※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

童帝とは


童貞を極め、魔法使いを超越した人間に与えられる
輝かしき称号。

童帝になると、色々諦めがつき、色々できるらしい。
世界の童貞力を「童貞質量保存」に基づき、
自身の体に溜め込むことができる。

魔法使いの場合は「童貞力」を「童貞質量保存」の法則により
体内に吸収し、体内の「メルヘン」と化学反応させる事で
MP(マジックポイント)を得て、それを用いて
魔法を使う。
(この時「童貞力」は再び体外に排出されるため、
 質量保存の法則によって貯まる量以上の童貞は貯まらない)

しかし、童帝は「童貞力」を直接、童貞魔法の
エネルギーとするため、魔法使いとは比べものにならない
能力を得る。そして、開き直り、童貞とは何か、を知る。
(童帝はその悟りを以って、童貞質量保存の法則以上の童貞を
 空気中から得ることができる。)

童貞とMPの変換式
MP=童貞力×諦め/65535-憎しみ×円周率


非童帝

非童帝とは、
一度は童帝の地位についたものが、
金の力などを用いて童貞を捨てた場合に得られる称号である。

非童帝は童貞力を多く放出するため、
あらゆる業界において絶大な力を発揮する場合がある。

が、迸る童貞力の制御は常人には難しく、
非童帝になった後の成功、失敗の如何はその人の
カリスマと才能にかかっていると言える。


ホリエモンなどがこれにあたる。