※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】THE INFINITY GAUNTLET
【ジャンル】漫画・アメコミ
【世界観】

【異次元】
物理法則などがわれわれの宇宙とは異なるそれ自身の空間や物質を備えた宇宙や領域。
無数に存在し、大きく物理法則が異なる異次元には移動しにくい。別の宇宙というより精神世界や霊界、神界、次元間空間などももある(地球のある宇宙が分岐したものも無数にあると古い設定資料集にはある)。
これらの異次元は「時間流」(物理的な場所ではない)によって時間の向きが一つの方向にまとめあげられ、時間の流れを共有する一つの時間軸をなしている。(例外あり)
この集合体のレベルをさして宇宙と呼ばれることが多いが多元宇宙という言葉が使われることも少なくない。

【時間軸】
上記の時間軸の分岐による多時間軸も存在している。これは量子力学的なものであるらしい。
この多時間軸システムはこれを駆け巡る神秘力のため不安定でありLiving Tribunalにより監視・管理されている。(このレベルに対応する次元などもあるが詳細不明が多い)
通常、このレベルが多元宇宙と呼ばれることが多いが、これを宇宙と呼ぶこともある。
時間軸はビッグバンとビッグクランチによる死と再生を繰り返しており(次元の種類によっては現れ方が違うが、より大きなビッグバン現象の一部)、宇宙の誕生以前のレベルで異なる歴史を持つこともある。
ビッグバンの力はインフィニティ・ガントレットを支えている力と同じ力によって引き起こされる。



【名前】 Eternity(永遠) 別名Adam Quadmon、Shakti
【属性】時間そのものの具象化(embodiement)、時間軸(temporal axis)にそって存在する全ての総和が擬人化した存在
【大きさ】宇宙そのものが身体    
【防御力】属性相当。一度内部から消去された後、再生してみせたことがあるらしい(資料集でちょっと触れられていた)。
【特殊能力】ほぼ全能のコズミック・パワーを持ち、時間軸に属するすべてから力を引き出すことができるつとされる。 
【弱点】ビッグクランチで死ぬ
【解説】宇宙そのものの人格化存在。意識をもった宇宙自体の生命力。全ての意識の集積存在であり、実体であると同時に抽象概念。
兄弟姉妹にDeath、Eternityの時間性に対し空間を表すInfinity、その反対で無の化身Oblivionがいるが、詳細不明。


【名前】 Living Tribunall
【属性】「全能の正義の化身」
【大きさ】「宇宙」に偏在している
【防御力】不明。概念存在。
【特殊能力】多元宇宙を監視し、宇宙の法に違反した存在にに判決を下す。



"THE OFFICIAL HANDOBOOK OF THE MARVEL UNIVERSE : ALTERNATE UNIVERSES 2005"の平行宇宙の抄リストに
Amalgam Universeが載っている。
"DC VERSUS MARVEL" "AGE OF AMALGAM" "ACCESS"シリーズがマーヴル・ユニヴァースの正史に組み込まれている可能性も高い。


【備考】英語では次元dimensionや宇宙universeなどの表現はあいまいで互換性のある部分があって、
     一つの空間的な連続体を次元や宇宙と呼ぶこともあれば、もっと大きなまとまりをそう呼ぶこともあります。
     例えば、多元宇宙全体を宇宙と呼ぶこともあります。
     Universeという単語はある意味日本語の「世界」に近い面があります。
     次元という言葉は日本語と同じく他の次元を前提にして使われる概念といえると思います。



【名前】サノスwithインフィニティ・ガントレット
【属性】インフィニティ・ガントレット所持者
【攻撃力】サノスの実践
     生命体を任意に消滅させることができる。
     ・作中では全宇宙の生命体のちょうど半分を消滅させることを決定。(台詞などから)
      地球、タイタン、クリー(銀河帝国)、スクラル(銀河帝国)で人口の半分が消滅した。
      (地球のニュースや銀河帝国の君主達への報告などや、人々の消える描写より)
      ただし、人間以外の生命体が消滅したという明確な発言があるのは地球のみ。
      (ニュースでの科学者達の調査の結果報告より)

     宇宙的秩序をつかさどる存在達(以下宇宙的存在)を力押しで倒し、
     光の檻のようなものに閉じ込めた。(描写あり)

     Celestialsが投げつけてきた惑星砲弾群をビームで一蹴した。(描写あり)

【防御力】サノスの実際に耐えたこと
     作中では、「宇宙的存在達の素粒子を崩壊させ、空間を砕き、時間を歪ませ、
     多くの宇宙の物理法則を無意味化した(宇宙史の記録者の発言)
     比較的近傍の恒星系を消滅させ(ナレーションによる)、次元の歪みの波動を引き起こし、
     遠く離れた(といっても最大で十万光年)地球を軌道からずらし、異次元ネガティヴ・ゾーンと混交させた(描写あり)攻撃」
     でノーダメージ(防御手段は不明)。

     宇宙的存在達(Galactus、Epoch、Stranger)が
     エネルギー体となって突撃する攻撃を不意打ちでくらってノーダメージ。

      「純粋なエネルギーの膨大な塊が…
      サノスに向かって突進した!

