※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】ウルトラマン THE FIRST
【ジャンル】漫画
【共通設定】
バルタン星人の反応速度:顔のすぐそば(5mほど)まで迫った中距離ミサイルに反応し、重力波で破壊できるほど。
            中距離弾道ミサイルはマッハ10前後なので2m先からの音速反応。
            バルタン星人の身長に直すと50m先からのマッハ100反応。
初期のウルトラマンの反応速度:上記バルタン星人と殴り合える程度。
ウルトラマンの飛行速度:10秒以内に地上から宇宙空間までシュワッチと飛んで行ける。秒速10㎞(マッハ29)。
スパイダーショット:科学特捜隊が使用するビームバズーカ。射程は50m程で、ビームの進路上の機材や鉄塔や自動車などを
          全て貫通して進む威力。

【名前】ゼットン(FIRST)
【属性】バルタン星人の作り出した宇宙恐竜。
【大きさ】60m 30000t とか書いてあるがどう見てもそれ以上
     ウルトラマンや船と比べると200m以上はある、下半身が蜘蛛に酷似した醜悪な姿
【攻撃力】
『パンチ』一撃で直径200mほどにわたってビル群を倒壊させる。
『光弾』一瞬で大量(30以上)に撃ち、射程数km。範囲も数kmをほぼ一瞬で無差別攻撃。
    戦闘機(マッハ2.2)を撃ち落せる。ミサイルを到達前に撃墜。
    大量の弾幕(範囲数kmに撃ちまくる)で、マッハ100反応のウルトラマンが回避しきれない。
    一発一発が50m級の爆発をおこし範囲数kmのビル群(防衛軍基地含む)をあっという間に壊滅。
『怪光線』 射程数百m、スペシウム光線と同時に撃てる速度。
     スペシウム光線をかきけし、直撃すれば『関東一円を一瞬で火の海にする核爆発にどう見ても巻き込まれているが死んだり
     変身解除したりせず無事に地球に帰還できる』ウルトラマンを殺せる。
【防御力】八つ裂き光輪を4発、更にスペシウム光線を受けて、無傷。 宇宙生存可能。
【素早さ】動き回るウルトラマンを叩き潰さんとパンチを当てようとすることができる(ウルトラマンもよけるのに苦労する)
     移動速度は大きさ相応の蜘蛛並み。
【長所】原作でもマンガでも、最強最後の敵。
【短所】原作番組で猛威を振るった数々のチート能力が未登場、原作より弱体化。作中圧倒的すぎて反応描写イマイチ。
【戦法】光弾と怪光線撃ちまくって圧倒する。
【備考】
『スペシウム光線』
  腕で十字を組むことで使用可能。射程約200m。80m先のバルタン星人並みの反応の敵が回避不可能。
  レッドキングに対してはなった際には山の向こう側からでも見えるほどでかい爆発を起こしていた。
  関東一円を火の海にする核爆発にどう見ても巻き込まれているが死んだり変身解除したりせず無事に地球に帰還できる
  ウルトラマン自身に大ダメージを与える威力。    
『八つ裂き光輪』
  スペシウムを円盤状にして放つ技。4連射可能。射程はスペシウム光線と同じくらいで速度はそれ以上。
  スペシウム光線を無傷で反射するアンチ・スペシウム装甲ごと、バルタン星人を縦に真っ二つに切断。