強兵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

効果

練度200の兵を雇うことができる

発動条件

雇兵

発動率

50%

所持武将

武将名 政才 戦才 智才 兵科 特技
由利鎌之助 42 86 58 強兵
真田信綱 35 75 48 強兵
来島通総 27 73 41 強兵
城井長房 49 67 34 強兵
鍋島清久 26 64 61 強兵
松平忠吉 64 63 31 強兵
梶原景宗 9 62 46 強兵
木村重成 20 62 33 強兵
池田長正 31 51 39 強兵

解説

発動すると、いきなり最高練度200の兵が雇うことができる。
通常、雇った兵の練度は雇兵武将の戦才の半分なので、例え戦才99の武将で雇兵しても練度は50に満たず、大量雇兵すると大幅に練度が下がってしまうが、強兵が発動すれば練度が下がらないどころか、(在城兵の練度が低ければ)逆に大幅に上がることさえある。特に兵が少なく、雇兵せざるを得ない序盤ほど効率的。

ただし発動率に波があり、強兵を当てにして訓練を行わないと、不発時にガクリと練度が下がってしまう。かといって保険で訓練を行うと、強兵を用いる意味がなくなってしまうなど、使いどころが難しい。
不発も想定して、攻め込まれないと確信できるタイミングで用いたり、ある程度兵数に余裕のあるときに、練度が下がり過ぎないように雇兵するなど工夫したい。

実践

地方修正:☆☆☆
全国修正:☆☆☆

全国で強兵を指名するのは基本的にギャンブラーである。
いきなり強兵を雇兵して電撃戦を仕掛ければ、相手は為す術もないだろう。
もっとも電撃戦を仕掛けるなら鍛錬を複数指名した方が、現実的かつ効果的であろうが…。
指名するなら、戦力としても計算できる由利か、ギリギリ捜索もできる松平忠吉あたりがおススメ。