5スレ>>563


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五話 初ジム戦

        トキワの森出口
リュウキ「こら、いずもさん。目を離したすきにふわふわ飛んでいかない!」
 いずも「あらぁ?大丈夫よ~♪」
 イズナ「ほっとけ、ほっとけ。」
リュウキ(この先どうなるんだ?)
 イズナ「さっそく、ニビジムに挑戦だー!」
リュウキ「まてまて、まずは萌えセンで休憩が先だ!」

    センター食堂

リュウキ「ちょっと、いずもさんその肉俺の…」
 いずも「も~らい♪」
リュウキ「イズナ、それは俺のキャベツ!!」
 イズナ「へへっ 早いもん勝ち!」
リュウキ「くそぅ、すきあり『肉&キャベツ』ダブル取り!」
イズナ&いずも「せこー!」「リュウキくーん!」
リュウキ「はっは、二人ともお返しだぜ!」
他のトレーナー「今日はなんだか賑やかだな~。」

    ニビジム前

 イズナ「よっっしゃー!」「バトルだバトル♪」
 いずも「気合入ってるわね~。」
リュウキ「よしっ 二人とも頼むぞ!」
 イズナ「まかせろ!」 いずも「わかったわ。」

 タケシ「よぉ 挑戦者。準備はいいか?」
リュウキ「いいぜ!」「イズナ最初はお前だ。」
 イズナ「おぅ!」
 タケシ「ならこっちは、イシツブテ行って来い!」
イシツブテ「わかった。」
タケシ&リュウキ「「バトル開始!」」
 タケシ「イシツブテ『ころがる』!」
リュウキ「かわして『ねんりき』そのあと、『あれ』やってみろ!」
 イズナ「わかった。『あれ』出していいんだな?」
リュウキ「やっちまえ!」
 イズナ「見切った!」「ねんりき」
イシツブテ「しまった!?」「うぁっ」
 イズナ「すきあり!『きあいだま』!」
 タケシ「なっ!!」
イシツブテ「うわぁぁぁ!」
 タケシ「すまん、イシツブテゆっくり休んでくれ。」「まさか『きあいだま』が使かえるとは…」
 イズナ「へっへっへ、すげぇだろう!」
リュウキ「この技は、トキワの稽古のときに教えた技だ!」「まぁ必殺技として教えたのがよかったな。」
 タケシ「次はこうはいかんぞ!出ろイワーク!!」
 イズナ「へっ返り討ちに…」
 タケシ「イワーク『たたきつける』!」
イワーク「はぁ!」
    バァン
 イズナ「うわぁっ!」
リュウキ「油断しすぎだバカ!」
 イズナ「うるせぇー!」
 タケシ「続いて『いわおとし』!」
イワーク「わかった。」
リュウキ「仕方がない、『テレポート』解禁だ!」「ヤツの真後ろに『テレポート』そして、『ねんりき』!」
 イズナ「わかった。」「テレポート」
イワーク「なっ」
 イズナ「全力『ねんりき』!」
イワーク「くっ 『いわおとし』!」
   ドォーーーーーーーン
タケシ&リュウキ「「どっちが勝った?」」
 イズナ「ま…ま・け・ねぇ…」
イワーク「・・・」
リュウキ「やったー!かったぞー!」
 タケシ「俺の負けだ。」
 イズナ「うっうぁ」
   イズナの体が光りだした。
リュウキ「どうした!?」
 タケシ「大丈夫、進化だ。」
   イズナの周りの光が消えていった。
 イズナ「おっ なんか力がみなぎって、背ものびた!」
リュウキ「一時はどうなるかと…」
 いずも「私の出番はなかったわね。」
リュウキ「とりあえず、バッチ一個目!」

萌えセン休憩所

リュウキ「そういえば、いずもさんは相手からは触れないんだよな。」
 いずも「そうよ。でも、進化したらどうなるかわからないわ。」
 イズナ「俺の『ねんりき』は、ばつぐんに効くぜ!」
リュウキ「やめい!」
     ゴンッ
 イズナ「いてぇっ」
 いずも「そういえば、リュウキ君の付けているリストバンドはな~に?」
リュウキ「これは一種のリミッターだ。」
 いずも「リミッター?」
リュウキ「俺はしろがね山出身。たいてい周りの萌えもんは最終進化系で、進化も知らなかった。親父の修行で
     野生の萌えもんとの実践ばかりでこの辺りの萌えもんは楽に倒せる。」「今はこれを付けて修行しろ
     と親父に言われて付けている。」「まぁ、これがないと稽古にならないからな。」
 いずも「だったら、本当はもっと強いのね。」
 イズナ「へっ俺がすぐにぬいてやるよ!」
リュウキ「期待せずに待ってるよ。」「そういえば、進化してなにか変わったことはないか?」
 イズナ「いや、背が伸びて力が強くなったぐらいだ。」
リュウキ(今後は、少し手加減せずにすむな…)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。