5スレ>>714


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 お風呂上り、タオルで髪を拭きながら居間に入ると、ニーナと母さんは仲良く並んでソファに座っていた。

「母さん、お風呂あがったよ」
「はいはーい。しかし、アンタの声を聞くとくすぐったくなるわねー」

 果たしてそれは息子への言葉として大丈夫なのか。
 ……ノートとフラッグが標準装備だったから仕方ないかもしれないけど。

「三日で慣れるよ。ニーナは最初っから大丈夫みたいだったけど」
「それは、私がそう望んでやってもらったわけですし」

 それで笑ったら酷いじゃないですか、とニーナは続けた。
 それもそうか、と冷蔵庫に手を伸ばす。

「やったわ、あと三日はこのネタでご飯が食べられるようね」
「母上……」

 この母親、見ないうちにいやな方向へ成長していたようだ。
 冷蔵庫の中に牛乳しかないのとか特にね……。
 どれも新しいから間違いなく今日慌てて買ってきたのだろう。
 渋々牛乳を選ぶ。

「さて、母さんも準備に行こうかな」
「その間に牛乳風呂にでもしてこようか母さん」
「なぁにー? ニーナちゃんの前でおんなのこのこと気にしてていいのかなー?」
「おんなの……こ……?」
「遺書は用意した? 首は……洗ったわね。 あとは……ハンカチは? ティッシュは? 傘は?」
「立派な母親のセリフですよね、どう聞いても……」

 母さんはニーナの言葉に満足げに数度頷いて、自分の部屋へと向かった。

「ふぅ。母さんも元気だなー」
「マスターもですよ。似たもの親子もいいところです」
「んー……似てるかなぁ……?」
「知らぬは……と、マスター、爪、伸びてますよ」

 ニーナが牛乳とグラスを持った僕の手、指先を見ていた。
 確かに最近、爪を切った記憶がない。

「ん、そのうち切る……ととと」

 言うと、ニーナが僕の手首を掴み、ぐいと強く引き寄せた。
 牛乳とグラスが落ちないようにしようとすれば、その力に逆らえるはずもなくて、

「……」
「……」

 結局ニーナの左隣に座る形になった。
 とりあえず牛乳とグラスをリビングテーブルに置いておいて、

「えと、なに……?」
「マスターのそのうちは信用出来ませんから、私が切ってあげます」
「え、いや、爪切りくらい自分で……」
「問答無用です」

 最初から用意していたのか、いつの間にかニーナの手には爪切りが握られていた。
 その顔には笑みが浮かんでいたが、目は真剣だった。
 どうやら観念して爪を切られる方がいいようだ。

「分かった。お願い……」

 素直に右手を差し出す。
 では、と言いながらニーナは僕の手を取った。
 ……改められると、緊張するというか恥ずかしい。
 ぱちん、ぱちん、と爪切りが音を立てる。
 俯いて爪が切られていく様子を眺めていた僕の視界の端に、上目遣いのニーナが現れて、

「どうですか? 痛くありませんか?」

 なんて甲斐甲斐しいこというものだから、僕は慌てて顔を背ける。

「ウ、ウンイタクナイヨダイジョウブ」
「本当ですか……?」
「ウンホントホント」

 恥ずかしさがゲージを突破しそうだ。
 出来ることならうわーって叫んで外に出て行きたくなるような気持ち。
 でもそれとは反対で、ずっとこのままでいたいと思えたりもする。
 むずがゆいというのだろうか。気持ちいいという言葉も浮かぶ。

「はいマスター、もう片方もお願いします」
「う、うん……」

 左手を差し出そうとすると、自然と体がニーナの方を向き、ニーナもまた僕の方へ。
 軽く対面するような位置関係になる。

「……」

 流石に首も痛くなってきて、顔を背けるのにも限界が来た。
 ……それに向かい合った状態で顔を背けるのはなんか悪いよね。
 とりあえずニーナの顔を見つめるという選択肢は最初からなかったので、手元に視線を落としておくことにした。
 爪切りが始まらないなと思っていると、ニーナはタッチするように僕と手を重ねて、

「マスターの手って、大きかったんですね。意外です」
「そりゃ、男だもん」
「そうですね」

 言って、ニーナは重ねた手を握りこみ、指を絡めてきた。
 驚いてニーナを見ると、互いの視線が噛み、

「頼りにしてますよ。マスター」
「……う」

 思わず、右手で口元を覆う。
 ……ずるい。
 何がずるいとかそういうことじゃなくて、ただなんとなく、とにかくずるいのだ。
 こういったセリフを臆面なく言い放つところとか。
 整っていて、無防備な笑顔をみせるところとか。
 シャンプーのいいにおいがするところとか。
 お風呂上りでうっすらと染まった肌とか。
 普段洗い物してるのに、すべすべした綺麗な手だとか。
 要するにぜんぶずるい。

「……」
「……」

 場は完全にニーナに支配されていた。
 そのまま時間だけが過ぎていく。
 と、思われた矢先、

「これからお風呂なのに、のぼせちゃいそうだわ……」
「!?」

 着替えや洗面用具を持って、母さんが居間の入り口に立っていた。
 ニーナはなかなか譲らなかったけど、結局、左手の爪は自分で切ることにした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。