5スレ>>889-8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sweet hideout 1-6



--------------------------------------------------------------



辺りはすっかり暗くなり、
森の中も少し気味が悪く虫やら風のざわめきが響いている。
 
結局、ゴル姉の提案通りに押し切られて、
アルティナとゴル姉、そして俺の三人で
カムフラージュとしての共同生活を始めることになった。
 
納得の仕切れていないアルティナは
険しい表情を崩さない。
理由が理由なだけにそれも仕方ないとは思うけど……
 
【声】
「待ちなさーーーい!!」
 
突然、後ろのほうから
俺達に静止するように命令する甲高い声がする。
 
【カイナ】
「……! この声は……」
 
【ゴル姉】
「……さっき話したとおりのことがもう起こったなぁ……」
 
【アルティナ】
「まったく……折角の宵のささめきを台無しにしてくれて……
カイナ、狙いは貴方なんだから身構えて」
 
【カイナ】
「わ、分かった……でも、大怪我に繋がるようなことはパスな。
俺にもあの子にも、二人にも怪我なんてしてほしくないからさ」
 
だんだんと近づいてくる足音に体を強張らせ、
合図とともに俺達は後ろに振り向いた!!
 
【女の子】
「……今度はさっきのようにはいかないわよ! グラエナ!」
 
やっぱり声の主は昼間会った少女だった。
 
名はアトラ、雄の出生率の低すぎるこの萌えもん世界で
俺を攫いにきた少女。

-------------------------------------------------------

TO BE CONTINUED
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。