※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話 気伝 語り、篠田夏帆、吉田尚樹 次の記事第7話 夢無


  吉田は、町をさまよっていた。
  吉田は、良いやつと言う言葉では表せないほど良いやつだ。
  しかし、クラスでは最後の名簿であるため、一人で歩いていた。

  純粋な心を持った彼は殺し合いに乗れるはずがないだろう
  一人でいたら殺される、自分でもそう思っていた
  (吉田)
  だから、一人でも良い、仲間がいれば

  吉田は、自分の名簿を怨んだ。
  吉田「どうするかなぁ、仲間って言っても・・・」

  そんな吉田を篠田夏帆は、建物の裏で眺めていた
  彼女の横には、血を流して倒れている愛崎美奈の姿があった。
  (夏帆)
  小物の持ち込みは可能だったけど
  今の私は、防寒具しか持ってきてないなぁ・・・
  もっと、使えるもの持って来てれば良かった
  でも寒さは防げるし、あるだけ感謝しないとね
  あと、生き残るためには、戦うしかないよね

  と思うと、吉田の方へと向かって行った。
  後ろを歩く人に気付き、吉田は振り向く
  夏帆だということに気付く。
  吉田「篠田さん、あの、ウグッ、ゲホッ・・・・・・」
  吉田は自分に何が起こったのか分からなかった。
  夏帆は、ハンドガンを撃ったのだった。
  夏帆「ゴメンね。でも、生き残るにはこうするしかないのよね。フフッ」

  夏帆は、小さく笑って、吉田のデイパックを奪いその場を去って行った。
  風に制服が揺れていた。

  愛崎美奈、吉田尚樹脱落 残り40人

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る