※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】空の大怪獣ラドン
【ジャンル】映画
【名前】メガヌロン
【属性】古代トンボの幼虫
【大きさ】全長8m、体重1tのヤゴ
【攻撃力】鋏で人間の首を切断 犠牲者の体に日本刀の如き鋭利な切り口を残す
【防御力】警官にM1917リボルバー(.45口径弾使用の回転式拳銃)で数十発撃たれたぐらいでは特に効いていない
     ブローニングM1917(口径7.62mm、毎秒10発の発射速度の重機関銃)で4~5秒撃たれ続けて
     さすがにこたえたようだがそれでも向かってきた そこを石炭満載の5両編成のトロッコに轢かれ死亡
【素早さ】反応は虫並み 移動速度は常人並み


vol.4

185 :格無しさん:2015/01/08(木) 21:23:25.22 ID:KltFZhaz
メガヌロン考察
 体長8mだが体の殆どは尻尾
 甲殻は頑丈だが体重は象やカバ、サイなどよりも下 まあ虫だし仕方ないね

○るるみ 噛み殺し勝ち
×アルフレッド こんな威力のパンチ喰らったら脳がつぶれる
×ゴールドマン 金のカタマリに牙が通じるかどうか微妙 黄金の拳で殴打されればきつい
○○○ザリガニフィッシュ~鮫 噛み殺せる
×ラパーン 装甲のつなぎ目を噛まれたらヤバい
△尻目 倒せない倒されない
×グラボイズ 絞め殺され負け
×銅の鎧 撲殺負け

この下に負けることはない

ラパーン>メガヌロン>サメ(疵面)