ラント平和令


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラントフリーテ、Landfriede

フランスの「神の平和、神の休戦」の影響を受け、ドイツでは12世紀以後、皇帝、諸侯により帝国や地域(領邦)の治安のためのラント平和令が公布された。有名な例としては、フェーデ(私戦)を禁止した皇帝フリードリヒ1世(赤髯王)の平和令(1152年)、フェーデに対する裁判の優先を命じたフリードリヒ2世のマインツ平和令(1235年)、永久ラント平和令(1495年)など。大半の平和令はフェーデの制限を規定するにとどまり、また執行力を欠くためにその実効性はあまり評価できない。

出典:山川『世界史小事典』740ページ。











ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。