稲荷山蕎麦店繁盛記 四杯目(3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「暁」
「月から女の子が落ちてきたんだよ」
開口一番の向日葵の言葉に、暁はちょっと戸惑った。さっきまで、あの男のことでばたばた慌ててからかもしれない。
蔵書室として機能している客間で、暁は向日葵と夜見の話を聞いていた。
「知恵を貸してほしいのよ」と今度は夜見が言ってくる。「貴方の先生にね」
「先生ではありません」きっぱりとそこは否定しておく。人のものを勝手に取るようなやつは先生じゃないし、そんなことしなくてもあいつは先生じゃない。
「彼はただの変人です」
「やっぱり変人なんだー」向日葵が嬉しそうにはしゃぐ。
「ね、いったでしょう」夜見も口の端を上げる。
「さっきのは君達か」えらそうに座っている野比が苦笑した。「しかし、その変人に知恵を借りに来るとは君達も十分変だよ」
「変人でも賢ければいいのよ」夜見がぴしゃりという。「月から落ちてきた女の子について。知恵を貸して」
月から落ちてきたオンナノコ。暁は少し想像してみる。
かぐや姫の末裔?地球侵略?いやいやそれじゃ普通すぎるし…もっとこうロマンチックな感じが…
「弓夜君」
名前を呼ばれて、思考が中断する。いいとこだったのに。
「妄想はそれぐらいにしてさ」
「手ごろな辞書でひっぱたきますよ」
「君、行ってきなさい」にっこり笑って野比がいった。
「嫌です」あなたの仕事でしょうに
「さて…イの72番」暁の言葉を無視して、野比は話を進め始めた。野比の声に反応して、一冊の本が机の上に跳んでくる。
「この本はなんだか分かるかな?弓矢君」
「『満月十夜』ですよね」この男が十日で書き上げた月に関する全てのことが書かれた本だ。
「その通りだ。これを持って蕎麦屋に行ってきなさい。問題は解決する」
「だからなんで私が…」
「弓矢君、行ってきなさい」有無をいわせぬ口調だった。何もいえなくなる。
「で、きてくれるわけ?」夜見がため息をついて暁を見た。
「弓夜おねえちゃんいこっ!」向日葵が袖を引っ張る。
結局いつもこうなる。いっつもこいつの言うとおり。
「分かりました。行きましょう」別に嫌なわけじゃない。

「野比」
扉の閉まる音を聞いて、私は安心した。
外の世界は締め出され、部屋に私1人になった。
これでいい。
彼女は、外の世界で、学び、悩み、傷ついていけばいい。
私の真似のように感情から逃げ出した世界にいる必要はない。
これでいい。
「暁弓夜」声に出してあの娘の名前を呼んだ。
一冊の薄い本が私の元へ飛んでくる。
真っ白なその本の記念すべき一ページ目。
私は彼女の原稿をゆっくりとその上に落とした。
沈んでいく文字列。浸透する物語。
世界を知れ。
「期待しているよ」そういって本を閉じた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。