トスカーナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トスカナ、Toscana

イタリア中西部の一地方。前3世紀以来ローマの支配下に入り、中世にゲルマンの侵入を迎え、ルッカ伯領、ついでトスカナ侯領。12世紀以来フィレンツェ、ピサ、ルッカ、シエナほか都市コムーネが栄え、ルネサンスの中心となる。近世にはメディチ家のもとにトスカーナ大公国を形成し、ポーランド継承戦争後マリア・テレジアとその夫の手に渡り、その子レオポルド1世の啓蒙的改革を受けイタリアの先進地帯となった。1859年のイタリア-オーストリア戦争の結果サルディーニャ王国に併合された。
(出典:山川『世界史小事典』475ページ)








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。