付けなければならないことは '冬の遠行'(遠行)だ. 多分これは冬には身のすべての部分が硬直される, 事故の危険性の大きいからではないか?

第四, 一生気を付けなければならないことは '夜話放射'(夜火放瀉)だ. これは '夜に電気をともしておく泣いて頼まない'と言うのにこのようにすれば陰陽の調和がケジョで健康のバランスを失うからだった.
[2009/12/02]

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [イ・ナムギョの日本語源流散歩-48]'うらさびしい'と 'スサム(すさむ)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=51826&yy=2009

※この記事はinfoseekの機械翻訳で生成した記事です。内容が不正確な場合がありますので、ご了承ください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。