5スレ>>889-10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sweet hideout 1-7b メロウ(ゴル姉)ルート



------------------------------------------------------------------



【アルティナ】
(ちょっとカイナ!
『さっきのようにはいかない』って何したのよ!)
 
【カイナ】
(いや……あの娘に火の粉をぶつけられたから
逆上しちまって……頭ごなしに怒鳴りつけちまって……)
 
【ゴル姉】
(説教はえぇけど、アンタ自分の種族のこと考えて怒鳴りぃ!
ウチでも恐いわ!)
 
【カイナ】
(いや……でもあのまま何もしなかったら
俺が黒コゲにされそうだったし……正当防衛っていうか……)
 
【アトラ】
「何をごちゃごちゃ言ってんのよ!
そこの雄を渡すの!? 渡さないの!?」
 
【カイナ】
「うっせぇ!! 俺の名前はカイナだ!!
雄とか聞こえの悪い言い方で話の腰折るな!!」
 
【アトラ】
「っ!?」
 
【ゴル姉】
「だから恐いからやめっちゅうに!」
 
【アルティナ】
「でもカイナ……萌えもんのこと全然知らないはずよね……?
いつの間に『特性』を知ったの……?」
 
【カイナ】
「……別におかしくなんてないだろ?
俺はあの娘が躊躇なく種族名で指差したのが
気に食わなくて吼えちまっただけだし」
 
この世界じゃ雄とか種族名をいうのは
ごく普通のなんだろうけど、
元々違う世界にいた俺はその呼び方が好きになれなかった。
 
【カイナ】
「ところで、特性って何だ?」
 
【ゴル姉】
「萌えもんに常に備わっとる特殊な力やな。
アンタの『威嚇』で相手を恐慌状態にして
攻撃の鋭さを鈍らせる効果があるんや」
 
【カイナ】
「……なんだかますます犬みたいだな……」
 
【アルティナ】
「油断しないでよ。
あの娘にも『猛火』っていう、窮地に追い込まれたときに
火の力が上がる特性を持ってるから!」
 
【カイナ】
「わ、分かった……流石にアレ以上の火の粉で焼かれたら
シャレにならないし、気を付ける」
 
向こうも、少し恐がってるみたいだけど
退く気はないみたいだ。
 
女の子相手にバトルなんてあり得ないって思ってたけど、
この状況を打破するにはそれしかなさそうだ。
 
【カイナ】
「泣いても知らないからな!」
 
【アトラ】
「こ、こっちのセリフよ!!」
 
【アルティナ】
「ゴル姉……あたしさっきアトラが火の粉で付けたらしい
焦げた木の応急処置するので渓流に行くの遅れたの……」
 
【ゴル姉】
「……なるほどな。アンタは商売上
この森の木々を管理してるようなモンやからな。
よっしゃ! カイナのサポはウチに任せて頑張りぃ!!」
 
【アルティナ】
「……ありがと、ゴル姉……
手が空いたら加勢に向かうからカイナを守ってあげて!」


 
-------------------------------------------------------------


 
【???】
「くっ! 近づけやしない……!」
 
飛び交う火の粉に圧倒されて
俺は避けることしか出来ないでいた。
 
あの火の粉……見た目のわりにかなり痛かったから
そう何発も食らってられないな……
 
……アルティナも、周りの木々に火の粉が当たらないように
鉤爪で打ち落としていて、手いっぱいみたいだ。
 
俺は何か打開策がないかとゴル姉の方へ視線を向けた。
 
【カイナ】
(難しい顔して何か呟いてる……)
 
初めは何をしているのか分からなかったけど、
呟いているうちに光のようなものがゴル姉を包んでいる。
 
【カイナ】
(アトラが炎を纏って火の粉を出したときみたいに、
あれがゴル姉の技の発動前の予備動作なんだろうか……?)
 
【カイナ】
「うおっ!?」
 
【アトラ】
「余所見なんかしてたら遠慮なく当てちゃうわよ?」
 
やべ……ゴル姉が神秘的なオーラを出してるから
見惚れてこっちの存在のことを一瞬忘れてた。
 
【アトラ】
「さ~て……どんどん出力を上げて……」
 
【ゴル姉】
「悪いけど、そうはいかへんで!!」
 
【アトラ】
「あ、雨……!?」
 
ゴル姉が天高く声を張り上げると
今まで予兆もなかったのに突然強い雨が降ってきた。
 
アトラが纏っていた火の粉は雨にやられて消え、
彼女自身の表情もみるみる青くなっていく。
 
【ゴル姉】
「成功したようやな。ウチの『雨乞い』」
 
【カイナ】
「こ、これ……ゴル姉が……!?
天候まで操れるのか……!?」
 
【ゴル姉】
「まぁ局地的にやけどな。
でも、これであの娘の炎技はかなり弱体化したから
肉弾戦にもってけるで?」
 
【カイナ】
「いや……確かに火の粉が飛んでこなくなるのは
嬉しいっちゃ嬉しいんだけどさ……」
 
肉弾戦って……俺にあんな小さな娘に殴りかかれってか?
 
【アトラ】
「っ! ひ、火の粉が使えなくなったって
あたしあきらめないもん!!」
 
【カイナ】
「お、おい……無闇に走るなって!
そこ、ぬかるんで……」
 
【アトラ】
「ふみぃっ!?」
 
……遅かったか。
 
【アトラ】
「ふ、ふえぇ……!」
 
【アトラ】
「ふえぇぇぇぇぇん!!」
 
あ、泣きながら逃げていった……
 
【ゴル姉】
「……アカン。あそこまでやるつもりはなかったんやけど……」
 
【カイナ】
「いや……ありゃ不可抗力みたいなもんだし……
ゴル姉に落ち度はなかったんじゃないか?」
 
【ゴル姉】
「せやかて……アチャモ種とグラエナ種なら
物理的な力の差があるから
これであきらめてもらえると踏んどったのに……」
 
【カイナ】
「俺としては殴り合いにならなくて良かったし、
もしあの娘が転ばなくても雨で体力奪われて
そう長続きしなくなるから助かったよ……」
 
【ゴル姉】
「そう言ってもらえると助かるなぁ……」
 
【アルティナ】
「どうやらうまくいったみたいね、ゴル姉、カイナ」
 
【ゴル姉】
「まぁなぁ……あの娘にはヒドイ目あわせてもうたけど……
お、雨止んできたしそろそろ家に戻るか……」
 
【カイナ】
「さ、さんせーい! だはぁ~マジで疲れた~……」
 
昼間までただの高校生だったのに
まさか、こんなトンデモバトルをすることになった俺は
肉体的にも精神的にも休みを求めていた。



------------------------------------------------------------------ 



TO BE CONTINUED
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。