※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】スターフォックス アサルト
【ジャンル】コンピュータゲーム
【名前】アパロイドマザー
【属性】機械惑星そのもの、機械昆虫生命体アパロイド全ての本体
【大きさ】惑星並み
【攻撃力】
 一つの太陽系を容易く侵略できるほどの軍勢をワープにて送り込むことができる。
 機械昆虫生命体アパロイドは大小さまざまだが、アーウィン並みの性能を誇る主力機をもつコーネリア艦隊を圧倒するほどの戦力がある。
 またアパロイド本星に攻め込まない限り、無限にアパロイドによる襲撃を繰り返すことができる。
 既存のメカや生命体を融合または侵食することにより、それを強化して操ることができる。
 長距離ワープによって送り込まれる巨大ミサイルなどは、一発で防衛衛星を破壊することが可能である上に、劇中では同時に12発も送り込まれてくる。
 100m級の戦艦を一撃で破壊する巨大な蛾の機械昆虫などを送り込むこともできる。

【防御力】
 惑星並み以上。惑星表面にはまんべんなく強力なバリアを張っており、それらの施設を破壊しなければ進入できない。
 中枢部までの複雑なルートを高速で移動、防衛網を全て突破して中枢部に自滅プログラムを打ち込めば倒せる
 ただしマザーには自滅プログラムに対する免疫も作ることができるため、それを阻止するために攻撃を加え続けなければならない。
 防衛網に存在するトラップはどれもアーウィンですら回避困難な代物であり、それ以上のスピードと反応を要求される。
 (アーウィンのパイロットは10mもない距離から機械レーザーを発射後に反応可能。アーウィンのレーザーはこの反応でも回避は困難。)



 正面から破壊する場合、おそらく惑星破壊を超える威力を求められる。

【素早さ】
 移動はできない。
 ただし、アパロイドの軍勢は平均してアーウィンに対抗できるだけの素早さを持つ。
 (アーウィンのパイロットは10mもない距離から機械レーザーを発射後に反応可能。アーウィンのレーザーはこの反応でも回避は困難。)
【特殊能力】再生、進化、融合、増殖、ワープなど
【長所】無敵すぎる
【短所】とても強大な「一人」に過ぎない
【戦法】
 アパロイド軍団を即時投入、ワープミサイルを打ち込みまくる。
 防御力の高そうな場合、アパロイドによる侵食や融合を利用して地道に取り込んでいく。

3スレ目