※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】ウルトラマン超闘士激伝
【ジャンル】漫画+OVA
【共通設定・世界観】

「ウルトラ人(ウルトラ戦士)」
もともと地球人に近い種族が巨大人工太陽プラズマスパークの光を浴びることで、いわゆる超生命体に進化した姿と言われている。
超生命体なので基本的に死ぬことは無い。二十万年生きているキャラもいるし、
例えば超闘士ウルトラマンは食事も水も無いような超高温&超重力の空間に3ヶ月間、閉じ篭りひたすら修行をしていたらしい。
ただし例外として、肉体があまりに激しく傷ついた場合には、魂がかえるべき肉体を失うということなので、それは死と呼ぶほかない。

「光線」
この世界の光線とは基本的にはウルトラ戦士や宇宙人が 手から発する光る攻撃(他の漫画ではビームやレーザー、気などとも呼ばれるもの)のことをさす。
しかし光線を無効する特性を持った怪獣が光学兵器などをはね返していることから、機械的なレーザーやビームも同様に光線と呼ぶようだ。

「OVAについて」
漫画は「メフィラス編」、「ヤプール編」、「伝説の破壊神編(シーダ編)」、「エンペラ星人編」の四部に分かれていて、OVAにて発表された通称「ツイフォン編」は
「伝説の破壊神編(シーダ編)」と「エンペラ星人編」の間に入るエピソードである。
漫画とOVAのストーリーはほぼ完全に繋がっていて、OVAに「伝説の破壊神編(シーダ編)」にて初登場したアイテムが登場していたり、
「エンペラ星人編」でOVAで起こった出来事が語られたりしている。

【速度計算】
シラリーは別の星系(おそらく)から短時間(少なくとも一日はたってない)で飛来している。
太陽から最も近いαケンタウリは4.39光年離れているからこれを仮に1日で移動したとして移動速度は光速の1799倍
これ以上は確実なので計算しやすいように光速の1800倍以上とする
超闘士ウルトラマンは最低でもこれより早いビームやエネルギー波に100mかそこらの距離で反応できているため
反応速度は光速の18倍以上。

【参考用テンプレ】
【名前】超闘士ウルトラマン
【属性】聖闘士みたいな鎧を着たウルトラ戦士
【大きさ】40m
【攻撃力】
最低でもワンパンチで惑星が砕け散る。自分と同じ大きさの相手の頭を掴んで投げ飛ばし、 惑星を五つ貫通させたあげく六つ目の惑星に突き刺す。
太陽を木っ端みじんに出来るエネルギーでもほんの一部しか壊れない数Km級の巨大空母を突進パンチで破壊する
スペシウム超光波:最強光線技 掌から発射し惑星の直径20~30個ぶんは軽く進む 速度は自分の戦闘速度の2倍くらい
         全力突進パンチよりは上の威力。タメはあったりなかったり
【防御力】
最低でも惑星破壊級のエネルギーでほとんどダメージが受けない
自分の突進パンチを軽くはじき返せるパンチになんとか耐えられる
太陽を木っ端みじんに出来るエネルギーを全身で受け止めた(周りに被害が及ばないように)時は一時意識を失った
1兆℃の火球を素手でぶち破ってるので相当な熱耐性がある。
【素早さ】
長距離移動速度は超光速以上と推測。
短距離移動速度(戦闘速度)は一瞬で惑星直径6個分ほど飛行して移動できる程度。
直線的に移動ではないし、飛びながら戦ったりすることも多いのでこの速度で戦闘できると考えて問題ないと思われる。
反応速度は100mくらい先から迫りくる光速の1800倍以上の物体に反応し、スペシウム超光波で迎撃できるほど
【特殊能力】
宇宙空間でも戦闘可能。
エネルギー感知:惑星何十個分も離れていても、強いエネルギーを感知することで相手の位置が分かる。
        ただしあくまでなんとなく位置が分かるだけで、正確な位置や強さまでが分かるわけではない。
超闘士のオーラ:全身の表面に常時張り巡らせてあるオーラ。設定では、肉体を侵す全ての攻撃を無効化する。
        相手のエネルギーを吸収する細菌?(ゴーデス細胞)攻撃を防げる。洗脳攻撃も防げる。
        また敵に接触して洗脳する洗脳攻撃なら超闘士のオーラを手に流し込むことで逆に相手を洗脳可能。
        即死攻撃も無効化。相手のやる気や意欲を無くさせる放射能も無効。

【名前】デルタスター・ウルトラマン
【属性】ウルトラマンGそっくりのカラータイマーを付けたウルトラ戦士
【大きさ】約40mの人間型
【攻撃力】超闘士ウルトラマンのスペシウム超光波に無傷で耐えるツイフォンの装甲をぶち破れるパンチ力。
     突進パンチで「太陽を木っ端みじんに出来るエネルギー」をはるかに上回る攻撃に無傷で耐えた巨大怪獣を粉々に粉砕する。
スペシウム超光波:タメ、射程など参考テンプレの超闘士ウルトラマン参照。 威力はツイフォンを一撃で完全に消し去るほど。
【防御力】超闘士ウルトラマンを一撃で殺したツイフォンの突進を急所にくらっても完全に無傷どころか、逆に突進してきたツイフォンの体がボロボロに崩れた。
【素早さ】参考テンプレ時の超闘士ウルトラマンより全てが上のツイフォンを一方的にボコボコに出来る。
【特殊能力】参考テンプレ参照。
【長所】作中負け無しであるウルトラマン究極の形態
【短所】デルタスター状態でウルトラの国三大秘宝を使ってればもっと強かった。
【戦法】初手スペシウム超光波。それでダメなら殴るなりなんなり

参戦:vol.1 60



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/18(日) 09:45:21 ID:HX9FNU5g
デルタスター・ウルトラマン考察

○グドン 瞬殺
○ン・ダグバ・ゼバ 瞬殺
○エースキラー 瞬殺
○ゴースト 宇宙に出られないため、スペシウム超光波で惑星破壊して勝ち
×ジャネンバ 無理

ジャネンバ>デルタスター・ウルトラマン>ゴースト

(後略)


vol.4

133 :格無しさん:2014/11/19(水) 11:55:33.92 ID:PeSEh0la
ツイフォン再考察

○救世主マン 撲殺勝ち
×暗黒神クェーサー 石化ガス負け
××elonaコンビ 防御無視のオンパレード負け
×フォッグドラス マリキュレイザー負け

ウルトラマンもこれのすぐ上だろうから

暗黒神クェーサー>デルタスター・ウルトラマン>ツイフォン>救世主マン