      ギャラクタスとエポックとストレンジャーが、エネルギー体となって
      狂える神を急襲したのだ!
      その猛威に、サノスは一瞬体勢を崩したかに見えた!

      しかしサノスは考えるだけでそれ以上のエネルギーを操る事ができるのだ」(作中より引用)

      Master OrderとLord Chaosの攻撃にも耐えたが、どういう攻撃か詳細は不明。 
【素早さ】反射速度:一瞬で1光年移動できるスピードで突っ込んでくる相手(シルバーサーファー)が、
     数十cm後ろまで接近した段階で気づいても反応して反撃できるレベル。

     詳しい説明は以下の通り。
     シルバーサーファーはアダム・ウォーロックと一緒に、
     サノスから一光年離れたところに留まる。
     それにサノスは気づいている。
     その後、地球の超人軍団を送り込んでサノスを戦わせる。
     サノスがそっちに気を取られている間に、シルバーサーファーにガントレットを奪わせる予定だった。
     しかし、実行したときに直前で気づかれて作戦は失敗に終わった。
     なお、このときのサノスは「力」のジェムのみ使用し、他の5つのジェムの力を封印した状態だった。

     移動速度は不明。
【特殊能力】魂、力、空間、現実、時間、精神のインフィニティ・ジェムを装備した
      ガントレットの力で宇宙を操れる。
      時空間操作が可能(描写からの推測)
       ※作中では、時間操作で作る牢獄(詳細不明)に入れられたときに、そこから脱出し
        サノス自身も実際に時間そのものを止めることが出来る描写があるため。
      物質変換能力:描写から解る範囲では、敵の体の金属製骨をスポンジにしている。力のジェムのみで使用可能。
     ネビュラのやったこと。
     ネビュラは数秒後の未来を予測して見せた。
     宇宙全体の時間を一日巻き戻した。
     ただし、宇宙的存在はこの影響を受けていないので、裏系にはこれは通用しない可能性がある。

     記憶だけなら巻き戻す前の記憶を持った奴が普通の人間でもいる。
【長所】とくになし
【備考1】エターニティ=「全能」と形容される宇宙そのものである存在と戦い、
     勝利して他の宇宙的存在と同じ檻に入れた。

     宇宙的存在は誰も殺害していない(描写)。

     ただし、別の分岐時間軸でIGを使用して死を抹殺した物語があるため原理的には可能と推測される。 
【備考2】アダム・ウォーロックとソウル・ジェムに繋がりあるためサノスはソウル・ジェムの使用に慎重。
      そのためか精神操作に弱いと推測できる描写がある。
      ・笑い方で精神に影響を与えられる自分の兄弟に対して口を消すことで対処し
      ・愛と憎しみを司る宇宙的存在二人の精神攻撃に対し、相手を吹き飛ばすことで対処している。

参戦:vol.1 18



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/06(火) 15:08:24 ID:XPONBWV3
サノス考察

○破壊宇宙 全能勝ち


サノス>破壊宇宙

299 :格無しさん:2010/09/07(火) 21:14:26 ID:K1dXQMM0
無貌の神 考察 世界樹(3次多元世界)に寄生した(2次多元偏在キャラ)で世界ルール適用

○ サノス 共に任意全能(だよな?)に負けないため全能耐性有り、全能による勝敗はない。
      二次多元偏在で負けることなく融合で勝ち
○ ユライヒ より上位の世界の存在であるため時間無視でも消されない、融合して勝ち
       というか、こいつの世界観ってどうなってる?あと出来れば作品名も。
× ナイア 偏在範囲+任意全能+時間超越で負け

ナイア>無貌の神>ユライヒ>サノス


あと、アンチスパイラル(劇場版)が結構強くなったのでサノスと戦わせて見た。
サノスの反応速度からして、エターニティに勝ってはいるものの、
あくまで任意全能+全能耐性持ちで通常攻撃がまったく無意味ではない。
開始距離・防御・素早さ的にアンチスパイラルの方が先制のギガドリルを決めて勝つと考えられる。